PR

お金がない時どうすればいい?緊急時に使える捻出方法や乗り切り方

お金がない時どうすればいい?緊急時に使える捻出方法や乗り切り方のアイキャッチ

お金がない状況に陥ってしまうと、誰もがパニックになり不安で頭がいっぱいになるでしょう。家賃や公共料金の支払い、食費など、生活していくためにはお金が必要不可欠です。しかし、そんな緊急事態に直面した時こそ、まずは深呼吸をして冷静になることが大切です。

お金がない時の対処法は人それぞれですが、状況を把握し、優先順位をつけて行動することが重要です。食費や家賃など生活に直結する支出は優先し、その他の支払いは先延ばしにするなど、工夫が必要でしょう。

また、収入を増やすために副業を始めるのもよいかもしれません。金がない時は状況を見極め、できることから一つずつ対策を講じていくことが重要です。この記事では、お金がない時の緊急事態を乗り切るための具体的な方法をご紹介します

ふるさと本舗 カードローン編集部

お金がない時はストレスや不安によって、「目先の原因をすぐに解決して安心したい」と一種のパニック状態に陥ってしまうことがあります。

そんな時、無暗に借金をし後々困ってしまうなんてことも少なくありません。

まずは冷静になりましょう。本記事を読んでいただければ、必ず解決策が見つからずはずです。一文一文飛ばさずに読んでいただければと思います。

目次

お金がない時、まずは”いつまで”に”いくら”必要になるのかを正確に考える

お金がない時にまず考えるべきことは、以下のものになります。

考えるべきポイント
  • 1. 支払いをしなければいけない出費の優先順位を決める
  • 2. 支払いを先延ばしできるものは先延ばしする
  • 3. 確実に入金される金額の洗い出し
  • 4. 確実に削ることができる支出の洗い出し

それぞれ詳しく解説していきます。

ふるさと本舗 カードローン編集部

まずは計画を立て状況を整理することが重要です。本章に書いていることは必ず実践してください。

1. 支払いをしなければいけない出費の優先順位を決める

お金が不足している状況では、支払いの優先順位を正しく判断することが重要です。まずは、家賃や公共料金、食費など、生活に直結する支出を最優先にリストアップしましょう。

次に、クレジットカードの支払いや借金の返済など、期日を過ぎると延滞金が発生したり、信用情報に傷がつく可能性のある支払いを確認します。これらの支出の金額と期日を正確に把握することで、必要な資金の全体像が見えてきます。優先度の低い支出としては、趣味や娯楽、外食、新しい洋服の購入などが挙げられます。

支払いの優先順位を決めたら、それぞれの支出に必要な金額と期日を明確にします。これにより、いつまでにいくらの資金が必要なのかが明らかになり、具体的な行動計画を立てることができます。

お金が不足している時は、冷静に優先順位を判断し、計画的に支出を管理することが問題解決の第一歩となるでしょう。

信用情報に傷がつく可能性のある「家賃」や「クレジットカードの支払い」等は優先度高

お金がない時に支払いの優先順位を決める際、「家賃」と「クレジットカードの支払い」は最優先で支払うべきです。

これらの支払いを滞納すると、信用情報機関に事故情報として登録されてしまい、将来的にクレジットカードの発行やローンの審査に大きなダメージを与えてしまうからです。特に家賃の滞納は、強制退去などの深刻な事態を招く恐れがあります。

一方、クレジットカードの支払いを数ヶ月滞納すると、カードの強制解約や利用停止などのペナルティを受け、ブラックリスト入りしてしまう可能性が高くなります。信用情報の傷は一度つくと数年間は残り続けるため、安易に支払いを後回しにせず、必ず期日までに支払うよう心がけましょう。

ふるさと本舗 カードローン編集部

金融事故の内容によりますが、一般的に未払いの記録については5年間記録されます。

どうしても支払いが難しい場合は、家主やカード会社に事情を説明して支払い期限の延長などを相談するのも一つの方法です。信用情報を傷つけないよう、家賃とクレジットカードの支払いは優先して計画的に行うことが重要です。

2. 支払いを先延ばしできるものは先延ばしする

お金がない時は、支払いを先延ばしできるものがないか確認しましょう。特に分割払いを上手に活用することで、一時的な支出を抑えることができます。

例えば、クレジットカードの分割払いは、利用代金を複数回に分けて支払える便利な方法です。一括払いだと大きな出費になりますが、3回や6回などの分割払いにすれば、月々の支払額を抑えられます。ただし、分割回数が多いほど手数料がかかるため、できるだけ少ない回数で済ませるのがおすすめです。

ふるさと本舗 カードローン編集部

世間一般的にリボ払いは悪とされていますが、返済計画をしっかり立てさえすれば役に立つ支払い方法です。

多くのクレジットカードは分割払い分について繰り上げ返済をできない仕様にしているものの、リボ払いの残債に対しては繰り上げ返済ができるようになっています。

うまく使い分けしましょう。

3. 確実に入金される金額の洗い出し

お金がない状況を打開するためには、現在の収入源を正確に把握することが重要です。

まずは、毎月の給与や副業からの収入、年金や配当金など、確実に入金される金額を洗い出しましょう。この作業を通じて、安定的な収入がどの程度あるのかを明確にすることができます。

次に、不規則な収入についても考慮に入れます。時給制のアルバイトや不定期な仕事からの報酬など、金額が変動する収入源も見落とさないようにしましょう。過去の実績を参考に、平均的な金額を算出するのも一つの方法です。

さらに、今後入金が予定されている金額についても確認が必要です。未払いの給与や報酬、受け取り予定の謝礼金など、将来的に入金される可能性のある金額も把握しておくことで、より正確な収入見通しを立てることができるでしょう。

これらの作業を通じて、確実に入金される金額を明確にすることで、支出計画を立てる際の基礎となる情報を得ることができます。収入が不足している場合は、追加の収入源を探したり、支出を見直したりするなど、具体的な対策を講じることが可能になります。

ふるさと本舗 カードローン編集部

不規則な収入などについては最低限の金額で想定しておきましょう。

お金に焦っている時は自分を落ち着かせようと希望的観測で収入を予測しがちになります。

4. 確実に削ることができる支出の洗い出し

最後に現在の支出を見直し、削減できる項目を特定することが重要です。

まず、過去数ヶ月分の家計簿や銀行明細を確認し、支出の内訳を詳細に分析しましょう。その際、固定費(家賃、公共料金など)と変動費(食費、交際費など)に分類すると、削減の優先順位がつけやすくなります。

次に、変動費の中で、確実に削ることができる支出を洗い出します。例えば、外食や飲み会の頻度を減らす、ブランド品や高価な衣類の購入を控える、サブスクリプションサービスを見直すなどが挙げられます。

これらの支出を削減することで、毎月の出費を大幅に抑えることができるでしょう。ただし、削減する際は、生活の質を大きく損なわないよう注意が必要です。節約と我慢のバランスを考え、長期的に続けられる範囲で支出を見直すことが大切です。

また、家族やパートナーと相談し、協力して取り組むことで、より効果的な支出削減が可能になります。確実に削ることができる支出を特定し、実行に移すことで、お金がない状況からの脱却に向けた第一歩を踏み出すことができるでしょう。

お金がなくて今すぐ必要なのであれば借りることを考えよう

お金が今すぐ必要な場合は、借りることを考えましょう。即日でお金を借りる手段はいくつかあります。

お金がなくて今すぐ必要なのであれば借りることを考えよう
  • 現金である必要が無いのなら即日発行のクレジットカードを作ろう
  • 銀行のカードローンは低金利で借入ができる
  • クレジットカードにキャッシング枠があれば即日で借入ができる
  • 消費者金融は金利が高いものの即日で借入ができる
  • 生活苦の状況なら低金利・無金利の公的融資制度で借入できる
  • 貴金属やブランド品を持っているなら質屋で借入できる
  • 定期預金がある人は定期預金を担保に借入できる
  • 生命保険に加入している人なら契約者貸付制度で借入できる

それぞれ詳しく解説していきます。

現金である必要が無いのなら即日発行のクレジットカードを作ろう

お金が今すぐ必要だけれど現金でなくても良いのであれば、即日発行のクレジットカードを作ることをおすすめします。

即日発行のクレジットカードなら、申し込み当日にカード番号が発行され、すぐにネットショッピングやスマホ決済で利用できます。店頭受け取りに対応しているカードもあり、申し込み後すぐに実物のカードを受け取れるので、どこでも使えて便利です。

ただし、即日発行といっても審査があるのは通常のクレジットカードと同じです。一定の審査基準を満たす必要があり、必ず発行されるとは限りません。また、金融事故歴がある方や現在滞納中の方は審査に通過しにくいので注意が必要です。

即日発行に対応しているクレジットカードとしては、三井住友カード(NL)、セゾンカードインターナショナル、エポスカード、ACマスターカードなどが挙げられます。年会費無料のカードも多いので、自分の状況に合ったカードを選びましょう。

銀行のカードローンは低金利で借入ができる

銀行のカードローンは、消費者金融などと比べて金利が低めに設定されているのが特徴です。実質年率は3%前後から14%程度と幅がありますが、利用限度額が高いほど低金利で借入れできる傾向にあります。

また、保証会社の保証を受けることで金利を低く抑えているケースもあるため、無理のない返済計画を立てやすいというメリットがあります。ただし、銀行カードローンは審査に時間がかかり、最短でも翌営業日以降の借入となることが多いです。急ぎでお金が必要な場合は、即日融資に対応している消費者金融カードローンの利用も検討しましょう

いずれにせよ、借入は返済義務が生じるため、返済計画をしっかり立てることが大切です。計画的な利用を心がけ、金利負担をできるだけ抑えながら、必要な資金を確保するようにしてください。

クレジットカードにキャッシング枠があれば即日で借入ができる

クレジットカードには、ショッピング枠とは別にキャッシング枠が設定されている場合があります。

キャッシング枠とは、クレジットカードを使ってATMから現金を借り入れできる限度額のことです。キャッシング枠が設定されていれば、新たな申込みや審査なしですぐに借入れが可能ですコンビニやカード会社提携のATMに行き、クレジットカードと暗証番号を入力するだけで、設定された限度額内でいつでも現金を引き出せます。

また、インターネットを通じて申し込むことで、指定した口座に借入金を振り込んでもらえるサービスもあります。平日14時までに申し込めば、最短で即日中に指定口座に入金されます。

ただし、キャッシング枠は通常ショッピング枠に含まれるため、キャッシングで借りた分だけショッピングに利用できる残額が減ります。また、借入れには金利がかかり、返済が遅れると延滞金も発生するため、計画的な利用と返済が必要です。

消費者金融は金利が高いものの即日で借入ができる

お金が足りず、今すぐ必要な状況に陥った場合、消費者金融を利用することで即日融資を受けられます。消費者金融は審査が比較的スピーディーで、申し込みから融資までの流れが早いのが特徴です。必要書類を揃え、審査に通れば、最短で申し込み当日に指定の口座にお金が振り込まれます。

ただし、消費者金融の金利は他の借入方法と比べて高めに設定されています。利用する際は、返済計画をしっかりと立て、無理のない借入額に抑えることが大切です。金利の高さを考慮し、できるだけ早めの返済を心がけましょう。

また、複数の消費者金融から借り入れを行うことは避けましょう。多重債務に陥ると返済が困難になり、さらなる金銭的な問題を引き起こす可能性があります。即日融資を受けられる利便性がある一方で、金利の高さには注意が必要です。

借入れの際は、自分の収入と返済能力を冷静に判断し、計画的に利用することが賢明です。どうしても借入れが必要な場合は、消費者金融を選択肢の一つとして検討してみてください。

大手企業が運営するアプリローン等も多数ある

近年、大手消費者金融や銀行系カードローン会社が提供するスマートフォンアプリを使った「アプリローン」が増えています。プロミスやアコム、SMBCモビットなどの大手消費者金融は、申込みから審査、借入れまでをアプリ上で完結できるサービスを展開しています。

アプリローンのメリットは、来店不要で24時間いつでも手続きができる点です。また、カードレス取引にも対応しているため、ATMでのお金の引き出しもスムーズです。大手企業が運営しているため、セキュリティ面での安心感もあります。

ただし、アプリローンは即日融資に対応していても、審査に時間がかかる場合があります。また、アプリの操作に不慣れな人にとっては、手続きがわかりにくいというデメリットもあるでしょう。自分に合ったサービスを選ぶためにも、事前にアプリの機能や使い勝手をよく確認しておくことが大切です。

大手消費者金融の審査に落ちてしまった人は中小の業者を検討しよう

大手消費者金融の審査に通らなかった場合でも、諦める必要はありません。中小消費者金融は審査基準が大手よりも緩やかな傾向にあるため、審査に通過しやすいと言われています。中小消費者金融の多くは対面での審査を行っており、機械的な審査ではなく、申込者の状況を個別に判断してくれる場合があります。

また、過去の金融事故歴があっても、現在の返済能力次第で融資を受けられる可能性があるのも特徴です。ただし、中小消費者金融は金利が若干高めで即日融資に対応していないことが多いため、返済計画はしっかりと立てる必要があります。

違法な金融業者も存在するため、必ず貸金業登録を確認してから申し込むようにしましょう。信頼できる中小消費者金融を選び、計画的に利用することで、お金に困ったときの強い味方になってくれるはずです。

生活苦の状況なら低金利・無金利の公的融資制度で借入できる

生活が困窮している低所得者や高齢者、障害者などを対象に、国や自治体が実施している公的融資制度があります。代表的なものに生活福祉資金貸付制度があり、市区町村の社会福祉協議会で申し込むことができます。

生活福祉資金貸付制度には、緊急小口資金、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金などの種類があり、生活費や住宅の賃貸料、就職や技能習得のための資金などを低金利または無利子で借りられます

連帯保証人がいる場合は無利子となり、いない場合でも年1.5%程度の低金利で借入可能です。返済期間は資金の種類によって異なりますが、据置期間を設けた上で、5年から20年の長期に渡って分割返済できるのも特徴の一つです。

生活が困窮して民間の金融機関から借りられない場合でも、公的融資制度を利用することで、低金利・長期返済で借入ができるので、生活の立て直しに役立ちます。

生活苦で一時的に資金が必要な方は「総合支援資金」

総合支援資金は、失業や減収などにより生活に困窮している世帯を対象とした公的な貸付制度です。生活の立て直しのために、継続的な相談支援と併せて、生活費や一時的な資金の貸付を行います。

貸付限度額は2人以上世帯で月20万円以内、単身世帯で月15万円以内で、貸付期間は原則3ヶ月、最長12ヶ月です。据置期間は最終貸付日から6ヶ月以内、償還期限は据置期間経過後20年以内となっています。

連帯保証人がいる場合は無利子、いない場合は年1.5%の利子がつきます。総合支援資金の利用にあたっては、借入申込者の本人確認や現住所の確認が必要です。住居のない方は住居確保給付金の利用を検討しましょう。

また、生活困窮者自立支援制度における自立相談支援事業の利用が原則として貸付の要件となります。返済が難しい場合は償還免除や猶予の制度がありますので、お住まいの地域の社会福祉協議会にご相談ください。生活再建に向けて、ぜひ総合支援資金の利用をご検討ください。

低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯で検討したい「生活福祉資金」

生活福祉資金は、低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯を対象とした公的な貸付制度です。世帯の生活の安定と経済的自立を目的として、各都道府県社会福祉協議会が実施しています。

貸付の種類は、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類があります。例えば、失業等で生活再建が必要な場合の生活費や住宅入居費用(総合支援資金)、福祉用具の購入や住宅改修等に必要な費用(福祉資金)、高校・大学等への就学に必要な費用(教育支援資金)などに利用できます。

連帯保証人を立てられる場合は無利子、立てられない場合でも低金利で借入可能です。貸付にあたっては、民生委員による相談支援が行われ、借受世帯の自立に向けてサポートを受けられるのも特徴です。

生活が困窮している低所得世帯や、障害者・高齢者のいる世帯は、ぜひ生活福祉資金の利用を検討してみましょう。お住まいの地域の社会福祉協議会が相談窓口となっています。

貴金属やブランド品を持っているなら質屋で借入できる

質屋は審査なしで即日お金を借りられる数少ない選択肢の一つです。本人の信用情報ではなく、担保となる品物の価値で融資額が決まるため、ブラックリストに載っていても利用できます。高級ブランドの時計やバッグ、金やプラチナなどの貴金属を担保に預ければ、最大で品物の買取相場の8割程度を借りられるでしょう。

例えば、買取相場80万円のブランド時計なら65万円程度のお金を用意できます。ただし質屋の金利は月利で0.95%~8%程度と、消費者金融カードローンの年利18%と比べるとかなり高めなので注意が必要です。返済が長引くほど利息の負担は大きくなるため、高額な借り入れは避け、3ヶ月以内の返済を心がけましょう。

質入れした品物は、きちんと保管してもらえます。返済が完了すれば、品物は無事返却されるので、大切なブランド品を手放したくない人にもおすすめの選択肢と言えるでしょう。

定期預金がある人は定期預金を担保に借入できる

定期預金を担保に借入れができる「貯金担保自動貸付け」というサービスがあります。これは、総合口座で管理している定期預金や定額貯金を担保として、普通預金の残高を超える払戻請求があった際に、その不足分を自動的に貸し付けてくれるものです。

担保となる定期預金や定額貯金の預入金額の90%以内で、最大300万円まで借入れが可能です。金利は定期預金の約定金利に0.5%上乗せした利率と、一般的な消費者金融やカードローンに比べてかなり低く設定されています。

ただし、定期預金を担保に借入れをすると、借入期間中はその定期預金の解約ができなくなります。また、借入金の返済が滞った場合、担保となっている定期預金から返済されてしまうリスクもあります。

定期預金担保融資は、定期預金を担保にスピーディに借入れができるメリットがある一方で、定期預金よりも高い金利で借りることになるというデメリットもあります。お金を借りる際は、その必要性とリスクをよく検討したうえで判断することが大切です。

生命保険に加入している人なら契約者貸付制度で借入できる

生命保険に加入している人は、契約者貸付制度を利用することでお金を借りることができます。この制度は、解約返戻金を担保にして保険会社から融資を受けられるもので、終身保険や養老保険、学資保険、個人年金保険など、解約返戻金のある保険に適用されます

契約者貸付制度の最大のメリットは、保険契約を継続したまま資金調達ができる点です。審査も不要で、申込から融資まで最短1日というスピーディーさも魅力です。利率は年2~4%程度と比較的低めで、借入限度額は解約返戻金の70~90%ほどになります。

ただし、借入金の返済を滞納すると、保険契約が失効したり、保険金や給付金が支払われなくなるリスクがあるので注意が必要です。計画的な返済を心がけ、保険の本来の目的を損なわないよう、上手に活用しましょう。

お金がなくてお金を借りる時の注意点

お金がなくてお金を借りる時の注意点は、主に以下のものが挙げられます。

お金がなくてお金を借りる時の注意点
  • 毎月の返済額はいくらになるのか把握する
  • いつまで返済が続くのか把握する
  • 累計の返済額がいくらになるのか把握する

それぞれ詳しく解説していきます。

毎月の返済額はいくらになるのか把握する

お金を借りる際には、毎月の返済額を事前に把握することが非常に重要です。借入金額や金利、返済期間などによって、毎月の返済額は大きく変わってきます。無理のない返済計画を立てるためにも、借入れ前に返済シミュレーションを行い、毎月の返済額を確認しましょう。

金融機関のウェブサイトには、多くの場合、返済シミュレーションツールが用意されています。このツールを活用して、借入金額や返済期間を変更しながら、毎月の返済額がどのように変化するのかを確認することができます。

また、金融機関の担当者に相談することで、より詳細な返済計画を立てることもできるでしょう。毎月の返済額が自分の収入に見合っているかどうかを慎重に見極めることが大切です。返済額が収入の大部分を占めてしまうようでは、生活が苦しくなってしまいます。

借入れによって一時的な資金不足は解消できたとしても、長期的には返済の負担が重くのしかかることになりかねません。お金を借りる前に、毎月の返済額を把握し、自分の収入と支出のバランスを考えながら、無理のない返済計画を立てることが賢明です。

いつまで返済が続くのか把握する

お金を借りる際は、いつまで返済が続くのかを事前に把握することが重要です。借入金額や金利、返済方式によって、返済期間は大きく変わります。

例えば、50万円を金利18%で借りた場合、毎月の返済額を2万円とすると返済期間は約32ヶ月(2年8ヶ月)になります。一方、毎月の返済額を1万円にすると、返済期間は約79ヶ月(6年7ヶ月)と2倍以上長くなってしまいます。

返済期間が長引くほど、トータルの返済額も増えていきます。返済が長期化すれば、その間に収入が減ったり予期せぬ出費が発生したりするリスクも高まります。

そのため、お金を借りる前に、返済期間や毎月の返済額を計算し、無理のない返済プランを立てることが大切です。返済のシミュレーションを行い、いつまでに完済できるのか見極めましょう。

累計の返済額がいくらになるのか把握する

お金を借りる際は、月々の返済額だけでなく、最終的にいくら返済することになるのかを把握することが重要です。借入金額と金利、返済期間から利息の総額を計算し、元金と合わせた返済総額を確認しましょう。

利息の計算方法は、借入残高×金利÷365日(または366日)×借入日数です。

例えば、100万円を金利15%で1ヶ月(30日)借りた場合、利息は100万円×15%÷365日×30日=12,328円となります。

返済総額が高額になると、長期的な家計の負担となります。無理のない返済プランを立てるためにも、事前にシミュレーションして返済総額を把握しておくことが大切です。金利が低いカードローンを選んだり、繰上返済で利息を抑えたりするなど、返済総額を少しでも減らす工夫も検討しましょう。

借金は計画的に返済していくことが重要です。返済が滞ると延滞情報が信用情報機関に登録され、新たな借入れが難しくなるリスクもあります。返済総額を見据えて、計画的に借入れ・返済するよう心がけましょう。

「お金はないけど借金はしたくない」という人の対処方法

「お金はないけど借金はしたくない」という人の対処方法は、いくつかあります。

その中でおすすめしたいのは以下の3つです。

「お金はないけど借金はしたくない」という人の対処方法
  • 日払いの単発・派遣バイトをする
  • 買取業者やフリマアプリを使って不用品を売る
  • 人材マッチングプラットフォームで副業をする

それぞれ詳しく解説していきます。

日払いの単発・派遣バイトをする

日払いの単発バイトや派遣バイトは、すぐにお金を稼ぐことができるのでおすすめです。単発バイトは1日だけの短期間の仕事で、イベントスタッフや倉庫内作業、試験監督などがあります。

派遣バイトは派遣会社に登録して、希望の日時や職種の仕事を紹介してもらえます。これらのバイトは、学業やプライベートの予定に合わせて都合の良い日に働けるのがメリットです。未経験でも始められる仕事が多いのも魅力です。

また、日払いや週払いに対応しているので、働いたその日や週内にお金を受け取れます。ただし、単発バイトは毎回仕事を探す手間がかかり、希望する日に仕事があるとは限りません。

派遣の場合は登録や就業開始までに時間がかかることもあります。危険な闇バイトに気をつける必要もあるでしょう。信頼できる求人サイトや派遣会社を利用し、条件の良すぎる話には注意しましょう。

買取業者やフリマアプリを使って不用品を売る

お金がない状況でも、家の中に眠っている不用品を売ることで、少しでも収入を得ることができます。まず、自宅にある物を整理し、使わなくなったものや必要のないものを選別しましょう。衣類、家電、本、CD、DVDなど、様々なジャンルの品物が売れる可能性があります。

不用品を売る方法として、買取業者を利用するのがおすすめです。本や衣類などを専門に扱う買取店や、総合的な買取サービスを提供する業者があります。インターネットで検索すれば、近くの買取店を見つけることができるでしょう。

また、宅配買取サービスを利用すれば、自宅から品物を発送するだけで、査定と買取を受けられます

もう一つの選択肢は、フリマアプリを活用することです。メルカリやラクマなどの人気アプリでは、不用品を出品し、直接購入者と取引ができます。商品の写真を撮影し、詳細な説明を添えて出品しましょう。適切な価格設定と丁寧な対応を心がければ、高い確率で売れるはずです。

不用品を売ることで得られる金額は、品物の状態や需要によって異なります。しかし、少しでも収入を得られれば、生活費の足しにすることができるでしょう。

人材マッチングプラットフォームで副業をする

近年、インターネットの普及により、人材マッチングプラットフォームを利用した副業が注目を集めています。これらのプラットフォームでは、自分のスキルや経験を活かして、空いた時間に仕事を請け負うことができます。

デザイン、ライティング、プログラミング、翻訳など、様々な分野の仕事が掲載されており、自分に合った案件を選ぶことができます。報酬は案件によって異なりますが、自分のペースで働けるため、本業との両立も可能です。

また、多くのプラットフォームでは、クライアントとのやり取りやお金のやり取りがシステム上で完結するため、安心して仕事に取り組むことができます。副業を始める際は、自分のスキルを磨き、ポートフォリオを充実させることが大切です。

これにより、より多くの案件を受注し、収入を増やすことができるでしょう。人材マッチングプラットフォームを活用した副業は、お金がない状況でも、自分の力で収入を得るための有効な手段の一つと言えます。

お金がない時に絶対にしてはいけないこと

お金がない時に絶対にしてはいけないことは、主に以下のものが挙げられます。

お金がない時に絶対にしてはいけないこと
  • ギャンブルで一発逆転を狙おうとする
  • 闇バイトをする
  • 闇金・違法業者からお金を借りる
  • クレジットカードの現金化を利用する

それぞれ詳しく解説していきます。

ギャンブルで一発逆転を狙おうとする

お金がない時に、ギャンブルで一発逆転を狙おうとするのは絶対にやめましょう。パチンコや競馬などのギャンブルは、当選確率が非常に低く、再現性もありません。一時的に大金を得られたとしても、長期的にはギャンブルで稼ぐことは非現実的です。それどころか、ギャンブルにのめり込むとギャンブル依存症になるリスクが高まります

ギャンブル依存症は、金銭的な問題だけでなく、借金、仕事の効率低下、人間関係の悪化など深刻な問題を引き起こします。脳内報酬系の機能異常が原因と考えられており、ギャンブルを思い出させるものを見ただけで強い衝動に襲われるようになります。

ギャンブルで一発逆転を夢見るのは、一時の感情に流されているだけです。着実にコツコツと働いて収入を得る地道な努力こそが、お金の問題を解決する唯一の方法だと肝に銘じましょう。ギャンブルは一時の快楽に過ぎず、人生を狂わせかねない危険な賭けなのです。

闇バイトをする

お金に困った時、SNSなどで見かける「高収入」「日払い」などの甘い言葉につられて、闇バイトに手を出してはいけません。闇バイトとは、犯罪行為を伴うアルバイトのことで、特殊詐欺の受け子や強盗などが代表的です。

一度闇バイトに手を出すと、応募時に提出した身分証明書などの個人情報を犯行グループに握られ、「家族に危害を加える」などと脅迫されて、逮捕されるまで抜け出せなくなります。報酬も支払われず、犯行グループに都合よく使い捨てにされるだけです。

お金がないからといって安易に闇バイトに手を出すと、犯罪者となり、逮捕され前科がつくなど、将来に大きな傷を負うことになります。闇バイトの誘いには絶対に乗らず、少しでも怪しいと感じたら、一人で判断せずに周囲や警察に相談しましょう。

闇金・違法業者からお金を借りる

お金に困っている時、闇金や違法業者からお金を借りることは絶対にやめましょう。一時的な解決策に見えるかもしれませんが、長期的には状況をさらに悪化させるだけです。闇金は法外な金利を設定し、借金が雪だるま式に膨れ上がります。

また、違法な取り立て行為や脅迫により、精神的にも大きなダメージを受けることになります。お金を借りる際は、必ず合法的な金融機関を利用しましょう。社会福祉協議会や自治体の相談窓口で、低利子の貸付制度や支援策について相談することをおすすめします。

家族や友人に相談することで、新たな解決策が見つかるかもしれません。困難な状況でも、闇金や違法業者に手を出すことだけは避けましょう。一時的な解決ではなく、長期的な視点で問題に向き合うことが大切です。法律に基づいた適切な方法で、着実に問題を解決していくことが重要です。

クレジットカードの現金化を利用する

お金に困っている時、クレジットカードの現金化サービスを利用することは絶対に避けるべきです。現金化とは、クレジットカードの与信枠を利用して現金を得る方法ですが、これには多くのリスクが伴います。

まず、現金化業者の多くは違法な営業を行っており、法外な手数料を請求されるケースが多々あります。また、カード会社に不正利用として認定された場合、カードの利用停止や法的措置を取られる可能性があります。

さらに、現金化によって得たお金は、カードの利用代金として後日返済しなければなりません。高い金利が設定されていることが多く、返済額が膨れ上がり、さらなる借金地獄に陥るリスクがあります。

一時的な現金の確保に惑わされず、長期的な視点で考えることが重要です。生活費の見直しや、公的機関の支援制度の利用など、他の解決策を探してみましょう。安易にクレジットカードの現金化に手を出すことは、問題をさらに悪化させるだけです。金銭的な困難を乗り越えるためには、冷静な判断力が必要不可欠なのです。

お金がない人の特徴

お金がない人の特徴には、主に以下のものが挙げられます。

お金がない人の特徴
  • 生活のために必要な金額を把握できていない
  • 衝動的で計画性のない出費が多い
  • 細かい出費を計算できておらず無駄遣いが多い
  • 収入のヨミが甘く希望的観測になってることが多い

それぞれ詳しく解説していきます。

生活のために必要な金額を把握できていない

お金がない人の多くは、自分の生活に必要な金額を正確に把握できていないという特徴があります。毎月の収入と支出を記録せず、漠然と生活している人が多いのです。

家賃や光熱費、食費、交際費など、生活していくうえで必要不可欠な出費の総額を把握していないため、毎月の収支のバランスが取れていません。具体的に自分の生活にいくら必要なのかを知るためには、1ヶ月間、お金の出入りを細かく記録していくことが大切です。

家計簿アプリなどを活用して、収入と支出を可視化してみましょう。そうすることで、無駄な出費に気づいたり、削減できる部分が見えてきます。

また、自分の収入の範囲内で生活するためには、生活費の目安を立てることが重要です。しっかりと生活費を把握し、計画的にお金を使っていくことが、お金がない状況を脱するための第一歩となるでしょう。

まずは、自分の財布の中身と向き合ってみることから始めてみてください。

衝動的で計画性のない出費が多い

お金がない人の特徴として、衝動的な買い物や計画性のない出費が多いことが挙げられます。欲しいものを見つけると、その場の感情に流されて衝動買いしてしまったり、セールや人気商品に弱かったりする傾向があります。

また、ついで買いやちょっとした無駄遣いを繰り返し、気づけば出費が膨らんでいることも。計画的にお金を使うことができず、その時の気分で買い物をしてしまうため、出費を把握できていないことが多いです。お金の使い道を明確にせず、目的もなくむやみに財布を開く回数が増えるので、知らず知らずのうちに出費がかさんでしまいます。

衝動的で計画性のない出費を防ぐには、まず自分の収支をしっかりと把握することが大切です。そして、本当に必要なものかどうかよく考えてからお金を使う習慣をつけましょう。衝動買いを防ぐために、クレジットカードの利用を控えめにしたり、貯金用の口座を別に作って計画的に貯蓄したりするのも効果的です。

細かい出費を計算できておらず無駄遣いが多い

お金がない人の特徴として、日々の細かい出費を把握できていないことが挙げられます。コンビニでの買い物やカフェでのドリンク代など、1回あたりの金額は小さくても、積み重なると大きな出費になります。しかし、お金がない人は、これらの支出を正確に把握していないため、知らず知らずのうちに無駄遣いを繰り返してしまいます。

また、衝動買いや安売りに弱いのも特徴です。セールや限定品につられて、本当に必要でないものまで購入してしまうことがあります。一時的な満足感を得られますが、長期的に見ると財布を圧迫する結果となります。

お金がない状況を改善するには、まず自分の収支を把握することが重要です。家計簿アプリなどを活用して、毎日の支出を記録する習慣をつけましょう。細かい出費を可視化することで、無駄遣いに気づき、節約のポイントを見つけることができます。

衝動買いを防ぐためには、一定期間の買い物リストを作成し、計画的に購入するのも効果的です。

収入のヨミが甘く希望的観測になってることが多い

お金がない人の特徴として、収入のヨミが甘く、希望的観測になっていることが挙げられます。自分の収入を過大評価し、「来月はボーナスが出るから大丈夫」「副業で稼げるはず」といった根拠のない期待を抱いてしまうのです。

しかし現実は厳しく、思ったほど収入が増えないことがほとんどです。むしろ、収入が減ることすらあります。にもかかわらず支出は増える一方で、いつの間にかお金がない状態に陥ってしまうのです。

お金がない人は目先の欲求を優先しがちで、将来のことを考えられていないことが多いようです。楽観的すぎる見通しを立てるのではなく、現実的に収支を把握し、計画的にお金を使っていくことが大切だと言えるでしょう。

お金がないことに関するよくある質問

お金がないことに関するよくある質問には、主に以下のものが挙げられます。

お金がないことに関するよくある質問
  • Q. 質屋に不用品を売る時、どんなものを買い取ってくれますか?
  • Q. フリマアプリで意外と売れている身近なものはありますか?
  • Q. お金が無くてご飯も食べられません。身近で利用できる食べ物の配給などはありませんか?
  • Q. ブラックリスト入りしてる自分でもお金を借りることはできますか?
  • Q. 無職・失業中の自分でもお金を借りることはできますか?

それぞれ詳しく解説していきます。

質屋に不用品を売る時、どんなものを買い取ってくれますか?

質屋では様々な品物を買取しています。特に人気が高いのは、ブランド品や貴金属、宝石類です。ルイ・ヴィトンやエルメス、シャネルなどの高級ブランドのバッグや財布、小物類は高価買取の対象となります

また、金やプラチナなどの貴金属や、ダイヤモンド、ルビー、サファイアといった宝石も質屋の主要な取扱品目です。その他にも、ロレックスなどの高級腕時計、カメラや楽器、iPadなどのタブレット端末、ゲーム機、電動工具、ゴルフクラブなどのスポーツ用品、着物、お酒など、幅広いジャンルの品物を扱っています

多少の傷や汚れ、付属品の欠品があっても買取可能なことが多いので、不用になったものがあれば一度質屋に持ち込んでみるのがおすすめです。査定は無料なので、気軽に相談してみましょう。

フリマアプリで意外と売れている身近なものはありますか?

意外と高値で売れる身近なものとして、ブランド品のバッグや財布、アクセサリーなどが挙げられます。状態が良ければ値崩れが少なく、人気ブランドであれば旧モデルでも需要があります。

また、家電製品も売れ筋です。特に人気機種のスマートフォンやタブレット、ゲーム機などは高く売れる傾向にあります。意外なものでは、レトロゲームや懐かしのおもちゃ、アニメグッズなども根強い人気です。プレミア化している限定品や廃盤商品は、コレクター心をくすぐり高値で取引されています。

他にも、ブランドの箱や紙袋、ノベルティなどの非売品も需要があります。季節物の衣類を適切なタイミングで出品するのもおすすめです。春夏物なら2〜3ヶ月前、秋冬物なら1〜2ヶ月前に出品すると、店頭に並ぶ前にお得に購入したい人の目に留まりやすくなります。

身の回りの不用品を見渡してみると、思わぬお宝が眠っているかもしれません。商品の状態をよく確認し、魅力的な説明文と写真で出品すれば、高く売れるチャンスが広がるでしょう。

お金が無くてご飯も食べられません。身近で利用できる食べ物の配給などはありませんか?

お金がなくて食べ物に困っている場合、まずは身近な社会福祉協議会や行政の相談窓口に相談しましょう。生活に困窮している人を対象に、食料品の支給を行っている自治体もあります。

民間の支援としては、フードバンクがあります。フードバンクでは、企業や個人から食品の寄付を募り、生活困窮者やひとり親家庭、施設などに無償で提供しています。利用するには、直接フードバンクに連絡を取るか、社会福祉協議会などの相談窓口で紹介してもらうことが多いです。

ただし、フードバンクへの寄付は不定期なため、必ずしも希望する食品が手に入るとは限りません。可能であれば、家族や知人に食事を作ってもらったり一緒に食事をするのも一案です。

どうしてもお金を工面する必要がある場合は、休業手当の申請や生活福祉資金の貸付制度の利用を検討しましょう。緊急的な措置として消費者金融からお金を借りる方法もありますが、返済計画をしっかり立てる必要があります。

ブラックリスト入りしてる自分でもお金を借りることはできますか?

ブラックリスト入りしている場合、一般的な銀行カードローンや大手消費者金融からの借り入れは非常に難しくなります。しかし、借入の可能性が完全にゼロになるわけではありません。

中小規模の消費者金融の中には、独自の審査基準を設けているところもあり、ブラックでも融資してもらえる可能性があります。ただし金利は高めで、借入額も少額に限られる傾向にあります。

また、質屋で資産を担保にお金を借りる方法もあります質屋は信用情報をチェックせずに融資してくれるため、ブラックでも利用できます。他にも、保険の契約者貸付制度を使えば、保険を解約せずに保険金の一部を借りることができます。

ただし、どの方法もあくまで応急処置であり、根本的な借金問題の解決にはなりません。返済が難しいのであれば、弁護士などの専門家に相談し、自己破産や任意整理といった債務整理を検討することをおすすめします。

無職・失業中の自分でもお金を借りることはできますか?

無職や失業中でもお金を借りる方法はいくつかあります。まず、ハローワークの「求職者支援資金融資」を利用できます。これは、職業訓練を受講する際の生活費として、月15万円(単身世帯)から20万円(2人以上の世帯)を借りられる制度です。

また、市区町村の社会福祉協議会が実施する「生活福祉資金貸付制度」では、低所得者世帯などを対象に、生活再建のための資金を借りられます。

一方、消費者金融や銀行カードローンからお金を借りるのは難しいです。無職では安定した収入がないと判断され、審査に通らないためです。ただし、年金などの継続的な収入がある場合は、カードローンを利用できる可能性があります。

そのほか、クレジットカードのキャッシング枠や質屋の利用、学生であれば学生ローンや内定者ローンなど、状況に応じた借り入れ方法もあります。いずれにせよ、公的制度の利用や家族への相談を優先し、安易な借金は避けるようにしましょう。

お金がない問題は収支の見直しを行わないと一生続く

お金がないと嘆いている人は多いですが、その原因の多くは収入と支出のバランスが取れていないことにあります。収入が少ないのに、無駄な出費が多ければ、いくらお金を稼いでも足りなくなってしまうのは当然の結果です。

お金がない問題を解決するには、まず自分の収支を正確に把握することが重要です。毎月の収入と支出を記録し、無駄な出費がないか確認しましょう。不要な出費を削減し、節約を心がけることで、支出を抑えることができます。

また、収入を増やすための方法も考えてみましょう。副業や投資など、新たな収入源を見つけることで、収入アップを目指すことができます。しかし、無理のない範囲で行うことが大切です。

収支のバランスを取ることは一朝一夕ではできませんが、コツコツと続けることで、必ず改善できます。今すぐ収支の見直しを始めて、お金がない問題を解決しましょう。

お金が無くてストレスが溜まるのは問題認識・具体的な解決方法を考えきれていないから

お金がないことでストレスを感じるのは、その状況を改善するための具体的な行動プランが見えていないためです。まずは現状を冷静に分析し、問題の本質を見極めることが重要です

収入が少ないのか、支出が多いのか、あるいはその両方なのかを把握しましょう。その上で、収入を増やすための方法や、支出を減らすための工夫を考えていきます。

例えば、収入を増やすには、副業を始める、スキルアップを図って昇給を目指すなどの選択肢があります。一方、支出を減らすには、無駄な出費を削る、節約を心がける、安価な代替品を探すなどの方法が考えられます。これらの具体的な解決策を実行に移すことで、少しずつでもお金の問題は改善されていくはずです。

ストレスを感じるのは自然なことですが、そこで思考停止してしまっては状況は好転しません。問題を正しく認識し、自分にできる具体的な行動を見出すことが、お金の悩みを解消する第一歩となるのです。

目次