PR

任意整理の費用相場はいくら?安く抑える方法や払えない場合の対処法も紹介

任意整理の費用相場はいくら?安く抑える方法や払えない場合の対処法も紹介

任意整理の費用相場は?

任意整理の費用が高いかどうか判断する方法は?

任意整理の費用相場は、借入先1社あたり2万〜5万円程度です。

費用が高いかどうか判断するためには、さらに次の2点について考慮する必要があります。

  • 弁護士か司法書士か
  • 返済代行はあるか

大まかな費用相場だけでなく、さまざまなシチュエーションにおいて「どのような費用がかかるのか」を知ることが大切です。

本記事では、任意整理の費用相場や支払えないときの対処法、費用の安いおすすめ事務所までまとめました。

任意整理の適正費用がわかり、不安をなくした上で手続きを進められますので、ぜひ参考にしてください。

任意整理の費用-概要
  • 任意整理の費用相場は2万〜5万円
  • 支払えないときは分割払いにするのが一般的
  • 費用が安いところに相談するのも重要
  • 費用は事務所ごとに比較することが大切
目次

任意整理の費用相場は2万〜5万円

任意整理の費用相場は、1社あたり2万〜5万円程度です。

日本弁護士連合会では「適正な報酬に関する基準を各事務所に設けるべき」と記載していますが、具体的な金額は決められていません。

弁護士等は、弁護士等の報酬に関する基準を作成し、事務所に備え置かなければならない。

引用:弁護士の報酬に関する規程

費用は事務所によって大きく異なるため、内訳と費用相場について知っておくことが大切です。

費用相場
着手金
(依頼時に支払うお金)
または基本報酬
1社2万〜5万円
報酬金
(減額成功時に支払うお金)
減額分の11%
返済代行手数料1社1,000円ほど
(1回あたり)
債権者が複数にわたる場合

法律事務所に記載されている金額は「1社あたり」であり、借入先が複数にわたる場合は、その分費用が高くなります。

そこで、はたの法務事務所を例に債権者ごとの費用についてまとめました。

債権者数費用
1社22,000円 + 減額報酬11%
2社44,000円 + 減額報酬11%
3社66,000円 + 減額報酬11%
4社88,000円 + 減額報酬11%
5社110,000円 + 減額報酬11%

たとえば、債権者数5社で50万円の減額に成功した場合、費用は165,000円です。

この項では、任意整理の費用についてさらに深掘りしていきます。

弁護士・司法書士それぞれの費用相場

弁護士・司法書士では費用相場が異なります。なぜなら、それぞれで対応できる業務範囲が異なるためです。

司法書士は対応範囲が書類作成に限られますが、その分費用が安いのが特徴です。

実際に、債務整理におすすめの事務所の中でも司法書士事務所は、弁護事務所よりも任意整理の費用を安く抑えやすいです。

では、具体的にどういう場面で弁護士を利用すべきなのか、理由とともに表にまとめました。

ケース弁護士に依頼した方がいい理由
債務額が多い場合司法書士では1社あたり140万円を超える案件を扱えないから
返済が長期化している場合個人再生や自己破産などに移行し、裁判所への申立が必要になる可能性があるから
債権者数が多い場合一部の債権者と訴訟になり、司法書士では対応できなくなるケースがあるから

どちらに依頼すべきかある程度判断できたら、弁護士・司法書士それぞれで事務所ごとの費用を比較してみましょう。

弁護士に依頼する場合はこちら
スクロールできます
事務所ひばり法律事務所アディーレ法律事務所サンク総合法律事務所ライズ綜合法律事務所
着手金1社22,000円1社44,000円1社55,000円1社55,000円
基本報酬1社22,000円1社22,000円1社11,000円1社22,000円
減額報酬10%11%11%11%
公式HP無料相談する無料相談する無料相談する無料相談する

弁護士に相談する場合、費用は1社あたり4万〜6万円程度で、さらに減額報酬がかかるのが一般的です。債権者数が増えれば増えるほど司法書士と費用の差が広がります。

司法書士に依頼する場合はこちら
スクロールできます
事務所はたの法務事務所グリーン司法書士法人司法書士法人 杉山事務所アース司法書士事務所
着手金なしなしなしなし
基本報酬1社22,000円〜1社21,780円〜1社27,500円〜1社11,000円〜
減額報酬11%なしなしなし
公式HP無料相談する無料相談する無料相談する無料相談する

司法書士に相談する場合、費用は1社あたり2万〜3万円で、さらに減額報酬がかかるのが一般的です。

記載されている情報だけ見るとアース司法書士事務所が圧倒的に安いですが、実際には状況により費用が大きく変わる可能性があります。

必ず実際に相談して、見積もりを取ってもらいましょう。

よほど大きな借金を抱えていない限り、司法書士に相談した方が大幅に費用を抑えられます。

返済代行手数料の有無

任意整理の費用は、返済代行の有無によっても異なります。

任意整理では手続き後も支払いを続ける必要がありますが、返済を弁護士・司法書士に代行してもらうことも可能です。

返済代行の費用は、1社につき1回1,000円ほどです。たとえば、4社に返済する場合は1年に1,000円 × 4社 × 12ヶ月 = 48,000円の費用がかかります。

返済代行を依頼すべきか判断するため、メリット・デメリットをまとめました。

メリット返済忘れの心配がない
デメリット費用が高額になる
他にも手数料がかかるケースがある

返済はわざわざ専門家に依頼しなくても自分で行えます。年換算だと高額な費用がかかるため、よほどの理由がない限り、自分で返済をした方が良いでしょう。

ただし、最初から返済代行を含んだ費用を提案してくる法律事務所もあるため、内訳はしっかり確認しておいてください。

費用倒れになるリスクについて

任意整理の費用を考える際、費用倒れにならないか念のために確認しておきましょう。

費用倒れとは、減額した金額よりも弁護士・司法書士報酬の方が大きくなり、結果的に損をしてしまうことです。

たとえば、次のようなケースでは費用倒れになるリスクがあります。

  • 借金額が少ない
  • もともとの利息が低い

費用倒れにならないかどうか知るには、まず将来利息がいくらかかるのか計算する必要があります。難しい場合、弁護士や司法書士に相談した方が良いでしょう。

費用倒れになる場合でも、他の手続きを提案してもらえる可能性があります。

任意整理の費用をできるだけ抑える3つの方法

任意整理を依頼するなら、費用は安いほうが負担は少なくなります。

費用を抑える方法は、以下のとおりです。

1.相場の範囲内で費用の安い事務所を探す

任意整理を依頼する場合、相場の範囲内で費用の安い事務所を探しましょう

任意整理では、手続き後も返済を続ける必要があります。費用が高いと返済開始前の出費が増え、結果的に手続き後の返済まで苦しくなってしまう可能性があるのです。

参考までに、費用の安い法律事務所とその費用についてまとめました。

法律事務所費用詳細
グリーン司法書士法人着手金:なし
報酬金:1社21,780円〜
減額報酬:なし
はたの法務事務所着手金:なし
基本報酬:1社22,000円~
減額報酬:11%
アース司法書士事務所着手金:なし
報酬金:1社11,000円〜
減額報酬:なし

任意整理にかかる負担は、できるだけ安いに越したことはありません。

ただし、費用が安すぎる事務所は悪徳事務所の可能性があるため、相場の範囲内で選びましょう。

2.司法書士に依頼する

基本的に、弁護士より司法書士の方が費用を抑えられます。

司法書士は弁護士よりも業務範囲が限定されている分、費用が安めに設定されているためです。参考までに、それぞれの費用の目安を比較してみました。

依頼先弁護士司法書士
着手金1社2万円ほどなし
基本報酬1社2万〜4万円ほど1社2万円ほど
減額報酬10%ほど10%ほど

ただし、債権者1社あたり140万円を超える場合は司法書士では扱えないため、弁護士に依頼しなければいけません。

3.法テラスに無料相談してみる

法テラスでは、無料で法律相談できる他、司法書士の費用を立て替えてくれます。

法テラスとは、法律問題について悩む人に民事的な補助を行う機関のことです。

郵送代・印紙代など実費に対しての追加費用が発生する場合はありますが、初期費用が用意できない場合でも、手続きに着手できます。

法テラスを介し、弁護士。司法書士に任意整理を依頼した場合の費用は以下のとおりです。

スクロールできます
業者数実費(税込)着手金(税込)
1社10,000円33,000円
2社15,000円49,500円
3社20,000円66,000円
4社20,000円88,000円
5社25,000円110,000円
6〜10社25,000円154,000円
11〜20社30,000円176,000円
21社以上35,000円198,000円

参考:日本司法支援センター 法テラス

過払い金がある場合、上記に加えて過払い金報酬を支払わなければなりません。

任意整理の弁護士費用が払えない場合の対処法

任意整理の手続きを依頼した場合、弁護士・司法書士費用を払えないケースも考えられます。

そのような場合の対処法は、以下のとおりです。

着手金が無料の事務所に依頼する 

任意整理の費用が払えない場合、着手金無料の法律事務所に依頼しましょう。

着手金は、弁護士・司法書士に債務整理を依頼した時点で発生する費用です。

着手金を一度支払うと、手続きの成功に関わらずお金は返ってきません。一方、着手金のない事務所なら、万が一手続きに失敗しても費用を支払わずに済みます。

また、初期費用を抑えられるのも大きな利点です。

当記事で紹介しているはたの法務事務所グリーン司法書士法人なら、着手金無料で任意整理を依頼できます。

分割払い可能な事務所に依頼する

弁護士や司法書士に支払う費用の負担が大きい場合は、分割払いできる法律事務所に依頼してみましょう。

分割で支払う期間は半年〜1年程度が目安です。着手金については、2〜4回に設定できるケースが多いでしょう。

分割で支払う場合は、先に任意整理の費用を払ってから借金を返済していく流れになります。

初回面談のときに、費用の相談もしておきましょう。

民事法律扶助制度を利用する

民事法律扶助では、無料で法律相談ができ、弁護士・司法書士費用を立て替えてもらえます。

民事法律扶助制度は、日本司法書士支援センター(法テラス)が提供している制度です。

制度の内容は以下のとおりです。

  • 弁護士や司法書士に無料で法律相談ができる
  • 代理する場合の費用と実費の立て替えができる
  • 裁判所に提出する書類作成の費用の立て替えができる

任意整理にかかった費用は、月に5,000円〜1万円で分割払いしていくのが基本です。生活保護受給者の場合、免除される可能性もあります。

ただし、民事法律扶助制度を受けるためには一定の基準を満たしていなければいけません。

  • 一定の収入や資産以下であること(月収や保有資産)
  • 解決の見込みがあること(和解・調停・示談成立などの見込みがある)
  • 経済的な改善を目的としていること(報復や宣伝目的は不可)

参考:日本司法書士会連合会 | 民事法律扶

自分で任意整理する

費用を払えない場合は自分で任意整理をすることも可能ですが、あまりおすすめできません。

なぜなら、手続きのための書類作成、および債権者との交渉が順調に進まない可能性が高いためです。手続きに慣れていなければ、必要な書類作成や情報を不備なく揃えるのは難しいでしょう。

また、弁護士・司法書士に依頼した場合と異なり、催促や取り立ては引き続き行われる可能性が高いです。

専門家に依頼すれば、債権者に受任通知と呼ばれる書類が送付されるため、督促や返済が一旦ストップします。

弁護士・司法書士費用を払うのが困難な方は、無料相談を受け付けている事務所もあるため、一度相談してみましょう。

任意整理とは?基本情報を解説

任意整理は、借金の返済負担を軽減するために借入先と直接交渉し、将来発生する利息分のカットや返済計画の見直しについて交渉する手続きです。

和解が成立すれば、その日以降は利息をカットできるため、実質的に借金の減額ができることになります。

たとえば、100万円を金利18.0%で毎月3万円ずつ返済している場合、将来利息は合計427,109円となります。任意整理を実践すれば、この利息が全て免除されるのです。

※参考:みずほ銀行カードローン返済シミュレーターで試算

ただし、借金の元本はそのまま返済する必要があり、大幅な返済額の減額にはならない可能性があります。

任意整理の流れや費用を支払うタイミング

任意整理を始める前に、どのタイミングでいくら費用を支払うのか知っておきましょう。

任意整理の具体的な流れは、次のとおりです。

この項では、任意整理の流れを詳しく紹介します。

STEP

相談・依頼

まずは弁護士、または司法書士に相談します。

法律事務所はたくさんありますが、費用や担当者との相性などを加味して選びましょう。いくつかの事務所で見積もりを取っておくことが大切です。

現在依頼先を探している方は、当記事で紹介しているおすすめ法律事務所を参考にしてください。

STEP

受任通知の送付

正式に依頼が完了すると、債権者に受任通知が送付されます。

受任通知が送付されると、債権者は債務者に連絡することを法的に禁じられるため、一旦督促や支払いがストップします。

弁護士・司法書士へ依頼すれば、借金のことを気にすることなく手続きを進められます。

STEP

和解開始(法律事務所への支払い完了)

法律事務所へ費用の支払いが完了したら、債権者との交渉を開始します。

費用を分割払いにしている場合、借金返済と重ならないように法律事務所への費用の支払いが終わってから交渉を開始します。

手続きは全て専門家に任せられるため、特にすべきことはありません。

STEP

債権者と和解(債権者への支払い開始)

債権者との和解が完了すれば返済開始です。

任意整理手続きの完了後は、毎月決められた金額を債権者に返済していく必要があります。

支払いが滞った場合、和解が取り消しとなるリスクもあるため、きちんと返済を続けましょう。不安な場合、返済代行を依頼することも可能です。

任意整理以外の債務整理の費用は30万〜130万円

債務整理には、任意整理以外にも次のような手続きがあります。

手続き費用相場
個人再生50万〜80万円
自己破産30万〜130万円

個人再生や自己破産は裁判所を介するため、裁判所等へ支払う費用もあり、任意整理より費用がかかるのが一般的です。

また、司法書士では対応できない業務も増え、弁護士に依頼せざるを得ないケースも多いため、必然的に費用がかさみやすい傾向にあるのです。

この項では、任意整理以外の手続きにかかる費用を詳しく紹介します。

個人再生にかかる費用は50万〜80万円

個人再生の費用相場は50万〜80万円程度です。

個人再生とは、裁判所を通して法的に借金元本を大幅に減らす手続きです。

費用の内訳は以下のとおりです。

  • 裁判所の費用:10万〜30万円
  • 弁護士・司法書士に支払う費用:20万〜50万円

弁護士・司法書士費用は、着手金と成功報酬、減額報酬などがあります。他には、裁判所への申立手数料や官報掲載料、予納金などの費用が必要です。

また、個人再生の手続きをするには、裁判所に借金返済ができないと認めてもらわなければなりません。

自己破産にかかる費用は30万〜130万円

自己破産の費用相場は30万〜130万円程度です。

自己破産とは、裁判所を通して借金の返済を全額免除してもらう手続きです。

費用の内訳は以下のとおりです。

  • 裁判所の費用:15万〜50万円
  • 弁護士・司法書士に支払う費用:20万〜80万円

自己破産は、弁護士・司法書士費用に加え、裁判所費用が必要になります。ある程度財産を持っている場合は「管財事件」となり、破産管財人へ報酬を支払わなければなりません。

任意整理を依頼する事務所の選び方

任意整理をするといっても、どこに依頼すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、この項では任意整理で法律事務所を選ぶポイントを5つまとめました。

  • 費用が明確な事務所を選ぶ
  • 費用の安い事務所を選ぶ
  • 実績の豊富な事務所を選ぶ
  • 依頼前に直接、弁護士や司法書士に相談できる事務所を選ぶ
  • 事務所の口コミや評判も参考にする

依頼前には、直接相談できる事務所を選ぶのがおすすめです。理由として、弁護士は債務整理前に相談者と面談することが原則義務化されているからです。

受任弁護士自らが行う個別面談による事情聴取の原則義務化

弁護士は、依頼主と会わずに債務整理事件の依頼を受けてはいけないのが原則です(弁護士と会って依頼をするのが原則です)。

原則として、受任する弁護士が自ら個別面談をして、事件の依頼主の事情を聴かなければなりません(規程第3条)。

引用元:日本弁護士連合会

直接面談できない事務所は避けたほうが良いでしょう。

なお、1社で140万円を超える借金がある場合、弁護士しか取り扱いできません。

任意整理の費用が安い弁護士・司法書士法人5選

この項では、任意整理の費用が安いおすすめの弁護士・司法書士法人5社を比較しました。

任意整理を検討している方は、参考にしてください。

スクロールできます
法人名はたの法務事務所ひばり法律事務所アディーレ法律事務所アース法律事務所グリーン司法書士法人
形態司法書士弁護士弁護士司法書士司法書士
無料相談何度でも無料何度でも無料何度でも無料何度でも無料初回のみ無料
着手金なし1社22,000円1社44,000円なしなし
報酬金1社22,000円1社22,000円1社22,000円1社11,000円1社21,780円〜
減額報酬11%10%11%なしなし
営業時間平日:10:00〜18:30
土日:なし
平日:9〜19時
時間外の対応可
平日:9〜22時
土日祝日:9〜22時
平日:9:30〜18:00
時間外の対応可
平日:9:00〜20:00
土日祝:10:00〜17:00
公式HP無料相談する無料相談する無料相談する無料相談する無料相談する

※すべて税込表示

それぞれの特徴を紹介していきます。

はたの法務事務所

はたの法務事務所
形態司法書士
相談料何度でも無料
任意整理にかかる費用着手金:なし
基本報酬:1社22,000円~
減額報酬:11%
営業時間・平日 8:30~21:30 
・土日祝 8:30~21:00
公式HP無料相談する
おすすめポイント
  • 顧客満足度95%以上
  • 司法書士歴27年の実績
  • 着手金無料

はたの法務事務所は、司法書士歴27年の実績があり、顧客満足度は95.2%以上を誇ります。

相談・着手金・出張料金はすべて無料なので、初期コストを抑えて任意整理を依頼できます。

費用の分割払いにも対応しており、一括で支払うのが難しい方でも依頼しやすい事務所です。

全国対応で地方にいても相談できる点も魅力です。24時間年中無休で問い合わせを受け付けているため、まずは無料相談してみましょう。

\ 相談件数は20万以上の実績 /

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所
形態弁護士法人
相談料何度でも無料
任意整理にかかる費用着手金:1社22,000円
報酬金:1社22,000円
減額報酬:減額分の10%
営業時間平日:9〜19時
予約すれば時間外の対応可
公式HP無料相談する
おすすめポイント
  • 25年以上の実績
  • 女性専用の相談窓口
  • 無料相談対応

ひばり法律事務所は、25年以上の実績と経験がある法律事務所です。

特に「借金問題」に強い事務所で、債務整理専門の経験豊富な弁護士が在籍しています。依頼者からの評判も良く、顧客満足度98%を実現しています。

また、弁護士事務所では数少ない「女性専用窓口」を設置しているため、男性と話すのが苦手な方でも気軽に相談できるのも利点です。

メール相談なら24時間受付しており、好きなタイミングで相談できます。

全国対応もしているため、悩みや不安に感じていることも気軽に相談できるでしょう。

\ 女性専用の相談窓口がある

アディーレ法律事務所

アディーレ法律事務所
形態弁護士
相談料何度でも無料
任意整理にかかる費用着手金:44,000円
報酬金:22,000円
減額報酬:減額分の11%
拠点全国65カ所以上
営業時間平日:9〜22時
土日祝日:9〜22時
公式HP無料相談する
おすすめポイント
  • 15年以上の実績と経験
  • 相談実績64万件(※2023年6月時点)
  • 何度相談しても無料

アディーレ法律事務所は、15年以上の実績と経験のある法律事務所です。

220名以上の弁護士が在籍しており、債務整理の相談実績は64万件以上を誇ります。

全国に65カ所以上の拠点があり、自宅から近い事務所に直接訪問して相談できるのがポイントです。

費用の分割払いにも対応しているため、生活水準以上の無理な支払いをする必要はありません。

さらに「アディーレダイレクト」により、PCやスマホから24時間債務整理の進捗状況を確認可能です。

\ 15年以上の実績と経験

アース法律事務所

アース法律事務所
形態司法書士
相談料何度でも無料
任意整理にかかる費用着手金:なし
報酬金:1社11,000円〜
減額報酬:なし
拠点東京
営業時間平日:9:30〜18:00
予約すれば時間外の対応可
公式HP無料相談する
おすすめポイント
  • 初回相談料無料
  • 相談実績3500件以上
  • 借金問題の経験が豊富

アース法律事務所は、相談実績3,500件以上を誇る法律事務所です

借金問題において十分な実績があるため、スムーズに手続きを進められるでしょう。

また、初回相談は無料でできるため、借金に関する悩み・不安について気軽に話せます。

メールなら土日祝日や夜間でも24時間相談を受け付けており、話すのが苦手な方でも、文章で悩みを伝えられます。

実績重視で事務所を検討しているなら、経験豊富なアース法律事務所に依頼するのがおすすめです。

\ 初回相談料無料 /

グリーン司法書士法人

グリーン司法書士法人
形態司法書士
相談料初回のみ無料
任意整理にかかる費用着手金:なし
報酬金:1社21,780円〜
減額報酬:なし
拠点東京・大阪
営業時間平日:9:00〜21:00
土日:10:00〜17:00
公式HP無料相談する
おすすめポイント
  • 交渉実績2万件以上
  • 着手金無料
  • 夜間・土日祝の無料相談受付

グリーン司法書士法人は、任意整理の交渉実績2万件以上を誇る法律事務所です。合計10名以上の司法書士が在籍しており、スムーズな対応に期待できます。

初回相談料、および契約時に支払う着手金も無料です。

夜間や土日祝日でも無料相談を受け付けているため、仕事終わりや家事の落ち着いたときに相談ができます。

また、費用が明確に提示されている点も信頼できる理由です。オンライン相談にも対応しており、外出が困難な方や遠方の方でも自宅にいながら相談できます。

\ 交渉実績2万件以上 /

任意整理の費用についてよくある質問

任意整理の1社あたりにかかる費用の目安はいくらですか?

1社あたりの費用相場は2万〜5万円です。

ただし、司法書士なら多くの事務所は着手金無料であり、さらに費用を抑えられます。

任意整理の着手金は1社2万円ほどかかるため、よほどの理由がない限りは弁護士より司法書士を優先的に選ぶと良いでしょう。

任意整理の対象が複数社になるといくらかかりますか?

対象が複数社の場合、20万〜35万円ほどかかります。

ほとんどの事務所では1社ごとに報酬が決められており、借入先が増えれば増えるほど費用も上がっていきます。

任意整理の費用は分割払いできますか?

多くの事務所では分割払いが可能です。

まずは、無料相談の際に分割払いが可能か確認してみてください。

任意整理の費用を確認して事務所に無料相談してみましょう

任意整理の費用相場は1社あたり2万〜5万円程度です。

費用相場
着手金
(依頼時に支払うお金)
または基本報酬
1社2万〜5万円
報酬金
(減額成功時に支払うお金)
減額分の11%
返済代行手数料1社1,000円ほど
(1回あたり)

ただし、実際の費用は法律事務所によって異なります。

たとえば、弁護士・司法書士では対応範囲が異なるため、費用相場は大きく異なります。また、返済代行費用が含まれているケースもあるため、不要な場合は見積もりの際に伝えるべきです。

任意整理の費用相場・内訳についてある程度理解した上で、複数の法律事務所で見積もりを取りましょう。まずは以下の5社からご検討ください。

スクロールできます
法人名はたの法務事務所ひばり法律事務所アディーレ法律事務所アース法律事務所グリーン司法書士法人
形態司法書士弁護士弁護士司法書士司法書士
無料相談何度でも無料何度でも無料何度でも無料何度でも無料初回のみ無料
着手金なし1社22,000円1社44,000円なしなし
報酬金1社22,000円1社22,000円1社22,000円1社11,000円1社21,780円〜
減額報酬11%10%11%なしなし
営業時間平日:10:00〜18:30
土日:なし
平日:9〜19時
時間外の対応可
平日:9〜22時
土日祝日:9〜22時
平日:9:30〜18:00
時間外の対応可
平日:9:00〜20:00
土日祝:10:00〜17:00
公式HP無料相談する無料相談する無料相談する無料相談する無料相談する

特に、はたの法務事務所は費用が比較的安く、全国無料出張相談を受け付けています。なかなか相談する勇気がない方も、気軽に問い合わせてみてください。

\ 相談件数は20万以上の実績 /

目次