PR

フリーターも借りられるおすすめカードローン!皆の審査結果と限度額も

フリーターも借りられるおすすめカードローン!皆の審査結果と限度額ものアイキャッチ

2022年に金融庁が発表したアンケート調査結果によると、以下の画像のように「3年以内にキャッシングを経験した」方のうち、約16%が「パート・アルバイト」に該当していました。

キャッシング利用者の約6人に1人はパート・アルバイトという事実からは、非正規雇用でも問題なくお金を借りられることが分かります。

そこで今回は、特に「フリーター」の方に焦点を当て、おすすめの申込先や審査のポイントを詳しくまとめました。

フリーターにおすすめなカードローンの記事概要
目次

フリーターでもカードローンを利用できる?条件も併せて解説

結論から言うと、フリーターの方がカードローンを利用することは、決して難しくありません

各金融機関の公式情報を見てみても、パート・アルバイトの会員は決して少なくないと分かります。

参照元:こんなお客様にご利用いただいています-アイフル

2022年に金融庁が発表したアンケート調査結果を見てみても、3年以内にキャッシングを利用した方の約6人に1人「パート・アルバイトやフリーター」です。

最低限の返済能力さえ認められれば、フリーターであってもカードローンの審査に通過することができるでしょう。

ただし、「信用情報に非常に重い問題がある」「すでに複数の他社からお金を借りている」という場合や、収入が非常に不安定である場合には、審査落ちの可能性が高くなります。

フリーターにおすすめのカードローンを皆の審査結果・限度額付きで紹介

パート・アルバイトの方の申し込みを受け付けているカードローンは、意外と多いです。

ここからは、パート・アルバイトの方の利用報告が特に多いカードローンと、実際の審査結果を紹介していきます。

フリーターにおすすめのカードローンとその審査警告

アイフル・上限金利18.0%
最短3分融資
・はじめての方なら最大30日間利息0円
・パート、アルバイトの審査通過が多い
高額な他社借入を抱えた方の審査通過報告が多い
プロミス・上限金利17.8%
最短3分融資
・30日間無利息
・パート、アルバイトの審査通過が多い
多重債務には厳しめ
レイク・上限金利18.0%
最短25分融資
180日間5万円以下無利息、または60日間無利息
・パート、アルバイトの審査通過が多い
・官報の情報を閲覧しない
アコム・上限金利18.0%
最短25分融資
・30日間無利息
・パート、アルバイトの審査通過が多い
・他社借入に比較的寛容
大手の中では信用情報の問題に寛容
SMBCモビット・上限金利18.0%
・最短即日融資
・パート、アルバイトの審査通過が多い
信用情報の問題に厳しい
・他社借入に比較的寛容
※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
三菱UFJ銀行バンクイック上限金利14.6%
・最短1営業日融資
・口座開設は不要
・パート、アルバイトの審査通過が多い
・他社借入や信用情報に問題がある方の通過を確認
みずほ銀行カードローン上限金利14.0%
・融資まで数営業日~
口座開設が必要
・パート、アルバイトの審査通過が多い
他社借入「件数」をあまり重視しない
楽天銀行スーパーローン上限金利14.5%
・融資まで1週間前後
・口座開設は不要
パート、アルバイトや自営業者に厳しめ
・ただし配偶者の扶養に入っている方は有利

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

アイフルはバイト先への在籍確認を絶対に避けたい場合におすすめ

アイフルの特徴
  • 土日祝日も最短20分融資
  • 勤務先への電話を絶対に避けたいときにおすすめ
  • パート・アルバイトの方の審査通過報告が多い
  • 高額な他社借入を抱える方の審査通過報告が多い

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

アイフルは、「アルバイト先への確認の電話を絶対に避けたい」という場合におすすめの申込先です。

カードローンの審査では、状況に応じて「電話による勤務先の確認」を要求される場合があります。

ですがアイフルは、「申込者の同意なく、勤務先に電話を掛けない」ことを公式サイトに明記しています。

「絶対にバイト先に電話を掛けてほしくない」という場合には、このアイフルが有力な申込先候補となるでしょう。

また、こちらの会社でも、最短20分で融資を受けることができます。

金利3.0%~18.0%(月1.5%程度)
限度額1万円~800万円※2
※上限は年収の3分の1
初回特典はじめての方なら最大30日間利息0円
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時

(2)ネット契約+口座登録
一部ネット銀行等は対象外
勤務先への電話原則なし仮に在籍確認が必要でも事前確認あり+書類で代替可
申込み~融資の所要時間最短20分※1
借入方法銀行振込
土日祝日も最短10秒

ATM出金
┗スマホATM取引対応(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
返済方法自動引き落とし

ATM入金
┗スマホATM取引対応

銀行振込
申込み条件満20歳から69歳までの方で、お仕事をされている方
その他・備考口座登録が可能なら必要書類なしで契約できる場合あり

※1申込状況によってはご希望に添いかねます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

審査に不安がある方の「アイフル」審査結果

「アイフル」の審査面での特徴は、重い他社借入「総額」に寛容であることです。

これまでに、アイフルでは年収の8割を超える債務を抱えた方の審査通過が、複数報告されています。

その一方で借入「件数」が4件に達すると、審査に落ちる可能性が高くなります。

「アイフル」アンケート結果より一部

属性契約内容
・年収50万円
・学生アルバイト(1年)
・金利18.0%
・限度額10万円
・年収60万円
・アルバイト(3年)
・金利18.0%
・限度額9.8万円
年収100万円

パート(5年)

他社借入1社25万円
┗銀行カードローン
・金利18.0%
・限度額3万円
年収103万円

アルバイト(1年)

他社借入1社10万円
┗消費者金融会社
・金利18.0%
・限度額10万円
年収140万円

パート(1年)

他社債務2社計50万円
┗ショッピングリボ2社
・金利18.0%
・限度額28.1万円
年収264万円

会社員(8年)

他社借入3社計250万円
┗うち銀行2行200万円、消費者金融1社50万円
・金利18%
・限度額22万円
・直前に他社で審査落ち
年収286万円

会社員(4年)

他社債務3社計250万円
┗信金金庫130万円
┗消費者金融50万円
┗ショッピングリボ70万円
・金利18%
・限度額7万円
年収405万円

公務員(3年)

他社債務4件計320万円
┗レイク130万円
┗ショッピングリボ75万円
┗キャッシングリボ25万円
┗銀行フリーローン90万円
・審査落ち
年収400万円

会社員(4年)

他社債務件数不明、計180万円
┗いずれもショッピングリボ
・金利18%
・限度額30万円
引用:アイフルの審査は甘い?年収50万円で通過した人と審査落ちした人の違い、審査結果が来ないときの対処方法

プロミスはパート・アルバイトでも即日融資を受けやすい

プロミスの特徴
  • 土日祝日も最短3分融資
  • パート・アルバイトの方の審査通過報告が多い
  • 誰にも知られず借りやすい
  • 大手消費者金融の中では少し低金利

※状況によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスは、フリーターを含むパート・アルバイトの方の審査通過報告が多いカードローンの1つです。

「複数の他社借入」などの問題が無ければ、年収が100万円未満であっても審査に通過できる可能性は高いです。

また、「土日も最短3分融資」「自宅への郵送物を避けやすい」といった、使い勝手の良さも大きな特徴です。

「プロミス」はフリーターの方を含む、幅広い層へおすすめしやすいキャッシングサービスだと言えるでしょう。

金利4.5%~17.8%(月1.483%程度)
限度額1万円~500万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回借入日の翌日から30日間無利息(金利0%)
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時

(2)ネット契約+口座登録

(3)ネット契約+アプリで本人確認
┗運転免許証または在留カードが必要
勤務先への電話原則なし
申込み~融資の所要時間最短3分
借入方法銀行振込
┗土日も最短10秒

ATM出金
┗スマホATM取引対応(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
返済方法自動引き落とし

インターネット返済

ATM入金
┗スマホATM取引対応(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)

銀行振込
申込み条件年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方
その他・備考三井住友銀行グループ

18歳、19歳の方が申し込む際には収入を確認できる書類が必要(給与明細2ヵ月分など)

カードローンの利用に応じて「Vポイント」を貯められる

審査に不安がある方の「プロミス」審査結果

これまでに実施したアンケート調査の中から、パート・アルバイトの方や、信用情報などに問題がある方の結果報告を以下にまとめました。

この結果により、プロミスは「年収が高くなくても審査に通過できる」一方、複数の他社借入には少し厳しいと分かります。

また、「他社借入が無ければ」信用情報に問題があっても、契約を結べることがあります。

「プロミス」実際の利用者アンケートより

属性契約内容
・年収60万円
・学生アルバイト(2ヶ月)
・限度額10万円
・金利17.8%
・年収70万円
・アルバイト(1年)
・限度額10万円
・金利17.8%
・年収72万円
・パート(9年)
・限度額10万円
・金利17.8%
・年収96万円
・学生アルバイト(6ヶ月)
他社借入1社20万円
・限度額10万円
・金利17.8%
・年収96万円
・アルバイト(1年)
他社借入3社計40万円
審査落ち
・年収100万円
・学生アルバイト(1年)
・限度額10万円
・金利不明
・年収180万円
・アルバイト(2年)
・限度額15万円
・金利17.8%
・年収190万円
・アルバイト(3年)
・限度額10万円
・金利17.8%
・年収200万円
・学生アルバイト(1年)
・2年以内に1ヶ月程度のカード延滞
・限度額24万円
・金利17.8%
・年収200万円
・アルバイト(1年)
・他社借入1社50万円
・2ヶ月以内にクレカ1ヶ月程度延滞
・限度額10万円
・金利17.8%
・年収240万円
・アルバイト(1年)
・限度額10万円
・金利17.8%
・年収270万円
・アルバイト(14年)
・他社借入2社計66万円
・限度額24万円
・金利17.8%
・年収300万円
・派遣社員(3ヶ月)
他社借入1社30万円
5年以内に2ヶ月以上延滞
審査落ち

レイクは10万円以下の借入と相性が良い無利息サービスが魅力

レイクの特徴
  • 土日祝日も最短25分融資
  • 「180日間5万円以下無利息」「60日間無利息」のおかげで少額または短期間の借入がお得
  • パート・アルバイトの方の審査通過報告が多い
  • 誰にも知られず借りやすい

「レイク」は、少額または短期間の借入と相性が良いキャッシングサービスです。

これは、レイク独自の「180日間5万円以下無利息」「60日間無利息」という「選べる無利息」特典のためです。

フリーターの方は正社員に比べると、どうしても大きなお金を借りにくい傾向にあります。

そして借入金額が低いことは、「180日間5万円以下無利息」の特典を有効活用しやすいことに繋がります。

例えば借入額が10万円なら、180日の間、借入額のうち半分、またはそれ以上の金利が0%となります。

低負担でカードローンを利用したい、パート・アルバイトの方にとっては、有力な申込先候補と言えるでしょう。

「最短25分融資」「郵送物なしで借りやすい」といったサービス面も申し分ありません。

金利4.5%~18.0%(月1.5%程度)
限度額1万円~500万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回契約日の翌日から、
60日間無利息 
┗Web申込以外なら30日

180日間5万円以下無利息のいずれかを選択
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時

(2)ネット契約+口座登録

(3)ネット契約+アプリで本人確認 
    ┗運転免許証が必要
勤務先への電話原則なし
申込み~融資の所要時間最短25分
借入方法銀行振込(詳細:公式HP

ATM出金
┗スマホATM取引を含む(セブンイレブン)
返済方法自動引き落とし

インターネット返済

ATM入金
┗スマホATM取引対応

銀行振込
申込み条件満20歳以上70歳以下の方で、安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
その他・備考新生銀行グループ

大手消費者金融会社の中で、唯一「官報」の情報を閲覧しない

大手消費者金融会社の中で、唯一「収入が年金のみ」の方の申込みが可能

審査に不安がある方の「レイク」審査結果

パート・アルバイトの方をはじめとする、審査に不安がある方の「レイク」審査結果は以下の通りです。

注目したいのは、年収の半分を超える銀行カードローン債務を抱えて審査に通過した、フリーターの方の存在です。

このことからレイクは、銀行からの借入を比較的、軽視する傾向にあると分かります。

この傾向自体は、大手消費者金融において珍しいものではありません。

ただし、借入「件数」が4件に達すると、債務額が年収の4分の1程度であっても、審査に落ちてしまうことがあります。

「レイク」審査結果報告より抜粋

属性審査結果
・年収100万円
・学生アルバイト(1年)
・金利18%
・限度額10万円
・年収100万円
・パート(2年)
・2年以内にクレカ1ヶ月程度延滞
・金利18%
・限度額10万円
・年収120万円
・パート(8年)
・他社借入1社20万円(消費者金融)
・金利18%
・限度額10万円
・年収155万円
・アルバイト(0ヶ月)
・失業保険受給中
・他社借入1件42万円(消費者金融)
・金利18%
・限度額9万円
・年収200万円
・契約社員(5年)
他社債務4社計54万円
 ┗銀行1社、消費者金融2社、リボ1社
・審査落ち
・年収200万円
・アルバイト(3年)
他社借入1件110万円(銀行)
・金利18%
・限度額15万円
引用:レイクの審査は厳しい?体験談から分析する審査基準と最短25分融資の流れ

アコムは信用情報などの審査不安があっても利用しやすい

アイフルの特徴
  • 土日祝日も最短20分※融資
  • 勤務先への電話を絶対に避けたいときにおすすめ
  • パート・アルバイトの方の審査通過報告が多い
  • 信用情報に問題がある方の審査通過報告が多い

「アコム」は、信用情報に問題がある方の通過報告が多い大手消費者金融会社です。

また、全国に多数の無人店舗を設置しているため、「店舗でカードを受け取りたい」という場合にもおすすめです。

一方、振込の対応時間が限定的であるなど、インターネットを使った契約や手続きは、少し苦手な傾向にあります。

金利3.0%~18.0%(月1.5%程度)
限度額1万円~800万円
※上限は年収の3分の1
初回特典初回契約日の翌日から30日間無利息(金利0%)
自宅への郵送物以下の場合なし/回避可
(1)来店契約時

(2)ネット契約+口座登録
┗みずほ銀行、楽天銀行などは利用できないので注意
勤務先への電話原則なし
※例外が生じても事前連絡あり
申込み~融資の所要時間最短20分※
借入方法銀行振込

ATM出金
┗スマホATM取引対応(セブンイレブン)
返済方法自動引き落とし
インターネット返済
ATM入金
┗スマホATM取引対応
銀行振込
申込み条件18歳以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する方
その他・備考18歳、19歳の方が申し込む際には収入を確認できる書類が必要(給与明細2ヵ月分など)

三菱UFJ銀行グループ

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

審査に不安がある方の「アコム」審査結果

アコムは大手消費者金融会社でありながら、いわゆる「ブラック」状態の方の審査通過報告が多いです。

その中には、パート・アルバイトの方も複数含まれます。

信用情報に不安があるフリーターの方にとって、「アコム」は重要な申込先候補となります。

「アコム」申込者へのアンケートより

属性契約内容
・年収40万円
・パート(1年)
5年以内に2ヶ月以上のクレカなどの延滞
・金利18%
・限度額10万円
・年収100万円
・アルバイト(3年)
・金利18%
・限度額30万円
・年収116万円
・アルバイト(5年)
・リボ残高30万円
・金利18%
・限度額10万円
・年収120万円
・自営業(3年)
クレジットカードを2ヶ月以上延滞「中」
・審査には通ったがキャンセル(提示条件不明)
・年収145万円
・アルバイト(1年)
・他社借入20万円(銀行)
・金利18%
・限度額20万円
・年収190万円
・アルバイト(3年)
・他社借入20万円(貸金業者)
5年以内にクレカ等を2ヶ月以上延滞
クレジットカード支払い延滞「中」
・金利18%
・限度額20万円
・年収200万円
・会社員(1年)
・リボ残高2件計90万円
クレカ等2ヶ月以上延滞「中」
・金利18%
・限度額10万円
・直前に他社で審査落ち
・年収200万円
・アルバイト(1年)
・金利18%
・限度額10万円
・年収200万円
・アルバイト(1年)
・金利18%
・限度額10万円
・年収250万円
・アルバイト(2年)
・他社借入10万円(貸金業者)
・2年以内に1ヶ月以上のクレカ等延滞
・金利18%
・限度額10万円
・直前に他社で審査落ち
・年収250万円
・会社員(2年)
・2年以内に1ヶ月以上のクレカ等延滞
5年以内にクレカ等の強制解約処分
・5年以内に債務整理
・金利18%
・限度額16万円
・直前に他社で審査落ち
・年収300万円
・派遣社員(10年)
・金利18%
・限度額30万円
・年収300万円
・派遣社員(3年)
・他社借入10万円(貸金業者)
・2年以内に1ヶ月以上のクレカ等延滞
クレカ等1ヶ月~2ヶ月未満延滞「中」
・金利18%
・限度額10万円
・直前に他社で審査落ち
・年収300万円
・アルバイト(1年)
・金利18%
・限度額20万円
・年収300万円
・アルバイト(1年)
5年以内に2ヶ月以上の携帯料金延滞
・金利不明
・限度額30万円
・年収365万円
・会社員(6年)
他社債務6社計350万円
・審査落ち
・年収450万円
・公務員(2年)
・他社借入100万円(貸金業者)
5年以内にクレカなどを2ヶ月以上延滞
・金利18%
・限度額20万円
・直前に他社で審査落ち
引用:アコムの審査を43の体験談から分析!審査に通過する条件・審査落ちする条件

SMBCモビットでは年収30万円での審査通過を確認

SMBCモビットの特徴
  • 土日祝日も最短即日融資
  • 勤務先への電話を絶対に避けたいときにおすすめ(WEB完結の申込条件を満たしている場合)
  • 年収30万円での審査通過報告あり

「SMBCモビット」は、基本的に「社会保険証」や「組合保険証」をお持ちの方向けのサービスです。

これは、「郵送物なし・勤務先への電話なし」で人気の「WEB完結」を利用する上で、「勤務先から発行された保険証」が必須であるためです。

ですが、SMBCモビットではこれまでに、「申告年収30万円」という方の審査通過が確認されています。

こちらは保険証の種類を問わず申し込める、「カード申込」利用者の審査通過報告です。

年収に自信が無いという場合にはこの情報を元に、SMBCモビットの「カード申込」を選ぶのも一考です。

アルバイトの方でも社会保険証をお持ちであれば、「WEB完結」を選択可能です。

金利3.0%~18.0%(~月1.5%程度)
限度額1万円~800万円
※上限は年収の3分の1
初回特典なし
自宅郵送物「WEB完結」ならなし

「カード申込」の場合は原則として郵送物あり(応相談)
勤務先への電話「WEB完結」ならなし

「カード申込」の場合は担当者個人名で連絡(応相談)
申込み~融資の所要時間最短即日
借入方法銀行振込

ATM
┗スマホATM取引対応(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)
返済方法口座振替

インターネット

ATM
┗スマホATM取引対応(セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)

銀行振込
申込条件(共通)年齢が満20歳~74歳の安定した定期収入のある方
申込条件(WEB完結のみ)(1)以下の銀行口座を返済用口座に設定できる
○三井住友銀行

○三菱UFJ銀行

○みずほ銀行

○ゆうちょ銀行※本人名義の口座に限る
(2)全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証により勤務先の証明ができる
※その他、収入証明書類を提出できること
その他・備考SMBCグループ

審査に不安がある方の「SMBCモビット」審査結果

SMBCモビットでは、「年収30万円」の方の審査通過が確認されています。

また、全体的な傾向としては「他社借入がある方」の審査通過報告が多いです。

その一方、信用情報の問題については明らかに他社よりも厳しい対応を取っています。

基本的にSMBCモビットは、「信用情報に不安が無い方」向けの申込先と言えます。

SMBCモビット利用者アンケートより一部抜粋

属性契約内容
年収30万円
・アルバイト(0年)
・金利18%
・限度額10万円
・年収50万円
・パート(1年)
・金利18%
・限度額16万円
・年収75万円
・アルバイト(4年)
・金利18%
・限度額10万円
・年収96万円
・アルバイト(2年)
他社借入3社計40万円
 ┗すべて貸金業者
2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
・審査落ち
・年収170万円
・契約社員(1年)
・金利18%
・限度額16万円
・年収171万円
・派遣社員(1年)
5年以内に債務整理
・審査落ち
・直後に他社で審査通過
・年収200万円
・アルバイト(6年)
・金利18%
・限度額10万円
・年収230万円
・会社員(8年)
2年以内に1ヶ月程度のクレカ延滞
・審査落ち
・直後に他社で審査通過
・年収240万円
・契約社員
・他社借入2件計190万円
 ┗いずれも銀行カードローン
・金利18%
・限度額30万円
・年収250万円
・アルバイト(2年)
・他社借入1件計10万円
5年以内に債務整理
・審査落ち
・直後に他社で審査通過
・年収350万円
・会社員(15年)
・他社債務3社計150万円
 ┗すべて銀行、ショッピングリボ
・金利18%
・限度額17万円
引用:SMBCモビットの審査では何が重要?40人の審査結果と審査落ちの共通点、即日融資の流れも解説

三菱UFJ銀行バンクイックは審査不安があっても申し込める銀行カードローン

三菱UFJ銀行バンクイックの特徴
  • 上限金利は年14.6%と、消費者金融より3%以上低い
  • 最短1営業日融資
  • 銀行カードローンながら、審査不安を抱える方の通過報告が多い
  • 口座開設は不要

一般に、銀行カードローンの審査は消費者金融より厳しいと思われています。

ですが「三菱UFJ銀行バンクイック」では、アルバイトの方を含む、審査不安を抱えた方の通過報告が多く見られます。

三菱UFJ銀行の口座開設が不要なこともあり、申し込みやすいカードローンだと言えるでしょう。

ただし即日融資には対応していませんのでご注意ください。

金利1.8%~14.6%(~月1.216%程度)
限度額10万円~500万円
口座開設不要
自宅への郵送物テレビ窓口※1 を使ったカード受取時のみなし
┗要運転免許証
勤務先への電話(在籍確認)銀行判断で実施(三菱UFJ銀行名)
※事前相談により回避可
申込み~融資の所要時間最短1営業日
┗テレビ窓口※1 を使う場合(要運転免許証)

1週間~
┗郵送でカードを受け取る場合
借入方法ATM出金

銀行振込
返済方法ATM入金

銀行振込

自動引き落とし
┗三菱UFJ銀行ユーザーのみ
申込み条件(公式サイトより)年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。

原則安定した収入があるお客さま。

外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります
※専業主婦は申込不可
その他・備考来店不要
┗ただし郵送物回避には「テレビ窓口」
※1 での手続きが必要

「テレビ窓口」での手続きには運転免許証必須
※1 テレビ窓口…三菱UFJ銀行店舗内に設置してある、各手続き用端末

審査に不安がある方の「三菱UFJ銀行バンクイック」審査結果

「バンクイック」では、パート・アルバイトの方に加え、信用情報に問題がある方の通過報告も見られます。

「審査に不安はあるが、銀行から借りたい」という場合、バンクイックは有力な申込先候補となります。

三菱UFJ銀行「バンクイック」利用者アンケートより一部抜粋

属性契約内容
・年収100万円
・パート(1年)
・金利14.6%
・限度額10万円
・年収220万円
・アルバイト(10年)
他社借入2件計60万円
・金利14.6%
・限度額10万円
・年収252万円
・会社員(0年)
・他社借入1社20万円
5年以内に携帯料金長期延滞
・金利14.6%
・限度額30万円
・年収350万円
・契約社員(8年)
・他社債務2社70万円
5年以内にクレカ強制解約
・金利14.6%
・限度額40万円
・年収400万円
・会社員(7年)
他社債務2社143万円
・金利不明
限度額130万円
・年収400万円
・会社員(5年)
他社債務3社180万円
・金利14.6%
・限度額50万円

みずほ銀行カードローンでは年収100万円のフリーターの審査通過報告あり

みずほ銀行カードローンの特徴
  • 上限金利は年14.0%で、銀行の中でも低め
  • 借入までには数日~
  • 銀行カードローンながら、審査不安を抱える方の通過報告が多い
  • みずほ銀行の口座が必要

みずほ銀行カードローンも、審査不安を抱える方の通過報告が多い銀行カードローンです。

アンケート調査では、銀行カードローンでは珍しい「独身かつ年収100万円のアルバイト」という方の通過も確認されています。

みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%と、他の銀行に比べても低めです。

審査に不安がある方に加え、「低金利で借りたい」という場合にも、このカードローンは重要な選択肢となります。

ただしこのカードローンを利用するためには、みずほ銀行の預金口座が必要です。

金利2.0%~14.0%(~月1.666%程度)
限度額10万円~800万円
口座開設必須
自宅への郵送物回避不可
勤務先への電話(在籍確認)担当者個人名で、必要と判断された場合に実施
※申込者都合での回避不可
申込み~融資の所要時間最短1営業日
借入方法・みずほダイレクト(インターネットバンキング)
・ATM(コンビニ可)
・自動融資
返済方法・自動引き落とし
 ┗みずほ銀行口座限定
・ATM
・みずほダイレクト
申込条件(公式サイトより)(1)ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
(2)安定かつ継続した収入の見込める方
(3)保証会社の保証を受けられる方
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

審査に不安がある方の「みずほ銀行カードローン」審査結果

みずほ銀行カードローンは、年収に不安がある方の通過報告が多いです。

加えて、大手消費者金融会社でも類を見ない「他社借入6件」での審査通過も確認されています。

収入や、他社借入の「件数」に不安がある場合でも、申し込みやすい銀行カードローンと言えます。

みずほ銀行カードローン申込者へのアンケートより

属性審査結果
・年収100万円
・アルバイト(0年)
・金利14.0%
・限度額20万円
・年収130万円
・パート(2年)
他社債務3件30万円
・配偶者の扶養に入っている
・金利14.0%
・限度額30万円
・年収150万円
・派遣社員(2年)
・直前に楽天銀行で審査落ち
・金利14.0%
・限度額10万円
・年収320万円
・契約社員(6年)
他社借入6件計90万円
・申し込み時点でクレジットカードを1ヶ月程度延滞中
・金利14.0%
・限度額10万円
・年収370万円
・会社員(6年)
他社借入4社計80万円
5年以内にクレカを2ヶ月以上延滞
・金利11.8%
・限度額10万円
引用:みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?審査の流れや口コミもチェック

楽天銀行スーパーローンは「他社借入などの不安がない」方向け

楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 上限金利は年14.5%で、消費者金融に比べると低い
  • 配偶者の扶養に入っている方は、審査が有利に進みやすい
  • 口座開設は不要

「楽天銀行スーパーローン」はアンケート調査においても回答者数が多く、人気だと分かる銀行カードローンの1つです。

楽天銀行スーパーローンを利用する上で、楽天銀行の口座を開く必要はありません。

さらに、任意の金融機関の口座を使い「自動引き落とし」での返済ができるのも、大きなメリットです。

ただし、この銀行の審査はどちらかと言うと「属性重視」な傾向があります。

フリーターの方であれば、「他社借入などの不安点がない」状態で審査を受けたいところです。

ただし例外的に、配偶者の扶養に入っている方であれば、審査が有利に進みやすい傾向にあります。

金利1.9%~14.5%(~月1.208%程度)
限度額10万円~500万円
口座開設不要
自宅への郵送物回避不可
勤務先への電話(在籍確認)担当者個人名で実施
※申込者都合での回避不可
申込み~融資の所要時間1週間程度
借入方法ATM出金

銀行振込
┗楽天銀行へはほぼ24時間対応、それ以外は平日日中のみ
返済方法自動引き落とし(必須)
任意の金融機関口座を選択可
┗ATM入金、銀行振込による追加返済可
申込条件(公式サイトより)以下の全ての条件を満たす方
(1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)

(2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)

(3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

(4)楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方(※2)
※1但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下

※2当行が認めた場合は不要です
その他・備考専業主婦の利用可

審査に不安がある方の「楽天銀行スーパーローン」審査結果

「楽天銀行スーパーローン」は、基本的に「配偶者の扶養に入っている方」「正規雇用者」向けのカードローンです。

「配偶者の扶養に入っていないアルバイト」の方が審査に通過するには、他社借入などの不安点が無いことが重要となりそうです。

★楽天銀行スーパーローンの審査結果

属性契約内容
・年収0万円
・専業主婦
・リボ払い残高あり(金額不明)
・配偶者の扶養に入っている
・金利14.5%
・限度額50万円
・年収100万円
・パート(5年)
・配偶者の扶養に入っている
・金利14.5%
・限度額50万円
・年収100万円
・アルバイト(5年)
・審査落ち
・年収150万円
・派遣社員(2年)
・審査落ち直後にみずほ銀行で通過
・年収200万円
・アルバイト(2年)
・金利14.5%
・限度額10万円
・年収240万円
・アルバイト(3年)
・他社借入1社30万円
・審査落ち
・年収240万円
・自営業(11年)
・審査落ち
・年収350万円
・自営業(3年)
・信用情報なし
・審査落ち

フリーターのカードローン審査は不利に進むって本当?

結論から言うと、フリーターの方の審査は正規雇用者に比べると、不利に進みやすいです。

ですが、この有利・不利は審査の「合否」というよりは「利用限度額」に影響することが多いです。

ここからは、フリーターの方に対する、各金融機関の審査基準について解説します。

フリーターの方に対する、一般的な審査傾向
  • 高難易度なローンを選ばない限り、「フリーターであること」だけが理由で審査に落ちることはない
  • ただし正社員に比べると、大きな限度額が設定されにくいのは確か
  • その他の不安要素(他社借入など)が重なると、正社員より審査落ちのリスクは高くなる

正社員に比べると高い限度額が設定されにくいのは確か

アルバイトの方は、同じ年収の正規雇用者に比べると、高い限度額が適用されにくいです。

正規雇用者に比べると離職しやすいアルバイトの方は、どうしても「生活や返済能力が安定していない」と見なされがちです。

そのため金融機関も、アルバイトの方に対し、大きなお金を貸すことには消極的です。

アルバイトの方の初回限度額は、高くても30万円程度となるのが一般的です。

「アコム」審査結果より、年収が同じ方の審査結果比較

属性契約内容
・年収300万円
・アルバイト(1年)
・金利18%
・限度額20万円
・年収300万円
・アルバイト(1年)
・5年以内に2ヶ月以上の携帯料金延滞
・金利不明
・限度額30万円
・年収300万円
・会社員(3年)
・金利14%台
限度額100万円

高難易度ローンでなければ「フリーター」だけが理由で審査落ちることはない

アルバイトの方の審査が、正規雇用者に比べ不利に進みやすいことは確かです。

ですが、よほど高難易度のカードを選ばない限り、「フリーターであること」だけを理由に審査に落とされることはありません。

このことは、今までに掲載した審査通過の報告を見ても明らかです。

ただし、カードローンの審査は総合的な観点から行われます。

そのため、「フリーターである」こと以外に「他社借入がある」「信用情報に問題がある」といった不安があるのなら、審査に落ちてしまう可能性は高くなります。

カードローンの審査に落ちてしまうのはどんな人?

カードローンの審査に落ちてしまう人の共通点は、主に以下の通りです。

カードローンの審査に落ちてしまう、主な理由(大手消費者金融会社の場合)

(1)複数の他社借入がある
(2)他社借入の総額が多い┗特に消費者金融からの借入が「年収の3分の1」に達しているなら、審査通過は不可
(3)5年以上前のものを含め、自己破産や個人再生で免責を受けたことがある
(4)信用情報に問題がある上、他社借入がある
(5)他社のカードローンなどを延滞中である
(6)複数のマイナス要素が重なっている(他社借入、信用情報問題、不安定な収入など)

審査落ちの理由として特に多いのは、「複数の他社借入」です。

特にフリーターの方は会社員よりも収入が不安定と見なされやすい分、2,3件の他社借入でも審査落ちという結果が出やすくなります

大手消費者金融における、アルバイトの方の審査落ち例

プロミスSMBCモビット年収96万円・アルバイト(1年)

他社借入3社計40万円
SMBCモビット年収250万円・アルバイト(2年)

他社借入1件計10万円

5年以内に債務整理
アコムアイフル年収348万円・アルバイト(0年)

老齢年金受取(65歳~)

他社借入3社計158万円
┗銀行150万円
┗リボ残高2件計8万円

フリーターがカードローンの審査に通過しやすくなるコツ

カードローンの審査は主に、「年収」や「雇用形態」、「他社借入」などの属性を基準に行われます。

こういった属性(ステータス)は、多くの場合ですぐに変えられるものではありません

それでも「可能な限り、審査に通過できる可能性を上げたい」というあなたのため、ここでは「フリーターが審査に通過しやすくなるコツ」をお伝えします。

フリーターが審査に通過しやすくなるコツ
  • 同じ審査不安(低収入、信用情報問題など)を抱えた方の、審査通過報告が多いカードローンを選ぶ
  • 収入や勤務先などについての属性は、正直に申告する
  • 可能であれば、他社借入の「件数」を減らしておく

審査不安があるなら、同じ不安を抱えた利用者が多い申込先を選ぶ

フリーターという属性や収入、信用情報などは、すぐに変えられるものではありません。

そのため審査に不安があるのなら、同じ不安を抱えた審査通過者が多いカードローンを選ぶのがベストです。

各社の審査傾向については、アンケート調査に基づく以下の情報を参考にしてみてください。

各社の概要と審査傾向

プロミスパート、アルバイトの審査通過が多い

多重債務には厳しめ

「他社借入が無ければ」信用情報に問題があっても通過できる可能性あり
アイフルパート、アルバイトの審査通過が多い

高額な他社借入を抱えた方の審査通過報告が多い
アコムパート、アルバイトの審査通過が多い

他社借入に比較的寛容

大手の中では信用情報の問題に寛容
レイクパート、アルバイトの審査通過が多い

官報の情報を閲覧しない
SMBCモビットパート、アルバイトの審査通過が多い(カード申込の場合)

信用情報の問題に厳しい

他社借入に比較的寛容
※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
三菱UFJ銀行バンクイックパート、アルバイトの審査通過が多い

他社借入や信用情報に問題がある方の通過を確認
みずほ銀行カードローンパート、アルバイトの審査通過が多い

他社借入「件数」をあまり重視しない
楽天銀行スーパーローンパート、アルバイトや自営業者に厳しめ

ただし配偶者の扶養に入っている方は有利

収入や勤務形態は正直に申告する

「通過できるはずのローンの審査に落ちる」ことを防ぐため、収入や勤務形態は正直に申告しましょう。

虚偽申告は、審査落ちや強制解約の原因となります。

また、審査の過程で「勤務先を確認できる書類」や、勤務先への電話確認を要求されることは、少なくありません。

大手消費者金融会社では、「年収30万円」での審査通過も確認されています。

申込先にもよるものの、年収の低さ「だけ」が理由で、審査に落ちることはほぼありません

可能であれば、他社借入の「件数」を減らしておく

特に消費者金融会社は、他社借入の「総額」よりも「件数」を重視する傾向にあります。

そのため、可能であれば他社借入の「件数」を極力減らした状態で、申込みを行うことをおすすめします。

余った利用限度額のやりくりが可能であれば、その方法で他社借入「件数」を減らすと良いでしょう。

また、借入を一本化するための「おまとめローン」などを利用するのも一考です。

フリーターがカードローンを選ぶ場合のポイント

フリーターでも利用できるカードローンは、意外と多いです。

ここからは、アルバイトで生計を立てている方がカードローンを選ぶポイントについて解説します。

ポイント別の申込先候補

申込みの希望申込先候補
今日中に借りたい大手消費者金融(プロミスなど)
低金利で借りたい銀行カードローン
自宅への郵送物なしで借りたい大手消費者金融一部の銀行カードローン
バイト先への電話なしで借りたい大手消費者金融

勤務先への電話を避けたいなら大手消費者金融の選択が無難

申込先によっては、カードローンの審査の過程で「アルバイト先への電話確認」が実施される場合があります。

アルバイト先への電話を避けたいのなら、「原則として勤務先への電話なし」を明記している大手消費者金融会社を選びましょう。

また、一部の銀行カードローンは「事前相談による、勤務先への電話の回避」に対応しています。

大手消費者金融の在籍確認(勤務先確認)

アイフル原則として勤務先への電話なし

例外が生じた場合でも事前に連絡あり
┗この場合は申込のキャンセルや「給与明細等の提出による勤務先の確認」が可能
アコム
プロミス原則として勤務先への電話なし

例外が生じた場合は、電話による在籍確認が行われる可能性あり
レイク
SMBCモビット「WEB完結」勤務先の確認方法は「書類の提出」(電話なし)
※社会保険証が必要
SMBCモビット「カード申込」原則として電話で在籍確認ただし応相談
三菱UFJ銀行「バンクイック」「銀行名で」電話による在籍確認を実施

事前相談により、給与明細等による在籍確認が可能
みずほ銀行カードローン「個人名で、審査の際に必要と判断された場合に」電話による在籍確認を実施

電話を回避する相談はできない
楽天銀行スーパーローン「個人名で、必ず」電話による在籍確認を実施

電話を回避する相談はできない

即日融資を受けたいなら「最短25分」で借りられる会社を選ぼう

できる限り早くお金を借りたいのなら、融資スピードに優れるカードローンをお選びください。

銀行カードローンは、即日融資(申込当日の貸付)に対応していません。

申込みの当日にお金を借りたいのであれば、「最短25分」の融資に対応している、大手消費者金融会社の選択をおすすめします。

即日融資を受けられる主な金融機関

プロミス最短3分融資
※状況によりご希望に添えない場合がございます。
曜日を問わず22時まで審査、契約が可能
レイク最短25分融資
┗仮審査は最短15秒で完了

21時(日曜は18時)までの契約完了で即日振込
アイフル最短20分融資

19時59分までの本人確認完了で即日契約
アコム最短25分融資

審査は21時まで

銀行振込の反映時間に注意
SMBCモビット最短即日融資(審査は最短30分)

審査は21時まで
三菱UFJ銀行「バンクイック」借入まで最短1営業日
みずほ銀行カードローン借入まで最短数営業日
楽天銀行スーパーローン借入まで1週間程度

※申込状況によってはご希望に添いかねます。

低い金利で借りたいなら銀行カードローンが有力候補

カードローンの金利は、「3.0%~18.0%」というように、幅が設けられていることが多いです。

ですが多くの場合、契約当初に適用されるのは上限金利(=最大の金利)です。

そのため、「できる限り低い金利で借りたい」という場合には、上限金利が低い銀行カードローンを選ぶことをおすすめします。

ただし、短期間または少額の借入であれば、金利よりも「無利息期間」を重視して申込先を選ぶのも一考です。

各カードローンの金利と無利息期間の比較

プロミス・上限金利17.8%
・30日間無利息
レイク・上限金利18.0%
・60日間または180日間5万円無利息(Web申込時/選択可)
アイフル・上限金利18.0%
・はじめての方なら最大30日間利息0円
アコム・上限金利18.0%
・30日間無利息
SMBCモビット・上限金利18.0%
三菱UFJ銀行「バンクイック」・上限金利14.6%
みずほ銀行カードローン・上限金利14.0%
楽天銀行スーパーローン・上限金利14.5%
※特記がない場合、無利息期間なし

フリーターがカードローンへ申し込むときの注意点

少なくとも大手消費者金融会社へ申し込む場合、「フリーターであること」「年収が高くないこと」だけを理由に審査に落ちることはありません。

ですが、自分の状況や申込先選びを誤ると、無駄な申込みが発生してしまうことも確かです。

ここからは、フリーターの方がカードローンの審査を受ける上での注意点についてお話します。

フリーターがカードローンへ申し込む際の注意点
  • 貸金業者から借りられる金額の合計は、「年収の3分の1」
    ┗銀行カードローンやショッピングリボはノーカウント
  • 「アルバイト不可のカードローン」を選ばないよう注意

「貸金業者から」借りられる金額は合計で年収の3分の1まで

フリーターの方に限らず、個人が「貸金業者から」借りられるのは、「合計で年収の3分の1」までとなります。

これは一般に「総量規制」と呼ばれる、貸金業法上の制約のためです。

例えば年収150万円の方の場合、貸金業者から借りられるのは「合計50万円」までとなります。

すでに他社からお金を借りている場合には、この「総量規制」の制約に達していないか、今一度ご確認ください。

貸金業者からの借入が年収の3分の1に達している場合、貸金業者から新たにお金を借りることはできません

ちなみに、ここで言う「貸金業者からの借入」とは、主に「消費者金融」と「クレジットカードのキャッシング枠」の借入残高を指します。

銀行カードローンや、ショッピングリボによる債務は、総量規制の対象となりません

ただし総量規制の対象とならない債務であっても、「返済能力を圧迫する」という理由で、審査の上ではマイナスの要素となります。

一部のカードローンはアルバイトの方の申込みを受け付けていない

このページで紹介したカードローンは、すべて「アルバイトでも申し込み可能、かつ実際に審査通過の報告があるもの」です。

ただし、ここに掲載されていない一部のカードローンは、アルバイトの方の申し込みを受け付けていません

自分で新しい申込先を探したいという場合には、申込条件を事前にご確認ください。

特に上限金利が13%を下回るような低金利カードローンの場合、申込みの基準や審査難易度が、高く設定されていることは多いです。

フリーターが借りられるのはいくらまで?高い限度額を狙うコツ

フリーターの方は、同じ収入を得ている正規雇用者の方に比べると、どうしても大きなお金を借りにくいです。

ここからは、実際のアンケート回答に基づく利用限度額の目安と、「できる限り大きなお金を借りる方法」について解説します。

アンケート調査に基づく、フリーターの方に対する適用限度額の傾向
  • フリーターの方の場合、初回の限度額は多くの場合で「10万円~30万円」
  • ただし一部の地銀や信用金庫のカードローンは、「アルバイトOKかつ最低限度額が50万円」

フリーターの初回限度額は10万円~高くても30万円程度が多い

フリーターの方の初回限度額は、10万円~高くても30万円程度に設定されることが多いです。

実際にどのくらいの限度額が適用されるかは、審査結果によって決まります。

基本的には「年収が高いほど」「勤続年数が長いほど」高い限度額が適用されやすいとお考え下さい。

「アコム」審査結果より、年収が同じ方の審査結果比較

属性契約内容
・年収300万円
・アルバイト(1年)
・金利18%
・限度額20万円
・年収300万円
・アルバイト(1年)
・5年以内に2ヶ月以上の携帯料金延滞
・金利不明
・限度額30万円
・年収300万円
会社員(3年)
・金利14%台
限度額100万円

一部の地方銀行などのカードローンはアルバイトOKで最低限度額が50万円

一般的に、フリーターの方に適用される初回の限度額は「高くても30万円」程度です。

ですが、一部の地方銀行や信用金庫のカードローンは、「アルバイトの方も申し込み可能」かつ「最低限度額が50万円」となっています。

少しでも大きなお金を借りたいという場合には、お近くの金融機関のカードローン情報をチェックするのも一考です。

また、最低限度額にかかわらず、小規模な金融機関では「全国規模の金融機関より、大きなお金を借りられた」報告は多いです。

ただし小規模な金融機関の場合、契約の際に来店を求められることが多いです。

また、申込みから借入までには2週間以上を要する場合があります。

希望限度額は審査結果や実際の限度額に「影響しない」ことが多い

少なくとも申込先が大手消費者金融会社のカードローンの場合、「希望限度額」は、実際の限度額にあまり関与しないと考えられます。

アンケート調査の結果を見てみても、「希望限度額より高い(または低い)限度額が適用された」という報告は、非常に多いです。

このことから大手消費者金融会社は、申込者の希望限度額をあまり重視せず、限度額を含む審査結果を提示していると推測されます。

フリーターが組める可能性がある、カードローン以外のローン

ここからは、フリーターの方が利用できる可能性がある、「カードローン以外の無担保ローン」について解説します。

フリーターが利用できる、カードローン以外の無担保ローン
  • フリーローンや一部の目的ローン(自動車ローン、教育ローンなど)
  • 店頭などで汲める、ショッピングローンやディーラーローン

地方銀行などが融資を行う「フリーローン」や一部の目的ローン

地方銀行や信用金庫などが取り扱う「フリーローン」には、パート・アルバイトの方への案内がよく見られます。

フリーローンとは、カードローンと同じく「利用目的が自由で、その使い道を証明する必要がない」ローンの1つです。

カードローンとの違いは、「一度お金を借りたら、回数分割払いで返済のみを行うことにあります。

また、自動車ローンなどの一部の目的ローンも、アルバイトの方の申込みを受け付けている場合があります。

目的ローンの金利は、カードローンやフリーローンよりも低いです。

「決まった目的のために、1度きりお金を借りたい」という場合には、お近くの金融機関のローン情報を確認するのも良いでしょう。

常陽銀行の各種ローン情報

ローンの種類アルバイトの申込み
カードローン「キャッシュピット」OK
カードローン「常陽ベストカードプレミア」言及なし
フリーローン言及なし
住宅ローン 言及なし
自動車ローンOK
リフォームローン言及なし
要年収200万円
教育ローンOK

店頭で組める、ショッピングローンや自動車ローン

家電量販店やクリニック、カーディーラーなどで組めるローンも、アルバイトの方の申込みを受け付けていることが多いです。

こういったローンを取り扱っているのは、主に信販会社(クレジットカード会社)です。

特定の商品やサービスのために店先で組めるローンには「割賦販売法」が適用されるため、総量規制の対象にはなりません

そのため、こういったローンであれば、年収の3分の1を超えるお金を借りられる可能性があります。

ただし、店先で組めるショッピングローンの場合、返済能力が不十分と判断されると、連帯保証人の設定を求められます。

フリーターがお金を借りるのはヤバい?できるだけ安全に借りて返す方法

ローンを利用する上で重要なことは、「必要最小限のみを借りて、最短期間で返す」ことです。

これは、申込者がフリーターである場合に限りません。

ローンを利用している間は、借入残高に応じた利息(手数料)が毎月発生します。

金利が年18%の場合、月あたりの金利は1.5%相当です。

これは毎月、「借入残高の1.5%」相当の利息が徴収されることを意味します(実際には誤差あり)。

無駄な利息の支払いを避けるためにも、そして「借入の癖」が付いてしまうことを避けるためにも、借入は必要最小限に抑えましょう。

逆に言うと、「すぐに返せる」範囲でお金を借りるのであれば、必要以上にキャッシングを恐れる必要はありません。

目次