PR

無職でもお金を借りる方法はある?ニートや失業でも借入できる方法を解説

無職でもお金を借りる方法はある?ニートや失業でも借入できる方法を解説のアイキャッチ

急な出費やピンチの際、お金を借りる必要に迫られることは誰にでもあるでしょう。

しかし、無職やニート、失業中の方にとって、お金を借りるのはハードルが高く感じられるかもしれません。実は、無職の方でもお金を借りる方法はいくつかあります

ただし、職がある人と比べると選択肢は限られており、金利や審査も厳しくなる傾向にあります。そこで本記事では、無職の方がお金を借りる際の選択肢や注意点について詳しく解説します

ニートや失業中でお金に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。借入の方法を知ることで、賢明な判断ができるはずです。

目次

無職やニートの状態でもお金を借りる方法

無職やニートの状態でもお金を借りる方法
  • 消費者金融や銀行などでの借入は絶対にできない
  • 有担保の融資であれば審査なし&即日で借りられる可能性がある
  • 雇用保険に入っていた人は「失業手当」を貰おう
  • 学生で内定がある場合には「就職内定者向けローン」を活用しよう
  • 専業主婦であれば「配偶者貸付制度」を活用しよう
  • 無担保の融資であれば国や地方自治体が貸主となる「公的融資制度」を活用しよう
  • 雇用保険に入っていた人は「失業手当」を貰おう
  • 学生で内定がある場合には「就職内定者向けローン」を活用しよう
  • クレジットカードを持っているなら「キャッシング枠」を活用しよう
  • お金は借りられないが後払いできるアプリやサービスはある

消費者金融や銀行などでの借入は絶対にできない

無職やニートの方が消費者金融や銀行からお金を借りることは、非常に困難です。

金融機関は、借入申込者の安定した収入と返済能力を重視しています。無職の場合、定期的な収入がないため、審査に通過する可能性はゼロです。

また、無職であることを隠して申し込んだ場合、虚偽の申告となり、法的な問題に発展する恐れがあります。たとえ審査に通過したとしても、無収入の状態で借金を返済することは非常に困難を伴います。返済が滞れば、延滞金や利息が加算され、借金が雪だるま式に膨らむ可能性が高いのです。

その結果、信用情報に傷がつき、将来的な借入れや契約にも影響を及ぼしかねません。

以上の理由から、無職やニートの方が消費者金融や銀行から借入を行うことは、現実的ではありません。

無職の人や収入を証明できない人への貸付は法律違反となる

無職の人や収入を証明できない人に対して、消費者金融や銀行などの貸金業者がお金を貸すことは、貸金業法違反となります

貸金業法では、貸金業者は借り手の年収の3分の1を超える融資を行ってはならないと定められています。これは総量規制と呼ばれるルールです。

ふるさと本舗 カードローン編集部

貸金業は貸金業者に適用される法律のため、厳密に言うと銀行は対象外となります。

しかし、消費者金融よりも厳しいと言われる銀行系のキャッシングに無職の人が通過できることは100%ないと言っていいでしょう。

無職の人は当然ながら年収がゼロであるため、たとえわずかな金額であっても貸金業者から借りることはできません

また、収入を証明できない人についても、貸金業者は返済能力を確認できないため、融資を行うことは認められていません。仮に虚偽の申請をして収入があるように見せかけたとしても、審査担当者の長年の経験から見抜かれてしまう可能性が高いでしょう。

無職の人がお金を借りるには、貸金業者以外の選択肢を検討する必要があります。

年金や生活保護でお金を貰っている場合は審査に通る場合もある

無職の方でも、年金や生活保護などの公的支援を受けている場合は、一定の収入があるとみなされ、お金を借りられる可能性があります。

年金受給者の場合、年金担保融資制度を利用することで、比較的低金利で借り入れができます。この制度は、年金証書を担保にすることで、医療費や介護費用、冠婚葬祭費用などの資金を借りられるものです。ただし、生活費の補填には利用できないので注意が必要です。

一方、生活保護受給者は、生活福祉資金貸付制度を利用できる場合があります。この制度は、低所得者向けのセーフティネットとして、生活に困窮している人に対して融資を行うものです。ただし、審査では生活の困窮度合いを伝える必要があります。

また、年金受給者の場合、収入が年金のみでも利用できる金融機関のカードローンがあります。審査に通れば、使途に制限なく自由にお金を借りられるでしょう。

有担保の融資であれば審査なし&即日で借りられる可能性がある

無職やニートの方でもお金を借りる選択肢の一つとして、有担保の融資が挙げられます。

有担保融資とは、借り手が所有する不動産や預金などの資産を担保として提供することで、金融機関から資金を借り入れる方法です。

担保となる資産の価値が融資額をカバーできれば、金融機関は借り手の信用力や返済能力を重視せずに融資を実行できるため、無職の方でも審査なしで借り入れができる可能性があります

また、担保評価が済めば即日での融資も可能なケースが多いでしょう。

ただし、有担保融資には注意点もあります。万が一返済が滞った場合、担保に差し出した資産を金融機関に取られてしまうリスクがあります。

また、融資額は担保価値の一定割合(通常は7~8割程度)に限定されるため、必要な金額が調達できない可能性もあります。有担保融資は無職の方にとって選択肢の一つではありますが、返済計画をしっかり立てた上で慎重に検討することが大切です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

過去に金融事故を起こしている方や無職の方でも、有担保融資であれば多くの方が借入できます。

パソコンやスマートフォンを担保にする「質屋の借入」

パソコンやスマートフォンを担保に質屋でお金を借りることができます。質屋に持ち込める品物の中でも、ノートPCやスマホは比較的高額査定されやすいアイテムです。

ただし、機種やスペックによって融資額は大きく変動します。質入れの際は、パスワードの解除や教示が必要となります。

また、傷つきやすい商材なので、購入時の箱やケースに入れて持ち込むことをおすすめします。箱やケースがない場合、お預かりできないこともあるので注意が必要です。

ふるさと本舗 カードローン編集部

パソコンやスマホは商品のリニューアルが頻繁に行われるため、価格の下落が急激です。半年前に5万円の査定価格だったものが、3万円に下がってしまうこともあります。

質入れ時の査定額と返却時の買取相場が大きく乖離する可能性があるため、長期の借入は避けた方が賢明でしょう。

生命保険の解約返戻金の一部を使う「契約者貸付制度」

生命保険の契約者貸付制度とは、保険契約者が保険会社から解約返戻金の一部を借り入れできる制度のことです。この制度が利用できるのは、終身保険や養老保険など、解約時に解約返戻金が支払われるタイプの生命保険に限られます

契約者貸付制度の大きなメリットは、担保があるため審査が不要で、保険会社によっては即日融資に対応している点です。

また、保険契約を継続したまま資金調達ができるので、契約を解除して再契約する際に年齢による保険料アップや健康上の理由で加入できなくなるリスクを回避できます。

ただし、契約者貸付制度の金利は一般的に複利計算で、利用を重ねるほど金利負担が大きくなります。

また、多用しすぎると保険契約が解除されるリスクもあるため、くれぐれも計画的な利用が求められます。契約者貸付制度の利用を検討する際は、自身の加入している保険の種類を確認し、制度の有無を保険会社に確認することが大切です。

銀行にある定期預金のお金を担保とした「定期預金担保貸付」

定期預金担保貸付は、銀行に預けている定期預金を担保にしてお金を借りる方法です。定期預金の90%程度の金額を、最大200万円~300万円程度まで借りることができます。

ふるさと本舗 カードローン編集部

ゆうちょ銀行をはじめ、多くの銀行が定期預金担保貸付に対応しています。

この貸付の大きなメリットは、定期預金を解約せずにお金を借りられる点です。

また、担保となる定期預金があれば、無職やニートの状態でも、収入や職業の審査なしで借入が可能なケースが多いのも特徴です。

貸付利率は、「預入時の約定金利+0.5%」程度と比較的低めに設定されています。例えばゆうちょ銀行の場合、担保定期貯金なら「預入時の約定金利+0.5%」、担保定額貯金なら「返済時の約定金利+0.25%」となっています。

ただし、定期預金担保貸付の多くは銀行の窓口で手続きが必要で、コンビニATMなどでの申込みはできません。また、借入期間は1~2年程度と比較的短めに設定されているケースが多いようです。

以上のように、定期預金担保貸付は、職や収入がなくてもお金を借りられる可能性が高い一方で、借入額や期間には一定の制限があるという特徴があります。

無職の状態で定期預金を持っている人は、一度検討してみる価値のある選択肢と言えるでしょう。

雇用保険に入っていた人は「失業手当」を貰おう

無職になってしまった場合でも、これまで働いていた期間に雇用保険に加入していれば、失業手当を受給することができます。

失業手当は、離職前の賃金に応じて支給額が決定され、原則として離職後の翌日から起算して7日間は支給されません。受給期間は、年齢や離職前の被保険者期間によって異なりますが、90日から330日の範囲で支給されます。

失業手当を受給するためには、ハローワークに行って手続きを行う必要があります。離職票や雇用保険被保険者証、印鑑、本人確認書類などを持参し、求職の申込みを行います。その後、失業認定日に出頭し、求職活動の実績を報告することで、失業手当が支給されます。

ただし、自己都合で退職した場合や、重大な理由で解雇された場合には、一定期間の給付制限がかかることがあります。

学生で内定がある場合には「就職内定者向けローン」を活用しよう

就職が内定している学生の方は、将来の安定した収入が見込めるため、金融機関から比較的借入がしやすい立場にあります。そんな学生の強みを活かせるのが「就職内定者向けローン」です。

就職内定者向けローンは、内定先企業からの内定通知や誓約書などを提出することで、在学中でも利用可能な借入制度です。利用目的は、入社までの生活費、家賃、引越し費用、スーツなどの身の回り品の購入資金など、幅広く認められています

金利は通常のカードローンと比べると低めに設定されていることが多く、借入限度額も10万円~100万円程度と、学生の方でも無理なく返済できる範囲で借り入れができるでしょう。

ただし、就職内定者向けローンは、あくまでも内定先への入社が前提となっています。もし内定取り消しや自己都合での辞退などがあった場合、即時返済を求められる可能性がありますので、注意が必要です。

専業主婦であれば「配偶者貸付制度」を活用しよう

専業主婦の方で、お金を借りる必要がある場合は、「配偶者貸付制度」を活用するのがおすすめです。

この制度は、配偶者が公的年金に加入していれば、その配偶者(専業主婦)も年金事務所から低金利でお金を借りることができるというものです。

借入額は最大で200万円まで、返済期間は3年以内と定められています。金利は年1.27%(2021年12月現在)と非常に低く、無担保・無保証人で手続きができるのが大きなメリットです。

ただし、借入額の上限は、配偶者の年金加入期間と標準報酬月額によって異なります。

申込みは、配偶者の年金加入先の年金事務所で行います。必要書類は、配偶者の年金手帳、印鑑登録証明書、本人確認書類などです。

専業主婦の方がお金を借りる際は、まずはこの「配偶者貸付制度」の利用を検討してみてください。

無担保の融資であれば国や地方自治体が貸主となる「公的融資制度」を活用しよう

無職やニートの方でもお金を借りる選択肢として、国や地方自治体が提供する公的融資制度を検討してみましょう。これらの制度は、担保を必要とせず、比較的低金利で借入が可能です。

例えば、日本政策金融公庫の「生活衛生資金貸付」では、生活に必要な資金を無担保で借りられます

また、都道府県社会福祉協議会の「生活福祉資金貸付制度」は、低所得世帯を対象に、生活再建に向けた資金を無利子で貸し付けています。これらの公的融資は審査があるものの、民間の金融機関よりも借入条件が緩やかです。

まずは、お住まいの自治体の社会福祉課や社会福祉協議会に相談し、利用可能な制度を探ってみることをおすすめします。

総合支援資金

総合支援資金は、生活困窮者自立支援法に基づく公的融資制度の一つです。

失業などにより生活に困窮し、日常生活を営むのに一時的に困難を抱えている世帯に対して、生活再建までの必要な生活費用の貸付を行います。この制度の対象となるのは、生計中心者の失業等により生活に困窮し、日常生活を営むのに一時的に困難を抱えている世帯です。

ただし、他の公的資金の貸付を受けて延滞している世帯や、過去に破産申し立てをした方がいる世帯などは対象外となります。

貸付金額や償還期間は、世帯の状況に応じて設定されます。貸付の可否は、各都道府県の社会福祉協議会が、世帯の自立に向けた相談支援とあわせて、申請者の状況を総合的に判断して決定します。

貸付を受けた後も、社協による継続的な相談支援を受けることが求められます。

総合支援資金は、生活困窮世帯の自立を後押しする重要な制度ですが、あくまで貸付金であるため計画的な返済が必要です。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯を対象に、経済的自立や生活意欲の向上、社会参加の促進を目的とした公的な融資制度です。

この制度では、生活再建に必要な生活費や住宅の敷金など、一時的に必要な資金を無利子または低金利で借りることができます

利用するには、お住まいの市町村社会福祉協議会や民生委員に相談し、審査を受ける必要があります。審査では、資金の使途や返済能力などが確認されます。

生活保護費や初回給与までのつなぎ資金としての利用が多いですが、滞納した公共料金の支払いや就職活動の交通費など、幅広い目的で活用できます。返済期間は資金の種類によって異なりますが、据置期間経過後、福祉資金であれば20年以内となっています。

無職の方にとって、生活福祉資金貸付制度は、生活再建に向けた心強い支援策の一つといえるでしょう。

求職者支援資金融資

求職者支援資金融資は、失業中の方が再就職に向けて必要な資金を借りられる公的融資制度です。この制度は、雇用保険を受給できない求職者の生活を支援し、再就職を促進することを目的としています

融資の対象となるのは、ハローワークに求職申込みをしている65歳未満の方で、雇用保険を受給できない求職者や学卒未就職者などが該当します。

融資限度額は、単身世帯で月15万円以内、複数世帯で月20万円以内となっており、原則として3か月以内の期間で利用できます。利用にあたっては、ハローワークでの職業相談を受け、再就職に向けた求職活動を行うことが条件となります。

また、世帯の収入や資産などの審査があり、一定の要件を満たす必要があります。返済期間は、据置期間を含めて10年以内で、利率は連帯保証人を立てる場合は無利子、立てない場合は年1.5%となります。

失業中で生活資金に困窮している方にとって、求職者支援資金融資は心強い味方となるでしょう。ただし、あくまでも再就職に向けた支援策であることを理解し、計画的に利用することが大切です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金は、20歳未満の子供を扶養しているひとり親家庭や寡婦を対象とした公的融資制度です。

自治体の福祉担当窓口に申請し、審査に通れば比較的低利で資金を借りられます。用途に応じて12種類の資金があり、事業開始や継続のための資金、修学資金、技能習得資金など幅広くカバーしています。

無利子か年1%程度の低金利で、返済期間は用途によって7年~20年と長めに設定されているのが特徴です。

ただし審査では、返済能力や使途、生活状況などがチェックされます。ギャンブルや浪費に使われる恐れがある場合は貸付が認められない可能性もあるので注意が必要です。

教育一般貸付

教育一般貸付は、教育に関する幅広い資金需要に対応するための公的融資制度です。入学金、授業料、教材費、学習塾の受講料など、教育に必要な様々な費用に利用できます。

融資の対象者は、世帯の年収が一定以下の低所得者世帯です。無職やニートの方でも、世帯全体の収入が基準内であれば利用可能です。

融資限度額は学校の種類によって異なりますが、大学などの高等教育機関に通う場合は最大で300万円まで借りられます。

金利は固定金利で、返済期間は在学期間を含めて最長20年です。在学中は利子のみの返済でよく、卒業後に元金の返済が始まります。

教育費用の工面に悩む低所得世帯にとって、教育一般貸付は学びの機会を得るための心強い味方となるでしょう。

雇用保険に入っていた人は「失業手当」を貰おう

無職になってしまった場合でも、直前の仕事で雇用保険に加入していれば、失業手当を受給することができます。

失業手当は、離職前の賃金に応じて支給額が決まり、原則として離職後の翌日から起算して7日間は支給されません。受給できる期間は、年齢や離職前の被保険者期間によって異なりますが、最長で330日間受け取ることが可能です。

失業手当を受給するためには、ハローワークに行き、離職票を提出して手続きを行う必要があります。受給資格が認められると、4週間に1度、失業認定日にハローワークに出向き、求職活動の実績を報告しなければなりません。この手続きを怠ると、失業手当が支給されなくなってしまうので注意が必要です。

無職の期間中は、生活費の確保が大変ですが、雇用保険に加入していた人は、失業手当を活用することで、一時的な収入を得ることができます。

ただし、再就職先が決まり次第、失業手当の受給は終了となるので、受給期間中は積極的に求職活動を行い、早期の就職を目指すことが大切です。

学生で内定がある場合には「就職内定者向けローン」を活用しよう

就職が内定している学生の方は、将来の安定した収入が見込めるため、金融機関から「就職内定者向けローン」を利用してお金を借りることができます。

このローンは、就職後の返済を前提としているため、無職の状態でも申し込むことが可能です。就職内定者向けローンの特徴は、低金利であることが多く、返済期間も就職後に設定されるため、無理なく返済できるようになっています。

ただし、借入額や金利、返済期間などの条件は金融機関によって異なるため、事前によく比較検討することが大切です。

また、就職内定者向けローンを利用する際は、内定先企業からの内定通知書や、卒業見込み証明書などの提出が必要となる場合があります。必要書類については、金融機関のウェブサイトや窓口で確認しておきましょう。

就職内定者向けローンは、学生で内定をもらっている方にとって、無職の状態でもお金を借りることができる心強い選択肢の一つです。

クレジットカードを持っているなら「キャッシング枠」を活用しよう

無職やニートの状態でお金を借りる方法の一つとして、すでにクレジットカードを持っている方は「キャッシング枠」を活用するのがおすすめです。

キャッシング枠とは、クレジットカードに付帯している借入枠のことで、一定の限度額内であれば、ATMやネットバンキングを通じて簡単にお金を借りることができます。

ただし、キャッシング枠の金利は一般的に高めに設定されているため、返済計画をしっかりと立てることが大切です。無職やニートの状態では安定した収入が見込めないため、少額から借り始め、確実に返済できる範囲内で利用するようにしましょう。

また、複数のクレジットカードを持っている場合は、金利の低いカードを優先的に使うことで、利息負担を抑えることができます。

キャッシング枠を活用する際は、返済期日を守ることが何よりも重要です。延滞してしまうと、延滞金の発生や信用情報への悪影響など、さまざまなデメリットが生じる可能性があります。

無職やニートの状態でも、工夫次第でお金を借りることは可能ですが、返済能力を十分に見極めた上で、慎重に利用することが賢明です。

お金は借りられないが後払いできるアプリやサービスはある

バンドルカード

バンドルカードは、スマホアプリから簡単に作れるVisaプリペイドカードです。審査や年齢制限がないため、クレジットカードを持てない学生や無職の方でも利用可能です。

アプリをインストールし、必要事項を入力するだけですぐにバーチャルカードが発行されます。チャージは銀行振込や「ポチっとチャージ」という後払い機能を使えば、手元に現金がなくてもショッピングができます

ただし、「ポチっとチャージ」の利用には審査があり、使いすぎには注意が必要です。また、利用限度額は10万円と比較的低めに設定されています。

バンドルカードは、クレジットカードのように信用情報に傷がつくことはありませんが、計画的な利用を心がけましょう。

Paidy

Paidyは、無職やニートの方でもクレジットカードなしで利用できる後払い決済サービスです。 審査は必要ですが、職業や年収に関係なく利用可能で、オンラインショッピングや公共料金の支払いに便利です。

Paidyの利用限度額は、初回利用時は3万円程度ですが、利用実績に応じて最大30万円まで増額されます。

支払いは、翌月の指定日に口座振替で行われ、手数料は無料です。ただし、支払いが遅れると延滞金が発生するので注意が必要です。

無職やニートの方にとって、Paidyは現金がなくても必要な商品やサービスを購入できる便利なツールです。しかし、後払いであることを理解し、計画的に利用することが大切です。

無職やニートの状態で5万円~20万円を借りるにはどうすればいい

無職やニートの状態で5万円~20万円を借りるための選択肢として、主に以下の内容が挙げられます。

無職やニートの状態で5万円~20万円を借りるにはどうすればいいか
  • 5万円借入する際の選択肢
  • 10万円借入する際の選択肢
  • 20万円借入する際の選択肢

それぞれ詳しく解説していきます。

ふるさと本舗 カードローン編集部

これぐらいの金額感であれば基本的に借入方法はほとんど変わりません。

5万円借入する際の選択肢

無職でも5万円程度のお金を借りる方法はいくつかあります。状況やパターン別に解説していきます。

生活に困窮している場合は「生活福祉資金貸付制度」

まず、生活に困窮している場合は、社会福祉協議会の「生活福祉資金貸付制度」を利用できます。低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯が対象で、無利子で借りられます。ただし、申請から融資まで1ヶ月以上かかるのがデメリットです。

生命保険に加入している人は「契約者貸付制度」

次に、生命保険に加入している人は、「契約者貸付制度」を利用できます。保険契約の解約返戻金の範囲内で、申込みから1週間ほどで借入できます。審査はなく、利息も比較的低金利なのがメリットです。

学生で内定が決まっている人は「内定者専用ローン」が利用可能

また、学生で内定が決まっている人は、銀行の「内定者専用ローン」が利用可能です。アルバイトなどの安定収入がなくても、内定先の企業に勤務することを条件に、10万円程度まで借りられます。

配偶者に安定収入がある専業主婦(主夫)は「配偶者貸付制度」が利用可能

最後に、配偶者に安定収入がある専業主婦(主夫)は、配偶者貸付制度を使って消費者金融や銀行のカードローンを利用できます。配偶者の収入を合算して審査されるため、パート収入程度でも通過できる可能性が高いです。

また、配偶者の職場への在籍確認の電話もないので安心です。

10万円借入する際の選択肢

無職の状態で10万円を借りるには、いくつかの選択肢があります。

質屋の利用

まず検討したいのが、質屋の利用です。本人確認のみで品物を担保に預ければ、審査なしで10万円程度なら借りられるかもしれません。ややこしい手続きは不要ですが、返済期限内に返済できないと担保が処分されてしまうリスクがあります。

公的融資制度の利用

無職でも利用できる公的な貸付制度もあります離職者を対象とした「緊急小口資金」や「総合支援資金」では10万円以上の借り入れが可能です。これらは銀行や消費者金融での借り入れが難しい人にとって心強い選択肢となります。ただし申請から融資まで数日から2週間ほどかかるため、緊急性の高い資金ニーズには向きません。

親族や友人からの借入

最後に、親族や友人からの借り入れも検討の余地があります。金利は発生せず審査もありませんが、人間関係への影響は慎重に考える必要があるでしょう。あくまで応急処置と割り切って、返済のメドを立ててから借りるようにしましょう。

20万円借入する際の選択肢

無職の状況によっては、20万円程度のまとまったお金を借りることも可能です。

失業等で生活に困窮している場合は社会福祉協議会の「総合支援資金貸付制度」

失業等で生活に困窮している場合は、社会福祉協議会の「総合支援資金貸付制度」を利用できます。これは、失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難になっている世帯に対して、生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行う制度です。

生命保険に加入していて解約返戻金がある場合は、「契約者貸付制度」

また、生命保険に加入していて解約返戻金がある場合は、「契約者貸付制度」を利用するのも一つの選択肢です。これは、保険契約者に対して保険会社が契約者貸付の特約に基づいて貸付を実行するもので、審査なしで簡単に借入できるのが特徴です。

就職が内定している学生は「内定者専用ローン」が利用可能

一方、就職が内定している学生は、「内定者専用ローン」が利用可能です。これは、就職が内定した学生に対して、入社までの期間に必要なお金を低金利で貸し付ける商品で、20万円程度なら借入できるケースが多いです。

いずれにせよ、借入の際は返済計画をしっかり立て、延滞のないように計画的に返済していくことが重要です。

就業状態であれば無職になる・失業する予定でも消費者金融が使える

就業状態であれば今後無職になる予定や失業する予定があった場合でも、消費者金融を使って借入をすることができます

ふるさと本舗 カードローン編集部

消費者金融で見られる情報は今現在の情報と過去の情報であり、今後の収入や就業状況について問われることはありません。

本章では人気が高くおすすめの消費者金融をご紹介いたします。

スクロールできます
消費者金融金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認


アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則なし

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日◯or×◯or×1,000円~原則なし

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分※
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムのメリット・デメリット

メリット
  • 即日融資が可能で、最短20分で借入できる
  • アプリから24時間いつでも申込・借入・返済ができる
  • 20歳以上で安定収入があれば学生・主婦も利用可能
デメリット
  • 他社と比べ金利が平均的で、やや高めである
  • 提携ATMの手数料が有料

アコムのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 初回30日間無利息キャンペーン実施中

※2024年3月25日時点での情報

アコムの特徴

アコムのカードローンは、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の安心感と使いやすさが魅力です。はじめての方なら契約日の翌日から30日間は金利0円でお借入れが可能。最短20分の審査スピードで、急な出費にも対応できます。

WEB完結なら来店不要で、スマホ1台ですべての手続きが完了。働く女性や安定した収入のある主婦・学生の方も利用可能です。

借入限度額は1万円~800万円。実質年率は3.0%~18.0%で、借入残高に応じて定率リボルビング方式で返済していきます。ATMやコンビニなど、借入れと返済の方法も多彩です。

もし審査に不安がある場合は、まずは「3秒診断」で借入れ可能か事前にチェックできます。収入があれば無職でもアコムで借りられる可能性はゼロではありません。ただし審査はしっかりと行われるため、返済能力が見込めない場合は残念ながら借入れは難しいでしょう。

それでも、アコムは消費者金融の中でもトップクラスの利用者数を誇る、頼れる存在。 無職の方が借入れを検討する際は、一度相談してみる価値は十分にあります。

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし

アイフルのメリット・デメリット

メリット
  • 最短即日融資が可能で、急な出費にも対応できる
  • 勤務先への在籍確認の電話は原則行わないため、プライバシーが守られる
  • 初回利用時は最大30日間無利息で借りられる
デメリット
  • 金利が3.0%~18.0%と銀行カードローンより高め
  • アイフルATM以外での借入・返済には手数料がかかる

アイフルのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 源泉徴収票提出キャンペーンで総額500万円が当たる

※2024年3月25日時点での情報

アイフルの特徴

アイフルは大手消費者金融の中でも、無職の方への融資に比較的柔軟な会社です。アイフルのカードローン「キャッシングローン」は、定期的な収入と返済能力があれば、パートやアルバイトの方も申し込み可能

審査はスピーディーで、来店不要のWEB完結も可能です。在籍確認の電話も原則ありません。契約日の翌日から最大30日間は利息0円なので、利息の負担を抑えられるのも魅力です。

ただし無職の方がアイフルで借りるのは難しいのが現状です。年金受給者など安定した収入があれば別ですが、基本的に「定期的な収入」が申し込み条件となっています。

とはいえアイフルは、銀行系列ではない独立系の消費者金融として、他社に比べて無職の方への融資にも柔軟な姿勢を見せています。

まずは「1秒診断」でお試し審査を受けてみるのもよいでしょう。返済は口座振替やATM、アプリを使ったスマホ返済など、多彩な方法から選べます。利用限度額は最大800万円と大きめなので、まとまったお金が必要な時にも頼りになる存在です。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし

プロミスのメリット・デメリット

メリット
  • インターネット申込なら最短20分で借入可能
  • 勤務先への電話確認が原則なし
  • 最短3秒の簡易診断サービスで借り入れ可能性を審査
デメリット
  • 銀行系カードローンよりは金利が高め
  • プロミス以外のATMは手数料がかかる

プロミスのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 30日間無利息サービスを実施中

※2024年3月25日時点での情報

プロミスの特徴

プロミスは大手消費者金融の一つで、無職の方でも申し込み可能なカードローンサービスを提供しています。ただし、無職の方の場合は安定した収入がないため、審査基準はやや厳しめです。

プロミスのカードローンは、WEB完結で申し込みができ、最短即日融資も可能です。また、専用アプリを使えば、いつでもどこでもスマートフォンから簡単にお金を借りることができます。プロミスの金利は他社と比べて低めに設定されており、初回利用から30日間は無利息で借りられるサービスもあります。

無職の方がプロミスのカードローンを利用するには、「毎月の安定した収入」の代わりに、「金融資産」や「不動産」などの資産証明が必要になる場合があります

また、「配偶者の収入証明」や「親族による保証」などの条件を満たすことで、審査に通過しやすくなります。プロミスは即日融資に対応しているので、急な出費の際に便利です。

Webやアプリから申し込み可能なので、来店不要で手続きができます。ただし、無職の方は審査が通りにくいため、事前に必要書類を確認し、できる限り多くの信用情報を提供することが重要です。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則電話連絡なし

SMBCモビットのメリット・デメリット

メリット
  • 審査が最短30分、最短即日融資が可能
  • WEB完結申込なら職場や家族にばれない
  • 三井住友カードが運営し安心感がある
デメリット
  • 他社と比べ金利が高め
  • 無利息期間などの特典サービスがない

SMBCモビットのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&お借り入れで9,999円分のVポイントギフトプレゼント

※2024年3月25日時点での情報

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットは、三井住友カードが提供する即日融資が可能なカードローンサービスです。Web完結申込なら最短10秒の簡易審査、最短30分の本審査で、スピーディーに借入できるのが特徴。無職の方でも、不動産収入がある場合は利用できる可能性があります。

また、三井住友銀行内のローン契約機で申込やカード受取ができ、平日休日問わず9時~21時まで利用できる手軽さも魅力です。

さらに、SMBCモビットならではの特典として、Tカードプラスを選べば、カードローンとクレジットカード、Tカードが一体となり、お買い物でVポイントが貯まるお得なサービスも。

Web完結なら在籍確認の電話連絡なしで手続きできるので、プライバシーを守りながらスマートにお金を借りられます。急な出費の際も、ネットとスマホだけで、カードレスのATM取引ですぐに借入・返済が可能。まずは10秒の簡易審査を試してみては。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし

レイクのメリット・デメリット

メリット
  • 最短30分で審査結果が出て、即日融資も可能
  • 初回利用なら最大30日間の無利息期間がある
  • Webやスマホから簡単に申し込める
デメリット
  • 金利が4.5~18.0%と他社より高め
  • 他社より借入限度額が低い傾向にある
  • 提携ATM以外だと手数料がかかる

レイクのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 初めての借り入れで30日間特典あり

※2024年3月25日時点での情報

レイクの特徴

レイクは新生フィナンシャル株式会社が運営する消費者金融系のカードローンサービスです。無職の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば利用できる可能性があります。

レイクの特徴は、WEB完結で申込みから借入れまでの手続きが可能な点です。最短15秒で審査結果が分かり、カードレス契約にも対応しているため、自宅に郵送物が届くこともありません。

また、セブン銀行ATMの「スマホATM取引」を利用すれば、専用アプリでカードレスのまま借入れや返済ができます。無利息期間は最大180日間から選択でき、借入限度額は最大500万円と幅広いのも魅力です。ただし金利は年4.5%〜18.0%とやや高めに設定されています。

レイクは即日融資にも対応しており、急な出費の際に頼りになるでしょう。在籍確認の電話も原則ありませんが、審査次第で必要になる場合もあります。

以上のように、レイクは無職の方でもネットで完結でき、スピーディーな借入れが可能な消費者金融系カードローンといえます。ただし、ご利用には審査があり、借りすぎにはくれぐれも注意が必要です。

無職がお金を借りる際によくある質問

レイクは無職でも借りられると聞いたのですが本当ですか?

レイクを含む消費者金融では、基本的に安定した収入がないと借入審査に通過することは難しいです

レイクでは、パート・アルバイトなど非正規雇用の方でも年収の条件を満たせば借入が可能ですが、完全な無職の方は審査の対象外となります。

ただし、一時的な失業中で再就職の見込みがある場合や、配偶者に安定収入がある専業主婦の場合は、審査に通過できる可能性があります

また、自営業の方で事業収入がある場合も、収入証明ができれば借入の対象となります。

無職の方がどうしてもお金を借りる必要がある場合は、総合支援資金などの公的融資制度や、質屋での質入れ、生命保険の契約者貸付制度などの選択肢があります。

無職なのですが市役所に行けばお金を借りられますか?

無職の方でも、市役所の「生活福祉資金貸付制度」を利用することで、一定の条件のもとお金を借りることができます

この制度は低所得者世帯、高齢者世帯、障害者世帯などを対象としており、生活費や就職活動費用などの貸付を行っています。特に失業により収入が減少し生活に困窮している方向けには、「総合支援資金」という低金利の貸付制度があります。

ただし、住所がない方、生活保護や失業給付を受けられる方、債務整理の予定がある方、就職活動をしていない無職の方などは借りることができません。

また、申請から融資までに最短でも1ヶ月程度かかるため、即日でお金を借りることはできません。市役所での貸付を受けるには、まずは住んでいる地域の市区町村社会福祉協議会に相談し、申込書や必要書類を提出します。

その後、世帯収入や滞納状況などの審査が行われ、問題なければ貸付が決定されます。生活福祉資金貸付制度は、消費者金融などに比べて金利が低く設定されているのが特徴です。

条件によっては無利子で借りられることもあるため、無職で生活に困窮している方にとっては心強い制度と言えるでしょう。

無職でもお金を即日借りられる方法はありますか?

無職の方がお金を即日借りるのは難しいですが、いくつか方法はあります。

まず、クレジットカードを持っている場合は、キャッシング枠を利用することで即日でお金を借りられます。ただし、借入額や金利には注意が必要です。

次に、質屋を利用する方法があります。価値のある品物を担保に預ければ、審査なしですぐにお金を借りられます。ただし金利が高めなので、短期の借り入れに適しています。

また、親族や知人に借金を申し込むのも一つの手段です。金銭的な関係になるリスクはありますが、柔軟に対応してもらえる可能性があります。返済計画はしっかり立てましょう。

最後に、生活困窮者向けの公的融資制度の利用が考えられます。母子父子寡婦福祉資金や総合支援資金などがあり、事情によっては無職でも低利または無利子で借りられます。ただし即日融資ではなく、申請から融資まで一定の時間がかかります。

いずれにせよ、無職の状態が長く続くとお金の借り入れはますます難しくなります。

できるだけ早く就職活動を行い、安定収入を得られるよう努力することが大切です。

TikTokやYoutubeで無職の人がコンビニでお金を借りる広告を見たのですが本当に可能ですか?

TikTokやYoutubeで見かける、無職の人がコンビニでお金を借りられるという広告は、実際には消費者金融などの貸金業者による宣伝です。

コンビニでは直接お金を借りることはできません。

これらの広告は、無職の人でも簡単にお金が借りられると謳っていますが、実際には審査があり、無職の方が借入を認められるケースは非常に稀です。

また、無職の方が借入を行った場合、返済原資がないため延滞や債務不履行に陥るリスクが高くなります。安定した収入のない無職の方が、消費者金融からお金を借りることは避けるべきでしょう。

生活費に困窮している場合は、まずは行政の生活支援制度や求職活動をご検討ください。

まとめ

無職の状態でお金を借りるのは非常に難しいですが、不可能ではありません

まずは家族や親しい友人に相談するのが一般的ですが、それが難しい場合は公的機関の支援制度を利用するのも一つの手段です。生活福祉資金貸付制度や総合支援資金などを活用できる可能性があります。

一方で、無職の状態で消費者金融や銀行からお金を借りるのはほぼ不可能と言えます。仮に借りられたとしても、返済の目途が立たないため、多重債務に陥るリスクが非常に高くなります。

お金に困っている状況は辛いものですが、闇金などに手を出すのは絶対に避けましょう。債務整理などの法的手段も視野に入れつつ、就職活動に力を入れることが賢明だと言えるでしょう。

目次