PR

カードローンは危険性がある?デメリットや問題点などについて解説します

カードローンに危険性はある?申込前に知るべきデメリットと借金依存を防ぐ使い方のアイキャッチ

カードローンは、手軽にお金を借りられる便利な金融サービスですが、その一方で危険性やデメリットも存在します。カードローンを利用する際は、これらの問題点を十分に理解し、適切に利用することが重要です。

本記事では、カードローンの危険性やデメリットについて詳しく解説します。

まず、カードローンの高金利による返済負担の増加や、借り過ぎによる多重債務の問題を取り上げます。また、審査の甘さから信用情報に傷がつくリスクや、無計画な利用による生活苦についても説明します。

さらに、カードローンの問題点を踏まえた上で、賢く利用するためのポイントや注意点についても紹介します。

カードローンを検討している方や、すでに利用している方は、ぜひ本記事を参考にして、安全で適切なカードローンの利用を心がけましょう。

目次

カードローンに危険性があると言われる理由

カードローンに危険性があると言われる理由に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

カードローンに危険性があると言われる理由
  • 簡単に借入ができるため気づかないうちに借金が膨れてしまうことがある
  • 金利が高く毎月の返済額が少ないと一向に残債が減らない
  • 返済が滞ると信用情報に傷がつき各種ローン等が組みづらくなる
  • 希望金額以上に利用上限が設定されるとついつい使ってしまう

それぞれ詳しく解説していきます。

簡単に借入ができるため気づかないうちに借金が膨れてしまうことがある

カードローンは、その利便性の高さから、気軽に借入ができるという特徴があります。

しかし、この手軽さゆえに、借入額が知らず知らずのうちに増えてしまい、気づいた時には返済が困難な状況に陥ってしまうケースが少なくありません

この手軽さから、本当に必要な理由がなくても、ついつい借入をしてしまいがちです。また、一度借入をすると、その返済のために再度借入をするという悪循環に陥ることもあります。

しかし、手軽に借入ができるため、返済額の増加に気づかないまま、借入を繰り返してしまうことがあるのです。気づいた時には、収入では返済が難しいほどの借金を抱えてしまっているということも珍しくありません。

カードローンを利用する際は、安易な借入は避け、本当に必要な時だけ、計画的に利用することが大切です。借入額が増えすぎないよう、定期的に借入状況を確認し、返済計画を立てることが重要となります。

カードローンの利便性に惑わされることなく、適切な借入と返済を心がけることが、カードローンの危険性を回避するためのポイントと言えるでしょう。

ふるさと本舗 カードローン編集部

カードローンは住宅ローンやマイカーローン等と比べて金利が非常に高く、50万円未満の借入時には15%~18%程が金利相場となります。

仮に20万円を金利18%で借入し、3年で完済した場合の支払総額は260,280円にもなります。

金利が高く毎月の返済額が少ないと一向に残債が減らない

カードローンの金利は、他の目的別ローンと比べると高めに設定されています

例えば、住宅ローンの金利は1~2%程度、自動車ローンでも2~5%程度ですが、カードローンの金利は4~18%程度と幅があるものの、平均的に10%以上の金利となっています。

高い金利に加えて、毎月の返済額を最低返済額に設定していると、支払った返済額のほとんどが利息の支払いに充てられ、元金(借入金残高)がなかなか減らないという事態に陥ります。

カードローンの利息は借入残高に対して日割りで発生するため、返済期間が長引けば長引くほど、支払う利息の総額も増えていきます。

このように、カードローンを計画的に返済していかないと、金利負担が重くのしかかり、いつまでたっても借金地獄から抜け出せなくなってしまいます

カードローンを利用する際は、なるべく余裕のある返済プランを立てて、できるだけ早期の完済を目指すことが重要です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

20万円を金利18%で借入し、3年で返済した際の総額は約26万円です。これを1年で返済した場合には約22万円と返済総額に大きな差が生まれます。

返済が滞ると信用情報に傷がつき各種ローン等が組みづらくなる

カードローンは、利用者の信用情報に大きく影響を与える金融商品です。

返済が滞ると、信用情報機関に延滞情報が登録され、信用スコアが下がってしまいます。信用スコアは、住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードの審査などで重要視されるため、返済の遅れは将来的な資金調達に大きな影響を及ぼします

また、延滞が長期化すると、法的な債務整理手続きを取らざるを得なくなる可能性もあります。任意整理や個人再生、自己破産などの手続きを行うと、信用情報に長期間(最大10年)の傷がつき、新たな借り入れが非常に難しくなります。

カードローンは、利便性が高い反面、返済の遅れが信用情報に与える影響が大きいことを理解しておく必要があります。

計画的な借り入れと確実な返済を心がけ、信用情報を守ることが重要です。もし返済が難しくなった場合は、早めに貸金業者に相談し、解決策を探ることをおすすめします。

ふるさと本舗 カードローン編集部

事故付きの延滞歴は基本的に5年間もの間、信用情報に記録されます。

希望金額以上に利用上限が設定されるとついつい使ってしまう

カードローンの利用上限額は、申込時の希望金額よりも高く設定されることがよくあります。

例えば、50万円の借入を希望していたにもかかわらず、審査の結果、100万円や200万円といった高い上限が設定されるケースです。一見、自分の信用度が高いように感じられ、嬉しく思うかもしれません。

しかし、この高い上限設定が、カードローンの危険性の一つとなります。手元に多額の借入枠があると、つい必要以上にお金を使ってしまいがちです。

特に、自己管理能力が弱かったり、衝動買いをしてしまう傾向がある人は要注意です。気づいたときには、利用上限いっぱいまで借金が膨らんでいた、なんてことにもなりかねません。

カードローンの危険性に関するよくある間違い

カードローンの危険性に関するよくある間違いに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

カードローンの危険性に関するよくある間違い
  • 消費者金融=ヤミ金ではない!財務局に登録の上で営業をしている
  • 正規の消費者金融では怖い人が取り立てにきたり嫌がらせをされるなんてことはない
  • 「10日で5割」など法外な金利で利息を求められることはない

それぞれ詳しく解説していきます。

消費者金融=ヤミ金ではない!財務局に登録の上で営業をしている

消費者金融とヤミ金は全く別物であり、混同してはいけません

消費者金融は貸金業法に基づき、各都道府県の財務局に登録した上で営業を行っている合法的な金融機関です。一方、ヤミ金は無登録で違法な高金利の貸出を行う悪質な業者を指します。

消費者金融は法律で定められた上限金利(現在は年率20%)を守り、取立ての方法も規制されています。万が一、返済が滞った場合でも、脅迫まがいの取り立てが行われることはありません

これに対し、ヤミ金は年率数百%という法外な金利を課し、暴力的な取り立てを行うことで知られています。

以上のように、消費者金融とヤミ金は全くの別物です。消費者金融をカードローンの選択肢の一つとして検討する際は、財務局への登録状況を確認することが重要です。

正規の消費者金融であれば、ホームページ等で登録番号を公開しているので、安心して利用することができるでしょう。カードローンの利用にあたっては、正しい知識を持つことが何より大切です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

各社ホームページの下部に財務局や協会の登録番号が記載されているので、不安になった場合は是非チェックしてみてください。

貸金業法は年々厳格化されており昔のように不当な金利で請求されること等は無い

2006年の貸金業法改正以降、消費者金融を取り巻く環境は大きく変化しました。

かつては年利29.2%という高金利が上限とされていましたが、改正により上限金利は20%に引き下げられ、さらに2010年には上限金利が15~20%の範囲内で定められるようになりました。

また、貸金業者に対する規制も強化され、財務局への登録が義務付けられたほか、取立行為に関しても厳しく制限されるようになりました

過去には、無理な取り立てを行う悪質な業者が存在したものの、現在ではこうした行為は法律で禁止されており、もし違反すれば行政処分や刑事罰の対象となります。さらに、借り手の返済能力を超える貸付を防ぐため、総量規制が導入されました。これにより、年収の3分の1を超える貸付は原則禁止となっています。

こうした一連の法改正により、消費者は以前に比べてはるかに保護された環境で借入を行えるようになったのです。

もちろん、闇金融などの違法業者は現在でも存在しますが、財務局の登録を受けて営業している消費者金融は、これらとは明確に異なります

正規の消費者金融では怖い人が取り立てにきたり嫌がらせをされるなんてことはない

カードローンを利用する際に、「借金をすると怖い取り立て屋が来るのでは?」と不安に感じる方もいるかもしれません。しかし、正規の消費者金融会社を利用する限り、そのような心配は全くありません。

正規の消費者金融会社は、貸金業法という法律に基づいて営業しています。この法律では、取り立てに関する厳しいルールが定められており、暴力的な取り立てや嫌がらせは固く禁じられています。仮に法律に違反するような行為があれば、消費者金融会社は行政処分を受けたり、営業停止に追い込まれたりするリスクがあります。

「10日で5割」など法外な金利で利息を求められることはない

カードローンを利用する際、「10日で5割」といった法外な金利で利息を求められるのではないかと不安に感じる方もいるかもしれません。しかし、実際にはそのような高金利での貸し付けは法律で禁止されています。

2006年に改正された貸金業法により、カードローンを含む消費者金融の上限金利は年率20%と定められました。これは「みなし弁済」という例外規定を適用した場合でも、年率36.5%を超えることはできません。

つまり、10日で5割などという法外な金利が適用されることは現在の法律上ありえないのです

また、仮に違法な高金利での貸し付けが行われたとしても、借主は超過分の利息について返済する必要はありません。このように、カードローンの利用者は法律によって保護されているため、「10日で5割」といった法外な金利を恐れる必要はないでしょう

ただし、年率20%という上限金利は他の借入れと比べると高めに設定されています。返済計画をしっかりと立てて、無理のない借入れを心がけることが重要です。

カードローンを利用する際に気を付けるべきポイント

カードローンを利用する際に気を付けるべきポイントに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

カードローンを利用する際に気を付けるべきポイント
  • 必要以上に借入を行わない
  • 50万円以下の融資時には最大金利が適用されることを前提に考える
  • 毎月の返済額・返済期間・返済総額を事前に把握しておく
  • なるべく低金利のカードローンを選ぶ
  • 金銭的に余裕が出た時は繰り上げ返済を行う

それぞれ詳しく解説していきます。

必要以上に借入を行わない

カードローンは、利用限度額の範囲内であれば、繰り返し借入ができる便利な商品です。

しかし、その利便性ゆえに、必要以上の借入を行ってしまうリスクがあります。借入額が増えるほど、毎月の返済額も増加し、家計を圧迫してしまう恐れがあります

また、借入額が年収の3分の1を超えると、総量規制の対象となり、新たな借入ができなくなるため注意が必要です。カードローンを利用する際は、本当に必要な金額のみを借り入れ、計画的に返済していくことが重要です。まずは返済シミュレーションを行い、無理のない返済プランを立てましょう。

収入に見合った借入額に抑え、安易に借金に頼らない生活習慣を身につけることが、カードローンを安全に利用するためのポイントと言えるでしょう。

返済が難しくなった場合は、早めに金融機関に相談し、返済方法の見直しを検討することも大切です。

50万円以下の融資時には最大金利が適用されることを前提に考える

カードローンを利用する際、借入金額が50万円以下の場合は利息制限法により最大金利18.0%が適用されます。そのため、50万円以下の少額の借入れであっても、金利負担は高くなりがちです。

例えば、50万円を年利18.0%で借りた場合、1年間の利息は約9万円にもなります。返済期間が長引けば、その分利息の総額も大きくなっていきます。

したがって、50万円以下の借入れを検討する際は、この最大金利が適用されることを念頭に置き、無理のない返済計画を立てることが重要です

また、金利負担を少しでも抑えるために、利用限度額が50万円を超えるカードローンを選ぶのも一つの方法です。利用限度額が高いと、50万円以下の借入れでも金利が18.0%より低く設定されている場合があります。

ただし、利用限度額が高いからといって必要以上に借り入れるのは避けましょう。くれぐれも計画的な利用を心がけ、金利負担とのバランスを考えながら賢くカードローンを活用することが大切です。

毎月の返済額・返済期間・返済総額を事前に把握しておく

カードローンを利用する際、借入金額や金利だけでなく、毎月の返済額、返済期間、そして返済総額を事前に把握しておくことが非常に重要です。

借入金額と金利から計算される毎月の返済額が、自分の収入から無理なく支払える範囲内であるかを確認しましょう。無理のある返済計画を立ててしまうと、返済が滞る可能性が高くなります

また、返済期間が長くなるほど、支払う利息の総額も増えていきます。短期間で返済できる借入額を設定することで、無駄な利息の支払いを避けることができます。

返済総額は、借入金額と利息の合計になります。返済総額を事前に把握しておくことで、カードローンを利用することによる経済的な負担を正確に理解することができます。

カードローンの審査時に提示される返済プランは、あくまで一例です。自分の収入や支出を踏まえて、無理のない返済プランを立てることが重要です

返済額、返済期間、返済総額を事前に把握し、計画的にカードローンを利用することで、借金が膨らみ過ぎるリスクを軽減できます。これらの点に注意して、賢くカードローンを活用しましょう。

なるべく低金利のカードローンを選ぶ

カードローンを利用する際は、金利の低さにも注目しましょう。金利が低ければ、利息の負担を抑えることができます。一般的に、銀行系カードローンは消費者金融系と比べて金利が低い傾向にあります

ただし、銀行カードローンは審査が厳しく、融資までに時間がかかる場合があります。一方、消費者金融は金利が高めですが、審査のハードルは比較的低く、即日融資にも対応しているところが多いです。

自分の状況に合わせて、金利の低さと利便性のバランスを考えてカードローンを選ぶことが大切です。

また、無利息期間のサービスを活用するのもおすすめです。消費者金融の中には、初回利用から30日間などの無利息期間を設けているところがあります。上手に活用すれば、利息の負担をかなり抑えられる可能性があります。

金利は返済総額に大きく影響するので、なるべく低金利のカードローンを利用するのが賢明です。ただし、金利の低さだけでなく、自分の状況に合ったサービスを総合的に判断して選ぶことが肝心です。

100万円以下の借入の場合はJCB CARD LOAN FAITHがおすすめ

カードローンを利用する際、借入金額が100万円以下の場合は、JCB CARD LOAN FAITHがおすすめです。

JCB CARD LOAN FAITHの魅力は、何といっても低金利であることです。実質年率は4.0%~12.0%と非常に低く設定されています

また、JCB CARD LOAN FAITHには、初回借入時に30日間無利息サービスが適用されるという特典もあります。これにより、借入後すぐに返済を始められない場合でも、利息の負担を抑えることができます。

さらに、WEB完結申込みに対応しているため、来店不要で申込みから借入まで完了できる点も便利です。在籍確認の電話も不要なので、周囲に知られずに手続きを進められるのもメリットといえるでしょう。

金銭的に余裕が出た時は繰り上げ返済を行う

カードローンを利用する際、借入金額や返済期間に応じて毎月の返済額が決まります。

しかし、ボーナスの支給や臨時収入などで金銭的な余裕ができた場合、繰り上げ返済を行うことをおすすめします。繰り上げ返済とは、通常の返済に加えて追加の返済を行うことで、借入金残高を早期に減らすことができる方法です。

繰り上げ返済を行うメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は、借入金残高が減ることで支払う利息の総額を抑えられること。2つ目は、返済期間を短縮できることです。カードローンは利用残高に対して利息が発生するため、残高が少なくなるほど支払う利息も減ります

また、計画的に繰り上げ返済を行えば、返済期間を当初の予定よりも短くすることができ、結果的に利息の支払いを大幅に節約できます。

ただし、カードローンの中には繰り上げ返済に対して手数料を設定しているものもあるため、事前に確認しておくことが大切です。また、無理のない範囲で繰り上げ返済を行うことも重要です。

無利息期間内になるべく返済を多く行おう

カードローンには無利息期間が設定されていることが多く、この期間内に借入金を完済できれば利息は一切かかりません。無利息期間は通常30日~60日程度ですが、会社によって異なります。

この無利息期間を有効活用するには、期間内に可能な限り多くの返済を行うことが賢明です。例えば、給与日の直後に一括返済するなどの対策をとれば、利息の発生を最小限に抑えられます。

一方で、無理のない範囲内での返済が重要です。生活費を切り詰めすぎて返済に注力し、次の借入を招いてしまっては元も子もありません。計画的な返済を心がけましょう。

また、無利息期間終了後は高利の利息が発生するため、できるだけ早期の完済を目指すべきです。利息の発生を抑えるため、収入の一部を返済に充てる習慣をつけることをおすすめします。

カードローンを利用する前に公的融資制度が使えないか検討しよう

カードローンは便利な一方で、過剰な借り入れや返済遅延のリスクがあります。そのため、借り入れ前に公的融資制度の利用を検討することが賢明です。

公的融資制度とは、国や自治体が低所得者や高齢者、障害者などを対象に無利子または低金利で融資を行う制度です。生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯が幅広く利用できる制度の一つです。

この制度を利用すれば、一時的な生活費の支援や就職活動のための費用、債務整理費用なども借りられます。限度額は60万円以内ですが、利子は原則無利子か低金利となっています。

他にも求職者支援資金融資制度や母子父子寡婦福祉資金貸付制度など、様々な公的融資制度が用意されており、属性に合わせて利用できます。

カードローンは返済が遅れると延滞金が発生したり、最悪の場合は自己破産に至るリスクもあります。 そのため、まずは公的融資制度の利用を検討し、本当に必要な場合にのみカードローンを利用するのが賢明でしょう

低金利のおすすめ人気カードローン5選

低金利のおすすめ人気カードローン5選
  • JCB CARD LLOAN FAITH
  • MONEY CARD
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • みずほ銀行カードローン
スクロールできます
カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

JCB CARD LLOAN FAITH
4.40%~12.50%0万円~500万円20歳以上~69歳以下で本人に毎月安定した収入のある方
※収入証明書類が必須
※学生、パート・アルバイトは不可
申込日から1週間以内×5,000円~原則なし詳細はこちら

MONEY CARD
15.000%最大100万円満20歳~満75歳
※安定した収入のある方
※学生・専業主婦は不可
最短即日××4,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

三井住友銀行カードローン
1.50%~14.50%10万円~800万円満20歳~満69歳
※安定した収入のあるかた
※三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
最短即日2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
1.80%~14.60%10万円~500万円満20歳以上65歳未満最短翌日×1,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

みずほ銀行カードローン
2.00%~14.00%10万円~800万円満20歳~満65歳
※安定かつ継続した収入の見込める方
※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
翌営業日以降×2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

JCB CARD LLOAN FAITH

JCB CARD LOAN 「FAITH」
金利4.40%~12.50%
貸付限度額50万円~500万円
申込条件20歳以上~69歳以下で本人に毎月安定した収入のある方
※収入証明書類が必須
※学生、パート・アルバイトは不可
審査・融資までの時間申込日から1週間以内
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額5,000円~
在籍確認原則なし

JCB CARD LOAN「FAITH」のメリット・デメリット

メリット
  • 年利4.40%~12.50%と他社と比べて低金利
  • 最大500万円まで借入可能な高い限度額
  • 審査は最短即日で、カード到着前に借入可能
デメリット
  • 融資までに時間がかかり即日融資はできない
  • 会社員のみ申込可能で学生やフリーランス不可

JCB CARD LOAN「FAITH」の特徴

JCB CARD LOAN FAITHは、クレジットカード大手JCBが提供する低金利のカードローンサービスです。年利は4.40%から最大12.50%と業界でも低水準の金利設定となっており、返済負担を抑えたい方におすすめです

限度額は最大500万円と高めに設定されていますが、審査を通過できる限度額は年収などに応じて決まります。キャッシング1回払いでは年利5.00%の低金利で最大5万円までの借入が可能です。

申込みからカード発行まで最短3営業日と手続きも素早く、緊急の資金ニーズにも対応できます。契約後は「キャッシング振込サービス」を利用すれば、最短数十秒で指定口座に希望額が振り込まれます。

JCBの国際ブランドならではの安心感と、低金利での借入が最大の魅力です。ただし、学生・アルバイト・パートの方は申込対象外となる点には注意が必要です。低金利で分割返済できるJCBのカードローンを、賢明に活用してみてはいかがでしょうか。

MONEY CARD

クレディセゾン MONEY CARD
金利15.000%
貸付限度額最大100万円
申込条件満20歳~満75歳
※安定した収入のある方
※学生・専業主婦は不可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス×
Web完結×
毎月の返済額4,000円~
在籍確認電話在籍確認あり

MONEY CARDのメリット・デメリット

メリット
  • 手軽にキャッシングができる
  • 限度額が高く、大きな金額を借りられる
  • 返済方法が柔軟で便利
デメリット
  • 金利が高く、長期的に返済すると利息が高くつく
  • 審査が厳しく、借入が難しい場合がある
  • 過剰な借入は返済が困難になるリスクがある

MONEY CARDの特徴

MONEY CARDは、クレディセゾンが提供するスタンダードなカードローンです。20歳から75歳までの安定した収入のある方なら申し込めます。学生や専業主婦は対象外となります。

新規入会時の金利は年15.0%と比較的低めに設定されています。 金利は8.0%から17.7%の範囲で、利用状況によって変動します。 限度額は最大300万円ですが、新規入会時は100万円が上限となります。

メリットの一つは、最大2ヶ月分の利息がキャッシュバックされる点です。 また、ATM手数料や振込手数料が無料なのも魅力的です。 一方で、無利息期間はありません。

総合的に見ると、MONEY CARDは幅広い層を対象とした、比較的低金利で利用しやすいカードローンと言えます。ただし、収入が不安定な方や借入額が大きい場合は、返済が滞るリスクがあることに注意が必要です。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行 カードローン
金利1.50%~14.50%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※安定した収入のあるかた
※三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
審査・融資までの時間最短即日※1
無利息期間
カードレス◯※2
Web完結
毎月の返済額2,000円~※3
在籍確認電話在籍確認あり
※1 申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
※2 三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方、またWEBよりお申込みのお客さまで、本人確認をオンラインで行った場合に限り、「カードレス」の選択が可能
※3 毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット
  • 大手銀行なので安心感がある
  • 金利が最大14.5%と消費者金融より低い
  • 三井住友銀行ATM・提携ATMが手数料無料
デメリット
  • 審査が比較的厳しい
  • 在籍確認の電話がくる可能性がある
  • ATM以外の振込手数料がかかる場合がある

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行のカードローンは、金利が年1.5%から14.5%と業界でも低金利な部類に入ります。借入限度額は10万円から最高800万円までと幅広く、年収に応じて借入可能額が決まります。

返済方式は「残高スライド型元利定額返済方式」を採用しています。これは借入残高に応じて約定返済額が変動するため、借入額が減れば返済負担も軽くなるメリットがあります。

審査は三井住友銀行と提携する保証会社の両方で行われ、厳格な審査基準に基づいて返済能力を確認します。 審査を通過すれば、最短当日での借入が可能です。

利便性も高く、インターネットやATM、口座振込など様々な借入・返済方法を用意しています。 臨時返済にも対応しており、一括返済をすれば利息の支払いを抑えられます。

金利が低く、審査が厳格で、利便性が高い点が三井住友銀行カードローンの大きな魅力です。計画的な利用とスムーズな返済が可能なので、安心して利用できるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行「バンクイック」
金利1.80%~14.60%
貸付限度額10万円~500万円
申込条件満20歳以上65歳未満
審査・融資までの時間最短翌日
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認電話在籍確認あり

三菱UFJ銀行 カードローン「バンクイック」のメリット・デメリット

メリット
  • 金利が年1.8%から最大14.6%と消費者金融より低い
  • 三菱UFJ銀行ATM・提携コンビニATMの手数料が無料
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込み可能
デメリット
  • 即日融資に対応していないため、スピード融資は難しい
  • 無利息期間がない
  • 融資上限額が最大500万円と比較的低い

三菱UFJ銀行 カードローン「バンクイック」の特徴

三菱UFJ銀行が提供する「バンクイック」は、低金利が魅力的な銀行カードローンです。金利は年1.8%~14.6%と消費者金融と比べて低く設定されています

利用限度額は10万円から最高500万円まで幅広く、収入に応じて限度額が決まります。利用限度額が高いほど、適用される金利は低くなる仕組みです。

銀行口座を持っていない方でも申し込み可能で、インターネットから24時間いつでも申込が可能です。審査結果は最短で申込日の翌営業日に分かります。

返済方法は口座振替、ATM、インターネットバンキングなど様々な選択肢があり、三菱UFJ銀行の全国の店舗・ATMはもちろん、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMでも手数料無料で返済できます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
金利(年利)2.000%~14.000%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満65歳
※安定かつ継続した収入の見込める方
※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
審査・融資までの時間最短当日
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額2,000円~
在籍確認電話在籍確認あり

みずほ銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット
  • 金利が最大14%と銀行カードローンとしては低金利
  • みずほ銀行口座保有者は手続き簡便で即日融資可能
  • 無利息キャンペーンやポイント付与などの特典あり
デメリット
  • 土日祝日は審査対応がないため、融資までに時間がかかる
  • 無職の方や年収の3分の1を超える借入は難しい
  • 消費者金融に比べると融資限度額が低い傾向

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローンは、利用限度額が10万円から最大800万円までと幅広く、年収に応じて柔軟に設定できます。金利は利用限度額が高いほど低くなり、800万円の場合は年2.0%と消費者金融と比べて大幅に低金利となっています。

返済方法は約定返済と任意返済(繰上返済)の2種類があります。約定返済は毎月の決まった日に口座から自動引き落としされる方式で、残高に応じて返済額が変動します。任意返済はATMやインターネットバンキングから自由な金額と時期に返済できるので、余裕があれば任意返済を活用して早期完済するのがおすすめです

審査は平日のみで最短翌営業日に結果が出ます。審査に落ちる可能性が高いのは、年収が一定水準に満たない場合や、他社カードローンの利用履歴が多い場合などです。保証会社のオリコの審査にも通る必要があります。みずほ銀行の口座がない場合は同時に申し込めば早期利用が可能です。

総合的に見ると、みずほ銀行カードローンは低金利で限度額も高く設定できるため、計画的な利用であれば有利なサービスと言えます。ただし、審査は厳しめなので、利用条件をよく確認する必要があります。

審査が不安な方&即日融資を希望する人におすすめのカードローン5選

審査が不安な方&即日融資を希望する人におすすめのカードローンに関しては、主に以下の内容が挙げられます。

審査が不安な方&即日融資を希望する人におすすめのカードローン5選
  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • レイク
  • SMBCモビット

それぞれ詳しく解説していきます。

スクロールできます
カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし詳細はこちら

アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
詳細はこちら

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし詳細はこちら

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日1,000円~原則なし詳細はこちら

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし詳細はこちら

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし

アイフルのメリット・デメリット

メリット
  • WEB完結申し込みで最短18分で借入できる
  • 最長30日間の無利息期間がある
  • 自動契約機があり24時間借入が可能
デメリット
  • 金利が高く、実質年率は最高18%と高い
  • 限度額が50万円超の場合は収入証明必要
  • 収入や年齢による審査基準がある

アイフルの特徴

アイフルは消費者金融大手で、審査が不安な方でも安心して申し込めるカードローンサービスを提供しています。

アイフルの審査基準は他社と比べて厳しすぎず、信用情報に問題がなく安定した収入があれば審査に通過する可能性が高くなります。公式サイトでは簡単な質問に答えるだけで、借入可能かを1秒で診断できるサービスも用意されています。

また、アイフルでは最短18分で融資を受けられる即日融資にも対応しています。 インターネットやスマホアプリから申し込めば、書類の郵送は不要で手続きもスムーズです。審査状況次第では当日中に融資を受けられる可能性があります。

さらに、アイフルでははじめての利用者を対象に「最大30日間利息0円サービス」を実施中です。 契約日の翌日から最大30日間は利息が無料になるため、短期の資金調達にも適しています。

限度額は最高800万円までで、 50万円以下であれば収入証明書の提出は不要です。 返済方法も振込み、ATM、インターネットバンキングなど様々な選択肢があり、ライフスタイルに合わせて選べます。

このように、アイフルは審査が不安な方でも安心して利用でき、即日融資と無利息サービスも魅力的なカードローンサービスを提供しています。

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分※
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムのメリット・デメリット

メリット
  • 審査が比較的甘く、借入れがしやすい
  • 即日融資が可能で、スピーディーに資金を調達できる
  • 自動契約機が多数設置されており、利便性が高い
デメリット
  • 銀行カードローンに比べて金利が高い
  • 限度額が低い場合は銀行より金利が高くなる
  • 借入れ後に返済が滞ると信用情報に影響が出る

アコムの特徴

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融会社で、審査が不安な方や急いでお金が必要な方におすすめのカードローンサービスを提供しています。

アコムの大きな特徴は、審査の迅速さにあります。インターネットからの申し込みであれば、最短20分で審査結果が分かります。さらに、審査通過後は即日融資にも対応しているため、当日中にお金を借りることができます。

また、アコムでは年収の3分の1を上限とする総量規制に従い、お客様の返済能力を確認した上で適切な限度額を設定しています。限度額は1万円から最高800万円までの範囲で決定されます。

安心して利用できる点も魅力的です。三菱UFJフィナンシャル・グループの一員であり、初めてご利用の方には30日間の無利息期間が設けられています。さらに、プライバシーにも配慮しており、原則として在籍確認の電話は実施しません。

お申し込み方法も簡単で、インターネットやスマートフォンアプリから24時間365日いつでも手続きが可能です。借入れ後は、インターネットバンキングやATMから返済することもできます。

ただし、審査の通過は保証されているわけではありません。年収や借入状況などから、お客様の返済能力が確認されます。利用の際は、自身の財務状況を確認し、無理のない範囲で利用することが大切です。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし

プロミスのメリット・デメリット

メリット
  • 審査が最短3分で即日融資が可能
  • 無担保で最高500万円まで借りられる
  • 学生でも安定収入があれば借りられる
デメリット
  • 銀行のカードローンより金利が高い
  • 年収の3分の1以上は借りられない
  • 提携ATM利用時に手数料がかかる

プロミスの特徴

プロミスは、消費者金融大手のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営するカードローンサービスです。最短3分で即日融資が可能なのが大きな特徴です

審査基準は年齢が18歳〜74歳で、安定した収入があることが条件となります。他社の借入状況によっても審査結果が左右されますが、年収の3分の1以上の借入がある場合は通りにくくなります。

金利は年4.5%〜17.8%と消費者金融の中では低めですが、銀行カードローンよりは高めです。初回利用日の翌日から最大30日間の無利息期間があるのもメリットです。

スマホアプリを使えば、カードレスでコンビニATMから借入・返済が可能です。提携ATMは銀行13社、コンビニ3社と利便性が高いですが、手数料がかかる点にはご注意ください。

女性専用の「プロミスレディース」では、女性オペレーターが対応してくれるので、プライバシーを気にせず相談しやすいでしょう。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし

レイクのメリット・デメリット

メリット
  • 初めての利用なら借入額全額最大60日間金利0円
  • WEBで完結でき、カードレスで申込可能
  • 最短25分で融資可能で、土日祝日も24時間借入可能
デメリット
  • 他社より借入限度額が低い
  • 提携ATMを利用すると手数料がかかる
  • 金利が高い

レイクの特徴

レイクは消費者金融大手のカードローンサービスで、審査が比較的緩やかで即日融資が可能なのが特徴です。

20歳以上の安定した収入があれば、アルバイトやパートなどの非正規雇用者でも審査を通過しやすいです。 年金受給者の方も対象となります。 最短で申込から25分で融資を受けられるため、急な出費にも対応できます。

Web完結で来店や書類の郵送が不要なため、プライバシーが守られます。 スマホアプリを使えば、指紋認証でセキュリティを確保しながら、借入れや返済の手続きができます。

借入額が5万円以下なら最大180日間、それ以外でも最大60日間の無利息期間が設定できます。 初回契約時の金利は18.0%と業界並みですが、長期的に利用すれば金利が下がる仕組みがあります

ただし、消費者金融は銀行よりも金利が高めなので、長期的な借り入れには向きません。 分割払いなどで計画的に返済し、無利息期間を最大限活用するのがおすすめです。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則電話連絡なし

SMBCモビットのメリット・デメリット

メリット
  • 最短10秒の簡易審査で即日融資が可能
  • 全国約12万台のATMで24時間いつでも借入/返済可能
  • 収入証明書不要で申込みが簡単
デメリット
  • 無利息期間がなく、借入時から利息が発生する
  • 銀行カードローンに比べて金利が高め(3.0%~18.0%)
  • 有人店舗がなく、問い合わせはコールセンターのみ

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、三井住友フィナンシャルグループが運営するカードローンサービスです。審査が不安な方や即日融資を希望する人におすすめのサービスとなっています。

融資の可否は最短30分で判定され、審査に通れば即日融資が可能です。 最高融資額は800万円と高額設定になっているため、まとまった資金が必要な場合でも対応できます。 借入れ時の年齢は20歳以上66歳未満で、安定した収入があれば審査を通過しやすくなります

返済方式は元利均等返済と元金均等返済の2種類から選べます。 借入期間は最長10年間で、期間中はいつでも一部繰上返済が可能です。 金利は年4.6%~18.0%の変動金利制で、利用状況によって適用金利が変動します

SMBCモビットは、三井住友銀行の営業店舗で手続きできるほか、インターネットやスマートフォンアプリからも申込み可能です。審査が不安な方や即日融資を希望する人にとって、利用しやすいカードローンサービスといえるでしょう。

カードローンの危険性に関するよくある質問

よくある質問
  • もしものためにカードローン口座を作ろうと思ってますが何かデメリットはありますか?
  • カードローンを利用しただけで信用情報に悪影響が及ぶことはありますか?
  • カードローンで借りない方が言われている理由はなんですか?
  • カードローンの返済は一括で行うことはできますか?
もしものためにカードローン口座を作ろうと思ってますが何かデメリットはありますか?

カードローン口座を作るだけでデメリットが生じることはほとんどありません。ただし、いくつか注意点があります。

まず、カードローンを作ると、他の金融機関からのローン審査で不利になる可能性があります。カードローンの限度額が年収の3分の1を超えていると、多重債務のリスクがあるとみなされる場合があるためです。

次に、カードローンを作ると、借りすぎてしまう危険性が高まります。いつでも簡単に借りられるので、計画性のない利用をしてしまいがちです。多重債務に陥るリスクが高まるのです。

さらに、ローンカードを家族に見られたり、盗難や紛失に遭う可能性もあります。プライバシーが守られず、悪用される恐れがあるのです。

ただし、これらのデメリットは、カードローンを慎重に利用すれば回避できます。

つまり、カードローン口座を作るだけでデメリットが生じるわけではありません。しかし、上記のリスクを認識し、適切に利用することが重要です。

カードローンを利用しただけで信用情報に悪影響が及ぶことはありますか?

カードローンを利用したことだけで信用情報に悪影響が及ぶことはありません。信用情報機関に登録されるのは、返済を怠った場合などの債務不履行の事実のみです。

カードローン会社は、お客様の返済状況を信用情報機関に定期的に報告しています。期日どおりに返済を続けていれば、信用情報に何の影響もありません。しかし、一定期間返済が滞った場合は、債務不履行として信用情報機関に登録されてしまいます。

この債務不履行情報は、完済してから一定期間は信用情報に残り続けます。つまり、一時的な返済遅延であっても、一定期間は信用情報に悪影響が出る可能性があるのです。

ただし、債務不履行情報が信用情報に残る期間は、延滞の期間や金額によっても変わります。

したがって、カードローンを利用する際は、確実に返済できる計画を立てることが重要です。

カードローンで借りない方が言われている理由はなんですか?

カードローンは便利な一方で、借り過ぎたり返済が遅れたりするリスクがあるため、「借りない方がいい」と言われることがあります。

まず、カードローンの金利は一般的に住宅ローンや自動車ローンよりも高めに設定されています。金利が高いと、長期間借りていると返済総額が大きくなってしまう可能性があります。

また、カードローンは限度額内であれば自由に借り入れできるので、必要以上に借りすぎてしまいがちです。

さらに、返済期間が長くなるとカードローンの利息の総額が増えてしまいます。計画的な返済をしないと、長期化によって支払う利息がかさんでしまうのです。

最悪の場合、収入が減少したり失職したりして返済ができなくなると、債務整理や自己破産のリスクにさらされてしまいます。

このように、カードローンには便利な面がある一方で、上記のようなデメリットやリスクも存在します。必要以上に借りすぎず、計画的に返済することが何より重要です。

カードローンの返済は一括で行うことはできますか?

カードローンの返済は一括で行うことが可能です。ただし、借入残高の全額を一度に支払うことになるため、事前に十分な準備が必要になります。

一括返済のメリットは、借入期間が短縮されるため総支払い利息を抑えられる点にあります。

一方で、一括返済には多額の資金が必要になるというデメリットもあります。給与や預金だけでは足りない場合、別の借入や資産の売却が必要になる可能性があります。

カードローン会社によっては、一括返済の場合に限り残高の一部を免除する”一括返済割引”のサービスを提供しているところもあります。一括返済を検討する際は、このようなサービスの有無も確認しておくと良いでしょう。

総じて、一括返済が可能かどうかは借入残高と返済原資を精査し、生活に支障がない範囲で判断する必要があります。無理のない計画的な返済が何より重要です。

まとめ

カードローンは便利な一方で、過剰な借り入れや返済の遅延によって大きなリスクを伴います。

主なデメリットとしては、高金利による利息の積み重なり、信用情報への悪影響、借金依存への懸念などが挙げられます

しかし、計画的な利用と適切な返済管理を心がければ、カードローンのメリットを最大限に活かすことができます。具体的には、必要最小限の借入額に抑え、完済時期を決めて明確な返済計画を立てることが重要です。

また、定期的に返済シミュレーションを行い、最低返済額だけに頼らず可能な限り多く返済することで、利息の増大を抑制できます。

カードローンは便利な一方で慎重な利用が求められる金融商品です。借入前に十分にリスクを理解し、自身の返済能力に見合った計画的な利用を心がける必要があります

過剰な借り入れは避け、いつでも返済できる体制を整えることが賢明な利用法と言えるでしょう。

ふるさと本舗 カードローン編集部

ふるさと本舗では様々な消費者金融をご紹介しています。編集部がユーザーアンケートをはじめ徹底調査したおすすめの消費者金融を以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

目次