PR

ACマスターカードのデメリットは?メリットや特徴についても解説します

ACマスターカード5つのデメリットと「それでも申込むべき人」のアイキャッチ

ACマスターカードは消費者金融大手のアコムが発行するクレジットカードで、審査が通りやすく最短即日発行が可能など、メリットが多いカードとして知られています。

しかし、支払い方法がリボ払い専用であったり、ポイント還元や付帯保険などの特典が乏しかったりと、デメリットも少なくありません。

「ACマスターカードを作ろうか迷っている」「メリットとデメリットを比較検討したい」という方のために、本記事ではACマスターカードの特徴を詳しく解説します

審査基準の低さや発行スピードの速さといったメリットだけでなく、リボ払い専用である点や特典の少なさなど、ユーザーが知っておくべきデメリットについてもお伝えします。

ACマスターカードのメリットとデメリットを把握することで、自分に本当に適したクレジットカードを選べるようになるでしょう。ぜひ最後までご一読いただき、賢明なカード選びの参考にしてください。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

ACマスターカードの他にも審査に通りやすいクレジットカードが知りたい方は以下の記事もご覧ください。

目次

ACマスターカードのデメリット

ACマスターカードのデメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

ACマスターカードのデメリット
  • 支払い方法がリボ払いのみ
  • ポイントが貯まらない
  • ETCカードや家族カードが付帯していない
  • 消費者金融系のカードであるため人前で使うのが恥ずかしい
  • 付帯保険などの特典が無い

それぞれ詳しく解説していきます。

支払い方法がリボ払いのみ

ACマスターカードの支払い方法は、リボ払いのみとなっています。つまり、一括払いや分割払い、ボーナス一括払いなどの選択肢がなく、毎月決められた金額を支払っていく方式です

リボ払いのメリットは、月々の支払い額が固定されるため、家計の予算を立てやすいという点です。しかし、支払いが長期化すると、手数料分の金利負担が大きくなってしまうデメリットがあります。

また、リボ払いは支払いが終わるまで、常に残高に対して手数料が発生し続けます。そのため、一度リボ払いの残高が増えてしまうと、なかなか完済できないという問題もあります。

利用残高の事前支払いで実質的に一括払いをすることはできる

ACマスターカードは、支払い方法がリボ払いのみとなっていますが、実質的に一括払いをすることも可能です。それは、利用残高を事前に支払うことで実現できます。

具体的には、毎月20日までのカード利用分を、翌月6日までに全額支払えば、リボ払いの手数料を回避することができるのです。つまり、リボ払いの設定であっても、支払い期日までに利用代金を全て支払ってしまえば、事実上の一括払いと同じことになります。

ただし、この方法を実行するには、毎月の支払い期日を把握し、計画的にお金を用意しておく必要があります。また、支払いを忘れたり、資金が不足していたりすると、リボ払いが適用されてしまうので注意が必要です。

ポイントが貯まらない

ACマスターカードのもう一つのデメリットとして、ポイントが貯まらないことが挙げられます。多くのクレジットカードでは、利用金額に応じてポイントが付与され、貯まったポイントを様々な特典と交換できるサービスがありますが、ACマスターカードにはそのような特典がありません

ポイント還元は、クレジットカードを利用するメリットの一つであり、上手に活用すれば、お得にショッピングを楽しむことができます。例えば、貯まったポイントを使って商品と交換したり、航空券や宿泊券に充てたりすることで、実質的な割引効果を得ることができるのです。

しかし、ACマスターカードではポイントが一切貯まらないため、そのようなメリットを享受することができません。他のクレジットカードと比べると、お得感に欠けると言わざるを得ません。

毎月の利用額から0.25%が自動キャッシュバック

ACマスターカードには、ポイント還元制度の代わりに、毎月の利用額から0.25%が自動的にキャッシュバックされる仕組みがあります

ただし、この0.25%という還元率は、他のクレジットカードと比べるとかなり低めです。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度が多く、中には1%以上の高還元率カードもあります。

そのため、還元率を重視する人にとっては、ACマスターカードの0.25%という数字は物足りなく感じるかもしれません。ポイントを貯めて、お得に商品と交換したいという人には不向きと言えるでしょう。

とはいえ、ACマスターカードのキャッシュバック制度は、還元率こそ低いものの、自動的に適用されるため利便性は高いです。ポイントの有効期限や手間を考えずに、お得に利用できるのは魅力と言えます。

ETCカードや家族カードが付帯していない

ACマスターカードのデメリットとして、ETCカードや家族カードが付帯していないことが挙げられます。多くのクレジットカードでは、ETCカードや家族カードが無料で付帯しているため、利用者はそれらのサービスを追加費用なしで利用できます

ETCカードは、高速道路の料金所をスムーズに通過できるため、車での移動が多い人にとっては非常に便利なサービスです。また、家族カードは、家族間でカードを共有できるため、家計の管理がしやすくなります。

しかし、ACマスターカードではこれらのサービスが付帯していないため、利用者はそれらを別途申し込む必要があります。ETCカードを利用するには、別のクレジットカードを作る必要があり、手間とコストがかかってしまいます

消費者金融系のカードであるため人前で使うのが恥ずかしい

ACマスターカードは、消費者金融大手のアコムが発行しているクレジットカードです。そのため、人前で使うことに抵抗を感じる人も少なくありません。

消費者金融は、一般的にお金に困っている人が利用するイメージが強く、社会的信用度が低いと考えられがちです。ACマスターカードを使うことで、「お金に困っているのでは?」「他のカードの審査に通らなかったのでは?」と周囲に思われるのが嫌だと感じる人もいるでしょう

特に、ビジネスシーンでの会食や接待の場など、大切な人間関係が築かれる場面では、ACマスターカードを使うことで相手に悪印象を与えてしまう可能性があります。キャリアに影響を及ぼしかねない状況で、あえてACマスターカードを使うのはリスクが高いと言えます。

また、デートや友人との食事会など、プライベートな場面でもACマスターカードを使うことに躊躇する人は多いでしょう。「この人は消費者金融を利用しているのか」と相手に思われたくないというのが本音ではないでしょうか。

ブランドイメージを気にせず使える人なら問題ありませんが、人間関係やビジネスシーンで悪影響を及ぼしたくない人は、他のクレジットカードを検討した方が賢明だと言えるでしょう。

カードデザインがシンプルなため誰が見ても分かる訳ではない

ACマスターカードは消費者金融系のクレジットカードであるため、人前で使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし、実際のカードデザインを見てみると、それほど消費者金融系であることが分かりづらいのが特徴です。

ACマスターカードのデザインは、シンプルかつスタイリッシュなものになっています。カード表面には、マスターカードのロゴが配置されているだけで、派手な色使いや大きな文字は使われていません

そのため、一見しただけでは、ACマスターカードが消費者金融系のカードだと分かりづらいのです。他のクレジットカードと比べても、デザイン面での違和感はほとんどありません

もちろん、よく見れば、カード裏面に記載されている発行会社名から、消費者金融系のカードだと分かります。しかし、店舗での支払いの際に、わざわざカードの裏面まで確認する人は少ないでしょう。

ApplePayやGooglePay利用時には券面デザインにアコムのマークが表示される

ACマスターカードは、カードデザインがシンプルなため、一見しただけでは消費者金融系のカードだと分かりづらいというメリットがあります。しかし、ApplePayやGooglePayで利用する際には、アコムのマークが表示されてしまうというデメリットがあるのです。

アコムは、ACマスターカードの発行会社であり、消費者金融業界では大手の企業です。そのため、アコムのマークが表示されることで、ACマスターカードが消費者金融系のカードだと一目瞭然になってしまうのです。

特に、人前でApplePayやGooglePayを使う際には、周りの人にアコムのマークを見られてしまう可能性があります。

付帯保険などの特典が無い

ACマスターカードのデメリットとして、付帯保険などの特典が無いことが挙げられます。多くのクレジットカードでは、利用者に対して様々な特典が用意されています。例えば、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険、ショッピング保険などです。

これらの保険は、カードを利用した際に自動的に適用されるため、利用者は別途保険に加入する必要がありません。また、カード会社が保険料を負担しているため、利用者は追加の費用を支払う必要もありません。

しかし、ACマスターカードには、これらの付帯保険が一切ありません。そのため、利用者は別途保険に加入する必要があります

ACマスターカードのメリット

ACマスターカードのメリットに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

ACマスターカードのメリット
  • 国際ブランドがMastercardのため多くの店舗やサービスで使える
  • ショッピング枠の利用上限が300万円と高め
  • 他クレジットカードと比べて審査が通りやすい
  • 年会費が無料
  • 最短即日発行が可能

それぞれ詳しく解説していきます。

国際ブランドがMastercardのため多くの店舗やサービスで使える

ACマスターカードのメリットとして、国際ブランドがMastercardであるため、多くの店舗やサービスで使えることが挙げられます。

Mastercardは、Visaと並ぶ世界的な決済ネットワークであり、世界中の多くの国や地域で利用することができます。日本国内においても、Mastercardは多くの店舗で利用可能です。大手スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストア、ガソリンスタンドなど、日常的な買い物で利用する機会が多い店舗では、ほとんどの場合でMastercardが使えます。

また、オンラインショッピングでも、Mastercardは幅広く利用することができます。国内の大手ECサイトはもちろん、海外のECサイトでも、Mastercardが利用可能なことが多いです。

米国圏で利用する場合はMastercardよりもVISAの方が有利

ACマスターカードは、国際ブランドがMastercardであるため、世界中の多くの店舗やサービスで利用することができます。しかし、米国圏で利用する場合は、MastercardよりもVISAの方が有利であるというデメリットがあります

米国では、VISAカードの方が、Mastercardよりも利用できる店舗やサービスが多いと言われています。特に、小規模な店舗や、地方の店舗では、VISAカードのみが利用可能な場合があります。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

VISAブランドのカードが欲しい場合にはプロミスVISAカードがおすすめです。

ショッピング枠の利用上限が300万円と高め

ACマスターカードのメリットとして、ショッピング枠の利用上限が300万円と高めに設定されていることが挙げられます。これは、他のクレジットカードと比べても、かなり高い水準だと言えます

同ランクのカードのショッピング枠は、数十万円から100万円程度が多いです。

他クレジットカードと比べて審査が通りやすい

ACマスターカードのメリットとして、他のクレジットカードと比べて審査が通りやすいことが挙げられます。クレジットカードの審査は、申込者の信用力や収入、職業などを総合的に判断して行われます。

一般的に、大手銀行系のクレジットカードは、審査が厳しいと言われています。これは、大手銀行が信用力の高い顧客を重視しているためです。

一方、ACマスターカードは、消費者金融会社のアコムが発行しているカードであるため、審査基準が比較的緩やかになっています

ACマスターカードの審査では、他のクレジットカードと比べて、収入や職業、勤続年数などの基準が低く設定されています。そのため、パートタイムやアルバイトの方でも、審査に通過しやすくなっています。

自己破産や債務整理の記録がある人でも通っているケースがある

ACマスターカードは、他のクレジットカードと比べて審査が通りやすいというメリットがありますが、その中でも特筆すべきなのが、自己破産や債務整理の記録がある人でも、審査に通過しているケースがあるという点です

一般的に、自己破産や債務整理の記録がある人は、クレジットカードの審査に通過することが難しいと言われています。これは、過去に借金の返済ができなかったことで、信用力が大きく損なわれているためです。

しかし、ACマスターカードでは、自己破産や債務整理の記録がある人でも、審査に通過しているケースがあります。これは、アコムが与信管理に長けており、過去の記録だけでなく、現在の収入や生活状況なども総合的に判断しているためです。

ただし、自己破産や債務整理の記録がある人が、確実に審査に通過できるわけではありません。あくまでも、審査に通過している事例があるというだけであり、個人の状況によって異なります。

年会費が無料

ACマスターカードのメリットとして、年会費が無料であることが挙げられます。クレジットカードの中には、年会費が数千円から数万円かかるものもありますが、ACマスターカードは、年会費が一切かかりません

年会費が無料であることは、クレジットカードを利用する上で、大きなメリットとなります。特に、クレジットカードを頻繁に利用しない人にとっては、年会費が無料であることは重要なポイントです。

また、年会費が無料であることで、クレジットカードを持つハードルが下がります。年会費が高いクレジットカードは、利用頻度が低い人にとっては、持つことを躊躇してしまうことがあります。しかし、ACマスターカードは、年会費が無料であるため、気軽に持つことができます。

最短即日発行が可能

ACマスターカードのメリットとして、最短即日発行が可能であることが挙げられます。

通常、クレジットカードの発行には1〜2週間程度の時間がかかりますが、ACマスターカードは最短で即日発行が可能です。これは、急な出張や旅行、大きな買い物を予定している人にとって大きなメリットとなります。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

即日発行が可能となるのは、店頭で申し込みを行った場合のみで、オンラインや郵送での申し込みでは即日発行はできません。また、審査に通過しない場合も即日発行はできません。

ACマスターカードが「怖い」「やばい」と言われる理由

ACマスターカードが「怖い」「やばい」と言われる理由に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

ACマスターカードが「怖い」「やばい」と言われる理由
  • リボ払い専用のカードだから
  • 消費者金融が発行しているカードだから

それぞれ詳しく解説していきます。

リボ払い専用のカードだから

ACマスターカードが「怖い」「やばい」と言われる理由の一つに、リボ払い専用のカードであることが挙げられます。リボ払いは、毎月の支払い額を一定にすることで、長期間にわたって支払いを行うことができますが、手数料がかかるため、通常の一括払いよりも支払い総額が高くなってしまいます

ACマスターカードは、リボ払い専用のカードであるため、一括払いや分割払いを選択することができません。つまり、利用者は必ずリボ払いを利用しなければならず、支払いが長期化してしまうリスクがあります。

また、リボ払いは、支払い額が少額であるため、借金感覚が薄れてしまうリスクもあります。支払いが長期化することで、借金の存在を忘れてしまい、気づいたときには多額の借金を抱えてしまっているということもあるのです。

ACマスターカードがリボ払い専用のカードであることは、支払い総額が高くなってしまうリスクや、支払いが長期化するリスク、延滞金が発生するリスク、借金感覚が薄れてしまうリスクなどがあるため、「怖い」「やばい」と言われる理由の一つとなっています。

消費者金融が発行しているカードだから

ACマスターカードが「怖い」「やばい」と言われるもう一つの理由は、消費者金融会社であるアコムが発行しているカードだからです。

消費者金融は、銀行などの金融機関と比べて、審査基準が緩く、信用力の低い人でも借り入れができるため、金利が高くなっています。そのため、消費者金融を利用することは、「借金をしている」というネガティブなイメージを持たれがちです

また、消費者金融は、過去に多重債務者を生み出したことで社会問題となりました。その結果、消費者金融に対する世間のイメージは悪化し、「怖い」「やばい」といったネガティブな印象を持たれるようになったのです

以上のように、ACマスターカードが消費者金融会社のアコムが発行しているカードであることは、「怖い」「やばい」といったネガティブなイメージにつながっています。ただし、アコムは大手の消費者金融会社であり、信用力は他の消費者金融会社と比べて高いと言えます。

ACマスターカードを利用する際は、このようなイメージに惑わされることなく、自分の生活スタイルに合ったカードかどうかを冷静に判断することが大切です。

ACマスターカードの審査に落ちた時に検討したい他クレジットカード

ACマスターカードの審査に落ちた時に検討したい他クレジットカードに関しては、以下の券種が候補として挙がります。

ACマスターカードの審査に落ちた時に検討したい他クレジットカード
  • Nexus Card
  • プロミスVisaカード
  • Tカードプラス

それぞれ詳しく解説していきます。

Nexus Card

年会費1,375円
※発行手数料550円
ポイント還元率0.50%
国際ブランドMastercard
電子マネー
審査・発行スピードWEB申込みの場合:約2週間
ETCカード
家族カード
特徴・おすすめポイント
  • デポジット(保証金)型で使いすぎる心配がない
  • カード利用でNexusポイントが貯まる
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)でカードの不正利用を防止
メリット
  • デポジット制なので使いすぎを防げる
  • 審査が通りにくい人でも作れる可能性が高い
  • ポイントが貯まりデジタルギフトに交換可能
デメリット
  • 発行手数料と年会費がかかる
  • キャッシング機能やETCカードがない
  • 付帯サービスが少なく機能が限られている

Nexus Cardは、株式会社ネクサスカードが発行するクレジットカードです。Nexus Cardの最大の特徴は、審査基準が緩やかなことです。

年収や職業、勤続年数などの審査基準が低く設定されているため、他のクレジットカードの審査に落ちた人でも、Nexus Cardなら審査に通過する可能性が高いと言えます。

また、Nexus Cardは、年会費が永年無料なのも大きな魅力です。年会費がかからないため、長期的に利用しても費用負担が少なく済みます。

さらに、Nexus Cardは、国際ブランドがVISAとMastercardから選べるのも特徴の一つです。世界中で利用できるVISAか、日本国内での利用に強いMastercardか、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

ただし、Nexus Cardは、キャッシング機能やリボ払い機能など、一部の機能が制限されています。また、ポイント還元率が低いことや、付帯保険が充実していないことなど、デメリットもあります。

Nexus Cardは、審査基準が緩やかで、年会費が永年無料なのが大きな魅力です。他のクレジットカードの審査に落ちた人や、費用負担を抑えたい人におすすめのカードと言えるでしょう。

プロミスVisaカード

年会費無料
ポイント還元率0.50%~7.00%
国際ブランドVISA
電子マネーiD利用、WAON
審査・発行スピード
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
※1枚まで発行可能
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療50万円
疾病治療50万円
携行品損害15万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選…
メリット
  • 年会費永年無料
  • 毎日のお買い物でポイントが貯まる
  • ナンバーレスで安心安全
デメリット
  • 一部ポイント加算対象外の店舗がある
  • 提携ATMを利用すると手数料がかかる
  • 銀行カードローンと比べると金利が高い

プロミスVisaカードは、大手消費者金融会社のプロミスが発行するクレジットカードです。プロミスは、三井住友フィナンシャルグループのグループ企業であり、安定した経営基盤を持っています。そのため、プロミスVisaカードは、信頼性の高いクレジットカードと言えます。

プロミスVisaカードの特徴は、年会費が永年無料であることです。また、国際ブランドがVisaであるため、世界中のVisa加盟店で利用することができます。

さらに、プロミスVisaカードには、キャッシング機能が付いています。キャッシング利用枠は、10万円〜100万円の範囲で設定することができ、急な出費にも対応することができます。

プロミスVisaカードの審査は、ACマスターカードと比べると若干厳しいと言われています。しかし、プロミスは消費者金融会社であるため、銀行系クレジットカードと比べると審査基準は緩めです。

信頼性が高く、年会費が永年無料であり、キャッシング機能も付いているため、ACマスターカードの審査に落ちた方にもおすすめのクレジットカードです。ただし、審査基準はACマスターカードよりも若干厳しいため、事前に審査基準を確認しておくことをおすすめします。

Tカードプラス

年会費無料
ポイント還元率0.50%~2.00%
国際ブランドJCB
電子マネー
審査・発行スピード通常4週間
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード
おすすめポイント・特徴
  • 初年度の年会費無料
  • Vポイント加盟店で通常のVポイントとクレジット利用のポイントがダブルで貯まる
  • 多彩な付帯サービス(TSUTAYAレンタルサービスなど)
メリット
  • TSUTAYAでの買い物時にTポイントが3倍〜6倍貯まる
  • TSUTAYAレンタル更新手続きが不要で手数料も無料
  • 年会費が無料なので発行・維持にかかるコストがない
デメリット
  • 他のクレジットカードに比べて還元率が低い
  • 利用できる加盟店が限られているため汎用性に欠ける
  • 家族カードの発行ができず、利用者が限られる

Tカードプラスは、Tポイントを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が発行するクレジットカードです。Tポイントが貯まりやすいだけでなく、キャッシング機能も備えているため、お金を借りる必要がある人にもおすすめのカードです。

キャッシング機能の限度額は、最大で50万円となっています。金利は、利用残高に応じて年率14.40%〜18.00%と、ACマスターカードと比べてもやや高めですが、Tカードプラスの審査基準は比較的緩いため、ACマスターカードの審査に落ちた人でも、審査に通過する可能性が高いと言えます。

また、Tカードプラスは、国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険など、充実した付帯保険を備えているのも魅力の一つです。国内旅行傷害保険は最高3,000万円、海外旅行傷害保険は最高1億円と、高い補償内容となっています。

さらに、Tカードプラスは、Tポイントが貯まりやすいクレジットカードとしても知られています。Tポイント提携先での利用では、通常の200円で1ポイント(0.5%)に加えて、2ポイント(1%)のボーナスポイントが貯まります。

また、毎月の利用額に応じて、最大5,000ポイントのボーナスポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施されています。

Tカードプラスは、キャッシング機能だけでなく、付帯保険やポイント還元率の高さなど、様々なメリットを兼ね備えたクレジットカードです。

ACマスターカードに関するよくある質問

黒の券面デザインは無くなってしまったのですか?

ACマスターカードの黒の券面デザインは、2021年3月末をもって新規発行が終了となりました。これは、アコムがACマスターカードのデザインを刷新したためです。

新しいデザインは、シルバーを基調としたシンプルなものになっています。アコムのロゴが中央に配置され、カード番号や有効期限などの必要な情報がわかりやすく記載されています。

分割払いには対応していませんか?

ACマスターカードは、残念ながら分割払いには対応していません。ACマスターカードは、リボ払い専用のクレジットカードであり、一括払いや分割払いを選択することができません。

クレジットカードとしての使い方は他のカードと特に変わりありませんか?

ACマスターカードは、基本的にはクレジットカードとしての使い方は他のカードと変わりありません。店舗やオンラインショップでの買い物、公共料金の支払いなど、一般的なクレジットカードと同じように利用することができます。

目次