ふるさと納税におすすめのクレジットカード22選!サイト別にお得なカードを徹底解説

ふるさと納税におすすめのクレジットカード22選!サイト別にお得なカードを徹底解説のアイキャッチ

ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄附を行うことで、税金の控除を受けられる制度です。通常は納税をしても物品などを貰うことはできませんが、ふるさと納税はお礼の品として、地域の特産品などを受け取ることが大きな魅力。

さらに、クレジットカードで寄附をすることで、ポイントを獲得できたり、支払いの手間を省くことができたりします。

しかし、ふるさと納税サイトによって、対応しているクレジットカードや付与されるポイント率が異なるため、どのカードを使うのがお得なのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか

そこで本記事では、ふるさと納税におすすめのクレジットカードを、サイト別に22枚厳選してご紹介します。

各カードの特徴やメリットを詳しく解説するので、自分に合ったお得なカードが必ず見つかるはずです。ふるさと納税をもっとお得に、便利に行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

ふるさと納税にお得なクレジットカードの選び方

ふるさと納税にお得なクレジットカードの選び方は、主に以下のポイントが挙げられます。

ふるさと納税にお得なクレジットカードの選び方
  • ふるさと納税のサービス毎にお得なカードを選ぼう
  • ポイント還元率が落ちないカードを選ぼう
  • 必ずしも年会費無料のカードが良い訳ではない!納税額に応じて年間利用特典もチェックしておこう
  • 利用限度額は十分にあるかチェックしておこう

それぞれ詳しく解説していきます。

ふるさと納税のサービス毎にお得なカードを選ぼう

ふるさと納税をクレジットカードで決済する際は、ポイント還元率の高いカードを選ぶことがお得です。

しかし、ふるさと納税のサイトによって提携しているクレジットカード会社が異なったり、還元率が異なったりと、一概におすすめのカードを決めることはできません。

例えば、「楽天ふるさと納税」では楽天カードの還元率が高く、最大5%のポイント還元を受けられます。

一方、「ふるさとチョイス」ではdカードと連携することで、dポイントが大量に貯まるお得なキャンペーンを実施しています。

また、「ふるなび」など、特定のクレジットカード会社と提携していないサイトもあります。

ふるさと納税にお得なクレジットカードを選ぶためには、利用予定のサイトを軸にカードを選ぶことをおすすめします

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

「ふるなび」を特約店としているクレジットカードはありません。

しかし、三井住友カード(NL)会員が利用できる「ポイントアップモール」を経由して、各サービスを使えば通常のポイント還元に加えて+0.5%~1.5%のポイント増を狙うことができます。

楽天カード×楽天市場ではポイント還元率が最大30%

楽天市場でふるさと納税をする際、楽天カードを利用することで非常に高いポイント還元率を得ることができます。

通常、楽天市場での買い物は楽天カードの利用で還元率が3倍となり、100円につき3ポイント(3%還元)貯まります。

さらに、楽天市場では定期的に開催されるキャンペーン「5と0のつく日」において、エントリー後に楽天カードを利用することで、ポイント還元率が5倍の5%にアップします。

加えて、楽天カードには「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」という独自の仕組みがあり、楽天グループのサービスを複数利用することで最大16.5%までポイント還元率を高められます

つまり、楽天市場でふるさと納税をする際に楽天カードを利用し、さらにSPUの条件を満たせば、5と0のつく日のキャンペーンと合わせて最大30%もの高還元率を実現できるのです。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

ふるさと納税で最強のクレジットカードは楽天カードとも言われています。30%還元は驚異的な数値ですね。

しかし、楽天の会員ランクによってポイントの付与上限等が定まっているため、場合によっては30%分満額貰える訳ではない点は注意しておきましょう。

ポイント還元率が落ちないカードを選ぼう

ふるさと納税の支払いにクレジットカードを利用する際は、ポイント還元率が落ちないカードを選ぶことが重要です。

一般的なクレジットカードでは、公共料金の支払いなどはポイント還元の対象外となっていたり、還元率が低くなったりすることがあります

しかし、一部のクレジットカードでは、ふるさと納税の支払いでもポイント還元率が落ちないものがあります

例えば、三井住友カード(NL)は通常のショッピングと同様に、ふるさと納税の支払いでも0.5%のポイント還元率が適用されます。

このように、ふるさと納税の支払いでポイント還元率が落ちないクレジットカードを選ぶことで、お得にポイントを貯めることができるでしょう。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

本記事でご紹介しているクレジットカードは全てふるさと納税時にもポイント還元率が落ちないカードをご紹介しています。

アメックス・ダイナースのプロパーカードは還元率が半減

アメリカン・エキスプレス(アメックス)とダイナースクラブのプロパーカードでは、ふるさと納税の決済に対するポイント還元率が通常の半分になってしまうことに注意が必要です。

プロパーカードとはアメックスやダイナースなどの国際ブランド自身が発行しているカード

例えば、アメックスのプロパーカードであるアメリカン・エキスプレス・グリーンカードは、通常の利用で0.5%のポイント還元率ですが、ふるさと納税の決済では還元率が0.25%に落ち込みます。。

ふるさと納税でお得にポイントを貯めるには、ポイント還元率の高いカードを選ぶことが大切ですが、アメックスとダイナースのプロパーカードについては還元率の低下に注意し、他ブランドを検討するようにしましょう。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

普段利用にアメックスやダイナースカードを使いたいとしても、ふるさと納税時には別のカードを用意しておくのが賢明でしょう。

必ずしも年会費無料のカードが良い訳ではない!納税額に応じて年間利用特典もチェックしておこう

ふるさと納税をクレジットカードで支払う際、多くの人は年会費無料のカードを選びがちです。

確かに、年会費がかからないのは大きなメリットですが、一方で年会費がかかるカードの中にも、ふるさと納税に非常にお得なものがあります。

特に、ふるさと納税の金額が大きい場合は、年会費がかかっても、ポイント還元率が高かったり、豪華な特典が付いているカードを選ぶことで、トータルではお得になるケースがあります。

例えば、年会費10,000円のカードでも、ふるさと納税で100万円以上の寄付をする場合、年間利用特典として20,000ポイント付与等の特典があれば、年会費無料のカードよりもお得になります。

このようなカードは、ふるさと納税の金額が大きい人にとって、非常にお得な選択肢と言えるでしょう。

したがって、ふるさと納税用のクレジットカードを選ぶ際は、単に年会費無料というだけでなく、自分の納税予定額に応じて、年間の利用特典をしっかりチェックすることが重要です。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費が5,500円かかるものの年間100万円以上の利用で翌年以降年会費が無料。そして、10,000円相当のボーナスポイントも付与されます。

また、年間利用額が300万円以上の方には三井住友カード プラチナプリファードがおすすめ。年間利用額100万円ごとに1万円相当のポイントが付与され、最高で4万円相当のボーナスポイントが貰えます。

利用限度額は十分にあるかチェックしておこう

ふるさと納税をクレジットカードで支払う際、カードの利用限度額が十分かどうかも重要なポイントです。

ふるさと納税の寄付金額は、自治体や返礼品によって数万円から数十万円と幅広いため、利用限度額が低いカードでは希望の金額の寄付ができない可能性があります。

特に年末にまとめて高額の寄付をする場合や、複数の自治体に同時に寄付する場合は、一時的に大きな利用額となります。

普段使いのクレジットカードの利用限度額では、ふるさと納税の支払いに不足してしまうかもしれません。

そのため、ふるさと納税用のクレジットカードを選ぶ際は、想定する寄付金額に対して十分な利用限度額があるかどうかを確認しましょう。

必要に応じて、利用限度額の高いゴールドカードやプラチナカードの発行を検討するのも一案です。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

本記事では一般券種だけではなく、ゴールドカードやプラチナカードなどカードランクが高いカードについてもご紹介しています♪

ふるさと納税でお得に使えるおすすめのクレジットカード11選

ふるさと納税でお得に使えるおすすめのクレジットカードとふるさと納税サイトの組み合わせは、主に以下のものが挙げられます。

ふるさと納税でお得に使えるおすすめのクレジットカード11選
  • 三井住友カード×ポイントアップモール
  • 楽天カード×楽天市場
  • PayPayカード×Yahoo!ショッピング
  • dカード×ふるさとチョイス
  • au PAYカード×au PAYふるさと納税
  • セゾンカード×セゾンのふるさと納税
  • ANAカード×ANAのふるさと納税
  • エムアイカード×さとふる

それぞれ詳しく解説していきます。

クレジットカードのおすすめランキング根拠

当記事では以下12種の評価項目を基に、国内で発行されている主要なクレジットカード300枚以上を徹底比較し、厳正に審査した上で紹介しております。

評価項目一覧
  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 発行スピード
  • 国際ブランド
  • 付帯特典
  • 付帯保険
  • セキュリティ
  • 家族カード
  • ETCカード
  • 電子マネー機能
  • スマホ決済
  • 申込資格

以上の項目でおすすめランキングを作成するにあたり使用するのは、以下の情報です。

第三者機関の情報だけでなく、利用者の実際の口コミ・評判も考慮します。場合によっては編集部が実際に利用した上で総合的に評価します。

このような検証プロセスを経て、多くの方に安心しておすすめできるクレジットカードのみを紹介しております。

三井住友カード×ポイントアップモール

三井住友カードとポイントアップモールを組み合わせることで、ふるさと納税をよりお得に活用できます。

三井住友カードユーザーが使えるポイントアップモールは、提携する数多くのショッピングサイトを経由して商品を購入することで、通常よりも高い還元率でポイントを獲得できるサービスです。ポイントアップモールには「さとふる」や「ふるなび」が登録されています。

ふるさと納税の寄付をポイントアップモール経由で行うと、三井住友カードのポイントに加えて、ポイントアップモールのボーナスポイントも獲得できます。

例えば、ポイントアップモールの還元率が1%で、三井住友カードの還元率が1%の場合、合計で2%のポイント還元を受けられます。10万円のふるさと納税を行えば、2,000円分のポイントが貯まる計算です。

ふるさと納税の寄付金額が大きい場合や、日常的にクレジットカードを利用している方は、三井住友カードとポイントアップモールの組み合わせを検討してみると良いでしょう。

本章では三井住友カードの中でもおすすめの3券種をご紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(高校生は除く)
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
交換可能ポイントVJAギフトカード
Amazon
App Store
iTunes
GooglePlayギフトカード
IDの利用代金
dポイント
楽天ポイントなど
ポイント有効期限~12ヶ月
交換可能マイルANAマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短30秒)
※最短30秒発行受付時間:9:00〜19:30
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠〜100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療50万円
疾病治療
50万円
携行品損害15万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。
おすすめポイント・特徴
  • 最短30秒で即日発行が可能
  • 年会費は永年無料
  • 学生ならポイント還元率が最大10%
  • 溜まったVポイントは他社ポイントに交換可能
メリット
  • 年会費が永年無料
  • 最短10秒で発行可能
  • 対象店舗のタッチ決済利用で最大7%還元
デメリット
  • 通常のポイント還元率は0.5%と一般的
  • ショッピング補償がない
  • ETCカードの発行に1,100円の手数料がかかる
キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大17,600円相当のVポイントがもらえる
  • 特典①:新規入会後にスマホのタッチ決済利用で5,000円分プレゼント
  • 特典②:SBI証券口座開設&クレカ積立などで最大12,600円相当のVポイントプレゼント

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : お得なキャンペーン実施中|三井住友カード

三井住友カード(NL)は、ふるさと納税におすすめのクレジットカードです。年会費が永年無料で、高校生を除く18歳以上の方なら誰でも申し込めます。

このカードの最大の魅力は、ポイント還元率の高さです。通常の利用で0.5%のポイント還元に加え、セブンイレブン、ローソン、マクドナルドなどの対象店舗で最大7%のポイント還元が受けられます。

ポイントUPモールを経由してふるさと納税サイトを利用すれば、さらに最大9.5%のポイント還元も可能です。(還元率は時期によって変動)

また、三井住友カード(NL)はナンバーレスカードなので、カード情報の漏洩リスクが低く安心・安全に利用できます。しかも最短10秒でカード発行が完了するので、すぐにふるさと納税の申込みに利用可能です。

海外旅行傷害保険も最高2,000万円と充実しており、ふるさと納税以外でもお得に利用できるクレジットカードと言えるでしょう。

年会費無料で高還元率のカードをお探しなら、ぜひ三井住友カード(NL)の申込みを検討してみてください。

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)
年会費5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVisa / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / PiTaPa / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害20万円
賠償責任2,500万円
救援者費用150万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。

※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※Google Pay™ で、Mastercard®タッチ決済はご利用いただけません。ポイント還元は受けられませんので、ご注意ください。

おすすめポイント・特徴
  • 年間100万円の利用で年会費が永久無料
  • アプリで一括管理ができる
  • 空港ラウンジサービスが無料で利用可能
メリット
  • 年間100万円以上利用で翌年以降年会費永年無料+10,000円相当のポイント付与
  • 対象店舗でのスマホ決済利用でポイント最大7%還元
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯
デメリット
  • 年会費が5,500円と一般カードより高い
  • 年間100万円未満の利用だと年会費無料にならない
  • 三井住友カード ゴールドより付帯保険の補償額が低い
キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大9,000円相当のVポイントがもらえる
  • 新規入会で1,000円相当のVポイントがもらえる
  • カードご入会月+2ヵ月後末までを期間とし、利用金額の10%(最大8,000円相当)のVポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : お得なプラン実施中|クレジットカードの三井住友カード

三井住友カード ゴールド(NL)は、ふるさと納税の支払いにおすすめのクレジットカードです。

年会費は5,500円(税込)ですが、年間100万円以上の利用で翌年度以降は永年無料になります。さらに、年間100万円以上の利用で毎年10,000ポイント(10,000円相当)がプレゼントされる太っ腹な特典付きです。

このカードは、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどの対象店舗で最大7%のポイント還元を受けられるのが魅力。

ふるさと納税の支払いにも0.5%のポイントが付与にくわえて、ポイントアップモールを経由すれば「さとふる」や「ふるなび」でポイント還元率がアップします

また、最高2,000万円の国内・海外旅行傷害保険が利用付帯で自動的に付帯するため、ふるさと納税の返礼品として人気の旅行にも安心して出かけられます

ゴールドカードならではの充実した特典を備えながら、年会費無料の条件もクリアしやすいため、ふるさと納税をお得にお支払いしたい方におすすめのカードです。

ふるさと納税の支払いと日常のお買い物でしっかりポイントを貯めたい方は、ぜひ三井住友カード ゴールド(NL)の利用を検討してみてください。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友プラチナプリファード
年会費33,000円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1%~15%
ポイント名Vポイント
マイル交換レート5ポイント=3マイル
マイル交換先ANAマイル
国際ブランドVISA
審査・発行スピード即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります。
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠150万円~500万円
2回払い、リボルビング払い、分割払い、およびボーナス一括払いの利用は0~200万円
キャッシング利用可能枠~100万円
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い、リボ払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約200万円
疾病治療300万円、家族特約200万円
携行品損害50万円、家族特約50万円
賠償責任5,000万円、家族特約2,000万円
救援者費用500万円、家族特約200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金20万円
航空機遅延保険
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考・「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。
・カード紛失・盗難時は、お届け日から60日前までさかのぼり、不正使用による損害額を補償 自己負担額(免責)3,000円
おすすめポイント・特徴
  • 特約店の利用で最大15%ポイント還元
  • コンシェルジュサービスが24時間365日利用可能
  • 国内空港ラウンジを無料で利用できる
メリット
  • 基本還元率が1%と高く、ポイントが貯まりやすい
  • 特約店利用で最大10%のポイント還元率
  • 年間利用額に応じ最大4万ポイントの継続特典
デメリット
  • 年会費が33,000円(税込)と高額
  • 付帯サービスや特典が他のプラチナカードより少ない
  • ポイント付与対象外の利用もある(公共料金など)
キャンペーン
  • 新規入会&利用特典40,000ポイントがもらえる
  • 継続特典最大40,000ポイントがもらえる
  • 外貨ショッピングご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントがもらえる

※2024年7月5日時点での情報
※参考 : お得なプラン実施中|クレジットカードの三井住友カード

三井住友カード プラチナプリファードは、ふるさと納税でお得にポイントが貯まるクレジットカードです。

ふるさと納税サイト「さとふる」や「ふるなび」での寄付をプラチナプリファードで決済すると、通常の1%に加えて+4%のボーナスポイントが付与されます。

つまり、ふるさと納税の金額に対して合計5%ものポイント還元を受けられるのです

プラチナプリファードは、ポイント還元率の高さだけでなく、プラチナカードならではの充実した特典・サービスも兼ね備えています。

年会費は33,000円(税込)と少し高めですが、ふるさと納税の控除額を考慮すれば、十分元が取れるでしょう。ふるさと納税の金額が大きい方ほど、プラチナプリファードを活用することでお得にポイントを貯められます。

ステータスとお得さを兼ね備えた、ふるさと納税に最適なクレジットカードと言えるでしょう。

楽天カード×楽天市場

楽天カードは年会費永年無料で、通常の利用で100円につき1ポイント(1%還元)の楽天ポイントが貯まるお得なクレジットカードです。さらに楽天市場での利用なら、ポイント還元率が3倍の3%にアップします。

100円のお買い物で3ポイントもらえる計算です。また、楽天市場では毎月5と0のつく日にポイントアップキャンペーンを開催。キャンペーンにエントリーして楽天カードで買い物をすると、ポイント還元率が4倍の4%になります。

ふるさと納税の返礼品を楽天市場で選んで、楽天カードで決済することで、ポイント還元と併せて最大30%還元と非常にお得に納税ができます。

貯まった楽天ポイントは1ポイント=1円として、楽天市場をはじめ楽天グループのサービスで幅広く使えるのも魅力です。

楽天カード

楽天カード
年会費無料
申し込み資格18歳以上
学生可
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
交換可能ポイント楽天各種サービス
マクドナルド
すき家
吉野家
ファミリーマート
出前館
ビックカメラなど
ポイント有効期限〜12ヶ月
交換可能マイルANAマイル
JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円
※楽天PointClub会員ランクがカード申込時点でプラチナ会員の場合、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの初年度年会費無料
※楽天PointClub会員ランクがETCカード年会費請求月にプラチナ会員の場合、次年度1年間の年会費無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • ポイント還元率が比較的高い
  • 楽天の各サービスをお得に利用
  • 楽天Edyもお得に使える
メリット
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率が1%と高い
  • 楽天市場利用で還元率が最大3%になる
  • 楽天Edyや楽天ペイとの連携でさらにお得
デメリット
  • ETCカードの年会費が550円かかる
  • 公共料金の支払いは還元率が0.2%と低い
  • カスタマーサポートへの電話がつながりにくい
キャンペーン
  • 楽天カード新規入会&利用で5,000ポイント
  • Uber Eats 初回利用限定総額5,000円オフクーポン キャンペーン

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : 新規入会&利用でポイント進呈|楽天カード

ふるさと納税でクレジットカードを利用する際におすすめなのが、楽天カードです。

楽天カードは年会費永年無料で、ポイント還元率が1%と高く、楽天市場での利用なら還元率が3%にアップします。さらに、楽天カードには家族カードも年会費無料で発行でき、家族全員の支出を一括管理できるのが便利です。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場をはじめとする楽天グループのサービスで幅広く使えます。

ふるさと納税の支払いでポイントを貯めつつ、貯まったポイントを楽天市場などでお得に使えるため、ふるさと納税をする人におすすめのクレジットカードと言えます

申し込み資格は18歳以上であれば、学生やパート・アルバイトの方でも審査に通過しやすいのも嬉しいポイントですね。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
年会費2,200円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠~200万円
楽天ゴールドカード独自の審査基準により決定
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:550円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害20万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考カード利用お知らせメール
商品未着あんしん制度(楽天市場の店舗と連絡が困難になった場合、請求を取り消し)
ネット不正あんしん制度
カード会員専用ページ 楽天e-NAVI
スマホ・タブレット専用アプリ
おすすめポイント・特徴
  • 国内空港ラウンジが年間2回無料で利用可能
  • 楽天ポイントがどんどん貯まる
  • 楽天カードトラベルデスクが無料で利用可能
メリット
  • 国内28空港とハワイ・ホノルルの空港ラウンジが無料
  • ETCカードの年会費が無料
  • 楽天市場の利用で3%&お誕生月はポイント+1%
デメリット
  • 年会費が2,200円(税込)かかる
キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大5,000ポイントもらえる
  • 新規入会特典として2,000ポイントもらえる
  • 楽天ゴールドカードを初回利用で3,000ポイントもらえる

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : 楽天ゴールドカード新規入会&利用でポイント進呈|楽天カード

楽天ゴールドカードは、年会費2,200円(税込)で持てる格安ゴールドカードです。

通常の楽天カードと同様に、楽天市場でのお買い物で基本ポイント還元率が3%と高く、ふるさと納税の支払いにも最適です。

さらに、楽天ゴールドカードならではの特典として、お誕生月に楽天市場・楽天ブックスで利用すると、ポイントが通常の3倍から4倍にアップします(獲得上限月2,000ポイント)。

ふるさと納税の支払いで楽天ポイントがどんどん貯まり、貯まったポイントは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスで幅広く使えるのも魅力です。

年会費以上にお得なサービスが付いた、おすすめのゴールドカードです。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
年会費11,000円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
マイル交換レート1ポイント=0.5マイル
マイル交換先・JAL
・ANA
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠~300万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:550円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:4,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)
携行品損害50万円(自動付帯:20万円)
賠償責任3,000万円(自動付帯:3,000万円)
救援者費用200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考
おすすめポイント・特徴
  • 楽天市場でのポイント還元率が最大5倍
  • 国内・海外空港ラウンジを無料で利用可能
  • 海外旅行保険が自動付帯
メリット
  • 楽天市場での買い物が常に3倍ポイント還元
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円
  • プライオリティ・パスで空港ラウンジ利用可能
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)と高め
  • 楽天市場をあまり利用しないと元が取れない
  • ゴールドカードよりも審査が若干厳しい
キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大5,000ポイントもらえる
  • 「自動でリボ払い」に登録で2,000ポイントもらえる
  • 楽天プレミアムカードを30,000円以上の利用で3,000ポイントもらえる

※2024年7月5日時点での情報
※参考 : 楽天プレミアムカード新規入会&利用でポイント進呈|楽天カード

ふるさと納税でクレジットカードを利用する際におすすめなのが、楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードは、楽天市場での買い物で通常の3倍のポイントが貯まるなど、ポイント還元率の高さが魅力のクレジットカードです。

年会費は11,000円(税込)かかりますが、ふるさと納税の決済に利用することで、年会費以上のポイントを獲得できる可能性が高いでしょう。楽天市場以外でも基本の還元率が1%と高水準なので、ふるさと納税以外の日常のお買い物でもお得にポイントが貯められます。

さらに、国内主要空港のラウンジが無料で利用できたり、海外旅行傷害保険が最高5,000万円付帯していたりと、旅行やビジネスシーンでも役立つサービスが充実しています。

ふるさと納税の決済でポイントを貯めつつ、旅行時の特典も活用できる、一石二鳥のクレジットカードが楽天プレミアムカードです。

ふるさと納税の金額が大きい方や、楽天市場をよく利用する方は、ぜひ検討してみてください。

PayPayカード×Yahoo!ショッピング

PayPayカードとYahoo!ショッピングの組み合わせは、ふるさと納税をお得に活用するための強力な選択肢です。

PayPayカードは、Yahoo!ショッピングでの買い物でVポイントが通常の3倍たまる特典があります。Yahoo!ショッピングは、ふるさと納税の返礼品を取り扱う自治体との提携を強化しており、多くの魅力的な返礼品を取り揃えています

PayPayカードとYahoo!ショッピングを組み合わせることで、ふるさと納税の支払いでPayPayボーナスを獲得することが可能。

また、Yahoo!ショッピングの幅広い返礼品ラインナップから、自分の好みに合った商品を選ぶことができるのも魅力です。

PayPayカード

PayPayカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
※満18歳〜20歳未満の独身の方は親権者の同意が必要
ポイント還元率1.00〜5.00%
ポイント名PayPayポイント
交換可能ポイントPayPay残高へのチャージ
資産運用残高にチャージ
Yahoo!ショッピング
ヤフオク!
ポイント有効期限無期限
交換可能マイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード審査最短2分 / 即日発行
審査完了からカード到着まで約1週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • 家族カードが無料で利用可能
  • PayPayへのチャージが唯一できるカード
  • 毎月の利用状況に応じて最大1.5%還元
メリット
  • 基本還元率が1%と高く、PayPay利用でさらにお得
  • 年会費が永年無料
  • 最短5分でカード発行され、すぐ利用可能
デメリット
  • 海外旅行傷害保険などの付帯保険がない
  • 楽天やAmazonでの還元率が上がらない
  • PayPayへの自動チャージができない
キャンペーン
  • PayPayカード新規入会で3,000円相当のPayPayポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン – PayPayカード

ふるさと納税でクレジットカードを利用する際におすすめなのが、PayPayカードです。

PayPayカードは年会費永年無料で、ご利用金額200円(税込)ごとに1%のPayPayポイントが貯まるお得なクレジットカードです。

通常のショッピングでの還元率は1%ですが、Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用なら還元率が最大5%にアップします。

貯まったPayPayポイントはPayPay加盟店での支払いに利用できるので、ふるさと納税の返礼品を受け取った後の日常のお買い物でもお得に使えます。

さらに、PayPayカードはPayPay残高へのチャージが可能な数少ないクレジットカードです。

ふるさと納税の寄付金をPayPay残高でお支払いすれば、チャージ時のポイント付与とPayPay払い時のポイント付与の二重取りができます

また、最短5分で発行申込が完了し、カード到着を待たずにアプリ上でカード情報を確認してすぐに利用開始できるのも魅力です。ふるさと納税の申込時期が限られている場合でも、スピーディーに対応できます。

以上のように、PayPayカードはふるさと納税との相性が非常に良いクレジットカードです。

PayPayゴールドカード

PayPayカード ゴールド
年会費11,000円
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.50%~7.00%
ポイント名
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常1週間
審査完了からカード到着まで約1週間~10日程度
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合発行不可
※3枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
傷害治療200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害30万円(自動付帯:30万円)
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)
救援者費用200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考■ショッピングガード保険
1点の購入価格が1万円以上の商品が対象
おすすめポイント・特徴
  • 国内空港ラウンジが無料で利用可能
  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーはポイントが貯まりやすい
  • PayPayアプリの残高にチャージできる
メリット
  • ご利用金額200円ごとに最大1.5%のPayPayポイント付与
  • ソフトバンク・ワイモバイルの通信料金の支払いで最大10%ポイント付与
  • 国内主要空港ラウンジが無料で利用可能
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)とやや高め
  • 審査が通るまでに時間がかかる場合がある
  • リボ払いにすると手数料が発生する
キャンペーン
  • PayPayカードゴールド新規入会で5,000円相当のPayPayポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン – PayPayカード

PayPayカード ゴールドは、ふるさと納税の支払いにおすすめのクレジットカードです。

ポイント還元率は通常利用で1.5%と高く、PayPayステップの条件を達成すれば最大2%のPayPayポイントが貯まります。

さらに、ソフトバンクやワイモバイルのスマホ利用料金の支払いで最大10%のポイント還元を受けられるのが魅力です。

年会費は11,000円(税込)かかりますが、PayPayでの支払いに利用すればポイント還元率が0.5%アップするなど、利用方法次第で年会費以上のメリットを得られる可能性が高いカードと言えます。

また、最高1億円の海外旅行傷害保険や国内主要空港・ハワイの空港ラウンジ無料利用など、ゴールドカードならではの充実した特典・サービスも付帯しています。

ふるさと納税の支払いで還元率の高いクレジットカードを探している方や、普段からPayPayをよく利用していてソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方には、ぜひ検討してもらいたい1枚です。

dカード×ふるさとチョイス

dカードは、ドコモとの提携により生まれたクレジットカードで、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」と連携することで、お得にふるさと納税を行うことができます。

dカードを利用してふるさとチョイスでふるさと納税をすると、通常の納税額に対して2%分のdポイントが付与されます。

例えば、10万円のふるさと納税を行った場合、2,000ポイント(2,000円相当)のdポイントが付与されます。

このdポイントは、ドコモの携帯電話料金の支払いや、dポイント加盟店での買い物に利用できるため、実質的に納税額が2%割引になるのと同じことです。

さらに、ふるさとチョイスではdカード限定のお得な返礼品も用意されています。これらの返礼品は、通常の返礼品よりも割安な設定になっていることが多く、dカードユーザーならではの特典といえます。

また、dカードは年会費無料のクレジットカードであるため、ふるさと納税のためだけにカードを作成しても、維持費がかからないのがメリットです。

ドコモユーザーでない方でもdカードを作成することができるので、ふるさと納税でお得にポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードといえるでしょう。

dカード

dカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率1.00~4.50%
ポイント名dポイント
交換可能ポイントAmazon
マツモトキヨシ
マクドナルド
UNIQLO
メルカリ
AEON
コンビニなど
ポイント有効期限~48ヶ月
交換可能マイルJALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード審査/最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては審査に数日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害20万円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円
入院保険金日額3,000円
通院保険金日額1,000円
手術保険金
航空機遅延保険6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
ショッピング保険海外100万円
国内100万円
備考■国内手術給付金:入院保険金日額5倍または10倍
■29歳以下の方が対象
おすすめポイント・特徴
  • 年会費永年無料
  • 旅行保険・ショッピング保険が付帯している
  • d払いの支払い方法をdカードに設定&利用でポイント還元率アップ
  • ケータイ補償1年間で最大1万円
メリット
  • 年会費が永年無料で100円ごとに1ポイント(1%)たまる
  • d払いと併用することでポイントが二重取りできる
  • 29歳以下は海外・国内旅行保険が付帯している
デメリット
  • ドコモユーザー向けのケータイ補償は最大1万円と限定的
キャンペーン
  • 現在はなし

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン・おトクな情報 | dカード

ふるさと納税でクレジットカード決済をお考えの方におすすめなのが、NTTドコモが提供する「dカード」です。

dカードは年会費永年無料で、ショッピングでの利用で100円(税込)につき1ポイントのdポイントが貯まる高還元率が魅力のクレジットカードです。

ふるさとチョイス上でふるさと納税の支払いにdカードを利用すれば、通常の1%に加えて+1%のボーナスポイントが貰えます

貯まったdポイントはdポイント加盟店での買物やドコモの携帯電話料金の支払いに充当できるので、ふるさと納税でもおトクにポイントが貯められます。

ドコモユーザーなら携帯電話料金の支払いで最大10%のポイント還元も受けられるので、さらにお得です。

国内最大級の会員数を誇るdカードは審査も比較的通過しやすいので、ふるさと納税の支払いでポイント還元を重視したい方や、クレジットカード初心者の方にもおすすめのカードです。

dカード GOLD

dカードゴールド
年会費11,000円
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
安定した継続収入があること
ポイント還元率1.00%~4.50%
ポイント名dポイント
交換可能ポイント携帯料金
Amazon
マツモトキヨシ
マクドナルド
UNIQLO
メルカリ
AEON
コンビニなど
ポイント有効期限〜48ヶ月
交換可能マイルJALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては審査に数日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
携行品損害50万円、家族特約15万円(自動付帯:15万円)
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
救援者費用500万円(自動付帯:500万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
航空機遅延保険9万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金5万円
航空機遅延保険6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考
おすすめポイント・特徴
  • ドコモのケータイ料金・ドコモ光を利用で10%還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  • d払いの支払い方法をdカードに設定&利用でポイント還元率アップ
メリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金が10%ポイント還元
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料で利用可能
  • 最大1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)と高め
  • ドコモユーザー以外だと特典が薄い
キャンペーン
  • 入会&利用&対象公共料金支払いで最大11,000ptプレゼント
  • 所定の支払い方法で毎月総額1億円を20万名で山分け!

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : キャンペーン・おトクな情報 | dカード

dカード GOLDは、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。

ふるさとチョイスでふるさと納税の支払いにdカード GOLDを利用すると、dポイントが通常の1%に加えて+1%の計2%還元されます。

年会費は11,000円(税込)かかりますが、ドコモのケータイ料金やドコモ光の利用料金に対して10%のポイント還元があるため、月1万円以上の利用で年会費以上の還元が見込めます。

また、dカード GOLDは国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料で利用でき、最大1億円の海外旅行保険も自動付帯と、旅行やレジャーでの特典が充実しています。

ドコモユーザー向けには最大10万円のケータイ補償も付帯します。年間100万円以上の利用で、最大22,000円分の「選べるクーポン」がもらえる年間ご利用額特典もあります。

ふるさと納税の支払いでポイント還元を重視する方や、ドコモユーザーでケータイ料金の支払いを活用したい方、旅行やショッピングの特典を活用したい方におすすめのクレジットカードです。

au PAYカード×au PAYふるさと納税

au PAYカードを利用してau PAYふるさと納税で寄附すると、通常の1%に加えて最大7%のPontaポイント(au PAY マーケット限定)が還元されるキャンペーンを実施中です。

さらに、期間中の三太郎の日にauスマートパスプレミアム会員なら3%の追加還元もあり、合計最大23%ものポイント還元を受けられます。

au PAYふるさと納税の魅力は、Pontaポイントが使えることに加えて、様々なキャンペーンでお得にポイント還元を受けられる点です。

通常の1%に加えて、au PAYカードの利用で最大7%、1,600自治体突破キャンペーンで最大5%、冬の大感謝祭で最大8%など、時期によって様々なキャンペーンが用意されています。

au PAYカードは、auユーザー以外でも利用可能で、au PAYふるさと納税との相性が非常に良いクレジットカードと言えます。

au PAYカード

au PAY カード
年会費1,375円
※年1回以上利用で翌年度無料
※またはau IDに紐づくau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、au ひかり、auひかり ちゅらの契約で翌年度無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%
ポイント名Pontaポイント
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード最短4営業日
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy / au PAY
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行から1年以内の利用で発行手数料相当額を初回通行料支払いの翌月請求額から差し引かれます
※Pontaポイントが100円につき1Pontaポイント加算
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:440円
※本会員の翌年の年会費が無料の場合は家族会員も無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害20万円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円
備考届け出日から60日前以降の損害負担
※カードの裏面にご署名の無い場合は、お客さまのご負担になる場合がございます。
※補償内容は保険規定に基づき提供されます。
※海外旅行保険の補償内容の詳細は「au PAY カード海外旅行あんしん保険補償規定」をご覧ください。
※ショッピング保険は免責金額3,000円になります。補償内容の詳細は「au PAY カードお買物あんしん保険補償規定」をご覧ください。
おすすめポイント・特徴
  • au payマーケットでの利用でポイント還元率が最大7%
  • 海外旅行紹介保険が付帯している
  • 公共料金やETC利用分の支払いでもPontaポイントが貯められる
メリット
  • 年会費無料で高い還元率(1%)のPontaポイントが貯まる
  • au PAYとの連携で二重取りでき、最大1.5%還元
  • au PAYマーケットなどで最大7%のポイント還元
デメリット
  • ETCカード発行に1,100円(税込)の手数料がかかる
  • 付帯保険は利用付帯のみで自動付帯はない
  • au等の契約がなく1年利用がないと年会費がかかる
キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大10,000Pontaポイント還元
  • au PAY残高チャージとショッピングで5%還元(最大8,000Pontaポイント)
  • 公共料金、またはETC利用で2,000Pontaポイントもらえる

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : au PAY カード新規入会&利用でポイントプレゼント

au PAYカードは、auユーザーにおすすめのクレジットカードです。

au PAYカードからのチャージやショッピング利用、公共料金の支払い、ETCカードの発行・利用で最大1万Pontaポイントがもらえる入会キャンペーンも開催されています。

au PAYカードは年会費永年無料で、au PAY残高へのチャージやau PAYでの支払いで最大2.5%還元されます。

auユーザーであれば、ふるさと納税の支払いからお買い物、auサービスの利用まで、au PAYカードを活用することでお得にポイントが貯められるでしょう。

au PAY ゴールドカード

メリット
  • au携帯電話料金の最大10%還元
  • au PAY残高チャージとコード払いで最大1.5%還元
  • 空港ラウンジ無料、手厚い海外・国内旅行保険
デメリット
  • 年会費が11,000円と高額
キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大20,000Pontaポイント還元
  • au PAY残高チャージとショッピングで5%還元(最大18,000Pontaポイント)
  • 公共料金、またはETC利用で2,000Pontaポイントもらえる

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : au PAY カード新規入会&利用でポイントプレゼント

au PAY ゴールドカードは、ふるさと納税の支払いにおすすめのクレジットカードです。

au PAY ゴールドカードは、au携帯電話やauひかりなどのau通信サービス利用料金の支払いで最大10%のPontaポイント還元を受けられるのが魅力です。

他にもau PAY 残高チャージやau PAY マーケットでの買い物など、auサービスを組み合わせて利用することで効率的にポイントが貯められます。

年会費は11,000円(税込)かかりますが、auユーザーであれば、日々の通信料金の支払いだけでも年会費以上のポイント還元を受けられるでしょう。

ポイントの使い道はau PAY 提携店舗での支払いやau通信料金の充当など幅広いので、ふるさと納税でポイントを貯めて、普段の生活でお得に使うことができるでしょう

auユーザーでふるさと納税をお考えの方は、au PAY ゴールドカードの利用がおすすめです。

セゾンカード×セゾンのふるさと納税

セゾンカードとセゾンのふるさと納税の組み合わせは、ふるさと納税をお得に活用したい方におすすめです。

セゾンのふるさと納税は、セゾンカード会員向けの便利なポータルサイトで、通常の3倍の永久不滅ポイントが貯まります。

特にセゾン プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードを利用すると、50万円までのご利用で永久不滅ポイントが10%還元されるお得な特典があります。ゴールドカードでも60万円までのご利用で5%還元と、ポイント還元率が高いのが魅力です。

セゾンのふるさと納税では、全国各地の人気返礼品を選べるほか、クレジットカード決済だけでなく永久不滅ポイントでの寄付にも対応。寄付金控除に関する証明書の発行もワンストップで行えるなど、利便性の高さも特徴の一つです。

また、お得なキャンペーンが随時開催されており、通常のポイント還元と合わせて大変お得にふるさと納税を利用できます。

セゾンカードをお持ちの方は、ぜひセゾンのふるさと納税の利用を検討してみてください。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費1,100円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
申し込み資格18歳以上
連絡が可能な方
ポイント還元率0.50%〜2.00%
ポイント名永久不滅ポイント
交換可能ポイント専用オンライン
ショップ
Amazon
利用代金の
充当など
ポイント有効期限無期限
交換可能マイルJALマイル
ANAマイル
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード最短即日発行
デジタルカードの場合、即日(最短5分)発行
郵送受取の場合、最短3営業日発行
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
※年会費は税込表示です
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする同姓の家族(高校生を除く18歳以上)の方
※デジタルカードの場合、家族カードの発行不可
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考■オンライン・プロテクション
紛失・盗難のお届け日を含む61日前までさかのぼり、それ以降の不正利用についてはカード発行会社にて補償。
おすすめポイント・特徴
  • 年に1回でも利用すれば翌年度の年会費が無料
  • ナンバーレスで安心
  • QUICPay加盟店での利用で2%還元
メリット
  • 年会費が実質無料。初年度無料で、年1回以上利用で翌年度も無料
  • QUICPay利用で最大2%ポイント還元(年間30万円まで)
  • ポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」が貯まる
デメリット
  • 旅行傷害保険などの付帯保険が一切ついていない
  • 国際ブランドがアメックス以外選べない
  • ゴールドカードなどの上位カードに比べると特典が少ない
キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大8,000円相当のポイントをプレゼント
  • Webサイトから入会した方で入会月から翌々月末までに50,000円(税込)以上のショッピング利用で、永久不滅ポイント1,000ポイント(5,000円相当)をプレゼント
  • 同期間中に1回以上のキャッシングのご利用で、さらに永久不滅ポイント300ポイント(1,500円相当)をプレゼント
  • 同期間中に家族カードの発行で、さらに永久不滅ポイント300ポイント(1,500円相当)をプレゼント

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : 【公式】セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード【年会費無料】 |クレジットカードはセゾンカード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、ふるさと納税にもおすすめのクレジットカードです。

年会費は初年度無料で、2年目以降も年1回以上利用すれば無料となる実質永年無料のカードです。ポイント還元率は通常1,000円につき1ポイント(0.5%)ですが、QUICPay決済なら最大2%の高還元率を誇ります。

さらに、セゾンのふるさと納税サイトからの寄付で永久不滅ポイントが通常の3倍貯まるキャンペーンを実施中。有効期限のない永久不滅ポイントをどんどん貯めることができます。

アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、カード会員限定の450以上のお得な優待特典が利用可能。

ショッピングやグルメ、エンターテインメントなど、ライフスタイルに合わせた特典が満載です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、ふるさと納税の還元率の高さと、アメックスならではの充実した特典が魅力。ふるさと納税をお得にしたい方におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

SAISON GOLD Premium

SAISON GOLD Premium
年会費11,000円
※年間利用金額100万円以上で翌年以降永年無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率0.50%~2.50%
ポイント名永久不滅ポイント
国際ブランドVISA / JCB / AMEX
審査・発行スピード最短3営業日
通常1週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い、リボ払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / Suica / PASMO
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約300万円
疾病治療300万円、家族特約300万円
携行品損害20万円、家族特約20万円
賠償責任2,000万円、家族特約2,000万円
救援者費用100万円、家族特約100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円、家族特約1,000万円
入院保険金日額5,000円、家族特約5,000円
通院保険金日額3,000円、家族特約3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
メリット
  • 年間100万円以上利用で翌年以降の年会費が永年無料
  • 映画館で映画料金が月3回まで1,000円で鑑賞可能
  • コンビニ・カフェ・マクドナルドで最大5.5%ポイント還元
デメリット
  • 通常の年会費が11,000円と高額
  • 即日発行ができない
  • 国際ブランドにMastercardが選べない
キャンペーン
  • 新規入会でVisa、またはJCBをお選びの方最大11,000円キャッシュバック
  • 利用金額の10%(最大8,000円)キャッシュバック
  • Visaブランドを選んだ場合、ソフトバンク、ドコモ、au、ワイモバイルのスマホ利用料金が最大3,000円キャッシュバック
  • JCBブランドを選んだ場合、3ヵ月連続QUICPayを利用すると利用金額の30%最大3,000円キャッシュバック(月上限1,000円)

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : クレジットカード新規入会キャンペーン | クレジットカードはセゾンカード

SAISON GOLD Premiumは、ふるさと納税にもおすすめのゴールドカードです。年会費は11,000円(税込)ですが、年間100万円以上利用すると翌年度以降は永年無料になります。

ふるさと納税の還元率は通常の0.5%であるものの、セゾンのふるさと納税でキャンペーン期間中に利用すれば最大10%のポイント還元がなされます

まず、TOHOシネマズなど主要映画館で映画料金が1,000円になります。毎月3枚まで購入でき、映画好きにはたまりません。

次に、コンビニ・カフェ・マクドナルドで最大5%還元、年間50万円以上利用するとどこでも最大1%還元されます。

他にも、空港ラウンジ無料、海外・国内旅行傷害保険付帯、ショッピング利用で最大8,000円キャッシュバックなどのキャンペーン特典もあります。

ふるさと納税の還元率だけでなく、普段使いでもお得なサービスが充実しているので、ゴールドカードをお探しの方にはSAISON GOLD Premiumがおすすめです。

セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
年会費11,000円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.75%~1.00%
ポイント名永久不滅ポイント
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠1万円~300万円
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約300万円
疾病治療300万円、家族特約300万円
携行品損害30万円、家族特約30万円
賠償責任3,000万円、家族特約3,000万円
救援者費用200万円、家族特約200万円
航空機遅延保険26万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円、寄託手荷物紛失費用10万円)、家族特約26万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円、家族特約1,000万円
入院保険金日額5,000円、家族特約5,000円
通院保険金日額3,000円、家族特約3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考■国内手術保険
手術:5,000円(日額)×(手術の種類により10倍~40倍)
メリット
  • 月額980円(税込)の月会費制で気軽に利用できる
  • 毎月スタバのドリンクチケット500円分がもらえる
  • 海外利用で永久不滅ポイントが2倍(1%)貯まる
デメリット
  • 国内利用のポイント還元率は0.5%と一般的
  • 海外・国内旅行傷害保険が付帯されていない
  • ETCカードや家族カードの発行ができない

セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、ふるさと納税にぴったりの高還元率クレジットカードです。

年会費11,000円(税込)と少し高めですが、その分、ふるさと納税の還元率が通常の1%に加えて、最大9%のボーナスポイントが付与されます。つまり、最大10%もの高還元率を誇ります

また、このカードは、アメリカン・エキスプレスのサービスを国内でも利用できる数少ないカードの一つです。

24時間365日の日本語サポートや、国内・海外の空港ラウンジ利用、トラベル・ダイニング・ショッピングでの各種優待など、アメリカン・エキスプレスならではの上質なサービスを受けられます。

ローズゴールドのカードフェイスは、洗練された大人の雰囲気を演出。ステータス性の高さを感じさせます。

ふるさと納税の還元率を重視しつつ、プレミアムなクレジットカードをお探しの方におすすめのカードです。

ふるさと納税をより上質に、よりお得に楽しみたい方は、ぜひセゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをご検討ください。

ANAカード×ANAのふるさと納税

ANAカードとANAのふるさと納税を組み合わせることで、お得にマイルを貯めることができます。

ANAのふるさと納税をANAカードで決済すると通常0.5%の還元率が倍になり、決済額に対して1%のマイルを手に入れることが可能。例えば、10万円の寄付で1,000マイルが獲得できます。

ANAのふるさと納税サイトには、全国各地の魅力的な返礼品が揃っています航空券やホテル宿泊券などのANA関連の返礼品も用意されており、貯めたマイルと組み合わせて利用すれば、お得に旅行を楽しめます。

ANAカードとANAのふるさと納税を活用して、ふるさと納税とマイル活用の両方でお得に過ごしましょう。

ANAカード(一般)

ANAカード(一般)
年会費2,200円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費1,127円(1,072円割引)
申し込み資格18歳以上(高校生・大学生は除く)
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード通常2~3週間
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
ショッピング利用可能枠10~80万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / 楽天Edy
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費522円(577円割引)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円(リボ払い・分割払い(3回以上)の場合のみ)
備考国内旅行保険は、航空機搭乗中、飛行場構内のみ保険適用となります。
メリット
  • ANAマイルが貯まる(入会・継続で1,000マイルずつ)
  • 200円利用ごとに1ポイント(Vポイント)貯まる
  • ANAへの搭乗でボーナスマイルが獲得できる
デメリット
  • 年会費が2年目以降は2,200円かかる
  • マイルへの移行に手数料がかかる場合がある
  • 海外旅行傷害保険の補償内容が弱い
キャンペーン
  • JCBの場合、キャンペーンボーナス最大12,000マイル
  • 通常入会特典1,000マイル

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : 【公式】ANAカードの入会キャンペーン情報|ANAカード|ANAマイレージクラブ

ANAカード(一般)は、ふるさと納税の支払いにおすすめのクレジットカードです。ANAマイルが貯まるので、お得にマイルを貯めながらふるさと納税ができます。

入会時と継続時にそれぞれ1,000マイルのボーナスがあり、ANAグループ便の搭乗でも10%のボーナスマイルが付与されます。

日々の利用では200円ごとに1ポイント(Vポイント)が貯まり、貯まったポイントは移行手数料をかけることでANAマイルに交換できます。

年会費は初年度無料、2年目以降は2,200円(税込)とリーズナブルです。海外旅行傷害保険も最高1,000万円付帯しているので、ANAマイルでの海外旅行の際も安心です。

空港での優待サービスも充実しており、ANAカード特約店での割引特典などお得がいっぱいです。

ふるさと納税の支払いと合わせて、日々の利用でマイルを着実に貯められるANAカード(一般)は、お得にマイルを貯めたい方におすすめのクレジットカードです

ANA ワイドゴールドカード

ANA JCB ワイドゴールドカード
年会費15,400円
申し込み資格20歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Oki Dokiポイント
国際ブランドJCB
審査・発行スピード最短5営業日
通常2週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:4,400円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用400万円(自動付帯:400万円)、家族特約200万円(自動付帯:400万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考国内旅行保険手術保険金…入院日額×倍率(種類に応じて10倍、20倍または40倍)
メリット
  • 入会・継続ボーナスで毎年2,000マイルもらえる
  • ANAグループ便利用で25%のフライトボーナスマイル
  • マイル還元率が最大3%と高い
デメリット
  • 年会費が15,400円と高め
  • 海外での利用に弱い(JCBブランドの場合)
キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大191,000マイル相当プレゼント
  • 新規入会で最大10,000マイルプレゼント
  • キャンペーン期間中に30万円以上の利用で6,000マイル相当プレゼント
  • キャンペーン期間中に70万円以上の利用で9,000マイル相当プレゼント
  • キャンペーン期間中に100万円以上の利用で24,000マイル相当プレゼント
  • キャンペーン期間中に150万円以上の利用で36,000マイル相当プレゼント
  • キャンペーン期間中に250万円以上の利用で51,000マイル相当プレゼント
  • 300万円以上利用すると、もれなく50,000マイル相当のポイントプレゼント

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : ANA JCBカード 入会キャンペーン | クレジットカードなら、JCBカード

ANAワイドゴールドカードは、ふるさと納税の支払いにおすすめのクレジットカードです。ANAマイルが貯まりやすく、ふるさと納税の金額に応じて多くのマイルを獲得できます

年会費は15,400円(税込)と少し高めですが、ANAグループ便の搭乗で25%のボーナスマイルや、カード利用100円につき最大10マイルの還元など、マイルが貯まる仕組みが充実しています。

また、国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険など、手厚い補償も魅力です。海外旅行保険は最高1億円、国内旅行傷害保険も最高1億円と高い補償が付帯しており、旅行好きな方にピッタリのカードと言えるでしょう。

空港ラウンジサービスやANA機内販売10%オフなど、旅行時に役立つ優待特典も豊富です。

マイルが貯まりやすく、ふるさと納税の支払いでもお得に利用できるANAワイドゴールドカードは、ふるさと納税とANAマイルの両方を賢く活用したい方におすすめのカードです。

ANA プラチナ プレミアムカード

ANA VISA プラチナ プレミアムカード
年会費88,000円
※1枚まで発行可能
申し込み資格30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.50%~4.50%
ポイント名Vポイント
マイル交換レート1ポイント=3マイル
マイル交換先ANA
国際ブランドVISA
審査・発行スピード最短3営業日
通常1~3週間
ショッピング利用可能枠300万円~
キャッシング利用可能枠0万円~100万円
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / 楽天Edy
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※発行手数料0円
家族カード年会費:4,400円(初年度無料)
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療00万円(自動付帯:500万円)、家族特約500万円(自動付帯:500万円)
疾病治療500万円(自動付帯:500万円)、家族特約500万円(自動付帯:500万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)、家族特約100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約10,000万円(自動付帯:10,000万円)
救援者費用1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金20万円(自動付帯:20万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考
メリット
  • 決済金額に対して1.5%のマイルが貯まる
  • プライオリティ・パスで空港ラウンジが利用可能
  • 最高1億円の手厚い海外・国内旅行傷害保険が付帯
デメリット
  • 年会費が88,000円と高額
  • 30歳以上で安定収入が必要な厳しい入会条件
  • 他のANAカードとの同時保有ができない
キャンペーン
  • ANAカードに入会してハワイに行こう!ANAカード新規入会キャンペーン

※2024年7月5日時点での情報
※参考 : Myキャンペーン一覧|ANA

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、ANAマイルが最も貯まるVISAプラチナカードです。

カード利用200円につき3マイル貯まり、ANAグループ便の搭乗ごとにフライトマイレージの50%がボーナスマイルとして加算されます。

入会時と毎年の継続時にそれぞれ10,000マイルのボーナスがあり、ANA航空券の購入ではマイルが2倍(100円につき2マイル)貯まります。国内外の空港ラウンジが利用でき、プライオリティ・パスにも無料で登録できるなど、旅行に強い特典が充実していま。

さらに、三井住友カード プラチナの各種サービスも利用可能。年会費は88,000円(税込)と高めですが、ANAマイルを効率的に貯めたい方におすすめの1枚です。

ふるさと納税の決済にANA VISAプラチナ プレミアムカードを利用すれば、高い還元率でマイルを貯めることができるでしょう。

マイルでANA航空券と交換すれば、お得にふるさと納税の返礼品を受け取りつつ、旅行も楽しめます。

エムアイカード×さとふる

エムアイカードを利用してさとふる経由でふるさと納税をすると、通常の1.5%に加えて最大5%のポイント還元を受けられます。

つまり、最大6.5%もの高還元率でお得にふるさと納税ができるのです

さらに、エムアイカードは年会費永年無料で、ショッピングや海外利用でもポイントが貯まるお得なカードです。貯まったポイントは1ポイント=1円として、ふるさと納税の寄付金に充当することも可能。

ふるさと納税をしながら、普段の生活でもポイントを貯められるのは嬉しいポイントですね。

また、さとふるはふるさと納税の人気サイトで、全国の自治体から魅力的な返礼品を幅広く取り揃えています。エムアイカードとの提携により、さとふるユーザーはよりお得にふるさと納税を楽しめます。

地域貢献とお得なポイント還元を同時に叶えられる、エムアイカード×さとふるの組み合わせは、ふるさと納税におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

MICARD+(エムアイカード プラス)

MICARD+(エムアイカード プラス)
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~5.00%
ポイント名エムアイポイント
国際ブランドVISA / AMEX
審査・発行スピード即日発行
通常2週間
店頭申込の場合、即日発行
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
※年会費は税込表示です
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする家族(高校生を除く18歳以上) の方
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
メリット
  • 三越伊勢丹グループの百貨店で最大10%の高還元率
  • 年会費が初年度無料で、2年目以降も2,200円と安め
  • 最短即日発行に対応しており、すぐに利用可能
デメリット
  • 付帯保険が一切ついていない
  • 通常還元率が0.5%と一般的なクレジットカードと同等
  • Apple Pay等のスマホ決済サービスに非対応
キャンペーン
  • 新規入会後翌月末分までのご利用分10%キャッシュバック

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : 【新規ご入会特典】|百貨店のクレジットカードなら三越伊勢丹グループのエムアイカード

MICARD+(エムアイカード プラス)は、三越伊勢丹グループが提供するクレジットカードで、ふるさと納税にも最適なサービスです。

このカードの最大の特徴は、さとふるでのふるさと納税の際に、通常のポイント還元率である0.5%に加えて、さらに2%のボーナスポイントが付与されることです。

つまり、ふるさと納税の金額に対して合計2.5%のポイント還元を受けられるのです。

また、MICARD+は、三越伊勢丹グループの百貨店やオンラインストアでのお買い物でも、ポイントが貯まりやすくなっています。特に、三越伊勢丹オンラインストアでは、通常の2倍のポイントが付与されます。

ふるさと納税でお得にポイントを貯めながら、普段のお買い物でもポイントが貯まる、そんなお得なクレジットカードがMICARD+なのです。

特に、三越伊勢丹グループでのお買い物が多い方におすすめのカードと言えるでしょう。

MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)

MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)
年会費11,000円(初年度無料)
※入会月から翌月末迄にWebエムアイカード会員に登録し、10万円以上のカード利用で初年度無料
申し込み資格18歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~8.00%
ポイント名エムアイポイント
国際ブランドVISA / AMEX
審査・発行スピード
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:2,200円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする家族(高校生を除く18歳以上) の方
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)
救援者費用400万円(自動付帯:400万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額3,000円(自動付帯:3,000円)
手術保険金20万円(自動付帯:20万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考
メリット
  • 三越伊勢丹グループ百貨店で最大10%のポイント還元
  • 国内外の加盟店で高い還元率のエムアイポイントが貯まる
  • 充実した旅行関連の付帯サービス・保険が付いている
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)と高め
  • 三越伊勢丹グループ以外での還元率は1%と普通
  • 一部の商品はポイント付与対象外となる
キャンペーン
  • 新規入会後、口座登録を行い、入会当日から翌々月までの期間で毎月30,000円利用で最大3,000ポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : 【新規ご入会特典】エムアイカード プラスご利用と条件達成で最大3,000ポイントプレゼント|百貨店のクレジットカードなら三越伊勢丹グループのエムアイカード

MICARD+ GOLD(エムアイカードプラスゴールド)は、三越伊勢丹グループの百貨店で最大10%のポイント還元を受けられる、お得なゴールドカードです。

年会費は11,000円(税込)と少し高めですが、ふるさと納税サイト「さとふる」を利用する際に、通常の3倍の3%のエムアイポイントが貯まるお得な特典があります。

Webエムアイカード会員サービスにログインし、専用サイトからさとふるでふるさと納税をすると、寄付金額200円につき6ポイントのエムアイポイントが加算されます。

貯めたポイントは、三越伊勢丹グループ百貨店や三越伊勢丹オンラインストアで1ポイント=1円の値引きとして利用できます。

さらに、一休.comでの利用で3%のポイント還元、海外でのお買い物で最大2%のポイント還元など、ポイントが貯まりやすいのも魅力です。

空港ラウンジサービスや充実した海外旅行傷害保険などゴールドカードならではの特典も付帯しています。

三越伊勢丹をよく利用し、ふるさと納税もする予定がある方にとって、MICARD+ GOLDは大変お得で便利なクレジットカードといえるでしょう。

ふるさと納税をクレジットカードで支払う時の注意点

ふるさと納税をクレジットカードで支払う時の注意点は、主に以下の点が挙げられます。

ふるさと納税をクレジットカードで支払う時の注意点
  • クレジットカードの引き落とし口座が他人名義の場合には控除を受けられない可能性がある
  • 支払い方法は原則として1回払いのみ!分割やリボ払いには対応していないところが多い
  • 年末に行うと翌年の寄付扱いとなってしまう場合がある
  • 金額によっては限度額を超えてしまい決済できないことがある

それぞれ詳しく解説していきます。

クレジットカードの引き落とし口座が他人名義の場合には控除を受けられない可能性がある

ふるさと納税の制度上、寄付金控除を受ける方(寄付者)と決済をする方は原則として同一である必要があります。

そのため、ふるさと納税の申込者本人名義のクレジットカードや、引き落とし口座を利用して決済することが求められます。

しかし、家族カードを利用する場合など、クレジットカードの名義が申込者本人と異なっていても、カードの引き落とし口座が申込者本人名義であれば問題ありません

つまり、最終的に寄付金を負担するのが申込者本人であることが重要なのです

もし申込者以外の名義のクレジットカードで決済し、そのカードの引き落とし口座名義も申込者と異なる場合は、寄付金控除を受けられない可能性が高いでしょう。

間違って他人名義で決済してしまった場合は、速やかに寄付先の自治体に連絡し、対応方法を相談するのが賢明です。

家族カードは引き落とし口座が本人ではないケースがほとんどのため要注意

原則として、ふるさと納税の寄付金控除を受けるためには、寄付者本人名義のクレジットカードで決済する必要があります。

しかし家族カードの場合、最終的に本会員の口座から引き落とされるため、実質的に本会員が寄付したとみなされ、控除を受けられない可能性があります。

寄付の申込者と、クレジットカードの名義人、引き落とし口座の名義人は一致させるのが原則だと覚えておきましょう。

もし家族カードを利用してふるさと納税を行う場合は、事前に自治体に問い合わせるなどして、家族カードでの決済が認められるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

支払い方法は原則として1回払いのみ!分割やリボ払いには対応していないところが多い

ふるさと納税をクレジットカードで決済する際、多くの自治体や取扱サイトでは支払い方法が1回払いのみに限定されています。

これは、ふるさと納税が寄附という性質上、分割払いやリボ払いには馴染まないという理由からです

クレジットカードの支払い方法には、1回払い以外にも分割払いやリボ払いなどがありますが、これらの支払い方法を選択してしまうと、ふるさと納税の申し込みが受け付けられない可能性があります。

また、一部の自治体や取扱サイトでは、分割払いやリボ払いを選択した場合、寄附金の受付が取り消されたり、手数料が発生したりする場合もあるので注意が必要です。

したがって、ふるさと納税をクレジットカードで支払う際は、必ず1回払いを選択するようにしましょう

万が一、分割払いやリボ払いしか選択できない場合は、自治体や取扱サイトに直接問い合わせるか、別のクレジットカードを使用することをおすすめします。

年末に行うと翌年の寄付扱いとなってしまう場合がある

ふるさと納税をクレジットカードで支払う際は、年末の申込みや決済のタイミングに注意が必要です。

税制上、寄付の「納付日」が重要で、これがいつの年に該当するかで控除の対象年が変わってきます。

クレジットカード払いの場合、実際にカード会社から自治体へ入金される日が「納付日」となります。

年内に申し込みをしても、カード会社の締め日の関係で入金が翌年になると、控除が翌年分となってしまいます。年内の控除を受けたい場合は、クレジットカード会社の締め日を考慮し、余裕を持って早めに申し込むことが大切です。

自治体によっては、年内扱いの寄付の申込期限を設けているところもあるので、事前によく確認しておきましょう。

年をまたぐとふるさと納税の控除額が変わる可能性もあるため、年内に間に合わなかった場合は、確定申告での調整が必要になることもあります。

計画的に余裕を持ってふるさと納税を行うことで、確実に控除を受けられるでしょう

金額によっては限度額を超えてしまい決済できないことがある

ふるさと納税をクレジットカードで支払う際は、カードの利用限度額に注意が必要です。

クレジットカードには、利用できる上限金額である「利用可能枠(限度額)」が設定されており、一般的に10万円程度から数百万円までの幅があります。

ふるさと納税の寄附金額が高額になると、この利用限度額を超えてしまい、決済ができなくなる可能性があります。

特に、複数の自治体に一度に寄附する場合や、年末に駆け込みで寄附する場合は、支払金額が高額になりがちなので注意が必要です。

利用限度額を超えてしまった場合、クレジットカード会社に連絡して限度額の増額を依頼することも可能ですが、審査が必要なため、すぐに対応してもらえるとは限りません。

そのため、ふるさと納税の寄附先や金額を検討する際は、事前にクレジットカードの利用限度額を確認しておくことをおすすめします。

また、利用限度額の観点から、高額な寄附を行う場合は、複数回に分けて寄附することも一つの方法です。

ふるさと納税の支払いにクレジットカードを活用する際は、利用限度額を把握し、計画的に寄附を行うことが、スムーズな決済につながるでしょう。

ふるさと納税をクレジットカード払いが便利でお得

ふるさと納税をクレジットカード払いが便利でお得である理由に、主に以下の点が挙げられます。

ふるさと納税をクレジットカード払いが便利でお得
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 振込手数料が無料になる
  • 24時間365日いつでも決済ができるため駆け込みに対応できる
  • 現金を持ち合わせていなくても高額決済が行える

それぞれ詳しく解説していきます。

クレジットカードのポイントが貯まる

ふるさと納税をクレジットカード払いにすることで、お得にポイントを貯めることができます。

多くのクレジットカード会社では、ショッピングや公共料金の支払いと同様に、ふるさと納税の支払いに対してもポイントが付与されます。

例えば、ポイント還元率1%のカードで1万円のふるさと納税を行った場合、カードによっては100ポイント以上が貯まる可能性があります。

貯まったポイントは、カード会社によって異なりますが、商品券や電子マネーに交換したり、次回のカード利用代金に充当したりすることが可能です。

ただし、クレジットカードのポイント付与率はカードによって異なります。ふるさと納税に対してポイントが付与されないカードもあるため、事前に確認しておくことが大切です。

お持ちのクレジットカードがふるさと納税に対応しているか、ポイント付与率はどのくらいかを把握しておきましょう。

以上のように、ふるさと納税をクレジットカード払いにすることで、お得にポイントを貯めることができます。

振込手数料が無料になる

ふるさと納税をクレジットカード払いにすると、振込手数料が無料になるのが大きなメリットです。

銀行振込の場合、振込手数料は自己負担となり、金融機関によっては数百円の手数料がかかることもあります

一方、クレジットカード払いなら、ほとんどの場合手数料は無料です。これは、ふるさと納税サイトや自治体がクレジットカード決済の手数料を負担しているためです。

振込手数料を気にせず、ふるさと納税の金額をそのまま寄付に回すことができるのは大きなメリットといえるでしょう。

ふるさと納税を活用して、お得に自治体を応援したい人にとって、クレジットカード払いは非常に魅力的な選択肢となっています。返礼品とポイントの両方をゲットできるお得な支払い方法が、クレジットカード払いなのです。

24時間365日いつでも決済ができるため駆け込みに対応できる

ふるさと納税をクレジットカード払いで行うことで、いつでも好きなタイミングで寄付の申し込みと決済ができるようになります。

特に、年末の駆け込み需要に対応するのに非常に便利です。

現金払いや銀行振込の場合、金融機関の営業時間内しか手続きができないため、年末年始の休暇中に寄付をしたいと思っても、タイミングを逃してしまうことがあります

しかし、クレジットカード払いなら24時間365日いつでも決済が可能。慌ただしい年の瀬でも、自分の都合の良いタイミングでふるさと納税の手続きを済ませることができます。

自治体によっては、クレジットカード払い限定の特典を用意しているところもあるので、お得に寄付ができる可能性も。

ふるさと納税の駆け込み需要に備えて、クレジットカード払いを利用してみてはいかがでしょうか。時間的な制約がなく、いつでも気軽に寄付の手続きができる便利さを実感していただけるはずです。

現金を持ち合わせていなくても高額決済が行える

ふるさと納税をクレジットカードで支払うメリットの1つに、現金を持ち合わせていなくても高額な寄付が可能になる点が挙げられます。

ふるさと納税の寄付金額は、自治体や返礼品によって数万円から数十万円と幅広く設定されています。手元に多額の現金がない場合でも、クレジットカードの利用限度額の範囲内であれば、希望する金額の寄付を行うことができます。

ただし、利用限度額を超えるとクレジットカードが利用できなくなるため、事前に利用可能枠を確認しておくことが大切です。

必要に応じて、カード会社に利用限度額の増額を依頼することも検討しましょう。

クレジットカードを活用することで、ふるさと納税の幅が広がり、より魅力的な返礼品を選ぶことができるでしょう。

また、高額なふるさと納税をクレジットカード払いにすることで、多くのポイントやマイルを獲得できるのも大きな魅力です。年間利用額が200万円以上の方は、ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶことで、さらにお得にふるさと納税を行えます。

ふるさと納税は何故クレジットカード払いでできるのか?仕組みについて解説

ふるさと納税は、自治体への寄付金であるため、本来は現金書留や銀行振込などの方法で支払うのが一般的です。

しかし近年、多くの自治体がクレジットカード払いにも対応するようになりました。

ふるさと納税をクレジットカード払いできる理由は、自治体側がクレジットカード会社と提携し、決済代行サービスを導入しているからです。

自治体は、クレジットカード会社に一定の手数料を支払うことで、寄付者からクレジットカードで寄付金を受け取ることができるようになります。

クレジットカード会社にとっても、ふるさと納税の決済を扱うことで、取扱高の増加や加盟店手数料の収入増加につながるメリットがあります。

また、寄付者にとっては、クレジットカード払いの方が手軽で利便性が高いというメリットがあります。

このように、ふるさと納税のクレジットカード払いは、自治体、クレジットカード会社、寄付者の三者にとってメリットのある仕組みといえます。

ふるさと納税のクレジットカード払いに関するよくある質問

ふるさと納税のクレジットカード払いに関するよくある質問は、主に以下の内容が挙げられます。

ふるさと納税のクレジットカード払いに関するよくある質問
  • 12月にふるさと納税をクレジットカード払いで行いました。こちらは間に合いますか?
  • ふるさと納税をクレジットカードで支払った際の引き落とし日はいつでしょうか?
  • クレジットカード払い以外だと、どれほどの手数料がかかるのでしょうか?
  • 三井住友カード プラチナプリファードでふるさと納税を行うとポイント還元率は何%になりますか?
  • 楽天市場のふるさと納税は分割払いに対応していますか?
  • 楽天市場のふるさと納税で三井住友カード決済をした際、ポイント還元率は何&ですか?
  • 楽天市場でふるさと納税を行った場合、決済日はいつになりますか?

それぞれ詳しく解説していきます。

12月にふるさと納税をクレジットカード払いで行いました。こちらは間に合いますか?

ふるさと納税の申込期限は12月31日23時59分までです。

クレジットカード払いの場合、12月31日中に寄附のお申し込みが完了していれば、決済処理の完了が翌年1月1日0時以降になっても、その年のふるさと納税として認められます

ただし、年末は駆け込み需要で手続きに時間がかかる可能性があるので注意が必要です。

自治体によっては年内の寄付の受付を早めに締め切ってしまうこともあります。せっかく年内に申込をしても、今年の寄付として受け付けてもらえないかもしれません。

そのため、12月中でもふるさと納税の申請は早めに済ませることをおすすめします

クレジットカード決済なら申込から入金までを年内に完了させられるので、間に合わせるのに適しています。

年末ギリギリよりも、時間に余裕をもって手続きを行うのが賢明でしょう。

ふるさと納税をクレジットカードで支払った際の引き落とし日はいつでしょうか?

ふるさと納税をクレジットカードで支払った場合、引き落とし日はカード会社によって異なります。

一般的には、ふるさと納税の申込みを行った月の翌月または翌々月の指定された日に引き落としが行われます

例えば、VISAカードやMasterCardの場合、ふるさと納税の申込みを行った月の翌月15日または翌々月15日に引き落としが行われることが多いです。

一方、JCBカードの場合は、申込みを行った月の翌月10日または翌々月10日に引き落としが行われる傾向にあります。

ただし、これらはあくまでも一般的な傾向であり、実際の引き落とし日はカード会社や利用者の契約内容によって異なる場合があります。

また、ふるさと納税の申込みを行ったタイミングによっては、引き落とし日が通常とは異なる場合もあります。確実な引き落とし日を知りたい場合は、利用しているクレジットカード会社に直接問い合わせることをおすすめします。

クレジットカード払い以外だと、どれほどの手数料がかかるのでしょうか?

ふるさと納税の支払い方法には、クレジットカード払い以外にも銀行振込、郵便振替、コンビニ払い、現金書留などがあります。

銀行振込の場合、振込手数料は金融機関によって異なりますが、一般的に数百円程度かかります。

複数の自治体にふるさと納税を行う場合、その都度手数料が発生するため、合計すると数千円になることもあるでしょう。

郵便振替は基本的に手数料無料ですが、現金書留の場合は送料がかかります

コンビニ払いやPay-easyなどのマルチペイメントサービスは、手数料無料のところが多いようです

一方、クレジットカード払いなら、ほとんどの場合手数料は無料です。

カード会社が手数料を負担しているため、利用者が手数料を支払う必要はありません。

したがって、ふるさと納税を複数の自治体に行う予定がある場合や、高額の寄附を考えている場合は、クレジットカード払いを選ぶことで手数料を節約できるでしょう。

支払い方法によって手数料が異なることを理解し、自分に合った方法を選ぶことが賢明です。

三井住友カード プラチナプリファードでふるさと納税を行うとポイント還元率は何%になりますか?

三井住友カード プラチナプリファードを使って、さとふるのふるさと納税を行うと、通常の1%に加えて4%のボーナスポイントが付与されます。

つまり、合計で5%のポイント還元率となります。

楽天市場のふるさと納税は分割払いに対応していますか?

楽天市場のふるさと納税では、基本的にクレジットカードの分割払いには対応していません。

楽天ふるさと納税の支払い方法は、原則として一括払いのみとなっています。

これは、ふるさと納税が自治体への寄付であり、寄付金控除の対象となるためです。分割払いを利用すると、実際の支払いが翌年以降にずれ込むため、税法上の扱いが複雑になってしまいます。

ただし、クレジットカード会社が提供している「あとからリボ」や「あとから分割」などのサービスを利用すれば、実質的に分割払いと同様の支払いが可能です。

これらのサービスは、一旦一括払いで決済した後に、クレジットカード会社側で分割払いに変更するものです。

このように、楽天ふるさと納税で直接分割払いを選択することはできませんが、クレジットカード会社の独自サービスを活用することで、分割払いに近い形で寄付することが可能です。

楽天市場でふるさと納税を行った場合、決済日はいつになりますか?

楽天市場でふるさと納税を行う場合、クレジットカードの決済日は寄付の申込日ではなく、クレジットカード会社への売上請求日となります

通常、申込日の2~3日後に売上請求が行われ、その日が正式な決済日となります

ただし、年末の駆け込み寄付の場合は注意が必要です。

12月31日までに申込みをしても、実際の決済が翌年1月になってしまうと、その年の寄付とは認められません。

年内の寄付にしたい場合は、クレジットカード会社の締め日を考慮し、余裕を持って申し込むことをおすすめします。

まとめ

ふるさと納税をクレジットカード払いにすると、様々なメリットがあります。

手数料無料で簡単に支払いができ、24時間いつでも納税可能です。さらに、クレジットカードのポイントやマイルも貯まります

ただし、ふるさと納税の控除を受けるためには、必ず寄附者本人名義のクレジットカードで決済する必要があります。家族カードは利用できる場合もありますが、他人名義のカードは不可です。

また、自治体によってはクレジットカード払いに対応していないケースもあるため、事前の確認が大切です。

ふるさと納税の魅力を最大限に活かすためにも、還元率の高いクレジットカードを上手に使って、お得にふるさと納税を行いましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次