PR

メルペイスマートマネーの審査は落ちやすい?落ちる原因や利用するメリットを解説

メルペイスマートマネーの審査は落ちやすい?落ちる原因や利用するメリットを解説のアイキャッチ

メルカリが発表した2023年6月連結決算によると、売上高が前年同期比17%増の1720億円、純利益が130億円の黒字といずれも過去最高を記録しました。

売上高と純利益が順調に伸びている中、お金の借り入れを目的として2021年8月にサービスを開始したのがメルペイスマートマネーです。

申し込み・借り入れ・返済などすべての手続きがメルカリアプリ内で完結し、余計な手間をかけることなく利用できます。

審査の際には他社カードローンと同様に年収や勤務先などの情報に加えて、メルカリでの利用実績が重要視されるサービスです。

そのため、普段から頻繁にメルカリを利用しない方は、収入の有無から審査してくれるカードローンがおすすめです。

そこで本記事では、メルペイスマートマネーの審査基準や口コミからわかるメリット、デメリットなどについて詳しく解説します。

本記事を読めば、メルペイスマートマネーの審査について深く理解でき、審査に通る確率を引き上げる効果が期待できます。

この記事でわかること

\ すべての手続きがメルカリアプリ内で完結する /

> メルペイスマートマネー公式サイト <

メルカリの取引が少ない方は審査落ちに気をつけましょう

メルペイスマートマネーは普段メルカリで頻繁に取引をしている方におすすめのサービスです。

しかし、普段からメルカリで取引をしていない方は、少額融資であってもメルペイスマートマネーの審査が厳しい可能性があります。

なぜなら、メルペイスマートマネーは金利が「年3.0%〜年15.0%」と消費者金融カードローンの金利相場よりも低めだからです。

消費者金融カードローンの金利相場は「年3.0%〜年18.0%」で、金利が低いサービスほど審査が厳しいことがわかっています。

以下の表の通り、上限金利が低めのプロミスは、アコムの通過率よりも審査通過率が7%ほど低いです。

またアコムは「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。

金利(実質年率)通過率
アコム3.0%〜18.0%42.4%
アイフル3.0%〜18.0%40.3%
プロミス4.5%〜17.8%35.6%
メルペイスマートマネー3.0%〜15.0%非公開

出典元:アコム「マンスリーレポート」
アイフル「月次データ」
SMBCコンシューマーファイナンス「月次データ」

メルペイスマートマネーは審査通過率が低めのプロミスよりもさらに上限金利が低めに設定されているため、審査がより厳しいと予想されます。

メルペイスマートマネーの審査が不安な方は通過率が高めのアコムがおすすめです。

\WEB完結で借り入れ可能!/

目次

メルペイスマートマネーとは

メルカリスマートマネーとは、メルカリアプリでお金を借りられるサービスです。

メルカリスマートマネーの概要は次の通りです。

申し込み可能年齢20歳以上~71歳以下
金利年3.0%~年15.0%
借入限度枠1,000円~30万円
返済方式元利均等返済
返済期間2ヵ月~36年
※3年
担保・保証人不要
遅延損害金年20.0%
借入方法メルペイにチャージ
返済方法自動引き落とし
メルペイ残高
登録番号東京都知事 (2) 第31825号
日本貸金業協会会員第006151号

上限金利が年15.0%と大手消費者金融と比べても、低金利で借りられます。

一方で、借入限度枠が最大30万円までとなることから、少額をすぐにでも準備したい方におすすめのキャッシングサービスです。

申し込みから借り入れまでがアプリ内で完結

メルペイスマートマネーは、申し込み・借り入れ・返済までがアプリ内で完結可能です。

借りたお金はメルペイ残高にチャージされ、振込申請を行えば現金として受け取れます。

メルペイ残高とは

メルカリやメルペイでの買い物、メルペイのあと払いの支払いに利用できるお金のことです。

申し込みの際にはメルカリアプリ内で本人確認を完了させているときは、再度詳細情報の入力なしで申し込めます。

また、返済方法は自動引き落としとメルペイ残高による返済の2種類から選択可能です。

自動引き落としを選んだときの指定日は次の通りです。

自動引き落としの指定日
  • 6日
  • 11日
  • 16日
  • 21日
  • 26日

いずれかの日を指定すれば、自動的に引き落とされる仕組みになっています。

メルペイ残高での返済は次回の返済日を待たずにすぐに返済できるため、利便性の高い返済方法です。

メルペイスマート払いと異なる点

メルカリにはメルペイスマートマネーの他にも、メルペイスマート払いがあります。

メルペイスマートマネーとメルペイスマート払いの違いは次の通りです。

サービス名メルペイスマートマネメルペイスマート払い
利用目的融資を受ける商品購入代金を翌月に支払いする
資金使途メルカリおよびメルペイの支払いメルカリの商品購入
手数料年3.0%~年15.0%0円
※ATM利用の場合は300円
審査基準メルカリ利用実績・年収・信用情報などメルカリ利用実績
信用情報機関への登録ありなし
適用される法律貸金業法割賦販売法

メルペイスマートマネーは貸金業法が定める貸金業者であることから、お金の貸借が発生するサービスです。

一方で、メルペイスマート払いはメルカリで購入した代金にのみ利用でき、一般的な買い物には使えません。

そのため、お金を借りたいときはメルカリスマートマネー、メルカリの買い物で翌月払いをしたいときはメルペイスマート払いと使い分けが可能です。

メルペイスマートマネーの審査基準は?審査での確認事項を解説

メルペイスマートマネーはカードローンと同様に、審査なしでお金を借りることができません。

また、メルペイスマートマネーの審査基準は公表されていませんが、消費者金融や銀行カードローンとの共通点と異なる点の両方があります。

借入限度額が最大30万円と他社貸金業者よりも低めに設定されているとはいえ、キャッシング審査が甘いということはありません。

一方で、消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない可能性が高い方でも、メルペイスマートマネーの審査であれば通るときがあります。

メルペイスマートマネーの審査基準として考えられる項目は次の通りです。

安定した収入を確保している

メルカリスマートマネーで融資を受けるときは消費者金融と同様に、安定した収入を確保していることが重要です。

貸金業法で定める貸金業者としてお金を貸し付けることから、運営元の株式会社メルペイは貸し倒れの発生を最も恐れています。

そのため、定期的な収入がないと見なされると審査に落ちるリスクが高いです。

また、貸金業法の総量規制により年収の3分の1を超える借り入れができません。

例えば

借入限度枠の上限額である30万円を借りるには、少なくとも年収90万円を超えている必要があります。

すでに他社カードローンの借入があり、総量規制を超えているときは、審査に通らない可能性があることに注意しましょう。

過去に金融事故を起こしていない

メルカリスマートマネーの公式サイト内には、信用情報機関に信用情報が提供される旨が記載されています。

信用情報とは

信用情報とはクレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人情報のことです。

氏名・生年月日・電話番号の本人確認情報のほかにも、申し込み・借入残高・支払い・他社からの借入件数や借入金額などの内容が掲載されています。

申し込みをした際に延滞や強制解約などを起こした履歴があるときは、「要注意人物」と見なされて審査に落ちる可能性が高いです。

審査に通るためにも、日頃からクレジットカードや各種ローンの支払いを遅れなく続けることが審査通過への近道です。

メルカリの利用実績も審査対象になる

メルカリスマートマネーの審査は消費者金融や銀行カードローンなどとは異なり、信用情報に加えてメルカリの利用実績も審査対象です。

そのため、日頃からメルカリを使っておらず、利用実績がないときは審査に落ちるリスクが高まります。

一方で、消費者金融や銀行カードローンの審査に通るか不安に感じている方でもメルカリの利用実績が豊富であれば、審査に通る可能性があるでしょう。

メルカリの取引実績で高評価を得られる項目は次の通りです。

メルカリの取引実績で高評価を得られる項目
  • 取引件数が多い
  • 期日までに支払いや発送している
  • 取引相手からの高評価が多い
  • 自己都合によるキャンセルを発生させていない

借入金を返済する上でも共通点が多いため、普段から高評価を得られる条件を満たしておきましょう。

メルペイスマートマネーの申し込み条件

メルペイスマートマネーでお金を借りるには、次の申し込み条件を満たしておく必要があります。

お金を借りるための審査を受けるには上記の2点を満たしておく必要があり、できる限り早めに手続きを完了させておきましょう。

なお、メルカリアプリを利用する際にすでに登録手続きが完了しているときは、すぐにメルペイスマートマネーへの申し込み手続きを進められます。

引き落とし用に銀行口座が登録されている

メルペイスマートマネーはメルペイ残高をチャージして借り入れをする特性上、銀行口座の登録が必要です。

登録した銀行口座は、「支払い用銀行口座」としてメルペイスマートマネーを返済するときの引き落とし用口座になります。

また、メルペイのあと払いやメルカード利用分の引き落とし口座としても利用できます。

引き落とし用銀行口座として利用できる金融機関は次の通りです。

引き落とし用銀行口座として利用できる金融機関
  • メガバンク
  • ゆうちょ銀行
  • 信用金庫
  • JAバンク(農業協同組合)

登録できる銀行口座を保有していない場合は、セブン銀行ATMからのチャージまたは口座開設を検討しましょう。

なお、本人名義の銀行口座しか登録できないことに注意が必要です。

本人確認の手続きが完了している

メルペイスマートマネーを利用するときは、本人確認手続きを完了している必要があります。

メルカリアプリ内で本人確認手続きをする方法は次の2通りです。

メルカリアプリ内で本人確認手続きをする方法
  • マイナンバーカード読み取り方式
  • 自撮り方式

マイナンバーカード読み取り方式は名称の通り、スマートフォンでマイナンバーを読み取ることで手続きが完了します。

自撮り方式はスマートフォンで本人確認書類とご自身の顔を撮影する方法で、次の書類を準備する必要があります。

本人確認書類
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明

本人確認の承認までに時間がかかる可能性があるため、今すぐお金が必要な場合は、なるべく早めに手続きを済ませておきましょう。

メルペイスマートマネーの審査に落ちる原因6つ

メルペイスマートマネーは消費者金融や銀行カードローンとは異なり、メルカリでの利用実績も審査の際に考慮されます。

ただし、メルカリでの取引実績で素晴らしい評価を得ていたとしても、審査に落ちやすい事項に該当していると通過が難しいです

メルペイスマートマネーの審査に落ちないためにも、落ちる可能性のある原因を確認して事前に対策を取る必要があります。

本項で審査に落ちやすい原因をチェックしてスムーズに融資を受けられるようにしましょう。

利用条件を満たしていない

メルペイスマートマネーは公式サイト内で審査基準が公表されていないとはいえ、利用条件が提示されています。

次の条件に当てはまるとメルペイスマートマネーが利用できません。

メルペイスマートマネーが利用できない条件
  • 20歳未満~71歳以上の方
  • メルペイの利用を制限されている方
  • メルペイスマートマネーの返済期日を過ぎても返済が完了していない方
  • メルペイあと払いの返済期日を過ぎても返済が完了していない方
  • 利用状況からメルペイスマートマネーの利用に適さないと判断された方

申し込み時の年齢は20歳以上〜70歳以下が条件になっていて、成人年齢である18歳・19歳や71歳以上の方は申し込めません。

年齢制限の関係で申し込めないときは、18歳以上や71歳以上でも申し込めるカードローンなどの申し込みを検討しましょう。

例えば、SMBCモビットの審査は満74歳まで申し込むことができますよ。

メルカリの取引実績が少ない

メルペイスマートマネーの審査では申し込み内容や信用情報だけではなく、メルカリの取引実績が重視されます。

そのため、メルカリに取引実績が少ないと判断されると審査に落ちるリスクが高いです。

審査では

メルカリの取引実績のみならず、期日までに支払いや発送をしているかや自己都合のキャンセルをしていないかなども考慮されます。

また、メルカリを始めて間もない方や評価件数が少ない方も信頼が積み上がっていないため、融資を控える可能性が高いです。

普段メルカリを利用していない方は少額融資に対応した消費者金融カードローンがおすすめです。

一方、銀行カードローンは最低でも利用限度額が10万円に設定されることがあるため、審査が厳しめかつ使いすぎてしまう恐れがあります。

少額融資に対応している消費者金融カードローンの中でも、以下のような大手のサービスは無利息期間を提供しているため一定期間の利息を節約することができますよ。

スクロールできます
限度額金利無利息期間審査時間
アコム1万円〜800万円年3.0%〜年18.0%ご契約の翌日から30日間は金利0円
30日間無利息サービス
※適用条件
アコムでのご契約がはじめてのお客さま
最短20分※
プロミス1万円〜500万円年4.5%〜年17.8%最大30日間最短20分
アイフル1万円〜800万円年3.0%〜年18.0%最大30日間最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

メルカリの取引実績を作るには不用品などの販売に加えてメルペイの利用状況も審査の合否に影響することから、継続的にメルペイでの支払いをすることも効果があります。

メルカリの取引実績に自信がない場合は、コストを抑えつつ即日融資が受けられるアコムのような消費者金融がおすすめです。

\WEB完結で借り入れ可能!/

返済能力を有していない

メルペイスマートマネーの審査ではメルカリの利用状況が重視される傾向にあり、収入が低くても審査に通る可能性が高いです。

ただし、貸金業法の総量規制が適用される契約になるため、借入希望額に応じた収入が確保できていないと審査に通りません。

総量規制とは

総量規制は、過度な借り入れを利用者から守るために年収の3分の1を超える貸付けを禁止している法律です。

例えば、メルペイスマートマネーで10万円を借りる場合は、少なくとも年間30万円の収入を確保している必要があります。

そのため、現状収入がない方はアルバイトやパートなどで毎月継続的なお金を得られるようになってから申し込みましょう。

他社からの借り入れが多い

メルペイスマートマネーの申し込みをする時点で他社からの借り入れがあると、審査に落ちるリスクが高いです。

貸金業法で定める貸金業者は、年収の3分の1を超える貸付けを禁じられています。

そのため、申し込みを行う段階で年収の3分の1を超える借り入れがある場合は、それ以上の貸付けができません。

また、借入件数や借入金額が多いと、貸金業者から「多重債務に陥る危険性がある」と見なされる可能性が高いです。

多重債務を繰り返すと

A社の借入金額をB社の借り入れで返済するといった自転車操業の状態に陥るリスクがあり、貸金業者と利用者ともに路頭に迷う危険性があります。

万が一、他社からの借り入れが多いときはおまとめローンや繰上返済を利用して、借入件数や借入金額を減らすまたは、完済してから申し込みましょう。

信用情報にマイナス履歴が登録されている

メルペイスマートマネーの申し込みをするときは、過去にクレジットカードや各種ローンの延滞をして信用情報にマイナス履歴があると審査に落ちる可能性が高いです。

貸金業者が審査を実施するとき

申し込み内容に加えて、CICと呼ばれる信用情報機関が保管する信用情報をチェックします。

信用情報を確認した際に滞納や強制解約になった履歴が記録されていると、審査に通過することはありません。

さらにCICにはブラックリストと呼ばれる要注意人物の一覧が存在しないものの、支払い遅れがあった場合はその内容が事実として登録されます。

信用情報にマイナス履歴があるかをチェックしたいときは、インターネットおよび郵送で情報開示請求を行いましょう。

申し込み内容に不備がある

メルペイスマートマネーの申し込みを行う際には個人情報の入力や本人確認書類を提出する必要があり、誤りや不備があると審査に通る確率が低いです。

申し込み内容に誤りや虚偽申告があると

故意や過失にかかわらず、「虚偽申告をする人」と見なされて審査に落ちるリスクがあります。

審査に通るために虚偽申告をしたとしても、申し込み内容・信用情報・提出書類などを確認した際に必ずバレます。

仮に審査に通ったとしても一括請求をされたり、強制解約になったり、悪質と判断されたときは訴えられたりするリスクが高いです。

申し込み内容に不備があると審査時間も長引くことから、1つずつ丁寧に入力および提出を行いましょう。

メルペイスマートマネーの口コミからわかるメリット7選

メルペイスマートマネーの口コミを確認すると、多くのメリットが見つかります。

消費者金融や銀行カードローンなどにはない独自のサービスを展開していて、使い方次第ではお得に利用可能です。

借入限度枠が最大30万円と少額に設定されているとはいえ、他のカードローンより低金利で借りられる可能性があります。

さらに借り入れをすることをバレたくない方にとっても最大限の配慮がされていて、安心して利用可能です。

メルペイスマートマネーの口コミからわかるメリットは次の通りです。

メルカリの利用実績によって金利優遇措置が決まる

メルペイスマートマネーの審査における最大の特徴は、メルカリの利用実績によって適用金利が決定することです。

消費者金融や銀行カードローンなどの審査と同様に信用情報も確認されますが、メルカリの取引実績も重要視されます。

そのため、メルカリでの利用実績があるほど審査に通る確率が上がり、低金利になる可能性が高いです。

また、設定されている金利自体が消費者金融の金利よりも低く設定されていて、お得に利用できます。

メルペイスマートマネーと消費者金融の金利差は次の通りです。

サービス名金利
メルペイスマートマネー年3.0%~年15.0%
アコム年3.0%~年18.0%
アイフル年3.0%~年18.0%
プロミス年4.5%~年17.8%
レイク年4.5%~年18.0%
SMBCモビット年3.0%~年18.0%

下限金利は同一であるものの、上限金利が最大3.0%もの差があり利息を抑えて返済できることがわかります。

申し込み手続きが簡単

メルペイスマートマネーの申し込み方法はスマホアプリからのみに限定されていて、店舗に足を運んだり、書類を郵送したりする必要がありません。

申し込み・借り入れ・返済のすべての手続きがメルカリアプリで完結するうえに、すでに本人確認を済ませているときは銀行口座の登録だけで完了します。

本人確認が完了していると

申し込みをする際の入力項目がメルカリアプリに登録されている情報が反映され、余計な時間をかける必要がありません。

また、24時間365日メルカリアプリから申し込めて、家事や仕事で時間が取れない方でも気軽に手続きを進められます。

メルカリアプリ内では借入残高や返済日なども管理できるため、追加でアプリのダウンロードが不要です。

在籍確認の電話連絡や郵送物がない

メルペイスマートマネーはメルカリの利用実績を重視している関係で、郵送物や勤務先への電話による在籍確認なしで利用できます。

勤務先への電話による在籍確認や郵送物で家族や職場の方にバレる心配がなく、安心して申し込めます。

電話による在籍確認がないのは

メルカリでの取引実績である程度の支払い能力を判断し、審査の合否を決めているからです。

また、申し込みや返済などに加えてすべての情報がメルカリアプリ内で管理できることから、余計な手間がかかりません。

家族や職場の方に借り入れがバレて関係を悪化させたくないと考えている方は、最適な貸金業者といえるでしょう。

メルカリの売上金やポイントで返済できる

メルペイスマートマネーの返済方法は基本的に登録口座からの自動引き落としではありますが、メルカリの売上金やポイントでも返済可能です。

返済期日までに手持ち資金の準備が難しいと感じたときでも、売上金やポイントを利用してピンチを乗り切れる可能性があります。

売上金

「アプリで本人確認」を完了させておくと、メルペイ残高に自動的に換金される仕組みです。

そのため、売上金を返済に利用するたびに出金して入れ替える必要がなく、面倒な手続きをする必要がありません。

なお、友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイントは返済に充てられますが、売上金で購入したポイントは返済には利用できないことに注意が必要です。

初回返済分の利息がポイントとして還元される

メルペイスマートマネーでは、初回返済分の利息がポイントとして還元されるキャンペーンが実施されています。

初回返済分の利息分がポイントとして還元されると

1ヵ月間実質利息0円でメルペイスマートマネーを利用可能です。

消費者金融でも金利0円サービスが提供されているときがあり、同様のサービスを受けられます。

また、上限金利が消費者金融よりも低金利であるため、さらにお得に利用できる態勢が整っています。

登録口座からの自動引き落としとメルペイ残高からの支払いのどちらでも、ポイント還元の対象です。

ポイント有効期限は付与された日を含めて60日間に設定されていることから、早めに消費しましょう。

即日融資を受けられることもある

メルペイスマートマネーでは、利用実績が多く高評価を得られているときに即日融資を受けられる可能性があります。

メルカリのヘビーユーザーなら

取引実績から返済能力があると判断されて、即日融資を受けられるときがあります。

ただし、公式サイト内では申し込みから通常1日〜2日で審査結果を通知する旨が記載されていて、即日融資は約束されていません。

そのため、できる限り早めに融資を受けたいと考えている方は、1日でも早く申し込みましょう。

なお、申し込み内容や信用情報に確認事項があるときは、3日以上かかる可能性があることに注意が必要です。

少額からの借り入れにも対応している

メルペイスマートマネーの借入限度枠は1,000円〜30万円に設定されていて、初めて融資を受ける方でも安心して利用可能です。

消費者金融や銀行カードローンの借入限度枠が万単位に設定されているのを考えると、気兼ねなく借りられることがわかります。

借入限度枠が抑えられていることで

借り過ぎ防止にも役立つため、貸金業者と利用者のどちらも守る効果が期待できます。

少額から借りられるうえに消費者金融よりも低金利に設定されていて、余計なお金を支払いたくないときにもぴったりです。

ただし、30万円を超えて借り入れをしたいときは、消費者金融や銀行カードローンなどの高額融資が受けられるサービスを選びましょう。

メルペイスマートマネーの口コミからわかるデメリット5つ

メルカリスマートマネーの口コミは多くのメリットが見受けられる反面、悪い口コミから見えてくるデメリットもあります。

メルカリの取引実績があるかどうかが審査に影響するため、利用実績を積んでおく必要があるのです。

また、高額融資を受けたい方には物足りないサービスになる可能性が高いです。

ただし、メルペイスマートマネーのデメリットを把握したうえで利用できれば、必要以上に恐れることはありません。

メルペイスマートマネーの口コミからわかるデメリットは次の通りです。

メルカリの取引実績が少ない人は不利

メルペイスマートマネーはメルカリの取引実績を考慮に入れて審査を行っていることから、利用実績が少ない方は審査が不利になるリスクが高いです。

利用実績が少ない状態で審査に通ったとしても

金利優遇が受けられるときが少なく、上限金利に設定される可能性があります。

また、希望した借入限度額の通りに借りられないときもあり、思った通りに手続きが進められない危険性が高いです。

ただし、消費者金融の上限金利が年18.0%であることを考えると、メルペイスマートマネーの上限金利は年15.0%と低めに設定されています。

不要な利息をかけることなくどうしてもメルペイスマートマネーを活用したいときは、メルカリでの利用実績を積んでから申し込みましょう。

借入限度額が30万円と少額

メルペイスマートマネーの借入限度枠は1,000円〜30万円に決められていて、高額の融資を希望している方には不向きです。

メルペイスマートマネーと消費者金融の借入限度額の違いは次の通りです。

サービス名借入限度額
メルペイスマートマネー1,000円~30万円
アイフル1万円~800万円
アコム1万円~800万円
プロミス1万円~500万円
レイク1万円~500万円

消費者金融で申し込みをしたとしても希望金額になるとは限りませんが、メルペイスマートマネーよりは高額融資を受けられる可能性があります。

ただし、必要な分だけ借りられて返済できない事態に陥るリスクは極めて低いといえるでしょう。

現金として受け取るのに時間がかかる

メルペイスマートマネーで融資を受けるときはメルペイにチャージされることから、現金として受け取るまでに時間がかかります。

メルカリアプリ内で振込申請をすることで、現金が受け取れます。

ゆうちょ銀行以外で振込申請をしたときの日程は次の通りです。


申請が完了した曜日
振込日
0時00分~8時59分の申請9時00分〜23時59分の申請
月曜日火曜日水曜日
火曜日水曜日木曜日
水曜日木曜日金曜日
木曜日金曜日月曜日
金曜日土曜日火曜日
土曜日日曜日火曜日
日曜日火曜日火曜日

ゆうちょ銀行で振込申請をしたときの日程は次の通りです。


申請が完了した曜日
振込日
0時00分〜8時59分の申請9時00分〜23時59分の申請
月曜日水曜日木曜日
火曜日木曜日金曜日
水曜日金曜日月曜日
木曜日月曜日火曜日
金曜日火曜日水曜日
土曜日水曜日水曜日
日曜日水曜日水曜日

なるべく早く振込みを完了させたいときは、ゆうちょ銀行以外の金融機関を登録口座に設定することをおすすめします。

また、できるだけ早く融資を受けたい方は、大手消費者金融カードローンのアコムの利用が向いています。

融資を受けるたびに審査を受ける必要がある

メルカリスマートマネーは証書貸付型を採用しているため、融資を受けるたびに審査を受けなければなりません。

証書貸付型とは

1回の借り入れごとに契約書を作成して記載された金額を借りる契約のことです。

そのため、1回目の契約で審査に通ったとしても、2回目の審査に必ずしも通るとは限りません。

一方で、消費者金融や銀行カードローンなどでは極度貸付型が採用されているときがあり、1度契約できると審査を受けることなく限度額の範囲内で借りられます。

ただし、借入限度額の範囲内で何度でも借りられることから、借り過ぎに陥るリスクが高いです。

メルカリスマートマネーは借り過ぎる心配がなく、返済できない事態に陥る可能性が低いといえます。

新規申し込みを受け付けていないときがある

メルカリスマートマネーは、定期的に新規申し込みの受付を停止しているときがあります。

新規申し込みの受付が停止されると

すぐにでも融資を受けたいときに利用できないリスクが高いです。

そのため、継続的に借り入れを行いたい方には不向きなサービスといえます。

現状は新規申し込みの停止はしていないものの、突然受付を取りやめる可能性があり安定して借りられるサービスとは言い難いです。

確実にお金を借りたいときは、消費者金融や銀行カードローンなどを検討することをおすすめします。

メルカリスマートマネーでどうしても融資を受けたいときは、他社カードローンと併用しながら利用するのも1つの手段です。

メルペイスマートマネーの申し込みから返済までの流れ

メルペイスマートマネーは申し込みから返済までがメルカリアプリ内で完結し、非常に利便性の高いサービスです。

メルカリアプリ内ですべての手続きが完結するため、店舗まで出向いたり、書類を郵送したりする必要が一切ありません。

普段からメルカリでの売買で操作に慣れている方であれば、問題なくすべての手続きをスムーズに進められるでしょう。

メルペイスマートマネーの申し込みから返済までの流れは次の通りです。

1.申し込みに必要な手続きを行う

メルペイスマートマネーで申し込みを行うには、必ず次の2点を完了させる必要があります。

メルペイスマートマネーの申し込み条件
  • 本人確認手続き
  • 引き落とし用に銀行口座の登録

本人確認手続きを行う際には、「アプリでかんたん本人確認」を利用して完了させましょう。

メルカリアプリ内での本人確認方法は次の2通りです。

メルカリアプリ内で本人確認手続きをする方法
  • マイナンバーカード読み取り方式
  • 自撮り方式

日本国籍の方であればマイナンバーカード読み取り方式が利用でき、手間なく手続きが完了します。

本人確認は申請したタイミングによっては数日間かかるときがあるため、できる限りに早めに手続きを済ませておきましょう。

2.メルカリアプリから申し込み

メルペイスマートマネーの申し込みに必要な手続きが完了した後は、メルカリアプリ内から申し込みを行いましょう。

メルカリアプリ内にアクセスしたら、メルペイスマートマネーの「申し込みをはじめる」ボタンをタップします。

注意点

メルペイスマートマネーは、すべてのメルカリユーザーに表示されるわけではありません。

万が一、メルペイスマートマネーの表示がされなかったときは、メルカリアプリ内にある「返済シミュレーション」の「こちら」ボタンをタップします。

メルカリアプリ内でしか表示されず、パソコンでは申し込み手続きができないことに注意しましょう。

3.必要事項を入力する

メルペイスマートマネーの申し込みページを開いたら、必要事項を入力しましょう。

個人情報・借入希望額・毎月の返済額・他社借り入れの状況などを入力します。

必要事項の入力後は

申し込み内容・規約・契約内容・各種規約・プライバシーポリシーを確認して「申し込み」ボタンをタップで完了です。

申し込みが完了すると、申し込み内容・信用情報・メルカリの取引実績をもとに審査が実施されます。

審査時間は、申し込みから通常1日〜2日でメールにて通知されるシステムです。

ただし、混み具合や確認事項などにより3日以上の時間がかかるときがあるため、できる限り早めに申し込みましょう。

4.借入金がメルペイ残高にチャージされる

審査通過後は、メルカリのマイページからすぐに借り入れ可能です。

借入金はすべて自動的にメルペイ残高にチャージされることから、手間なく借り入れを開始できます。

融資を受けるまでの手順は次の通りです。

融資を受けるまでの手順
  1. マイページにアクセスして「メルペイスマートマネー」を選ぶ
  2. 「借りる」を選択して借入希望額を入力する
  3. メルペイ残高にチャージされる

メルペイ残高を現金化する方法は次の通りです。

メルペイ残高を現金化する方法
  1. メルペイを開いて画面下部にある「振込申請」ボタンをタップ
  2. 振込先口座情報を入力する
  3. 振込希望金額を入力する

なお、振込申請を行う場合は必ず200円の手数料がかかることに注意しましょう。

5.返済は口座振替およびメルペイチャージで決済

メルペイスマートマネーの返済方法は、口座振替およびメルペイ残高にチャージの2種類から選べます。

口座振替で指定できる日程は次の通りです。

自動引き落としの指定日
  • 6日
  • 11日
  • 16日
  • 21日
  • 26日

いずれかから自由に選べるため、給料日のタイミングやライフスタイルに合わせて返済できます。

また、指定日までに返済が間に合わなかったときはメルペイ残高やポイントでの返済も可能です。

ボーナスや臨時収入などが入った場合は、毎月の返済額を引き上げることで繰り上げ返済の形も取れます。

繰り上げ返済を活用すれば利息が少なくなり、結果的に総返済額を減らせる効果が期待可能です。

メルペイスマートマネー以外に手間なく借りられるおすすめの方法3選

メルペイスマートマネーの他にも、スマートフォンで申し込み・借り入れ・返済などのすべての手続きが完了するローンがあります。

消費者金融や銀行カードローンの借入限度額に比べると低めに設定されているとはいえ、すぐにお金を借りたいときに便利です。

ローンの中には条件次第で金利優遇が受けられるサービスもあり、お得に借り入れや返済ができる可能性があります。

メルペイスマートマネー以外に手間なく借りられるおすすめの方法は次の通りです。

キャッシュレスアプリLINEポケットマネー「LINE」dスマホローン「dスマホローンアプリ」auPayスマートローン「スマートローン」
金利年3.0%~年18.0%年3.9%~年17.9%年2.9%~年18.0%
審査期間最短30分最短即日最短30分
無利息期間最大30日間の利息キャッシュバックなしなし
担保・保証人不要不要不要
限度額3万円~300万円1万円~300万円1万円~100万円
融資スピード最短即日最短即日最短即日
申込受付時間24時間24時間24時間
申込対象年齢満20歳以上65歳以下満20歳以上68歳以下満20歳以上70歳以下
Web完結

LINEポケットマネー

LINEポケットマネーのおすすめポイントや特徴
  • メッセージアプリ「LINE」から借りられる
  • スコアリングサービス「LINEスコア」で審査が実施される
  • スタンダードプランとマイペースプランの2通りから選べる

LINEポケットマネーは、日頃から利用しているメッセージアプリ「LINE」から手軽にお金が借りられるサービスです。

LINEから24時間365日申し込みや借り入れができるうえに、1円から借りられて使い過ぎ防止にも役立ちます。

審査の際にはスコアリングサービス「LINEスコア」を活用して、利用限度額や貸付利率の仮条件が提示されることが最大の特徴です。

また、独自のAIシステムを活用しているため、申し込みから返済までのすべての手続きをスムーズに進められます。

LINEポケットマネーは次の2つのプランのどちらかから選択可能です。

LINEポケットマネーのプラン
  • スタンダードプラン
  • マイペースプラン

スタンダードプランを選んだ方は、新規契約日から30日間に発生した利息をLINE Pay残高にキャッシュバックされるサービスを受けられます。

そのため、初めての契約でお得な特典を受けながら返済を希望する方はスタンダードプランがおすすめです。

金利年3.0%~年18.0%
審査期間最短30分
無利息期間最大30日間の利息キャッシュバック
担保・保証人不要
限度額3万円~300万円
融資スピード最短即日
申込受付時間24時間
申込対象年齢満20歳以上65歳以下
Web完結

\ スタンダードプランとマイペースプランの2通りから選べる /

> LINEポケットマネー公式サイト <

LINEポケットマネーの公式サイトはこちら

dスマホローン

dスマホローンのおすすめポイントや特徴
  • ドコモが提供するスマホ完結のカードレスローン
  • ドコモサービスの利用状況に応じて金利優遇が受けられる
  • d払い残高での借り入れで1,000円から借りられる

dスマホローンは、ドコモが提供する申し込みから返済までがスマホ完結できるカードレスローンです。

余計な手間をかけずに申し込めるローンで店舗に足を運んだり、書類を郵送したりする必要がありません。

基本金利は年3.9%〜年17.9%に設定されているものの、ドコモサービスの利用状況に応じて最大3.0%の金利優遇が受けられます。

金利優遇が受けられる条件は次の通りです。

サービス名優遇金利
ドコモ回線・ahamo・irumoの契約年1.0%
dカード GOLD年1.5%
dカード年0.5%
「スマー簿」利用(dスマホローン登録口座連携)年0.5%

金利優遇が適用されると年0.9%〜年17.9%となり、大幅に利息が減って総返済額を抑える効果があります。

借り入れ方法は次の2通りから選択可能です。

借り入れ方法
  • d払い残高に借り入れ
  • 登録の金融機関口座で借り入れ

d払い残高に借り入れを選んだときは、1,000円単位から借りられて無理なく返済可能です。

登録の金融機関口座で借り入れを選んだときは、1万円から借りられて最短10秒で振込みが完了します。

金利年3.9%~年17.9%
審査期間最短即日
無利息期間なし
担保・保証人不要
限度額1万円~300万円
融資スピード最短即日
申込受付時間24時間
申込対象年齢満20歳以上68歳以下
Web完結

\ 利用状況に応じて最大3.0%の金利優遇が受けられる /

> dスマホローン公式サイト <

dスマホローンの公式サイトはこちら

au PAYスマートローン

au PAYスマートローンのおすすめポイントや特徴
  • スマートフォンがauでなくても申し込める
  • 申し込み時にau IDを登録していると情報が自動反映される
  • セブン銀行ATMから借り入れや返済ができる

au PAYスマートローンは、手持ちのスマートフォンがauでないときでも申し込めるローンサービスです。

au IDを保有している場合

パソコンやスマートフォンで申し込みから返済まですべての手続きが完結します。

申し込み時にはau IDに登録されている情報が自動反映されることから、手間なくスムーズに手続きが可能です。

また、新規申し込みの際にインターネットで口座登録を完了すると、本人確認書類の提出が不要となります。

借入限度額が1万円〜100万円に設定されていて、借り過ぎで返済できない事態を防げるでしょう。

ただし、上限金利が18.0%で低金利に設定されているわけではないため、計画通りに返済する必要があります。

au PAYスマートローンアプリをインストールすると

全国のセブン銀行ATMからカードレスで借り入れや返済が可能です。

セブン銀行ATMであれば全国各地に26,000台以上設定されていて、ATMを探す手間がかかりません。

なお、1万円以下で110円、1万円を超えると220円の手数料がかかることに注意しましょう。

金利年2.9%~年18.0%
審査期間最短30分
無利息期間なし
担保・保証人不要
限度額1万円~100万円
融資スピード最短即日
申込受付時間24時間
申込対象年齢満20歳以上70歳以下
Web完結

\ スマートフォンがauでなくても申し込める /

> au PAYスマートローン公式サイト <

au PAYスマートローンの公式サイトはこちら

メルペイスマートマネーの審査でよくある質問

最後にメルペイスマートマネーの審査でよくある質問についてまとめました。

メルペイスマートマネーのよくある質問をチェックして、審査に通る確率を引き上げましょう。

メルペイスマートマネーの審査結果が出るのにどれくらいかかる?

メルペイスマートマネーの審査結果が出るのは、申し込みから通常1日〜2日です。

申し込み内容や信用情報に確認事項があるときは、3日以上かかるときもあります。

また、次の時期と重なると審査結果の通知が遅くなる可能性が高いです。

審査結果が遅くなる可能性がある時期
  • 年末年始
  • ゴールデンウイーク
  • お盆休み
  • シルバーウイーク
  • クリスマス

なるべく早めに審査結果を知りたいときは、申し込みが混み合う大型連休などを避けて申し込むことをおすすめします。

メルペイスマートマネーの審査は土日にも対応している?

メルペイスマートマネーの審査は、土日にも対応しています。

土日に申し込みをしたとしても即日または、1日〜2日後に審査結果が届いた口コミが見受けられます。

ただし、審査状況やメルカリの利用実績によっては、それ以上の時間がかかることに注意が必要です。

急ぎでお金が必要なときは、できる限り早めに申し込みましょう。

メルペイスマートマネーの審査は夜中でも受付をしている?

メルペイスマートマネーの審査は、夜中でも受付をしているかが公式サイト内に記載がありません。

ただし、夜中に申し込みをした場合でも申し込み内容や信用情報に問題がなければ、審査結果通知が届く可能性があります。

審査結果

申し込みから通常1日〜2日と記載されているため、日中に申し込んだときより時間がかかるリスクが高いです。

早めの借り入れを希望しているときは夜中の申し込みを避けて、平日の午前中に申し込みを済ませておくのがベストです。

メルペイスマートマネーは誰でも申し込める?

メルペイスマートマネーは20歳以上〜70歳以下という条件を満たしていれば、職業に関係なく誰でも申し込み可能です。

そのため、アルバイト・パート・主婦・学生などであっても、気軽に申し込めます。

ただし、定期的な収入がなく返済能力がないと見なされたときは審査に落ちる確率が高いです。

また、過去にクレジットカードの支払いや携帯電話料金などを滞納して、信用情報にキズがあると審査に通る可能性が低いといえます。

審査に通るためには、安定した収入の確保と日頃から支払いや返済を遅れなく続けることが重要です。

メルペイスマートマネーで返済が遅れた場合はどうなる?

メルペイスマートマネーで返済が遅れたときは、翌月の自動引き落としの際に合算して請求されます。

翌月の自動引き落としがかかるまでに資金を用意できたときは、メルペイ残高を利用して返済も可能です。

滞納を放置したままにしていると次のような措置が取られます。

滞納を放置したときに起こりうる措置
  • 遅延損害金の請求
  • 電話または書面による返済の催促
  • 未払金を第三者機関に委託
  • 信用情報機関への登録

信用情報機関にマイナス履歴が登録されると、今後のクレジットカードや各種ローンの契約に悪影響を及ぼします。

そのため、1日でも早い返済をしてメルペイスマートマネーからの信頼を回復させましょう。

メルペイスマートマネーの審査に通るにはメルカリの利用実績を優先しましょう

メルペイスマートマネーは年収や勤務先などの情報に加えて、メルカリの利用実績が審査の合否を左右します。

申し込み年齢は20歳以上〜70歳以下に定められていて、年齢条件を満たしていれば誰でも申し込める間口の広いローンです。

借入限度額が1,000円〜30万円と他社ローンと比較しても少額に抑えられていて、借り過ぎ防止の効果も期待できます。

メルカリの取引実績により即日融資が受けられたという口コミがある反面、審査時間が1日〜2日かかるときがほとんどです。

そのため、確実に即日融資を受けたいときは消費者金融を検討する手もあります。

また、まれに新規申し込みの受付を停止しているときもあり、確実に借り入れをしたいときは他社カードローンとの併用もおすすめです。

いずれにしてもメルペイスマートマネーでお金を借りたいときは、普段からメルカリの利用実績を積み上げておきましょう。

目次