PR

AGビジネスサポートの審査内容は?審査時間や必要書類など商品別に紹介

AGビジネスサポートの審査難易度や審査時間は?赤字決算でも審査に落ちない条件とは

AGビジネスサポートの審査を通過して事業資金を調達したい方へ。審査内容や審査時間、必要書類など気になる点は多いのではないでしょうか。

本記事では、AGビジネスサポートの各ローン商品について、具体的な審査基準や審査の流れを詳しく解説します。

赤字決算や債務超過の場合でも柔軟に対応してくれるAGビジネスサポートですが、審査に通るためのポイントを押さえておくことが重要です。申込み前の事前準備から本審査、そして融資実行までの流れを商品別に紹介するので、スムーズな資金調達を実現しましょう。

また、審査落ちを避けるための対策や、必要書類の準備方法についてもアドバイスします。この記事を読めば、AGビジネスサポートの審査を乗り越えるためのノウハウが身につくはずです。ぜひ最後までご覧ください。

目次

AGビジネスサポートとは

AGビジネスサポート(ビジネスローン)
金利5.00%~18.00%
貸付限度額1万円~1,000万円
申込条件満20歳~満69歳
・法人または個人事業主
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額
在籍確認電話在籍確認あり

AGビジネスサポートは、法人や個人事業主向けのビジネスローンサービスを提供しています。

最大1,000万円までの融資が可能で、無担保・無保証で資金調達できます。審査から融資までのスピードが速く、最短で即日融資を受けられます。年会費や保証料、調査料は一切不要です。赤字決算や税金の未納があっても、原則として融資の対象となります。

資金使途は事業資金の範囲内であれば自由に使えます。申込から融資まで来店は不要で、オンラインで手続きできます。返済方式は元金定率リボルビング返済で、最長8年4か月の返済期間が設定できます。

AGビジネスサポートは、アイフルグループの事業ノウハウを活かし、中小企業の資金調達ニーズに対応するサービスを提供しています。口コミでは融資スピードの速さやサポートの良さが評価されています。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査条件

AGビジネスサポートのビジネスローンの審査条件は以下となります。

審査条件
  • 業種・業歴: 原則1年以上の実績が必要です。
  • 収入状況: 安定した事業収入が確保できていることが重視されます。
  • 他社借入状況: 過剰な借入がないことが求められます。
  • 信用情報: 金融事故歴がないことが前提条件です。
  • 決算内容: 赤字決算でも審査対象となりますが、事業の将来性が重視されます。

AGビジネスサポートは、過去の財務内容だけでなく、現在の事業状況と将来性を総合的に判断して融資の可否を決定します。 そのため、赤字決算や債務超過の企業でも、事業の継続が見込めれば融資実行の可能性があります。

ただし、金融事故歴があったり、他社からの過剰な借入状況があれば審査が通りにくくなります。 法人の場合は代表者の連帯保証が原則必要となります。

審査では主に収支状況や返済能力が重視され、必要書類として決算書や確定申告書の提出が求められます。 業歴1年未満の場合は、不動産担保が必要になる可能性があります。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)は銀行系と比べて審査難易度は低め

AGビジネスサポートのビジネスローンは、銀行系の融資サービスと比べると、審査の難易度が総じて低めに設定されています。

銀行は、原則として赤字決算企業や債務超過企業への融資を行わないのが一般的です。財務内容が健全でないと判断された場合、審査で振り落とされてしまいます。

一方、AGビジネスサポートは「過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討」するスタンスを取っています。赤字決算や債務超過であっても、事業の継続が見込めれば融資実行される可能性があります。

また、銀行は長年の営業実績や一定以上の売上高などを求める傾向がありますが、AGビジネスサポートは業歴1年以上であれば審査の対象となります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

AGビジネスサポートでも金融事故歴があったり、他社からの過剰な借入状況があれば審査が通りにくくなります。 必要書類の提出や代表者の連帯保証なども求められます。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査で求められるポイント

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査で求められるポイントに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査で求められるポイント
  • 事業の継続性と収益性
  • 代表者の年齢と属性
  • 信用情報の良好性

それぞれ詳しく解説していきます。

事業の継続性と収益性

AGビジネスサポートのビジネスローン審査では、申込企業の事業継続性と収益性が重視されます。 

同社は「過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討」するスタンスを取っており、単に赤字決算や債務超過があるからといって審査を通さないわけではありません。 むしろ、事業の将来性や継続可能性を総合的に判断しています。

具体的には、提出が求められる事業計画書や資金繰り表などから、今後の収支計画や資金繰りの見通しをチェックします。 売上や利益の推移、キャッシュフロー状況などを精査し、事業が継続できるかどうかを見極めています。

たとえ現在は赤字決算であっても、具体的な事業再建計画があり黒字化の目処が立っていれば、審査を通過する可能性は高まります。 一方で、単に「頑張ります」といった抽象的な計画では不十分で、継続して赤字が見込まれる場合は審査が通りにくくなります。

また、業歴1年未満の場合は不動産担保が必要になる可能性があり、事業の実績と安定性が重視されます。 代表者の経営能力や過去の実績、事業の特殊性なども総合的に勘案されます。

事業の継続年数が長いほど有利であり最低でも1年以上の事業継続が求められる

AGビジネスサポートのビジネスローン審査では、事業の継続年数が長いほど有利に働きます。 一般的に、事業継続年数が長ければ長いほど、その事業の安定性や継続性が高いと判断されるためです。

同社の審査基準では、最低でも1年以上の事業継続実績が求められています。 業歴1年未満の場合は、原則として不動産などの担保が必要となります。 つまり、1年以上の実績があれば無担保での融資が可能になるわけです。

事業継続年数が長ければ長いほど、過去の決算データや実績も豊富になります。 複数年の決算書や確定申告書を審査資料として提出できれば、収支の推移や資金繰りの実態をより詳細に把握することができます。

また、長期にわたって事業を継続できていれば、その事業の持続可能性や代表者の経営能力、業界での信用度なども高いと評価されやすくなります。 一方で、開業間もない事業であれば、継続性への不安が審査側にあり、審査が通りにくくなる可能性があります。

代表者の年齢と属性

AGビジネスサポートのビジネスローン審査では、申込企業の代表者の年齢と属性も重要な審査ポイントとなります。

まず年齢要件として、法人の場合は代表者が75歳未満、個人事業主の場合は69歳未満が条件となっています。 高齢者への融資リスクを避けるためと考えられます。

次に代表者の属性については、過去の職歴や経営実績、業界での信用度なども総合的に判断されます。 同業界で長年経験を積んでいる実力者であれば、事業の継続性や収益性が高いと評価されやすくなります。

一方で、代表者が業界未経験者や異業種からの転身者の場合は、事業運営能力への不安から審査が通りにくくなる可能性があります。 特に開業間もない事業であれば、その傾向が強くなります。

信用情報の良好性

AGビジネスサポートのビジネスローン審査では、申込企業および代表者の信用情報の良好性が重要なポイントとなります。

信用情報とは、クレジットカードやローン契約に関する情報のことで、信用情報機関に登録されています。 カードローン会社は加盟している信用情報機関に照会し、申込者の信用情報を確認して審査を行います。

信用情報には、個人を特定する情報、申込み・契約内容、支払い状況などが記録されています。 延滞歴や債務整理の事実、過去の破産歴なども反映されるため、これらの問題がある場合は審査が通りにくくなります。

特に重視されるのが、過去の返済実績です。他社のカードローンやクレジットカードで延滞があった場合、AGビジネスサポートの審査でも不利になる可能性が高くなります。

また、代表者個人の信用情報だけでなく、法人の信用情報や代表者の連帯保証人としての情報なども確認されます。 法人に債務超過の状態があれば、審査が通りにくくなる可能性があります。テキスト

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査に通過できる人の特徴

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査に通過できる人の特徴に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査に通過できる人の特徴
  • 業歴が1年以上あり使用目的が事業資金である
  • 過去に長期の返済遅延が無い
  • 提出書類に不備が無く記載内容に虚偽がない
  • 複数の金融機関に同時に申し込んでいない
  • 事業規模に見合った適切な借入額を希望している

それぞれ詳しく解説していきます。

業歴が1年以上あり使用目的が事業資金である

AGビジネスサポートのビジネスローン審査を通過するための重要な条件の一つは、資金使途が事業資金であることです。

同社は、原則として業歴1年以上の法人または個人事業主を対象としています。 開業間もない事業への融資は審査が通りにくくなる傾向にあります。1年以上の実績があれば、事業の継続性や安定性が一定程度確保できていると判断されるためです。

また、資金使途が「事業資金」である必要があります。 ビジネスローンという商品の性質上、私的な資金使途では審査が通りません。具体的には、運転資金、設備投資資金、仕入資金、起業資金など、事業の維持・拡大に資する使い道でなければなりません。

つまり、「事業を1年以上継続しており」かつ「資金を事業に使う」ことが、AGビジネスサポートの審査を通過する最低条件となります。 開業間もない個人や、資金使途が不明確な場合は、審査が通過しにくくなります。

過去に長期の返済遅延が無い

AGビジネスサポートのビジネスローン審査を通過するための重要な条件の一つは、申込企業および代表者に過去の長期の返済遅延がないことです。

同社の審査では、申込企業と代表者双方の信用情報が詳細に確認されます。 信用情報には、クレジットカードやローンの契約内容と支払い状況が記録されています。

もし過去に長期にわたる返済遅延の事実があれば、信用情報に問題履歴として残ってしまいます。 3カ月以上の延滞や債務整理の履歴があると、AGビジネスサポートの審査で不利になる可能性が高くなります。

一方で、過去に遅延の事実が一切なく、きちんと返済を継続してきた実績があれば、高い評価につながります。 長期にわたり良好な返済実績があれば、返済能力と意欲の高さが裏付けられるためです。

提出書類に不備が無く記載内容に虚偽がない

AGビジネスサポートのビジネスローン審査を通過するための重要な条件は、提出書類に不備がなく、記載内容に虚偽がないことです。

同社の審査では、申込企業や代表者から様々な書類の提出が求められます。個人事業主と法人では提出書類が異なり、通常は以下のような書類が必要となります。

個人事業主
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 確定申告書(原則2年分)
  • その他必要書類
法人
  • 代表者の本人確認書類
  • 登記事項証明書(商業登記簿謄本)  
  • 決算書(原則2期分)
  • その他必要書類

これらの書類には、事業の実態や財務状況、代表者の経歴や資産状況などが記載されています。審査ではこれらの情報が精査され、事業の継続性や返済能力が判断されます。

したがって、書類に不備があったり、記載内容に虚偽があると、審査が通りにくくなります。 書類の不備があれば修正・再提出が必要になり、審査が遅れる可能性があります。

さらに、虚偽の記載があった場合は、申込者の信用度が著しく低下してしまいます。 審査側から見れば、虚偽申告をした企業や個人に対して新たな融資をするリスクが高くなるためです。

複数の金融機関に同時に申し込んでいない

AGビジネスサポートのビジネスローン審査を通過するための重要なポイントの一つは、複数の金融機関に同時に申し込んでいないことです。

金融機関は申込者の信用情報を確認し、過去の申込履歴や現在の借入状況を精査します。 もし短期間のうちに複数の金融機関にローンを申し込んでいる事実が判明すると、「お金に困っている」という印象を与えてしまい、審査が通りにくくなる可能性があります。

一般的に、1か月以内に4社以上の金融機関に申し込んでいると、審査で不利になると言われています。 複数社への同時申込は、返済能力に対する不安を金融機関側に抱かせてしまうためです。

AGビジネスサポートに申し込む前に、他社への申込履歴を確認し、可能な限り1社に絞ることが賢明でしょう。 複数社に分散して申し込むよりも、1社に集中して真剣に取り組む姿勢のほうが高く評価されます。

ただし、日本政策金融公庫と民間金融機関への並行申込は可能とされています。 この場合でも、民間金融機関同士への複数申込は避けたほうがよいでしょう。

事業規模に見合った適切な借入額を希望している

AGビジネスサポートのビジネスローン審査を通過するための重要なポイントの一つは、事業規模に見合った適切な借入額を希望していることです。

同社のビジネスローンでは、50万円から最高1,000万円までの融資が可能となっています。 審査では、申込企業の事業規模や収益力に照らして、希望借入額が適切かどうかを慎重に判断します。

事業規模に比べて過大な金額を希望すると、返済能力に対する不安から審査が通りにくくなる可能性があります。 一方で、事業拡大のための十分な資金を確保できない金額を希望すれば、その目的を達成できなくなってしまいます。

適切な借入額を判断する際のポイントは、主に以下の2点です。

  1. 事業規模(売上高、従業員数、資産など)
  2. 収益力(営業利益、キャッシュフロー、決算状況など)

例えば、年商5,000万円の小規模事業者が1,000万円の融資を希望すれば、返済が難しいと判断される可能性が高くなります。 一方、年商1億円を超える企業が500万円の融資を希望すれば、事業規模に比べて少なすぎると見なされるかもしれません。

つまり、AGビジネスサポートの審査を通過するには、自社の実態に照らして適切な金額を希望する必要があります。 事業規模が大きければ大きいほど、高額の融資を受けられる可能性が高まります。

他社からの借入状況もチェックされるため要注意

AGビジネスサポートの審査では、申込企業が他社から借り入れている状況も詳細にチェックされます。 

自社の事業規模に見合った適切な借入額を希望していたとしても、他社からの過剰な借入がある場合は審査が通りにくくなる可能性があります。

審査では、申込企業の信用情報から他社借入状況が確認されます。 クレジットカード残高や他社ローンの現在残高、新規申込状況などが精査の対象となります。

事業規模に比べて他社借入が多額にのぼっていれば、返済能力に対する不安が高まります。 金融機関側から見れば、新たな融資をすることで借入総額が過大になり、返済リスクが高まってしまうためです。

特に、短期間のうちに複数の金融機関に申し込んでいる場合は要注意です。 「お金に困っている」という印象を与え、審査が通りにくくなる可能性が高まります。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査で必要な書類

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の審査で必要な書類
  • 個人事業主の場合
  • 法人の場合

個人事業主の場合

個人事業主がAGビジネスサポートのビジネスローンを申し込む際には、以下の書類の提出が求められます。

書類カテゴリ必要書類・内容説明提出方法・詳細
本人確認書類申込者本人であることを証明する公的身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証等)の写し。有効期限内の最新のものを表裏両面コピーして提出。AGビジネスサポートでは、本人確認を徹底して不正申込を防止。
確定申告書個人事業主の直近の確定申告書。事業からの収入、経費、所得金額等の情報含む。税務署の収受印または税理士の押印がある原本の写しを提出。電子申告の場合は受付メールの控えも有効。
事業内容確認書・資金繰り表事業の概要、資金の使途、返済計画等を記入。資金繰り表では将来の収支見通しを記載。公式サイトからダウンロードし作成。AGビジネスサポートが指定する場合があり、事業の継続性や返済能力を審査。

上記の書類に加えて、許認可が必要な業種の場合は許可証の写しなども提出を求められることがあります。AGビジネスサポートでは、多角的な視点から事業の実態を確認するため、追加書類の提出を求めることもあります。

法人の場合

法人がAGビジネスサポートのビジネスローンを申し込む際には、以下の書類の提出が求められます

書類カテゴリ必要書類・内容説明提出方法・詳細
本人確認書類法人の代表者の公的身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証等)の写し。有効期限内の最新の書類を表裏両面コピーして提出。不正申込防止のための重要な手続き。AGビジネスサポートではこれを通じて適切な審査を実施。
決算書法人の直近の決算書。売上高、経費、当期純利益などの財務情報含む。税理士や公認会計士による監査済みの原本の写しを提出。事業の収支状況や経営実態を把握し、事業の継続性や返済能力を審査。
その他の書類必要に応じた追加書類(例: 飲食店の場合は営業許可証の写し)。AGビジネスサポートが特定の業種や状況に応じて追加書類の提出を求める場合がある。

事業の内容や規模、希望の融資額によっては、追加の書類を求められることがあります。AGビジネスサポートでは、多角的な視点から事業の実態を確認するため、個別に書類の提出を指示する場合があります。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)の利用までの流れ

STEP
インターネットや電話で申込を行う

AGビジネスサポートのビジネスローンの申込は、インターネットまたは電話で簡単に行えます。

  • インターネット申込の場合

AGビジネスサポートの公式ウェブサイトにアクセスし、「インターネットで申し込む」ボタンからお申込みフォームに進みます。必要事項を入力し送信すれば、申込は完了です。24時間いつでも申込可能です。

  • 電話申込の場合

フリーコール(0120-127-552)に電話をかけ、オペレーターに必要事項を伝えることで申込ができます。受付時間は平日9時30分から18時までとなっています。

申込時に必要な情報は、事業内容、業種、創業年数、売上高、資金使途などです。個人事業主の方は、本人確認書類(運転免許証など)の提出が必要になります。法人の場合は、登記簿謄本や決算書類などの提出をお願いすることがあります。

申込後は審査が入りますが、インターネット申込の場合は最短即日での融資が可能です。ただし、申込時間帯や審査状況によっては数日かかる場合もあります。電話申込の場合は、通常1~2営業日程度の審査期間が必要となります。

AGビジネスサポートのビジネスローンは、最高1,000万円までの無担保・無保証人での借入が可能です。審査基準も柔軟なので、創業間もない事業者や一時的に赤字決算の事業者でも利用できる可能性があります。

STEP
与信審査を受け審査結果の通知を待つ

申込が完了すると、AGビジネスサポートの審査部門で与信審査が入ります。この審査では、事業の継続性や収益性、返済能力などを総合的に判断します。

創業間もない事業者や一時的に業績が悪化している事業者でも、将来の事業計画が良好で返済能力があれば融資が可能な場合があります。

審査では、申込時に提出した書類に加え、場合によっては現地調査や追加書類の提出を求められることもあります。審査の過程で不明な点があれば、AGビジネスサポートから電話や電子メールで確認をさせていただくことがあります。

インターネット申込の場合、最短で即日中に審査結果が通知されます。ただし、申込時間帯や審査状況によっては数日かかる場合もあります。電話申込の場合は、通常1~2営業日程度の審査期間が必要です。

審査結果は、申込時に登録したメールアドレスに通知されます。融資が承認された場合は、融資限度額や金利、返済条件などの契約内容が記載されています。不承認の場合はその理由が記されます。

STEP
融資額や返済条件の最終確認を行い契約&融資実行

融資が承認されると、AGビジネスサポートから契約内容の最終確認の連絡が入ります。この段階で、融資限度額、金利、返済期間、返済日などの条件を再確認し、契約内容に間違いがないかを必ずチェックしましょう。

確認ポイント
  • 融資限度額
  • 金利(年利)
  • 返済期間(最長10年)
  • 返済日(5日または20日の選択)
  • 返済方法(口座振替のみ)
  • 契約手数料(融資額の3%程度)

契約内容に納得がいけば、AGビジネスサポートに承諾の返事をします。承諾後、契約書類一式が送付されてきますので、内容を再度確認し、契約書に記名捺印の上、返送します。

契約が成立すると、融資実行の手続きに入ります。指定の口座に融資金が入金されるまで、通常1~2週間程度を要します。入金が完了した時点で、ビジネスローンの利用が開始できます。

返済は、毎月の返済日に口座振替で自動的に行われます。返済額は元利均等返済方式で、融資額と返済期間によって決まります。期間内に一括返済することも可能です。

万が一、返済が遅れた場合は延滞金が発生しますので、返済計画を立てて確実に返済を行うことが重要です。AGビジネスサポートでは、返済相談にも応じてくれますので、返済が難しくなった際は早めに相談しましょう。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)のメリット

AGビジネスサポート(ビジネスローン)のメリット
  • 返済日の設定が柔軟
  • 最高1,000万円の高額融資に対応
  • 審査基準が銀行と比べて柔軟
  • 融資スピードが早い
  • 年間6,000件以上の事業融資実績がある

返済日の設定が柔軟

AGビジネスサポートのビジネスローンでは、返済日を毎月5日または20日の2つから選ぶことができます。 この返済日の設定が柔軟なのは大きなメリットです。

事業者にとって、返済日は資金繰りを考える上で重要なポイントになります。売上入金サイクルと返済日が合致していれば、返済資金の準備がスムーズにできます。

また、AGビジネスサポートでは、一定の条件を満たせば返済日の変更も可能です。事業環境の変化などで入金サイクルが変わった場合にも、柔軟に対応してくれます。

最高1,000万円の高額融資に対応

AGビジネスサポートのビジネスローンでは、最高1,000万円までの高額融資に対応しています。 この高い融資限度額は、事業者にとって大きなメリットといえます。

事業を営む上で、設備投資や運転資金の確保は欠かせません。新規出店や工場増設、大型機械の購入など、高額な資金需要が生じることも多くあります。そういった場合に、1,000万円までの融資が受けられるのは心強い限りです。

特に中小企業では、銀行から十分な融資を受けられないことが課題となっています。融資限度額が低かったり、担保や保証人が求められたりと、資金調達が難しい状況にあります。

また、借入額に応じて返済期間を最長10年間まで設定できます。返済負担を軽減しながら、大型の設備投資や事業拡大に必要な資金を調達することができるでしょう。

審査基準が銀行と比べて柔軟

AGビジネスサポートのビジネスローンでは、銀行と比べて審査基準が柔軟なのが大きなメリットです。創業間もない事業者や一時的に業績が落ち込んでいる事業者でも、融資を受けられる可能性が高くなります。

銀行の融資審査は、一般的に厳しい傾向にあります。長年の営業実績や高い収益性、十分な担保や保証人の確保などが求められます。創業数年の新規事業者や赤字決算の事業者は、融資を断られがちです。

一方、AGビジネスサポートの審査では、事業の将来性や成長可能性を重視しています。創業間もない事業者でも、事業計画が良好で将来の収益が見込めれば、融資の可能性が高まります。

また、一時的に業績が落ち込んでいる事業者に対しても、柔軟に対応してくれます。業績不振の理由や改善策、今後の事業計画などを総合的に判断し、事業の継続性が認められれば融資してくれます。

融資スピードが早い

AGビジネスサポートのビジネスローンでは、融資スピードが非常に早いのが大きなメリットです。インターネット申込の場合は最短即日での融資が可能で、電話申込でも1~2営業日程度の審査期間と素早い対応が期待できます。

事業を営む上で、タイミングを逃さずに機動的に資金調達できることは重要なポイントです。好機を逃さずにビジネスチャンスを確実に掴むためには、スピーディーな資金調達が不可欠です。

AGビジネスサポートの迅速な融資対応は、そういったニーズに応えてくれます。インターネットで24時間いつでも申込ができ、最短即日で融資が実行されるため、機会ロスを最小限に抑えられます。

年間6,000件以上の事業融資実績がある

AGビジネスサポートには、年間6,000件以上の事業融資実績があります。この豊富な実績は、事業者にとって大きなメリットといえます。

事業融資は、事業者と金融機関の信頼関係が何より重要です。融資を受ける側は、金融機関の審査基準や対応力を確認する必要があります。一方で金融機関も、事業の継続性や収益性、代表者の資質などを慎重に見極める必要があります。

そういった意味で、AGビジネスサポートの6,000件以上の融資実績は、事業者の大きな安心材料になります。これだけ多くの事業者に融資を行っているということは、適切な審査と円滑な融資対応ができていることの証しです。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)のデメリット

AGビジネスサポート(ビジネスローン)のデメリット
  • 最高金利が18.0%と比較的高めに設定されている
  • 提出書類が多い
  • 早期返済をした際に違約金が発生する

最高金利が18.0%と比較的高めに設定されている

AGビジネスサポートのビジネスローンでは、最高金利が18.0%と比較的高めに設定されているのがデメリットの一つです。

一般的に、銀行のビジネスローン金利は10%前後が相場となっています。また、日本政策金融公庫の基準年利は最高でも3%程度と低めに設定されています。

一方、AGビジネスサポートの最高金利18.0%は、これらと比べると高い水準にあります。金利が高いということは、その分返済負担が重くなることを意味します。

例えば、500万円を5年間で返済する場合を考えてみましょう。

  • 金利6%の場合の総返済額は約622万円
  • 金利18%の場合の総返済額は約810万円

このように、金利の違いで総返済額に200万円近くの開きが生じます。金利が高いほど、返済にかかるコストが大きくなるのがわかります。

ただし、AGビジネスサポートの審査基準は比較的柔軟なため、創業間もない事業者や業績不振の事業者でも融資を受けられる可能性があります。そのリスクに見合った金利水準と考えられています。

金利が高いデメリットはありますが、他の金融機関から融資が受けられない事業者にとっては、AGビジネスサポートが最後の切り札になり得ます。資金調達の選択肢が広がるメリットもあるのです。

提出書類が多い

AGビジネスサポートのビジネスローン申込時に提出が求められる書類が多いのは、デメリットの一つと言えます。

個人事業主の場合は、以下の書類が主に必要となります。

個人事業主の場合
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 確定申告書
  • AGビジネスサポート所定の事業内容確認書
  • 事業計画書・資金繰り表(場合による)

法人の場合は、さらに以下の書類が加わります。

法人の場合
  • 代表者の本人確認書類
  • 決算書
  • 登記簿謄本(場合による)

これらの書類は、本審査のために必須で提出が求められます。書類の種類が多いため、準備に手間がかかるデメリットがあります。

特に個人事業主は、確定申告書や事業内容確認書の作成が負担になるかもしれません。事業計画書や資金繰り表の提出が求められれば、さらに手間がかかります。

一方の法人は、決算書や登記簿謄本の準備が必要です。決算期を過ぎたばかりで書類が整っていない場合は、改めて準備する手間が生じます。

AGビジネスサポートは、提出書類を基に事業の実態や継続性、返済能力を厳しく審査します。そのため、多くの書類の提出を求めているのですが、事業者にとっては書類準備の負担が大きなデメリットとなっています。

ただし、無担保・無保証人での融資が可能なのは、こうした厳格な審査があるからこそです。事業者は、書類準備の手間を払う代わりに、柔軟な融資を受けられるメリットがあります。

早期返済をした際に違約金が発生する

AGビジネスサポートのビジネスローンでは、期間内に一括で早期返済をした場合、違約金が発生するというデメリットがあります。

一般的に、ビジネスローンの早期返済には手数料がかかることが多いです。金融機関側は、期間内の返済で得られるはずの利息収入を失うためです。その機会損失分を違約金として請求するのが通例となっています。

AGビジネスサポートの場合、早期返済の違約金は以下の計算式で算出されます。

違約金 = 残りの利息の35%相当額

例えば、残りの利息が100万円の場合、違約金は35万円(100万円×35%)となります。

この違約金率35%は、業界の標準的な水準よりも高めに設定されています。一般的な違約金率は20%前後が相場です。違約金率が高いほど、早期返済のコストが高くなります。返済期間が長ければ長いほど、違約金の金額も高額になる傾向にあります

AGビジネスサポート(ビジネスローン)で審査落ちした時の他手段

AGビジネスサポート(ビジネスローン)で審査落ちした時の他手段
  • 信用金庫・信用組合のビジネスローンを使う
  • ファクタリングサービスを使う
  • 公的融資制度を使う
  • 個人向けカードローンを使う
  • クラウドファンディングを使う

信用金庫・信用組合のビジネスローンを使う

AGビジネスサポートの審査に落ちた場合、次に検討すべきは信用金庫や信用組合のビジネスローンです。信用金庫・信用組合は、地域に根ざした中小企業や個人事業主を主な顧客層としており、比較的小規模な事業者への融資に積極的です。

信用金庫・信用組合のビジネスローンは、銀行のビジネスローンに比べると審査基準がやや緩く、金利も若干高めですが、消費者金融などのビジネスローンよりははるかに低金利となります。 また、信用金庫・信用組合は地域密着型の金融機関なので、顔の見える関係を大切にし、事業者との対話を重視する傾向があります。

ただし、信用金庫・信用組合にも一定の審査基準はあり、無条件で融資が受けられるわけではありません。主な審査ポイントは、事業の継続性、収支状況、返済能力、担保・保証の有無などです。 審査を通過するには、事業計画書や決算書などの書類を適切に準備し、返済計画を立てることが重要です。

ファクタリングサービスを使う

AGビジネスサポートのビジネスローンの審査に落ちた場合、ファクタリングサービスを利用するのも有効な選択肢のひとつです。ファクタリングとは、企業が取引先に対する売掛債権(未収金)をファクタリング会社に売却し、すぐに現金化を図る仕組みです。

ファクタリングのメリットは、審査が比較的緩やかで、短期間で資金を調達できる点にあります。ビジネスローンの審査では、事業の継続性や収支状況、返済能力などが重視されますが、ファクタリングでは債権の存在と回収可能性が最重要視されます。 そのため、経営が一時的に行き詰まっている企業でも利用できる可能性があります。

また、ファクタリングでは債権の現金化が早く、申し込み当日に資金を受け取れるケースもあります。 一方で、ビジネスローンは融資実行までに時間を要します。資金がすぐに必要な場合は、ファクタリングの方が有利でしょう。 長期的な資金調達を考えている場合は、ファクタリングよりもビジネスローンの方が低コストとなります。

公的融資制度を使う

AGビジネスサポートのビジネスローンの審査に落ちた場合、公的融資制度を活用するのも有力な選択肢のひとつです。国や自治体が運営する公的融資制度は、民間金融機関よりも審査が緩やかで、低利な資金調達が可能です。

代表的な公的融資制度として、日本政策金融公庫の「国民生活事業」や「中小企業事業」があげられます。国民生活事業は個人事業主や小規模事業者を対象とした融資で、無担保・無保証人で最大2,000万円まで借り入れできます。 中小企業事業は法人企業を対象に、設備資金や運転資金を融資するもので、最大8億円までの融資が可能です。

公的融資制度のメリットは、低金利であることに加え、審査が比較的緩やかな点にあります。民間金融機関は収益性や返済能力を重視しますが、公的融資は政策目的があるため事業の継続性や発展性、雇用への貢献度なども評価されます。 そのため、一時的に業績が悪化している企業でも融資を受けられる可能性があります。

一方で、公的融資制度にもデメリットがあります。融資限度額に上限があること、手続きに時間がかかること、担保が必要な場合があることなどです。 また、制度の目的や対象業種が限定されているため、自社の事業が要件を満たさない可能性もあります。

個人向けカードローンを使う

AGビジネスサポートのビジネスローンの審査に落ちた場合、最終的な選択肢として個人向けカードローンを利用することも検討できます。カードローンは個人が借り入れできる無担保ローンで、比較的審査が緩やかで、短期間で資金を調達できるメリットがあります。

ただし、カードローンは事業資金としては本来の目的外利用となるため、デメリットも多くあります。第一に、金利が非常に高いことがデメリットです。カードローンの金利は15~18%程度が一般的で、ビジネスローンの5~10%程度と比べると2倍近い高金利となります。長期的な資金調達には向きません。

また、カードローンの融資限度額は概して低く、数十万円から最大でも300万円程度が上限です。事業の運転資金や設備投資資金としては不十分な金額かもしれません。さらに、カードローンは個人契約のため、法人と個人の資金の区分けが難しくなるデメリットもあります。

一方で、カードローンのメリットは審査が比較的緩やかで、短期間で資金を調達できる点にあります。ビジネスローンの審査に落ちた場合、一時的な資金繰りに活用できる可能性はあります。

クラウドファンディングを使う

AGビジネスサポートのビジネスローンの審査に落ちた場合、クラウドファンディングを活用するのも一つの選択肢です。クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の人から小口の資金を集める仕組みで、近年注目を集めています。

クラウドファンディングのメリットは、返済の必要がなく、リスクが低いことです。一般的なビジネスローンは返済が必須ですが、クラウドファンディングでは支援者に対して前もって設定した特典を提供するだけで済みます。

またクラウドファンディングでは資金調達だけでなく、マーケティング効果も期待できます。自社の事業やプロジェクトをアピールでき、早期の顧客開拓や認知度向上につながる可能性があります。

一方で、クラウドファンディングにはデメリットもあります。第一に、目標金額を達成できない可能性があることです。支援者の共感を得られなければ、十分な資金を調達できません。また、運営手数料が発生するため、実際に調達できる金額は目標金額を下回ります。

さらに、クラウドファンディングは一過性の資金調達手段に過ぎず、継続的な事業運営資金を確保するのは難しいでしょう。事業の立ち上げ時や新製品開発時の一時的な資金調達に適していますが、長期的な運転資金の確保には向きません。

AGビジネスサポート(ビジネスローン)に関するよくある質問

AGビジネスサポート(ビジネスローン)に関するよくある質問
  • 土日祝の審査には対応していますか?
  • 借入診断で通った場合には本審査にも通過できますか?
  • 問い合わせの電話窓口はありますか?
  • 審査の営業時間は何時から何時ですか?
土日祝の審査には対応していますか?

AGビジネスサポートの審査対応時間は、平日の9時30分から18時までとなっています。 つまり、土日祝日は審査が行われていないため、この期間に申し込みをした場合は審査が一時停止し、次の平日の営業時間開始後に審査が再開されます。

借入診断で通った場合には本審査にも通過できますか?

AGビジネスサポートの借入診断は、簡単な質問に回答するだけで、おおよその借入可能額を事前に確認できるサービスです。 しかし、この借入診断で「借入可能」と判定されたからといって、必ずしも本審査に通過できるわけではありません。

借入診断は、あくまでも簡易的な審査であり、本審査ほど厳格なチェックは行われていません。 借入診断では、主に以下の基本的な項目についてのみ確認が行われます。

  • 業種
  • 年商/売上高
  • 事業歴
  • 他社借入状況
  • 過去の債務の有無

一方、本審査では上記に加えて、さらに詳細な審査が行われます。具体的には、決算書や確定申告書などの書類審査を通じて、事業の継続性や収支状況、返済能力などがより厳しく確認されます。

また、本審査では個人信用情報機関の情報照会も行われ、申込者の過去の債務状況や金融事故の有無がチェックされます。 借入診断ではこうした詳細な信用チェックは行われていないため、本審査で不適切な事実が発覚すれば審査が通らない可能性があります。

さらに、AGビジネスサポートでは、同時期に複数の金融機関に申し込みをしていないかも審査対象となります。 借入診断の段階ではこの点はチェックされませんが、本審査で他社への申込状況が確認され、複数社に同時申し込みしていた場合は審査が通らない可能性があります。

問い合わせの電話窓口はありますか?

AGビジネスサポートでは、専用の電話窓口を設けています。

【フリーコール】
0120-127-552
受付時間: 平日9時30分~18時

この電話窓口では、ビジネスローンの申込みに関する質問から、審査状況の確認、契約内容や返済方法についての問い合わせなど、幅広い内容に対応しています。

審査の営業時間は何時から何時ですか?

AGビジネスサポートの審査は、平日の9時30分から18時までの営業時間内に行われています。 つまり、土日祝日や夜間は審査が行われていないため、この時間外に申し込みをした場合は審査が一時停止し、次の営業日の開始後に審査が再開されます。

まとめ

AGビジネスサポートの審査は、事業者向け融資サービスを利用する際の重要なステップです。審査では、事業の収益性や成長性、代表者の経営能力などが総合的に評価されます。

審査の際には、事業計画書や決算書、確定申告書などの書類提出が求められます。これらの書類から、事業の現状と将来性が判断されるため、的確な内容と根拠となるデータが重要です。また、面談による質疑応答も行われ、代表者の経営姿勢や熱意が問われます。

審査を通過するためのポイントは、事業の強みや特色を明確に示すこと、過去の実績と今後の展望を具体的に説明すること、経営者の高い資質と情熱を伝えることです。事前に十分な準備を行い、審査官に対して誠実かつ丁寧に対応することが肝心です。

AGビジネスサポートの審査は厳格ですが、適切な対策を講じることで融資を受けられる可能性は高まります。事業の発展に向けて、審査をしっかりと乗り越えましょう。

目次