PR

虫歯の治療費が払えない!対処方法や治療内容別の費用について解説します

虫歯治療費が払えない時の分割払い方法

虫歯は、誰もが一度は経験するごく一般的な歯の病気です。しかし、放置すると重症化し、最悪の場合は歯を失う可能性もあります。そのため、早期発見と適切な治療が重要となります。

虫歯の治療費は、虫歯の進行具合や治療内容によって大きく変わってきます。軽症の場合はむし歯の除去と詰め物で数千円程度で済みますが、重症化すると、歯根の治療や最悪の場合は抜歯が必要となり、数万円以上の費用がかかる可能性があります。

このように、虫歯の治療費は決して安くはありません。しかし、放置すれば重症化するリスクがあり、最終的にはさらに高額な治療費がかかる可能性もあります。

そこで本記事では、虫歯の治療費が払えない場合の対処法や、治療内容別の費用の目安を詳しく解説します。虫歯の治療を先送りせず、早期に適切な治療を受けられるよう、お役立ち情報をお届けします。

目次

虫歯の治療費用はどれくらいかかるのか

結論
  • 保険治療の場合は数千円から数万円
  • 自由治療の場合は数十万円以上かかる可能性あり

保険治療の場合は数千円から数万円

虫歯の治療費用は、保険診療の場合、数千円から数万円程度となります。治療内容や虫歯の進行度合いによって費用は大きく変動します。

初期 : 1,500円~3,000円程度

最も費用が安価なのは、初期の虫歯で歯の表面を少し削って白い詰め物(コンポジットレジン)を詰める治療です。この場合、保険適用で3割負担なら1,500円~3,000円程度が相場となります。

中等度 : 2,000円~10,000円

次に、虫歯が象牙質(歯の内部組織)まで達している中等度の場合は、歯を多く削り、金属やセラミックスの詰め物や被せ物が必要になります。この治療では2,000円~10,000円程度の費用がかかるでしょう。

末期 : 7,000円~20,000円

さらに進行して神経(歯髄)まで達した重度の虫歯では、根管治療が必要となります。この場合は7,000円~20,000円程度が一般的な費用相場です。 根管治療後は被せ物を装着するため、さらに費用が上乗せされます。

最悪の場合、歯を抜いてブリッジや入れ歯で補う必要があり、7,000円~20,000円以上の費用がかかる可能性があります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

このように、虫歯の治療費用は軽症なら数千円程度ですが、重症化すると数万円以上の高額になる傾向にあります。

早期発見・早期治療が何より重要で、放置すれば治療費がかさむリスクがあります。

自由治療の場合は数十万円以上かかる可能性あり

虫歯の治療を保険外の自由診療で受ける場合、費用は数万円から数十万円以上にのぼる可能性があります。

自由診療では、保険診療の制限を受けずに高品質な材料や先進的な治療法を選ぶことができます。その分、費用は高額になります。

自由治療の費用例
施術内容自費治療の費用保険適用時の費用自費治療の倍率
虫歯の詰め物2万円〜5万円数千円7倍~16倍
被せ物(クラウン)5万円前後1万円4倍~5倍
根管治療5万円前後1万円前後4倍~5倍

最も費用がかかるのが、インプラント治療です。1本あたり30万円~50万円以上の費用がかかるのが一般的です。 複数本の場合は100万円を超える可能性もあります。

このように虫歯の自由診療では材料費や技術料が高額になるため、保険診療に比べて数倍から10倍以上の費用がかかります。 審美性や耐久性は高くなりますが、費用面では大きな負担となります。

虫歯治療にかかる治療費の目安

虫歯治療にかかる治療費の目安
治療内容保険診療の費用目安自費診療の費用目安補足
初診時にかかる費用3,000円〜5,000円数千円の追加が可能初診料、レントゲン撮影代、検査料を含む
虫歯の治療数千円〜数万円数千円〜数万円虫歯の進行度によって費用が変動
歯周病の治療数千円〜10万円以上5万円〜50万円重症化すると高額な費用が発生
ブリッジを使用する場合13,000円〜23,000円10万円〜20万円材質によって価格が大きく変動
部分入れ歯を使用する場合15,000円〜3万円5万円〜20万円素材によって耐久性や審美性が異なる
インプラントを使用する場合稀に適用30万円〜50万円高額だが審美性と機能性が高い

各治療内容ごとに詳しく解説していきます。

初診時にかかる費用の目安

虫歯の治療を始める際、まず初診時の費用がかかります。初診料とレントゲン撮影代、検査料などが必要となり、保険適用の場合でも数千円程度は覚悟しなければなりません。

初診料は、医院によって異なりますが、一般的には1,000円前後が相場です。 大学病院や有名病院では2,000円を超える場合もあります。

次に、レントゲン撮影代がかかります。虫歯の状態を確認するためにデンタルX線写真を撮影する必要があり、1枚につき数百円の費用がかかります。 複数枚撮影する場合は1,000円前後になることもあります。

さらに、検査料として500円~1,000円程度の費用が別途必要となる場合があります。 検査内容は医院によって異なりますが、一般的には口腔内検査や歯周病検査などが含まれます。

初診時の費用は、保険診療の場合でも初診料、レントゲン代、検査料を合わせると3,000円~5,000円程度は覚悟しなければなりません。自費診療を希望すれば、さらに数千円が上乗せされます。

虫歯の治療にかかる費用の目安

虫歯の治療にかかる費用は、虫歯の進行度合いや治療内容によって大きく変わります。保険診療の場合、軽症なら数千円程度ですが、重症化すると数万円の費用がかかる可能性があります。

以下は虫歯の進行度別の治療内容・保険診療時の費用になります。

虫歯治療にかかる治療費の目安
虫歯の進行度治療内容保険診療での費用目安
初期の虫歯白い詰め物(コンポジットレジン)を使用1,500円〜3,000円
中等度の虫歯金属やセラミックスの詰め物や被せ物2,000円〜10,000円
重度の虫歯(神経まで達している場合)根管治療7,000円〜20,000円
歯を失った場合ブリッジや入れ歯の使用7,000円〜20,000円以上

このように、虫歯治療の保険費用は進行度によって数千円~数万円と幅がありますが、早期発見・早期治療で費用を抑えられます。 自費診療を選べば審美性は高くなりますが、費用面では大きな負担となります。

歯周病にかかる費用の目安

歯周病の治療費は、歯周病の進行度合いと治療内容によって大きく変わってきます。保険診療の場合、軽症なら数千円程度ですが、重症化すると数万円以上の費用がかかる可能性があります。

歯周病治療にかかる費用の目安
歯周病の進行度保険診療での費用目安自費診療での費用目安通院回数治療期間
軽度の歯周病5,000円〜10,000円1万円〜5万円4回程度1〜2ヶ月
中等度の歯周病1万円〜5万円5万円〜50万円6回以上3ヶ月〜1年
重度の歯周病3万円〜10万円以上費用がさらに高くなる可能性あり10回以上1年以上

このように、歯周病治療の保険費用は軽症なら数千円~1万円程度ですが、重症化すると数万円以上の高額な費用がかかります。 自費診療を選べば、さらに高額になる可能性があります。早期発見・早期治療が何より重要です。

歯周病治療では外科処置が必要になる場合があり、その際は別途費用がかかります。 レーザー治療を選択すれば、さらに費用は上乗せされます。 治療内容によっても費用は大きく変わってきます。

ブリッジを使用する場合にかかる治療費の目安

ブリッジとは、歯が抜けた部分に隣接する歯を支柱として、人工の歯を橋渡しするように設置する補綴物のことです。虫歯が進行して歯を失った場合、ブリッジを使った治療が選択肢の一つとなります。

ブリッジを使用する治療費は、保険適用とするか自費治療とするかで大きく異なります。

ブリッジ使用時の治療費目安
ブリッジの種類材料保険適用の場合の費用目安自費治療の場合の費用目安
保険適用のブリッジ金属製13,000円〜23,000円N/A
自費治療のブリッジセラミック、ジルコニア、ハイブリッドセラミック保険適用無し前歯用: 約20万円、奥歯用: 10万円〜20万円
ハイブリッドセラミックブリッジハイブリッドセラミック保険適用無し17万4千円(3歯分)

このように、ブリッジを使った虫歯治療の費用は、保険適用で数万円程度ですが、自費治療にすると10万円~20万円以上と高額になります。

審美性や金属アレルギーのリスクなどを考慮し、費用対効果を検討する必要があります。

部分入れ歯を使用する場合にかかる治療費の目安

虫歯が進行して歯を失った場合、部分入れ歯を使った補綴治療が選択肢の一つとなります。部分入れ歯は、欠損した歯の部分だけを人工の歯で補う入れ歯のことです。

部分入れ歯を使用する治療費は、保険適用とするか自費治療とするかで大きく異なります。

保険適用の部分入れ歯

保険適用の部分入れ歯は、レジン(プラスチック)製の入れ歯本体を使用します。費用は欠損歯1本あたり約5,000円~1万円が相場です。 具体的には、3割負担なら1万5,000円~3万円程度となります。

保険適用の部分入れ歯は、費用を抑えられるメリットがありますが、審美性や耐久性に劣る面があります。 入れ歯の動きも気になる可能性があります。

保険適用の部分入れ歯自費治療の部分入れ歯

自費治療の部分入れ歯は、審美性や耐久性に優れた素材を使用するため、費用は高額になります。1か所あたり5万円~20万円程度が相場です。

自費の部分入れ歯には、金属やジルコニア、ハイブリッドレジンなどの素材が使われ、歯科医院によって価格は異なります。 例えば、ジルコニア入れ歯(1か所)なら10万円前後が目安です。

このように、部分入れ歯を使った虫歯治療の費用は、保険適用で数万円程度ですが、自費治療にすると10万円以上と高額になります。 審美性や耐久性、金属アレルギーのリスクなどを考慮し、費用対効果を検討する必要があります。

インプラントを使用する場合にかかる治療費の目安

虫歯が進行して歯を失った場合、インプラント治療が選択肢の一つとなります。インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯冠を取り付ける補綴治療です。

保険適用のインプラント
部分入れ歯の種類材料保険適用の場合の費用目安自費治療の場合の費用目安
保険適用の部分入れ歯レジン(プラスチック)製15,000円〜30,000円保険適用のみ
自費治療の部分入れ歯金属、ジルコニア、ハイブリッドレジンなど自由治療のみ5万円〜20万円(ジルコニアで約10万円前後)

このように、インプラント治療は高額な費用がかかります。医療費控除の適用や、デンタルローンの利用で費用を抑える工夫が必要です。

お金がない人が虫歯の治療費を支払う方法

歯がボロボロでお金がない人が虫歯の治療費を支払う方法
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  • 消費者金融や銀行系のカードローンを利用する
  • 歯科クリニックに相談する
  • デンタルローンで支払う
  • 無料低額診療事業を利用する
  • 医療費控除を活用する
  • 一時的に痛みを抑える方法を試して費用を低額に抑える
  • 家族や友人に借りる

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

虫歯治療費の支払いに一時的に困窮した場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのも一つの選択肢です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、審査を受けることなく比較的スムーズにお金を借りられます。既にクレジットカードを持っている人であれば、新たな手続きは不要です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

審査が不要なケースは既にクレジットカードのキャッシング枠がついている場合に限ります。

キャッシング枠が無い場合は、新たに申請をし審査を受ける必要があります。

一般的なクレジットカードのキャッシング金利は、年利15%~18%程度が相場で消費者金融と同等ですが、他の医療ローン等と比べると金利が高い傾向にあります。

そのため、長期間の利用は避け、一時的な資金繰りに利用するのが賢明です。借入期間が長くなれば、支払う利息の総額も高額になってしまいます。

キャッシングは、虫歯治療費の一時的な支払いに活用できますが、長期的な利用は避けるべきです

消費者金融や銀行系のカードローンを利用する

虫歯治療費の支払いに一時的に困窮した場合、消費者金融や銀行系のカードローンを利用するのも選択肢の一つです。ただし、審査があり借入が認められるかどうかは分かりません。

ふるさと本舗 カードローン編集部

審査の際は本人の収入状況や信用情報等がチェックされます。

消費者金融では、スピーディーな審査と即日融資が可能です。インターネットや電話から24時間いつでも申し込みができ、最短当日中に融資を受けられる場合があります。金利は18%程度が相場です。

一方、銀行系カードローンは、消費者金融に比べて審査が厳しめですが、金利が年10%前後と比較的低めに設定されているのがメリットです。大手行では、インターネットバンキングから簡単に申し込みができます。

消費者金融や銀行カードローンを利用する際は、確実に返済できる計画を立てる必要があります。借入額が大きすぎたり、返済期間が長期に及ぶ場合は、将来的な返済負担が重くのしかかる可能性があります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

以下の記事ではおすすめのカードローンをご紹介しています。

歯科クリニックに相談する

虫歯治療費の支払いに困窮している場合、まずは通院している歯科クリニックに相談することが重要です。

歯科クリニックでは、患者一人ひとりの事情に合わせて、様々な支払い方法を提案してくれる可能性があります。支払い方法の例としては以下の通りです。

支払い方法
支払い方法・支援制度詳細備考
治療費の分割払い一括払いが難しい場合、数回に分けて支払うことができる一時的な負担を軽減できる
医療費控除の活用確定申告時に医療費控除を受けることが可能所得控除の対象となり、実質的な負担額を抑えられる
無利子の医療ローン歯科クリニックが無利子の医療ローンを紹介することがある金利がかからないため、借入による負担を最小限に抑えられる

このように、歯科クリニックに相談すれば、患者一人ひとりの事情に合わせた対応を検討してもらえます。金銭的な事情を隠さず、率直に相談することが重要です。

デンタルローンで支払う

虫歯治療費の支払いに困窮している場合、デンタルローンを利用するのも一つの選択肢です。

デンタルローンとは、歯科治療専用のローンサービスのことです。歯科クリニックと提携している消費者金融会社や銀行が提供しています。

デンタルローンのメリットは、歯科治療費専用のローンであるため、比較的借入がしやすい点にあります。一般的なカードローンに比べ、審査が緩やかな傾向にあります。

また、金利も一般的なカードローンよりも低めに設定されている場合が多く、年利5%~12%程度が相場です。長期間の返済になっても、支払い負担を抑えられます。

ふるさと本舗 カードローン編集部

目的別ローンはカードローンやフリーローンと比べて金利が安くなる傾向があります♪

また、デンタルローンは歯科クリニックによって提携先が異なるため、金利や限度額、審査基準なども変わってくる可能性があります。

デンタルローンを利用する際は、事前に金利や限度額、審査基準をよく確認しておきましょう

無料低額診療事業を利用する

経済的な理由で虫歯治療費の支払いが困難な場合、無料低額診療事業を利用するのも一つの選択肢です。

無料低額診療事業とは、生活保護世帯や低所得世帯を対象に、無料または低額な料金で歯科診療を受けられる公的な制度です。都道府県や政令指定都市が運営しています。

この事業を利用できる対象者は、以下の通りです。

無料低額診療事業の対象者
  • 生活保護受給世帯
  • 市町村民税非課税世帯
  • 児童扶養手当受給世帯
  • 障がい者手帳所持者
  • その他、同程度の低所得世帯

対象者は、住民票のある自治体の無料低額診療事業の窓口に申請を行います。所得状況や資産状況を確認され、対象者と認定されれば、無料または低額な料金で歯科診療を受けられます。

無料低額診療事業の診療内容は、虫歯治療をはじめ、歯周病治療、入れ歯、親知らずの抜歯など、一般的な歯科診療がほとんどカバーされています。

ただし、審美歯科や矯正歯科、インプラント治療などの高度な治療は対象外となる場合があります。また、自治体によって対象範囲は異なります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

無料低額診療事業を利用すれば、経済的な理由で虫歯治療を受けられない人でも、一定の歯科治療を受けられます。

ただし、申請から受診までに時間がかかる場合があり、急を要する症状には対応できない可能性があるため注意しましょう。

医療費控除を活用する

虫歯治療にかかる費用は、経済的な負担が大きくなります。そんな時は、確定申告での医療費控除を活用するのがおすすめです。

医療費控除とは、1年間に支払った医療費の一部を所得から控除できる制度です。控除額が増えれば、実質的な負担額を抑えられます。

医療費控除の対象になるのは、治療費、入院費、医薬品費、移送費などの医療費全般です。歯科治療費も対象となるため、虫歯治療にかかった費用を控除の対象にできます。

控除を受けられる金額は、1年間の総医療費から保険適用分を差し引いた自己負担額から、所得金額に応じた控除対象基準額(10万円~200万円)を差し引いた金額となります。

医療費控除を活用すれば、虫歯治療の費用負担を少しでも軽減できます。確定申告時に忘れずに申告を行い、経済的な負担を和らげましょう。

一時的に痛みを抑える方法を試して費用を低額に抑える

虫歯による歯の痛みに悩まされながらも、経済的な理由で治療費の支払いが難しい場合、一時的に痛みを抑える応急処置を試すことで、低額な費用で対処できる可能性があります。

まずは市販の鎮痛剤を服用するのが最も効果的です。虫歯による歯痛は非常に強い痛みですが、鎮痛剤で一時的に痛みを和らげることができます。 第一三共ヘルスケアの「ロキソニンS」は歯科で処方される鎮痛剤とほぼ同じ成分なので、注意事項を確認の上で服用するとよいでしょう。

次に、患部を冷やすことで痛みを軽減できます。 歯痛は歯の中の血液量が増え神経が圧迫されることで生じるため、冷やすことで血液の流れを抑え、痛みが和らぐのです。氷や冷えピタ、冷たいタオルなどを使って患部を冷やしましょう。

さらに、口腔内の清掃を行うことも重要です。 虫歯で歯に穴が開き、そこに食べカスが入ると痛みが増すことがあります。歯ブラシやデンタルフロスで口腔内をきれいにすると、痛みが軽減する可能性があります。

ただし、これらはあくまで応急処置に過ぎません。 一時的に痛みが改善しても、また痛くなったり虫歯が悪化する可能性があるため、早めに歯科医院で診てもらう必要があります。

家族や友人に借りる

虫歯治療費の支払いに困窮した場合、家族や友人にお金を借りるのも一つの選択肢です。金融機関に比べ、審査がなく手続きも簡単なため、スムーズに資金を準備できるメリットがあります。

家族や親しい友人にお金を借りるデメリットは、返済が滞ると人間関係にトラブルが生じる可能性があることです。しかし、事前に借用書を交わすなどして、金額と返済条件を明確にしておけば、そうしたトラブルを未然に防げます。

借用書には、借入金額、利息の有無、返済期限、返済方法などを詳細に記載しましょう。金利を設定するかどうかは貸し手と相談して決めます。無利子の場合もあれば、消費者金融並の高い金利を設定する場合もあるでしょう。

返済方法は、月々の分割返済と一括返済のどちらかを選択できます。分割返済の場合は、返済額と返済日を決めておきます。一括返済の場合は、期日までに一括で返済できるよう、計画的に準備する必要があります。

家族や友人から借りる最大のメリットは、審査が不要で、収入がなくても借りられる点にあります。一方で、期限を守れずにトラブルになれば、人間関係に傷がつくリスクもあります。

まとめ

まとめ
  • 虫歯治療は初期段階から重症化すると治療費が数千円から数万円に増加する。
  • 初期の虫歯では、詰め物で1,500円~3,000円程度が相場。
  • 中等度の虫歯では、詰め物や被せ物で2,000円~10,000円が必要。
  • 重度の虫歯では、根管治療が必要で7,000円~20,000円が一般的。
  • 歯を失った場合、ブリッジや入れ歯でさらに費用が増える。
  • 自由治療では、審美性と耐久性を求めるため費用が数十万円以上になることも。
  • 無利子の医療ローンや医療費控除など、治療費の負担を軽減する方法がある。
  • 経済的困難な場合、無料低額診療事業の利用や家族・友人からの借入も選択肢。
  • 早期発見・早期治療がコストを抑える鍵であり、治療を先延ばしにするとさらに高額に。
  • 重症化すると治療費が高額になるため、症状が進む前に治療を受けることが重要。
目次