PR

今すぐお金を借りる方法!おすすめ借入方法30選!審査なしで無職が借りる方法あある?

今すぐお金を借りる34の方法!審査なし・19歳でも借りられる手段を一挙紹介

「今必要なお金を、急いで借りたい……」

さまざまな事情のために、「どこかからお金を借りたい」と考える という方は、決して少なくありません。

実際、2022年に日本貸金業協会が行った調査によると、一部の地域では「貸金業者からの借入の経験がある人」の割合が20%を超えていました。

さらにこの調査では、「銀行カードローン」「質屋」など、「貸金業者からの借入」以外の方法は集計されていません。

そのため、「業者からお金を借りたことがある人」の割合は、この数字が示すものより高くなるでしょう。

つまり、現金を借りるためのサービスは、私たちにとって非常に身近だと言えます。

そこで今回は、最短20分で借りられる貸金業者はもちろん、低金利で借りやすい銀行のローンや「審査なし」で使える借入方法までを、詳しくまとめました。

お金を借りる即日の記事概要
  • 審査が通りやすく即日でお金を借りる方法
  • 審査なしでお金を即日に借りる方法はあるの?
  • 10万円を審査なしで即日に借りる方法はあるのか?

担保になるものを持っていない場合は、担保や保証人なしで最短即日にお金を借りることができるカードローンがおすすめです。

目次

お金を借りる30の方法とその特徴一覧

このページで紹介する、30の「お金を借りる方法」とその特徴を、一覧の形でまとめました。

リンクをクリック・タップすると、借入方法の詳細を確認できます。

「今日中に借りたい」「低めの金利で借りたい」といった、重視したいメリットを決めた上で、気になる申込先を選んでみてください。

お金を借りる30の方法

こんなときにおすすめ借入方法・申込先
急いで借りたい
誰にも知られず借りたい
アイフル
プロミス
レイク
アコム
今日中に借りたい
勤務先から発行された保険証を持っている
SMBCモビット
今日中に借りたい
専業主婦、高齢者
ベルーナノーティス
急いで借りたい(最短5分融資)
サラ金への申し込みは避けたい
三井住友カード
docomoユーザーdスマホローン
審査に自信がある
低めの金利で借りたい
急いで借りたい(最短20分※融資)
誰にも知られず借りたい
アイフルファースト
プレミアムカードローン
サラ金への申し込みは避けたいクレジットカードのキャッシング枠
急いで借りたい(最短45分融資)
信用情報に問題がある
いつも
低めの金利で借りたい三菱UFJ銀行バンクイック
三井住友銀行カードローン
低めの金利で借りたい
※口座開設が必要
みずほ銀行カードローン
低めの金利で借りたい
専業主婦
楽天銀行スーパーローン
イオン銀行カードローン
審査に自信がある
低金利、高限度額を狙いたい
※口座開設が必要
住信SBIネット銀行カードローン
法人向けのビジネスローンGMOあおぞらネット銀行
低めの金利で借りたい
専業主婦
※一般に口座が必要
地方銀行、信用金庫などのカードローン
完全無審査で借りたい
※品物の預け入れが必要
質屋
完全無審査で借りたい
※終身保険などに加入している方向け
契約者貸付
完全無審査で借りたい
※定期預金などを利用している方向け
定期預金担保融資
完全無審査で借りたい
※初回に後払いできるのは5,000円程度
VISAプリペイドアプリ
低めの金利で借りたい
回数分割払いで借りたい
※一般に口座が必要
フリーローン
低金利で借りたい
※資金使途の証明が必要
※口座が必要
多目的ローン
目的ローン
低金利で借りたい
※所定の条件を満たした場合にのみ利用可
従業員貸付
共済組合の貸付制度
即日で事業資金を借りたいビジネスローン
事業者がまとまったお金を借りたい日本政策金融公庫
民間の業者から借りられない
※無金利または超低金利
※一定の条件を満たす世帯のみ申込み可
行政の融資制度
(生活福祉資金貸付制度)

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

今すぐお金が必要なら、即日融資対応の貸金業者がベスト

「今すぐお金が必要」という状況にあるのなら、即日融資に対応したカードローンを選ぶのがベストです。

即日融資とは

即日融資とは、申込の当日に融資(貸し付け)を行うことを言います。
つまり、即日融資対応のサービスを選べば、申込の当日にお金を借りられる可能性があります。

ここでは、申し込みから借入までのスピードに優れる、消費者金融やクレジットカード会社などを紹介します。

即日融資に対応している主な貸金業者

スクロールできます
会社名アイフルプロミスレイクアコムSMBCモビットベルーナノーティス三井住友カードdスマホローンアイフルファーストプレミアムカードローンクレジットカードのキャッシング枠いつも
所要時間最短20分最短20分最短25分最短20分最短即日最短即日最短5分最短即日最短20分申込先による最短45分
その他の特徴上限金利18.0%

はじめての方なら最大30日間利息0円
誰にも知られず借りられる
上限金利17.8%

30日間無利息

誰にも知られず借りられる
上限金利18.0%

最長180日無利息

誰にも知られず借りられる
上限金利18.0%

30日間無利息

誰にも知られず借りられる
上限金利18.0%

社会保険証をお持ちの方向け
上限金利18.0%

専業主婦、高齢者も可
上限金利15.0%

学生不可
上限金利17.9%

docomoユーザー優待
上限金利9.5%

高難易度

30日間無利息

誰にも知られず借りられる
即日発行のカードなら当日中にキャッシング枠を利用できる上限金利18.0%

信用情報に問題ががっても使える

60日間無利息

誰にも知られず借りられる

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

アイフルは誰にも知られず最短20分で借りたいときにおすすめ

アイフルの特徴
  • 土日祝日も最短20分融資
  • 土日祝日も最短10秒振込
  • 誰にも知られず借りやすい
    • 特に絶対に勤務先に電話をかけてほしくない場合におすすめ
  • 借入・返済の方法が充実

アイフルもまた、曜日を問わない「最短20分融資」に対応している金融機関です。

「最短10秒振込」「スマホATM取引対応」といったメリットは、他の大手消費者金融とも共通します。

そんな中、アイフルの特徴といえるのは「申込者の許可なく、勤務先に電話を掛けない」ことです。

アイフル以外の大手消費者金融を選ぶと、「審査の際に必要と判断された場合」に、勤務先へ連絡が入る可能性があります。

このとき、金融機関の名前や用件が、第三者に伝えられることはありません。

それでも、絶対に勤務先への電話を避けたいという場合には、アイフルを選ぶのが安全と言えます。

アイフルの基本情報

金利3.0%
~18.0%
(月1.5%程度)
限度額1万円~800万円※2
※上限は年収の3分の1
初回特典はじめての方なら最大30日間利息0円
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時
(2)ネット契約+口座登録
一部ネット銀行等は対象外
勤務先への電話原則なし
仮に在籍確認が必要でも事前確認あり+書類で代替可
申込み~融資の所要時間最短20分※1
借入方法・銀行振込
土日祝日も最短10秒
・ATM出金
┗スマホATM取引対応
(セブン銀行ATM取引・ローソン銀行ATM取引)
返済方法・自動引き落とし
・インターネット返済
・ATM入金
┗スマホATM取引対応
・銀行振込
申込み条件満20歳から69歳までの方で、お仕事をされている方
アンケート調査に基づく審査傾向・年収100万円未満でも審査通過OK
・信用情報に問題があっても審査に通過できる可能性あり
他社借入総額が大きい方の審査通過報告が多い
・「貸金業者からの借入」以外の債務(銀行カードローンなど)は比較的軽視される
その他・備考・口座登録が可能なら必要書類なしで契約できる場合あり

※1申込状況によってはご希望に添いかねます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

プロミスは土日祝日も最短20分で借りられる

プロミスの特徴
  • 土日祝日も最短20分融資
  • 土日祝日も最短10秒振込
  • 誰にも知られず借りやすい
  • 借入・返済の方法が充実

プロミス「来店なし」での即日融資に強い、大手キャッシングサービスです。

プロミスは土日祝日であっても、最短20分で申し込みから融資までが完了します。

また、「土日も最短10秒振込」「2種類のスマホATM取引に対応」など、サービス面も申し分ありません。

スマホATM取引とは

専用カードの代わりにスマートフォンアプリを使い、カードレスでATM取引を行うサービス。

プロミスの場合は「セブン銀行ATM取引」「ローソン銀行ATM取引」で利用できる。

その他、プロミスでは自宅への郵送物を簡単に避けることができます。

また、特筆すべきは「10秒振込」や「口座引き落とし」に対応している金融機関の数が、他社よりも多いことです。

審査・融資のスピードや充実したユーザーサービスを考えると、初心者を含む、広い層におすすめしやすい申込先と言えます。

プロミスの基本情報

金利4.5%
~17.8%
(月1.483%程度)
限度額1万円~500万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回借入日の翌日から30日間無利息(金利0%)
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時
(2)ネット契約+口座登録
(3)ネット契約+アプリで本人確認
 ┗運転免許証または在留カードが必要
勤務先への電話原則なし
申込み~融資の所要時間最短20分
借入方法・銀行振込
土日も最短10秒
・ATM出金
┗スマホATM取引対応
(セブン銀行ATM取引・ローソン銀行ATM取引)
返済方法・自動引き落とし
・インターネット返済
・ATM入金
┗スマホATM取引対応
(セブン銀行ATM取引・ローソン銀行ATM取引)
・銀行振込
申込み条件年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方
アンケート調査に基づく審査傾向・年収100万円未満でも審査通過OK
複数の他社借入には厳しい
・信用情報に問題があっても、「他社借入がなければ」審査に通過できる可能性あり
その他・備考・三井住友銀行グループ
・18歳、19歳の方が申し込む際には収入を確認できる書類が必要(給与明細2ヵ月分など)
・カードローンの利用に応じて「Vポイント」を貯められる

レイクは最長180日間無利息(金利0%)

レイクの特徴
  • 土日祝日も最短25分融資
  • 土日祝日も最短即日振込
  • 最長180日間無利息
  • 誰にも知られず借りやすい
  • 借入・返済の方法が充実

レイクも曜日を問わない、最短25分融資に対応しているキャッシングサービスです。

レイクへの申込みが向いているのは、「短期間または少額の借入」を予定している方です。

レイクへはじめて申し込む方は、「60日間無利息」「180日間5万円無利息」という初回特典を選択できます(Web申込みの場合)。

特に、「数ヶ月以内で完済したい」「借入希望額が10万円以下」という場合には、レイクを選ぶことで返済負担を抑えられます

「他人に知られず借りやすい」「土日も即日振込に対応」といった、サービス面も十分です。

レイクの基本情報

金利4.5%
~18.0%
(月1.5%程度)
限度額1万円~500万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回契約日の翌日から、
60日間無利息
 ┗Web申込以外なら30日
180日間5万円以下無利息
のいずれかを選択
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時
(2)ネット契約+口座登録
(3)ネット契約+アプリで本人確認
 ┗運転免許証が必要
勤務先への電話原則なし
申込み~融資の所要時間最短25分
借入方法・銀行振込(詳細:公式HP
・ATM出金
┗スマホATM取引を含む(セブンイレブン)
返済方法・自動引き落とし
・インターネット返済
・ATM入金
┗スマホATM取引対応
・銀行振込
申込み条件満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
アンケート調査に基づく審査傾向・年収100万円未満でも審査通過OK
・信用情報に問題があっても審査に通過できる可能性あり
・「貸金業者からの借入」以外の債務(銀行カードローンなど)は比較的軽視される
その他・備考・新生銀行グループ
・大手消費者金融会社の中で、唯一「官報」の情報を閲覧しない
・大手消費者金融会社の中で、唯一「収入が年金のみ」の方の申込みが可能

アコムは店舗数が多く、自動契約機を使って即日融資を受けやすい

アコムの特徴
  • 土日祝日も最短20分融資
  • 店舗数が多い
  • 誰にも知られず借りやすい(来店時)
    • 特に絶対に勤務先に電話をかけてほしくない場合におすすめ
  • 借入・返済の方法が充実

アコムもまた「最短20分融資」、かつ「申込者の許可なく勤務先に電話を掛けない」大手消費者金融会社です。

アコムの特徴は、全国に設置されている自動契約機(むじんくん)の数が多いことです。

申し込みの当日にカードを受け取り、コンビニATMなどでお金を引き出したいという場合には、有力な申込先候補となります。

ただし、土日の銀行振込に対応している銀行が5行に限られるなど、インターネットを通した手続きは苦手な傾向にあります。

アコムの基本情報

金利3.0%
~18.0%
(月1.5%程度)
限度額1万円~800万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回契約日の翌日から30日間無利息(金利0%)
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時
(2)ネット契約+口座登録
┗みずほ銀行、楽天銀行などは利用できないので注意
勤務先への電話原則なし。審査状況によっては例外あり。
申込み~融資の所要時間最短20分
借入方法・銀行振込
反映時間は他社より限定的
・ATM出金
┗スマホATM取引対応(セブンイレブン)
返済方法・自動引き落とし
・インターネット返済
・ATM入金
┗スマホATM取引対応
・銀行振込
申込み条件満20歳以上72歳以下
アンケート調査に基づく審査傾向・年収100万円未満でも審査通過OK
・「貸金業者からの借入」以外の債務(銀行カードローンなど)は比較的軽視される
その他・備考・三菱UFJフィナンシャル・グループ

SMBCモビットは郵送物なし・勤務先への電話なしの「WEB完結」が人気

SMBCモビットの特徴
  • 土日祝日も最短即日融資
  • 土日祝日も最短即日振込
  • 誰にも知られず借りやすい(WEB完結)
  • 借入・返済の方法が充実

SMBCモビットでは、「カード申込」「WEB完結」という、2つの契約タイプを選択できます。

他の消費者金融会社と異なり、SMBCモビットではどちらの契約タイプを選んだかによって、申込条件や契約の過程が大きく変わります

人気を集めているのは、「自宅への郵送物なし・勤務先への電話なし」という特徴を持つ「WEB完結」です。

ただし、SMBCモビットの「WEB完結」を利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

SMBCモビット「WEB完結」の追加申込条件

(1)以下の銀行口座を返済用口座に設定できる

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

※本人名義の口座に限る


(2)全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証により勤務先の証明ができる

※その他、収入証明書類の提出は必須

険証の制約のことを考えると、基本的には正規雇用者や、それに近い働き方をしている方向けのサービスと言えます。

SMBCモビットの基本情報

金利3.0%
~18.0%
(~月1.5%程度)
限度額1万円~800万円
※上限は年収の3分の1
初回特典なし
自宅への郵送物・「WEB完結」ならなし
・「カード申込」の場合は原則として郵送物あり(応相談)
勤務先への電話・「WEB完結」ならなし
・「カード申込」の場合は担当者個人名で連絡(応相談)
申込み~融資の所要時間最短即日
借入方法・銀行振込
・ATM
┗スマホATM取引対応
(セブン銀行ATM取引・ローソン銀行ATM取引)
返済方法・口座振替
・インターネット
・ATM
┗スマホATM取引対応
(セブン銀行ATM取引・ローソン銀行ATM取引)
・銀行振込
申込み条件年齢が満20歳~74歳の安定した定期収入のある方
アンケート調査に基づく審査傾向・年収100万円未満でも審査通過OK
┗「カード申込」では年収30万円での審査通過を確認
信用情報の問題に厳しい
・「貸金業者からの借入」以外の債務(銀行カードローンなど)は比較的軽視される
・初回から100万円以上を借りられたという報告が多い(他社借入がない場合)
その他・備考・SMBCグループ

ベルーナノーティスは専業主婦や70歳以上の方にも即日融資を実施

ベルーナノーティスの特徴
  • 最短即日融資
  • 専業主婦も申し込み可能
  • 80歳まで申し込み可能

ベルーナノーティスは、カタログ通販で知られる「ベルーナ」グループのキャッシングサービスです。

審査のスピードや銀行振込の対応時間などは、どうしても大手消費者金融に一歩劣ります。

ですが、このローンは「専業主婦」「80歳までの高齢者」の申し込みを受け付けています。

専業主婦であることや、年齢を理由に大手消費者金融会社へ申し込めない場合、「ベルーナノーティス」は重要な申込先候補となります。

ただし、専業主婦がベルーナノーティスへ申し込むためには、配偶者の同意書や「婚姻関係を証明する書類」が必要です。

これを億劫に思うのなら、即日融資はあきらめて、専業主婦対応の銀行カードローン<<楽天銀行スーパーローン>>を選ぶことをおすすめします。

ベルーナノーティスの基本情報

金利4.5%
~18.0%
(月1.5%程度)
限度額1万円~300万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回借入から14日間無利息
完済後、3ヶ月が経過した後の再借入れ時も14日間無利息
(回数制限なし)
自宅への郵送物あり
勤務先への電話電話で実施される可能性あり
※担当者個人名
申込み~融資の所要時間最短即日
借入方法・銀行振込
・コンビニATM
返済方法・銀行振込
・コンビニATM
申込み条件20~80歳までの安定した収入のある方で、当社基準を満たす方
その他・備考配偶者貸付に対応
┗婚姻関係を示す書類と配偶者の同意書の提出などを条件に、専業主婦でも借入が可能となる制度
・カタログ通販で知られる一部上場企業「ベルーナ」のグループ会社

三井住友カードカードローンは最短5分で発行完了、一時的にお金を借りたいなら要チェック

三井住友カードカードローンの特徴
  • 土日祝日も最短5分でカード発行
  • カード発行後は土日祝日も最短即時振込
  • 最大3ヵ月間お利息0円

三井住友カードは、一部のクレジットカードを「最短5分」で発行しています。

そして、ショッピングの機能を持たない「三井住友カードカードローン」も、最短5分で入手できるカードの1つです。

最短5分でデジタルカードが発行された後は、すぐに振込によるキャッシングを利用できます。

大手消費者金融のカードローンより少し金利が低いこともあり、「急いで借りたい」という場合には打ってつけと言えます。

また、2023年から開始された、「最大3ヵ月間のお利息が0円(=金利0%)」の初回特典も魅力的です。

その一方、「三井住友カードカードローン」は、学生の方の申し込みを受け付けていません。

また、大手消費者金融会社のように、パート・アルバイトの方などへの案内も見られません。

こういった内容を考えると、三井住友カードのカードローンは、大手消費者金融会社に比べ、やや審査難易度が高いと推測されます。

とは言え、いわゆるサラ金(消費者金融会社)への申込みに抵抗があるという方にとっては、貴重な即日融資の方法だと言えます。

三井住友カード カードローンの基本情報

金利1.5%
~15.0%
(月1.29%程度)
※振込専用なら上限14.4%
限度額最大900万円
※上限は年収の3分の1
初回特典最大3ヶ月無利息
自宅への郵送物あり
勤務先への電話原則なし
申込み~融資の所要時間最短5分
借入方法・銀行振込(原則24時間)
・ATM出金
┗振込専用の場合は利用不可
返済方法・自動引き落とし
・ATM入金
┗振込専用の場合は利用不可
・銀行振込
申込み条件満20歳以上~69歳以下で安定収入のある方(学生は除く)
その他・備考返済遅れが無ければ毎年金利を0.3%引き下げ
┗最長4年(-1.2%)まで適用
・振込専用のカードレスタイプも選択可
┗この場合、金利は-0.6%

dスマホローンはdocomoユーザーなら金利優遇を受けられる

dスマホローンの特徴
  • 最短即日融資(平日のみ)
  • 契約後は土日祝日も最短10分で振込
  • docomo系サービスを利用しているなら最大3%の金利優遇

「dスマホローン」は、名前から想像される通り、docomoのキャッシングサービスです。

このカードローンの特徴は、docomoの携帯電話やクレジットカードなどを利用していると、最大3.0%の金利優遇を受けられることです。

また、借りたお金をそのまま「d払い」の残高とすることも可能です。

ただし、土日祝日には審査を行っていないため、急いでお金を借りたいという場合にはお気を付けください。

dスマホローンの基本情報

金利0.9%
~17.9%
(~月1.5%程度)
※docomoユーザーやdカードユーザーは金利優遇あり
限度額1万円~300万円
※上限は年収の3分の1
初回特典なし
自宅への郵送物なし
勤務先への電話担当者の個人名で実施される可能性あり
申込み~融資の所要時間最短即日(平日のみ)
借入方法・銀行振込(土日可)
・d払い残高への振替
返済方法・口座振替
・銀行振込
・d払い残高からの振替
申込み条件・審査申込時の年齢が満20歳以上満68歳以下の日本国内に居住する個人の方
・安定した収入がある方
・審査申込者本人名義のドコモ所定の携帯回線契約を締結している方又はdアカウントを保有されている方
・当社が発信するSMS(ショートメッセージサービス)を受信できる方
金利優遇(1)ドコモと回線契約を結んでいる方は金利ー1%
(2)dカード(年会費無料)を利用している方は金利ー0.5%
(3)dカードGOLDを利用している方は金利ー1.5%
(4)dスマホローンの登録口座を「スマート家計簿 スマー簿」で連携している方は金利ー0.5%
★金利優遇は重複可能

アイフルファーストプレミアムカードローンは審査に自信があるなら必見

アイフルファーストプレミアムカードローンの特徴
  • 土日祝日も最短20分融資※1
  • 土日祝日も最短10秒振込
  • 上限9.5%の超低金利
  • 最低でも限度額100万円※2
  • 誰にも知られず借りやすい
    • 特に絶対に勤務先に電話をかけてほしくない場合におすすめ
  • 借入・返済の方法が充実
  • 審査難易度が高い

※1申込状況によってはご希望に添いかねます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

「アイフルファーストプレミアムカードローン」は、アイフルが提供する「高難易度・低金利」なカードローンです。

このカードローンの上限金利は9.5%で、一般的な銀行カードローン(上限14.5%程度)をも大きく下回ります。

さらに、「最短20分※融資」「郵送物なし・勤務先への電話なしで借りやすい」など、金利以外のメリットも多いです。

このカードローンの利用限度額は、最低でも100万円と高額です。

そのため、即日で大きなお金を借りたいという場合にも、有力な選択と言えます。

しかし、貸金業者は「貸金業法」の制約のため、個人に対し年収の3分の1を超えるお金を貸すことはできません(総量規制)。
この制約上、アイフル「ファーストプレミアムカードローン」へ申し込むためには、最低でも300万円の年収を要求されます。

アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の基本情報

金利3.0%
9.5%
(月0.791%程度)
※1回払いの場合は金利年5%
限度額100万円~800万円※2
※上限は年収の3分の1
初回特典はじめての方なら最大30日間利息0円
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時
(2)ネット契約+口座登録
一部ネット銀行等は対象外
勤務先への電話原則なし
仮に在籍確認が必要でも事前確認あり+書類で代替可
申込み~融資の所要時間最短20分※1
借入方法・銀行振込
┗土日も最短10秒
・ATM出金
┗スマホATM取引対応
(セブン銀行ATM取引・ローソン銀行ATM取引)
返済方法・自動引き落とし
・インターネット返済
・ATM入金
┗スマホATM取引対応
・銀行振込
申込み条件満23歳~59歳の方で一定の年収があり当社をはじめて利用する方
定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
その他・備考・収入証明書は必須
・金利、最低限度額を除く基本サービスや契約過程は普通の「アイフル」と共通

※1申込状況によってはご希望に添いかねます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

即日発行のクレジットカードでキャッシング枠を使える可能性も

いわゆる「サラ金」(消費者金融会社)の利用に抵抗があるという場合には、クレジットカードを使って即日融資を狙うのも一つの手です。

一部のクレジットカードは、申込当日の本カード発行に対応しています。

このときカードに「キャッシング枠」が設定されれば、ATMや銀行振込を使って現金を借りられます。

クレジットカードのキャッシング枠とは

買い物に使う「ショッピング枠」とは別に設定される、現金を借りるための利用可能枠のこと。

申し込みの段階で、キャッシング枠を希望するかどうかを尋ねられることが多い。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は、一般にショッピング枠よりも審査難易度が高いです。

そのため、キャッシング枠の付帯を希望した場合でも、キャッシング枠が0円となってしまうことは珍しくありません。

確実性という意味で言えば、大手消費者金融会社のカードローン等を選ぶのが無難です。

即日発行に対応している主なクレジットカード

三井住友カードNL・年会費無料
・基本還元率0.5%
・デジタルカードを最短5分で発行
・対象のコンビニなどでタッチ決済時、5%還元
セゾンカードインターナショナル・年会費無料
・基本還元率0.5%
・「セゾンカウンター」で本カードの即日受け取りが可能
エポスカード・年会費無料
・基本還元率0.5%
・「エポスカードセンター」の利用で本カードの即日受け取りが可能
エムアイカードプラス・年会費2,200円
・基本還元率0.5%
・三越伊勢丹グループで、還元率5%~10%
┗百貨店での年間お買い上げ額により変動
・三越伊勢丹のカードカウンターで本カードの即日受け取りが可能

お手持ちのクレジットカードに「キャッシング枠」が設定されているかどうかは、インターネット会員サービスなどを通して確認できます。

いつもは中小消費者金融ながら最短45分の融資に対応

いつもの特徴
  • 土日祝日も最短45分融資
  • 土日祝日も振込融資
  • 誰にも知られず借りやすい
  • 信用情報に問題があっても申し込みやすい
  • 初回60日間無利息

「いつも」は、大手消費者金融会社の審査に通過できない方にも融資を行う「中小消費者金融会社」の1つです。

そして「いつも」は、中小業者の中では珍しく、曜日を問わない即日融資・即日振込に対応しています。

また、自宅への郵送物や勤務先への電話も、簡単に避けることができます。

信用情報や他社借入を理由に大手の審査に通過できない方であっても、選択しやすい借入先だと言えるでしょう。

いつもの基本情報

金利4.8%
~20.0%
(月1.66%程度)
限度額1万円~500万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回60日間無利息
自宅への郵送物原則なし
勤務先への電話なし
申込み~融資の所要時間最短45分
借入方法・銀行振込
返済方法・銀行振込
申込み条件年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
その他・備考・「来店なし+郵送物なし」で契約可
・信用情報に問題がある方の審査通過例が多い

銀行カードローンは低めの金利で借りたいときにおすすめ

すべての銀行カードローンは、即日融資に対応していません。

ですが一般に、銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低い傾向にあります。

ここからは、「借入までに数日掛かってもいいから、低めの金利で借りたい」というあなたのために、主な銀行カードローンを紹介します。

即日融資に対応している主な貸金業者

スクロールできます
銀行カードローン名三菱UFJ銀行
バンクイック
三井住友銀行
カードローン
みずほ銀行
カードローン
楽天銀行
スーパーローン
イオン銀行
カードローン
住信SBIネット銀行
カードローン
地方銀行、
信用金庫などの
カードローン
その他の特徴上限金利14.6%

最短1営業日で融資

口座不要

審査に不安がある方の通過報告が多い

郵送物なしで契約可
上限金利14.5%

最短1営業日で融資

口座不要

郵送物なしで契約可
上限金利14.0%

口座開設が必要

審査に不安がある方の通過報告が多い
上限金利14.5%

口座不要

専業主婦の申込み可
上限金利13.8%

口座不要

専業主婦の申込み可
上限金利14.79%
┗プレミアムコース適用なら上限7.99%

高限度額が適用された報告が多い

口座開設が必要
上下金利は14.5%程度が多い

銀行の利用状況などによっては審査や金利の優遇を受けられる

三菱UFJ銀行バンクイックは審査不安がある方の通過報告が多い

三菱UFJ銀行バンクイックの特徴
  • 上限金利は14.6%
  • 口座開設不要
  • 条件を満たせば郵送物なしで最短1営業日融資
  • 審査に不安がある方の通過報告が多い

「三菱UFJ銀行バンクイック」は、大手銀行の取り扱いながら、審査に不安を抱える方の通過報告が多いのが特徴です。

アルバイトの方や他社借入がある方、信用情報に問題がある方でも、比較的申し込みやすい銀行カードローンだと言えます。

また、このカードローンを利用する上で、三菱UFJ銀行の口座は必要ありません

その他、三菱UFJ銀行に設置してある「テレビ窓口」でカードを受け取れば、郵送物なしで、最短1営業日での借入も可能です。

ただし、「テレビ窓口」を利用するためには、本人名義の運転免許証が必要です。

実際の「バンクイックアンケート調査より

属性契約内容
・年収100万円
・パート(1年)
・金利14.6%
・限度額10万円
・年収220万円
・アルバイト(10年)
他社借入2件計60万円
・金利14.6%
・限度額10万円
・年収252万円
・会社員(0年)
・他社借入1社20万円
5年以内に携帯料金長期延滞
・金利14.6%
・限度額30万円
・年収350万円
・契約社員(8年)
・他社債務2社70万円
5年以内にクレカ強制解約
・金利14.6%
・限度額40万円
・年収400万円
・会社員(5年)
他社債務3社180万円
・金利14.6%
・限度額50万円

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の基本情報

金利1.8%
~14.6%
(~月1.216%程度)
限度額10万円~500万円
口座開設不要
自宅への郵送物テレビ窓口※1 を使ったカード受取時のみなし
┗要運転免許証
勤務先への電話(在籍確認)銀行判断で実施
(三菱UFJ銀行名)
※事前相談により回避可
申込み~融資の所要時間・最短1営業日
┗テレビ窓口※1 を使う場合
(要運転免許証)
・1週間~
┗郵送でカードを受け取る場合
借入方法・ATM出金
・銀行振込
返済方法・ATM入金
・銀行振込
・自動引き落とし
┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
申込み条件(公式サイトより)・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
・原則安定した収入があるお客さま。
・外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります

※専業主婦は申込不可
アンケート調査に基づく審査傾向・年収200万円未満でも通過可能性あり
信用情報に問題があっても通過できる可能性あり
・返済能力が認められれば、初回から100万円以上の契約が可能
その他・備考・来店不要
┗ただし郵送物回避には「テレビ窓口」※1 での手続きが必要
「テレビ窓口」での手続きには運転免許証必須

※1 テレビ窓口…三菱UFJ銀行店舗内に設置してある、各手続き用端末

三井住友銀行カードローンは銀行カードローン最速の最短1営業日で契約可

三井住友銀行カードローンの特徴
  • 上限金利は14.5%
  • 口座開設不要
  • 最短1営業日融資
  • 店舗でカードを受け取れば郵送物なし

三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンの中でもスピーディに契約を結びやすいのが特徴です。

このカードローンでは、契約方法や口座の有無にかかわらず、最短1営業日での借入が可能です。

また、三井住友銀行の支店に設置してある「ローン契約機」でカードを受け取れば、郵送物も発生しません

三井住友銀行の口座を持っている方でも、そうでない方でも、便利に利用しやすいカードローンと言えます。

三井住友銀行カードローンの基本情報

金利1.5%
~14.5%
(~月1.208%程度)
限度額10万円~800万円
口座開設不要
自宅への郵送物ローン契約機※1 を使ったカード受取時のみなし
勤務先への電話(在籍確認)銀行判断で実施
(三井住友銀行名)
※事前相談により回避可(問合せにより確認)
申込み~融資の所要時間最短1営業日
┗ローン契約機※1 を使う場合
または口座をお持ちの場合
・1週間~
┗郵送でカードを受け取る場合
借入方法・ATM出金(コンビニ可)
・銀行振込(他行可)
・自動融資
┗三井住友銀行ユーザーのみ
返済方法・ATM入金
・銀行振込
・自動引き落とし
┗三井住友銀行ユーザーのみ
申込み条件(公式HPより)・お申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入のある方。
・当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方。
アンケート調査に基づく審査傾向・年収200万円未満でも通過可能性あり
・返済能力が認められれば、初回から100万円以上の契約が可能
その他・備考・来店不要
┗ただし郵送物回避には「ローン契約機」※1 での手続きが必要
・おまとめ、借り換えとしても利用可
専業主婦は利用不可

※1 ローン契約機…三井住友銀行店舗内に設置してある、ローン手続き用端末

みずほ銀行カードローンはアルバイトや他社借入が多い方でも審査に通過

みずほ銀行カードローンの特徴
  • 上限金利は14.0%
  • 口座開設が必要
  • 審査に不安がある方の通過報告が多い

みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の口座が必須となります。

ですがその代わり、このカードローンの上限金利は14.0%と、銀行カードローンの中でも低めです。

また、みずほ銀行カードローンでは、審査不安を抱えた方の通過報告が多いです。

特筆すべきは他社借入6件を抱えた方の審査通過報告で、同じ内容の報告は大手消費者金融ですら確認されていません

その他、アルバイトの通過報告も多いことから、「審査に自信はないが、低い金利で借りたい」場合には、有力な申込先候補と言えます。

みずほ銀行カードローン申込者へのアンケートより

属性審査結果
・年収100万円
・アルバイト(0年)
・金利14.0%
・限度額20万円
・年収130万円
・パート(2年)
他社債務3件30万円
┗リボ1件、キャッシング2件
・配偶者の扶養に入っている
・金利14.0%
・限度額30万円
・年収320万円
・契約社員(6年)
他社借入6件計90万円
・申し込み時点でクレジットカードを1ヶ月程度延滞中
・金利14.0%
・限度額10万円
・年収350万円
・契約社員(5年)
他社借入3社計90万円
・金利13.4%
・限度額10万円
・年収370万円
・会社員(6年)
他社借入4社計80万円
5年以内にクレカを2ヶ月以上延滞
・金利11.8%
・限度額10万円

みずほ銀行カードローンの基本情報

金利2.0%
~14.0%
(~月1.666%程度)
限度額10万円~800万円
口座開設必須
自宅への郵送物回避不可
勤務先への電話(在籍確認)担当者個人名で、必要と判断された場合に実施
※申込者都合での回避不可
申込み~融資の所要時間最短1営業日
借入方法・みずほダイレクト
(インターネットバンキング)
・ATM(コンビニ可)
・自動融資
返済方法・自動引き落とし
┗みずほ銀行口座限定
・ATM
・みずほダイレクト
申込み条件(公式サイトより)(1)ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
(2)安定かつ継続した収入の見込める方
(3)保証会社の保証を受けられる方

*外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

楽天銀行スーパーローンは専業主婦や審査に自信がある方向け

三菱UFJ銀行バンクイックの特徴
  • 上限金利は14.5%
  • 口座開設不要、他行口座を使った返済可能
  • 専業主婦も利用可
  • アルバイトや自営業者への対応は厳しめ

楽天銀行スーパーローンは、口座不要で利用できる銀行カードローンの1つです。

また、銀行カードローンには珍しく、他行の口座を使った引き落とし返済にも対応しています。

楽天銀行において、専業主婦や配偶者の扶養に入っているパートの方の、審査通過報告は非常に多いです。

加えて、安定した収入を得ている正規雇用者の方からは、「最初から100万円以上の契約を結べた」という報告も多いです。

一方、アルバイトの方や自営業者の審査落ち報告は、他行よりも目立ちます。

基本的には、「配偶者の扶養に入っている方」または「審査に自信がある方」向けのカードローンと言えます。

楽天銀行スーパーローンの基本情報

金利1.9%
~14.5%
(~月1.208%程度)
限度額10万円~500万円
口座開設不要
自宅への郵送物回避不可
勤務先への電話(在籍確認)担当者個人名で実施
※申込者都合での回避不可
申込み~融資の所要時間1週間程度
借入方法・ATM出金
・銀行振込
┗楽天銀行へはほぼ24時間対応、それ以外は平日日中のみ
返済方法・自動引き落とし(必須)
任意の金融機関口座を選択可
┗ATM入金、銀行振込による追加返済可
申込み条件(公式サイトより)以下の全ての条件を満たす方

(1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
(2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
(3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
(4)楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方(※2)

※1但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2当行が認めた場合は不要です
アンケート調査に基づく審査傾向・「配偶者の扶養に入っている方」は審査が有利に進みやすい
・返済能力が認められれば、初回から100万円以上の契約が可能
・独身のアルバイトや自営業者に対しては厳しめ
その他・備考・専業主婦の利用可

イオン銀行カードローンは上限13.8%の低金利と「口座不要」を両立

イオン銀行カードローンの特徴
  • 上限金利は13.8%
  • 口座開設不要、他行口座を使った返済可能
  • 専業主婦も申し込み可能

イオン銀行カードローンも、口座開設不要、かつ他行口座を使った返済に対応しています。

また、このカードローンは専業主婦の方であっても、配偶者の同意なく申し込みが可能です。

さらに、イオン銀行カードローンの上限金利は13.8%と、銀行カードローンの中でも低い数字となっています。

ただし、このカードローンは振込による融資に対応していません。

そのため借入方法は「ATM出金」に限られますが、この場合も「セブン銀行ATM」が利用対象外となるため、注意が必要です。

イオン銀行カードローンの基本情報

金利3.5%
~13.8%
(~月1.15%程度)
限度額10万円~800万円
口座開設不要
自宅への郵送物あり
勤務先への電話(在籍確認)あり
(原則として個人名)
申込み~融資の所要時間数営業日~
借入方法・ATM
┗セブン銀行は未対応
・自動融資
┗イオン銀行口座をお持ちの方のみ
返済方法・自動引落
┗他行口座も可
・ATM
┗セブン銀行は未対応
申込み条件(公式サイトより)以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

(1)日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
(2)ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方
(3)ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方
※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。学生の方はお申込みいただけません。
(4)保証会社であるイオンクレジットサービス(株)またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方

住信SBIネット銀行カードローンは超低金利・高限度額で契約できる可能性あり

住信SBIネット銀行カードローンの特徴
  • 上限金利は14.79%
    • プレミアムコース適用なら上限7.99%
  • 口座開設が必要
  • おまとめを含む、高限度額での契約に成功できた報告が多い

住信SBIネット銀行カードローンは、基本的に「審査に自信がある方」におすすめの申込先です。

このカードローンへ申し込んだ方は、審査結果によって「スタンダードコース」「プレミアムコース」に振り分けられます。

このうち「プレミアムコース」が適用された場合、上限金利は7.99%となります。

これは一般的な銀行カードローンの上限金利の、約半分に当たります。

また、コースを問わず「初回から年収の半分前後の契約を結べた」という報告も多いため、「おまとめ」や借り換えを希望する方にもおすすめです。
ただし、住信SBIネット銀行カードローンを利用するためには、住信SBIネット銀行の口座開設が必要です。

「住信SBIネット銀行カードローン」申込者アンケートより

属性契約内容
・年収180万円
・自営業(20年)
【スタンダード】
・金利14.79%%
・限度額100万円
・年収338万円
・会社員(2年)
【スタンダード】
・金利14.29%%
・限度額100万円
・年収480万円
・会社員(6年)
・他社債務1社45万円
【プレミアム】
金利5.99%
限度額240万円
・年収500万円
・会社員(18年)
他社借入2社計100万円
【プレミアム】
金利6.99%
限度額150万円
・年収510万円
・会社員(3年)
他社債務2社計240万円
【プレミアム】
金利5.99%
限度額240万円

住信SBIネット銀行カードローンの基本情報

金利0.99%
~14.79%
(~月1.23%程度)
※プレミアムコース適用なら上限7.99%
(~月0.67%程度)
限度額(借入可能額)10万円~1200万円
自宅への郵送物すでに口座をお持ちの場合のみなし
勤務先への電話(在籍確認)あり(担当者個人名)
申込み~融資の所要時間1週間~10日程度
(口座開設済みの場合)
3週間程度
(口座と同時申込みの場合)
申込み条件(公式サイトより)次の条件をすべて満たす個人のお客さま
・申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
・安定継続した収入のあること
・外国籍の場合、永住者であること
・保証会社の保証を受けられること
・当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
その他住信SBIネット銀行の口座開設と、それを使った毎月の返済必須
・審査結果により低金利な「プレミアムコース」と標準的な「スタンダードコース」に振り分け
・ローン専用カードは発行されず、キャッシュカードに借入機能が付く

GMOあおぞらネット銀行は法人向けビジネスローン

GMOあおぞらネット銀行の特徴
  • 事業開始直後でも申し込める
  • 業績にかかわらず口座開設できる
  • 固定電話を登録する必要がない

GMOあおぞらネット銀行が提供する法人向けビジネスローンは、迅速な審査プロセスと手軽な融資手続きをその大きな魅力としています。

設立1年未満の法人でも対象となるキャンペーンを実施しており、審査のハードルが低いです。

また、売上や利益が出ていなくても口座開設が可能であり、特に中小企業やスタートアップ企業にとって有力な資金調達手段を提供しています。

保証人や担保を必要としない点も、手続きの簡略化とスピード感を実現する上で重要な要素です。

固定電話の登録が不要で、レンタルオフィスやバーチャルオフィスの住所でも申し込み可能であり忙しいビジネスオーナーや経営者にとって時間の節約にもつながります。

このように、GMOあおぞらネット銀行のビジネスローンは、その迅速な融資時間、高い限度額、そして保証人や担保不要という特徴を活かし、企業の成長や資金ニーズに応じた柔軟なサポートを提供します。

金利融資枠型ビジネスローン「あんしんワイド」で0.9%〜14.0%の範囲内
限度額(借入可能額)融資枠型ビジネスローンで最大1,000万円まで
自宅への郵送物レンタルオフィスやバーチャルオフィスでも問題なし。ただし、転送不要の簡易書留郵便を受け取れるようにする必要あり
勤務先への電話(在籍確認)
申込み~融資の所要時間
申込み条件(公式サイトより)法人番号の確認書類、取引責任者の本人確認書類、事業内容が確認できる書類が必要
その他Pay-easy対応、海外送金サービスあり、セキュリティが強固、専用アプリが使いやすい、小規模事業者にも嬉しい特典やサービスが豊富

その他、口座を持っている地方銀行や信用金庫のカードローンもチェック

あなたが地方銀行や信用金庫、JAバンク、労働金庫などの口座をお持ちなら、その金融機関が提供するカードローン情報もチェックしてみましょう。

地域密着型のカードローンでは、金融機関の利用状況などにより、大幅な金利優遇を受けられることも多いです。

また、申込先によっては、全国から申し込めるカードローンよりも、非常に低い金利で融資を行っていることもあります。

ただし、地域密着型のカードローンは、契約までに2週間以上を要する場合があります。

また、申込先の金融機関によっては、契約の際に来店手続きを求められます。

無職もブラックもOK!審査なしで使える安全な借入方法とは

消費者金融会社やクレジットカード会社といった「貸金業者」は、貸金業法という法律により、返済能力の調査=審査が義務付けられています。

逆に言うと、「貸金業者からの借入」以外の手段を選べば、審査なしで借りられる可能性があります。

ここからは、無職や多重債務者、カードローンを延滞中の方でも利用できる、「無審査」の借入方法について解説します。

無審査で使える主な借入方法

質屋品物の預け入れを条件に、無審査でお金を借りられる
契約者貸付「解約返戻金」が発生している生命保険に加入している場合に、お金を借りられる
定期預金担保貸付定期預金や定額預金の残高を担保にお金を借りられる
VISAプリペイドアプリ一部のアプリでは年齢を問わず「後払いチャージ」が可能
ただし初回は数千円程度まで

質屋は品物の預け入れを条件に、無審査でお金を借りられる

無審査で安全に、広い層から利用できる借入方法として、第一に挙げられるのが「質屋」の利用です。

質屋では「売却価値のある品物」を預けることで、その買取価格の8割程度のお金を借りることができます。

例えば、売却価格が20万円の腕時計を預け入れたなら、16万円程度の現金を、その場で借りることができます。

この借入金額に所定の利息を加え、一般に3ヶ月以内に返済すれば、品物は手元に戻ってきます。

また、品物を諦められるのなら、返済を行わなくても構いません

質屋を利用する上で必要なのは、「預け入れる品物」と「本人確認書類」のみです。

申込者が18歳以上であれば、返済能力や職業、信用情報などは一切問われません

この特性から、質屋は無職の人でも利用できる、貴重な借入方法と言えます。

★質屋で預け入れる品物の定番は「ブランドバッグ」や「高級腕時計」です。

ただし最近は、ゲーム機やタブレット端末などの査定に対応している店舗も増えています。

生命保険の契約者貸付は、終身保険などに加入している場合に利用可

「解約返戻金」が発生する生命保険に加入している方は、解約返戻金の範囲内で生命保険会社からお金を借りられる可能性があります。

この借入方法は、一般に「契約者貸付」と呼ばれます。

契約者貸付を利用できる可能性があるのは、主に「終身保険」や「養老保険」に加入している方です。

掛け捨ての保険や医療保険では、解約返戻金が発生しませんのでご注意ください。

この貸付方法は、解約返戻金、つまり「今解約したら手元に戻ってくるお金」を担保とする特性上、審査なしで利用できます。

また、保険会社によっては申し込みの当日の振込に対応してくれます。

解約返戻金の有無や借入可能額は、生命保険会社の会員ページやコールセンター、担当者への連絡などを通して確認できます。

ゆうちょ銀行などの定期預金や定額預金を利用しているなら、総合口座を使って借りられる

定期預金や定額預金を利用している方は、その預入金額の範囲内でお金を借りられる可能性があります。

この借入方法の名称は金融機関によって異なりますが、「定期預金担保貸付」「定額預金担保貸付」といった名前で呼ばれることが多いです。

また、定期預金(定額預金)がセットされた総合口座を利用しているのなら、特に新しい手続きをとることなく、お金を借りられる可能性もあります。

申し込み方法などの詳細については、定期預金などを利用している金融機関の公式情報をご確認ください。

参考:ゆうちょ銀行公式サイト「貯金担保自動貸付け」

少額ならVISAプリペイドアプリが力になってくれる可能性も

「必要な金額が5,000円程度まで」かつ「インターネット上で、クレジット払いが可能」という条件を満たすなら、「VISAプリペイドアプリ」を使うのも1つの手です。

VISAプリペイドアプリとは、スマートフォン上で利用できる、VISAプリペイド(前払い)カードのサービスです。

そして、一部のVISAプリペイドアプリは「後払い」によるチャージに対応しています。

初回の後払いチャージ可能額は、一般に5,000円程度と少額です。

ですが、無審査で誰でも、年齢を問わず利用できるという特性上、貴重な手段であることは間違いありません。

後払いチャージに対応している主なVISAプリペイドアプリ
  • Kyasch
  • バンドルカード
  • ウルトラペイ

★後払いチャージには、500円程度の手数料がかかります(チャージ額が5,000円の場合)。

「特定の目的のために、まとまったお金を1度借りたい」場合の借入方法

カードローンを利用するメリットは、主に「お金の使い道の証明が不要なこと」「限度額の範囲内で、何度でも借りられること」です。

ですが、逆に言うと「お金の使い道を証明できる」「借入は1度きりでよい」という条件なら、もっと適した借入方法があるかもしれません。

ここからは、「特定の目的のために、まとまったお金を1度きり借りたい」場合の申込先候補について解説します。

銀行などが取り扱う個人向けローンの種類

カードローン利用限度額の範囲内で、何度でも借りられる
資金使途の証明不要
・リボ払い(定額分割払い)
フリーローン・一度借りたら返済のみを行う
資金使途の証明不要
・回数分割払い
多目的ローン・一度借りたら返済のみを行う
・資金使途の証明が必要
・回数分割払い
目的ローン・一度借りたら返済のみを行う
・資金使途の証明が必要
・回数分割払い
・特定の目的のためにのみ利用可能
※その他、勤務先によっては「従業員貸付」などを利用可

地方銀行などのフリーローンは用途自由でアルバイトでも使える

地方銀行などが取り扱う「フリーローン」は、カードローンと同じく「お金の使い道の証明」が不要です。

一般に、地方銀行などのフリーローンの貸付条件は、カードローンと大差ありません。

上限金利は14.5%程度で、パート・アルバイトや専業主婦の方でも利用できることが多いです。

カードローンとフリーローンの違いは、「借入・返済方法」です。

限度額の範囲内で何度でも借りられるカードローンと異なり、フリーローンでは「一度借りたら、分割払いで返済のみ」を行います。

返済回数は、申し込みから契約の過程で選択することができます。

カードローンの「おまとめ」を希望する場合や、リボ払いに抵抗があるという場合にも、この「フリーローン」は有力な選択肢となります。

※フリーローンを利用するためには、原則として「その金融機関の預金口座」が必要です。

多目的ローンは資金使途確認書類が必要だが低金利

さまざまな用途に使える一方、「借りたお金の使い道の証明」が必要なローンは、一般に「多目的ローン」と呼ばれます。

このローンの使い道は、主に医療費や冠婚葬祭、旅行代などです。

また、「借りたお金の使い道」を証明するためには、見積書やパンフレットなどを提示する必要があります。

ローンは基本的に、使い道が限定的で不便なほど、低金利となります。

この法則に則り、多目的ローンはカードローンやフリーローンよりも、非常に低金利で借りられることが多いです。

ただし、審査難易度は一般にカードローンやフリーローンより高く設定されています。

年収や勤続年数の制限が設けられていることも多いため、申し込みの前には各条件をご確認ください。

参考:みずほ銀行「多目的ローン」

金利5.875%
(変動金利を選択した場合)
※みずほ銀行の住宅ローン利用者は0.1%優遇
融資額10万円~300万円
返済回数6回~84回
(6ヶ月~7年0ヶ月)
申込条件以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

・お借入時の年齢が満18歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方
・勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方
・前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方
備考・みずほ銀行の口座が必要
・資金使途確認書類が必要
・来店なしで契約可能(郵送契約)
名称の例外に注意

ローンの名称や定義は、金融機関によって異なります。

このページでは「フリーローン」「多目的ローン」の両方を取り扱う、りそな銀行や横浜銀行の定義に則り、各ローンを紹介しています。

この場合、「フリーローン」は資金使途の証明が不要なローン、「多目的ローン」は資金使途証明が必要な代わりに低金利なローンと言えます。

ですが、「三井住友銀行」が取り扱う「フリーローン」という名前の商品は、上記の定義に則ると「多目的ローン」に該当します。

借入を希望する場合には、ローンの名称だけではなく、金利や必要書類をよくご確認ください。

自動車ローンなどの目的ローンは、意外と幅広い用途に使える

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンといった、用途が定められているローンは、まとめて「目的ローン」と呼ばれます。

こちらのローンを利用する際にも、「お金の使い道を証明する書類」が必要です。

そして目的ローンは使い道が限定的な分、「多目的ローン」よりさらに低金利なことが多いです。

目的ローンのデメリットは、もちろん決まった目的にしか利用できないことです。

ですが、自動車ローンであれば「運転免許の取得費用」のためにも利用できるなど、意外と融通が利くことも多いです。

少しでも低い金利で借りたいという場合には、目的ローンの利用条件を確認してみるのも一考です。

参考:福岡銀行「ニューオートローンDX」

金利1.5%~3.3%
※Web申込み時
融資額10万円~1500万円
返済回数6回~120回
(6ヶ月~10年0ヶ月)
申込条件次のすべてを満たす個人のお客さま

・お借入時の年齢が満18歳以上69歳以下の方で、完済時の年齢が75歳以下の方
・安定した収入がある方(パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。)
・保証会社の保証が受けられる方
用途・自動(二輪)車および自動車部品(用品)購入資金
・船舶関連資金(ボート、ジェットスキー、マリンジェットおよび用品購入資金等)
・運転免許証取得資金・車検・点検・修理費用等
・ご家族の車両購入資金・運転免許証取得資金
・他社等の自動車ローン借換資金

※トラックやマイクロバスのご購入、その他の事業性車両購入資金は不可
備考・福岡銀行の口座が必要
・来店なしで契約可能(Web完結)
・団体信用生命保険へ加入可

勤め先によっては「従業員貸付」や「共済組合の貸付制度」を利用できる可能性も

金融機化を利用せずとも、お勤め先によっては「従業員貸付」「共済組合の貸付制度」といった方法を利用できる可能性があります。

「従業員貸付」は、お勤め先が従業員に対する福利厚生として、融資制度を設けている場合に利用できます。

従業員貸付を利用できるかどうかは、「社内規定」などを通して確認できます。

また、公務員の方であれば「共済組合の貸付制度」を利用できる可能性があります。

「従業員貸付」「共済組合の貸付制度」は、どちらも原則として「資金使途を確認する書類」が必要です。

また、借入には2週間以上を要することも珍しくありません。

ですが、従業員や共済組合の加入者のみ利用できる、限定的な手段ということで、金利は非常に低く設定されていることが多いです。

医療費や自動車購入費用、リフォーム費用などを借りたい場合には、「会社や共済組合から借りる」のも一考です。

事業資金を即日で借りられる方法はある?

一般的な消費者金融会社のカードローンを利用する場合、事業所得者は「所得」の3分の1を超えるお金を借りることができません(総量規制)。

所得を低く抑えている方の場合、消費者金融会社をうまく利用できないことは多いです。

ですが、総量規制に縛られない銀行の個人向けローンは一般に、事業目的での利用が禁止されています。

それなら、事業所得者はどういった方法で、お金を借りればよいのでしょうか。

ここからは、事業資金を借りるための方法について、簡単に解説します。

消費者金融会社などのビジネスローンは即日融資に対応

個人事業主のためのローンは、総量規制の対象になりません

総量規制とは

個人に対し、年収の3分の1を超える融資を禁止する「貸金業法」上の制約。

事業所得者の場合、「年収」には売上から経費を引いた「所得」が適用される。

この制約上、「所得」を低く抑えている方や赤字申告の方は、一般的な消費者金融などのカードローンを利用しづらい。

そのため、自営業者や経営者向けのローンを選べば、所得の3分の1を超えるお金を借りられる可能性があります。

また、申込先を選べば「即日融資」や、「用途を問わない借入」も可能です。

★全国から申し込める主なビジネスローン

プロミス「自営者カードローン」
(個人)
・上限金利17.8%
最短1時間融資(来店時)
プライベート資金にも利用可
アコム「ビジネスサポートローン」
(個人)
・上限金利18.0%
最短1時間融資(来店時)
プライベート資金にも利用可
アイフル「事業サポートプラン」
(個人、法人)
・上限金利18%
・赤字決算でも応相談
アイフルビジネスファイナンス
(個人、法人)
・上限金利18%
・融資まで数営業日~
・赤字決算でも応相談
ビジネスパートナー
(個人、法人)
・上限金利17.8%
・融資まで数営業日~
・赤字決算でも応相談
福岡銀行「フィンディ」
(個人、法人)
上限金利14.0%
最短即日融資
福岡銀行の口座開設不要
全国から申し込み可
・一括融資型(カードローンではない)

※特記がない限り、事業資金のためにのみ利用可

即日融資は不可だが、日本政策金融公庫は幅広い用途で利用できる

日本政策金融公庫は、財務省付きの特別な金融機関です。

日本政策金融公庫の融資制度を使い、即日融資を受けることはできません。

ですがこの金融機関は、スタートアップから事業の立て直しに至るまで、非常に多くの事業者向け融資制度を提供しています。

事業のためにまとまったお金を借りたいという場合には、この「日本政策金融公庫」が有力な申込先候補となります。

CHECK▶日本政策金融公庫公式サイト「融資制度を探す

【メリット・特徴別】あなたに合った借入方法の選び方

多くの候補の中から、あなたに合った借入方法を選ぶなら、「重視したいメリット」を基準にするのが一番です。

ここでは、「早く借りたい」「低金利で借りたい」といった、「メリット・特徴」別の申込先候補を紹介します。

「今日中にお金を借りたい」場合のおすすめ借入方法

「今日中にお金を借りたい」という場合には、即日融資に対応している借入方法を選びましょう。

ここでは、即日融資に対応している借入方法を、「スピードが速い順」にまとめました。

申込先は審査スピードの他、ユーザーサービスや金利などを材料にお選びください。

★即日融資に強い借入方法

三井住友カードカードローン・上限金利15.0%
最短5分で契約
・最短即時振込
最長3ヶ月無利息
・消費者金融より高難易度か
プロミス・上限金利17.8%
最短20分で融資
・最短10秒振込
・30日間無利息
アイフル・上限金利18.0%
最短20分で融資※1
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
アイフルファーストプレミアムカードローン・上限金利9.5%
最短20分で融資※1
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
・審査難易度は高い
レイク・上限金利18.0%
最短25分で融資
・最短即日振込
180日間5万円無利息または60日間無利息
アコム・上限金利18.0%
最短20分で融資
・30日間無利息
※振込対応は限定的
質屋・上限金利109.5%
(※質屋営業法による)
・売却価値ある品物の預け入れが必要
無審査
いつも・上限金利20.0%
最短45分で融資
・最短即日振込
60日間無利息
SMBCモビット・上限金利18.0%
・最短即日融資
・最短即日振込
ベルーナノーティス・上限金利18.0%
・最短即日融資
・最短即日振込
・専業主婦の申込み可

※1申込状況によってはご希望に添いかねます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

「低金利で借りたい」場合のおすすめ借入方法

基本的に、ローンは「申込者層や用途が限定的なほど」金利が低くなります。

低金利で借りるための方法をまとめると、以下のようになります。

限定的な申込み条件を満たすのであればその借入方法を、そうでないなら広い層から申し込める「銀行カードローン」などを選択することをおすすめします。

★低い金利で利用しやすい主な借入方法

定期預金担保貸付・金利は一般に1%未満
・定期預金や定額預金を利用している場合にのみ使える
従業員貸付
共済組合の貸付制度
・金利は数%程度
・勤務先に融資制度が設けられている場合にのみ使える
・資金使途確認書類が必要
契約者貸付・金利は数%程度
・解約返戻金付きの保険に加入している場合にのみ使える
目的ローン
(各銀行など)
・金利は数%程度
・自動車ローン、教育ローンなど、決まった用途にのみ利用可
・資金使途確認書類が必要
多目的ローン
(各銀行など)
・金利5.875%(みずほ銀行の場合)
・資金使途確認書類が必要
住信SBIネット銀行カードローン
(プレミアムコース)
・上限金利7.99%
・住信SBIネット銀行の口座が必要
・プレミアムコースが適用されるかは審査結果次第
アイフルファーストプレミアムカードローン・上限金利9.5%
最短20分で融資※
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
・最低年収300万円~
JAバンクや労働金庫、
一部の地方銀行、信用金庫などのカードローン
・申込先によっては金利10%以下で借入可
・基本的に口座が必要
イオン銀行カードローン・上限金利13.8%
・口座不要
・専業主婦可
みずほ銀行カードローン・上限金利14.0%
・みずほ銀行の口座が必要
・審査不安がある方の通過報告が多い
三井住友銀行カードローン・上限金利14.5%
・口座不要
・郵送物なしで契約可
三菱UFJ銀行バンクイック・上限金利14.6%
・口座不要
・郵送物なしで契約可
・審査不安がある方の通過報告が多い

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

※その他、限定的な条件でのみ利用できる生活福祉資金貸付制度<<当該箇所>>など

「できるだけ大きなお金を借りたい」場合のおすすめ借入方法

基本的に、大きなお金を借りやすいのは「借りたお金の使い道の証明」が必要な借入方法です。

使い道が証明されている融資は、目的を問わず何度も利用できるカードローンに比べると、貸し手側のリスクが小さいためです。

とは言えカードローンにおいても、高額借入に成功した報告が多い申込先は存在します。

ここでは、「できる限り大きなお金を借りたい」場合の申込先候補をまとめました。

★大きなお金を借りやすい借入方法

従業員貸付
共済組合の貸付制度
・金利は数%程度
・勤務先に融資制度が設けられている場合にのみ使える
資金使途確認書類が必要
・場合によっては住宅購入費用なども借入可
目的ローン
(各銀行など)
・金利は数%程度
・自動車ローン、教育ローンなど、決まった用途にのみ利用可
資金使途確認書類が必要
多目的ローン
(各銀行など)
・金利5.875%(みずほ銀行の場合)
資金使途確認書類が必要
フリーローン
(地方銀行など)
・上限金利は14.5%程度が多い
・資金使途証明は不要
・回数分割払いのため、カードローンよりも大きなお金を借りやすい傾向あり
住信SBIネット銀行カードローン
(プレミアムコース)
・上限金利7.99%
・住信SBIネット銀行の口座が必要
・プレミアムコースが適用されるかは審査結果次第
年収の半分前後の限度額が適用された報告が多い
三菱UFJ銀行バンクイック・上限金利14.6%
・口座不要
・郵送物なしで契約可
・初回から100万円超が適用された報告が多い
地方銀行や信用金庫などのカードローン・上限金利は14.5%程度が多い
・初回から100万円超が適用された報告が多い
アイフルファーストプレミアムカードローン・上限金利9.5%
最短20分で融資
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
最低限度額100万円
・最低年収300万円~
総量規制の対象
SMBCモビット・上限金利18.0%
・最短即日融資
・消費者金融の一般カードローンの中では、高限度額が適用された報告が多い
総量規制の対象
誤解も多い「総量規制」とは

「総量規制」とは、貸金業法における制約の1つです。

この制約のため、貸金業者は個人に対し、「貸金業者全体で」年収の3分の1を超えるお金を貸し付けることができません。

例えば年収300万円の方が、貸金業者から借りられるのは「合計で」100万円までとなります。

ただし、銀行や信用金庫といった、預金機能を持つ金融機関は「貸金業者」ではありません

そのため、金融機関の判断によっては、年収の3分の1を超える金額の融資が可能です。

また、貸金業者の融資であっても、「個人事業主に向けた融資」「緊急医療費のための貸付」などは、総量規制の例外扱いとなります。

「自宅への郵送物なしで借りたい」場合のおすすめ借入方法

自宅への郵送物なしで利用しやすいのは、主に消費者金融会社のカードローンです。

ただし、一部銀行のカードローンであっても、一定の条件を満たせば「郵送物なし」での契約が可能です。

「郵送物なし」で借りやすい、主な方法をまとめました。

★自宅への郵送物なしで契約できる借入方法

プロミス・上限金利17.8%
最短20分で融資
・最短10秒振込
・30日間無利息
・郵送物を回避する手段や、口座登録できる金融機関が多い
アイフル・上限金利18.0%
最短20分で融資※1
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
レイク・上限金利18.0%
最短25分で融資
・最短即日振込
180日間5万円無利息または60日間無利息
アイフルファーストプレミアムカードローン・上限金利9.5%
最短20分で融資※1
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
・審査難易度は高い
アコム・上限金利18.0%
最短20分で融資
・30日間無利息
※振込対応は限定的
※一部銀行利用者は来店なしでの郵送物回避ができない
三井住友銀行カードローン・上限金利14.5%
・最短1営業日融資
・口座不要
・来店でのカード受け取りを条件に郵送物なし
三菱UFJ銀行バンクイック・上限金利14.6%
・最短1営業日融資
・口座不要
・来店でのカード受け取りを条件に郵送物なし
┗要運転免許証
質屋・上限金利109.5%
(※質屋営業法による)
・売却価値ある品物の預け入れが必要
無審査
SMBCモビット
「WEB完結」
・上限金利18.0%
・最短即日融資
・最短即日振込
※指定口座と勤務先から発行された保険証が必要
住信SBIネット銀行カードローン・上限金利14.79%
(プレミアムコースなら7.99%)
・すでに同行口座をお持ちの場合、郵送物なしで契約可
PayPay銀行カードローン・上限金利18.0%
・すでに同行口座をお持ちの場合、郵送物なしで契約可

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

「勤務先への電話なしで借りたい」場合のおすすめ借入方法

在籍確認(勤務先確認)は、審査上の一過程です。

そのため、「無審査」の借入方法を利用できれば、勤務先の確認を心配する必要はありません。

ですが、質屋をはじめとする無審査の借入方法は、利用できる方が限られます。

その場合は、「原則として勤務先への電話なし」の申込先を選ぶことをお勧めします。

★勤務先への電話なしで利用しやすい借入方法

質屋・上限金利109.5%
(※質屋営業法による)
・売却価値ある品物の預け入れが必要
無審査
定期預金担保貸付・金利は一般に1%未満
・定期預金や定額預金を利用している場合にのみ使える
契約者貸付・金利は数%程度
・解約返戻金付きの保険に加入している場合にのみ使える
アイフル・上限金利18.0%
・原則として勤務先への電話なし
┗例外が生じても事前確認あり
最短20分で融資※
・はじめての方なら最大30日間利息0円
アイフルファーストプレミアムカードローン・上限金利9.5%
・原則として勤務先への電話なし
┗例外が生じても事前確認あり
最短20分で融資※
・はじめての方なら最大30日間利息0円
・審査難易度は高い
アコム・上限金利18.0%
・勤務先への連絡が原則なし。審査状況によっては例外あり。
最短20分で融資
・30日間無利息
SMBCモビット
「WEB完結」
・上限金利18.0%
・最短即日融資
・電話でなく、書類による在籍確認を行う
※指定口座と勤務先から発行された保険証が必要
プロミス・上限金利17.8%
・原則として勤務先への電話なし
最短25分で融資
・30日間無利息
レイク・上限金利18.0%
・原則として勤務先への電話なし
最短25分で融資
180日間5万円無利息または60日間無利息
三井住友カード・上限金利15.0%
・原則として勤務先への電話なし
最短5分で契約
最長3ヶ月無利息
目的ローン
(各銀行など)
・金利は数%程度
・自動車ローン、教育ローンなど、決まった用途にのみ利用可
資金使途確認書類が必要
※一般に在籍確認は行われないが、金融機関によっては例外が生じる可能性あり
クレジットカードの新規発行
(キャッシング枠を含む)
・キャッシング金利は18.0%程度
※一般に在籍確認は行われないが、金融機関によっては例外が生じる可能性あり
※キャッシング専用カードは含まれない
三菱UFJ銀行バンクイック・上限金利14.6%
・最短1営業日融資
・口座不要
・事前相談と書類提出を条件に勤務先への電話を回避できる

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

★ここに掲載されていない銀行のカードローンやフリーローンなどは、「審査の状況に応じ、必要と判断された場合」に電話による在籍確認が行われることが多いです。

「来店なしで、簡単な手続きで借りたい」場合のおすすめ借入方法

申し込み~借入までの手続きが簡単なのは、やはり「即日融資」に強い申込先です。

また、最近はユーザーサービスが充実した銀行カードローンも増えています。

申込先は、審査への自信やお金が必要なタイミング、その他のサービスなどに応じてお選びください。

★簡単な手続きで融資を受けられる借入方法

プロミス・上限金利17.8%
最短20分で融資
・最短10秒振込
・30日間無利息
アイフル・上限金利18.0%
最短20分で融資※
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
アイフルファーストプレミアムカードローン・上限金利9.5%
最短20分で融資※
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
・審査難易度は高い
レイク・上限金利18.0%
最短25分で融資
・最短即日振込
180日間5万円無利息または60日間無利息
アコム・上限金利18.0%
最短20分で融資
・30日間無利息
※振込対応は限定的
三井住友カードカードローン・上限金利15.0%
最短5分で契約
・最短即時振込
最長3ヶ月無利息
・消費者金融より高難易度か
SMBCモビット・上限金利18.0%
・最短即日融資
・最短即日振込
三井住友銀行カードローン・上限金利14.5%
・最短1営業日融資
・口座不要
・他行にも振込融資
楽天銀行スーパーローン・上限金利14.5%
・融資まで数営業日~
・口座不要
・他行にも振込融資

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

【審査が不安な理由別】あなたに合った借入方法の選び方

ここからは、サービス内容や貸付条件よりも「審査に通過できるかどうか」を重視したい方に向けて、審査が不安な理由別の申込先候補を紹介します。

「収入に不安がある」場合のおすすめ借入方法(アルバイトなど)

収入に不安があるアルバイトの方でも利用しやすい借入方法は、以下の通りです。

年収が100万円前後でも、審査に通過できる可能性があるカードローンは、意外と多いです。

年収以外に不安要素がなければ、各社のサービス内容を考慮して、申込先を選択できます。

★パート・アルバイトの審査通過報告が多い申込先

アイフル・上限金利18.0%
年収50万円での審査通過を確認※2
・最短20分融資※1
アコム・上限金利18.0%
年収40万円での審査通過を確認
・最短20分融資
・30日間無利息
プロミス・上限金利17.8%
・年収100万円以下の審査通過が多い
・最短20分融資
・30日間無利息
レイク・上限金利18.0%
・年収100万円以下の審査通過が多い
・最短25分融資
180日間5万円無利息または60日間無利息
SMBCモビット・上限金利18.0%
年収30万円での審査通過を確認
・最短即日融資
※郵送物や勤務先での電話の回避に条件あり
みずほ銀行カードローン・上限金利14.0%
・年収100万円での審査通過を確認
・みずほ銀行の口座が必要
楽天銀行スーパーローン・上限金利14.5%
配偶者の扶養に入っていれば低収入でも審査に通過できる可能性あり
・口座開設不要

※1申込状況によってはご希望に添いかねます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

「他社借入の総額が多い」場合のおすすめ借入方法

他社借入の「総額」をどれだけ重視するかは、金融機関によって異なります。

ですが消費者金融会社は、一部の例外を除き「貸金業者からの借入」と「その他の債務」を区別する傾向にあります。

そのため、主な借入先が銀行など「貸金業者からの借入以外」なら、大手消費者金融会社を使い、追加で契約を結べる可能性があります。

ただし、貸金業者からの借入合計が「年収の3分の1」に達している場合、新たに貸金業者からお金を借りることはできません(総量規制)。

この場合には、各銀行のカードローンやフリーローンなどをお選びください。

★他社借入の総額が多い方が申し込みやすいローン

アイフル・上限金利18.0%
債務総額が年収の8割を超える方の審査通過を複数確認
・最短20分融資※1
※総量規制の対象
※借入件数が4件以上になると厳しい
SMBCモビット・上限金利18.0%
・複数の他社借入を抱えた方の通過報告が多い
・最短即日融資
※郵送物や勤務先での電話の回避に条件あり
※総量規制の対象
三菱UFJ銀行バンクイック・上限金利14.6%
・最短1営業日融資
・口座不要
・複数の他社借入を抱えた方の通過報告が多い
(おまとめ・借り換えを含む)
住信SBIネット銀行カードローン・上限金利14.79%
(プレミアムコースなら7.99%)
・住信SBIネット銀行の口座が必要
・複数の他社借入を抱えた方の通過報告が多い
(おまとめ・借り換えを含む)
地方銀行や信用金庫のカードローン、フリーローン・上限金利は14.5%程度が多い
・複数の他社借入を抱えた方の通過報告が多い
(おまとめ・借り換えを含む)

※1申込状況によってはご希望に添いかねます。

「他社借入の件数が多い」場合のおすすめ借入方法

実際のアンケート調査結果を見る限り、他社借入の「件数」に寛容なのは、消費者金融会社ではなく銀行です。

ここでは実際に、他社借入の「件数」が多い方の、通過実績が確認されている申込先を紹介します。

★他社借入の件数が多い方が申し込みやすいローン

みずほ銀行カードローン・上限金利14.0%
他社借入6件を抱えた方の審査通過を確認
┗その他、他社借入4件での審査通過報告あり
・みずほ銀行の口座が必要
auじぶん銀行カードローン・上限金利17.5%
他社借入6件を抱えた方の審査通過を確認
・口座開設不要

ちなみに大手消費者金融会社の場合、他社借入が「4件」に達すると、審査通過はかなり厳しくなります。

「信用情報に問題がある(ブラック)」場合のおすすめ借入方法

信用情報に問題がある、いわゆる「ブラック」状態の方でも利用できる可能性がある申込先は、主に以下の通りです。

自己破産者など、特に重いブラック状態の方の場合、申込先候補はかなり絞られます。

ですが、信用情報に問題が生じた理由が「任意整理」「過去の延滞」等ならば、大手や銀行でも借りられる可能性があります。

★信用情報に問題があっても借りられる可能性があるローン

みずほ銀行カードローン・上限金利14.0%
「ブラック+多重借入あり」での審査通過を確認
・みずほ銀行の口座が必要
アイフル・上限金利18.0%
・ブラック状態での審査通過を複数確認
・最短20分融資※
レイク・上限金利18.0%
・年収100万円以下の審査通過が多い
・最短25分融資
180日間5万円無利息または60日間無利息
プロミス・上限金利17.8%
・ブラック状態での審査通過を複数確認
┗他社借入がない方に限る
・最短20分融資
・30日間無利息
三菱UFJ銀行バンクイック・上限金利14.6%
・ブラック状態での審査通過を複数確認
・口座開設不要
いつも・上限金利20.0%
・ブラック状態での審査通過を複数確認
・最短45分融資
AZ・上限金利18.0%
破産から5年以内でも審査に通過できる可能性あり
・最短即日融資
アムザ・上限金利20.0%
破産から5年以内でも審査に通過できる可能性あり
・最短即日融資
・必要書類が多い
・中小業者には珍しく、アルバイトOKの明記あり
エイワ・上限金利19.9436%
破産から5年以内でも審査に通過できる可能性あり
・最短即日融資
・要来店

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

参考:信用情報に問題があると見なされる主な条件
  1. クレジットカードや各種ローン、分割払いなどの「後払い」を2ヶ月以上延滞し、その清算と解約から5年が経過していない
  2. 「後払い」で5年以内に強制解約処分を受けた
  3. 債務整理を行い5年が経過していない
    ┗任意整理の場合は一般的に「残債の清算から」5年が経過していない

※その他「2年以内に1ヶ月程度の延滞」を行った場合でも、審査に影響する場合あり

「専業主婦」が利用できるおすすめ借入方法

専業主婦がローンを組むには、「大手消費者金融会社」や「都市銀行のカードローン」を避ける必要があります。

専業主婦の申込みを受け付けている、主なローンをまとめました。

★専業主婦が申し込める主な借入方法

楽天銀行スーパーローン・上限金利14.5%
・口座開設不要
┗任意の口座で返済が可能
イオン銀行カードローン・上限金利13.8%
・口座開設不要
┗任意の口座で返済が可能
※セブン銀行ATMは利用不可
SBI新生銀行カードローン・上限金利14.8%
・口座開設不要
┗任意の口座で返済が可能
地方銀行や信用金庫などのカードローン、フリーローン・上限金利は14.5%程度が多い
・一部の金融機関やローン商品は専業主婦不可
一部の目的ローン・地方銀行の自動車ローンなどは、専業主婦でも申し込めることがある
ベルーナノーティス・上限金利18.0%
・最短即日融資
・婚姻関係を証明する書類や配偶者の同意書が必要

基本的には、専業主婦の方の申し込みを受け付けている銀行カードローンやフリーローンを利用するのが手軽でしょう。

ごく一部の例外を除き、専業主婦が銀行のカードローンへ申し込む場合、配偶者の同意は必要ありません

「学生」が利用できるおすすめ借入方法

学生が用途自由なローンを利用するためには、アルバイトなどにより「働いて収入を得ている」必要があります。

学生でも申し込みやすいのは、やはり年収が低くても利用しやすい、消費者金融会社のカードローンです。

また、申し込みが可能な年齢は、カードローンによって異なります。

★学生が利用しやすい借入方法

プロミス・上限金利17.8%
18歳から申し込み可能
┗10代の方は給与明細などの提出が必要
最短20分で融資
・最短10秒振込
・30日間無利息
アコム・上限金利18.0%
最短20分で融資
・30日間無利息
※振込対応は限定的
※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
レイク・上限金利18.0%
・20歳から申し込み可能
最短25分で融資
・最短即日振込
180日間5万円無利息または60日間無利息
アイフル・上限金利18.0%
・20歳から申し込み可能
最短20分で融資※1
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

この他に「学生ローン」(学生向けの中小消費者金融)といった方法もあります。

ただし、基本的にサービス内容や使い勝手は、大手消費者金融会社の方が良好です。

「65歳以上の高齢者・年金生活者」が利用できるおすすめ借入方法

65歳以上の高齢者や、年齢を問わず年金以外に収入源がない方でも申し込める借入方法は、主に以下の通りです。

申込先は、「いつまでに借入が必要か」「年金以外の収入源があるか」などを基準にお選びください。

★高齢者や年金生活者が申し込めるローン

レイク・上限金利18.0%
・70歳まで申し込み可能
収入源が年金のみでも申込可
┗大手で唯一
・最短25分融資
ベルーナノーティス・上限金利18.0%
・80歳まで申し込み可能
収入源が年金のみでも申込可
・最短即日融資
プロミス・上限金利17.8%
・74歳まで申し込み可能
・年金以外の収入源が必要
・最短20分融資
アコム・上限金利18.0%
・72歳まで申し込み可能
・年金以外の収入源が必要
・最短20分融資
地方銀行のカードローンなど・年金生活者も申し込めることが多い
・一部の銀行は「シルバーローン」などを提供
生活福祉資金貸付制度無金利、または超低金利
・65歳以上の方がいる世帯であれば申し込みが可能

「どこの審査にも通らない」「どこからもお金を借りれない」場合にはどうすればいい?

基本的に、無担保のローンを利用するためには、所定の審査に通過する必要があります。

ですが、お金を手に入れたり、生活を改善するための方法は「無担保のローンを利用する」の他にも存在します。

ここからは、「どこの審査にも通過できない」という悩みを抱える方のために、いくつかの選択肢を紹介します。

無審査・有担保の借入方法を利用する

「質屋」をはじめとする、担保の設定を前提とした借入方法であれば、完全無審査でお金を借りることができます。

無職や多重債務、信用情報問題などが理由で「どこからも借りられない」という場合には、「無審査・有担保」の借入方法をご検討ください。

★主な無審査・有担保の借入方法

質屋・上限金利109.5%
(※質屋営業法による)
・売却価値ある品物の預け入れが必要
無審査
定期預金担保貸付・金利は一般に1%未満
・定期預金や定額預金を利用している場合にのみ使える
無審査
契約者貸付・金利は数%程度
・解約返戻金付きの保険に加入している場合にのみ使える
無審査

多重債務があるなら、債務整理を検討する

あなたが現在、すでに大きなお金を借りている状態なら、「債務整理」も重要な選択肢です。

債務整理にはいくつかの種類がありますが、どの方法を選んだとしても、毎月の返済負担を軽減できます。

また、債務整理は無職の方でも利用できます。

債務整理の手続きを取るには、「司法書士」「弁護士」といった専門家の手助けが必要です。

まずはお近くの司法書士事務所や法律事務所を探し、見積もりなどを取ってもらうと良いでしょう。

報酬の設定は事務所によって大きく異なるため、可能であれば複数の専門家に相談を行うことをおすすめします。

★主な債務整理の種類

任意整理・「きちんと返済を行う」約束の代わりに、一般に金利を0%にしてもらう交渉
・借入金額自体は減らないが、デメリットも軽い
個人再生・「住宅ローンを除外した債務を軽減」する形で用いられることが多い
・借金が重いが、住宅を手放したくない場合に有効
自己破産・財産を手放す代わりに債務を帳消しにする、最も重い債務整理の方法

参考:法テラス公式サイト

短期アルバイトなどでお金を稼ぐ

時間や体力に余裕があるのなら、「日払い」「週払い」といった、短期間のアルバイトを行うのも一つの手です。

短期アルバイトは求人サイトの他、スマートフォンアプリなどでも探すことができます。

できる限り早く現金を手に入れたいのなら、「即日払い」の記載がある仕事を選びましょう。

★その他の「借りる以外のお金を手に入れる方法」としては、リサイクルショップやフリマアプリの活用などが挙げられます。

市役所などで申し込める、行政の融資制度や支援制度でお金を借りる

一定の条件を満たす世帯に属する方は、行政の融資制度である「生活福祉資金貸付制度」を利用できる可能性があります。

★生活福祉資金貸付制度へ申し込める世帯

低所得者世帯主に住民税が非課税となっている世帯
障害者世帯障害者手帳(身体・精神)や療育手帳の発行を受けた方が属する世帯
高齢者世帯65歳以上の高齢者が属する世帯

生活福祉資金貸付制度は、生活や福祉に関する費用の他、教育費などさまざまな用途に利用できます。

ただし「生活福祉資金貸付制度」は、あくまで返済を前提とした制度です。

そのため、この制度を使ってお金を借りるには、「現在進行形の、または将来的な返済能力」が必要です。

病気や障害などを理由に、返済能力を見込めない状況ならば、「生活保護」などの支援制度が選択肢に入ります。

行政の融資制度や支援制度を取り扱うのは、主に都道府県の「生活福祉協議会」です。

また、市役所の福祉課などでも、生活に関する相談を受け付けています。

参照元:厚生労働省公式サイト「生活福祉資金貸付制度」

即日でお金を借りる流れとコツ

ここからは、「できるだけ急いでお金を借りたい」という状況に置かれた方のため、「即日でお金を借りる」条件や方法について解説します。


一般的なカードローン契約の流れ

即日融資を受けるための、一般的な契約の流れは以下の通りです。

即日融資の流れ(プロミスの場合)

STEP
Webサイトから申込み
STEP
審査開始

※申込確認の連絡<<審査の間は着信やメールに気を配っておこう>>が入る可能性あり
必要書類<<契約の際に必要な書類をあらかじめ確認しておこう>>のアップロード

STEP
メールで審査結果連絡
STEP
契約内容の確認
カードを発行するかどうかの選択など
STEP
契約完了

銀行振込または「スマホATM取引」で借入<<土日の夜間は「10秒振込」の対象外となることも>>
(ここまで最短20分)
※カード発行を希望しない限り、郵送物なし

細かな流れや必要な時間は、申込先によって少しずつ異なります。

ですが、「申込み→審査→契約→借入」という大きな流れは、どのカードローンを選ぶ場合でも同様です。

参照元:カードローンで即日融資を受けたい!その方法とポイントは?-プロミス

即日融資に対応しているローンを選ぶのは大前提

申込みの当日にお金を借りたいなら、「即日融資に対応しているローン」を選ぶことが大前提となります。

銀行のカードローンなどを選ぶと、場合によっては借入までに2週間以上を要してしまいます。

即日融資に強いのは、主に大手消費者金融会社です。

また、一部のクレジットカード会社も、スピーディな契約に対応しています。

★即日融資に強い借入方法

プロミス・上限金利17.8%
最短20分で融資
・最短10秒振込
・30日間無利息
アイフル・上限金利18.0%
最短20分で融資※
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
レイク・上限金利18.0%
最短25分で融資
・最短即日振込
180日間5万円無利息または60日間無利息
アコム・上限金利18.0%
最短20分で融資
・30日間無利息
※振込対応は限定的
SMBCモビット・上限金利18.0%
・最短即日融資
・最短即日振込
アイフルファーストプレミアムカードローン・上限金利9.5%
最短20分で融資※
・最短10秒振込
・はじめての方なら最大30日間利息0円
・審査難易度は高い
三井住友カードカードローン・上限金利15.0%
最短5分で契約
・最短即時振込
最長3ヶ月無利息
・消費者金融より高難易度か

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

契約の際に必要な書類をあらかじめ確認しておこう

契約の際に必要な書類は、申込先によってやや異なります。

ですが、即日融資に対応しているカードローンの場合は「本人確認書類」のみで契約を結べることが多いです。

スムーズに手続きを進めるためには、あらかじめ必要な書類を確認しておきましょう。

★プロミスの本人確認方法(Web完結の場合)

金融機関でかんたん本人確認
(返済用口座の登録を行う場合)

以下のいずれか1点

  • 運転免許証(経歴証明書も可)
  • パスポート

※住所の記載があるものに限る

  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード/特別永住者証明書

※希望限度額が50万円を超える場合などには、追加の書類の提出が要求されます。

審査の間は着信やメールに気を配っておこう

カードローンの審査が行われている間には、審査担当者から携帯電話に連絡が入る場合があります。

連絡の内容は、主に「申込者本人かどうかの確認」や「勤務内容の確認」などです

この連絡が必要になった場合、応対が完了するまで審査が進むことはありません

借入を急ぎたいのであれば、携帯電話への着信に気を配っておきましょう。

また、「必要書類の提出のお願い」などの重要事項が、メールで届く場合も多いです。
※大手消費者金融会社へ申し込む場合、原則として電話による在籍確認(勤務先確認)は行われません。

希望限度額は審査時間に「影響しない」ことが多い

実際のアンケート調査結果を見る限り、希望限度額は審査時間や審査結果に「ほとんど影響しない」と考えられます。

これは大手消費者金融会社が、申込者の希望限度額よりも「高い」または「低い」限度額を提示することが、非常に多いためです。

希望限度額を抑えても、審査時間を短縮したり、審査に通過しやすくなるとは考えない方が良いでしょう。
※一部の銀行カードローンやフリーローン、目的ローンなどへ申し込む場合は、希望限度額が審査結果に影響する可能性があります。

土日の夜間は「10秒振込」の対象外となることも

即日融資を希望するのなら、注意しなくてはならないのが「契約後に利用できる借入方法」です。

特に、「日曜日の夜」や「振込先の銀行のメンテナンス時間中」は、銀行振込が反映されません

土日祝日の夜にお金を借りたいという場合には、利用できる借入方法をあらかじめ確認しておきましょう。

「スマホATM取引を使う」「自動契約機でカードを受け取る」といった、「銀行振込」以外の方法を取るのも一つの手です。

参考:プロミスで最短10秒振込を利用「できない」時間帯

土曜日23:30~24:00
日曜日00:00~04:00
18:50~24:00
月曜日00:00~08:00
その他・振込先金融機関のメンテナンス時間
・年末年始
参照元:プロミス公式サイト「インターネット振込」

お金が必要でも使ってはいけない危険な手段

ここまで紹介した借入方法は、いずれも法律に則った、正規の手段でした。

ですが、世の中には金融機関の規約に違反したり、法律に触れる可能性がある、危険な借入方法も存在します。

ここからは、「お金が必要でもおすすめできない」手段について、簡単に解説します

クレジットカードの現金化はカード会社の規約違反

クレジットカードのショッピング枠を「現金化」する行為は、カード会社の規約違反に当たります。

現金化とは主に、指定された商品やギフトカードなどを購入し、専門業者に現金で買い取ってもらう行為を指します。

クレジットカード会社の自動監視システムにより、「現金化」が発覚した場合には、カードの利用停止や強制解約などの措置を取られる可能性があります。

現金化業者に手数料を取られる上、クレジットカードを使えなくリスクもあるということで、おすすめできない手段の1つと言えます。

また、日本クレジット協会も、以下のように現金化に対する注意喚起を行っています。

「換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの利用ができなくなったり、結局は自分の債務を増やすことになります。

また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。

日本クレジット協会公式サイトより

「誰にでも即日キャッシング」「無審査で貸します」は闇金の可能性が高い

「誰にでも貸します」など、無審査での貸付を強調するチラシやインターネット上の書き込みは、違法業者(いわゆる闇金)のものである可能性が高いです。

闇金が無審査でお金を貸し付けるのは、「返済能力がない人にお金を貸しても損をしない、何らかの手段」を持っているからです。

一度お金を借りた後は、仮に期日通りに返済を行ったとしても、「個人情報の売却」「押し貸し」などの被害に遭う可能性があります。

怪しい書き込みや、都合の良すぎる宣伝にご注意ください。
金融庁が以下のように示している通り、「登録者番号の記載があるかどうか」は、違法業者を見分ける上で重要なポイントです。

貸金業を営む者は、主たる営業所等の所在地を管轄する財務局長又は都道府県知事の登録を受けなければならないこととなっています。借入れをする場合には、当該業者の登録の有無を確認し、登録の確認ができない業者からは、絶対に借入れしないで下さい。

金融庁公式サイトより

ただし、闇金が正規業者の登録番号を勝手に掲載していることもあります。

この場合には、「記載されている電話番号が、携帯電話のものでないか」「その会社の名前を検索して、同じサイトが表示されるか」などが判断基準となります。

「ソフト闇金」も法律の後ろ盾がないという意味で闇金と同じ

最近しばしば見られるのが、「金利以外は優良」を掲げる「ソフト闇金」と呼ばれる業者です。

ソフト闇金は、個人情報の横流しや恐喝などの犯罪行為を行わないとされています。

ですがこちらの業者も、正規業者のような法の後ろ盾がないことや、いつ方針が変わるかわからないことを考えると、おすすめすることはできません。

その業者がソフト闇金を含む違法業者かどうかは、提示してある上限金利が「年20.0%」(週あたり0.38%)を超えているか否かで判断できます。

このことは以下の通り、出資法にも記載されています。

金銭の貸付け(金銭の貸付けを行う者が業として行うものに限る。以下この条及び次条において同じ。)の保証(業として行うものに限る。以下この条及び次条において同じ。)を行う者が、当該保証に係る貸付けの利息と合算して当該貸付けの金額の年二十パーセントを超える割合となる保証料の契約をしたときは、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。当該割合を超える割合となる保証料を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)より
目次