PR

消費者金融おすすめランキング2024年版!大手から中小まで24社を紹介

消費者金融おすすめランキング2024年版!大手から中小まで24社を紹介のアイキャッチ

「急な出費が重なってお金が足りない…」
「今すぐお金を借りたい」

このように感じている方には、消費者金融カードローンの利用がおすすめです。

消費者金融カードローンは即日融資に対応しており、申込後最短60分以内に融資を受けられるものもあります。

また無利息期間や周りにバレにくい対応などのサービスも充実しているという魅力もあります。

ただ、消費者金融カードローンは大手から中小まで併せて数多くの種類があるため、どれを選んだらいいか迷ってしまう方もいるでしょう。

そこで本記事では、おすすめの消費者金融カードローンをランキング形式で紹介します。

消費者金融を選ぶ際のポイントや、審査に通過するための対策なども詳しく解説しています。

「消費者金融で今すぐお金を借りたい」と感じている方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

消費者金融
この記事でわかること
  • 大手消費者金融なら最短60分以内に融資を受けられる
  • 大手の審査が不安なら中小消費者金融の利用がおすすめ
  • 学生・専業主婦・アルバイトでも消費者金融なら借り入れ可能
  • 消費者金融選びで失敗しないための6つのポイントを解説

※本記事では貸金業法に基づいて運営している正規の消費者金融のみ紹介しています。

大手消費者金融のプロミスは、Web完結で申し込めば最短3分で融資を受けられる可能性があります。

今すぐお金を借りたいという方は、プロミスを利用してみてください。

\在籍確認なし!最短3分で借入可能!/

目次

消費者金融おすすめランキング一覧の2024年最新版!大手から新規まで12社を紹介

どの消費者金融が良いか迷った場合は、知名度の高い大手消費者金融を選べば間違いありません。

大手消費者金融は顧客サービスや融資スピードに力を入れており、申し込みから最短60分以内に融資を受けられます。

ただ、近年はLINE・au・docomoなどが提供するスマホひとつで手軽にお金を借りられるカードローンも増えており、一概に「大手がおすすめ」とは言い切れないのが実情です。

当メディアの調査で「利用したことがある大手消費者金融」についてアンケートを取った結果、以下のような回答が得られました。

参考:消費者金融の利用状況に関する意識調査

多くの消費者金融のなかから自分に合ったものを見つけるためには、以下のポイントを比較してみましょう。

消費者金融を選ぶ際のチェックポイント
  • 審査/融資スピード
  • 金利の高さ
  • 周りへのバレにくさ
  • 無利息期間などのサポート
  • スマホアプリなどの利便性

「今すぐお金を借りたい」という方は、審査や融資のスピードを重視して消費者金融を選ぶのがおすすめです。

「時間はかかっても良いけれど利息を抑えたい」という方は、金利が低く無利息期間が長い消費者金融を選ぶと良いでしょう。

また、周囲へのバレにくさや利便性を重視したい方は、スマホひとつで完結できるau PAYスマートローンやLINEポケットマネーなどを選ぶのがおすすめです。

まずは大手から新規参入まで、おすすめの消費者金融をランキング形式で紹介するので、自分に合うカードローンを探してみてください。

スクロールできます
プロミスアコムアイフルレイクSMBCモビットダイレクトワンORIX MONEYdスマホローンメルペイ
スマートマネー
au PAY
スマートローン
ファミペイ
ローン
LINE
ポケットマネー
消費者金融プロミスロゴアコムロゴアイフルロゴレイクロゴSMBCモビットロゴダイレクトワンロゴオリックスマネーロゴdスマホローンロゴメルペイロゴauPAYスマートローンロゴファミペイローンロゴLINEポケットマネーロゴ
審査時間最短3分最短20分最短18分Webなら
最短15秒
最短30分最短30分最短60分最短即日最短即日最短30分最短即日最短10分
融資時間最短3分最短20分最短18分最短25分最短60分最短30分最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日
金利4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%4.5%〜18.0%3.0%〜18.0%4.9%〜18.01.5%〜17.8%【通常】
3.9%〜17.9%
【金利優遇後】
0.9%〜17.9%
3.0%〜15.0%2.9%〜18.0%0.8%〜18.0%3.0%〜18.0%
無利息期間最大30日間最大30日間最大30日間最大180日間最大55日間最大60日間
限度額1万円〜500万円1万円〜800万円1万円〜800万円1万円〜500万円1万円〜800万円1万円〜300万円10万円〜800万円1万円〜300万円1,000円〜20万円1万円〜100万円1万円〜300万円3万円〜300万円
電話連絡なし×
郵送物なし
Web完結
詳細詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

※審査状況によってご希望に添えない場合があります。
※本ランキングは消費者金融一覧をもとに作成しています。

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

当サイトのランキングコンテンツでは、比較基準を点数化し、その合計値から順位付けをおこなっています。
ランキング根拠(2024年)はこちら

プロミスは初回借入日の翌日から30日間無利息

プロミスLP

出典:プロミス

審査時間最短3分※1
融資時間最短3分※1
金利(実質年率)4.5%〜17.8%
無利息期間初回借入日から30日間※2
限度額1万円〜500万円
担保・連帯保証人不要

プロミスは「今すぐお金を借りたい」という方におすすめのカードローンです。

Web申し込みであれば、審査通過後に最短3分で融資を受けられます。

またプロミスは最大30日間の無利息期間サービスを提供しており、初回借入の翌日から30日間利息0円で借り入れすることが可能です。

他社の無利息期間は契約日の翌日から適用されるケースが多く、初回借り入れまでに時間が空くと無利息期間が無駄になることがあります。

プロミスの無利息期間は初回借入の翌日から適用されるため、無駄になる心配がありません。

また、上限金利が17.8%と低めなため、無利息期間が終わっても利息を抑えて借り入れできるのが特徴です。

今すぐお金を借りたい方、できるだけ利息を抑えて借り入れしたい方はプロミスの利用を検討してみてください。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:プロミスでのご契約がはじめてのお客様のみ。

\在籍確認なし!最短3分で借入可能!/

>>プロミスの公式サイトはこちら

アコムはWeb完結で自宅にいながら融資を受けられる

審査時間最短20分※1
融資時間最短20分※1
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間契約翌日から30日間※2
限度額1万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

アコムは、融資スピードとバレにくさを重視したい方におすすめのカードローンです。

申し込みから借り入れまですべてWebで完結でき、自宅にいながら融資を受けられます。

申し込み後は最短20分で審査が完了し、審査通過後は店舗ATM・コンビニATM・振込融資で融資を受けることが可能です。
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

楽天銀行口座を持っている場合は最短1分で振込融資に対応してもらえるため、今すぐお金を借りたい場合は振込融資を選択すると良いでしょう。

さらに、自宅への郵送物や会社への在籍確認も原則なしのため、周囲の人にバレずに借り入れできるのもアコムの魅力といえます。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:アコムでのご契約がはじめてのお客様のみ。

\WEB完結で借り入れ可能!/

>>アコムの公式サイトはこちら

アイフルは最短18分※で即日融資を受けられる

アイフルLP

出典:アイフル

審査時間最短18分※1
融資時間最短18分※1
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間契約翌日から30日間※2
限度額1万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

アイフルはWeb完結に対応しているカードローンで、スマホひとつで申し込みから返済まで完結することが可能です。

Web申し込み後は最短18分で融資を受けられ、専用のスマホアプリを使えばローンカードなしでコンビニATMから現金を引き出せます。

Web完結で取引を行えば自宅への郵送物が一切なしになり、家族にバレずに借り入れできるのが特徴です。

店舗や自動契約機に出向くことなく借り入れしたい方は、アイフルの利用を検討すると良いでしょう。

注釈

※1:お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
※2:アイフルでのご契約がはじめてのお客様のみ。

>>アイフルの公式サイトはこちら

レイクは最大180日間無利息で借り入れできる

レイクLP

出典:レイク

審査時間Webなら最短15秒※1
融資時間最短25分※1
金利(実質年率)4.5%〜18.0%
無利息期間最大180日間※2
限度額1万円〜500万円
担保・連帯保証人不要

レイクはできるだけ利息を抑えたい方におすすめのカードローンです。

初めてレイクで契約する場合、30日間・60日間・180日間から無利息期間を選択できます。

60日間・180日間の無利息サービスはWeb申し込みのみ適用となるので、長期間無利息で借り入れしたい場合はWebから申し込みを行いましょう。

また、180日間の無利息期間は適用金額が5万円までと限られているため、全額適用したい場合は60日間を選択するのがおすすめです。

また、レイクは24時間365日貸し付けに対応しており、土日祝日でもお金を借りられます。

契約後は公式アプリをダウンロードすればコンビニATMから現金を引き出せるので「今すぐ現金が必要」という場合は、公式アプリを利用しましょう。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:レイクでのご契約がはじめてのお客様のみ。

>>レイクの公式サイトはこちら

SMBCモビットはWeb完結で申し込むと原則電話連絡なし

SMBCモビット

出典:SMBCモビット

審査時間最短30分
(10秒簡易審査もあります)
融資時間最短60分
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間
限度額1万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

SMBCモビットは、今すぐお金が必要な方向けに審査優先サービスを導入しています。

Web申し込み後、コールセンターに連絡して急いでいる旨を伝えると、順番待ちをせずに審査を進めてもらうことが可能です。

会社への電話連絡と自宅への郵送物が原則なしのため、会社の人や家族にバレずに融資を受けられるのも魅力です。

借入方法は「振込融資」や「提携ATM」の利用のほか、「LINE Payへチャージ」する方法も選択できます。

LINE Payへのチャージなら店舗での支払いやオンラインショッピングですぐに利用することが可能です。

普段からLINE Payを利用しているという方は、SMBCモビットであれば利用しやすいでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

ダイレクトワンはコンビニATMからカードレスでお金を引き出せる

ダイレクトワンLP

出典:ダイレクトワン

審査時間最短30分※1
融資時間最短30分※1
金利(実質年率)4.9%〜18.0%
無利息期間最大55日間※2
限度額1万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

ダイレクトワンは、全国のセブンイレブンやファミリーマートのATMから手軽にお金を引き出せる利便性の高いカードローンです。

店頭や銀行に出向くことなく近くのコンビニでお金を借りられるため、急な出費が発生した際も安心です。

ダイレクトワンでの契約が初めての場合は、最大55日間の無利息期間が適用され利息を抑えて借り入れできます。

Web申し込み後は最短30分で融資を受けられるので、急ぎでお金を借りたいという方はダイレクトワンをチェックしてみてください。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:ダイレクトワンでのご契約がはじめてのお客様のみ。

>>ダイレクトワンの公式サイトはこちら

ORIX MONEYは会員限定特典を利用できる

オリックスマネーLP

出典:ORIX MONEY

審査時間最短60分
融資時間最短即日
金利(実質年率)1.5%〜17.8%
無利息期間
限度額10万円〜800万円
担保・連帯保証人不要

ORIX MONEYは申し込みから返済までWeb完結でき、取引をすべてアプリ上で管理できるカードローンです。

ネット上で本人確認を済ませることで会社への在籍確認をなしにできるため、会社が休業している土日祝日でも審査を受けられます。

審査は早くても60分ほどかかるので、申し込み当日中にお金を借りたい場合は審査対応時間内(9:00〜17:00)に余裕を持って申し込みを済ませましょう。

また、ORIX MONEYのカードローンを利用すると、会員特典としてレンタカーを優待価格で利用できるなどの優遇を受けられます。

普段から車に乗る機会が多い方は、ORIX MONEYのカードローンを利用すると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>ORIX MONEYの公式サイトはこちら

dスマホローンはドコモサービス利用者なら最大3.0%の金利優遇あり

dスマホローン

出典:dスマホローン

審査時間最短即日
融資時間最短即日
金利(実質年率)通常:3.9%〜17.9%
金利優遇後:0.9%〜17.9%
無利息期間
限度額1万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

dスマホローンは、ドコモサービス利用者におすすめのカードローンです。

ドコモ回線・dカード・d払いを利用していると最大3.0%金利を引き下げてもらえます。

本サービスでは、ドコモの回線やその他対象サービスのご契約・ご利用状況に応じて、おトクな優遇金利が適用されます。

dスマホローンの優遇金利は、一定の条件に基づいて基準金利から差し引く金利(優遇する金利)のことです。

引用:dスマホローン

いずれかひとつでも利用すれば0.5%の優遇を受けられるので、ドコモサービスユーザーは便利に利用できるでしょう。

手続きはすべてdスマホローンアプリで完結でき、d払いへのチャージなら即日で借り入れできます。

ドコモユーザーで消費者金融からお金を借りたいと検討している方は、dスマホローンを検討してみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>dスマホローンの公式サイトはこちら

メルペイスマートマネーはメルカリの利用実績が良いと金利が優遇される

メルペイスマートマネーLP

出典:メルペイスマートマネー

審査時間最短即日
融資時間最短即日
金利(実質年率)3.0%〜15.0%
無利息期間
限度額1,000円〜20万円
担保・連帯保証人不要

メルペイスマートマネーは、株式会社メルペイが提供している消費者金融カードローンです。

株式会社メルカリの系列会社が提供しているカードローンで、メルカリの利用実績がある方のみ申し込めます。

メルカリでの販売実績に応じて審査が優遇されるため、大手消費者金融の審査に落ちてしまった方でも借り入れできる可能性があります。

さらに、メルカリの利用実績が良いと、金利の引き下げや借入限度額の増額などの優遇を受けることも可能です。

普段からメルカリを利用している方は、メルペイスマートマネーの利用を検討すると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>メルペイスマートマネーの公式サイトはこちら

au PAYスマートローンはauPAY残高へチャージできる

au PAYスマートローン

出典:au PAYスマートローン

審査時間最短30分
融資時間最短即日
金利(実質年率)2.9%〜18.0%
無利息期間
限度額1万円〜100万円
担保・連帯保証人不要

au PAYスマートローンは、auサービスユーザーの方におすすめのカードローンです。

au IDを持っていれば登録情報を連携でき、申し込み時間を短縮できます。

申し込み後は最短30分で審査が完了し、すぐに借り入れできるのが特徴です。

お申し込み完了後、最短30分で審査結果をメールでご連絡※1。
※1:お申し込み内容により、お手続きにお時間がかかる場合や、ご希望に沿えない場合がございます。

引用:au PAYスマートローン

借入金はau PAY残高へチャージしてすぐに利用できるため、キャッシュレス派の方に適しています。

さらに、借入金をau PAYで利用すると200円(税込)ごとに1pontaポイントが貯まるのも魅力です。

auサービスユーザーの方は、au PAYスマートローンの利用を検討してみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>au PAYスマートローンの公式サイトはこちら

ファミペイローンは月10回まで振込手数料が無料

ファミペイローン

出典:ファミペイローン

審査時間最短即日※1
融資時間最短即日※1
金利(実質年率)0.8%〜18.0%
無利息期間最大60日間※2
限度額1万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

ファミペイローンは、申し込みから借り入れまですべてアプリ上で完結できるカードローンです。

自宅への郵送物や在籍確認も原則なしのため、家族や会社の人にバレずに借り入れできます。

借入金をファミペイ残高へチャージする場合、振込依頼が即時反映され、すぐにお金を使えるのが魅力です。

24時間365日いつでも待ち時間なしで振り込んでもらえるため、急な出費があった際も安心です。

また、銀行口座への振込融資を選択する場合も、月10回まで手数料無料で利用できるため無駄な出費を抑えられます。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:ファミペイローンの利用が初めての方のみ。

>>ファミペイローンの公式サイトはこちら

LINEポケットマネーはLINEアプリで手軽に借り入れできる

LINEポケットマネーLP

出典:LINEポケットマネー

審査時間最短10分
融資時間最短即日
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
無利息期間
限度額3万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

LINEポケットマネーは、LINEを利用してお金が借りられるカードローンです。

LINEポケットマネーを友達登録し、トーク画面から申し込みを済ませることで簡単にお金を借りられます。

借入方法は「LINE Pay残高へのチャージ」または「指定銀行口座への入金」から選択可能です。

普段からLINE Payを利用している方は、LINEポケットマネーを使うと便利でしょう。

また、初めての利用の場合最大30日間分の利息をLINE Pay残高へキャッシュバックしてもらえるのも魅力です。

大手消費者金融の利用に抵抗がある方や、スマホひとつで借り入れできるローンを選びたい方はLINEポケットマネーをチェックしてみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>LINEポケットマネーの公式サイトはこちら

中小消費者金融は大手の審査落ちが不安な方におすすめ!12社を比較紹介

大手の審査落ちが不安な方は、中小消費者金融を利用するのがおすすめです。

中小消費者金融は新規顧客の獲得に力を入れているため、大手より審査が柔軟な傾向があります。

AIスコアリングシステム※1を導入している大手とは違い、人手で審査を行なっているため家庭の事情や人柄を考慮してくれる可能性も高いです。

融資スピードや利便性の面では大手に劣る部分もありますが、審査に通らないのであれば中小消費者金融を選ぶと良いでしょう。

以下におすすめの中小消費者金融をまとめました。

スクロールできます
ベルーナ
ノーティス
いつもAZ株式会社セントラルアローエイワフタバライフティノーローンフクホーアルコシステムキャッシングMOFF
消費者金融ベルーナノーティスロゴいつもロゴAZ株式会社ロゴセントラルロゴアローロゴエイワロゴフタバロゴライフティロゴノーローンロゴフクホーロゴアルコシステムキャッシングMOFFロゴ
審査時間最短30分最短30分最短30分最短60分最短45分最短即日最短30分最短即日最短30分最短30分最短60分最短30分
融資時間最短即日最短30分最短30分最短即日最短即日最短即日最短30分最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日
金利4.5%〜18.0%4.8%〜20.0%7.0%〜18.0%1.7%〜17.8%15.0%〜19.94%17.9507%〜19.9436%14.959%~17.950%8.0%〜20.0%15.0%〜20.0%7.3%〜20.0%3.0%〜20.0%15.0%〜20.0%
無利息期間最大14日間最大60日間最大30日間最大30日間最大35日間
限度額1万円〜300万円1万円〜500万円1万円〜200万円最大800万円最大200万円1万円〜50万円最大50万円1,000円〜500万円1万円〜100万円5万円〜200万円最大50万円1万円〜100万円
電話連絡なし××××××××
在籍確認なし×××××××
Web完結××××××
詳細詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

ただ、中小消費者金融は知名度が低く、ヤミ金や違法業者と区別しづらい傾向があります。

トラブルに巻き込まれないためにも、中小消費者金融を利用する際は金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを利用し、貸金業者登録を行なっているか確認するようにしましょう。

注釈

※審査状況によってはご希望に添えない場合があります。
※1:AIスコアリングシステムとは、年齢・仕事・年収・借入額などの情報をもとに、申込者一人ひとりをスコア付けするシステムです。

ベルーナノーティスは専業主婦でも申し込みできる

ベルーナノーティスLP

出典:ベルーナノーティス

審査時間最短30分
融資時間最短即日
金利(実質年率)4.5%〜18.0%
無利息期間最大14日間
(何度でも利用可能)
限度額1万円〜300万円
担保・連帯保証人不要

ベルーナノーティス消費者金融のなかで唯一、配偶者貸付に対応しているカードローンです。

カタログ通販で知られる株式会社ベルーナが提供しているカードローンで、主婦をメインターゲットとしています。

収入のない専業主婦の方でも、配偶者の収入証明書を提出することで自分名義で契約することが可能です。

また、ベルーナノーティスは何度でも利用できる14日間の無利息サービスを提供しています。

前回の借り入れから3ヶ月以上経過していて、完済できている状態であれば、再借入時も14日間利息0円で融資を受けることが可能です。

消費者金融でお金を借りたいと検討している専業主婦の方は、ベルーナノーティスに申し込んでみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>ベルーナノーティスの公式サイトはこちら

いつもは契約後は最短3秒で振込融資を受けられる

いつもLP

出典:いつも

審査時間最短30分
融資時間最短30分
金利(実質年率)4.8%〜20.0%
無利息期間最大60日間
限度額1万円〜500万円
担保・連帯保証人原則不要

「いつも」は中小消費者金融のなかでは融資スピードが早く、申し込み後最短30分で融資を受けられます。

上限金利が20.0%と大手と比べて高めですが、初回契約であれば最大60日間は無利息で借り入れすることが可能です。

無利息期間内に返済できれば利息は発生しないため、少額融資を希望する場合は「いつも」も利用しやすいでしょう。

大手の審査が不安な方で、できるだけ早くお金を借りたい方は「いつも」の利用を検討してみてください。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>いつもの公式サイトはこちら

AZ株式会社は他社借入があっても利用できる

AZ株式会社LP

出典:AZ株式会社

審査時間最短30分
融資時間最短30分
金利(実質年率)7.0%〜18.0%
無利息期間
限度額1万円〜200万円
担保・連帯保証人原則不要

AZ株式会社も「いつも」同様に融資スピードが早い中小消費者金融です。

新規顧客への貸付に前向きな傾向があり、他社借入が3〜4件あっても通過できる可能性があります。

Web申し込みの場合は自宅への郵送物が原則なしのため、家族にバレずに契約しやすいのが特徴です。

公式サイトの「3秒診断」を利用すれば借入可否をすぐに判断できるので、審査に不安がある方は一度利用してみると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>AZ株式会社の公式サイトはこちら

セントラルはWeb完結で契約できる

セントラルLP

出典:セントラル

審査時間最短60分※1
融資時間最短即日※1
金利(実質年率)1.7%〜17.8%
無利息期間最大30日間※2
限度額最大800万円
担保・連帯保証人不要

セントラルはWeb完結での契約に対応しているカードローンです。

Yahoo!IDを持っている方なら、個人情報が連携されるため申し込みの時間を軽減できます。

平日14時までに申し込めば即日融資に対応してくれるので、今日中にお金が必要という方は14時までに申し込みを済ませましょう。

契約後はセブン銀行ATMからお金を引き出せるため、利便性の高いカードローンといえます。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:セントラルでの契約が初めての方のみ。

>>セントラルの公式サイトはこちら

アローは専用のスマホアプリから簡単に申し込みできる

アローLP

出典:アロー

審査時間最短45分
融資時間最短即日
金利(実質年率)15.0%〜19.94%
無利息期間
限度額最大200万円
担保・連帯保証人原則不要

アローはWeb完結での融資に対応していて、お金を借りても郵送物が自宅に届く心配がありません。

中小消費者金融はWebサービスを導入しているところが少なく、郵送物が届くケースが大半ですが、アローは大手同等の公式アプリを提供しています。

必要書類はアプリ上で提出でき、明細書などもスマホで確認できるため、家族に内緒で借り入れすることが可能です。

また、会社への在籍確認を原則行なっていないので、会社の人にもバレずに融資を受けられます。

ただし、アローは申し込み対象年齢が25歳以上65歳以下と限られているため、20代前半の方や高齢者の方は他のカードローンを選んだ方が良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>アローの公式サイトはこちら

エイワは対面審査で家庭事情などを考慮してくれる

エイワLP

出典:エイワ

審査時間最短即日
融資時間最短即日
金利(実質年率)17.9507%〜19.9436%
無利息期間
限度額1万円〜50万円
担保・連帯保証人原則不要

エイワは顧客のニーズにできるだけ答えられるよう、対面審査を行なっている消費者金融です。

大手のようなAI審査ではなく、担当者と直接話ができるため、家庭の事情や借り入れの理由などを考慮してもらえます。

学生・主婦・アルバイトの方でも申し込み可能で、他社の審査に落ちてしまった方でも借り入れできる可能性があります。

ただ、審査の際には来店する必要があるため、エイワ店舗がない以下のエリアに住んでいる方は利用できません。

  • 福井県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 高知県
  • 沖縄県

対面審査で話を聞いてもらいたいという方は、まず近くにエイワの店舗があるか探してみましょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>エイワの公式サイトはこちら

フタバは上限金利が17.95%と他の消費者金融より低め

キャッシングのフタバLP

出典:キャッシングのフタバ

審査時間最短30分※1
融資時間最短30分※1
金利(実質年率)14.959%~17.950%
無利息期間最大30日間※2
限度額最大50万円
担保・連帯保証人不要

フタバは上限金利が17.95%と他社より低めなため、できるだけ利息を抑えたいという方におすすめです。

初回契約時には30日間の無利息期間も適用され、より利息を抑えて借り入れできます。

借入限度額が最大50万円と他社と比べて少なめですが、その分借りすぎのリスクを防げるのが特徴です。

ただし、借入金額が10万円未満の場合は上限金利が19.945%と高めになるため、少額融資を希望する場合は他のカードローンを選んだ方が良いでしょう。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:キャッシングのフタバでの契約が初めての方のみ。

>>キャッシングのフタバの公式サイトはこちら

ライフティは1,000円から借り入れできる

ライフティLP

出典:ライフティ

審査時間最短即日※1
融資時間最短即日※1
金利(実質年率)8.0%〜20.0%
無利息期間最大35日間※2
限度額1,000円〜500万円
担保・連帯保証人不要

ライフティは中小消費者金融のなかでは珍しく、セブン銀行ATMと提携しています。

セブン銀行ATMにローンカードを入れれば、最短10秒程で現金を引き出すことが可能です。

振込融資を行なっている中小消費者金融と比べて、借り入れまでの時間がかからないため、すぐに現金が必要な方に適しています。

また、セブン銀行ATMでお金を借りた場合は、利用明細書がその場で発行されるため自宅に届く心配がありません。

借入額は1,000円から設定でき、少額から高額融資まで対応しているのが特徴です。

セブン銀行ATMから手軽に現金を引き出したい方、少額融資を希望する方はライフティの利用を検討してみてください。

注釈

※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。
※2:ライフティでの契約が初めての方のみ。

>>ライフティの公式サイトはこちら

ノーローンは何度でも利用できる無利息サービスあり

ノーローンLP

出典:ノーローン

審査時間最短30分
融資時間最短即日
金利(実質年率)15.0%〜20.0%
無利息期間最大1週間
限度額1万円〜100万円
担保・連帯保証人原則不要

ノーローンは、レイクと同じSBI新生銀行グループが提供している消費者金融です。

レイクと同じように無利息期間サービスが充実しており、借入日から最大1週間利息0円で借り入れできます。

ノーローンの無利息期間は、初回借入時だけでなく何度でも利用できるのが特徴です。

前回借り入れ分を完済できていれば、2回目以降の借入時も最大1週間利息が発生しません。

少額融資を希望する方や、短期間での返済が可能な方は、ノーローンを利用すれば利息を抑えられるでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>ノーローンの公式サイトはこちら

フクホーは郵送物なしで家族にバレにくい

フクホー

出典:フクホー

審査時間最短30分
融資時間最短即日
金利(実質年率)7.3%〜20.0%
無利息期間
限度額5万円〜200万円
担保・連帯保証人原則不要

フクホーは創業から50年以上の歴史がある消費者金融です。

スマホやパソコンから24時間いつでも申し込みでき、来店不要で契約できます。

フクホーはおまとめローンを提供しており、他社借入がある方でも融資を受けることが可能です。

また、フクホーはセブンイレブンで契約書を印刷するシステムを導入しているため、自宅に郵送物が届きません。

家族に内緒で借り入れしたい方も、フクホーであれば安心して使用できるでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>フクホーの公式サイトはこちら

アルコシステムは最短当日中に借入金を振り込んでもらえる

アルコシステムLP

出典:アルコシステム

審査時間最短60分
融資時間最短即日
金利(実質年率)3.0%〜20.0%
無利息期間
限度額最大50万円
担保・連帯保証人原則不要

アルコシステムは振込融資に力を入れている消費者金融で、申し込んだ日のうちに送金してもらえます。

ほとんどの中小消費者金融は、契約書の送付などを行うため、来店での契約でしか最短即日の振込融資には対応してもらえません。

アルコシステムは振込融資を行なった後に書類を送付するため、全国どこにいても即日融資を受けることが可能です。

大手のようにコンビニ銀行ATMなどを利用することはできませんが、その分振込融資のスピードが早い点が魅力といえます。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>アルコシステムの公式サイトはこちら

キャッシングMOFFは年齢制限の上限がなく高齢者でも申し込める

キャッシングMOFF

出典:キャッシングMOFF

審査時間最短30分
融資時間最短即日
金利(実質年率)15.0%〜20.0%
無利息期間
限度額1万円〜100万円
担保・連帯保証人原則不要

キャッシングMOFFは申し込み対象年齢の上限が定められておらず、高齢者の方でも利用しやすいカードローンです。

大半の消費者金融は申し込み対象年齢を69歳までとしていますが、キャッシングMOFFは70歳以上の方でも利用できます。

申し込み時に提出する書類は、身分証明書と収入証明書の2種類です。

身分証明書は住民票だけでも認めてもらえるため、運転免許証や健康保険証がない方でも申し込めます。

消費者金融からお金を借りたいと検討している高齢者の方は、キャッシングMOFFを利用すると良いでしょう。

注釈

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合があります。

>>キャッシングMOFFの公式サイトはこちら

審査が甘い消費者金融はどこ?属性別に借りやすい借入先を紹介

正規の消費者金融は、貸付を行う際に必ず審査を行い申込者に返済能力があるか確認をします。

「審査が不安だからできるだけ甘い消費者金融を選びたい」という方もいるかもしれませんが、審査が甘い消費者金融は存在しません

消費者金融からお金を借りるためには、自分が審査に通過しやすいカードローンを選ぶことが大切です。

本記事では職業や属性別におすすめの消費者金融を紹介します。

自分が該当する項目を確認し、少しでも審査に通過しやすい消費者金融を選ぶようにしてください。

審査落ち不安なら審査通過率が高い消費者金融がおすすめ

審査落ちが不安な方は、審査通過率が高い消費者金融を選びましょう。

審査通過率とは、新規申し込みをした人のなかで契約できた人の割合のことを指します。

「審査通過率が高い=審査に通りやすい」ため、少しでも審査通過の可能性を高めたいるなら、審査通過率が高い消費者金融を選ぶのがおすすめです。

以下に、大手5社の審査通過率をまとめました。

カードローン審査通過率
プロミス36.9%※1
アコム42.3%※2
アイフル36.1%※3
レイク非公表
SMBCモビット非公表

※1:プロミス|SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標(2024年2月)
※2:アコム|マンスリーレポート(2023年10月〜2024年2月)
※3:アイフル|月次データ(2024年2月)

大手5社のなかで、直近の審査通過率が1番高いのは42.3%のアコムでした。

アコムで申し込んだ人のうち、半数近くが契約できていることがわかります。

大手であればどの消費者金融を選んでも大きな差はありませんが、できるだけ審査通過の可能性を高めたい方は、アコムを利用するのがおすすめです。

\WEB完結で借り入れ可能!/

学生は安定した収入があれば申し込み可能

学生でも年齢基準を満たしていてかつ安定した収入があれば消費者金融からお金を借りることは可能です。

以下に学生でも融資を受けられる消費者金融をまとめました。

消費者金融学生の借入申込対象年齢
プロミス満18歳〜74歳
アコム満20歳以上
アイフル満20歳〜69歳
レイク満20歳〜70歳
SMBCモビット満20歳~74歳
ダイレクトワン満20歳〜70歳
ORIX MONEY満20歳〜69歳
メルペイ
スマートマネー
満20歳〜70歳
au PAY
スマートローン
満20歳〜70歳
LINEポケットマネー満20歳〜65歳
ベルーナノーティス満20歳〜80歳

大手消費者金融だけでなく、au PAYスマートローンやLINEポケットマネーなどの新規参入消費者金融も学生への融資に対応しています。

対象年齢は消費者金融ごとに異なりますが、20歳以上であれば学生でも申し込むことが可能です。

ただし、アルバイトなどが収入源の学生は正社員と比べて年収が少ないと判断されるため、高額融資を希望すると審査落ちする可能性があります。

消費者金融からお金を借りる際は、借入希望額を少額に抑えるようにしましょう。

以下に学生が審査に通りやすくなるコツをまとめたので参考にしてください。

学生が消費者金融の審査に通りやすくなるコツ

学生が消費者金融からお金を借りる際のポイントは以下の通りです。

  • 毎月5万円以上の収入を得ている
  • 在籍期間が長いと有利
  • Web完結なら郵送物が届かず親にバレにくい

定期的にシフトが入っていて、毎月5万円以上の収入を得ていれば、収入が安定していると判断され審査に通過しやすいです。

また、在籍期間が長い方が審査に有利なため、アルバイトを掛け持ちしている場合は、在籍期間が長い方の勤務先を報告すると良いでしょう。

もし「親に内緒でお金を借りたい」という場合は、Web完結で借り入れできるアコムやアイフルを選ぶのがおすすめです。

Web上で申し込みから借り入れまで完結できれば、自宅に郵送物が届かないため、親にバレる心配がありません。

パートやアルバイトでも安定した収入があれば借り入れできる

パートやアルバイトでも、安定した収入があり返済能力があることを提示できれば、消費者金融からお金を借りられます。

プロミスの公式サイトを見てみると、パートやアルバイトでも契約できると記載されていました。

アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、審査のうえご契約いただけます。
また、現在お仕事をされている場合、主婦や学生の方も、審査のうえご契約いただけます。

引用:プロミス|よくある質問

3ヶ月以上毎月収入を得ていれば、安定していると判断され返済能力を認めてもらえるでしょう。

一方で、単発アルバイトや在籍期間が1〜2ヶ月のみという方は、安定した収入がないと判断されてしまうため注意が必要です。

必須ではありませんが、直近3ヶ月の収入証明書を提出できるようにしておくと審査に通過しやすくなるでしょう。

本記事で紹介している消費者金融は、すべてパートやアルバイトの方でも申し込み可能です。

ただし、中小消費者金融は「勤続年数1年以上」と条件を定めている場合があります。

勤続期間が短くて審査に通るか不安な方は、パートやアルバイトでも申し込めるプロミスを利用すると良いでしょう。

\在籍確認なし!最短3分で借入可能!/

専業主婦には配偶者貸付に対応している消費者金融がおすすめ

収入のない専業主婦(専業主夫)でも「配偶者貸付」に対応している消費者金融であればお金を借りられます。

配偶者貸付とは、申込者本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば融資を受けられる制度のことです。

通常、収入のない専業主婦は返済能力がないと判断されるため、消費者金融からお金を借りることはできません。

ただし、配偶者貸付に対応している消費者金融なら、自分と配偶者の合計年収の3分の1までお金を借りられます。

配偶者貸付

現在配偶者貸付に対応している消費者金融は「ベルーナノーティスのみ」です。

ベルーナノーティスでは、配偶者の収入証明書を提出することで、自分名義で契約できます。

自分自身に収入がない方も借り入れできますが、配偶者の同意が必要なため夫や妻に内緒で借りることはできません。

専業主婦(専業主夫)で消費者金融からお金を借りたい場合は、まず夫婦間でしっかり話し合いをするようにしましょう。

収入のない無職は消費者金融からお金を借りられない

収入のない無職の方は、返済能力がないため消費者金融からお金を借りることはできません

審査基準は消費者金融ごとに異なりますが、大手でも中小でも申込条件には「安定した収入があること」と明記されています。

年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方です。

※主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。また、収入が年金のみの方はお申込いただけません。

引用:プロミスお申込条件と必要なもの

申込の条件

・LINEポケットマネー加入時の年齢が満20歳から満65歳までの安定かつ継続した収入の見込める方、その他当社が認める方

引用:LINEポケットマネー|申込の条件

当社以外の消費者金融を含め、年収の1/3までお借入が可能です。

(また、当社では、過度の借入から消費者の皆様を守るため、他社でのお借入は4社以内の方が対象です。)

引用:フタバ|お申し込み

審査が柔軟といわれる中小消費者金融でも、安定した収入がなければお金を借りることはできません。

もし、無職でお金を借りたいと考えている場合は、審査なしで融資を受けられる方法や国からの公的支援制度の利用を検討しましょう。

消費者金融を選ぶ6つのポイント!融資時間や金利を比較

消費者金融を選ぶポイント

消費者金融を選ぶ際は、以下のポイントを比較し自分が借り入れしやすいものを選ぶことが大切です。

消費者金融を選ぶ際のチェックポイント

よく調べずに選んでしまうと、利息が高くなってしまったり希望の期日までにお金を借りられなかったりする可能性があります。

利用した消費者金融を選んだ理由について聞いたアンケートでは、「知名度」や「即日融資」を重視している方が多く見られました。

参考:消費者金融の利用状況に関する意識調査

しかし、大手消費者金融だからと言って申し込むと、思ったより金利が高かったり、借り入れ額の上限が低かったりする場合もあります。

「名前が知られている大手なら良いだろう」と知名度の高い消費者金融へ闇雲に申し込むのではなく、よく調べたうえで自分に合う消費者金融を選びましょう。

即日融資を受けたいなら審査時間や融資時間をチェック

「今すぐお金を借りたい」という方は、審査時間や融資時間をチェックしましょう。

消費者金融は即日融資に対応していますが、そのなかでも大手消費者金融は融資スピードが早く、最短60分以内にお金を借りることが可能です。

以下に、申し込みから60分以内に融資を受けられる消費者金融をまとめました。

スクロールできます
消費者金融融資時間審査時間審査対応時間
プロミス最短3分最短3分9:00〜21:00
アコム最短20分※最短20分※9:00〜21:00
アイフル最短18分最短18分9:00〜21:00
レイク最短25分最短15秒9:00〜21:00
(日曜は9:00〜18:00)
ダイレクトワン最短30分最短30分9:00〜18:00
AZ株式会社最短30分最短30分
SMBCモビット最短60分10秒簡易審査9:00〜21:00
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスはWeb申しみであれば最短3分、アコムも申し込みから最短20分という短時間で融資を受けることが可能です。

あまり知られていませんが、消費者金融では審査対応時間が決められているため、今日中にお金を借りたい場合は審査対応時間内に申し込む必要があります。

時間外の申し込み分は審査が翌営業日に回されてしまうため、今すぐお金を借りたいという場合は審査対応時間の終了1時間前までに申し込みを済ませましょう。

ほかにも即日融資を成功させるためのコツがいつくかあるので紹介します。

Web申し込みなら審査時間を短縮できる

消費者金融では以下4種類の申し込み方法が設けられています。

  • Web(公式サイトやスマホアプリ)
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 無人契約機

できるだけ短時間で融資を受けるためには、公式サイトやスマホアプリからWeb完結で申し込みを済ませるのがおすすめです。

Webからの申し込みであれば店頭や契約機に出向く手間がかからず、必要書類もスマホやパソコンからアップロードするだけで完了します。

Web申し込み時に「カードレス」を選択すると、ローンカードが届く前にスマホを利用してお金を借りることも可能です。

また、一部の消費者金融では審査優先サービスを設けており、Web申し込み後にオペレーターに連絡することで順番を待たずに審査を進めてもらえます。

以下に審査優先サービスを行なっている消費者金融をまとめました。

消費者金融審査優先サービス
プロミスWeb申込後の連絡で審査を優先
フリーコール(0120-38-0365)
アコムWeb申込後の連絡で審査を優先
フリーダイヤル(0120-629-215)
アイフルWeb申込後の連絡で審査を優先
フリーダイヤル(0120-109-437)
レイクWeb申込後の連絡で審査を優先
フリーダイヤル(0120-09-09-09)
SMBCモビットWeb申込後の連絡で審査を優先
コールセンター(0120-03-5000)

今すぐお金を借りたいという方は、審査優先サービスを行っている上記の消費者金融をチェックしてみてください。

\在籍確認なし!最短3分で借入可能!/

利息を抑えたいなら無利息期間や金利を確認

利息を抑えたい方は、上限金利や無利息期間を比較して消費者金融を選びましょう。

金利とは、借入金額と合わせて返済しなければならない、レンタル料金のようなものです。

消費者金融では年3.0%~20.0%の金利が定められており、借入金額に合わせて金利が適用されます。

消費者金融で初めて借り入れする場合、上限金利が適用されるケースが大半です。

できるだけ利息を抑えるためには、上限金利が低い消費者金融を選ぶ必要があります。

例えば、上限金利が18.0%のアコムと20.0%のノーローンで10万円を借りた場合、利息には以下のような差が出ます。

消費者
金融
30日間
借入の利息
60日間
借入の利息
90日間
借入の利息
アコム
上限18.0%
1,479円2,958円4,438円
ノーローン
上限20.0%
1,643円3,287円4,931円
差額164円329円493円

上記を見てもわかるように、金利が低い方が利息が少なく済みます。

利息は利息制限法出資法によって規制されているため、膨大な利息を請求されることはありません。

利用者の皆さまの金利負担の軽減を図るため、法律が改正され2010年6月に上限金利が引き下げられました。お借入れの上限金利は、借入金額に応じて年15%~20%となっています。

引用:日本貸金業協会|上限金利について【貸金業界の状況】

膨大な利息になることはありませんが、借入期間が長引くとその分利息も大きくなるため、できるだけ上限金利が低い消費者金融を選ぶことが大切です。

以下に本記事で紹介している消費者金融を、上限金利が低い順に並べました。

消費者金融金利(実質年率)
メルペイスマートマネー3.0%〜15.0%
プロミス4.5%〜17.8%
ORIX MONEY1.5%〜17.8%
dスマホローン0.9%〜17.9%
アコム3.0%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%
レイク4.5%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
au PAYスマートローン2.9%〜18.0%
ダイレクトワン4.9%〜18.0%
ファミペイローン0.8%〜18.0%
LINEポケットマネー3.0%〜18.0%
ベルーナノーティス4.5%〜18.0%
セントラル4.8%〜18.0%
AZ株式会社7.0%〜18.0%
アロー15.0%〜19.94%
エイワ17.9507%〜19.9436%
フタバ14.959%〜19.945%
ノーローン15.0%〜20.0%
フクホー7.3%〜20.0%
いつも4.8%〜20.0%
ライフティ8.0%〜20.0%
キャッシングMOFF15.0%〜20.0%
アルコシステム3.0%〜20.0%

利息は返済期間が長引くほど高額になっていくため、返済に時間がかかりそうな場合は、金利が低いメルペイスマートローンやプロミスを選ぶと良いでしょう。

また、少しでも返済金額を抑えたい場合は、無利息サービスを提供している消費者金融を選ぶのもおすすめです。

無利息期間サービスがあれば利息を抑えられる

消費者金融では「申込日の翌日から30日間無利息」などのサービスを設けている場合があります。

もし無利息期間内に完済できれば、利息は発生せず元金のみの返済で済ませることが可能です。

以下に無利息期間を設けている消費者金融をまとめました。

消費者金融無利息期間
レイク最大180日間
※初回契約日の翌日から
いつも最大60日間
※初回契約日の翌日から
ダイレクトワン最大55日間
※初回借入日の翌日から
ライフティ最大35日間
※初回借入日の翌日から
プロミス最大30日間
※初回借入日の翌日から
アコム最大30日間
※初回契約日の翌日から
アイフル最大30日間
※初回契約日の翌日から
フタバ最大30日間
※初回契約日の翌日から
セントラル最大30日間
※初回契約日の翌日から
ベルーナノーティス最大14日間
(何度でも利用可能)
※初回借入日の翌日から
ノーローン最大1週間
(何度でも利用可能)
※初回借入日の翌日から

上記のなかでもレイクは無利息サービスが充実しており、30日間・60日間・180日間の3種類から選択することが可能です。

またベルーナノーティスやノーローンは、完済できれば何度でも無利息期間が適用されるため、借り入れを繰り返しそうな方に適しています。

無利息期間は「契約日の翌日から適用」としている消費者金融もあれば「初回借入日の翌日から適用」としているところもあります。

無利息期間を無駄にしたくないのであれば「初回借入日の翌日から適用」の消費者金融を選ぶのがおすすめです。

プロミスは上限金利が17.8%と消費者金融のなかでは低く、さらに初回借入日から30日間無利息で借り入れできるため、利息を抑えられます。

消費者金融でできるだけ利息を抑えて借り入れしたい方は、プロミスを利用するのがおすすめです。

\在籍確認なし!最短3分で借入可能!/

家族にバレたくないなら郵送物なしの消費者金融がおすすめ

家族に内緒で借り入れしたい場合は、自宅への郵送物がない消費者金融を選ぶのがおすすめです。

消費者金融でお金を借りるとローンカードや利用明細書が自宅に送られてくるため、郵送物を見られて家族にバレてしまうことがあります。

ただ、カードレスやWeb完結に対応している消費者金融であれば、自宅に郵送物が届かず家族に内緒で借り入れすることが可能です。

以下に郵送物なしに対応している消費者金融をまとめました。

スクロールできます
消費者金融郵送物なしカードレスWeb完結
アコム
アイフル
レイク
SMBCモビット
プロミス
au PAY
スマートローン
ORIX MONEY
ダイレクトワン×
dスマホローン
ファミペイローン
LINEポケットマネー
メルペイ
スマートマネー
アロー
いつも×
エイワ×
AZ株式会社
アルコシステム×

家族に内緒で借り入れしたいという方は、上記の消費者金融をチェックしてみてください。

会社の人にバレたくないなら在籍確認なしの消費者金融を選ぶ

会社の人にバレたくない場合は、電話での在籍確認がない消費者金融を選ぶのがおすすめです。

消費者金融でお金を借りる場合、記載された勤務先に申込者が本当に在籍しているか確認するため、電話連絡での在籍確認が行われます。

自分自身が電話に出られれば問題ありませんが、会社の人が対応した場合、借り入れがバレてしまう可能性があります。

一部の消費者金融では、在籍確認書類を提出することで、電話連絡をなしにすることが可能です。

以下に電話連絡なしで借り入れできる消費者金融をまとめました。

消費者金融電話連絡なし
アコム
アイフル
レイク
SMBCモビット
プロミス
ダイレクトワン
dスマホローン
ファミペイローン
メルペイスマートマネー

上記の消費者金融は電話連絡なしを公表しているため、会社の人にバレずに借り入れすることが可能です。

電話での在籍確認が必要な消費者金融も、事前に相談することで電話連絡の時間を指定できたり個人名で連絡してくれたりなど考慮してくれる場合もあります。

アコムは原則電話での在籍確認を実施しておらず、もし電話連絡が必要な場合も事前に報告した上で電話をかけてくれます。

周りの人にバレたくないという方は、電話連絡を避けられるアコムを選ぶのがおすすめです。

\WEB完結で借り入れ可能!/

借りやすさを重視するならスマホアプリ対応の消費者金融がおすすめ

契約後もバレずに借り入れしたい方や、借りやすさを重視したい方はスマホアプリに対応している消費者金融を選ぶのがおすすめです。

消費者金融が提供している公式アプリを利用すれば、24時間365日いつでもスマホひとつで借り入れできます。

スマホだけで全てのサービスを利用できるため、誰にも見られずに融資を受けることが可能です。

以下にスマホアプリに対応している消費者金融をまとめました。

スクロールできます
消費者金融スマホアプリスマホATM
アコム
アイフル
レイク
SMBCモビット
プロミス
au PAY
スマートローン
ORIX MONEY
dスマホローン×
ファミペイローン×
LINEポケットマネー
メルペイ
スマートマネー
×

手軽に現金を引き出したいという方は、スマホATMに対応しているかどうかも確認しましょう。

スマホATMとは、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMのQRコードをスマホで読み込むことで、カードレスで現金を引き出せるサービスです。

スマホアプリに対応している消費者金融でも、スマホATMには対応していない場合があるため事前に確認しましょう。

また、dスマホローンやファミペイローンは、電子マネーの残高チャージとして借り入れすることが可能です。

普段からキャッシュレス決済を利用している方は、電子マネーとして借り入れできる消費者金融を選ぶと便利でしょう。

すでに借入があるならおまとめローンや借り換えローンを検討

すでに他社から借り入れをしているという方は、おまとめローンや借り換えローンの利用を検討しましょう。

おまとめローンと借り換えローンは総量規制対象外に該当するため、年収の3分の1以上の金額を借り入れることが可能です。

そのため、年収の少ない方やすでに他社借入がある方でも利用できる可能性があります。

おまとめローンと借り換えローンの特徴を解説します。

おまとめローンは複数社から借り入れしている方におすすめ

おまとめローンの特徴
  • 複数社からの借入を一本化する
  • 返済日を1日にまとめられる
  • 利息が少なくなる可能性がある

おまとめローンとは、複数の借入を一本化するローンのことです。

例えば、A社から50万円・B社から80万円を借りている方が、C社のおまとめローンで130万円を借り入れるとします。

C社からの借入金をA社・B社の返済に充てると、残りはC社の返済に集中することが可能です。

おまとめローン

おまとめローンを利用すると、借り換え前より金利が低くなるため、利息を減らせるというメリットがあります。

また、それぞれの借入先の返済日が異なる場合、おまとめローンを利用することで返済日を管理しやすくなるのも特徴です。

以下におまとめローンを提供している消費者金融をまとめました。

消費者金融商品名
プロミスおまとめローン
アコム借り換え専用ローン
(おまとめローン)
アイフルおまとめMAX
レイクおまとめローン
SMBCモビットおまとめローン

すでに複数社から借入があるという方は、おまとめローンの利用を検討してみましょう。

借り換えローンは既存の借入より金利を下げたい方におすすめ

借り換えローンの特徴
  • 今の借入先より低金利の消費者金融で借り換える
  • 利息が少なくなる可能性がある

今ある返済に苦労している方は、借り換えローンを利用して利息を軽減するのがおすすめです。

例えば、現在20.0%の金利で借り入れしている場合、18.0%の金利のローンに借り換えることで支払う利息を軽減できます。

借り換えローン

以下におすすめの借り換えローンをまとめました。

消費者金融商品名
アコム借り換え専用ローン
(おまとめローン)
アイフル借り換えMAX

借り換えローンもおまとめローン同様、総量規制対象外となるため年収の3分の1以上の借り入れが可能です。

ただし、借り換えローンも返済専用となるため、新たに借り入れできなくなる点に注意しましょう。

今ある返済に集中したいという方は、おまとめローンや借り換えローンの利用を検討してみてください。

そもそも消費者金融とは?個人向けの小口融資を行う貸金業者

消費者金融とは、貸金業法に基づいて個人向けに小口融資を行っている貸金業者のことです。

借りたお金を自由に使えるため「生活費が足りない」「冠婚葬祭で急な出費が発生した」などさまざまな理由で借り入れできます。

消費者金融の特徴は以下の通りです。

消費者金融の特徴
  • 借りたお金を自由に使える
  • 最短即日でお金を借りられる
  • 連帯保証人や担保が不要
  • Webのみで手続きを完結できる
  • 周りに内緒で借り入れしやすい

カードローンには、消費者金融のほかに「信販/クレジット系」「銀行系」などがありますが、担保や保証人不要で即日融資を受けられるのは消費者金融だけです。

「消費者金融は違法業社ではないの?」と勘違いしている方もいるかもしれませんが、金融庁から許可を得て営業している正規の貸金業者のため安心して利用できます。

貸金業法を厳守している消費者金融はヤミ金ではない

プロミスやアコムなどの消費者金融は、財務局長または都道府県知事から許可を得て営業している正規の貸金業者のため「ヤミ金」や「違法業者」ではありません。

大手消費者金融だけでなく、本記事で紹介している消費者金融はすべて貸金業者登録を行っている正規の業者です。

貸金業者登録を行っている消費者金融は、貸金業法を遵守しているため、違法な金利設定にしたり取り立てしたりすることはありません

反対に、許可を得ずに営業している業者は「ヤミ金」「違法業者」にあたり、法外な対応を行う可能性があるため注意が必要です。

下記はアイフルの貸金業者登録番号です。

アイフル 登録番号

出典:アイフル

正規の貸金業者は、公式サイトに貸金業登録番号を記載することが義務付けられているため、公式サイトを確認することでヤミ金ではないことを判断できます。

ただし、架空の登録番号を記載しているヤミ金や違法業者もあるため、本当に正規の業者なのか「登録貸金業者情報検索サービス」で確認することが大切です。

消費者金融で借りられる金額は総量規制で決められている

消費者金融は総量規制の対象となり、貸付上限額を「年収の3分の1まで」と定められています。

総量規制とは?

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用:日本貸金業協会総量規制について

例えば年収が300万円の方の場合、消費者金融から借りられるのは100万円までです。

総量規制

消費者金融に申し込む際に、総量規制以上の借り入れを希望すると審査落ちしてしまうため注意が必要です。

すでに他社借入がある場合は、追加の借入希望額が既存の借入額と合わせて総量規制を超えてしまわないか確認する必要があります。

ただし、消費者金融のなかでもおまとめローンや借り換えローンは総量規制対象外となるため、年収の3分の1以上借り入れることが可能です。

借入希望額が50万円以下なら収入証明書なしで借りられる

消費者金融では、審査の際に収入証明書の提出を求めている場合があります。

例えば、プロミスでは「利用限度額が50万円を超える場合」「他社との合計借入額が100万円を超える場合」は収入証明書の提出が必要としています。

・プロミスのご利用限度額が50万円を超える方
・プロミスのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計が100万円を超える方
・ご提出いただいた収入証明書類の発行日から3年以上が経過した方

引用:プロミス|必要書類

収入証明書として提出できる書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 給与の支払明細
  • 年金通知書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書など

収入証明書を取得するためには、役所に出向いたり勤務先に依頼したりなど手間がかかります。

また、働き始めの方や転勤したばかりの方などは、収入証明書を発行してもらえないこともあるでしょう。

どうしても収入証明書の提出ができない場合は、借入希望金額を50万円以下に設定するのがおすすめです。

プロミスの例を見てわかる通り、収入証明書の提出が必要なのは「借入希望額が50万円を超える場合」で、50万円以下であれば収入証明書なしで借り入れできます

今すぐお金を借りたいけれど、収入証明書をすぐに準備できないという方は、借入希望金額を50万円以下に抑えましょう。

消費者金融の審査で見られる5つのポイント

消費者金融の審査基準は明確にされていませんが、主に以下5つのポイントを確認されます。

消費者金融の審査で見られるポイント

審査に通過するためには、審査ポイントを事前に把握し対策しておくことが大切です。

ここからは、消費者金融の審査で確認されるポイントを解説するのでぜひ参考にしてください。

安定した収入がなければ審査落ちしてしまう

消費者金融では「安定した収入があるかどうか」を確認しています。

安定した収入がなければ返済できず、申込者が多重債務に追い込まれたり、返済されずに貸付側が貸し倒れてしまうリスクがあるからです。

収入の安定性を確認するためにチェックされるポイントは以下の2点です。

  • 収入が毎月継続して入ってくる
  • 収入額が安定している

まず確認されるのが「毎月継続的に収入が入ってくるかどうか」です。

例えば、正社員の場合は毎月決まった日に給料が支払われるため、継続的に収入があると判断されます。

一方で、アルバイトや個人事業主の場合「1月は収入あり、2月は収入なし」など、収入が安定して入らない可能性があるため審査落ちしやすくなります。

また「収入額が安定しているかどうか」も確認されるポイントです。

正社員の場合は毎月一定の給料が支払われるため、収入額が安定していると判断されます。

しかし、アルバイトや個人事業主は「1月は20万円、2月は15万円」など収入額が安定しないため、審査落ちする可能性が高いです。

消費者金融の審査に通過するためには、毎月一定額の収入があることが重要なポイントといえます。

他社借り入れがあると審査に通りづらい

消費者金融の審査では、他社借入があるかどうかも審査されます。

すでに複数社から借入がある場合「よほどお金に困っているのでは?」「能才能力がないかもしれない」と判断される可能性があります。

消費者金融は貸したお金を返済して貰わなければ営業を続けられないため、返済能力のない人には貸付を行いません。

そのため、他社借入が多い人は審査落ちしやすいのが特徴です。

他社借入がある場合はおまとめローンや借り換えローンを利用して返済に集中しましょう。

また、消費者金融では総量規制により、年収の3分の1を超える貸付を行ってはならないと義務付けられています。

もし、総量規制に近い金額を借りている場合は、より審査落ちしやすくなってしまうため注意が必要です。

金融事故の履歴があると借り入れできない

過去に金融事故の履歴がある方は、審査に通らない可能性が高いです。

金融事故とは、カードローンやクレジットカードの返済の延滞や、自己破産や債務整理などのことを指します。

これらの履歴は、CICJICCなど信用情報機関に保管されています。

消費者金融は、審査の際に信用情報機関で信用情報を照会し、申込者に金融事故の履歴がないか確認を行います。

金融事故の履歴は5〜10年程保管されるため、過去10年以内に金融事故の履歴がある場合は、消費者金融からお金を借りられないと把握しておきましょう。

会社への在籍確認で本当に勤務しているか確認される

消費者金融では、申込者に安定した収入があるか判断するために、会社への在籍確認を行います。

申込情報に記載された会社に在籍していれば、安定した収入があると判断できるからです。

在籍確認は、以下2種類のいずれかの方法で行われます。

  • 会社への電話連絡
  • 氏名と会社名が記載された書類の提出

在籍確認ができないと収入の安定性を判断できないため、審査が遅れたり審査落ちしてしまったりする可能性があります。

電話での在籍確認は必ずしも本人が対応しなければならないわけではなく、他の人が対応しても「〇〇は今席を外しています」など申込者が在籍していることが確認できれば完了します。

消費者金融「〇〇さんはいらっしゃいますか?」
会社の人「〇〇は今席を外しています。」
※在籍確認完了

もし、在籍確認に対応できずにいると審査が止まったままになってしまうため注意が必要です。

申し込み内容に誤りや虚偽申告があると審査落ちする

消費者金融の審査は、申込情報に記載された内容をもとに行われます。

申込内容に誤りや虚偽申告があると、正しい情報を確認しなければならないため審査に遅れが生じます。

氏名や生年月日などの個人情報はもちろん、社名・電話番号・メールアドレスなどに誤りがないように記載することが大切です。

また、審査落ちが不安だからと、年収や勤続年数に嘘の情報を記載するのはやめましょう。

虚偽申告をすると「嘘の情報を記載した信頼できない人」と判断され、信用情報に傷がついてしまう可能性があります。

今回の審査に通過できないだけでなく、その後の借入にも大きな影響が出る可能性があるため、正しい情報を記載することが大切です

消費者金融と銀行カードローンの違いとは?金利や融資時間を比較

カードローンには消費者金融のほかに、銀行カードローンが存在します。

銀行カードローンは銀行が提供している商品のため、消費者金融とはサービス内容が異なります。

以下に消費者金融と銀行カードローンの主な違いをまとめました。

特徴消費者金融銀行カードローン
法律貸金業法銀行法
審査時間最短20分程度最短即日
融資時間最短20分程度最短即日
金利3.0%~20.0%1.5%~15.0%
無利息期間ありなし
土日の借入可能不可能
総量規制対象対象外

消費者金融と銀行カードローンはそれぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合う借入先を選ぶことが大切です。

ここからはそれぞれの違いを詳しく解説するのでチェックしてみてください。

遵守している法律が異なる

消費者金融カードローンは「貸金業法」、銀行カードローンは「銀行法」に基づいて運営しています。

これらの大きな違いは、総量規制の対象となるかどうかです。

貸金業法を遵守している消費者金融は、総量規制の対象となるため年収の3分の1までしか貸付を行えません。

一方で、銀行は総量規制対象外となるため、法律上は貸付上限額が定められていないのです。

銀行カードローンでは総量規制を超える融資を受けられます。

ただし、銀行も2017年に審査が厳格化されたことにより、自主規制を行い貸付は「年収の2分の1まで」と定めているケースが増加しました。

それでも、消費者金融と比べると総量規制以上の金額を借りやすいのが特徴です。

即日融資を受けられるのは消費者金融のみ

即日融資に対応しているのは消費者金融のみです。

消費者金融も銀行カードローンも審査基準は明確にされていませんが、銀行の方が審査に時間がかかる傾向があります。

理由は、銀行カードローンは審査の際に警視庁のデータベースで申込者の情報を調べなければならないからです。

この調査に早くても1日程度かかるため、銀行カードローンは即日融資に対応できません。

以下に銀行カードローンの融資時間をまとめました。

銀行カードローン融資時間
三井住友銀行
カードローン
最短当日
三菱UFJ銀行
カードローン
「バンクイック」
最短1週間程度
みずほ銀行
カードローン
最短1週間程度
住信SBIネット銀行
カードローン
最短1週間程度

三井住友銀行のように即日融資に対応しているものもありますが、大半の銀行カードローンは早くても翌日以降、場合によっては1週間程度かかる場合もあるため注意が必要です。

消費者金融より銀行カードローンの方が金利が低め

融資に時間がかかる銀行カードローンですが、消費者金融より金利が低いというメリットがあります。

消費者金融の上限金利は18.0%前後ですが、銀行では13.0%〜15.0%前後に設定されています。

銀行カードローン金利(実質年率)
三井住友銀行
カードローン
1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行
カードローン
「バンクイック」
1.8%〜14.6%
みずほ銀行
カードローン
2.0%〜14.0%
楽天銀行
スーパーローン
1.9%〜14.5%

わずかな差のように感じますが、借入期間が長くなるとその分利息に大きな差が出ます。

銀行カードローンは無利息期間がありませんが、高額融資を希望する方や返済が長期化しそうな方は、できるだけ利息を抑えるためにも銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

銀行カードローンは郵送物や在籍確認があるためバレやすい

銀行カードローンは、消費者金融と比べて周りの人にバレやすいというデメリットがあります。

バレやすい理由は以下の通りです。

  • 自宅への郵送物をなしにできない
  • 電話での在籍確認が行われる

銀行カードローンは、利用明細書などが自宅に郵送されるため、書類などを見られることで家族にバレる可能性があります。

また、銀行では電話での在籍確認を実施しており「Web申し込みにしたら回避できる」といったケースがありません。

電話での在籍確認が行われるため、企業が休業している土日祝日は審査が止まってしまう点もデメリットです。

周りの人にバレずに借り入れしたい方、土日祝日に融資を受けたい方は消費者金融を選んだ方が良いでしょう。

消費者金融なら最短即日で借り入れできる

おすすめの消費者金融カードローン24選を紹介しました。

消費者金融とは、貸金業法にも続いて運営している正規の貸金業者です。

金利や貸付上限額などが法律に従って定められているため、借入することで法外な利息を求められる心配はありません。

消費者金融は数多く存在し、それぞれ融資スピード・金利・サービスなどが異なります。

大手消費者金融を選んでおけば間違いありませんが、自分の状況に合わせてより適切な消費者金融を選ぶことが大切です。

お金を借りたいと検討している方は、本記事を参考に自分に合うカードローンを探してみてください。

\WEB完結で借り入れ可能!/

目次