dカード GOLDはメリット・デメリットは?特典やお得な使い方についても解説します

dカード GOLDはメリット・デメリットは?特典やお得な使い方についても解説しますのアイキャッチ

dカードGOLDは、ドコモユーザーにとって魅力的なクレジットカードです。このカードには、ポイント還元率の高さや充実した特典など、多くのメリットがあります。

一方で、年会費が高めであることや、ドコモユーザー以外にはあまりお得ではないといったデメリットも存在します。

この記事では、dカードGOLDのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。これらの情報を総合的に判断していただき、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶための参考にしていただければと思います。

dカードGOLDに興味をお持ちの方は、ぜひこの記事を最後までお読みください。きっと、このカードの魅力や注意点が理解できるはずです。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

結論、dカード GOLDはキャリアがドコモの方や光回線でドコモ光を使っていて、月の利用料金が1万円を超えている方であれば間違いなくおすすめです。

携帯や光回線の料金に対して10%のポイント還元が付与されるため、それだけで年会費を回収することができます。

また、年間利用額が100万円を超える場合には1万円相当の特典が付与されます。そのため、ドコモユーザーでなくとも年間のクレカ利用額が100万円を超える場合にはおすすめと言えるでしょう。

目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

dカード GOLDの基本情報

dカードゴールド
年会費11,000円
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
安定した継続収入があること
ポイント還元率1.00%~4.50%
ポイント名dポイント
交換可能ポイント携帯料金
Amazon
マツモトキヨシ
マクドナルド
UNIQLO
メルカリ
AEON
コンビニなど
ポイント有効期限〜48ヶ月
交換可能マイルJALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては審査に数日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
携行品損害50万円、家族特約15万円(自動付帯:15万円)
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
救援者費用500万円(自動付帯:500万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
航空機遅延保険9万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金5万円
航空機遅延保険6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考
おすすめポイント・特徴
  • ドコモのケータイ料金・ドコモ光を利用で10%還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  • d払いの支払い方法をdカードに設定&利用でポイント還元率アップ

ドコモユーザーやクレカの年間利用額100万円以上の人はお得に使えるカード

ドコモユーザーやクレカの年間利用額100万円以上の人はお得に使えるカードdカード GOLDは、ドコモユーザーやクレジットカードの年間利用額が100万円以上の人にとって、非常にお得に使えるカードです。

まず、ドコモのケータイ料金やドコモ光の利用料金に対して、1,000円(税抜)ごとに10%のdポイントが還元されます。これにより、毎月のドコモ利用料金の実質負担を大幅に軽減できるでしょう。

また、dカード GOLDでは前年の年間利用額に応じて、最大22,000円相当の特典が受けられます。年間100万円以上利用すれば11,000円相当、200万円以上なら22,000円相当のクーポンがもらえ、dショッピングやdトラベルなどで使えます。

年会費11,000円(税込)を支払っても、この特典でそれ以上の元が取れる計算です。

さらに、dカード GOLDなら国内・海外旅行保険が自動付帯、国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料で使え、ケータイ補償も最大10万円分付いてきます。

普段の利用で貯まるdポイントも、特約店などで最大4.5%と高還元率。年間100万円以上カードを使う人なら、dカード GOLDで年会費以上の価値を得られるはずです。

dカード GOLDのメリット

dカード GOLDのメリットは、主に以下のものが挙げられます。

dカード GOLDのメリット
  • dポイントが貯めやすい!特約店利用で最大7%還元
  • ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金に対して10%ポイント還元
  • 年間利用額が100万円を超えると1万円相当の特典をプレゼント
  • ahamoユーザーは毎月5GBのボーナスパケットが貰える
  • 旅行保険の補償金額は最大1億!ショッピング保険も最大300万円とプラチナ級の付帯保険
  • 携帯電話が紛失・盗難・修理不能となった場合に最大10万円を補償(3年)
  • 国内・ハワイの主要空港で空港ラウンジが無料で使える

それぞれ詳しく解説していきます。

dポイントが貯めやすい!特約店利用で最大7%還元

dカード GOLDは、ドコモのサービスを利用することでdポイントが貯めやすいクレジットカードです。特約店での利用では、通常のdポイントに加えて、最大7%のボーナスポイントが付与されます。

特約店にはコンビニエンスストア、ファストフード店、ドラッグストアなど、日常的によく利用するお店が多数含まれているため、普段の買い物でもポイントを効率的に貯めることができます。貯まったdポイントは、ドコモのサービス料金の支払いや、提携先での商品・サービスの購入に利用可能。

さらに、dポイントクラブのランクに応じて、ポイント還元率がアップするなどの特典も用意されています。

ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金に対して10%ポイント還元

dカード GOLDを利用して、ドコモのケータイやドコモ光の利用料金を支払うと、支払額の10%相当のdポイントが還元されます。この還元率は非常に高く、他社のクレジットカードと比較しても断然お得です。

例えば、月々のケータイ料金が8,000円、ドコモ光の料金が5,000円の場合、合計13,000円の10%である1,300ポイントが毎月還元されます。

年間では15,600ポイント(15,600円相当)もの還元となり、大きな節約効果が期待できます。これらのポイントは、ドコモのサービス料金の支払いに充当したり、提携先で商品・サービスを購入したりすることが可能です。

年間利用額が100万円を超えると1万円相当の特典をプレゼント

dカード GOLDの年間利用額が100万円を超えると、1万円相当の特典がプレゼントされます。この特典は、dポイントやキャッシュバックなど、様々な形で提供されます。

年間利用額の達成は、カードショッピングとリボ払い・分割払いの利用額の合計で判定されます。

100万円という利用額は、月平均で約8万3,000円の利用に相当します。特典を目指して計画的にカードを利用することで、お得に買い物を楽しむことができるでしょう。

また、この特典は毎年リセットされるため、継続的にdカード GOLDを利用することで、毎年1万円相当の特典を受け取ることが可能です。

ahamoユーザーは毎月5GBのボーナスパケットが貰える

dカード GOLDを持っているahamoユーザーは、毎月5GBのボーナスパケットを無料で受け取ることができます。ahamoは、ドコモが提供する新しい料金プランで、月額2,970円(税込)で20GBのデータ容量が利用可能です。

dカード GOLDとahamoを組み合わせることで、年間合計60GBものデータ容量を利用できるようになります

この大容量のデータは、動画や音楽のストリーミング、オンラインゲーム、リモートワークなど、データ通信を多く必要とする場面で活躍します。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

ahamoでパケットを追加チャージする際、1GBあたり550円(税込み)のため、年間で33,000円相当の特典を貰ってるといっても過言ではないでしょう。

旅行保険の補償金額は最大1億!ショッピング保険も最大300万円とプラチナ級の付帯保険

dカード GOLDには、手厚い付帯保険が用意されています。特に注目なのが、旅行保険とショッピング保険です。

国内・海外旅行傷害保険は、事故や怪我などの際に最大1億円まで補償されます。この補償金額は、クレジットカード付帯の旅行保険としてはトップクラスの水準です。

また、ショッピング保険は、カードで購入した商品の破損・盗難などを最大300万円まで補償

他のゴールドカードと比べても、補償内容は非常に充実しています。これらの保険は、カードの利用付帯サービスとして自動的に適用されるため、別途保険に加入する必要はありません。

携帯電話が紛失・盗難・修理不能となった場合に最大10万円を補償(3年)

dカード GOLDでは、携帯電話の紛失・盗難・修理不能時の補償サービスが付帯しています。このサービスは、カード入会日から3年間有効で、1事故につき最大10万円まで補償されます。

補償の対象となるのは、本人会員と家族会員が所有する携帯電話です。万が一、携帯電話を紛失したり盗難に遭ったりした場合でも、この補償によって経済的な負担を軽減することができます。

また、修理不能となった場合の補償もあるため、急な出費への備えとしても役立ちます。

ただし、補償を受けるためには、事故発生から30日以内に損害状況を証明する書類を提出する必要があります。

国内・ハワイの主要空港で空港ラウンジが無料で使える

dカード GOLDの会員は、国内外の主要空港にある空港ラウンジを無料で利用することができます。国内では、羽田空港、成田空港、関西空港など、主要な空港のラウンジが対象です。

海外では、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが無料で利用可能

空港ラウンジでは、飲食やWi-Fiの利用、雑誌や新聞の閲覧などのサービスを快適に享受できます。長時間のフライト前の休憩や、乗り継ぎの待ち時間などに空港ラウンジを利用することで、旅の疲れを癒やしたり、リラックスしたりすることができるでしょう。

無料の空港ラウンジ利用は、dカード GOLDならではの特典の一つです。

dカード GOLDのデメリット

dカード GOLDのデメリットは、主に以下のものが挙げられます。

dカード GOLDのデメリット
  • docomoユーザーで無ければメリットは弱い
  • 年会費が11,000円と高額
  • 家族の携帯料金は家族カードを発行しないと10%還元の対象外

それぞれ詳しく解説していきます。

docomoユーザーで無ければメリットは弱い

dカード GOLDは、docomoユーザーにとって大変魅力的なクレジットカードですが、他社の携帯キャリアをご利用の方にとっては、そのメリットが限定的であると言えます。

dカード GOLDの最大の特徴である、携帯電話料金の10%還元は、あくまでもdocomo回線の料金に対してのみ適用されます。他社キャリアをご利用の場合、この還元を受けることはできません

また、dカード GOLDには、ドコモショップでのお買い物や、d払いでの決済におけるポイント還元率のアップなど、docomoユーザーに特化したサービスが多数あります。これらのサービスを十分に活用できない場合、年会費に見合うだけのメリットを得ることが難しくなります。

したがって、docomoユーザーでない方がdカード GOLDを選ぶ場合は、その他の特典や日常の利用頻度を十分に考慮する必要があるでしょう。

dポイントの貯めやすさだけで考えるとシルバーのdカードで十分

dカード GOLDは年会費11,000円(税込)と高額ですが、ドコモユーザーにとっては携帯料金の10%還元などの大きなメリットがあります。一方、ドコモユーザー以外の方にとっては、dカード GOLDのメリットは限定的と言えるでしょう。

dカード GOLDとシルバーのdカードを比較すると、ポイント還元率はどちらも基本1%で変わりません。dカード特約店での還元率アップもほぼ同等です。

つまり、dポイントの貯めやすさだけに着目すれば、年会費無料のシルバーのdカードで十分と言えます。

dカード GOLDにはETCカード無料、国内外の空港ラウンジ無料、手厚い海外旅行保険など、ゴールドカードならではの特典もありますが、これらを十分に活用できるかどうかは利用者の生活スタイル次第です。

以上の点から、ドコモユーザー以外でdポイントを効率的に貯めたい方は、年会費無料のシルバーのdカードを選ぶのが賢明と言えるでしょう。

年会費が11,000円と高額

dカード GOLDの年会費は、11,000円(税込)と設定されています。これは、比較的高額な部類に入ります。

年会費の高さは、特にカードの利用頻度が低い方にとって、大きなデメリットとなり得ます。仮に、携帯電話料金の10%還元を最大限に活用したとしても、年間で11万円以上の携帯電話料金が必要となります。これは、一人世帯の場合、かなり高額であると言えるでしょう。

また、dカード GOLDには、国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険など、充実した付帯保険が備わっていますが、これらのサービスを利用する機会が少ない場合、年会費に見合うだけのメリットを得ることは難しくなります。

したがって、dカード GOLDの申し込みを検討する際は、年会費に見合うだけの利用が見込めるか、十分に考慮する必要があります。

家族の携帯料金は家族カードを発行しないと10%還元の対象外

dカード GOLDの大きな魅力の一つである携帯電話料金の10%還元ですが、この還元の対象となるのは、あくまでも本会員の携帯電話料金のみです。

家族の携帯電話料金については、別途家族カードを発行しない限り、還元の対象外となってしまいます。家族カードを発行する場合、家族会員1名につき1,100円(税込)の年会費が必要となり、追加の費用負担が生じます

また、家族会員の設定には、本会員との関係性の証明が必要となるなど、手続きにも一定の手間がかかります。家族全員のdocomo回線の携帯電話料金を10%還元の対象とするためには、これらの追加の手続きと費用が必要となることを理解しておく必要があります。

家族の人数が多い場合、還元額は大きくなりますが、その分、家族カードの年会費も増えていくことを考慮しなければなりません

dカード GOLDとdカード(シルバー)の比較

本章ではdカード GOLDとdカード(シルバー)の比較し、ご紹介していきます。

スクロールできます
券種年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法

dカード GOLD
11,000円満18歳以上(高校生を除く)
安定した継続収入があること
1.00%~4.50%dポイントVISA / Mastercard最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては審査に数日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

dカード(シルバー)
無料18歳以上(高校生を除く)1.00~4.50%dポイントVISA / Mastercard審査/最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては審査に数日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

dポイントを貯めるだけであればシルバーでも十分だがドコモユーザーはゴールドがおすすめ

dカードとdカード GOLDはどちらもdポイントが貯まるクレジットカードですが、年会費と特典内容に大きな違いがあります。

dカードは年会費が永年無料なのに対し、dカード GOLDは年会費11,000円(税込)と高額です。

しかし、ドコモユーザーにとってdカード GOLDは大変お得なカードと言えます。dカード GOLDを利用してドコモのケータイやドコモ光の利用料金を支払うと、なんと10%もの高還元率でdポイントが貯まります。

一方、dカードだと還元率は1%のままです。例えば、ドコモのケータイ料金が月々1万円の場合、dカード GOLDなら年間で12,000ポイント(=12,000円相当)が貯まる計算になり、年会費11,000円を払っても十分元が取れるでしょう。

加えて、dカード GOLDにはケータイ補償が最大10万円・3年間付帯したり、国内・海外の主要空港ラウンジが無料で使えたりと、ドコモユーザーに嬉しい特典が満載なのです。

dカードゴールドで得する人・損する人

dカードゴールドで得する人・損する人の違いは、主に以下のものが挙げられます。

dカードゴールドで得する人・損する人
  • ドコモの携帯料金10%OFFが使えるかどうかが一番のポイント
  • ドコモユーザーで無ければ三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめ

それぞれ詳しく解説していきます。

ドコモの携帯料金10%OFFが使えるかどうかが一番のポイント

dカード GOLDの最大の魅力は、ドコモの携帯料金を10%ポイント還元してくれる点です。この特典を最大限活用できるかどうかが、dカード GOLDを持つメリットの大きさを左右します。

具体的には、ドコモのケータイ(ahamo/irumoを除く)および「ドコモ光(ahamo光を除く)」の利用料金1,000円(税抜)ごとに100ポイント(10%相当)が付与されます。 

つまり、月々の携帯料金が高額であればあるほど、ポイント還元額も大きくなります。例えば、ドコモの料金プランでギガホを契約し、月額料金が7,700円(税込)の場合、還元ポイントは770ポイント(7,700円×10%)となります。

1ポイント=1円換算すると、実質7,700円から770円引きの6,930円分の負担になるわけです。

年間にすると9,240円(770円×12ヶ月)の還元になり、dカード GOLDの年会費11,000円を軽く上回ります。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

ahamo/irumo契約者や一部料金は対象外となるため、 ご自身の契約状況を確認する必要があります。

携帯料金が低額の場合は還元額も少なくなり、年会費の元が取れない可能性もあります。そういった意味で、ドコモユーザーでありながら携帯料金が高額な人ほど、dカード GOLDを持つメリットは大きくなります。

ドコモユーザーで無ければ三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめ

一方で、ドコモ以外の携帯会社を利用している人にとって、dカード GOLDのメリットは限定的です。その場合は、三井住友カード ゴールド(NL)のほうが適しているでしょう。

三井住友カード ゴールド(NL)は、年間100万円利用で翌年以降の年会費が永年無料になる+1万円相当のポイントがプレゼントされる特典があります。

さらに、国内主要空港でのラウンジ利用が無料や、最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯するなど、ゴールドカード然とした高付加価値なサービスが用意されています

ポイント還元率は基本0.5%と低めですが、対象のコンビニ・飲食店ではスマホのタッチ決済で最大7%と高還元になります。ライフスタイルに合わせて賢く活用すれば、年会費以上の恩恵を受けられる可能性は高いでしょう。

つまり、ドコモユーザーでdカード GOLDの10%ポイント還元が活用できる人は、dカード GOLDに軍配が上がります。一方でドコモ以外の携帯会社を利用する人は、三井住友カード ゴールド(NL)のほうが、総合的にメリットが大きくなる可能性があります。

三井住友カードゴールド(NL)
年会費5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVisa / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / PiTaPa / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害20万円
賠償責任2,500万円
救援者費用150万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。

※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※Google Pay™ で、Mastercard®タッチ決済はご利用いただけません。ポイント還元は受けられませんので、ご注意ください。

おすすめポイント・特徴
  • 年間100万円の利用で年会費が永久無料
  • アプリで一括管理ができる
  • 空港ラウンジサービスが無料で利用可能

dカード GOLDのキャンペーン

dカード GOLDでは、新規入会やカード利用でお得なキャンペーンを実施中です。

現在のキャンペーンでは、入会&利用&WEBエントリーで最大5,000ポイント(期間・用途限定)のdポイントがプレゼントされます。さらに、29歳以下の方限定で入会&メール受信設定&対象ショップ利用で最大6,000ポイントの追加でプレゼントされます。

また、30代の方向けには「<2024春>dカード GOLD30代応援キャンペーン」を実施中。dカード GOLDの支払いで10%還元、「d払い」や「iD」の支払いで20%還元となり、還元上限が最大11,000ポイントにアップします。

そのほか、dカード GOLDでは前年の年間利用額に応じて最大22,000円分のクーポンがもらえる「年間ご利用額特典」など、お得な特典が盛りだくさん。

ドコモユーザーならdカード GOLDの入会キャンペーンを活用して、年会費以上にお得にカードを使いこなしましょう。

dカード GOLDの申込方法

STEP
dカード GOLDの申込み条件を確認する

dカード GOLDの申込み条件は、満20歳以上(学生不可)で安定した継続収入があることです。

また、個人名義で本人名義の口座を支払い口座として設定する必要があります。

申込み前に、これらの条件を満たしているか確認しましょう。

申込み条件を満たしていれば、dカードサイトやドコモショップ、郵送での申込み方法を選べます。

STEP
必要書類を準備する

dカード GOLDを申し込む際は、本人確認書類と口座情報が必要です。

本人確認書類は運転免許証やパスポートなど、口座情報はキャッシュカードや通帳などを用意しましょう。

また、勤務先の情報(会社名、住所、電話番号など)も申告する必要があります

必要書類は申込み方法によって異なるので、事前にdカードサイトで確認するのがおすすめです。

特にWeb申込みの場合、カード情報設定を行うためにdアカウントとパスワードが必要になります。

普段使っているdアカウントを控えておくと、スムーズに申込み手続きを進められます。

STEP
申込み方法を選択し、必要事項を入力する

dカード GOLDの申込み方法は、dカードサイト・ドコモショップ・郵送の3つから選べます

最もスピーディなのはdカードサイトからのWeb申込みで、最短5分で審査結果を確認できます。

必要事項を入力し、規約に同意すれば申込み完了です。

ドコモショップでは店頭で必要書類を提出し、申込み用紙に記入します。

郵送の場合は、dカードサイトからダウンロードした申込書に必要事項を記入し、本人確認書類のコピーと口座振替依頼書を同封して送ります。

いずれの方法でも2週間程度でカードが自宅に届きます。

STEP
審査結果を待ち、カードを受け取る

dカード GOLDを申し込むと、NTTドコモの審査に回ります。dカード GOLDの審査難易度は、dカードよりもやや厳しめだと言われています。

審査では安定した継続収入があるかどうかがポイントになるので、職業や年収などの情報が審査を左右すると考えられます。

また、過去の借入れ状況などの信用情報も審査材料になります。

審査に通過すると、申込みから1週間程度でdカード GOLDが自宅に届きます

受け取ったカードは、dカードサイトでご利用内容の設定をしたり、カード裏面のサインをしたりして、使用開始の準備をしましょう。

dカード GOLDに関するよくある質問

dカード GOLDに関するよくある質問は、主に以下のものが挙げられます。

dカード GOLDに関するよくある質問
  • dカード GOLDから一般券種のシルバーへ変更することはできますか?
  • dカード GOLDの年会費を無料にする方法はありませんか?
  • dカード GOLDの年会費の支払いタイミングはいつですか?

それぞれ詳しく解説していきます。

dカード GOLDから一般券種のシルバーへ変更することはできますか?

dカード GOLDから一般券種のシルバーへの変更は可能です。ただし、変更手続きには注意点があります。

まず、dカード GOLDの特典や優待サービスは変更と同時に利用できなくなります

また、年会費の払い戻しはありません。

シルバーへの変更を希望する場合は、dカードのWebサイトまたはアプリから手続きを行います。変更手続き完了後、新しいシルバーカードが届くまでは、現在のdカード GOLDを継続して利用できます。

シルバーへの変更は慎重に検討し、必要な場合のみ手続きを進めることをおすすめします。

dカード GOLDの年会費を無料にする方法はありませんか?

dカード GOLDの年会費を完全に無料にする方法はありませんが、一定の条件を満たすことで年会費が実質無料になる場合があります。

例えば、年間利用額が100万円を超えた場合には11,000円相当の特典が付与されるため実質無料と言えるでしょう。

また、ドコモユーザーであれば、ドコモの携帯料金・回線料金に対して10%のポイント付与がなされるため、毎月の利用額が1万円を超えるかたであれば、付与ポイントだけで年会費を回収できます。

dカード GOLDの年会費の支払いタイミングはいつですか?

新規にdカード GOLDを申し込んだ場合、カード発行日から1カ月後の請求時に年会費が合算して請求します。

まとめ

dカード GOLDは、ドコモユーザーにとって非常にメリットの大きいゴールドカードです。最大の魅力は、ドコモのケータイ料金やドコモ光の利用料金に対して10%ものポイント還元があること。年会費11,000円(税込)を支払う価値は十分にあるでしょう。

また、dカード特約店での買い物ではさらにポイント還元率がアップ。マツモトキヨシやビックエコー、スターバックスなど、日常的に利用する店舗が対象となっています。年間利用額に応じて最大22,000円分のクーポンがもらえる特典も見逃せません。

そのほか、最大1億円の海外旅行傷害保険や国内・ハワイの主要空港ラウンジ無料利用など、ゴールドカードならではの充実した特典が付帯

ケータイ補償も3年間最大10万円と手厚いです。dカード GOLDは審査がやや厳しめですが、ドコモユーザーなら年会費以上のメリットを得られるでしょう。

ポイントがどんどん貯まるお得なカードを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

dカード GOLDの他にも「もっとお得なカードを知りたい!」という方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次