【初心者向け】XMの口座開設方法を画像付きで紹介!始める際の注意点や有効化できない時の対処法を解説

【初心者向け】XMの口座開設方法を画像付きで紹介!始める際の注意点や有効化できない時の対処法を解説のアイキャッチ

この記事では海外FX業者「XM」の口座開設方法を実際の画像と共に紹介していきます。

XMは最大レバレッジ1,000倍、追証なしのゼロカット対応などを特徴とする海外FX業者です。

口座開設するだけで13,000円分のボーナスが貰えることもあり、日本人トレーダーの間でも高い人気と認知度を誇っています。

ここでは、口座開設方法のほか4つの口座タイプの特徴や口座開設するときの注意点を分かりやすくまとめました。

また、合わせて口座開設できないときの原因や対処法も説明しているので、これからXMを利用しようと思っている初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

XMの口座開設方法-概要
  • XMの主な特徴
  • XMの口座開設方法
  • XMの口座開設に必要な書類
  • XMで口座開設するときの注意点
  • XMで口座開設できないときの原因と対処法
  • XMの口座開設に関してよくある質問

今ならXMの新規口座登録で15,000円分、入金額の20%クレジットがもらえるキャンペーン実施中なので、口座開設を検討してみましょう。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

目次

そもそもXMとは?特徴をサクッと紹介

引用:XM
名称XM
レバレッジ1,000倍
スプレッド1.5pips~
取引手数料往復10ドル
口座タイプスタンダード口座
マイクロ口座
kiwami口座
ゼロ口座
入出金方法国内銀行振込
クレジットカード
bitwallet
BXONE
金融ライセンスセーシェル金融庁(FSA)
モーリシャス金融サービス委員会(FSC)
公式URLhttps://www.xmtrading.com/jp/

XMは世界196カ国に為替取引サービスを提供する大手の海外FX業者です。

使えるレバレッジが最大1,000倍で、マイナス残高をリセットしてくれるゼロカットシステムに対応しているところが主な特徴に挙げられます。

また、貰えるボーナスが豪華というのもXMの魅力です。

誰でも必ず「口座開設ボーナス(13,000円)」と「入金ボーナス(およそ100万円以上)」が貰える上、取引ごとに独自のポイントが貯まる仕組みを採用しています。

そんなXMの特徴をサクッと分かりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

最大1,000倍のレバレッジが使えるので少額から取引を始められる

XMで使える最大レバレッジは1,000倍です。

レバレッジとは自己資金を倍化してくれる仕組みのことです。仮に自己資金の1万円に対して1,000倍のレバレッジを使えば、1000万円分の注文が出せるようになります。

海外FX業者の平均的なレバレッジ倍率は500倍前後です。

XMでは平均よりも大きなレバレッジ倍率が使えるので、自己資金が少ない方にもおすすめできます。

ゼロカットを採用しているため追証の請求がない

XMはゼロカットと呼ばれるシステムを採用している海外FX業者です。

ゼロカットとはトレーダーの口座残高がマイナスになったとき、そのマイナス分の金額をFX業者側が補填しゼロ円に戻すシステムのことです。つまり、国内FX業者のように追証を請求されることはありません。

FXで借金を負う原因は「追証」です。

追証制度のある国内FX業者では、証拠金維持率が一定を下回った場合や残高がマイナスになった場合に追証を請求されます。

この追証が支払えなくなると借金を負うことになるわけですが、ゼロカット対応のXMでは追証を請求されることがありません。

そのため、トレーダーはどれだけ失敗しても自分が入金した以上の金額を後から支払う必要がないということになります。

常に日本人スタッフが対応してくれるので初心者でも安心して利用できる

XMには日本人スタッフが常勤しているので、何か分からないことがあってもすぐに日本語でサポートしてくれます。

初心者が海外FX業者を利用する場合は「相手と意思疎通が取れるのか?」といった不安もあるかと思いますが、XMならそういった心配がありません。

口座開設や入出金をするときに何か不明な点がある方は、ぜひXMのカスタマーサポートデスクを頼ってみてください。

XMへの問い合わせページは「https://www.xmtrading.com/jp/support」です。

業界最狭水準のスプレッド、最大1000倍のレバレッジ、丁寧な日本語サポートが魅力的なXMを今すぐ開設しましょう。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

【画像付き】XMの口座開設のやり方8ステップを解説

引用:XM

XMの口座開設方法・手順は以下の通りです。

口座開設のやり方・8ステップ
  • 個人情報を入力する
  • 組織名を選択する
  • 取引プラットフォームを選択する
  • 口座タイプを選択する
  • 氏名・生年月日・現住所を入力する
  • 取引口座の詳細や投資家情報を入力する
  • パスワードを設定する
  • 情報を送信して口座開設を完了する

それぞれのステップを画像付きで解説していくのでご覧ください。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

1.個人情報を入力する

XMのリアル口座開設ページを開くと1ページ目に以下のような入力項目が表示されます。

引用:XM
入力項目内容
氏名アルファベットで入力
居住国「Japan」を選択
希望言語「日本語」を選択
コード「+81」のままでOK
電話番号番号の頭の「0」を抜いて入力
Eメールアドレス任意のアドレスを入力

ここで留意すべき点は氏名をアルファベットで入力するところです。

のちほど氏名を「カナ」で入力するところも出てきますが、1ページ目ではアルファベット入力となっています。

また、電話番号に関しては頭の「0」を抜いた番号を半角数字で入力してください。

メールアドレスはGmailやYahoo!mailのようなフリーアドレスで構いません。

「09098765432」の場合は「+81」を選択して「9098765432」と入力します。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

2.組織名を選択する

XMはセーシェル共和国とモーリシャスという2つの国に拠点を構えています。

口座開設時にはどちらかの組織名を選択することになりますが、これはどちらを選んでも問題はありません。

ちなみにネット上では、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)の方が取得の難易度が高いので信頼におけるといった意見も見かけます。

ただし、実際にはどちらを選んでも取引条件やサポート体制が変わるわけではないので、デフォルト設定である「モーリシャス金融庁(FSA)」のままでOKと言えます。

3.取引プラットフォームを選択する

XMでは「MT4」「MT5」という2つの取引プラットフォームを採用しています。

取引プラットフォームとはFXの注文や分析をおこなうためのツールのことです。

スクロールできます
比較項目MT4MT5
動作スピード平均的素早い
時間足9種類21種類
インジケーターおよそ50種類およそ100種類
描画ツール(オブジェクト)平均的多い
注文方法成行注文
指値注文
逆指値注文
成行注文
指値注文
逆指値注文
ストップリミット注文
使えるEAの種類非常に多い平均的
対応FX業者の数多い少ない
スマホアプリの有無ありあり

MT5はMT4よりも後に開発された「後発モデル」です。

そのため、MT4よりも様々な部分で機能性に優れているといった利点があります。

しかし、MT4は運用実績が長いこともあり、MT5よりも対応する「EA(自動売買プログラム)」の数が豊富です。

どちらを選ぶかはトレーダーのスタイルによって変わってきますが、自動売買メインならMT4で手動の取引メインならMT5がおすすめとなります。

もちろんMT4で手動の取引をする、MT5で自動売買をするというのも問題はありません。ただし、MT4対応のEAはMT5で使えず、その逆もまた同様という点は覚えておきましょう。

4.口座タイプを選択する

XMにはトレーダーのスタイルに合わせた4つの口座タイプがあります。

スクロールできます
取引条件スタンダード口座マイクロ口座KIWAMI口座ゼロ口座
1ロット単位10万通貨1,000通貨10万通貨10万通貨
レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍500倍
スプレッド最小1.0pips最小1.0pips最小0.6pips最小0.0pips
取引手数料往復10ドル相当
最低入金額5ドル相当5ドル相当5ドル相当5ドル相当
口座開設ボーナス
入金ボーナス

4つの口座タイプの主な特徴は上表の通りです。

ボーナス狙いならスタンダード口座・マイクロ口座がおすすめで、取引条件で選ぶならKIWAMI口座・ゼロ口座がおすすめと言えます。

ちなみにXMではひとつのアカウントにつき「8口座」まで保有できるので、あとから別タイプの口座を追加開設することも可能です。

追加口座の開設手続きはマイページ内からできます。最初の口座開設とは異なり、身分証の提出や面倒な情報入力はありません。(1~2分で追加口座が作れる)

口座タイプの選択が終わったら、ニュースレターや最新情報のメールを受け取るかどうかのチェックボックスにチェックを入れて次ページに進みましょう。

5.氏名・生年月日・現住所を入力する

ここからは口座開設手続き2ページ目の内容となります。

入力項目内容
氏名全角カナで入力
生年月日身分証と同一の生年月日を選択
現住所アルファベットで入力
郵便番号現住所の郵便番号を入力
納税義務のある米国市民「いいえ」を選択

2ページ目の氏名入力は「全角カナ」でおこないます。

また、ここで留意するポイントは現住所(都道府県から番地まですべて)をローマ字で入力するところです。

なお、マンションなどの集合住宅に住んでいる方はマンション名と部屋番号まで入力してください。

参考例:東京都新宿区新宿1-2-3 XMハイツ101の場合は「101 XMhaitsu 1-2-3 Shinjuku Shinjuku-ku Tokyo-to」となります。

現住所の下にある「納税義務のある米国市民かどうか?」という質問に対しては必ず「いいえ」と返答しましょう。

米国在住の方は他国のFX業者を利用できないので「はい」と答えると口座開設ができません。

6.取引口座の詳細や投資家情報を入力する

入力項目内容
口座の基本通貨「JPY」でOK
レバレッジ任意のレバレッジを選択
口座ボーナス「はい(受け取る)」を選択
投資家情報投資額のみ「0-20,000」を選択
(ほかは任意の選択でOK)

ここでは口座の基本通貨やレバレッジの倍率、ボーナスを受け取るかどうかを選択します。

何かしらの事情がない限りは基本通貨を「JPY(日本円)」にして、口座ボーナスの受け取りを「はい」にしてください。

レバレッジの選択は1,000倍を推奨しますが、これについては口座開設後にマイページで変更が可能です。

そのほか注意すべき点は投資家情報の「投資額」についてです。

投資額を20,000ドル以上にするとレバレッジ1,000倍が選べなくなるので、ここでは「0-20,000」を選択しましょう。

あとの取引の目的や職業は何を選んでもかまいません。

7.パスワードを設定する

最後にパスワードの設定と利用規約への同意をおこなえば口座開設の手続きは終了です。

パスワードはXMのマイページやMT4・MT5のログインに使うので、内容を忘れないようメモなどを残しておきましょう。

あとはチェックボックス(利用規約)へのチェックも忘れないでください。

第三者からの不正ログインを防ぐために強固なパスワードを設定したい場合は、ネット上にあるパスワード生成サイトなどを利用してみてください。

参考:LUFTTOOLS(パスワード生成)

8.情報を送信して口座開設を完了する

すべての情報を入力して送信をおこなうと、XM側からEメールアドレス認証用のメールが届きます。

届いたメールアドレスからログインをおこなえば口座開設の手続きは完了です。

ただし、この段階ではまだ入金や取引ができません。

あくまで自分の口座(マイアカウント)が作成されただけなので、取引を始めるにはXMのマイページから口座の有効化をおこなう必要があります。

XMに本人確認書類を提出し、XM側が問題ない(審査OK)と判断すれば口座が有効化されます。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

XMの口座有効化の手順と必要書類

ここでは、XMの口座を有効化する手順や必要書類について解説していきます。

XMの口座有効化の手順と必要書類
  • 口座を有効化する手順
  • 提出が認められている必要書類
  • 口座開設ボーナスの受け取り方
  • 補足|マイナンバー情報の提出は必須ではない

口座の有効化には本人確認書類と現住所確認書類の2つが必要です。

提出が認められている書類や提出方法をまとめたのでご覧ください。

口座を有効化する手順

XMの口座を有効化する手順は以下の通りです。

口座を有効化する手順
  • XMのマイページにログイン
  • 口座一覧ページで「こちらより口座を有効化する」を選択
  • マイナンバー情報の提出確認(いいえでも問題なし)
  • 提出が必要な書類をアップロード
  • 審査(30分~1時間ほど)
  • 不備がなければ口座の有効化が完了

口座を有効化する前だと口座一覧ページに「お客様の口座は有効化されていません」といった画面が表示されます。

同画面上に「こちらより口座を有効化する」といったボタンがあるので、そちらをクリックしてください。

次にマイナンバー情報を求める画面が表示されますが、こちらの回答は「いいえ」でも問題ありません。

そのあと本人確認書類や現住所確認書類を提出する画面が表示されるので、撮影した運転免許証や住民票などをアップロードしましょう。

本人確認書類の審査にかかる時間はだいたい30分~1時間程度です。(XMの営業日の場合)

提出が認められている必要書類

XMで提出が認められている必要書類は以下の通りです。

顔写真付き身分証運転免許証
マイナンバーカード
パスポート(有効期限6ヶ月以上)

※そのほか公的機関によって発行された身分証
現住所確認書類公共料金の請求書(電気・水道・ガス・電話・インターネットなど)
銀行の取引明細書
※過去3ヶ月以内に発行されたもの

それぞれの書類をスマホで撮影(またはスキャナーでスキャン)し、画像データをアップロードすれば本人確認手続きは完了します。

なお、撮影した画像に「光で文字が見えない」「書類の全体が写っていない」などの不備がある場合は再提出となりますので注意しましょう。

口座開設ボーナスの受け取り方

本人確認書類の審査が終わると口座が有効化されます。

有効化済みの状態でマイページにログインすると口座一覧ページに「ボーナスを請求する」といったボタンが表示されますので、そちらをクリックしてください。

口座開設ボーナスは請求ボタンをクリックしてから数分程度で口座に反映されます。

口座開設ボーナスは口座内の「クレジット」に反映されます。なお、クレジットはボーナスで受け取った金額、残高は自分で入金した金額(または利益)を表しています。

 補足|マイナンバー情報の提出は必須ではない

XMの口座開設をするときにマイナンバー情報の提出は必須ではありません。

マイナンバーカードを持っていない方でも口座開設はできるので安心してください。

ただし、マイナンバー情報未提出の場合はログインするたびにマイナンバー情報の提出を求める画面が表示されます。

マイナンバー情報を送信しても悪用されることはないので、いちいち画面が表示されるのが面倒な方は先にマイナンバー情報を送っておきましょう。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

XMで口座開設するときの注意点

XMで口座開設するときの注意点は以下の通りです。

XMで口座開設するときの注意点
  • 口座タイプの変更は不可
  • 口座の有効化前に入金および取引はできない
  • 複数口座の開設はマイページから手続きする

それぞれの内容を簡単に説明していくので参考にしてみてください。

口座タイプの変更は不可

一度開設した口座は、その後に口座タイプや基本通貨を変えることができません。

仮に最初の口座開設でスタンダード口座を選んだとしたら、あとからマイクロ口座などには変更できないということです。

なお、KIWAMI口座とゼロ口座に関しては入金ボーナスの対象外となっています。

そのため、最初にKIWAMI口座・ゼロ口座を開設すると入金時にボーナスが受け取れません。

入金ボーナスを受け取りたい方は最初にスタンダード口座・マイクロ口座を選び、あとからKIWAMI口座・ゼロ口座を追加開設しましょう。

レバレッジについては口座開設後でも変更が可能です。(マイページから操作)

口座の有効化前に入金および取引はできない

口座開設の手続きが終わっても口座の有効化が完了していなければ入金も取引もできません。

そのため、口座開設の手続きが済んだら流れで本人確認書類・現住所確認書類の提出をおこないましょう。

なお、口座の有効化が済めば口座開設ボーナス(13,000円分)が貰えるので、そのボーナスだけを使って取引を始められます。

自分の資金を使わなくても海外FXに挑戦できるところがXMの魅力です。

複数口座の開設はマイページから手続きする

複数の口座を追加開設する場合はマイページから手続きをおこないます。

XMの口座一覧ページで「追加口座開設」を選択すると、このような画面が表示されます。

取引プラットフォーム・口座タイプ・基本通貨・レバレッジを設定すれば2つ目以降の口座が作れるので、別の口座タイプを使いたい方は試してみてください。

2つ目以降の口座開設には本人確認書類の提出が必要ありません。

XMで口座開設できないときの原因と対処法

XMで口座開設できないときの主な原因は以下の通りです。

XMで口座開設できないときの原因と対処法
  • 登録した情報と必要書類の内容が異なっている
  • 2つ目のアカウントを作ろうとしている
  • 過去にXMで口座凍結処分を受けている

それぞれの内容と対処法を解説していくのでご覧ください。

登録した情報と必要書類の内容が異なっている

口座開設時に自ら登録した情報(氏名や住所など)と提出した必要書類の内容が異なっている場合は口座開設ができません。

特に住所が異なる場合には審査が否決となるので、入力した情報に間違いがないかをチェックしましょう。

また、必要書類同士(顔写真付き身分証・現住所確認書類)の内容が違う場合も審査に通りません。

この原因には引っ越しをしたのに運転免許証の住所を変更していないなどが考えられます。

そのため、各書類の住所変更をおこなっていない方はあらかじめ変更手続きをしておきましょう。

2つ目のアカウントを作ろうとしている

XMではひとりの名義につき1アカウントしか作れません。

例えば、過去にXMで口座開設済みの方が新しく手続きをしようとすると「2つ目のアカウントを作ろうとしている」とみなされ口座開設不可となるわけです。

もちろん以前登録した情報(住所など)とは別の内容で申請しても口座開設はできないので覚えておきましょう。

過去に開設した口座情報が分からない場合は、XMのカスタマーサポートデスクまで連絡してその内容や履歴を確認してみてください。

過去にXMで口座凍結処分を受けている

過去にXMで「口座凍結処分」を受けた方だと新たに口座開設できない場合もあります

XMで口座凍結となるのは「長い間口座を放置していた(最長180日間)」「利用規約に反する行為をしていた」の2パターンです。

口座の放置によって口座凍結となった方は別かもしれませんが、意図的かつ悪質な不正行為を繰り返していて口座凍結となった方は永久的に口座開設ができない可能性もあります。

これに関して明確な条件は公開されていないものの、身に覚えがある方は諦めて別の海外FX業者を探した方が良いかもしれません。

XMの口座タイプ4種とデモ口座の特徴を解説

XMには特徴の異なる4つの口座タイプと無料で使えるデモ口座があります。

XMの口座タイプについて
  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • KIWAMI口座
  • ゼロ口座
  • デモ口座

それぞれの口座タイプがどういった方におすすめなのかを紹介していきますのでご覧ください。

スタンダード口座

取引条件内容
1ロット単位10万通貨
レバレッジ1,000倍
スプレッド最小1.0pips
取引手数料なし
最低入金額5ドル相当
口座開設ボーナスあり(13,000円)
入金ボーナスあり(10,500ドル)

スタンダード口座は初心者から上級者まで、あらゆる方におすすめできる口座タイプです。

名前の通りXMの中ではもっともベーシックな口座タイプなので、最初に開設するのにも適しています。

なお、スタンダード口座なら口座開設ボーナスだけでなく入金ボーナスも貰えます。

マイクロ口座

取引条件内容
1ロット単位1,000通貨
レバレッジ1,000倍
スプレッド最小1.0pips
取引手数料なし
最低入金額5ドル相当
口座開設ボーナスあり(13,000円)
入金ボーナスあり(10,500ドル)

マイクロ口座はの取引条件はほぼすべてスタンダード口座と同じです。

唯一異なるのは「1ロット単位」で、マイクロ口座では1ロット=1,000通貨となっています。

また、1ロット単位が異なるため、最小注文量も0.01ロット=10通貨と極少量です。

この特徴から考えると、海外FX初挑戦の方や新しいEA(自動売買プログラム)を試したい方におすすめの口座タイプと言えます。

マイクロ口座の最小注文量は「MT4=0.01ロット(10通貨)」「MT5=0.1ロット(100通貨)」となっています。

KIWAMI口座

取引条件内容
1ロット単位10万通貨
レバレッジ1,000倍
スプレッド最小0.6pips
取引手数料なし
最低入金額5ドル相当
口座開設ボーナスあり(13,000円)
入金ボーナスなし

KIWAMI口座は2022年に新しく登場した口座タイプです。

スタンダード口座よりスプレッドが狭く、さらに取引手数料も無料というのがおすすめのポイントとして挙げられます。

また、KIWAMI口座では一部の通貨ペアがスワップフリーとなっています。

マイナススワップの影響を受けることなく注文を翌日に持ち越せるので、スイングトレーダー(長期売買)にはおすすめの口座タイプと言えるでしょう。

ただし、KIWAMI口座は入金ボーナスの対象外となります。

ゼロ口座

取引条件内容
1ロット単位10万通貨
レバレッジ500倍
スプレッド最小0.0pips
取引手数料往復10ドル相当
最低入金額5ドル相当
口座開設ボーナスあり(13,000円)
入金ボーナスなし

ゼロ口座は「最小スプレッド0.0pips~」という条件で取引できる口座タイプです。

スプレッドが狭くなる代わりに最大レバレッジが500倍となりますが、それでも極狭のスプレッドで勝負できるのはスキャルピングトレーダー(短期売買)にとって非常に好条件と言えます。

ただし、ゼロ口座では往復(注文・決済)で10ドル相当の取引手数料がかかり、入金ボーナスに関しても対象外です。

デモ口座

XMのデモ口座開設方法は以下の通りです。

デモ口座の開設方法
  • XM公式サイトのトップページにアクセス
  • デモ口座の開設を選択
  • 氏名・電話番号・メールアドレスなどを入力
  • 取引プラットフォーム・口座タイプなどを選択
  • 情報を送信して手続き完了

XMの公式サイト・トップページにはリアル口座開設以外にデモ口座開設用のリンクも載っています。

デモ口座開設ページに進み、以下の項目を入力すればすぐに登録が完了するので試してみてください。

入力項目内容
氏名アルファベットで入力
居住国「Japan」を選択
都道府県・市アルファベットで入力
コード「+81」のままでOK
電話番号スマホの番号を入力
Eメールアドレス任意のアドレスを入力
希望言語「日本語」でOK
取引プラットフォームMT4またはMT5を選択
口座タイプスタンダード口座またはゼロ口座を選択
口座の基本通貨「JPY」でOK
レバレッジ「1,000倍」でOK
投資額「1,000~5,000,000」の中から選択
パスワード任意のパスワードを入力

無料で使えるデモ口座は「XMの取引条件を確認したい方」や「EAの試運転・フォワードテストをしたい方」におすすめです。

ただし、デモ口座で選べる口座タイプはスタンダード口座とゼロ口座のみとなっています。

「投資額=デモ口座の残高」となるので、自己資金に合った金額を選んでみてください。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

XMの口座開設に関してよくある質問

最後に、XMの口座開設に関してよくある質問に答えていきます。

XMの口座開設に関してよくある質問
  • 口座開設にかかる時間は?
  • 口座開設はスマホからでもできる?
  • 口座開設時の投資額はいくらから?
  • 日本にいながらXMに登録する方法は?
  • XMでFXトレードを始める時に気をつけたいことは?

口座開設にかかる時間は?

XMの口座開設にかかる時間はおよそ1時間です。

口座開設の手続き(個人情報の登録など)に5分~10分程度、本人確認書類のアップロードや審査に30分~1時間程度がかかります。

提出した顔写真付き身分証・現住所確認書類に不備がなければすぐに口座開設完了となるので、できるだけ早く海外FXを始めたい方はXMを選んでみてください。

口座開設はスマホからでもできる?

XMの口座開設はスマホからでも可能です。

口座開設には本人確認書類や現住所確認書類の提出が必須なので、むしろ各書類を撮影してアップロードするにはスマホの方が楽かと思います。

口座開設時の投資額はいくらから?

口座開設時に選択する投資額は「0-20,000(ドル)」にしましょう。

XMでは最大1,000倍のレバレッジが使えますが、残高が20,000ドル以上(およそ200万円相当)になるとレバレッジ倍率に制限がかかります。

なお、実際に取引を始めるときの必要資金はいくらからでも問題ありません。

最低入金額はどの口座タイプも5ドル相当となっています。ただし、銀行口座からの最低入金額は1万円からです。(クレジットカードやオンラインウォレットなら5ドル相当からの入金が可能)

日本にいながらXMに登録する方法は?

日本居住者の場合は、パソコン・スマホからこちらの「公式URL(XM口座開設ページ)」にアクセスすれば口座開設ができます。

ちなみに日本人トレーダーがXMを利用することに違法性はありませんので安心してください。

XMでFXトレードを始める時に気をつけたいことは?

XMを利用する際に気を付けたいのはレバレッジの大きさです。

無登録の海外所在業者の中には、例えば日本国内のレバレッジ規制※を遥かに上回る高レバレッジを「宣伝文句」として、FX取引の勧誘を行っている例が見受けられます。

レバレッジ規制とは、預託した証拠金の25倍を超える額のFX取引を禁止する規制。

引用:金融庁HP

ハイレバレッジトレードには少ない資金でも大きな利益を狙えるという魅力があります。

しかし、少額の証拠金ギリギリまで注文を出すと強制的にロスカットされるリスクも増えるわけです。

とはいえ、使うレバレッジ倍率や注文量は自分で決められるので、ある程度の経験を積めば自分でリスクコントロールできるようになります。

ちなみにXMは日本の金融庁に登録をしていませんが、海外の金融ライセンスを取得しているため安全性に問題はありません。

今すぐXMで口座開設をして取引を始めましょう

XMの口座開設方法を実際の画像と共に紹介してきました。

XMの口座開設手続きはすべてネット上で済ませられます。

また、口座開設にかかる時間は1時間程度なので、今すぐ海外FXを始めたい方にとって便利な業者と言えるでしょう。

XMは取引条件やボーナスのバランスに優れた海外FX業者で、初心者から上級者まであらゆる方におすすめできます。

ゼロカットシステム対応のXMであれば入金額以上の損失(借金)を負う心配がないので、ぜひ一度利用してみてください。

業界最狭水準のスプレッド、最大1000倍のレバレッジ、丁寧な日本語サポートが魅力的なXMを今すぐ開設しましょう。

\ 金融ライセンスを取得していて安心! /

この記事を書いた人

目次