JALカードおすすめ人気12券種を比較!マイル還元率や年会費などお得なカードを徹底解説

JALカードおすすめ人気12券種を比較!マイル還元率や年会費などお得なカードを徹底解説のアイキャッチ

JALカードは、JALマイルが貯まりやすいことで知られていますが、券種によってマイル還元率や年会費、付帯する特典が大きく異なります。そのため、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが重要です。

本記事では、JALカードの中でも特におすすめの12券種を取り上げ、それぞれのカードのマイル還元率、年会費、特典を詳しく解説していきます

JALカードの選び方のポイントも併せてお伝えするので、自分に最適なカードが必ず見つかるはずです。

マイルを効率的に貯めて、お得に旅行やショッピングを楽しみたい方は、ぜひ最後までご覧ください。きっとお気に入りのJALカードが見つかります。

クレジットカード編集部

まだ、JALカード以外のクレジットカードを検討したことが無い方は、発券後に「もっとお得なカードがあった・・・」と後悔しないためにも、ふるさと本舗が厳選したマイルが貯まりやすいオススメのクレジットカードをご覧ください。

目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

JALカード7つの選び方

JALカードの選び方には、主に以下の点が挙げられます。

JALカードの選び方
  • 年会費
  • 基本還元率
  • 入会・更新時のボーナスマイル
  • JAL搭乗時のボーナスフライトマイル
  • 付帯している旅行保険の充実度
  • 旅行やショッピングなどの特典
  • 対応している国際ブランド

それぞれ詳しく解説していきます。

年会費

JALカードの年会費は、カードの種類によって異なります。一番基本的な普通カードの場合、初年度は無料で、2年目以降は本会員2,200円(税込)、家族会員1,100円(税込)となります。

より上位のランクであるCLUB-Aカードは年会費11,000円(税込)、CLUB-Aゴールドカードは17,600円(税込)と、サービス内容に応じて年会費は高くなっていきます。最上位のプラチナカードになると、年会費は34,100円(税込)にまで上がります。

JALカードの年会費は他のクレジットカードと比較すると決して安くはありませんが、マイルが貯まりやすいことを考えると、JALを頻繁に利用する人にとってはメリットが大きいカードだと言えます。

また、JALカード会員限定の特典として、貯めたマイルを年会費の支払いに充当できる「マイルで年会費」というサービスもあります。マイルをJALカードポイントに交換することで、年会費のお支払いに自動的に充当されるので、実質的に年会費の負担を軽減することができます。

普段からJALを利用してマイルを貯めている人なら、年会費の元は十分に取れるでしょう。

クレジットカード編集部

JALカードはゴールドやプラチナ等の上位カードになればなるほど、フライト時のボーナスマイルや通常の還元率等がアップする傾向にあります。

一方でどれが一番お得かはJALの利用頻度や年間利用額によって異なるため、一概に「これが一番お得」とは言い切りません。

後ほど、タイプ別におすすめのカードをご紹介します。

基本還元率

JALカードの基本還元率は、カードの種類によって異なります。

一般的な普通カードやCLUB-Aカードの場合、ショッピングマイルの還元率は200円につき1マイル(0.5%)となっています。

一方、上位カードであるCLUB-Aゴールドカードやプラチナカードは、入会時から100円につき1マイル(1.0%)の還元率が適用されます。JALカードの中でも、普通カードは年会費が2,200円(税込)と比較的リーズナブルなため、まずはこのカードで様子を見るのもおすすめです。

ショッピングマイル・プレミアムの有無でポイント還元率が倍変わる

JALカードのポイント還元率は、ショッピングマイル・プレミアムへの加入有無で大きく変わります。普通カードやCLUB-Aカードの場合、ショッピングマイル・プレミアムに加入していない状態では、200円につき1マイル(0.5%)の還元率となります。

しかし、年会費3,300円(税込)のショッピングマイル・プレミアムに加入することで、還元率は100円につき1マイル(1.0%)に倍増します。つまり、ショッピングマイル・プレミアムへの加入は、マイルを効率的に貯めるために非常に重要な選択肢だと言えます。

年間のカード利用額が多い方であれば、ショッピングマイル・プレミアムへの加入でマイルを多く貯められるメリットが年会費を上回る可能性が高いです。

一方、カードの利用頻度が低い方にとっては、ショッピングマイル・プレミアムの年会費が負担になる場合もあります。自分のカード利用額を把握した上で、ショッピングマイル・プレミアムへの加入がお得になるかどうかを判断することが賢明です。

クレジットカード編集部

年会費が3,300円で0.5%のマイル還元率アップですから、年間660,000円以上のカード決済をされる方はショッピングマイル・プレミアムに入会した方がお得でしょう。

特約店利用時のポイント還元率もカードによって異なる

JALカードの特約店でのポイント還元率は、カードの種類によって異なります

特約店利用時のポイント還元率もカードによって異なる
カードの種類JALグループ特約店での還元率JAL CARD特約店での還元率
普通カード1.0%0.5%
CLUB-Aカード1.5%1.0%
CLUB-Aゴールドカード2.0%1.5%
プラチナカード2.0%1.5%

特にJALグループ特約店には、JALショッピング、JALカード特約店、JALパック、JALホテルズなど、旅行に関連する多くの店舗が含まれています。これらの特約店をよく利用する方にとって、JALカードは非常にお得なカードだと言えるでしょう。

クレジットカード編集部

JALの空港エリアでよく買い物をされる方はチェックしておきたいポイントですね。

入会・更新時のボーナスマイル

JALカードの入会・更新時には、ボーナスマイルがプレゼントされます。これは、カードの種類によって異なるので、マイルを効率的に貯めたい方は注目すべきポイントです。

入会・更新時のボーナスマイル
カードの種類入会時のボーナスマイル更新時のボーナスマイル
普通カード1,000500
CLUB-Aカード2,0001,000
CLUB-Aゴールドカード5,0002,000
プラチナカード10,0005,000

これらのボーナスマイルは、入会・更新後の最初のカード利用で付与されるので、すぐにマイルを貯め始めることができます。特に、CLUB-Aゴールドカードやプラチナカードの入会ボーナスは非常に魅力的で、入会初年度からマイルを大量に貯められるでしょう。

JAL搭乗時のボーナスフライトマイル

JALカードを利用してJAL便に搭乗すると、通常のフライトマイルに加えて、ボーナスフライトマイルが付与されます。このボーナスマイルは、カードの種類によって異なります

JAL搭乗時のボーナスフライトマイル
カードの種類JAL国内線搭乗時のボーナスマイル率JAL国際線搭乗時のボーナスマイル率
普通カード10%5%
CLUB-Aカード10%5%
CLUB-Aゴールドカード25%15%
プラチナカード50%25%

これらのボーナスフライトマイルは、JALカードを利用して航空券を購入した場合に限り付与されます。

また、普通運賃、個人包括旅行運賃、JAL国内ツアー運賃、JALパック等の対象運賃で搭乗した場合に限ります。JALを頻繁に利用する方にとって、搭乗時のボーナスマイルは非常に魅力的です。

特に、CLUB-Aゴールドカードやプラチナカードのボーナスマイル率は高く、JALでの移動が多い方はこれらのカードを検討すると良いでしょう。

付帯している旅行保険の充実度

JALカードには、旅行先でのトラブルに備える旅行保険が付帯しています。カードの種類によって、保険の内容と補償金額が異なるので、自分のニーズに合った保険が付いているカードを選ぶことが大切です。

付帯している旅行保険の充実度
スクロールできます
カードの種類国内旅行傷害保険_死亡・後遺障害国内旅行傷害保険_入院国内旅行傷害保険_通院海外旅行傷害保険_死亡・後遺障害海外旅行傷害保険_傷害治療費用
普通カード1,000万円日額5,000円日額3,000円2,000万円最高100万円
CLUB-Aカード1,000万円日額5,000円日額3,000円2,000万円最高100万円
CLUB-Aゴールドカード3,000万円日額5,000円日額3,000円5,000万円最高300万円
プラチナカード5,000万円日額5,000円日額3,000円1億円最高500万円

また、CLUB-Aゴールドカードとプラチナカードには、海外旅行航空便遅延費用保険や航空機寄託手荷物保険など、より充実した旅行関連の保険が付いています。

旅行先でのトラブルに備えるために、旅行保険の内容は重要な選択基準の一つです。特に、海外旅行が多い方や、より手厚い補償を求める方は、CLUB-Aゴールドカードやプラチナカードを検討すると良いでしょう。

旅行やショッピングなどの特典

JALカードには、旅行やショッピングに関連した様々な特典が用意されています。これらの特典は、カードの種類によって異なるので、自分のライフスタイルに合った特典が付いているカードを選ぶことが重要です。

旅行やショッピングなどの特典
カードの種類特典おすすめする人のタイプ
普通カードJALカード特約店での優待、JALショッピングのマイル付与率アップ、JALパックやJALホテルズ利用でマイル貯蓄旅行好きな方
CLUB-AカードJALカード特約店での優待、JALショッピングのマイル付与率アップ、JALパックやJALホテルズ利用でマイル貯蓄旅行好きな方
CLUB-Aゴールドカード国内・海外の主要空港ラウンジ利用、JALホテルズでの優待料金、レンタカー利用時の割引より快適な旅行を求める上級旅行者
プラチナカード空港ラウンジ無料利用グレードアップ、JALホテルズでの優待料金・レンタカー割引率アップ、高級レストラン優待、プレミアムショッピング体験ラグジュアリーな特典を求める上級旅行者・ショッピングを楽しむ方

特に、頻繁に旅行する方や、空港ラウンジを利用したい方は、CLUB-Aゴールドカードやプラチナカードを検討すると良いでしょう。

対応している国際ブランド

JALカードは、VISA、Mastercard、JCB、American Expressの4つの国際ブランドに対応しています。これらの国際ブランドは、世界中で幅広く利用されているので、海外旅行や海外でのショッピングの際に便利です。

対応している国際ブランド
カードの種類対応カードブランド
普通カードVISA, Mastercard
CLUB-AカードVISA, Mastercard
CLUB-AゴールドカードVISA, Mastercard, JCB
プラチナカードVISA, Mastercard , American Express

JCBは、日本発祥の国際ブランドで、アジア地域での利用に強みがあります。American Expressは、高級ホテルやレストランでの優待サービスが充実しているので、ラグジュアリーな旅行を好む方におすすめです。

基本的にはVISAかMastercardを選べば間違いない

JALカードを選ぶ際、対応している国際ブランドは重要な選択基準の一つです。

JALカードは、VISA、Mastercard、JCB、American Expressの4つの国際ブランドに対応していますが、基本的にはVISAかMastercardを選べば間違いありません。

VISAとMastercardは、世界中で最も広く利用されている国際ブランドです。200以上の国と地域で利用可能で、オンラインショッピングでも幅広く対応しています。特に、欧米諸国での利用率が高く、海外旅行先でのホテルやレストラン、ショッピングなどで便利に使えます。

また、VISAとMastercardは、JALカードの全ラインナップで選択可能です。普通カードからプラチナカードまで、自分のニーズに合ったカードを選びつつ、これらの国際ブランドを利用できるのは大きなメリットだと言えます。

JALカードを選ぶ際は、マイルの貯まりやすさや付帯サービスなども重要ですが、海外での利用を考えると、VISAかMastercardを選ぶのが無難でしょう。

これらの国際ブランドを上手に活用して、快適な海外旅行やショッピングを楽しみましょう。

アメックスブランドはプラチナカードのみ

JALカードの国際ブランドの選択肢の中で、アメリカン・エキスプレス(アメックス)は特別な存在です。

アメックスブランドのJALカードは、最上位のプラチナカードのみで提供されています。アメックスのカードは、高級ホテルやレストランでの優待サービスが充実しており、ラグジュアリーな旅行を好む方に人気です。

JALアメックスプラチナカードは、JALカードの中でも最高位のカードで、年会費は34,100円(税込)と高額ですが、その分、特典やサービスも充実しています。空港ラウンジの無料利用や、JALホテルズでの優待料金、レンタカー利用時の割引など、上質な旅行体験を提供します。

また、アメックスの「グローバルダイニングコレクション」や「ファインホテル&リゾートプログラム」など、世界中の一流レストランやホテルでの特別な優待も受けられます。

ただし、アメックスの加盟店は、VISAやMastercardと比べると限定的な場合があります。特に、日本国内では、中小規模の店舗でアメックスが使えないことがあるので注意が必要です。海外旅行先でのアメックスの利用は、欧米諸国を中心に広く受け入れられていますが、アジア地域では利用できない店舗もあります。

JALアメックスプラチナカードは、ラグジュアリーな旅行体験を求める方や、高いステータスを重視する方におすすめのカードです。

陸マイラーの方は「JALカード TOKYU POINT ClubQ」一択

JALマイルを貯めるために、飛行機に乗らずにクレジットカードを利用する「陸マイラー」の方には、「JALカード TOKYU POINT ClubQ」が最適なカードだと言えます。

JALカード TOKYU POINT ClubQは、JALマイルとTOKYU POINTの両方が貯まるユニークなカードです。通常のショッピングでは、200円につき1JALマイルが貯まりますが、東急グループ各社での利用では、100円につき1JALマイルと2TOKYU POINTが同時に貯まります。

また、JALカード特約店での利用では、100円につき1JALマイルが貯まるので、JALマイルを効率的に貯められます。

さらに、提携先のネットショッピングモールを利用すると、最大10JALマイルが貯まるなど、陸マイラーにとって魅力的な特典が満載です。

JALカード TOKYU POINT ClubQの年会費は、本会員が5,500円(税込)、家族会員が1,100円(税込)と、他のJALカードと比べてやや高めですが、JALマイルとTOKYU POINTのダブル取りができるメリットは大きいです。

特に、東京近郊にお住まいの方や、東急グループ各社をよく利用する方にとって、JALカード TOKYU POINT ClubQは非常にお得なカードだと言えます。東急百貨店やTOKYU HANDS、東急ホテルズなどで貯まったTOKYU POINTは、JALマイルに交換することもできます。

JALカードおすすめ人気12券種を徹底比較

本章ではJALカードのおすすめ人気12券種を徹底比較し、ご紹介いたします。

スクロールできます
券種詳細年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法

JALカード
普通カード
詳細を見る2,200円(初年度無料)18歳以上0.50%~1.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカードSuica
詳細を見る2,200円(初年度無料)18歳以上
学生可
0.50%~1.00%JALマイルJCB通常4週間国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカード navi
(学生専用)
詳細を見る無料
※卒業後は普通カードに
自動的に切り替わります。
18歳以上~29歳以下
※学生専用
※大学院、大学、短大、専門学校、
高専4・5年生の方
1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~30万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカード
CLUB-Aカード
詳細を見る11,000円18歳以上(高校生を除く)
日本に生活基盤があり
日本国内で支払いが可能な方
JALマイル0.50%~1.00%VISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカードSuica
CLUB-Aカード
詳細を見る11,000円18歳以上0.50%~1.00%JALマイルJCB通常4週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカード CLUB-A
ゴールドカード
詳細を見る17,600円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間50万円~200万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカード プラチナ
詳細を見る34,100円20歳以上(学生を除く)
本人に安定した継続収入のある方
日本に生活基盤があり
日本国内での支払いが可能な方
1.00%~2.00%JALマイルJCB通常4週間通常4週間

JAL アメリカン・
エキスプレス・カード プラチナ
詳細を見る34,100円20歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~2.00%JALマイルAMEX / 銀聯(UnionPay)通常4週間50万円~500万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカード TOKYU POINT ClubQ
詳細を見る2,200円(初年度無料)18歳以上0.50%~1.00%JALマイルVISA / Mastercard通常4週間国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JALカード OPクレジット
詳細を見る2,200円(初年度無料)18歳以上0.50%~1.00%JALマイルJCB通常4週間国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JAL法人カード
(普通カード)
詳細を見る2,200円法人の代表者または個人事業主0.40%~0.80%DCハッピープレゼントポイントVISA / Mastercard国内:1回払い
海外:1回払い

JAL法人カード
(CLUB-Aカード)
詳細を見る11,000円法人の代表者または個人事業主0.40%~0.80%DCハッピープレゼントポイントVISA / Mastercard国内:1回払い
海外:1回払い
クレジットカードのおすすめランキング根拠

当記事では以下12種の評価項目を基に、国内で発行されている主要なクレジットカード300枚以上を徹底比較し、厳正に審査した上で紹介しております。

評価項目一覧
  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 発行スピード
  • 国際ブランド
  • 付帯特典
  • 付帯保険
  • セキュリティ
  • 家族カード
  • ETCカード
  • 電子マネー機能
  • スマホ決済
  • 申込資格

以上の項目でおすすめランキングを作成するにあたり使用するのは、以下の情報です。

第三者機関の情報だけでなく、利用者の実際の口コミ・評判も考慮します。場合によっては編集部が実際に利用した上で総合的に評価します。

このような検証プロセスを経て、多くの方に安心しておすすめできるクレジットカードのみを紹介しております。

JALカード 普通カード

JAL JCB普通カード
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 ※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考■ショッピング保険
国際ブランドがJCBの場合のみ購入日から90日間適用(免責:1事故/1万円)

JALカード 普通カードのメリット・デメリット

メリット
  • 審査基準が優しめで誰でも取得しやすい
  • JALマイルが0.5%の還元率で貯められる
デメリット
  • ゴールドカードなどの上位カードに比べ特典が少ない
  • マイルの還元率が他のJALカードより低い

JALカード 普通カードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大2,500マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に5万円以上利用で500マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会&5万円以上利用で500マイルもらえる
  • 通常ショッピングマイル5万円利用で500マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスで1000マイルもらえる

※2024年7月06日時点での情報
※参考 : JALカード 新規入会キャンペーン

JALカード 普通カードの特徴

JALカードの中で最もスタンダードなのが、「JALカード 普通カード」です。年会費は初年度無料で、2年目以降は本会員2,200円(税込)、家族会員1,100円(税込)とリーズナブルな設定になっています。

JALカード 普通カードの最大の魅力は、JALマイルが貯めやすいことです。JALグループ便の利用では、搭乗マイルに加えて、区間基本マイレージの10%のボーナスマイルが貯まります

また、JALカード特約店での利用では200円につき1マイル、JALグループ特約店では100円につき1マイルが貯まるので、日常的な利用でもマイルを着実に増やせます。

さらに、入会時には1,000マイル、継続時には500マイルのボーナスマイルが付与されるので、マイルの貯まるペースが加速します。JALカード 普通カードには、国内・海外旅行傷害保険も付帯しているので、旅行先でのトラブルにも備えられます。

また、JALグループのサービスを利用する際には、提示するだけで様々な優待が受けられるのも嬉しいポイントです。年会費とサービス内容のバランスが良いJALカード 普通カードで、JALマイルを賢く貯めて、お得に旅行を楽しみましょう。

JALカードSuica

JALカードSuica
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
学生可
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーSuica
電子マネーチャージQUICPay利用 / Suica
スマホ決済
ETCカード年会費:524円
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額10,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考

JALカードSuicaのメリット・デメリット

メリット
  • JALマイルとJRE POINTの2種類のポイントが貯まる
  • 入会特典で最大3,000マイル相当のポイントがもらえる
  • フライトやショッピングでマイルが効率的に貯まる
デメリット
  • 年会費が2年目以降は2,200円(税込)かかる
  • クレジットカードに比べるとショッピングの還元率は低め
  • マイルとポイントの二重取りはできない

JALカードSuicaのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大2,500マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に5万円以上利用で500マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会&5万円以上利用で500マイルもらえる
  • 通常ショッピングマイル5万円利用で500マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスで1000マイルもらえる

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカードSuica入会キャンペーン

JALカードSuicaの特徴

JALカードSuicaは、JALマイルが貯まるクレジットカード機能とSuicaの機能が一体となった便利なカードです。JALカードSuicaを使えば、フライトやショッピングでマイルが貯まるだけでなく、Suicaとしても利用できるため、交通費の支払いにも使えます。

JALカードSuicaのメリットは、何といってもマイルの貯まりやすさです。JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの10%のボーナスマイルが付与されます。また、ショッピングでは200円につき1マイルが貯まり、JALカード特約店なら2倍の200円につき2マイルが貯まります。

さらに、JALカードSuicaなら、Suicaへのチャージや、きっぷ・定期券の購入でもJRE POINTが貯まります。貯まったJRE POINTは、JALマイルに交換することも可能です。

JALカードSuicaには、国内・海外旅行傷害保険も自動付帯しているので、旅行先でのトラブルにも備えられます。年会費は初年度無料、2年目以降は2,200円(税込)とリーズナブルな設定になっています。

JALマイルが貯まる上に、Suicaとしても使える利便性の高さが魅力のJALカードSuica。飛行機と電車をよく利用する人におすすめのカードです。

JALカード navi(学生専用)

JALカード navi(学生専用)
年会費無料
※卒業後は普通カードに自動的に切り替わります。
申し込み資格18歳以上~29歳以下
※学生専用
※大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生の方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~30万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療50万円(自動付帯:50万円)
疾病治療50万円(自動付帯:50万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額10,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円
備考

JALカード naviのメリット・デメリット

メリット
  • 在学中は年会費が無料で利用できる
  • 通常のJALカードの2倍のペースでマイルが貯まる
  • 在学中はマイルの有効期限が無期限になる
デメリット
  • 18歳以上30歳未満の学生のみが対象となる
  • 利用可能枠が10万~30万円と比較的低め
  • 同じブランドで複数枚の発行はできない可能性がある

JALカード naviのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大4,000マイルプレゼント
  • 入会特典で2,000マイルプレゼント
  • 卒業後に継続で2,000マイルプレゼント
  • JALカード指定の語学検定合格で500マイルプレゼント

※2024年7月06日時点での情報
※参考 : 【学生限定】JALカード navi 新規入会キャンペーン

JALカード naviの特徴

学生の方におすすめなのが、学生専用のクレジットカード「JALカード navi」です。JALカード naviは、18歳以上の学生なら、パート・アルバイト収入がなくても申し込むことができ、年会費は永年無料となっています。

JALカード naviの最大の魅力は、学生でもJALマイルが貯められることです。JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの10%のボーナスマイルが付与されます。

また、ショッピングでは200円につき1マイルが貯まり、JALカード特約店なら2倍の200円につき2マイルが貯まります。

さらに、JALカード naviには、入会時・継続時のボーナスマイルがあり、入会時には1,000マイル、継続時には500マイルが付与されます。これらのボーナスマイルを活用すれば、学生のうちからJALマイルを効率的に貯めることができます。

JALカード naviには、国内・海外旅行傷害保険も自動付帯しているので、学生の旅行先でのトラブルにも備えられます。

また、JALグループのサービスを利用する際には、提示するだけで様々な優待が受けられるのも嬉しいポイントです。ただし、JALカード naviには、空港ラウンジの利用や、旅行先でのサービスなど、上位カードにある特典の一部が含まれていません。

学生のうちからJALマイルを貯めて、お得に旅行を楽しみたい方には、JALカード naviがおすすめです。

JALカード CLUB-Aカード

JALカード CLUB-Aカード
年会費11,000円
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
日本に生活基盤があり日本国内で支払いが可能な方
ポイント還元率JALマイル
ポイント名0.50%~1.00%
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:3,850円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 ※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用400万円(自動付帯:400万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考■ショッピング保険
国際ブランドがJCBの場合のみ購入日から90日間適用(免責:1事故/1万円)
おすすめポイント・特徴
  • 旅行時の特典が多く旅行をする方にオススメ
  • ショッピングでマイルが貯まりやすい
  • 空港店舗・免税店・機内サービスで優待割引がある

JALカード CLUB-Aカードのメリット・デメリット

メリット
  • フライトマイルの25%がボーナスマイルとして加算される
  • 年1回の海外旅行などによく利用する人におすすめ
  • 最高5,000万円の海外旅行・国内旅行傷害保険が付帯
デメリット
  • 年会費が11,000円とやや高め
  • ショッピングマイルの還元率が200円で1マイルと低い
  • 空港ラウンジサービスなどの上位カードの特典はない

JALカード CLUB-Aカードのキャンペーン情報

キャンペーン

【本キャンペーンは終了しています】

  • 新規入会&条件達成で最大14,500マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に60万円以上利用で3,000マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に5万円以上利用で500マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会&5万円以上利用で6,000マイルもらえる
  • 上記の利用金額によるショッピングマイルで500マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスで5,000マイルもらえる

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカード 新規入会キャンペーン

JALカード CLUB-Aカードの特徴

JALカードの中でワンランク上の特典とサービスを求める方におすすめなのが、「JALカード CLUB-Aカード」です。CLUB-Aカードは、JALカードの中では中級グレードに位置づけられ、年会費は11,000円(税込)となっています。

CLUB-Aカードの最大の魅力は、JALマイルが貯まりやすいことに加えて、空港ラウンジサービスが付帯していることです。また、海外ではワンワールドラウンジが利用可能で、海外旅行先でも充実したサービスを受けられます。

JALマイルの貯まり方は、JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの10%のボーナスマイルが付与されます。

また、ショッピングでは200円につき1マイルが貯まり、JALカード特約店なら100円につき1.5マイル、JALグループ特約店なら100円につき1マイルと、普通カードよりもマイルが貯まりやすくなっています。

さらに、CLUB-Aカードには、入会時・継続時のボーナスマイルがあり、入会時には2,000マイル、継続時には1,000マイルが付与されます。マイルの貯まるペースが加速するので、JALマイルを効率的に貯められます。

CLUB-Aカードには、国内・海外旅行傷害保険も付帯しており、補償内容も普通カードよりも手厚くなっています。年会費は普通カードよりも高くなりますが、空港ラウンジサービスや、マイルの貯まりやすさ、充実した特典を考えると、JALを頻繁に利用する方にはお得なカードだと言えます。

JALカードSuica CLUB-Aカード

JALカードSuica CLUB-Aカード
年会費11,000円
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーSuica
電子マネーチャージSuica
スマホ決済
ETCカード年会費:524円
※発行手数料524円
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考■ショッピング保険
購入日から90日間適用(免責:1事故/1万円)

JALカードSuica CLUB-Aカードのメリット・デメリット

メリット
  • マイル還元率が最大2%と高い
  • 国内外の旅行保険が充実している
  • 国内の空港店舗や免税店で割引が受けられる
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)とやや高め
  • Suica定期券として使えない
  • 家族カードがない

JALカードSuica CLUB-Aカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大14,500マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に60万円以上利用で3,000マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に5万円以上利用で500マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会&5万円以上利用で6,000マイルもらえる
  • 上記の利用金額によるショッピングマイルで500マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスで5,000マイルもらえる

※2024年7月06日時点での情報
※参考 : JALカードSuica入会キャンペーン

JALカードSuica CLUB-Aカードの特徴

JALカードSuica CLUB-Aカードは、JALマイルが貯まるクレジットカード機能とSuicaの機能に加えて、CLUB-Aカードの特典も備えた、まさに欲張りなカードです。

年会費は11,000円(税込)と、普通カードよりも高くなりますが、その分、サービスも充実しています。

JALカードSuica CLUB-Aカードの最大の魅力は、JALマイルの貯まりやすさです。JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの10%のボーナスマイルが付与されます。

また、ショッピングでは200円につき1マイルが貯まり、JALカード特約店なら100円につき1.5マイル、JALグループ特約店なら100円につき1マイルと、普通カードよりもマイルが貯まりやすくなっています。

さらに、JALカードSuica CLUB-Aカードなら、Suicaへのチャージや、きっぷ・定期券の購入でもJRE POINTが貯まります。貯まったJRE POINTは、JALマイルに交換することも可能です。

加えて、CLUB-Aカードの特典として、国内主要空港のJALラウンジが利用でき、快適な空の旅を楽しめます。海外ではワンワールドラウンジが利用可能で、海外旅行先でも充実したサービスを受けられます。

JALカードSuica CLUB-Aカードには、国内・海外旅行傷害保険も付帯しており、補償内容もCLUB-Aカードと同等の手厚さです。飛行機と電車をよく利用し、かつJALマイルを効率的に貯めたい人におすすめのカードです。

JALカード CLUB-Aゴールドカード

JALカード CLUB-Aゴールドカード
年会費17,600円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠50万円~200万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay、楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:8,800円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 ※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用150万円(自動付帯:150万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額3,000円(自動付帯:3,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考海外航空便遅延お見舞金制度:24,000円
JALカードゴルファー保険(賠償責任:1億円、傷害死亡:300万円)
おすすめポイント・特徴
  • マイルが大幅に貰えるのでより効率よくマイルを貯められる
  • 海外旅行・国内旅行傷害保険が自動付帯
  • ビジネスクラスチェックインカウンターが利用可能

JALカード CLUB-Aゴールドカードのメリット・デメリット

メリット
  • フライトマイルに25%のボーナスマイルが付与される
  • ショッピングマイル・プレミアムに無料で加入でき、100円で1マイル貯まる
  • 国内外の空港ラウンジが利用できる
デメリット
  • 年会費が17,600円と高額である
  • 一般カードと比べてマイル還元率は変わらない
  • プラチナカードほどの特典は付帯していない

JALカード CLUB-Aゴールドカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大30,000マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に120万円以上利用で12,500マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に60万円以上利用で6,000マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に5万円以上利用で500マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会&5万円以上利用で12,000マイルもらえる
  • 上記の利用金額によるショッピングマイルで500マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスで5,000マイルもらえる

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカード 新規入会キャンペーン

JALカード CLUB-Aゴールドカードの特徴

JALカード CLUB-Aゴールドカードは、JALカードの中でもワンランク上の特典とサービスが受けられる、プレミアムなカードです。

年会費は17,600円(税込)と高めですが、その分、JALマイルが貯まりやすく、空港ラウンジサービスなど、充実した特典が魅力です。

JALカード CLUB-Aゴールドカードの最大の特徴は、JALマイルの貯まりやすさです。JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの25%のボーナスマイルが付与されます。

また、ショッピングでは100円につき1マイルが貯まり、ショッピングマイル・プレミアムが自動的に付帯するので、お買い物でもマイルが2倍貯まります。

さらに、JALカード CLUB-Aゴールドカードなら、国内・海外の主要空港ラウンジが利用でき、快適な空の旅を楽しめます。

また、手厚い海外・国内旅行傷害保険が付帯しているほか、JALグループ以外の提携先でも優待サービスを受けられるなど、ゴールドカードならではの特典が充実しています。

JALカード プラチナ

JALカード プラチナ
年会費34,100円
申し込み資格20歳以上(学生を除く)
本人に安定した継続収入のある方
日本に生活基盤があり日本国内での支払いが可能な方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法通常4週間
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:17,050円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考海外航空便遅延お見舞金制度:30,000円
JALカードゴルファー保険(賠償責任:1億円、傷害死亡:300万円、傷害後遺障害:9万円~300万円、入院日額:4,500円、通院日額:3,000円)
おすすめポイント・特徴
  • 空港ラウンジが利用可能なプライオリティパスが無料で利用できる
  • 旅行に便利なプラチナ・コンシェルジュサービスが利用可能
  • JALのサービスがお得に利用可能
  • JALマイルが貯まりやすい

JALカード プラチナのメリット・デメリット

メリット
  • 世界中の空港ラウンジが無料で利用可能
  • ショッピングマイルが100円=1マイル貯まる高還元率
  • JALグループ便の航空券購入で割引特典あり
デメリット
  • 年会費が34,100円と高額
  • 発行にはかなり厳しい審査基準がある
  • JALマイルへの交換レートが他カードより劣る

JALカード プラチナのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大32,000マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に120万円以上利用で14,500マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に60万円以上利用で8,000マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に5万円以上利用で500マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会&5万円以上利用で12,000マイルもらえる
  • 上記の利用金額によるショッピングマイルで500マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスで5,000マイルもらえる

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカード 新規入会キャンペーン

JALカード プラチナの特徴

JALカード プラチナは、JALカードの最上位グレードに位置するプレミアムカードです。年会費は34,100円(税込)と高額ですが、その分、JALマイルの貯まりやすさや空港ラウンジサービス、各種優待特典など、ワンランク上の特典とサービスが受けられます。

JALカード プラチナの最大の魅力は、JALマイルの貯まりやすさです。JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの50%のボーナスマイルが付与されます。

また、ショッピングでは100円につき1マイルが貯まり、ショッピングマイル・プレミアムが自動的に付帯するので、お買い物でもマイルが2倍貯まります。

さらに、JALカード プラチナなら、国内・海外の主要空港ラウンジが無料で利用でき、快適な空の旅を楽しめます。手厚い海外・国内旅行傷害保険が付帯しているほか、三越伊勢丹グループでの10%割引など、JALグループ以外の提携先でも手厚い優待サービスを受けられます。

加えて、JALカード プラチナには、プライオリティ・パスが付帯しており、世界中の空港ラウンジを利用できるので、海外旅行先でも快適な時間を過ごせます

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ
年会費34,100円
申し込み資格20歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドAMEX / 銀聯(UnionPay)
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠50万円~500万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:17,050円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任3,000万円(自動付帯:3,000万円)
救援者費用200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額3,000円(自動付帯:3,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考海外航空便遅延お見舞金制度:30,000円
JALカードゴルファー保険(賠償責任:1億円、傷害死亡:300万円、傷害後遺障害:9万円~300万円、入院日額:4,500円、通院日額:3,000円)

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナのメリット・デメリット

メリット
  • 国内外の空港ラウンジが本人と同伴者1名まで無料
  • 最高1億円の手厚い海外・国内旅行傷害保険が付帯
  • JALグループ利用でマイルが最大4倍貯まる
デメリット
  • 年会費が34,100円と高額
  • JALラウンジは利用できない
  • 海外旅行に行かないとメリットを活かしにくい

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナのキャンペーン情報

キャンペーン

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナの特徴

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナは、JALカードとアメリカン・エキスプレスカードの特典を兼ね備えた、最上位グレードのプレミアムカードです。

年会費は34,100円(税込)と高額ですが、その分、JALマイルの貯まりやすさや空港ラウンジサービス、アメリカン・エキスプレスならではの特典など、ワンランク上のサービスが受けられます。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナの最大の魅力は、JALマイルの貯まりやすさです。JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの50%のボーナスマイルが付与されます。

また、ショッピングでは100円につき1マイルが貯まり、ショッピングマイル・プレミアムが自動的に付帯するので、お買い物でもマイルが2倍貯まります。

加えて、アメリカン・エキスプレスならではの特典として、ファイン・ホテル&リゾートプログラムやグローバル・ダイニング・コレクションなど、世界中の高級ホテルやレストランでの優待サービスを受けられます。

年会費は高額ですが、JALとアメリカン・エキスプレスの両方の特典を存分に活用できる方なら、メリットは十分にあると言えるでしょう。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額10,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考

JALカード TOKYU POINT ClubQのメリット・デメリット

メリット
  • JALマイルとTOKYU POINTが同時に貯まる
  • PASMOオートチャージでマイルとポイントが貯まる
  • 国内・海外旅行傷害保険が自動付帯される
デメリット
  • 東急線利用者でないとポイントが貯まりにくい
  • 旅行保険の補償内容が限定的である
  • 東急サービスを利用しない人には恩恵が薄い

JALカード TOKYU POINT ClubQのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 現在はなし

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカード TOKYU POINT ClubQ – JALカードの種類

JALカード TOKYU POINT ClubQの特徴

JALカード TOKYU POINT ClubQは、JALマイルとTOKYU POINTの両方が貯まる、JALと東急のダブルブランドカードです。

JALグループ便の利用やショッピングでJALマイルが貯まる一方、東急グループ各社での利用ではJALマイルとTOKYU POINTの2重取りが可能です。

通常、JALカード TOKYU POINT ClubQでは200円につき1マイルが貯まりますが、年会費4,950円(税込)の「ショッピングマイル・プレミアム」に加入すれば、100円につき1マイルと通常の2倍のマイルを獲得できます。

さらに、イオンやファミリーマートなどのJALカード特約店では、最大4倍のマイルが貯まります

また、JALカード TOKYU POINT ClubQは、PASMOのオートチャージ機能も備えており、チャージ時には0.5%分のTOKYU POINTが付与されます。貯まったマイルとTOKYU POINTは相互に交換することも可能で、利便性に優れています

年会費は初年度無料、2年目以降は2,200円(税込)とリーズナブルな設定で、国内・海外旅行傷害保険も自動付帯しているため、安心して利用できるカードです。

JALとTOKYUの両方のサービスを頻繁に利用する方や、マイルとポイントを効率的に貯めたい方におすすめのカードと言えるでしょう。JALマイルが貯まりやすいので、マイル初心者の方にもおすすめです。

JALカード OPクレジット

JALカード OPクレジット
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / PASMO
スマホ決済Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額10,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考

JALカード OPクレジットのメリット・デメリット

メリット
  • JALマイルと小田急ポイントの二重取りが可能
  • PASMOのオートチャージでもマイルが貯まる
デメリット
  • Apple PayのSuicaチャージではマイルが貯まらない
  • 小田急線の定期券区間はマイル付与の対象外
  • JCBブランドのみで、VISA/Mastercardがない

JALカード OPクレジットのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大2,500マイルもらえる
  • カード入会から2ヶ月以内に5万円以上利用で500マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会&5万円以上利用で500マイルもらえる
  • 通常ショッピングマイル5万円利用で500マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスで1000マイルもらえる

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカード OPクレジット – JALカードの種類

JALカード OPクレジットの特徴

JALカード OPクレジットは、JALマイルと小田急ポイントの両方が貯まる、JALと小田急のダブルブランドカードです。

JALグループ便の利用やショッピングでJALマイルが貯まる一方、小田急グループ各社での利用ではJALマイルと小田急ポイントの2重取りが可能です。

通常、JALカード OPクレジットでは200円につき1マイル(還元率0.5%)が貯まりますが、年会費4,950円(税込)の「ショッピングマイル・プレミアム」に加入すれば、100円につき1マイル(還元率1%)と通常の2倍のマイルを獲得できます。

さらに、JALカード特約店では、最大200円につき2マイル(還元率1%)が貯まります

また、JALカード OPクレジットは、PASMOのオートチャージ機能も備えており、チャージ時には一定の割合の小田急ポイントが付与されます。貯まったマイルと小田急ポイントは相互に交換することも可能で、利便性に優れています。

年会費は初年度無料、2年目以降は本会員2,200円(税込)とリーズナブルな設定で、国内・海外旅行傷害保険も自動付帯しているため、安心して利用できるカードです。

JALと小田急の両方のサービスを頻繁に利用する方や、マイルとポイントを効率的に貯めたい方におすすめのカードと言えるでしょう。

JAL法人カード(普通カード)

JAL法人カード(普通カード)
年会費2,200円
申し込み資格法人の代表者または個人事業主
ポイント還元率0.40%~0.80%
ポイント名DCハッピープレゼントポイント
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / WAON
スマホ決済
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
※1枚まで発行可能
家族カード年会費:2,200円
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考海外・国内傷害後遺障害は40万~1,000万円(自動付帯)

JAL法人カード(普通カード)のメリット・デメリット

メリット
  • 入会・毎年初回搭乗ボーナス、フライトマイル10%ボーナスでJALマイルが貯まる
  • 年会費が2,200円と比較的安価
  • JALビジネスきっぷが利用可能
デメリット
  • ショッピングマイルが付与されない
  • 空港ラウンジサービスが付かない
  • 子カード1枚あたりの年会費が2,200円とやや高い

JAL法人カード(普通カード)のキャンペーン情報

キャンペーン
  • 現在はなし

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカード | マイルがたまる – おトクなキャンペーン一覧

JAL法人カード(普通カード)の特徴

JAL法人カード(普通カード)は、法人や個人事業主向けのJALカードです。ビジネスでの出張や経費の支払いに適したカードで、ビジネスに特化した特典やサービスが受けられます。

JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの10%のボーナスマイルが付与されます。

また、ショッピングでは200円につき1マイルが貯まり、JALカード特約店なら100円につき1マイルと、個人向けの普通カードよりもマイルが貯まりやすくなっています。

さらに、JAL法人カード(普通カード)なら、国内・海外の主要空港ラウンジが利用でき、快適なビジネス旅行を楽しめます。

また、出張先でのレンタカー利用時には、最大20%の割引が受けられるなど、ビジネスに役立つ特典が充実しています。

加えて、JAL法人カード(普通カード)には、経理事務の負担を軽減する「会計支援サービス」が付帯しており、経費の管理や精算がスムーズに行えます。また、法人向けの手厚い旅行傷害保険も付帯しているので、安心してビジネス旅行に臨めます。

ビジネスでの出張が多い法人や個人事業主におすすめのJAL法人カード(普通カード)。JALマイルが貯まりやすく、ビジネスに特化した特典やサービスが充実しているので、経費の支払いにも最適です。

JAL法人カード(CLUB-Aカード)

JAL法人カード(CLUB-Aカード)
年会費11,000円
申し込み資格法人の代表者または個人事業主
ポイント還元率0.40%~0.80%
ポイント名DCハッピープレゼントポイント
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / WAON
スマホ決済楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
※1枚まで発行可能
家族カード年会費:11,000円
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金10万円(自動付帯:10万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考

JAL法人カード(CLUB-Aカード)のメリット・デメリット

メリット
  • 搭乗時のJALマイル獲得率が高い
  • 年1回以上JALを利用する人におすすめ
  • 最高5,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)と高め
  • ショッピングマイルが普通カードと同じ
  • ゴールドカード並みのサービスは付かない

JAL法人カード(CLUB-Aカード)のキャンペーン情報

キャンペーン
  • 現在はなし

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JALカード | マイルがたまる – おトクなキャンペーン一覧

JAL法人カード(CLUB-Aカード)の特徴

JAL法人カード(CLUB-Aカード)は、法人や個人事業主向けのJALカードの中でも、上位グレードに位置づけられるカードです。

年会費は11,000円(税込)と普通カードよりも高めですが、その分、JALマイルが貯まりやすく、ビジネスに特化した特典やサービスが充実しています。

JALグループ便の搭乗では、通常のフライトマイルに加えて、区間基本マイレージの25%のボーナスマイルが付与されます。

また、入会時には5,000マイル、毎年初回搭乗時には2,000マイルのボーナスマイルも獲得できます。

さらに、JAL法人カード(CLUB-Aカード)なら、国内・海外の主要空港ラウンジが利用でき、快適なビジネス旅行を楽しめます

また、「JALビジネスきっぷ」の利用や、国際線手荷物優待宅配サービスなど、ビジネスに役立つ特典も充実しています。

加えて、JAL法人カード(CLUB-Aカード)には、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯しており、普通カードよりも手厚い補償内容となっています。

ただし、JAL法人カード(CLUB-Aカード)では、ショッピングマイルは付与されず、提携カード会社のポイントとして貯まるため、マイルを貯めるには向いていません。

JALを頻繁に利用するビジネスパーソンや、JALマイルを効率的に貯めたい方におすすめのJAL法人カード(CLUB-Aカード)。普通カードよりもワンランク上の特典とサービスを求める方に最適なカードと言えるでしょう。

JALカード以外にJALマイルを貯めやすいおすすめクレジットカード

JALマイルを貯めやすいカードはJALカード以外にも多くあります。本章ではJALマイルが貯めやすいクレジットカードをご紹介いたします。

スクロールできます
券種詳細年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法

セゾンゴールド・
アメリカン・エキスプレス®・カード
詳細を見る11,000円(初年度無料)20歳以上0.75%~1.00%永久不滅ポイントAMEX最短3営業日~300万円国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

セゾンプラチナ・
アメリカン・エキスプレス®・カード
詳細を見る22,000円18歳以上0.75%~1.00%永久不滅ポイントAMEX最短3営業日~500万円国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

セゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス・カード
詳細を見る22,000円(初年度無料)20歳以上
法人の代表者または個人事業主
0.50%~1.00%永久不滅ポイントAMEX最短3営業日国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

Marriott Bonvoy® アメリカン・
エキスプレス®・カード
詳細を見る23,100円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
Marriott Bonvoy会員番号が必要
0.66%~1.33%Marriott BonvoyポイントAMEX通常2~3週間国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い

JCB CARD W
詳細を見る無料18歳以上~39歳以下(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
1.00%~10.50%Oki DokiポイントJCB即日発行
※ナンバーレスカード申込み時
※モバ即の入会条件は以下2点になります。
①9:00AM~8:00PMで申込み。
②顔写真付き本人確認書類による本人確認。
(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※番号ありの場合、通常1週間程度、最短3営業日
海外:~100万円

イオンJMBカード
詳細を見る無料18歳以上0.50%~1.25%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常3~4週間10万円~50万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

dカード GOLD
詳細を見る11,000円満18歳以上(高校生を除く)
安定した継続収入があること
1.00%~4.50%dポイントVISA / Mastercard最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きが
お申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては
審査に数日お時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承ください。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
年会費は税込です

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費11,000円(初年度無料)
申し込み資格20歳以上
ポイント還元率0.75%~1.00%
ポイント名永久不滅ポイント
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード最短3営業日
ショッピング利用可能枠~300万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:1,100円
※対象:生計を同一にする同姓の家族(高校生を除く18歳以上)の方
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害30万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険16万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードのメリット・デメリット

メリット
  • 初年度年会費無料で、ポイント高還元率
  • 国内主要空港ラウンジが無料で利用可能
  • 最高5,000万円の国内外旅行傷害保険が付帯
デメリット
  • 年会費が2年目以降11,000円と高め
  • 一般的なゴールドカードと比べ空港ラウンジ利用などの特典が少ない
  • アメックスブランドのため加盟店が限られる

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大8,000円相当のポイントをプレゼント
  • Webサイトから入会した方で入会月から翌々月末までに50,000円(税込)以上のショッピング利用で、永久不滅ポイント1,000ポイント(5,000円相当)をプレゼント
  • 同期間中に1回以上のキャッシングのご利用で、さらに永久不滅ポイント300ポイント(1,500円相当)をプレゼント
  • 同期間中に家族カード(ファミリカード)の発行で、さらに永久不滅ポイント300ポイント(1,500円相当)をプレゼント

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : 【公式】セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾン・アメックス|SAISON AMEX)入会キャンペーン

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードの特徴

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードは、JALマイルが非常に貯まりやすいクレジットカードです。JALカード以外でJALマイルを効率的に貯めたい方におすすめのカードと言えるでしょう。

このカードの最大の魅力は、「SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)」というサービスです。

年会費9,900円(税込)でこのサービスに登録すると、ショッピング利用1,000円(税込)につき10マイルのJALマイルが自動的に貯まります。これは還元率1.125%に相当し、JALカードを上回る高い水準です。

また、ショッピング利用で貯まる永久不滅ポイントは、200ポイントで500JALマイルに交換できます。JALマイルへの交換手数料は無料で、ANAマイルへの交換も可能です。

そのほか、国内・海外の主要空港ラウンジが利用できたり、充実した旅行傷害保険が付帯していたりと、トラベルに関する特典やサービスも魅力的です。年会費は11,000円(税込)と少し高めですが、JALマイルを貯めることを重視する方にはメリットの大きいカードだと言えるでしょう。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費22,000円
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.75%~1.00%
ポイント名永久不滅ポイント
マイル交換レート1ポイント=3マイル
マイル交換先・JAL
・ANA
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード最短3営業日
ショッピング利用可能枠~500万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:3,300円
※対象:生計を同一にする同姓の家族(高校生を除く18歳以上)の方
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約300万円
疾病治療300万円、家族特約300万円
携行品損害50万円、家族特約50万円
賠償責任5,000万円、家族特約5,000万円
救援者費用300万円、家族特約3,000万円
航空機遅延保険26万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円、寄託手荷物紛失費用10万円)、家族特約26万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)、家族特約5,000円
通院保険金日額3,000円(自動付帯:3,000円)、家族特約3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費22,000円と他社プラチナカードより安い
  • 最大1.25%の高いポイント還元率
  • 国内外の空港ラウンジが無料で利用可能
デメリット
  • 一般カードと比べると年会費が高い
  • 審査が厳しく、安定した収入が必要
  • 家族カードの年会費が3,300円かかる

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&条件達成で最大10,000円相当のポイントをプレゼント
  • Webサイトから入会した方で入会月から翌々月末までに100,000円(税込)以上のショッピング利用で、永久不滅ポイント1,400ポイント(7,000円相当)をプレゼント
  • 同期間中に1回以上のキャッシングのご利用で、さらに永久不滅ポイント300ポイント(1,500円相当)をプレゼント
  • 同期間中に家族カードの発行で、さらに永久不滅ポイント300ポイント(1,500円相当)をプレゼント

※2024年7月5日時点での情報
※参考 : 【公式】セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはこちら

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードの特徴

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードは、JALマイルが非常に貯まりやすいクレジットカードです。年会費は22,000円(税込)と少し高めですが、JALマイルを効率的に貯められる特典が充実しています。

このカードの最大の魅力は、「SAISON MILE CLUB」に登録することで、ショッピング利用1,000円(税込)につき10マイルのJALマイルが自動的に貯まることです。これは還元率1.125%に相当し、JALカードを上回る高い水準となっています。

また、ショッピング利用で貯まる永久不滅ポイントは200ポイントで500JALマイルに交換でき、JALマイルへの交換手数料は無料です。キャンペーン時には、200ポイントで600マイルに交換できることもあり、さらにお得にマイルを貯められます。

そのほか、国内・海外の主要空港ラウンジが利用できたり、充実した旅行傷害保険が付帯していたりと、トラベルに関する特典やサービスも魅力的です。プライオリティ・パスなどの付帯や、ホテル・レストランの優待特典など、ワンランク上の旅行体験を提供してくれるでしょう。

JALマイルが貯まる上に、プラチナカードならではの上質なサービスが受けられるセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード。JALマイルを貯めることを重視する方には、大変おすすめのカードだと言えます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
年会費22,000円(初年度無料)
申し込み資格20歳以上
法人の代表者または個人事業主
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名永久不滅ポイント
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード最短3営業日
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:3,300円
※対象:18歳以上の社員、または本会員と生計を共にする18歳以上(高校生は除く)の同姓の家族
※同時申込で最大3枚(4枚目以降は別途手続き)
※9枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害50万円
賠償責任5,000万円
救援者費用300万円
航空機遅延保険16万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が22,000円と他社プラチナカードより安い
  • JALマイルの還元率が最大1.125%と高い
  • 24時間365日利用可能なコンシェルジュサービスがある
デメリット
  • 国内利用でのポイント還元率が0.5%と低め
  • 家族カードや家族特約が利用できない
  • ビジネス用のため個人向けの特典が少ない

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのキャンペーン情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、ビジネスオーナーや経営者におすすめの高還元率プラチナカードです。JALマイルが最大1.125%の高率で貯まり、有効期限のない「永久不滅ポイント」も同時に貯められます

年会費は22,000円(税込)ですが、ビジネス経費の支払いを一本化することで経費削減につながります。

国内・海外あわせて1,400ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」、手荷物無料宅配サービスなど、ビジネスや出張をサポートする充実した特典が魅力です。ホテルやレストランの優待・割引サービス「オントレ」も利用でき、ビジネスシーンだけでなくプライベートでも活用できます。

さらに、経費になりやすいオフィス用品の割引、ビジネス誌の割引、宅配便の割引など、ビジネスに直結する優待特典「ビジネス・アドバンテージ」が利用できるのも強みです。

プラチナ会員専用のコンシェルジュサービスも用意され、24時間365日さまざまな相談ができるので、ビジネスオーナーの強い味方になるでしょう。

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
年会費23,100円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
Marriott Bonvoy会員番号が必要
ポイント還元率0.66%~1.33%
ポイント名Marriott Bonvoyポイント
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード通常2~3週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:11,550円
※1人目無料
※対象:配偶者・親・子供(18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害3,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害30万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円、家族特約1,000万円
入院保険金日額2,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考■ショッピング・プロテクション
年間限度額:国内外問わず1名最高200万円
破損・盗難などの損害を購入日から90日間補償
■オンライン・プロテクション
第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、原則カード発行会社にて補償。

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カードのメリット・デメリット

メリット
  • 年間150万円以上の利用で無料宿泊特典がもらえる
  • Marriott Bonvoyのシルバーエリート会員資格が自動付与
  • 家族カードの年会費が1枚目無料
デメリット
  • 年会費が23,100円(税込)とやや高め
  • 一般加盟店での還元率は2%とそれほど高くない
  • American Expressブランドなので加盟店が限られる

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 入会後3ヶ月以内に、30万円以上のカードご利用で、30,000Marriott Bonvoyポイントプレゼント

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カードのサービス|クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カードの特徴

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カードは、JALマイルが効率的に貯められるクレジットカードです。JALカード以外でJALマイルを貯めたい方におすすめのカードと言えるでしょう。

このカードの最大の魅力は、100円の利用につき3ポイントのMarriott Bonvoyポイントが貯まり、そのポイントを3ポイント=1JALマイルの比率で交換できることです。つまり、JALマイルの還元率は1.0%となり、一般的なJALカードと同等の水準になります。

さらに、60,000ポイントをまとめてJALマイルに移行すると、5,000マイルのボーナスが付与されるため、還元率が1.25%にアップします。年間の利用額が多い方なら、このボーナスマイルを狙うことでお得にJALマイルを貯められるでしょう。

また、Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格が自動的に付帯するため、Marriott Bonvoy参加ホテルでの特典や優待も受けられます。ホテル利用でもポイントが貯まるので、JALマイルとの相乗効果が期待できます。

年会費は34,100円(税込)と少し高めですが、JALマイルを効率的に貯めながら、ホテル特典も享受できるMarriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・カード。JALマイル貯めに重点を置きつつ、ホテル利用も多い方におすすめのカードです。

JCB CARD W

JCB CARD W
年会費無料
申し込み資格18歳以上~39歳以下(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~10.50%
ポイント名Oki Dokiポイント
交換可能ポイントJCBギフトカード
Amazon
スターバックス
楽天Edy
東京ディズニーリゾートなど
ポイント有効期限~24ヶ月
交換可能マイルANAマイル
JALマイル
スカイマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード即日発行
※ナンバーレスカード申込み時
※モバ即の入会条件は以下2点になります。
①9:00AM~8:00PMで申込み。
②顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※番号ありの場合、通常1週間程度、最短3営業日
ショッピング利用可能枠海外:~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員と同時入会の場合、2枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害100万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • ナンバーレスタイプがありセキュリティ面が安心
  • JCB特約店での還元率が大幅にアップ
  • キャッシュレス決済が利用でき便利

JCB CARD Wのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料
  • 還元率が1.0%~10.5%と高い
  • Amazonやスタバなど60以上の特約店で高還元
デメリット
  • 40歳以上は申し込みできない
  • JCBスターメンバーズ(利用額に応じたポイントアップ)の対象外

JCB CARD Wのキャンペーン情報

キャンペーン
  • ・Amazon.co.jpの利用で最大12,000円キャッシュバック!
  • ・Apple Pay・Google Payなどの利用で最大3,000円キャッシュバック!
  • ・家族追加で最大4,000円キャッシュバック

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JCBオリジナルシリーズ 新規入会キャンペーン

JCB CARD Wの特徴

JCB CARD Wは、39歳以下の方におすすめの高還元クレジットカードです。年会費は永年無料で、ポイント還元率は通常のJCBカードの2倍となる1.0%と高水準

さらに、Amazonやセブン-イレブン、スターバックスなどの提携店舗では最大10.5%までポイント還元率がアップします。貯まったOki Dokiポイントは、Amazonでの買い物に利用したり、JCB PREMOへ移行すると実質5%の高還元率で使えるのが魅力です。

海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険など、基本的な付帯保険も備わっています。

WEB完結型で最短5分発行が可能なので、すぐにでもお得にカードを使いたい方に最適。学生や主婦の方も、家族カードを作ることで39歳以上でも利用できます。ポイント重視の方や、年会費無料で高還元なクレジットカードをお探しなら、JCB CARD Wは候補に入れておきたい1枚です。

イオンJMBカード

イオンJMBカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~1.25%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常3~4週間
ショッピング利用可能枠10万円~50万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーWAON
電子マネーチャージiD利用 / WAON
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※3枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外50万円
国内50万円
備考カード紛失・盗難時は、お届け日の61日前からの不正使用による損害額をイオン銀行が全額補償

イオンJMBカードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料で、家族カードやETCカードも無料
  • 普段の買い物でJALマイルが直接貯まる
  • イオンでの各種割引特典や「お客さま感謝デー」が利用可能
デメリット
  • イオングループ以外でのポイント還元率が低い
  • 旅行傷害保険などの付帯保険が付いていない
  • イオンゴールドカードへの切り替えができない

イオンJMBカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会・利用で5,000ポイント進呈
  • 家族・友人紹介でいつでも1,000ポイントプレゼント

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : 入会金・年会費無料!選ばれ続けて会員数3,000万人突破! | イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオンJMBカードの特徴

イオンJMBカードは、JALマイルが直接貯まるイオンカードです。JALカード以外でJALマイルを効率的に貯めたい方におすすめのカードと言えるでしょう。

イオンJMBカードの最大の魅力は、カードショッピングのご利用200円(税込)につき1マイルが貯まることです。JALのマイルの価値は1マイルあたり2〜5円ほどになるため、マイルを直接貯められるのはかなりお得です。

さらに、貯まったJALマイルは電子マネーWAONにも交換可能です。3,000マイルから交換でき、10,000マイル以上なら1,000マイル単位で交換できます。

また、イオンJMBカードはJMB WAONカードとしても利用でき、WAONでのお買い物でもJALマイルが貯まります。WAONチャージは事前に登録したJALカードで行うことで、JALマイルの二重取りが可能です。

年会費は永年無料なので、気軽にJALマイルを貯め始められるのも嬉しいポイントです。JALマイルを日常的に貯めたい方や、イオンでのお買い物が多い方は、ぜひイオンJMBカードの作成を検討してみてください。

dカード GOLD

dカードゴールド
年会費11,000円
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
安定した継続収入があること
ポイント還元率1.00%~4.50%
ポイント名dポイント
交換可能ポイント携帯料金
Amazon
マツモトキヨシ
マクドナルド
UNIQLO
メルカリ
AEON
コンビニなど
ポイント有効期限〜48ヶ月
交換可能マイルJALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては審査に数日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
携行品損害50万円、家族特約15万円(自動付帯:15万円)
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
救援者費用500万円(自動付帯:500万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
航空機遅延保険9万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金5万円
航空機遅延保険6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考
おすすめポイント・特徴
  • ドコモのケータイ料金・ドコモ光を利用で10%還元
  • ケータイ補償3年間で最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  • d払いの支払い方法をdカードに設定&利用でポイント還元率アップ

dカード GOLDのメリット・デメリット

メリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金が10%ポイント還元
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料で利用可能
  • 最大1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)と高め
  • ドコモユーザー以外だと特典が薄い
  • 海外旅行に行かないとラウンジ等の特典が活用できない

dカード GOLDのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 入会&利用&対象公共料金支払いで最大11,000ptプレゼント
  • 所定の支払い方法で毎月総額1億円を20万名で山分け!

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : キャンペーン・おトクな情報 | dカード

dカード GOLDの特徴

dカード GOLDは、ドコモユーザーにとってJALマイルが非常に貯まりやすいクレジットカードです。JALカード以外でJALマイルを効率的に貯めたい方におすすめのカードと言えるでしょう。

dカード GOLDの最大の魅力は、ドコモの携帯料金や光回線料金の10%がdポイントとして還元されることです。つまり、毎月のドコモ利用料金10,000円なら1,000ポイント(=500マイル)が貯まるのです。年間で12,000ポイント(=6,000マイル)も貯まるので、年会費11,000円をカバーできます。

さらに、dカード GOLDでのショッピングでは100円(税込)につき1ポイントが貯まり、dカード特約店なら2ポイント貯まります。貯まったdポイントは、5,000ポイント単位でJALマイルに交換でき、交換レートは2ポイント=1マイルと大変お得です。

また、dカード GOLDには空港ラウンジサービスや、手厚い海外・国内旅行傷害保険が付帯しているなど、トラベルに関する特典も充実しています。

年会費は11,000円(税込)と少し高めですが、ドコモユーザーでJALマイルを貯めたい方なら、dカード GOLDは持っておくべきクレジットカードだと言えるでしょう。

年代別におすすめのJALカードはあるのか

年代よりも年間利用額とフライト回数によって決めた方が◎

JALカードを選ぶ際、年代別におすすめのカードがあるのかと気になる方も多いでしょう。確かに、学生向けの「JALカード navi」や20代限定の「JAL CLUB EST」など、年代に応じた特典やサービスを提供しているカードもあります。

しかし、JALカードを選ぶ上で最も重要なのは、自分の年間利用額とフライト回数です。年会費の高いカードほど、ボーナスマイルの付与率が高くなったり、空港ラウンジサービスなどの特典が充実したりします。

例えば、年間利用額が多く、JALを頻繁に利用する方であれば、年会費が高くてもJALマイルが貯まりやすい「JAL CLUB-Aゴールドカード」や「JALカード プラチナ」がおすすめです。

一方、利用額が少なく、JALの利用頻度も高くない方は、年会費の安い「JALカード 普通カード」を選ぶのが賢明でしょう。

年代よりも、自分のライフスタイルに合わせてJALカードを選ぶことが大切です。無理のない利用額とフライト回数を考慮して、JALマイルを効率的に貯められるカードを見つけましょう。

カードのステータス性が気になるなら30代以降はゴールドカード以上を選べば安心

JALカードを選ぶ際、年代よりも年間利用額とフライト回数を重視することが大切ですが、30代以降の方であれば、カードのステータス性も考慮に入れると良いでしょう。

特に、ビジネスシーンでクレジットカードを使う機会が増えてくる年代では、ゴールドカード以上のステータスカードを選ぶことで、信頼性や安心感を与えることができます。

JALカードの中でも、「JAL CLUB-Aゴールドカード」や「JALカード プラチナ」は、高いステータス性を持つカードとして知られています。これらのカードは、年会費が高い分、JALマイルの付与率が高く、空港ラウンジサービスなどの特典も充実しています。

例えば、「JAL CLUB-Aゴールドカード」は、JALグループ便の搭乗で区間基本マイレージの25%がボーナスマイルとして付与されます。さらに、「JALカード プラチナ」になると、JALグループ便の搭乗で区間基本マイレージの50%がボーナスマイルとして付与されるなど、よりハイクラスな特典が受けられます。

プライオリティ・パスなどの付帯サービスも充実しており、ステータス性の高さを実感できるでしょう。

学生なら学生専用の「JALカード navi」がおすすめ

学生の方にとって、クレジットカードを選ぶ際は年会費の安さが重要なポイントになります。

JALカードの中でも、学生専用の「JALカード navi」は、年会費が永年無料となっており、学生の方におすすめのカードです。「JALカード navi」は、18歳以上の学生であれば、アルバイトやパート収入がなくても申し込むことができます

カード利用額に応じてJALマイルが貯まるので、飛行機に乗る機会が少ない学生の方でも、日常の買い物でマイルを貯めることができます。

また、「JALカード navi」では、入会時に1,000マイル、継続時に500マイルのボーナスマイルが付与されます。

JALグループ便の搭乗でも、区間基本マイレージの10%がボーナスマイルとして加算されるので、旅行好きな学生の方にはお得なカードだと言えるでしょう。

さらに、「JALカード navi」には、国内・海外旅行傷害保険が自動付帯しているので、学生の旅行先でのトラブルにも備えられます。カードの紛失・盗難時の補償も充実しているため、安心して利用できます。

ただし、「JALカード navi」には、空港ラウンジサービスなどの上位カードにある特典は付いていません。より充実した特典を求める学生の方は、将来的に一般カードへの切り替えを検討しても良いかもしれません。

年会費が永年無料のJALカードはなし

年会費が永年無料のJALカードはなし
  • 普通カードは初年度のみ年会費が無料
  • 年会費無料のカードでJALマイルを貯めたいなら「JCB CARD W」と「イオンJMBカード」がおすすめ

普通カードは初年度のみ年会費が無料

JALカードの中で最もスタンダードな「JALカード 普通カード」は、初年度の年会費が無料となっています。しかし、2年目以降は本会員が2,200円(税込)、家族会員が1,100円(税込)の年会費が発生します。

JALアメリカン・エキスプレス・カードを選択した場合、2年目以降の年会費は本会員が6,600円(税込)、家族会員が2,750円(税込)と、他のブランドよりも高くなるので注意が必要です。

JALカード 普通カードは、200円につき1マイル(還元率0.5%)が貯まるので、JALマイルを貯めることを重視する方にとっては魅力的なカードです。

また、JALカード特約店での利用なら200円につき2マイル(還元率1%)と、さらにお得にマイルを貯められます。

さらに、JALカード 普通カードには、最高1,000万円の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯しているため、旅行先でのトラブルにも備えられるのが嬉しいポイントです。

とはいえ、JALカードには年会費永年無料のカードは存在しません。マイルを貯めるためにはある程度の年会費を覚悟する必要がありますが、JALカード 普通カードは初年度無料の特典を活かして、JALカードの使い勝手を試してみるのに最適なカードだと言えるでしょう。

年会費無料のカードでJALマイルを貯めたいなら「JCB CARD W」と「イオンJMBカード」がおすすめ

JALカードには年会費永年無料のカードがありませんが、JALマイルを貯めることができる年会費無料のクレジットカードは存在します。その中でも、特におすすめなのが「JCB CARD W」と「イオンJMBカード」です。

「JCB CARD W」は、年会費が永年無料で、1,000円(税込)の利用につき2ポイントのOki Dokiポイントが貯まるクレジットカードです。貯まったOki Dokiポイントは、1ポイント=3マイルの交換レートでJALマイルに交換できるので、JALマイルを効率的に貯められます。

クレジットカード編集部

ただし、「JCB CARD W」の申し込み対象は18歳以上39歳以下の方に限られているので注意が必要です。

一方、「イオンJMBカード」は、イオングループでの買い物でJALマイルが貯まるクレジットカードです。カードショッピングのご利用200円(税込)につき1マイルが貯まり、貯まったマイルは電子マネーWAONにも交換可能です。

また、「イオンJMBカード」はJMB WAONカードとしても利用でき、WAONでのお買い物でもJALマイルが貯まります。年会費は永年無料なので、イオンでのお買い物が多い方にとっては、お得にJALマイルを貯められるカードだと言えるでしょう。

JALマイルを貯めたいけど年会費は払いたくないという方は、「JCB CARD W」や「イオンJMBカード」を検討してみてはいかがでしょうか。

JALカード3つのメリット

JALカードのメリットは、主に以下の内容が挙げられます。

JALカードのメリット
  • 入会・更新・搭乗のタイミングでボーナスマイルが付与される
  • 空港内の店舗や免税店などでマイル還元率がアップ
  • JALグループのホテルやツアーパックなどで割引特典が受けられる

それぞれ詳しく解説していきます。

入会・更新・搭乗のタイミングでボーナスマイルが付与される

JALカードの大きな魅力の一つが、入会時や更新時、搭乗時にボーナスマイルが付与されることです。これらのボーナスマイルを上手に活用することで、JALマイルを効率的に貯めることができます。

まず、JALカードに新規入会すると、入会搭乗ボーナスとして、初めてJALグループ便に搭乗した際に、カード種別に応じたボーナスマイルが付与されます。例えば、JALカード普通カードなら1,000マイル、CLUB-Aゴールドカードなら5,000マイルのボーナスが獲得できます。

また、入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降は、毎年初回搭乗時に毎年初回搭乗ボーナスが付与されます。これは、カード種別に応じて500~2,000マイルのボーナスが毎年もらえるお得な特典です。

さらに、JALグループ便に搭乗するたびに、区間基本マイレージに対して10~50%のボーナスマイルが加算されます。例えば、CLUB-Aゴールドカードなら、区間基本マイレージの25%のボーナスマイルが搭乗ごとに獲得できるのです。

加えて、JALカードの中には、入会月の翌々月末や翌々々月末に特別ボーナスマイルがもらえるキャンペーンを実施しているものもあります。

これらのキャンペーンを利用することで、さらにお得にJALマイルを貯められます。JALカードは、入会時や更新時、搭乗時のボーナスマイルが非常に充実しているクレジットカードだと言えます。

空港内の店舗や免税店などでマイル還元率がアップ

JALカードのもう一つの大きな魅力が、空港内の店舗や免税店などでのマイル還元率アップです。JALカードを利用することで、空港でのショッピングがよりお得になります。

JALカードでは、JALグループ特約店での利用で100円につき1マイル(還元率1%)が貯まりますが、空港内のJALグループ特約店なら、100円につき2マイル(還元率2%)と、通常の2倍のマイルが貯まります。

例えば、JALカード普通カードなら、空港内のJALグループ特約店での利用で100円につき2マイルが貯まるので、10,000円のショッピングをすれば200マイルが獲得できます。

CLUB-Aゴールドカードなら、100円につき3マイル(還元率3%)と、さらにお得にマイルを貯められます。

また、JALカードでは、国内線の機内販売でも100円につき2マイルが貯まるので、機内でのショッピングもお得に行えます。

さらに、JALカードの中には、海外の空港免税店での利用でもマイル還元率がアップするものがあります。例えば、JALカード プラチナなら、海外の空港免税店での利用で100円につき5マイル(還元率5%)と、非常に高い還元率を誇ります。

空港内でのショッピングが多い方にとって、JALカードは非常にお得なクレジットカードだと言えるでしょう。

特に、JALグループ特約店での利用や機内販売、海外の空港免税店での利用では、通常よりもマイル還元率が大幅にアップするので、ぜひ活用したいポイントです。

JALグループのホテルやツアーパックなどで割引特典が受けられる

JALカードのメリットの一つに、JALグループのホテルやツアーパックなどで割引特典が受けられることが挙げられます。例えば、JALホテルズでは、JALカード会員限定の優待料金が設定されています。

宿泊料金が10~20%割引になるほか、朝食付きプランの優待料金も用意されているので、お得に宿泊できます

また、JALホテルズの一部では、JALカード会員限定の無料宿泊プランも用意されています。

さらに、JALカードでJALパックを予約すると、宿泊施設やコースに応じて1~3%の割引が適用されます。JALパックは、航空券とホテルがセットになったお得なツアーパックなので、JALカードの割引特典を活用することで、さらにお得に旅行を楽しめます。

また、JALカードの中には、提携ホテルでの優待特典が付帯しているものもあります。例えば、JALカード プラチナなら、国内外のラグジュアリーホテルで最大50%割引の特典が受けられます。

加えて、JALカードでは、レンタカー利用時の割引特典も用意されています。提携レンタカー会社で利用すると、最大20%の割引が適用されるので、旅行先での移動もお得に行えます。

他にも会員限定の宿泊プランやプレゼントキャンペーンが豊富

JALカードのメリットは、JALグループのホテルやツアーパックなどで割引特典が受けられることだけではありません。

JALカード会員限定の宿泊プランやプレゼントキャンペーンも豊富に用意されています。例えば、JALホテルズでは、JALカード会員限定の特別宿泊プランが随時提供されています。

季節ごとのお得なプランや、特定の地域・ホテルに特化したプランなど、様々な特典が用意されているので、自分のニーズに合ったプランを選ぶことができます。

また、JALカードでは、宿泊プランの予約でボーナスマイルがもらえるキャンペーンも実施されています。通常の宿泊マイルに加えて、キャンペーン期間中の予約でボーナスマイルが付与されるので、JALマイルを効率的に貯められます。

さらに、JALカードでは、会員限定のプレゼントキャンペーンも豊富に用意されています。例えば、JALカードの利用金額に応じて、JALグループのホテル宿泊券や航空券などが抽選で当たるキャンペーンが定期的に開催されています。

加えて、JALカード会員限定のイベントも開催されており、人気ホテルの宿泊券が当たるキャンペーンや、JALグループのツアーパックが割引価格で購入できるセールなども実施されています。

JALカード会員限定の宿泊プランやプレゼントキャンペーン、イベントなどを上手に活用することで、お得に旅行を楽しめるだけでなく、JALマイルも効率的に貯められます。

JALカード5つのデメリット

JALカードのデメリットは、主に以下のものが挙げられます。

見出し入見出し入れる
  • 基本的に年会費がかかる
  • 基本還元率は0.5%とショッピングマイル・プレミアムに入らないと基本の還元率が上がらない
  • 付帯保険の補償内容が航空系クレジットカードにしては全体的に弱め
  • マイルの有効期限が3年と短め
  • JALを日頃利用しない人にとってはお得感が少ない

それぞれ詳しく解説していきます。

基本的に年会費がかかる

JALカードは入会初年度こそ年会費無料ですが、2年目以降は基本的に年会費がかかります最も安いJAL普通カードでも、年会費は2,200円(税込)かかってしまいます

JALマイルを貯めるためには、JALカードショッピングマイル・プレミアムへの入会がおすすめですが、こちらは年会費が4,950円(税込)と高額です。

JALカードとショッピングマイル・プレミアムの両方に加入すると、年間で7,150円(税込)もの費用がかかることになります。

一般的なクレジットカードの中には、ずっと年会費無料で利用できるものも多数あります。JALマイルを貯めたいからといって、毎年高い年会費を支払うのは経済的な負担になるかもしれません。

基本還元率は0.5%とショッピングマイル・プレミアムに入らないと基本の還元率が上がらない

JALカードは、JALマイルが貯まるクレジットカードとして人気ですが、デメリットの一つとして、基本還元率の低さが挙げられます。

JALカードの基本還元率は0.5%で、200円の利用につき1マイルしか貯まりません。この還元率は、他社の航空系クレジットカードと比べても低い水準です。例えば、ANAカードの基本還元率は1.0%、スカイトラベラーカードは1.5%となっており、JALカードの還元率の低さが目立ちます。

JALカードの還元率を上げるには、年会費4,950円(税込)の「ショッピングマイル・プレミアム」に加入する必要があります。ショッピングマイル・プレミアムに加入すると、還元率が2倍の1.0%になり、100円の利用につき1マイルが貯まるようになります。

さらに、JALカード特約店での利用なら、ショッピングマイル・プレミアム加入で還元率が2.0%にアップします。しかし、特約店以外での利用では、ショッピングマイル・プレミアムに加入しても還元率は1.0%止まりです。

ショッピングマイル・プレミアムの年会費4,950円(税込)を支払ってまで加入するメリットがあるかどうかは、年間のカード利用額次第だと言えます。

付帯保険の補償内容が航空系クレジットカードにしては全体的に弱め

JALカードの付帯保険は、航空系クレジットカードの中では補償内容が全体的に弱めです。海外旅行傷害保険の補償金額は最高でも2,000万円程度で、他の航空系カードと比べると低い水準にとどまっています。

国内旅行傷害保険に至っては、JAL一般カードの場合は補償が付いておらず、JALゴールドカードでも最高1,000万円の補償にとどまります。これは、ANAカードやSFCカードなどと比較すると見劣りする補償内容と言えるでしょう。

また、JALカードには家族特約が付いていないため、家族カードを持つ家族は別途保険に加入する必要があります。これは、家族特約が付いている他の航空系カードと比べると、利便性の面でも劣ります。

さらに、JALカードにはショッピング保険が付帯されていません。高額な商品を購入した際の破損や盗難などのトラブルに対する補償がないのは、他の航空系カードと比べて不利な点の一つです。

マイルの有効期限が3年と短め

JALカードで貯めたマイルの有効期限は、獲得した月から3年間と比較的短めに設定されています。これは、ANAカードのマイルが獲得から5年間有効であることと比べると、かなり見劣りする点だと言えます。

3年という有効期限は、JALマイルを貯めている人にとって注意が必要なデメリットです。特に、JALカードの利用頻度が低く、マイルの貯まるペースが遅い人にとっては、せっかく貯めたマイルが期限切れで失効してしまうリスクが高くなります

また、JALマイルの有効期限は、家族会員で貯めたマイルにも同様に適用されます。家族全員分のマイルの有効期限を管理するのは、なかなか煩雑な作業となるでしょう。

マイルの有効期限が短いことで、JALマイルを貯めるモチベーションが下がってしまう人もいるかもしれません。せっかくJALカードを利用してマイルを貯めても、期限内に使い切れない可能性があるからです。

一方で、JALマイルは有効期限の延長が可能ですが、延長にはマイル数に応じた手数料がかかります。これは、ANAカードのようにマイルの有効期限が自動的に延長されるシステムと比べると、ユーザーにとって不利な点と言えるでしょう。

JALを日頃利用しない人にとってはお得感が少ない

JALカードは、日本航空(JAL)のマイレージプログラム「JALマイレージバンク」と連携したクレジットカードです。そのため、JALを利用する機会が多い人にとっては、JALマイルを貯めやすく、お得感のあるカードだと言えます。

しかし、普段からJALを利用しない人にとっては、JALカードのメリットを実感しにくいかもしれません。JALカードで貯めたマイルは、基本的にはJALの航空券との交換に利用されます。そのため、JALを利用する予定がない人にとっては、マイルの使い道が限られてしまいます。

また、JALカードのポイント還元率は、JALマイルへの交換以外の用途では決して高くありません。例えば、JALカードのショッピングポイントをJALマイル以外のポイントに交換する場合、還元率は0.5%程度にとどまります。これは、他社の一般的なクレジットカードと比べても、特別お得とは言えない水準です。

JALカードには、JAL便の利用料金の割引やJALの空港ラウンジの利用など、JAL利用者向けの特典が多く用意されています。しかし、これらの特典も、JALをあまり利用しない人にとっては魅力を感じにくいものばかりです。

以上の点から、JALを日頃利用しない人がJALカードを持っても、そのメリットを十分に享受できない可能性が高いと言えます。

クレジット機能無しでマイルを貯めるなら「JMBカード」を作ろう

JALマイルを貯めたいけれど、クレジットカードを持ちたくない、あるいは持てないという人におすすめなのが「JMBカード」です。

JMBカードは、クレジット機能を持たないプリペイド式のカードで、JALマイレージバンク(JMB)に入会することで発行できます。JMBカードは、JALの航空券購入時に利用すると、搭乗マイルとは別に、運賃の最大5%分のJALマイルを貯めることができます

また、JALカードショッピングマイレージサービス加盟店での買い物でも、200円につき1マイルを貯めることが可能です。

JMBカードへのチャージは、クレジットカードや銀行振込、コンビニエンスストアなどで行えます。1回のチャージ金額は1,000円以上1円単位で、最大20万円までチャージできるので、無理のない範囲で計画的にマイルを貯められるでしょう。

JMBカードなら、クレジットカードのような審査や年会費は不要です。

また、使い過ぎの心配もないので、安心して利用できます。ただし、JMBカードにはJALカードのような付帯保険やその他の特典は付いていないので、その点は留意が必要です。クレジットカードを持たずにJALマイルを貯めたい人は、JMBカードを作ることをおすすめします。

JALカードに関するよくある質問

JALカードに関するよくある質問は、主に以下のものが挙げられます。

JALカードに関するよくある質問
  • JALカードの中で年会費が無料のものはないんでしょうか?
  • 30代以降で普通カードを使っていたらダサいですか?
  • JALカードは2枚持ちすることはできますか?

それぞれ詳しく解説していきます。

JALカードの中で年会費が無料のものはないんでしょうか?

残念ながら、JALカードの中で完全に年会費が無料のものは現在ありません

ただし、JALカードには入会初年度の年会費が無料になるものがいくつかあります。例えば、JAL一般カードは入会初年度の年会費が無料ですが、2年目以降は年会費2,200円(税込)がかかります。

同様に、JALゴールドカードも入会初年度の年会費が無料ですが、2年目以降は年会費11,000円(税込)が必要です。

また、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会する場合、入会初年度の年会費4,950円(税込)が無料になります。ただし、2年目以降は毎年4,950円(税込)の年会費がかかります。

年会費が永年無料のクレジットカードを探している人にとっては、JALカードは選択肢になりにくいかもしれません。

30代以降で普通カードを使っていたらダサいですか?

クレジットカードを選ぶ際に、年齢を気にする人は少なくありません。

特に、30代以降になると、ゴールドカードやプラチナカードなどの上位カードを持つべきだと考える人もいるようです。

しかし、JALカードの普通カード(一般カード)を30代以降で使うことは、決してダサいことではありません。

クレジットカードは、自分のライフスタイルや必要性に合ったものを選ぶことが最も重要です。

JALカードは2枚持ちすることはできますか?

JALカードを2枚以上持つことは可能です。ただし、同じ種類のJALカードを複数枚持つことはできません

例えば、JAL一般カードを2枚持つことはできませんが、JAL一般カードとJALゴールドカードの2枚持ちは可能です。

JALカードを2枚持ちすることで、状況に応じて使い分けができるようになります。

例えば、JAL一般カードは年会費が比較的安いので、普段の買い物に利用し、JALゴールドカードは海外旅行時の利用に特化するといった使い方ができます。

ただし、JALカードを2枚持ちする場合は、年会費の負担が増えることに注意が必要です。

特に、JALゴールドカードやJALプラチナカードは年会費が高額なので、2枚持ちによる年会費の合計額が予算を超えないように気をつけましょう。

まとめ

JALカードは、日本航空(JAL)のマイレージプログラム「JALマイレージバンク」と連携したクレジットカードです。

JALを頻繁に利用する人にとっては、JALマイルを効率的に貯められるおすすめのカードだと言えます。JALカードには、JAL一般カード、JALゴールドカード、JALプラチナカードなど、複数の種類があります。

それぞれのカードには、年会費や付帯サービス、マイル付与率などに違いがあるので、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが大切です。

また、JALカードには、JAL便の利用料金割引や空港ラウンジの利用など、JAL利用者向けの特典が多数用意されています。これらの特典を上手に活用することで、JALカードの年会費以上のメリットを得ることができるでしょう。

ただし、JALカードにはデメリットもあります。例えば、JALマイルの有効期限が3年と比較的短いことや、JALを利用しない人にとってはお得感が少ないことなどです。

JALカードを検討する際は、これらのデメリットも十分に理解した上で、自分に合ったカードを選ぶことが重要です。

JALカードは、JALを頻繁に利用する人におすすめのクレジットカードです。特に、JALマイルを効率的に貯めたい人や、JALの特典を存分に活用したい人にとっては、JALカードは非常に魅力的な選択肢だと言えるでしょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次