PR

転職直後にカードローンでお金を借りられる?注意点や審査について解説します

【転職直後】勤続3ヶ月以下でのカードローン審査:申込先の選択、必要書類他

転職は人生の大きな転機であり、新しいキャリアへの第一歩です。しかし、転職直後は収入が安定するまでに時間がかかることがあり、この期間中に予期せぬ出費が発生した場合、金銭的な不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時、カードローンを利用してお金を借りることを検討する人もいるでしょう。

転職直後にカードローンを申し込む場合、審査に通過するかどうか悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。新しい職場での勤続期間が短いことが、審査に影響を与える可能性があります

また、仮に審査に通過したとしても、返済能力を十分に見極められていない状況で借り入れを行うことは、将来的な金銭的リスクを伴う可能性があります。

本記事では、転職直後にカードローンを利用する際の審査通過について詳しく解説します。転職後の収入や支出の見直し、審査基準や必要書類、返済計画の立て方など、カードローンを賢く活用するためのポイントを紹介します。

転職直後の金銭的な不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

ふるさと本舗 カードローン編集部

テキスト

目次

転職直後でもカードローンは利用可能だが在籍年数の点で審査は不利

転職直後にカードローンを申し込む場合、審査では勤続年数が短いことがマイナス要因となる可能性があります。

カードローン会社は申込者の返済能力を見極めるため、職業の安定性を重視します。一般的に勤続年数が長いほど安定した収入が見込めると判断されるためです。

ただし、転職したばかりでも他の審査項目で高評価であれば、総合的に判断して融資を受けられる可能性はあります。年収や借入希望額、信用情報などを踏まえて、カードローン会社は申込者の返済能力を審査します。

転職直後にカードローンを利用したい場合は、以下の点に注意しましょう

注意点
  • 転職先での初任給をもらうまでは申し込まない
  • 借入希望額は必要最低限に抑える
  • 審査では電話連絡による在籍確認に対応できるようにする
  • 転職前の勤務先の情報は申告しない

転職直後でもカードローンの利用は可能ですが、審査のハードルは高くなります。計画的な借入と返済を心がけ、生活が安定してから申し込むのがおすすめです。

前職よりも年収が高かったり安定性の高い職種であればかえって有利になることも

転職直後の方がカードローンを申し込む際、勤続年数の短さは審査において不利に働く要素の一つです。

しかし、前職と比べて年収が上がっていたり、より安定性の高い職種に就いている場合は、むしろプラスの評価を受けられる可能性があります

カードローン会社は申込者の返済能力を重視しているため、高い年収は審査通過の大きな武器になります。前職よりも年収が増えていれば、たとえ勤続年数が短くても、経済的な安定性が認められやすくなるでしょう。

また、転職先の職種も審査では考慮されます。医療関係や公務員など、景気に左右されにくく定着率が高い職種であれば、勤続年数が短くてもある程度の信頼性が得られます。一方、飲食業界のようにパートやアルバイトが多く離職率も高い職種だと、審査では不利になりがちです。

転職直後のカードローン利用で気を付けるべきポイント

転職直後のカードローン利用で気を付けるべきポイントに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

転職直後のカードローン利用で気を付けるべきポイント
  • 借入の希望金額はなるべく少なめに設定する
  • 在籍確認が行われる可能性が高いため必ず対応できる状態にする
  • 急ぎでなければ最低半年は勤務実績を作った方が良い
  • 在籍証明をするために雇用契約書等は提出できる状態にしておくべき
  • 銀行系カードローンは審査が厳しいため消費者金融を選ぼう
  • 虚偽の勤務先や勤続年数を申告しないこと

それぞれ詳しく解説していきます。

借入の希望金額はなるべく少なめに設定する

転職直後にカードローンを利用する際は、借入希望額をなるべく低めに設定することが重要です。転職したばかりの場合、勤続年数が短いため、金融機関から見ると返済能力に不安があると判断される可能性があります

そのため、高額な借り入れを希望すると、審査に通過しにくくなってしまう恐れがあるのです。

また、転職後の収入が安定するまでには一定の期間が必要です。無理のない返済計画を立てるためにも、借入額は必要最低限に抑えることが賢明でしょう。50万円以下の少額であれば、収入証明書の提出が不要になるなど、審査もスムーズに進む傾向にあります。

もし審査の結果、希望額より低い限度額が設定された場合でも、あきらめる必要はありません。返済実績を重ねることで信用度は上がっていきますので、将来的に増額を申請することも可能です。転職直後は慎重に借入額を検討し、計画的な返済を心がけましょう。

在籍確認が行われる可能性が高いため必ず対応できる状態にする

転職直後にカードローンを利用する際、金融機関から在籍確認の電話が新しい勤務先にかかってくる可能性が高いことを理解しておく必要があります

在籍確認は、借り手が申告した勤務先に実際に勤めているかどうかを確認するためのプロセスです。

新しい職場で在籍確認の電話に対応してもらえるよう、事前に上司や人事部門に相談しておくことが賢明です。突然の電話に驚かれたり、社内での信用を損ねたりしないためにも、あらかじめ了承を得ておくことが大切です。

また、在籍確認の電話に自分で直接応対できるよう、勤務中の連絡先を金融機関に伝えておくことも重要です。在籍確認が取れない場合、カードローンの審査に影響を及ぼす可能性があります。

転職先での試用期間中は、正社員としての在籍が確定していない状態であるため、在籍確認が取りづらい場合があります。そのような場合は、金融機関に事情を説明し、別の方法で在籍を証明できないか相談してみると良いでしょう。

各社プライバシーに配慮しているため在籍確認時に職場でカードローン利用がバレることは稀

転職直後にカードローンを利用する際、在籍確認の電話が職場にかかってくることを心配する人は多いでしょう。

しかし、実際にはカードローン会社は申込者のプライバシーに配慮しているため、在籍確認の電話でカードローン利用が職場の人にバレてしまうことはほとんどありません

まず、在籍確認の電話では、カードローン会社の担当者は会社名ではなく個人名で名乗ります。 そのため、電話に出た人からすれば、クレジットカードの審査や営業の電話だと思われるでしょう。

また、在籍確認の電話では、申込者が会社に在籍しているかどうかを確認するだけで、カードローンに関する話は一切しません。

ただし、まれに電話の相手が「カードローンの在籍確認の電話だ」と勘づいてしまうことがあります。 そのような事態を避けるため、事前に同僚に「クレジットカードを作ったので在籍確認の電話があるかもしれない」と伝えておくのも良い方法です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

消費者金融の多くは電話による在籍確認を不要としている一方、銀行系のカードローンのほとんどは原則電話による在籍確認が行われます。

電話による在籍確認が無いカードローンについては以下の記事で紹介しています。

急ぎでなければ最低半年は勤務実績を作った方が良い

転職直後にカードローンを利用する際は、慎重に検討することが大切です。

多くのカードローン会社は、安定した収入と勤続年数を重視しています。転職したばかりの場合、勤務先の信用度や収入の安定性が不明確であるため、審査に通過しにくくなります。

そのため、急ぎでカードローンを利用する必要がない場合は、最低でも半年ほど新しい職場で勤務実績を積むことをおすすめします。半年以上の勤続期間があれば、収入の安定性が確認でき、審査通過の可能性が高まります。

また、勤続年数が長いほど、借入限度額が高くなる傾向にあります。

ただし、転職後の収入が前職より大幅に増えた場合や、大手企業への転職であれば、半年を待たずにカードローンの審査に通過する可能性もあります。

在籍証明をするために雇用契約書等は提出できる状態にしておくべき

転職直後にカードローンを利用する際、金融機関から在籍確認のために雇用契約書や労働条件通知書等の提出を求められることがあります。これは、申告された勤務先に確かに在籍しているかを確認するためです。

転職して間もない時期は、社会保険証がまだ発行されていなかったり、給与明細が1〜2ヶ月分しかなかったりと、勤務先を証明する書類が不足しがちです。そのため、雇用契約書のコピーや労働条件通知書など、入社時にもらった書類は大切に保管しておきましょう

また、オンラインで完結できるカードローンでは、スマホで書類の写真を撮影してアップロードすれば済むケースもあります。提出書類は事前にスキャンしてPDFデータ化しておくと、すぐに送信できて便利です。

万が一、入社時の書類を紛失してしまった場合は、早めに人事部に相談して再発行をお願いしておくことをおすすめします。在籍確認で提出を求められる書類を準備しておけば、スムーズに審査を進められるでしょう。

銀行系カードローンは審査が厳しいため消費者金融を選ぼう

転職直後にカードローンを利用する際、銀行系カードローンは審査が厳しいため、通過するのが難しいケースが多いです。

銀行系カードローンは、安定した収入と勤続年数を重視する傾向にあります。転職したばかりの方は、新しい職場での勤続期間が短く、収入の安定性を証明するのが困難だからです。

一方、消費者金融のカードローンは、銀行系と比べて審査基準が緩やかです。安定収入がなくても、借入目的や返済計画がしっかりしていれば、審査に通過する可能性が高くなります。

ただし、金利は銀行系よりも高めに設定されているため、返済額が多くなる点には注意が必要です。転職直後で資金が必要な場合、まずは消費者金融のカードローンを検討してみましょう。

ただし、金利負担を考慮し、返済計画を立てることを忘れずに。収入が安定してきたら、銀行系カードローンに切り替えることで、金利負担を軽減できるかもしれません。

審査落ちした際は履歴が残るため他サービスの申込時にマイナス評価となることも

転職直後にカードローンの審査に落ちてしまうと、その事実が信用情報機関に登録されます

信用情報機関とは、個人の借入履歴や返済状況などの情報を管理している機関のことで、金融機関はこの情報を審査の際に参考にしています。

審査に落ちた履歴が残ってしまうと、「お金に困っていて、借入を重ねているのではないか」と他の金融機関から見なされ、その後のカードローンやクレジットカードの申込時に、マイナスの評価を受ける可能性があります。特に転職直後は、新しい職場での勤続年数が短いことから、収入の安定性に対する不安から審査のハードルが上がることも。

審査落ちによるデメリットは小さくないため、安易な申込は避けましょう。まずは、転職先での勤務が数ヶ月経過し、収入が安定してから、余裕をもって計画的にカードローンを利用するのが賢明です。

どうしても借入が必要な場合は、審査基準が比較的緩めの消費者金融を選ぶと審査に通過しやすいでしょう。ただし、金利が高めに設定されているので、返済計画はしっかりと立てる必要があります。

虚偽の勤務先や勤続年数を申告しないこと

転職直後にカードローンを申し込む際、審査通過を有利にするために前職の勤務先や勤続年数を申告したくなる気持ちはよくわかります。

しかし、これは絶対にNGです。カードローン審査では、申告内容に虚偽がないかどうかを厳しくチェックします。もし嘘の申告が発覚すれば、審査に通過できないだけでなく、今後二度とそのカードローン会社を利用できなくなる可能性もあります

また、たとえ審査に通過できたとしても、虚偽申告は詐欺行為に当たるため、法的トラブルに巻き込まれるリスクもあります。カードローン会社は与信管理協会に加盟しているため、ブラックリストに載ってしまえば他社でもローンを組めなくなってしまいます。

正直に現在の勤務先と勤続年数を申告することが何より大切です。審査では年収や勤務形態、信用情報なども総合的に判断されるため、勤続年数が短くてもほかの項目でカバーできれば審査に通過できる可能性は十分にあります。

むしろ、嘘をついてでも借りようとする姿勢は、金銭感覚の甘さと捉えられ、審査では大きなマイナスになってしまうのです。

勤続年数が不安だからといって退職済みの職場情報を入力してはいけない

転職直後にカードローンを申し込む際、勤続年数の短さが不安になるのは当然のことです。

しかし、そのような不安から、退職済みの職場の情報を入力することは絶対に避けなければなりませんカードローン申込時に虚偽の情報を提供することは、信用情報に傷がつくだけでなく、法的にも問題となる可能性があります

仮に審査に通過したとしても、後々虚偽申告が発覚した場合、契約を解除されるだけでなく、場合によっては詐欺罪に問われるリスクもあるのです。たとえ勤続年数が短くても、正直に現在の職場情報を伝えることが重要です。

カードローンの審査時に見られるポイント

カードローンの審査時に見られるポイントに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

カードローンの審査時に見られるポイント
  • 年収や勤務先などの基本属性
  • 他社の借入状況はどうか
  • 信用情報に傷は無いか

それぞれ詳しく解説していきます。

年収や勤務先などの基本属性

カードローンの審査では、申込者の返済能力を判断するために、年収や勤務先、勤続年数、雇用形態などの基本的な属性が重視されます。これらの情報は、安定した収入があり、継続的に返済できるかどうかを見極める材料となります。

一般的に、年収が高く、大手企業や公的機関に勤務していて、勤続年数が長いほど、審査では有利になる傾向があります。反対に、アルバイトやパートなどの非正規雇用や、勤続年数が短い場合は、収入の安定性が低いと判断され、審査通過が難しくなることもあります。

他社の借入状況はどうか

カードローンの審査では、申込者の他社からの借入状況も重要なポイントとなります。金融機関は、申込者が他社からどれだけの借入があるのかを確認し、返済能力を判断します。

他社からの借入が多い場合、新たなカードローンの審査に通過しにくくなります。これは、多重債務者となるリスクが高いと判断されるためです。

また、他社からの借入が少額でも、複数の金融機関から借りている場合は要注意です。分割して借入をしていると、総借入額が把握しにくく、返済能力を超えてしまうリスクがあります。

したがって、カードローンの審査に通過するためには、他社からの借入は可能な限り少なくしておくことが重要です。どうしても複数の借入が必要な場合は、総借入額を把握し、返済計画を立てておくことが求められます。

また、他社からの借入があっても、きちんと返済されている実績があれば、審査に好影響を与えます

信用情報に傷は無いか

カードローンの審査では、申込者の信用情報が重要なポイントとなります。信用情報とは、クレジットカードやローンの利用履歴や返済状況などが登録されている個人の信用に関する情報のことです。

この情報はCIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つの信用情報機関で管理されており、金融機関はこれらの機関に照会して申込者の信用状況を確認します。

信用情報に延滞や債務整理などの事故情報が登録されていると、カードローンの審査で不利になる可能性が高くなります。一方で、過去に借入れがあっても、それを計画的に返済している場合は、むしろプラスに評価される場合もあります。

信用情報機関に登録される事故情報の代表例としては、「2ヶ月以上の延滞」「債務の肩代わり(保証債務の履行)」「自己破産」などが挙げられます。

転職などで環境が変わり、収支のバランスが崩れがちな時期だからこそ、信用情報を傷つけないよう、借入れの返済は計画的に行うことが重要だと言えるでしょう

転職直後の方におすすめの大手消費者金融5選

転職直後の方におすすめの大手消費者金融
  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイク
スクロールできます
カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
詳細はこちら

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし詳細はこちら

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし詳細はこちら

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日◯or×◯or×1,000円~原則なし詳細はこちら

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし詳細はこちら

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分※
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムのメリット・デメリット

メリット
  • 30日間無利息期間があり、短期の借入に便利
  • WEB完結で申込から借入まで最短18分と早い
  • 原則在籍確認の電話連絡がなく、他人にバレにくい
デメリット
  • 金利が3.0%~18.0%と他社より高めに設定
  • 限度額が50万円超や他社借入100万円超だと収入証明必要
  • 長期延滞や債務整理をしていると審査が通りにくい

アコムの特徴

アコムは消費者金融大手の一つで、転職直後の方でも利用しやすいカードローンを提供しています。

まず、アコムの審査はスピーディーで、最短20分での融資が可能です。WEB申込なら24時間365日いつでも申し込めるのも魅力の一つです。また、アコムは全国に無人契約機を設置しているため、申込から借入までを機械で完結でき、人に会わずに手続きができます。

次に、アコムは返済方法が豊富なので、転職直後で収入が不安定な時期でも安心して利用できます。口座引き落としやATM返済に加え、コンビニ払いやインターネット返済など、都合に合わせて返済方法を選べます。万が一返済が難しくなった際も、アコムに事前に相談すれば、返済額の減額や返済日の延期などに柔軟に対応してもらえます。

また、アコムは国内最大級の店舗網を持ち、提携ATMも多数あるため、急な出費の際にもすぐにお金を借りることができます。ただし、アコムは銀行系のカードローンに比べると金利が高めなので、注意が必要です。

以上のように、アコムは転職直後の方にも安心して利用いただける、スピーディーで利便性の高いカードローンサービスを提供しています。ぜひご検討ください。

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし

アイフルのメリット・デメリット

メリット
  • 最短20分のスピード審査で即日融資が可能
  • 契約日の翌日から30日間は無利息で借りられる
  • WEB完結で原則、郵送物なしで手続きが簡単
デメリット
  • 金利が他社と比べて高め(3.0~18.0%)
  • 借り過ぎるとローンが通りにくくなる可能性がある
  • 延滞などの記録があるとブラックリストに載る

アイフルの特徴

アイフルは、転職直後の方でもお申込みいただける大手消費者金融のカードローンです。WEB完結で最短18分の即日融資が可能で、はじめての方なら最大30日間利息0円でご利用いただけます

利用限度額は最大800万円まで、金利は3.0%~18.0%の範囲で設定されています。50万円以下のお借入れであれば、原則として収入証明書の提出は不要です。また、アイフルでは郵送物なしでご契約いただけるため、ご家族にバレる心配もありません。

転職直後で収入が不安定な時期でも、アイフルなら柔軟に対応してくれる可能性があります。ただし、審査では信用情報や申込内容が重視されるため、安定した収入があることが審査通過のポイントとなります

お申込み前に、アイフル公式サイトの「1秒診断」で、お借入れの可能性を確認することをおすすめします。スマホアプリを利用すれば、カードレスでATMからのお借入れも可能です。

転職後まもない方でも、アイフルなら柔軟に対応し、スピーディーな融資が期待できるでしょう。まずは無料の事前診断を試してみてはいかがでしょうか。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし

プロミスのメリット・デメリット

メリット
  • 最短3分の即日融資が可能
  • 他社より上限金利が低い
  • 初回借入日から30日間の無利息期間あり
デメリット
  • 銀行カードローンに比べると金利が高め
  • 総量規制の対象となり借入額に上限がある
  • 提携ATMを利用する際に手数料がかかる

プロミスの特徴

プロミスは、SMBCグループの大手消費者金融会社で、最大500万円まで借入可能なカードローンを提供しています。転職直後の方でも、安定した収入があれば申込みが可能です

プロミスの審査はスピーディーで、Webからの申込みなら最短3分で審査結果が出ます。また、原則として在籍確認の電話連絡はないので、職場にバレる心配もありません。契約から借入、返済までの手続きがすべてWebやアプリで完結するため、来店不要で誰にもバレずに利用できるのが魅力です。

プロミスは金利が業界でも低めの4.5%~17.8%に設定されており、無利息サービスも充実しています。プロミスを初めて利用する方は、メールアドレス登録とWeb明細利用で最大30日間の利息0円期間が適用されます。

返済方法は口座振替、コンビニATM、プロミス・三井住友銀行ATMなど多彩で、ATM手数料も無料です。マルチメディア端末を使えば、手数料無料でコンビニからいつでも返済できます。

以上のように、プロミスは転職直後の方にもおすすめできる即日融資に強みを持つカードローンです。プライバシーを守りながらスピーディーに借入・返済ができるので、急な出費への対応にも最適と言えるでしょう。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則電話連絡なし

モビットのメリット・デメリット

メリット
  • 最短30分の審査で、スピーディーに借入可能
  • WEB完結申込なら、在籍確認の電話連絡なし
  • 三井住友銀行のATMなら借入・返済手数料無料
デメリット
  • 無利息期間がない
  • WEB完結には口座が限定される(4大銀行等)
  • 銀行カードローンと比べると金利が高め

モビットの特徴

SMBCモビットは、転職直後の方にもおすすめできるカードローンです。まず、WEB完結申込みに対応しているため、ご自宅からスマートフォンやパソコンを使って簡単にお申込みいただけます。また、原則として電話連絡なしで在籍確認が完了するので、新しい職場にカードローンの利用がバレる心配がありません

SMBCモビットの審査は最短30分と早く、急な出費にも対応可能です。契約極度額は1万円~800万円と幅広く、ニーズに合わせて柔軟に設定できます。金利は3.0%~18.0%で、借入額が100万円以上になると15.0%以下の金利が適用されます。

返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しており、借入残高に応じて無理のない返済額が設定されます。ATMやインターネットを使って24時間返済できるほか、口座振替も可能です。公式スマホアプリ「Myモビ」を使えば、残高や返済予定の確認、取引履歴の照会などがいつでもできて便利です。

以上のように、SMBCモビットは転職直後の方でも利用しやすい使い勝手の良さが特徴です。まずはお気軽にWEBでお申込みいただき、ご自身に合ったカードローンをご検討ください。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし

レイクのメリット・デメリット

メリット
  • 最短25分での融資が可能
  • 初回利用なら最大180日間無利息
  • 24時間365日申込可能
デメリット
  • 金利が4.5%〜18.0%と高め
  • 希望通りの借入額にならない可能性あり
  • 在籍確認の電話連絡が必須

レイクの特徴

レイクは消費者金融の中でも柔軟な対応が特徴のカードローンです。転職直後の方でも、前職の在籍期間が長ければ審査に通過しやすいでしょう。Web申し込みなら最短15秒で審査結果がわかり、スピーディーな対応が魅力です。

また、レイクの融資限度額は最大500万円と、消費者金融の中では平均的な水準となっています。金利は4.5%~18.0%の範囲で、借入額に応じて変動する仕組みです。100万円以上の借り入れなら金利は15%以下に下がるため、まとまった資金を必要とする方に適しているといえます。

さらに、レイクでは最長60日の無利息サービスを受けられます。うまく活用すれば金利負担を大幅に抑えることができるでしょう。在籍確認の電話対応や必要書類の準備など、しっかりと審査対策を行えば、転職直後でもレイクでの借り入れが可能です。収入が安定するまでのつなぎ資金として、検討してみてはいかがでしょうか。

転職直後な上に金融事故を起こしたことがある場合は中小の消費者金融を選ぼう

中小の消費者金融会社は審査基準がやや緩く、一定の条件を満たせば金融事故があっても融資を受けられる場合があります。ただし、金利が高めに設定されていることが多いため、返済計画を立てる必要があります。

転職直後で急な出費が必要な場合、中小の消費者金融を選ぶことで、金融事故があっても借り入れの機会を得られる可能性が高まります。

高金利によるリスクを十分に理解し、無理のない返済計画を立てることが重要です。また、カードローン以外の選択肢として、職場の同僚や友人から一時的に借りるなど、金融機関以外の方法も検討するとよいでしょう。

本章ではおすすめの中小消費者金融を5社ご紹介します。

スクロールできます
カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

ベルーナノーティス
4.50%~18.00%1万円~300万円満20歳~満80歳
※安定した収入のある方で、当社基準を満たす方
最短即日初回利用時のみ最大14日間×2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

アムザ
15.0%~20.0%5万円〜100万円20歳~80歳
※毎月一定した収入がある方
※学生、アルバイト・パート、年金受給者でも可能。
最短即日原則なし詳細はこちら

セントラル
4.80~18.00%1万円~300万円20歳以上
※安定した収入がある人(自営業、パート、アルバイトも可)
※セントラルの基準を満たす方
最短即日初回契約日の翌日から30日間×4,000円〜電話在籍確認あり詳細はこちら

フクホー
7.30%~18.00%5万円~200万円満20歳~66歳
※定期的な収入と返済能力を有する方(パート・アルバイト可)
※フクホーの基準を満たす方
※専業主婦、無職の方は不可(年金受給者を除く)
最短即日2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス
金利4.50%~18.00%
貸付限度額1万円~300万円
申込条件満20歳~満80歳
※安定した収入のある方で、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大14日間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額2.000円~
在籍確認電話在籍確認あり

ベルーナノーティスのメリット・デメリット

メリット
  • 専業主婦や高齢者でも借入可能
  • 何度でも無利息期間を利用できる
  • 最大借入額が高い
デメリット
  • 即日融資がほぼ不可能
  • 60歳以下の審査通過率が低い
  • 自宅にカードと利用明細書が届く

ベルーナノーティスの特徴

ベルーナノーティスは、転職直後の方でも利用しやすいカードローンサービスです。最短30分の審査で、最大300万円まで借り入れ可能。金利は4.5%~18.0%と比較的低めに設定されています。

ベルーナノーティスの大きな特徴は、何度でも利用できる14日間無利息サービスです。借入日から14日間は利息0円で利用でき、完済後3ヶ月経過すれば再度無利息期間が適用されます。これにより、計画的に返済すれば利息の負担を大幅に抑えられます。

WEB完結の申し込みで来店不要、カードレスでの借り入れにも対応しているため、忙しい転職活動中でも手続きがスムーズです。収入証明書類も不要なので、転職直後で勤務先の証明が難しい場合でも申し込みやすいでしょう

ただし審査は1週間程度かかることがあり、カードでの返済には対応していないなど、多少の不便さもあります。とはいえ、転職のタイミングで使える便利なカードローンのひとつといえるでしょう。まずは無利息期間を活用し、計画的な借り入れを心がけることをおすすめします。

アムザ

アムザ
金利15.0%~20.0%
貸付限度額5万円〜100万円
申込条件20歳~80歳
※毎月一定した収入がある方
※学生、アルバイト・パート、年金受給者でも可能。
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額
在籍確認原則なし

アムザのメリット・デメリット

メリット
  • 審査が比較的甘く、ブラックでも借りられる可能性がある
  • 在籍確認や郵送物がないので秘密が守られる
  • 最短即日融資が可能で、スピーディーに資金を調達できる
デメリット
  • 金利が全体的に高め(15.0%~20.0%)
  • 返済期間や回数が長めに設定されている
  • 利用していることがバレると悪印象を受ける可能性がある

アムザの特徴

アムザは、転職直後の方でも利用しやすいカードローンサービスです。ネット申し込みの場合、電話連絡による在籍確認や郵送物の送付が行われないため、誰にもバレずに借り入れが可能です

審査はやや甘めで、転職して間もない方でも通過しやすいでしょう。ただし、ネット申し込みに限り在籍確認の電話連絡がないことに注意が必要です。郵送での申し込みを行うと、契約書などの書類が自宅に送付されるため、家族にバレるリスクが高くなります。

アムザは、プライバシーに配慮したサービス設計となっており、転職後の不安定な時期でも利用しやすいカードローンといえます。金利や限度額など、詳しい商品内容は公式サイトをご確認ください。

転職直後でお金が必要な方は、アムザのネット申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。在籍確認の心配をせずに、スピーディーな借り入れが可能です。

セントラル

セントラル
金利4.80~18.00%
貸付限度額1万円~300万円
申込条件20歳以上
※安定した収入がある人(自営業、パート、アルバイトも可)
※セントラルの基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回契約日の翌日から30日間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額4,000円〜
在籍確認原則あり

セントラルのメリット・デメリット

メリット
  • 最短即日融資が可能
  • 女性専用のカードローン「マイレディス」がある
  • 担保・連帯保証人が原則不要
デメリット
  • 原則として在籍確認の電話がある
  • 金利が他社と比べてやや高め(4.8%~18.0%)
  • 郵送物が原則ある

セントラルの特徴

セントラルは、転職直後の方でも柔軟に対応してくれる中小消費者金融です。

審査基準は大手消費者金融よりも比較的ゆるく、アイフル等の審査に落ちた人でも借入できる可能性があります。 借入限度額は300万円までで、金利は年4.8%〜18.0%と幅広く設定されています。

セントラルの特徴は、最大30日の無利息サービスがあることです。 また、平日14時までの申し込みで、最短即日融資を受けられるのも魅力的。 在籍確認の電話はありますが、勤務先への配慮もしてくれるようです。

創業50年を迎える老舗の貸金業者で、これまで多くの利用実績があります。紹介屋などの怪しい業者とは一切関係がないことを公言しており、安心して利用できます。

転職直後で収入が不安定な時期でも、セントラルなら柔軟に対応し、スピーディーに融資を受けられる可能性が高いでしょう。まずは無料の審査に申し込んでみることをおすすめします。

フクホー

フクホー
金利7.30%~18.00%
貸付限度額5万円~200万円
申込条件満20歳~66歳
※定期的な収入と返済能力を有する方でフクホーの基準を満たす方
※パート・アルバイトの方で、収入が定期的であり、基準を満たす場合は申込み可
※専業主婦、無職の方は不可(年金受給者を除く)
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結×
毎月の返済額2000円~
在籍確認電話在籍確認あり

フクホーのメリット・デメリット

メリット
  • 軽度の金融事故があっても審査対象となる可能性がある
  • 来店不要で申し込みができる
  • 自宅への郵送物がないのでプライバシーが守られる
デメリット
  • 大手に比べて金利が高い
  • 借入限度額が200万円と低い
  • 無職や自営業者は申し込めない

フクホーの特徴

フクホーは創業50年以上の実績を持つ、大阪に本社を置く中小消費者金融会社です。全国どこからでもインターネットや電話で申し込みが可能で、来店不要のため忙しい方にもおすすめです。最短即日融資にも対応しており、急な出費にも安心です。

フクホーの融資限度額は最大200万円。金利は7.30%~20.00%とやや高めですが、大手消費者金融と異なる独自の審査基準を設けているため、他社の審査に通らなかった方でも借入れできる可能性があります

ただし、自営業者や会社役員、無職の方、健康保険証を持っていない方への融資は行っていません

申込みから融資までの流れは、まずはインターネットや電話、店頭で申込み、仮審査に通過すれば本人確認書類や収入証明書類の提出が必要です。最終的な在籍確認の電話もありますが、プライバシーには十分配慮されます。契約後はカードの発行はなく、指定口座への振込融資のみとなります。

以上のように、フクホーは他社と比べるとやや金利は高めですが、審査基準の柔軟さと即日融資対応が特徴の中小消費者金融です。転職直後で収入が不安定な方にとっても、選択肢の一つとして検討してみる価値はあるでしょう。

目次