PR

自動車税を払えないとどうなる?支払い忘れや滞納・延滞時の対処法や差し押さえとなるケースを解説

自動車税が支払えない場合にやるべきこと

自動車税は、毎年4月1日時点で自動車を所有している人に課せられる税金です。支払い期限までに納付しないと、延滞金が発生したり、差し押さえの対象になったりする可能性があります。

自動車税を払えない、あるいは支払いを忘れてしまった場合、どのような対処法があるのでしょうかまた、どのようなケースで差し押さえとなってしまうのでしょうか。

本記事では、自動車税の支払いに関する基本的な情報から、払えない場合の対処法、差し押さえとなるケースまで詳しく解説します。

自動車税の支払いに不安を感じている方や、すでに滞納してしまっている方は、ぜひ参考にしてください。 適切な対処を行うことで、より深刻な事態を避けることができるでしょう。

目次

自動車税の支払いを延滞した際のリスクやデメリット

自動車税の支払いを延滞した際のリスクやデメリット
  • 車検を受けることができない
  • 延滞料金が発生する
  • 最悪の場合財産の差し押さえをされる

車検を受けることができない

自動車税の支払いを延滞すると、車検を受けることができなくなります。これは、自動車税の納付が車検の必須条件となっているためです。

自動車税を滞納していると、車検を受けられず、車を運転することができなくなってしまいます

また、自動車税の滞納が長期化すると、差押えなどの強制執行措置が取られる可能性もあります。自動車税の支払いは、車を所有する上で避けては通れない義務です。

自動車税の支払いを忘れないよう、納期内に必ず納付するようにしましょう万が一、支払いが難しい場合は、早めに税務署に相談し、分割納付などの対応を検討することをおすすめします。

延滞料金が発生する

自動車税の支払いを期限内に行わなかった場合、延滞料金が発生します。

延滞料金は、支払期限を過ぎた日から納付した日までの期間に応じて、未納の自動車税額に対して年率14.6%の割合で計算されます つまり、支払いが遅れれば遅れるほど、延滞料金は増加していきます。

また、自動車税の滞納が続くと、差押えなどの強制徴収措置が取られる可能性があります 差押えの対象となるのは、自動車だけでなく、預金や給与、不動産などの財産も含まれます。延滞料金の支払いは、このような深刻な事態を避けるためにも重要です。

自動車税の支払いを延滞してしまった場合は、できるだけ早めに納付することをおすすめします。延滞料金の計算は日割りで行われるため、少しでも早く支払いを済ませることで、余分な費用を抑えることができます。

最悪の場合財産の差し押さえをされる

自動車税の支払いを長期間滞納し続けると、最悪の場合、財産の差し押さえという厳しい措置が取られる可能性があります

差し押さえの対象となるのは、自動車だけでなく、預金や不動産、給与などの財産全般に及びます。差し押さえられた財産は、公売にかけられ、自動車税の滞納分に充てられることになるのです。

一度差し押さえの手続きが始まると、取り返しがつかなくなってしまう恐れがあるため、自動車税の支払いは必ず期限内に行うことが重要です

自動車税を支払えないときの対処法

自動車税を支払えないときの対処法に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

自動車税を支払えないときの対処法
  • 納税猶予が受けられるか確認する
  • 分割払いを検討する
  • クレジットカードの分割払い・リボ払いを活用する
  • カードローンを活用する

それぞれ詳しく解説していきます。

納税猶予が受けられるか確認する

自動車税の納付が困難な場合、納税猶予制度を利用することで一時的に支払いを先延ばしにできる可能性があります 納税猶予を受けるためには、所定の申請書を提出し、審査を受ける必要があります。申請が認められれば、最長で1年間の猶予が得られます。

ただし、納税猶予が認められるのは、病気や災害、事業の失敗など、真にやむを得ない事情がある場合に限られます 単なる資金不足では認められないことが多いため、申請する際は十分な理由と根拠資料を用意することが重要です。

また、猶予期間中は延滞金が発生するため、できるだけ早期の納付を心がけましょう。納税猶予制度を利用することで、一時的な負担を軽減し、自動車税の滞納を防ぐことができます。

分割払いを検討する

自動車税の支払いが一括では難しい場合、分割払いを検討することをおすすめします 多くの自治体では、自動車税の分割払いに対応しています。分割回数は自治体によって異なりますが、一般的には年2回から4回程度に分けて支払うことができます。

分割払いを利用することで、一度に大きな金額を支払う必要がなくなり、家計の負担を軽減することができます ただし、分割払いを利用する場合は、申請期限や手続き方法を事前に確認しておく必要があります。また、分割払いには手数料がかかる場合もあるので、注意が必要です。

自動車税の支払いに悩んでいる方は、まずは管轄の自治体に相談し、分割払いの可否や手続き方法について確認してみましょう。

クレジットカードの分割払い・リボ払いを活用する

自動車税の支払いに一時的に困っている場合、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用するのが有効な手段の一つです。クレジットカードを活用することで、自動車税の納付を数回に分けて支払うことができ、一度に大きな出費をする必要がなくなります 

ただし、分割払いやリボ払いには手数料や金利がかかることを覚えておく必要があります。長期的にクレジットカードの分割払いやリボ払いを続けると、支払い総額が高くつくため、できるだけ早めに完済することが賢明です

また、クレジットカードには利用限度額が設定されているので、自動車税の支払い以外にも日常的な支出があることを考慮し、計画的な利用を心がける必要があります。利用限度額を超えてしまうと、新たな支払いができなくなってしまいます。

クレジットカードで支払いをした場合には領収書がもらえない点だけ要注意

クレジットカードで自動車税を支払う際の注意点は、領収書が発行されないことです 自動車税は、原則として現金やクレジットカードで支払う必要があり、領収書の発行は想定されていません。ただし、自動車税の支払い証明が必要な場合は、別途手続きが必要になります。

例えば、自動車税の控除を受けるために支払い証明を求められることがあります。その際は、クレジットカード会社から請求明細書の発行を求める必要があります。請求明細書には、自動車税の支払い日付と金額が記載されているため、これを提出することで支払い証明に代えることができます。

また、自動車税の二重払いを防ぐためにも、クレジットカード利用時の明細管理が重要です。領収書がないため、支払い状況を把握しづらくなる可能性があるためです。 クレジットカード明細と自動車税の課税通知書を確認し、支払い漏れがないか注意深く確認することが賢明でしょう。

カードローンを活用する

自動車税の支払いに困ったときは、カードローンを利用するのも一つの方法です。カードローンは審査がスピーディーで、必要な分だけ借り入れができるのが特徴です。

利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返し借り入れが可能なので、急な出費にも対応しやすいでしょう。

本章ではおすすめのカードローンについてご紹介いたします。

スクロールできます
カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし詳細はこちら

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし詳細はこちら

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし詳細はこちら

アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
詳細はこちら

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日1,000円~原則なし詳細はこちら

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 30日間無利息期間があり、短期の借入に便利
  • WEB完結で申込から借入まで最短18分と早い
  • 原則在籍確認の電話連絡がなく、他人にバレにくい
デメリット
  • 金利が3.0%~18.0%と他社より高めに設定
  • 限度額が50万円超や他社借入100万円超だと収入証明必要
  • 長期延滞や債務整理をしていると審査が通りにくい

アイフルは、総合消費者金融会社として長年の実績があり、全国に約800店舗を構えています。借入金額は1万円から300万円まで幅広く対応しており、最短で当日中に融資を受けられるのが特徴です 申込みは店頭だけでなく、オンラインやスマートフォンアプリからも可能です。

返済方法も、口座引落しや店頭支払い、コンビニ支払いなど、ライフスタイルに合わせて選べます。金利は実質年率18.0%と業界平均より低めに設定されているため、長期の借り入れにも適しています また、アイフルでは借入れ時のみならず、返済期間中も専任のカウンセラーがきめ細かくサポートしてくれるので、安心して利用できます。

自動車税の支払いに一時的に資金が足りない場合は、アイフルのカードローンを検討してみるのがおすすめです。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短3分の即日融資が可能
  • 他社より上限金利が低い
  • 初回借入日から30日間の無利息期間あり
デメリット
  • 銀行カードローンに比べると金利が高め
  • 総量規制の対象となり借入額に上限がある
  • 提携ATMを利用する際に手数料がかかる

プロミスは、大手消費者金融会社が運営するカードローンサービスです。最短で30分程度で審査が完了し、契約後すぐに利用できるのが特徴です。借入可能額は最高800万円で、金利は3.0%~18.0%の間で設定されています。

プロミスの魅力は、無利息期間が最大68日間あることです。この期間内に返済すれば、利息は一切かかりません 契約時に支払い期日を選べるので、給与日に合わせて設定するのがおすすめです。ただし、無利息期間を過ぎると高い金利が課されるため、計画的な返済が重要になります

プロミスは、WEB完結で申し込みから契約までスムーズに行え、最短即日融資も可能です。借入額の上限が高く、無利息サービスがあるため、一時的な資金調達に適しているといえます。ただし、長期的な利用は控えめにし、早期の完済を心がけましょう。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短25分での融資が可能
  • 初回利用なら最大180日間無利息
  • 24時間365日申込可能
デメリット
  • 金利が4.5%〜18.0%と高め
  • 希望通りの借入額にならない可能性あり
  • 在籍確認の電話連絡が必須

レイクは国内最大級の実績を持つカードローン会社で、審査の通過率が高く、借入限度額も高めに設定されているのが大きな特徴です。 最短即日での借入が可能で、30日間の無利息期間が設けられているため、一時的なキャッシュ不足への対応に適しています。

借入金額に応じて様々な特典が用意されており、例えば30万円以上の借入なら最大6カ月間の実質年率0%キャンペーンを活用できるのが魅力的です。Web上で完結した簡単な申し込み手続きとなっており、専門のスタッフによる電話やチャットでの丁寧な対応も高く評価されています。

更に借入金の一部繰上返済や完済時の手数料が無料なので、収入状況に合わせて柔軟に返済計画を立てられるのがメリットです。審査に通れば最短即日で資金を借りられるため、急な出費にも素早く対応可能です。 国内最大級の実績と高い信頼性から、安心して利用できるカードローンサービスといえるでしょう。長年の経験から蓄積されたノウハウを活かした審査体制と、利用者目線に立ったサービス設計が評価されている理由です。

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短20分
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
メリット
  • 最短20分のスピード審査で即日融資が可能
  • 契約日の翌日から30日間は無利息で借りられる
  • WEB完結で原則、郵送物なしで手続きが簡単
デメリット
  • 金利が他社と比べて高め(3.0~18.0%)
  • 借り過ぎるとローンが通りにくくなる可能性がある
  • 延滞などの記録があるとブラックリストに載る

アコムは国内最大手の消費者金融会社で、カードローンを中心に幅広い金融サービスを提供しています。30年以上の実績があり、審査の適正性と与信管理体制が非常に優れているため、安心して利用できます 最短で当日中に借り入れが可能で、30日間の無利息期間が設定されているため、一時的なキャッシュ不足にも対応できます。

Web完結で24時間いつでも簡単に申し込みができ、最短で当日中に借り入れが可能なのが大きな魅力です 借入金額に応じて、様々な特典やサービスを利用できます。例えば、30万円以上の借入で最大6カ月間の実質年率0%キャンペーンを適用できるなど、お得な条件が用意されています

また、専門スタッフによる電話での丁寧な対応も高く評価されています。長年の経験から蓄積された豊富なノウハウを活かした審査体制と、利用者目線に立ったサービス設計が魅力です。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短30分の審査で、スピーディーに借入可能
  • WEB完結申込なら、在籍確認の電話連絡なし
  • 三井住友銀行のATMなら借入・返済手数料無料
デメリット
  • 無利息期間がない
  • WEB完結には口座が限定される(4大銀行等)
  • 銀行カードローンと比べると金利が高め

SMBCモビットは、三井住友フィナンシャルグループの総合ローン会社として、幅広い資金ニーズに対応するカードローンサービスを提供しています。 最短即日の審査対応と、業界トップクラスの低金利が特長です。借入可能額は最高800万円で、収入合算や専業主婦の方も審査対象となります。また、借り換え専用のプランもあり、他社のカードローンからの借り換えで金利を引き下げることができます。

Web完結の完全オンライン契約で、面倒な書類の準備は一切不要です。 スマートフォンからいつでも簡単に申し込みができ、最短即日の契約手続きが可能です。借入額の増額や一部繰上返済など、ウェブサイトから手続きができるので、いつでも柔軟な資金計画が立てられます。さらに、SMBCモビットはセキュリティ対策も万全で、安心して利用できるカードローンサービスです。

審査が不安な場合には中小の消費者金融を検討しよう

大手の金融機関から借り入れを断られた場合でも、中小の消費者金融会社なら審査が比較的緩やかで、借り入れの可能性が高まります。 ただし、金利が高めに設定されていることが多いため、返済計画を立てる際は十分注意が必要です。

返済条件や金利、手数料などの契約内容を確認し、自身の収入から返済可能な範囲で借り入れを行うことが重要です。 無理のない返済計画を立て、任意の延滞や債務不履行に陥らないよう注意を払いましょう。

自動車税を支払えず差し押さえされた時の流れ

自動車税を支払えず差し押さえされた時の流れ
  • 1.督促状が届く
  • 2.催告書が届く
  • 3.差押予告通知書が届く
  • 4.財産の差し押さえが実行される
  • 5.差し押さえられた財産が換価される

1.督促状が届く

自動車税を滞納すると、まず県税事務所から督促状が届きます。督促状には、税金の滞納額と納付期限が記載されており、指定された期日までに支払いを行わない場合、延滞金が加算されることが明記されています 督促状が届いた時点で、できるだけ早く県税事務所に連絡を取り、支払いの相談をすることが重要です。

分割納付や納付期限の延長など、納税者の事情に応じた対応を行ってもらえる場合があります ただし、連絡なく放置していると、差し押さえ等のより強硬な措置が取られる可能性が高くなります。督促状が届いたら、速やかに行動を起こすことが、問題の解決につながります。

2.催告書が届く

督促状を無視していると、催告書が送付されますこの催告書には、滞納している自動車税の金額や納付期限などが記載されています。催告書が届いたら、できるだけ早めに自動車税を納付することが大切です。

もし、催告書に記載されている納付期限までに自動車税を納付しない場合、税務署は差押えの手続きを開始します差押えとは、自動車税の滞納者が所有している財産を税務署が強制的に売却し、その売却代金で滞納している自動車税に充てることです。

3.差押予告通知書が届く

差押予告通知書が届くと、自動車税の支払期限が過ぎてから1か月以内に差し押さえが行われる可能性があることを意味します。この通知書には、納付すべき金額と納期限が記載されています。

この時点で早急に対応しないと、実際に差し押さえが行われてしまう恐れがあります。差押予告通知書が届いた場合、まずは残りの自動車税を一括で支払うことが最善の対応策です。一括払いが難しい場合は、分割納付の申請を行うことをお勧めします。

分割納付を希望する場合、通知書に記載された期限までに分納誓約書を提出する必要があります。分納誓約書には、分割払いを希望する理由と今後の収入見込み、支払い計画などを記入します。税務署が分割納付を認めれば、指定された期日に分割払いを行えばよいでしょう。

しかし、分納誓約書の提出期限を過ぎても対応がない場合、税務署は差し押さえ手続きに移行します

4.財産の差し押さえが実行される

自動車税の支払いを怠った場合、最終的には財産の差し押さえが行われる可能性があります差し押さえとは、強制的に財産を換金して債務の支払いに充てる手続きのことです。この場合、自動車や不動産、預金などの財産が対象となります。

差し押さえの手順は以下の通りです。まず、督促状が送付されてから一定期間が経過すると、債権者である自治体から裁判所に対して差し押さえの申立てがなされます。その後、裁判所から差し押さえの命令が出されると、債務者の財産が差し押さえの対象となります。

差し押さえられた財産は公売にかけられ、売却代金から債務が精算されます。公売にかけられる前に債務者が支払いを済ませれば差し押さえは解除されますが、一度差し押さえが実行されると、手続き費用などの追加的な費用が発生する可能性があります

5.差し押さえられた財産が換価される

差し押さえの手続きが進み、債務者の財産が実際に差し押さえられると、その財産は公売にかけられ、換価(換金)される運びとなります

公売の方法には、インターネット公売と実地公売の2種類があります。インターネット公売は、オンラインのシステムを通じて入札が行われます。一方の実地公売は、財産の所在地で入札者が一同に会して行われる伝統的な方式です。

公売においては、最高価格を提示した入札者に財産の所有権が移転します。売却代金から債務額や公売費用などが控除された残額があれば、債務者に返還されます。ただし、売却代金が債務額に満たない場合、不足分については別途支払いが求められます

公売に際しては、適正な価格で売却されるよう、評価人による適正な評価額の算定が行われます。しかし、希望する価格で売却できない可能性もあり、債務者にとっては大きな損失につながるリスクがあります。

自動車税はどれぐらいの期間滞納しても差し押さえにならないのか

自動車税を滞納しても、すぐに差し押さえの対象になるわけではありません 督促状が届いてから10日経過しても支払いがない場合に、初めて差し押さえの手続きが開始されます。つまり、最低でも1か月以上の猶予期間があります。

ただし、この期間を過ぎても支払いがない場合、自治体は預金口座や給与、不動産などの財産を差し押さえる権利を持ちます。 最悪の場合、自動車そのものが競売にかけられる可能性もあります。 したがって、支払い困難な場合は、早めに自動車税事務所に相談し、「徴収の猶予」や「換価の猶予」を申請することが賢明です。

一時的な支払い困難でも、自治体に事情を説明し、計画的な分割払いなどの対応策を立てることで、差し押さえを回避できる場合があります。自動車税の滞納は、車検の通行止めや延滞金の発生など、様々なリスクが伴うため、できる限り早期の対応が肝心です。

自動車税を滞納した際にかかる延滞金

自動車税を滞納した際にかかる延滞金
  • 自動車税を半年滞納すると年率8.8%の延滞金がかかる
  • 自動車税を1年滞納すると約5.000円の延滞金がかかる
  • 自動車税を10年滞納すると職権抹消状態となる可能性あり

自動車税を半年滞納すると年率8.8%の延滞金がかかる

自動車税を半年滞納すると、その期間に応じて年率8.8%の延滞金が課されます。延滞金は、滞納した月数に応じて計算されます。例えば、自動車税の支払いを6か月遅れた場合、延滞金は年率8.8%の半分、つまり4.4%になります

この延滞金は、滞納した自動車税額に加算されるため、最終的に支払う金額は大きくなります。したがって、できるだけ早く自動車税を完納することが重要です。さらに、1年以上滞納し続けると、延滞金だけでなく、さらに重い罰則が科される可能性もあります

自動車税を1年滞納すると約5.000円の延滞金がかかる

自動車税を1年滞納すると、通常の税額に加えて5%の延滞金が課されます。例えば、自動車税が10万円の場合、1年滞納すると5,000円の延滞金が加算されます。延滞金は、滞納期間が長くなるほど増えていきます。2年目以降は、前年度の未納税額に14.6%の延滞金が課されるため、長期にわたる滞納は大きな金銭的負担となります

滞納が続くと、最終的には差押えの対象となる可能性があります。

差押えとは、強制的に財産を処分して滞納分を回収する手続きです。自動車や預貯金、給与などが差し押さえられる可能性があり、生活に深刻な影響を与えかねません。したがって、経済的な理由で一時的に納税が困難な場合は、早めに納税相談を行い、計画的な分納を検討することが賢明です。

自動車税を10年滞納すると職権抹消状態となる可能性あり

自動車税を10年間滞納し続けると、最終的には職権で自動車の抹消処理が行われる可能性がありますつまり、自動車の所有権が剥奪され、自動車を手放さざるを得なくなるのです。この職権抹消は、自動車税の滞納が長期化し、徴収が極めて困難と判断された場合に行われます。

自動車税の滞納が続くと、まず延滞金が課されます。延滞金は、納期限の翌日から1日につき年14.6%の割合で計算されます。例えば、自動車税が10万円の場合、1年間滞納すると約14,600円の延滞金が加算されることになります。この延滞金は年々積み重なっていくため、長期間滞納し続けると莫大な金額になってしまいます。

さらに、督促状が発行され、最終的には差押えの対象となる可能性もあります。差押えとは、自動車や不動産、預金などの財産を強制的に処分することです。このように、自動車税の滞納は重大な事態に発展する危険性があるのです。

自動車税の滞納を放置すれば、職権抹消に加えて、運転免許の取り消しや、新車の購入時に登録ができないなどの制裁措置が科される可能性もあります

まとめ

自動車税の支払いに困っている方は、まずは分割払いや延滞などの対応策を検討しましょう。それでも支払いが難しい場合は、ードローンの利用を検討するのも一つの方法ですただし、借り入れには審査があり、金利負担も発生するため、安易な利用は避けましょう。返済計画をしっかりと立て、計画的に借り入れを行うことが大切です。

どうしても自動車税の支払いが難しい場合は、車の売却や返納なども視野に入れる必要があります自動車税の滞納は、差し押さえなどの厳しい措置につながる可能性もあるため、早めの対応が肝心です。

目次