PR

LINEポケットマネーの審査基準は?在籍確認や利用方法についても解説

LINEポケットマネーの審査基準は?在籍確認や利用方法についても解説のアイキャッチ

「LINEポケットマネーの審査は厳しいの?」
「LINEポケットマネーの審査時間はどれくらいかかるの?」

このように気になっている方もいるのではないでしょうか。

LINEポケットマネーは、LINE内で手軽にお金を借入できる個人向けローンサービスです。

他社では借入がむずかしいとしても、LINEポケットマネーなら独自の審査基準を設けているため、借入できる可能性があります

そこで今回は、LINEポケットマネーのことが気になっている方に向けて、審査基準や審査に通りやすいポイント、在籍確認の有無などをまとめました。

最後までご覧いただくと、LINEポケットマネーの審査をクリアしやすい条件や利用方法がわかります。

ぜひこの記事を参考にしてください。

LINEポケットマネー審査-概要
  • 審査基準
  • 利用者の口コミ
  • 審査に通りやすいポイント
  • 在籍確認の有無
  • 利用方法
目次

LINEポケットマネーとは?基本情報を簡単に紹介

LINEポケットマネー -HP画面
引用:LINEポケットマネー
項目内容
名称LINEポケットマネー
在籍確認
審査時間最短10分
限度額3〜300万円
貸付利率(実質年率)3.0〜18.0%
無利息期間新規契約日から30日間(一部プランを除く)
申込方法LINEアプリから申し込み
公式HPhttps://linecreditcorp.com/pocketmoney/

LINEポケットマネーとは、申し込みから借入までLINE内で、すべて完結するローンサービスです。

書類を郵送したり、ATMへ引き出しに行ったりする必要はありません。

審査申込から契約まで、すべてLINE内で完了するため、LINE Payで受け取れば借入していることを誰にも知られず借入が可能です。

借入プランは、スタンダードプランとマイペースプラン、プレミアムプランの3つから選択でき、貸付金利は申込後の審査によって最終的に決定します。

なお、借入の申し込みは24時間365日いつでも可能で、100円から返済できる便利なサービスになっています。

LINEポケットマネーの利用プランを紹介

ここでは、LINEポケットマネーの利用プランをまとめました。

スクロールできます
項目スタンダードプランマイペースプランプレミアムプラン
貸付利率(実質年率)3.0〜18.0%18.0%3.0〜18.0%
借入限度額50万円3万円55〜300万円
入金方法・LINE Pay
・銀行振込
LINE Pay・LINE Pay
・銀行振込
初回返済日最短翌月最短6か月最短翌月
増額申請〜300万円〜300万円

LINEポケットマネーの利用プランは、3つから選択可能です。

返済方式は「残高スライド元利定額リボルビング方式」となっています。

残高スライド元利定額リボルビング方式とは、借入残高に応じて毎月の返済額が変わる返済方法のことです。

貸付利率3.0%〜18.0%の範囲は、契約内容によって異なります。ただ、貸付残高100万円以上の場合、金利は15%以下となります。

仮にスタンダードプランで契約した場合、最大50万円まで借入可能です。

また、スタンダードプラン限定でプレミアムプランへアップグレードすれば、増枠55万円〜300万円の特別プランに増額可能です。

利息については、下記の計算方法で算出されます。

利息の計算方法 = 借入残高×借入利率(実質年率)÷365日×ご利用日数

LINEポケットマネーの審査基準・申込条件

LINEポケットマネーは手軽に申し込めますが、審査が甘いわけではありません

LINEポケットマネーを展開するLINE Credit株式会社は、LINE Financial、みずほ銀行、オリエントコーポレーションが共同で設立した金融ベンチャー企業です。そのため審査基準は、みずほ銀行やオリエントコーポレーションのこれまでに培ってきたノウハウを参考に行われます。

下記をもとに独自のAIを活用し、貸付条件を決定しています。

  • LINEプラットフォーム上での行動傾向データ
  • ご利用前に回答いただく15の質問項目
  • 貸金業法で定められた指定信用情報機関の情報
引用元:LINEポケットマネー

それでは、次章から申込条件について紹介します。

LINEポケットマネーの申込条件
  • 借入できるのは満20歳から満65歳までが対象
  • 安定した収入があって返済能力は必要
  • LINE PayのアカウントタイプであるLINE Moneyが必要

借入できるのは満20歳から満65歳までが対象

LINEポケットマネーで借入できるのは、満20歳から満65歳までが対象です。

ただし、契約中の場合は満69歳まで可能です。満70歳に達した時点で追加借入のサービスは停止されます。

では、LINEポケットマネーの利用者はどのような年齢構成になっているのかを紹介します。

LINEポケットマネーの借入している年齢構成は、以下のとおりです。

LINE ポケットマネー-年代構成
引用:LINE Credit

LINE Creditの報告では、若い世代の利用者が多く、利用者の半数以上は20〜30代という結果です。

ほかの年齢構成としては、手軽に借入できることもあり、40代や50代も15〜25%の比率となっています。

したがって、年齢層を問わずLINEポケットマネーの人気がうかがえます。

安定した収入があって返済能力は必要

続いての条件として、安定した収入があり、返済能力があることです。

LINEポケットマネーは、手軽に借入できるため見落としがちになりますが、返済能力の有無は審査されます。貸金業のため、厳しい審査をする必要があるからです。

例えば、職種でみると会社員の割合が半数以上を占めています。

とはいえ、安定した収入があるのであれば、アルバイトや自営業でも借入は可能です。

職種別の割合は、以下のとおりです。

LINE ポケットマネー-職種構成
引用:LINE Credit

上記からもわかるように、自営業や契約社員でも安定した収入があれば、LINE Creditによる審査をクリアして借入できることがわかります。

LINE PayのアカウントタイプであるLINE Moneyが必要

LINEポケットマネーは、LINE PayのアカウントタイプであるLINE Moneyの取得が必要です。

LINE Payと連動したサービスで、LINE Payの利用者が対象になっているため、申し込みするには事前にLINEアカウントやLINE Payのアカウント登録が必要です。

LINE Payアカウント
  • LINE Crash(前払式支払手段)
  • LINE Money(資金移動業)

LINE Payに登録した時点ではアカウントはLINE Cashですが、本人確認を完了すればLINE Moneyに切り替わります。

例えばLINE Moneyになると、LINE Pay残高を登録している銀行口座に出金できたり、振込サービスが利用できるようになったりします。

そのためLINEポケットマネーの申し込みには、本人確認が必要なLINE Moneyの登録が必須です。

参考:LINEヘルプセンター

事前登録しておけば、スムーズに審査が行われるので準備しておきましょう。(事前準備については後述)

LINEポケットマネーの利用者の口コミを紹介

それでは、実際にLINEポケットマネーの利用者の声を紹介していきます。

検討している方は参考にしてください。

利率15パーくらいで借り換えアピールされても高い!ってなるLINEポケットマネー。JAバンクとか信金で借り換えるともっと安い

引用元:X(旧Twitter)

LINEポケットマネー、「2、3日審査に時間がかかります」って事でちょっとワクワクしながら申請したんだけど、10分で落とされてマジギレしてる

もうちょい悩んでくれよ

引用元:X(旧Twitter)

LINE Credit調べを参考に利用者の声も紹介します。

LINE ポケットマネー-利用者の声1
引用:LINE Credit

上記からもわかるように「他で借り換えるほうが安い」「審査ですぐに落とされた」という意見はある一方で「突然の出費に備えられる」「キャンペーンが魅力的」などの意見もありました。

ほかには「まとまった資金が必要になる予定があった」などの意見もあります。

利用者の声としては、急な出費の備えで申し込む方が3割以上と比較的多い印象です。

万一の備えとして、手軽に利用できるローンサービスと考えている方も一定数いるのかもしれません。

また、利用してよかった点は以下のような結果になっています。

LINE ポケットマネー-利用者の声2
引用:LINE Credit

借入から返済まで、すべて完結できるのが便利という意見が多い結果となっています。

LINEポケットマネー最大の特徴であるスマートフォンで手軽に利用できる点が、利用者のニーズともマッチしているのでしょう。

LINEポケットマネーの審査に通りやすいポイントは?

ここからは、LINEポケットマネー審査に通りやすいポイントを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

審査に通りやすいポイントは?
  • LINEスコアを上げる
  • 収入を安定させる
  • 他社への借入額を抑える

LINEスコアを上げる

ポイントの1つ目は、LINE独自で導入しているLINEスコアの数値を上げる必要があります。ただ、LINEスコアは100〜1000点までの数値で決められていて、LINEスコアの判定には登録が必要です。

LINEスコアは、契約条件(貸付金利・借入金額)の決定に影響するからです。

LINEのサービス内で、どのような行動をとっているか独自データを加えて、まったく別の基準で評価しています。

例えば、他社への返済が長期間にわたり滞っている場合でも、LINEポケットマネーの過去データを利用して、ユーザーの行動傾向から返済への影響を分析しています。

収入や会社規模などで異なりますが、LINEスコアを上げるには、LINEサービスを積極的に利用しなければなりません。

下記に、LINEサービスの一例を紹介します。

LINEサービスの一例
  • LINE証券
  • LINE MUSIC
  • LINE LIVE
  • LINE CLOVA
  • LINEマンガ
  • LINE バイト
  • LINE ショッピング
  • LINE BLOG

借入を検討している方はLINEスコアを上げるために、上記のサービスを利用してみましょう。

収入を安定させる

次のポイントとして、収入を安定させる必要があります

収入の安定は、返済能力の判断基準になるからです。

例えば、学生や主婦でもアルバイトなど安定した収入がある方は問題ない一方、収入が不安定な自営業やフリーランスなど、会社員に比べると借入するハードルが少し上がる可能性があります。

なお、無職は申し込めないので注意しましょう。

よって、審査に通りやすくするには、安定した収入を得ていることが条件です。

また、初回の返済ができるかは疑問視されるため、きっちりと返済すれば2回目以降の信用度が上がり、借入額を上げやすくなるでしょう。

他社への借入額を抑える

最後の審査に通りやすくするポイントは、他社への借入額を抑えることです。

LINE Creditの審査では、個人信用情報機関の情報を確認するため、他社への借入が多いと審査に通りづらくなるからです。

個人信用情報機関とは、金融機関やカードローンの延滞確認ができる機関のことです。

例えば、借入金額が少なくても、複数の会社を使っている場合は返済能力が低いと判断されてしまう可能性があります。

万が一複数の借入があれば、すぐにバレてしまうので注意してください。

できるだけ、他社への借入は抑えるようにしましょう。

LINEポケットマネーの審査が厳しい理由【甘くない】

LINEポケットマネーの審査が厳しい理由は貸金業者として、法令に基づく必要があるからです。

総量規制の場合、他社借入分も含めて年収の1/3までと決められています。

また必要と判断されたときには、収入証明の提出も求められます。

理由として、返済困難な債務者を増やさないためです。

ほかにも、融資した額が返済されなかったときに損失になった場合、ローンサービスの継続が困難になるため、貸付金利を上げなければなりません。

したがって、金利を抑えたサービスを提供するには、きっちりと返済できる方を対象に融資する必要があります。

このようなことから、LINEポケットマネーの審査が厳しい理由です。

LINEポケットマネーの審査は土日非対応

LINEポケットマネーは、土日の審査は非対応となっています。

審査するための信用情報を開示している信用情報機関が休みのため、営業時間外になるからです。

仮に土日に申し込んだとしても、休日明けの営業日以降の審査になるので注意しましょう。

通常の営業日なら審査時間は最短10分としているので、申込時間によっては即日に借入することも可能です。

ただし、審査状況によってはこの限りではありません。

また借入や返済は、24時間365日可能となっています。

LINEポケットマネーの審査で在籍確認がなかったのはなぜ?

LINEポケットマネーは、貸金業者に分類される消費者金融にあたるため、基本的には在籍確認が必要です。

しかし、在籍確認がなかったケースも報告されています。

在籍確認ありませんでした。

現在、限度額が100万に増額しましたが、収入証明アップロードしただけで在籍確認はなかったです。

引用元:Yahoo知恵袋

その場合、借入条件(他社を含んで借入額が100万円超の場合)によっては収入証明をメール依頼される場合もあります。

また審査が必要と判断されたら、在籍確認の可能性は高いといえます。

ただ在籍確認は個人名でかかってくるので、借入を知られたくない場合は、会社には前もってカード会社から確認があることを伝えておくといいでしょう。

もし在籍確認がイヤな場合は、在籍確認のない消費者金融を利用するのがおすすめです。

在籍確認なしで利用できるカードローンについては、下記で詳しく紹介しています。

>>在籍確認なしで利用可能なカードローン18選!即日借りれる消費者金融やキャッシングする際の注意点も紹介

また、LINEポケットマネーの在籍確認については、公式サイトから確認できます。

参考:LINEポケットマネー

LINEポケットマネーの審査に落ちた要因

LINEポケットマネーの審査に落ちた要因は何か、気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、要因についてみていきましょう。

審査に落ちた要因
  • 信用スコアが足りていない
  • LINEスコアが201点未満になっている

信用スコアが足りていない

まず、信用スコアが足りていないのは1つの要因になります。

信用スコアとは、返済履歴や借入状況など個人データを分析して信用力を数値化したものです。

信用スコアは、LINEポケットマネーの加盟している信用情報機関から調べることは可能です。

信用情報機関サイトは、以下のとおりです。

名称参考URL
株式会社日本信用情報機構(JICC)https://www.jicc.co.jp/kaiji/procedure/mobile/
株式会社シー・アイ・シー(CIC)https://www.cic.co.jp/

LINEポケットマネーで借入するためには、信用スコアを上げる必要があるので、返済期限に遅れたり、複数のローンサービスから借入したりしないようにして、信用スコアに影響しないようにしましょう。

LINEスコアが201点未満になっている

次に挙げられる要因として、LINEスコアが201点未満になっていることが挙げられます。

審査に通るには、LINEスコア201点以上の条件があるからです。

LINEポケットマネーでは、独自の審査をしているため、スコアが高くなるようにする必要があります。

前述したようなLINEサービス(LINE証券・LINE MUSICなど)をできるだけ利用して、LINEスコア201点以上になるようにしましょう。

LINEポケットマネーで30日間全額利息キャッシュバックを実施中

項目内容
特典30日間全額利息キャッシュバック
期間2023年11月13日〜2023年12月12日
対象者LINEポケットマネーを新規で利用するスタンダードプランを契約した方

LINEポケットマネーの利用がはじめてで、スタンダードプランの借入をした方を対象に最大で30日間全額利息キャッシュバックを実施しています。

借入した日から30日目までに発生した利息をLINE Pay残高にキャッシュバックされる特典です。

キャッシュバック特典は、期間満了日から3か月後の中旬にLINE PAY残高へ反映されます。

参考:LINEポケットマネーのキャッシュバック特典

では次章からは、LINEポケットマネーを利用する際に必要な事前準備と実際の利用方法について解説していきます。

LINEポケットマネーの事前申込準備

LINEポケットマネーの申し込みには、事前にしておくことで審査をスムーズに進められます

準備内容は、以下のとおりです。

準備内容
  • LINEに登録
  • LINE Payに登録(LINE Payの登録には銀行口座の登録が必要)
  • LINE スコアに登録
  • 10分程度で回答できる、LINEスコア15の質問に答える
  • LINE Payで本人確認し、LINE Moneyにする

上記を行っていない場合、審査申込に進めないので前もって準備しておきましょう。

それでは、LINEポケットマネーの利用方法について解説していきます。

LINEポケットマネーの利用方法

LINEスコアとLINE Payの登録が完了したら、必要な本人確認書類を用意して進めていきましょう。

LINEポケットマネーの利用方法
  1. かんたん本人確認をする
  2. 必要情報の入力をする
  3. 審査結果を確認する
  4. 借入をする

1.かんたん本人確認をする

LINEの「ウォレット」から「ポケットマネー」を選び「申込む」を選択します。

利用規約とプライバシーポリシーを確認し「次へ」を選択しましょう。

写真付きの本人確認書類で実施します。

確認方法は、本人確認書類を準備して、カメラで撮影するだけで完了です。

まちがいがあったり、ぼやけていたりしたら再提出になるので注意しましょう。

必要書類は以下のとおりです。

必要書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
上記がない場合
  • 特別永住者証明書
  •  在留カード(在留資格が「永住者」の場合のみ)
  • マイナンバーカード

また収入証明の提出を求められる場合もあり、限度額の50万円を超えるときや他の貸金業者からの借入分も合わせて100万円を超えるときは提出が必要になります。

2.必要情報の入力をする

続いて、必要情報の入力をしていきましょう。

申込フォームから借入希望額など必要情報を入力し、審査に申し込みます。

LINEスコア診断をしていない場合、入力前に15の質問に答えましょう。

申し込みが完了すると、審査中の画面に切り替わります。

3.審査結果を確認する

あとは、審査結果の通知が届くまで待ちましょう。

審査時間は、最短10分〜数日かかります。(審査状況による)

審査結果は、LINEメッセンジャーで届くので確認しましょう。

4.借入をする

審査が完了したら、契約内容を確認し、問題なければ手続きをして借入金を受け取りましょう。

手順としては、トップページから「借入する」をタップします。

希望の金額を入力して、入金先を選択し、パスコード認証または生体認証を行い、借入完了です。

LINE Payアカウントもしくは銀行口座に入金されます。

【補足】期限日に返済する方法

返済する方法についても解説します。

毎月の返済日に、LINE Pay残高から自動で返済される仕組みになっています。

通常は、返済日の3日前に専用のLINEアカウントから案内通知が届くので、忘れないように注意しましょう。

LINEポケットマネーの審査でよくある質問

この章では、LINEポケットマネーの審査でよくある質問についてまとめました。

LINEポケットマネーの審査でよくある質問
  • 審査時間はどれくらいかかる?
  • 審査状況はどこでわかるの?
  • 借入すると親にバレる?
  • 借入の審査条件は?
  • ブラックリスト対象でも借入できる?

審査時間はどれくらいかかる?

LINEポケットマネーの審査時間は最短10分です。

ただ、審査状況や審査内容によっては、さらに時間がかかる場合もあります。

借入の申し込みをした日が平日の場合、1〜3日が目安と考えておくといいでしょう。

しかし書類不備などあれば、再確認される場合もあるかもしれません。

そのため、あらかじめ借入することを決めているのなら時間に余裕をもって申し込んだほうがいいでしょう。

審査状況はどこでわかるの?

LINEポケットマネーの公式サイトからのメッセージを確認します。

審査状況は、最短10分で審査結果が送られてきます。

しかし、申込状況によっては数日かかる可能性もあるでしょう。

通知方法は、LINEポケットマネーの公式サイトからの通知で確認できます。

借入すると親にバレる?

LINEポケットマネーの借入は、LINE Payを選択すれば、直接入金されるので通帳の履歴に残ることなく借入が可能です。

仮に親が銀行の通帳を管理していても、知られずに借入できます。

急ぎの資金が必要になった場合、誰にも知られずに借入できるので利用しやすいローンサービスといえます。

借入の審査条件は?

借入の審査条件は、LINEポケットマネー加入時に満20歳から満65歳までの安定した収入見込みがある方です。

また、LINE PayのアカウントタイプがLINE Moneyになっている方が対象になります。

ブラックリスト対象でも借入できる?

ブラックリストとは、債務整理や借入の返済を大幅に遅延したことが信用情報機関に登録されることです。

LINEポケットマネーでは、LINEスコアを含めた独自の審査基準を設けています。

そのため、借入の審査に通るかは申し込んで、LINE Creditの審査を受けてみないとわかりません。

まずは、借入の申し込みをしてみてもいいでしょう。

LINEポケットマネーの審査基準を理解できたら利用してみましょう

本記事でも紹介したように、LINEポケットマネーの審査基準は甘くありません

日本貸金業協会に登録している貸金業者のため、通常の審査と同等の基準があるからです。

在籍確認があったり、LINEスコアで201点以上必要だったりと借入するまでのハードルはあります。

とはいえ、普段から利用しているLINEで手軽に申し込みから借入まで完結できるのは、便利なローンサービスといえます。

もし、急に資金が必要になった場合のことを考えると、いますぐLINEポケットマネーに申し込みをしておくといいでしょう。

目次