PayPayのチャージ・紐づけでおすすめのクレジットカードは?還元率やポイントの二重取りについても解説します

PayPayのチャージ・紐づけでおすすめのクレジットカードは?還元率やポイントの二重取りについても解説しますのアイキャッチ

PayPayのチャージや紐づけに使うクレジットカードの選び方は、還元率を最大化するうえで重要なポイントです。

この記事では、PayPayにおすすめのクレジットカードを還元率の観点から解説します。Visa・Mastercard・JCBの国際ブランド別のおすすめカードや、ポイントの二重取りができるお得な組み合わせもご紹介。

PayPayのチャージにどのクレジットカードを使えばお得になるのか、実際の還元率を比較しながらくわしく見ていきましょう。

目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

PayPay残高にチャージできるクレジットカードは「PayPayカード」だけ

PayPayユーザーにとって、PayPay残高へのチャージは欠かせない作業です。しかし、クレジットカードからPayPay残高へ直接チャージできるのは、実は「PayPayカード」だけなのをご存知でしょうか。

PayPayカードは、PayPayとの連携に特化したクレジットカードです。年会費無料で、通常利用でもポイント還元率1%と高水準の還元率を誇ります。

さらに、PayPayとの連携によって最大4%までポイント還元率がアップするのが魅力です。

他のクレジットカードからPayPay残高へチャージする場合、いったん銀行口座に入金してからチャージする必要があります。この手間を省けるのがPayPayカードの強みと言えるでしょう。

PayPayカードとPayPayを紐づけるとポイントの二重取りが可能!還元率が最大2.0%にもアップ

PayPayカードの最大の魅力は、PayPayカードとPayPayアカウントを紐づけることで、ポイントの二重取りが可能になることです。

まず、PayPayカードを利用してお買い物をすると、カードのご利用金額に応じてPayPayボーナスライトが貯まります。一般的なカード決済と同様に、利用金額の0.5%~1.0%のポイントが付与されます。

さらに、PayPayカードで貯まったPayPayボーナスライトをPayPay残高にチャージすると、チャージ額の0.5%のPayPayボーナスが上乗せで付与されます。

つまり、PayPayカードでお買い物をして、貯まったポイントをPayPay残高にチャージし、そのチャージした残高でまたお買い物をすることで、最大で利用金額の2.0%までポイントを貯めることができるのです。

この仕組みによって、PayPayカードを活用する人は、他のクレジットカードと比べてもお得にポイントを貯められます。

PayPayカードには一般とゴールドの2種類がある

PayPayカードには以下の通り、PayPayカード(一般)とPayPayカードゴールドの2券種があります。

スクロールできます
カード名年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピード

PayPayカード
無料18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
※満18歳〜20歳未満の独身の方は親権者の同意が必要
1.00〜5.00%PayPayポイントVISA / Mastercard / JCB審査最短2分 / 即日発行
審査完了からカード到着まで約1週間

PayPayカードゴールド
11,000円18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
1.50%~7.00%VISA / Mastercard / JCB通常1週間
審査完了からカード到着まで約1週間~10日程度

PayPayカードとPayPayカードゴールドはどちらがお得か

PayPayカードゴールドは年会費が11,000円もかかることから、人によって一般とゴールドどちらがお得かは異なります。以下のいずれかの条件を満たしている場合には、年会費を差し引いても一般券種よりもゴールドカードがお得になります。

ゴールドカードがお得になる条件
  • 年間利用額が220万円以上であれば年会費を差し引いてもゴールド券種の方がお得になる
  • ソフトバンク光/Airの年間利用額が約12万円を超えるとゴールド券種の方がお得になる
  • ソフトバンクのスマホの年間料金が約13万円を超えるとゴールド券種の方がお得になる
ふるさと本舗 クレジットカード編集部

PayPayカードは2券種ともに、ソフトバンクのスマホ料金や光回線の料金に対するポイントアップ特典があります。

一般カードについては1.0%~1.5%、ゴールドカードについては10%と大きく差があります。

そのため、基本的にソフトバンクユーザーであればゴールドカードを選んだ方が良いでしょう。

PayPayカード

PayPayカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
※満18歳〜20歳未満の独身の方は親権者の同意が必要
ポイント還元率1.00〜5.00%
ポイント名PayPayポイント
交換可能ポイントPayPay残高へのチャージ
資産運用残高にチャージ
Yahoo!ショッピング
ヤフオク!
ポイント有効期限無期限
交換可能マイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード審査最短2分 / 即日発行
審査完了からカード到着まで約1週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • 家族カードが無料で利用可能
  • PayPayへのチャージが唯一できるカード
  • 毎月の利用状況に応じて最大1.5%還元

PayPayカードのメリット・デメリット

メリット
  • PayPayアプリに登録するとポイント還元率が上がる
  • 200円以上の利用で30回利用ごとに付与率が上がる
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOでのお買い物で還元率アップ
デメリット
  • 審査が通らないと作れない
  • リボ払いにすると手数料が発生する
  • PayPay残高へのチャージが必要

PayPayカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • PayPayカード新規入会で3,000円相当のPayPayポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン – PayPayカード

PayPayカードの特徴

PayPayカードは、PayPayアプリと連携することで最大2.0%のPayPayポイント還元率を実現できるクレジットカードです。年会費は永年無料で、国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBから選択可能

PayPayカードの最大の特徴は、PayPayアプリに登録することでPayPayクレジットが利用でき、ポイント還元率が大幅にアップすることです。

通常のカード利用では1.0%のPayPayポイントが付与されますが、PayPayクレジットを月に30回以上利用すると還元率が最大1.5%にアップします。

さらにYahoo!ショッピングやLOHACOでの利用なら最大5.0%の高還元も可能です。

PayPayカードの申し込みはPayPayアプリまたは専用サイトから行えます。最短5分でバーチャルカードが発行され、すぐにネットショッピングなどで利用開始できるのも嬉しいポイントです。

プラスチックカードは申し込みから1週間~10日程度で届きます。

PayPayユーザーにとってPayPayカードは必携のクレジットカードと言えるでしょう。

PayPayポイントの高還元に加え、家族カードやETCカードも発行可能で、利用シーンが広いのも魅力です。PayPayをよく利用する人は、ぜひPayPayカードの発行を検討してみてください。

PayPayカードゴールド

PayPayカード ゴールド
年会費11,000円
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.50%~7.00%
ポイント名
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常1週間
審査完了からカード到着まで約1週間~10日程度
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合発行不可
※3枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
傷害治療200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害30万円(自動付帯:30万円)
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)
救援者費用200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考■ショッピングガード保険
1点の購入価格が1万円以上の商品が対象
おすすめポイント・特徴
  • 国内空港ラウンジが無料で利用可能
  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーはポイントが貯まりやすい
  • PayPayアプリの残高にチャージできる

PayPayカードゴールドのメリット・デメリット

メリット
  • ポイント還元率が1.5%と高い
  • ソフトバンク・ワイモバイルの通信料金の割引特典がある
  • 旅行保険や空港ラウンジサービスなどの特典が充実
デメリット
  • 年会費が11,000円とやや高め
  • 審査基準が通常のPayPayカードより厳しい可能性がある
  • PayPayカードからの切り替え時に一時的に2枚持ちになる

PayPayカードゴールドのキャンペーン情報

キャンペーン
  • PayPayカードゴールド新規入会で5,000円相当のPayPayポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン – PayPayカード

PayPayカードゴールドの特徴

PayPayカードゴールドは、PayPay残高へのチャージ機能に加え、ゴールドカードならではの特典が満載のクレジットカードです。

年会費は11,000円(税込)と少し高めですが、その分お得な特典を受けられます。

PayPayとの連携時にはポイント還元率が通常の1.5%から最大2%にアップします。PayPay残高でのお支払いはもちろん、クレジットカードでの決済でもポイントが貯まるので、PayPayユーザーにはおすすめのカードといえるでしょう。

また、国内・海外旅行傷害保険が自動的に付帯されるので、旅行好きな方にも嬉しい特典です。

国内旅行は最高5,000万円、海外旅行は最高1億円の補償が受けられます。その他にも、ショッピング保険やエクステンド保証など、安心して利用できる補償内容となっています。

さらに、ソフトバンクの携帯や光の料金に対してポイント還元率が10%。PayPayは使っていなくともソフトバンクユーザーであれば間違いなくおすすめです。

VISA・MastercardならPayPayに紐づけできるもののPayPayポイントは貯まらない

VISAやMastercardなどの国際ブランドのクレジットカードは、PayPayに紐づけすることが可能。

しかし、決済はできるもののPayPayポイントは貯まりません。あくまで貯まるのはクレジットカードのポイントのみとなります。

そのため、PayPayカード以外をPayPayにクレジットカード登録する際は、ポイント還元を重視する方は提携カードを選ぶのがおすすめです。

PayPayステップの条件にも適用されない

※引用 : PayPayステップ – キャッシュレス決済のPayPay

PayPayステップは、PayPayの利用金額や回数に応じてPayPayポイントの付与率がアップする仕組みです。

通常のPayPay決済では0.5%のポイント還元ですが、PayPayステップの条件を達成すると、翌月のPayPay決済で最大2.0%のポイント還元を受けられます。

しかし、PayPayステップにおける利用金額や回数条件としてカウントされる決済は、あくまでもPayPay残高払いとPayPayカード払いのみです。

他社クレジットカードをPayPayに登録して決済した場合、PayPayステップの条件達成にはカウントされません。つまり、他社クレジットカードでPayPay決済をしても、PayPayステップによるポイント還元率アップの恩恵は受けられないのです。

PayPayステップでお得にポイントを貯めたいなら、PayPay残高かPayPayカードを紐づけて支払うことが重要です。

他社クレジットカードをPayPayに登録するメリットはなくはないものの、ポイント還元の面ではPayPayカードに軍配が上がります。

PayPayユーザーなら、PayPayカードの発行を検討してみるのがおすすめです。

PayPayとPayPayカードを紐づける時の注意点

PayPayとPayPayカードを紐づける時の注意点は、主に以下の点が挙げられます。

PayPayとPayPayカードを紐づける時の注意点
  • PayPay残高決済限定の店舗ではPayPayあと払いが使えない
  • PayPayゴールドでなければポイント還元率は最大1.5%

それぞれ詳しく解説していきます。

PayPay残高決済限定の店舗ではPayPayあと払いが使えない

一部のPayPay加盟店では、お支払い方法をPayPay残高に限定している場合があります。このような店舗では、PayPayあと払いやPayPayカードによるクレジット決済を利用することができません。

PayPay残高限定店舗でPayPayあと払いが使えない理由は、店舗側がPayPayマネーのみを受け取る設定にしているためです。

PayPayマネーとは、本人確認済みのユーザーが銀行口座やセブン銀行・ローソン銀行ATM、Yahoo!フリマ・オークションの売上金からチャージした残高を指します。

一方、PayPayカードからチャージした残高はPayPayマネーライトと呼ばれ、PayPayマネーとは区別されています。そのため、PayPayマネー限定店舗ではPayPayマネーライト残高を利用できず、結果としてPayPayあと払いも利用不可となります。

PayPayあと払いを利用したい場合は、事前にお店のお支払い方法を確認しておくことが大切です。

PayPayゴールドでなければポイント還元率は最大1.5%

PayPayカードの中でも、最もポイント還元率が高いのがPayPayゴールドカードです。

PayPayゴールドカードは、PayPay残高へのチャージや、PayPay加盟店での支払いに利用すると、最大2%のポイント還元を受けられます。

一方、PayPayカードの一般券種はPayPayと紐づけて利用してもポイント還元率は最大1.5%となります。PayPay残高へのチャージやPayPay加盟店での支払いでポイントを貯めることができますが、還元率はPayPayゴールドカードよりも0.5%落ちてしまうのです。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

PayPayカードの決済額+PayPayの決済額の合算値が年間220万円を超える場合であれば、ゴールドカードの年会費11,000円を差し引いてもゴールドカードがお得になります。

PayPayをクレジットカード支払いにする方法

PayPayをクレジットカード支払いにする方法は、以下の手順を踏む必要があります。

PayPayをクレジットカード支払いにする方法
  • PayPayアプリにクレジットカードを登録する
  • クレジットカードを支払い方法として設定する
  • クレジットカードでPayPay残高をチャージする

それぞれ詳しく解説していきます。

STEP
PayPayアプリにクレジットカードを登録する

PayPayアプリを開き、ホーム画面下部の「ウォレット」タブをタップします。

次に、「支払い方法」をタップし、「クレジットカード」を選択します。カード情報を入力する画面が表示されるので、カード番号、有効期限、セキュリティコード(CVV)を入力します。

カード名義人の名前も入力が必要な場合があります。

入力が完了したら、「カードを追加」をタップして登録を完了します。

なお、一部のクレジットカードでは、カード発行会社による認証が必要な場合があります。

その際は、画面の指示に従って認証を完了してください。

STEP
クレジットカードを支払い方法として設定する

クレジットカードの登録が完了したら、PayPayアプリのホーム画面下部にある「ウォレット」タブをタップします。

次に、「支払い方法」をタップし、登録したクレジットカードを選択します。

「支払い方法として設定する」をタップすると、選択したクレジットカードがPayPayの支払い方法として設定されます。

これで、PayPay残高が不足している場合でも、自動的にクレジットカードから引き落とされるようになります。

ただし、クレジットカードの利用限度額を超える支払いはできないので注意が必要です。

STEP
クレジットカードでPayPay残高をチャージする

PayPay残高が不足している場合は、クレジットカードを使ってチャージ(入金)することもできます。

PayPayアプリのホーム画面下部にある「ウォレット」タブをタップし、「チャージ」をタップします。

チャージ金額を選択し、支払い方法として登録したクレジットカードを選択します。

「チャージする」をタップすると、選択した金額がクレジットカードから引き落とされ、PayPay残高に反映されます。

チャージには手数料がかからないので、必要な金額を随時チャージして使うのがおすすめです。

ただし、チャージ額には上限があるので、一度にチャージできる金額は限られています。

PayPayとの紐づけ以外にもクレジットカードとして優秀なPayPayカード

PayPayカードがクレジットカードとしても優秀な理由として、以下の点が挙げられます。

PayPayとの紐づけ以外にもクレジットカードとして優秀なPayPayカード
  • ナンバーレス仕様でセキリュティ面も安心
  • タッチ決済でスムーズに決済ができる
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用時にポイント還元率アップ
  • PayPayゴールドは自動付帯の旅行保険と空港ラウンジサービスが魅力的

それぞれ詳しく解説していきます。

ナンバーレス仕様でセキュリュティ面も安心

PayPayカードは、カード表面にクレジットカード番号が印字されていないナンバーレス仕様を採用しています。

これにより、カードを紛失したり盗難に遭ったりした際に、不正利用のリスクを大幅に軽減することができます。ナンバーレス仕様は、カード番号が印字されていないだけでなく、磁気ストライプやICチップにもカード番号が記録されていません。

代わりに、専用のアプリやオンラインサービスを通じて、都度カード番号を確認する仕組みになっています。

さらに、PayPayカードでは、利用限度額の設定やリアルタイムの利用通知など、セキュリティ面で充実した機能が用意されています。

カードの利用があった際には、すぐにアプリやメールで通知が届くため、不正利用の早期発見にも役立ちます。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

昨今では三井住友カード(NL)を筆頭にさまざまなカードのナンバーレス化が進んでいます。

タッチ決済でスムーズに決済ができる

PayPayカードは、非接触型決済であるタッチ決済に対応しています。

タッチ決済とは、カードをリーダーにかざすだけで決済が完了する便利な機能です。わずか数秒で決済が完了するため、レジでの待ち時間を大幅に短縮することができます

特に、昨今の感染症対策としても注目されているタッチ決済は、カードを手渡す必要がないため、非接触で衛生的に決済を行うことができます。また、暗証番号の入力が不要なため、他人に暗証番号を見られる心配もありません。

利便性と経済性を兼ね備えたPayPayカードは、クレジットカードとして優れた選択肢の一つといえるでしょう。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用時にポイント還元率アップ

PayPayカードは、Yahoo!ショッピングやLOHACOでの利用時に、5%のポイント還元率を享受できます。

PayPayカードを利用して買い物をすると、通常のPayPayボーナスに加えて、追加のボーナスが付与されるため、お得にショッピングを楽しむことができます。

また、キャンペーン期間中は、ポイント還元率がさらにアップすることもあるため、大きな買い物をする際には特にお得になります。

PayPayカードゴールドは自動付帯の旅行保険と空港ラウンジサービスが魅力的

PayPayカードゴールドは、クレジットカードとしての機能だけでなく、旅行に関連する特典も充実しています。

特に、自動付帯の旅行保険と空港ラウンジサービスは、旅行好きな方にとって大変魅力的な特典といえます。

PayPayゴールドカードには、国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険が自動的に付帯しています。国内旅行傷害保険は、国内旅行中の事故によるケガや死亡に対して補償が受けられます。一方、海外旅行傷害保険は、海外旅行中の事故だけでなく、病気の治療費用なども補償の対象となります。

また、PayPayゴールドカードには、国内外の主要空港にある空港ラウンジを無料で利用できるサービスが付いています。空港ラウンジでは、飲食やWi-Fi、シャワールームなどの設備を利用することができ、快適に旅行の時間を過ごすことができます。特に、長時間の乗り継ぎや飛行機の遅延などの際には、空港ラウンジを利用することで、ストレスを軽減することができるでしょう。

このように、PayPayゴールドカードは、自動付帯の旅行保険と空港ラウンジサービスが魅力的な特典となっています。

旅行が好きな方や、ビジネスで頻繁に出張される方にとって、PayPayゴールドカードは、旅行をより快適で安心なものにしてくれる頼もしいパートナーといえるでしょう。

お店やサービスによってはPayPayと他のクレジットカードを使い分けよう

必ずしもPayPayだけがお得な決済手段とは限りません。クレジットカードによってポイント還元率がアップするお店やサービスは異なるため、支出の内訳によっては「他のクレジットカードの方がお得だった」なんてことも少なくありません

例えば三井住友カード(NL)はセブンイレブンやローソン、ファミリーマート等のコンビニ決済時にタッチ決済でポイント還元率が7%になります。

そのため、月に2万円コンビニに使っていたとすると、PayPayカード(還元率1.5%とする)の場合には300ポイント、三井住友カード(NL)の場合には1,400ポイントと実に1,100円相当の差が生まれます。

クレジットカードの優待等が無い店舗であれば、基本還元率の高いPayPayカードでも良いかと思います。一方で、優待店である上にそのお店をよく使うのであれば、関連したクレジットカードで決済すると良いでしょう。

本章では特定の店舗やサービスでお得になる且つ、基本スペックの高いクレジットカードをご紹介いたします

スクロールできます
券種年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法

三井住友カード(NL)
無料満18歳以上の方(高校生は除く)0.50〜7.00%VポイントVISA / Mastercard即日発行
即時(最短30秒)
※最短30秒発行受付時間:9:00〜19:30
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
〜100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

三井住友カード ゴールド(NL)
5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
0.50〜7.00%VポイントVisa / Mastercard即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

JCB CARD W
無料18歳以上~39歳以下(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
1.00%~10.50%Oki DokiポイントJCB即日発行
※ナンバーレスカード申込み時
※モバ即の入会条件は以下2点になります。
①9:00AM~8:00PMで申込み。
②顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※番号ありの場合、通常1週間程度、最短3営業日
海外:~100万円

JCBカード S
無料18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
0.50%~10.00%Oki DokiポイントJCB即日発行
※モバ即の入会条件は以下2点になります。
①9:00AM~8:00PMで申込み。
②顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはJCB公式サイトをご確認ください。

SAISON GOLD Premium
11,000円
※年間利用金額100万円以上で翌年以降永年無料
18歳以上(高校生を除く)0.50%~2.50%永久不滅ポイントVISA / JCB / AMEX最短3営業日
通常1週間
国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い、リボ払い

三菱UFJカード
1,375円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※楽Pay利用分が翌月以降に繰越されると、次回の年会費半額
※学生は在学中年会費無料
18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
未成年の方は親権者の同意が必要
0.40%~19.0%グローバルポイントVISA / Mastercard / JCB / AMEX最短翌営業日
お申し込みから約1週間
10万円~100万円
社会人は10~100万円、学生は10~30万円
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(高校生は除く)
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
交換可能ポイントVJAギフトカード
Amazon
App Store
iTunes
GooglePlayギフトカード
IDの利用代金
dポイント
楽天ポイントなど
ポイント有効期限~12ヶ月
交換可能マイルANAマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短30秒)
※最短30秒発行受付時間:9:00〜19:30
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠〜100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療50万円
疾病治療
50万円
携行品損害15万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。
おすすめポイント・特徴
  • 最短30秒で即日発行が可能
  • 年会費は永年無料
  • 学生ならポイント還元率が最大10%
  • 溜まったVポイントは他社ポイントに交換可能

三井住友カード(NL)のメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料で利用できる
  • 対象店舗でスマホのタッチ決済利用でポイント最大7%還元
  • 最短10秒で発行でき、すぐに利用可能
デメリット
  • 通常のポイント還元率は0.5%と低め
  • ショッピング保険などの付帯保険がない
  • ネット利用時にカード番号の確認が面倒

三井住友カード(NL)のキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大17,600円相当のVポイントがもらえる
  • 特典①:新規入会後にスマホのタッチ決済利用で5,000円分プレゼント
  • 特典②:SBI証券口座開設&クレカ積立などで最大12,600円相当のVポイントプレゼント

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : お得なキャンペーン実施中|三井住友カード

三井住友カード(NL)の特徴

三井住友カード(NL)は、年会費永年無料で、高いポイント還元率が魅力のクレジットカードです。

カード券面にはカード番号や有効期限が印字されていないナンバーレスデザインを採用しており、不正利用のリスクを低減。カード情報はスマホアプリ「Vpass」から安全に確認できるので、安心・安全にご利用いただけます。

ポイント還元率は、通常の利用で0.5%、対象のコンビニやファーストフード店などでスマホのタッチ決済を利用すると最大7%と高水準。

貯まったポイントは、1ポイント=1円として、カードの支払いに充当したり、提携先のポイントに交換できる使い勝手の良さも特徴です。

海外・国内旅行傷害保険も最高2,000万円と充実しており、ネットショッピングでの不正利用補償など、あると嬉しい付帯保険がしっかりカバー。

即時発行にも対応しているので、カード発行までWeb完結でスピーディー。ポイント還元率の高さと使いやすさを兼ね備えた、おすすめのクレジットカードです。

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)
年会費5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVisa / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / PiTaPa / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害20万円
賠償責任2,500万円
救援者費用150万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。

※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※Google Pay™ で、Mastercard®タッチ決済はご利用いただけません。ポイント還元は受けられませんので、ご注意ください。

おすすめポイント・特徴
  • 年間100万円の利用で年会費が永久無料
  • アプリで一括管理ができる
  • 空港ラウンジサービスが無料で利用可能

三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリット

メリット
  • 年間100万円以上利用で翌年以降年会費永年無料
  • 年間100万円以上利用で毎年1万ポイント獲得
  • 対象店舗でのタッチ決済利用でポイント最大7%還元
デメリット
  • 基本ポイント還元率は0.5%と低め
  • ディズニーのスポンサーラウンジは利用不可
  • 年間100万円以上利用しないと年会費がかかる

三井住友カード ゴールド(NL)のキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大9,000円相当のVポイントがもらえる
  • 新規入会で1,000円相当のVポイントがもらえる
  • カードご入会月+2ヵ月後末までを期間とし、利用金額の10%(最大8,000円相当)のVポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : お得なプラン実施中|クレジットカードの三井住友カード

三井住友カード ゴールド(NL)の特徴

三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費5,500円(税込)のゴールドカードです。年間100万円以上利用すると、翌年以降の年会費が永年無料+10,000円相当のポイントプレゼント特典があります。

また、セブン-イレブンやローソン、マクドナルドなどの対象店舗でスマホのタッチ決済を使うと最大7%還元と高い還元率を誇ります。

国内・海外の主要空港のラウンジも無料で利用でき、最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険など充実の付帯保険も魅力です。 カード番号や有効期限が印字されないナンバーレスで、セキュリティ面でも安心。

公共料金の支払いや日々の買い物など、幅広いシーンで活用でき、ポイント還元や各種優待特典を賢く使いこなせば、年会費以上のメリットが得られるでしょう。

ステータス性のあるゴールドカードをお得に持ちたい方におすすめのカードです。

JCB CARD W

JCB CARD W
年会費無料
申し込み資格18歳以上~39歳以下(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~10.50%
ポイント名Oki Dokiポイント
交換可能ポイントJCBギフトカード
Amazon
スターバックス
楽天Edy
東京ディズニーリゾートなど
ポイント有効期限~24ヶ月
交換可能マイルANAマイル
JALマイル
スカイマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード即日発行
※ナンバーレスカード申込み時
※モバ即の入会条件は以下2点になります。
①9:00AM~8:00PMで申込み。
②顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※番号ありの場合、通常1週間程度、最短3営業日
ショッピング利用可能枠海外:~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員と同時入会の場合、2枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害100万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • ナンバーレスタイプがありセキュリティ面が安心
  • JCB特約店での還元率が大幅にアップ
  • キャッシュレス決済が利用でき便利

JCB CARD Wのメリット・デメリット

メリット
  • 39歳以下なら年会費永年無料で持てる
  • 一部の店舗では最大5.5%の高還元率
  • 「JCBオリジナルシリーズサイト」でさらにポイントアップ可能
デメリット
  • 40歳以上は新規申し込みできない

JCB CARD Wのキャンペーン情報

キャンペーン
  • ・Amazon.co.jpの利用で最大12,000円キャッシュバック!
  • ・Apple Pay・Google Payなどの利用で最大3,000円キャッシュバック!
  • ・家族追加で最大4,000円キャッシュバック

※2024年7月6日時点での情報
※参考 : JCBオリジナルシリーズ 新規入会キャンペーン

JCB CARD Wの特徴

JCB CARD Wは、年会費永年無料でありながら高い還元率を誇るクレジットカードです。

国内・海外のJCB加盟店であればどこでも、いつでもポイント2倍。Amazonでの利用なら還元率2%、スターバックスやセブン-イレブンなどの提携店舗でもさらにポイントアップ。貯まったOki Dokiポイントは、JCB PREMOに交換すれば実質還元率1.0%~10.5%に。

さらに、最短5分のスピーディな審査で、すぐにカード番号が発行されるので、申し込み当日からネットショッピングが可能。海外旅行傷害保険も最高2,000万円と充実しており、海外でのショッピングも最高100万円補償。

ETCカードも年会費・発行手数料無料と、サービス内容は非常に魅力的です。

ただし、申し込み時の年齢が18歳以上39歳以下の方に限られているため、対象年齢の方は今のうちの申し込みがおすすめです。

JCBカード S

JCBカード S
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~10.00%
ポイント名Oki Dokiポイント
国際ブランドJCB
審査・発行スピード即日発行
※モバ即の入会条件は以下2点になります。
①9:00AM~8:00PMで申込み。
②顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはJCB公式サイトをご確認ください。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害20万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考■JCBスマートフォン保険
事故発生時点から過去3ヵ月分のスマホ利用料金をカードで支払っている場合、購入後24ヵ月以内のスマートフォンを対象に、ディスプレイ破損(画面割れ)を年間最高3万円(1事故につき自己負担額1万円)まで補償
おすすめポイント・特徴
  • ETCや家族カードが無料で利用可能
  • ナンバーレスカードがありセキュリティ面で安心
  • 最大3万円のスマートフォン保険が付帯している

JCBカード Sのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料でランニングコストがかからない
  • 基本還元率0.5%だが、スマリボ等で最大1.5%還元も可能
  • JCB優待クラブで国内外20万箇所以上の優待が受けられる
デメリット
  • JCBカードWと比べると、ポイントアップ祭の還元率が低い

JCBカード Sのキャンペーン情報

キャンペーン
  • Amazon.co.jpの利用で最大15,000円キャッシュバック!
  • Apple Pay・Google Pay(TM)・MyJCB PayまたはApp store・Google Play ご利用で最大3,000円キャッシュバック!
  • 家族追加で最大4,000円キャッシュバック&利用でポイント2倍!

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : JCBオリジナルシリーズ 新規入会キャンペーン情報

JCBカード Sの特徴

JCBカード Sは、年会費永年無料でありながら、充実した特典とサービスが魅力の1枚です。

国内外20万ヵ所以上で割引優待が受けられる「JCBカード S 優待 クラブオフ」が付帯しており、グルメ、レジャー、エンタメなど様々なシーンでお得に利用できます。さらに、JCBスマートフォン保険が利用付帯のため、スマホの画面破損時も安心です。

セキュリティ面でも、JCBならではの補償サービスが充実。

海外旅行傷害保険は最高2,000万円補償の利用付帯タイプです。

ポイント還元率は0.5%と平均的ですが、JCBオリジナルシリーズ加盟店での利用ならポイント還元が最大20倍にアップ貯まったOki Dokiポイントは、JCB PREMOに交換すれば最大10%の高還元率になります。

年会費無料で、ポイントよりも優待特典やサービスを重視したい方におすすめのカードです。特に、家族でよく外食したりレジャーを楽しむ方には、クラブオフの割引が大変お得でしょう。

SAISON GOLD Premium

SAISON GOLD Premium
年会費11,000円
※年間利用金額100万円以上で翌年以降永年無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率0.50%~2.50%
ポイント名永久不滅ポイント
国際ブランドVISA / JCB / AMEX
審査・発行スピード最短3営業日
通常1週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い、リボ払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / Suica / PASMO
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約300万円
疾病治療300万円、家族特約300万円
携行品損害20万円、家族特約20万円
賠償責任2,000万円、家族特約2,000万円
救援者費用100万円、家族特約100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円、家族特約1,000万円
入院保険金日額5,000円、家族特約5,000円
通院保険金日額3,000円、家族特約3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考

SAISON GOLD Premiumのメリット・デメリット

メリット
  • 年間100万円以上利用で翌年以降の年会費が永年無料
  • 提携映画館で映画料金が1,000円で鑑賞可能
  • コンビニ・カフェ・マクドナルドで最大5%ポイント還元
デメリット
  • 初年度の年会費が11,000円とやや高め
  • 即日発行ができず、カード発行に時間がかかる
  • 国際ブランドにMastercardを選択できない

SAISON GOLD Premiumのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会でVisa、またはJCBをお選びの方最大11,000円キャッシュバック
  • 利用金額の10%(最大8,000円)キャッシュバック
  • Visaブランドを選んだ場合、ソフトバンク、ドコモ、au、ワイモバイルのスマホ利用料金が最大3,000円キャッシュバック
  • JCBブランドを選んだ場合、3ヵ月連続QUICPayを利用すると利用金額の30%最大3,000円キャッシュバック(月上限1,000円)

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : クレジットカード新規入会キャンペーン | クレジットカードはセゾンカード

SAISON GOLD Premiumの特徴

SAISON GOLD Premium(セゾンゴールドプレミアム)は、クレディセゾンが発行する年会費11,000円(税込)のゴールドクレジットカードです

年間利用額100万円以上で翌年以降の年会費が永年無料になるお得な特典があります。

ポイント還元率は通常0.5%ですが、年間利用額に応じて最大1%の高還元率を実現。さらに、セブンイレブン、ローソン、スターバックス、マクドナルドなどのコンビニ・カフェでは最大5%のポイント還元率を誇ります。

映画好きの方には嬉しい、TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマ、MOVIX、松竹マルチプレックスシアターズ、シネマサンシャインの5つの映画館で、映画料金が1,000円(税込)になる優待サービスも大きな魅力です。

海外・国内旅行傷害保険が最高1,000万円付帯し、国内主要空港のラウンジサービスも無料で利用可能。

ゴールドカードならではの充実した特典を備えています。

ポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」の魅力と合わせて、利便性の高いゴールドカードとして注目を集めています。

三菱UFJカード

三菱UFJカード
年会費1,375円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※楽Pay利用分が翌月以降に繰越されると、次回の年会費半額
※学生は在学中年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
未成年の方は親権者の同意が必要
ポイント還元率0.40%~19.0%
ポイント名グローバルポイント
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード最短翌営業日
お申し込みから約1週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
社会人は10~100万円、学生は10~30万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:440円(初年度無料)
※対象:配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生・未成年の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害100万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円(リボ払い・分割払いの場合のみ)
備考■海外旅行保険は年間のショッピングご利用額に応じて「2,000万円プラン」と「100万円プラン」のいずれかに変動(100万円プランの場合は、死亡後遺傷害:最高100万円、傷害治療:20万円、疾病治療:20万円、携行品損害:100万円、賠償責任:100万円、救援者費用:50万円)
■携行品損害
1旅行につき20万円(自己負担額:1事故につき3,000円)
おすすめポイント・特徴
  • メガバンク発行でセキュリティが安全
  • 年間1回でも利用すれば年会費が無料になる
  • 対象の店舗利用で最大19%ポイント還元

三菱UFJカードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が実質無料で利用できる
  • 対象店舗で最大19%のポイントが還元される
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯
デメリット
  • ポイント還元率が他社と比べて低め
  • リボ払いの手数料が高い
  • 電子マネーはQUICPay対応のみ

三菱UFJカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 対象店舗の利用でグローバルポイント最大19%還元
  • 新規入会で最大15000円相当(グローバルポイント3000ポイント)プレゼント

※2024年777日時点での情報
※参考 : 三菱UFJカード 新規ご入会特典 最大15,000円相当[グローバルポイント3,000ポイント]プレゼント!|クレジットカードなら三菱UFJニコス

三菱UFJカードの特徴

三菱UFJカードは、三菱UFJフィナンシャル・グループが提供する安心と信頼のクレジットカードです。PayPayへの登録が可能なVisa、Mastercard、JCB、American Expressの4つの国際ブランドから選べます。

通常のショッピングでは、200円ごとに1ポイント(0.5%)の「グローバルポイント」が貯まります。セブン-イレブン、ローソン、松屋などの対象店舗では還元率が5.5%にアップするお得な特典もあります。貯まったポイントは、Amazonギフト券などの人気商品に交換したり、最大5,000円分をキャッシュバックに充当できます。

さらに、最高2,000万円の海外旅行傷害保険やショッピング保険など、充実した付帯保険でいざというときも安心です。

年会費は1,375円(税込)ですが、年1回以上の利用で翌年度は無料になります。加えて、最短翌営業日発行の即日発行サービスもあり、申し込みから最短5営業日でカードが届きます。

普段使いからPayPay決済、海外旅行まで幅広くお得に使えるクレジットカードを探している方におすすめです。

PayPayに関するよくある質問

PayPayに関するよくある質問は、主に以下のものが挙げられます。

PayPayに関するよくある質問
  • PayPayカードを直接使うのとPayPayに紐づけて使うのはどちらがお得ですか?
  • PayPayとPayPayカードの組み合わせによるポイント二重取りとはどういう事ですか?
  • PayPayカード以外でPayPayのクレジット払いをしてもPayPayポイントは貯まらないんですか?
  • PayPayで決済してもポイントがつかないお店があるって本当ですか?

それぞれ詳しく解説していきます。

PayPayカードを直接使うのとPayPayに紐づけて使うのはどちらがお得ですか?

PayPayカードを直接使用する場合とPayPayアカウントに登録したクレジットカードを使用する場合では、それぞれメリットがあります。

PayPayカードを直接使用する最大の利点は、PayPayボーナスが付与されることです。

PayPayカードでの支払いに対して、支払額の0.5%~3%のPayPayボーナスが付与されます。

また、PayPayカードはVisa加盟店であれば国内外のどこでも利用でき、利便性が高いのも魅力です。

一方、PayPayアカウントに登録したクレジットカードを使用する場合、そのクレジットカード自体の特典を受けられるのがメリットです。

例えば、楽天カードをPayPayに紐づけた場合、楽天ポイントが貯まります。

また、PayPayに登録できるクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Discoverと幅広いので、自分に合ったクレジットカードを選べます。

結論として、PayPayボーナスを重視するならPayPayカードを直接使用し、クレジットカード独自の特典を重視するならPayPayにクレジットカードを紐づけて使用するのがおすすめです。

自分のライフスタイルに合わせて、使い分けると良いでしょう。

PayPayとPayPayカードの組み合わせによるポイント二重取りとはどういう事ですか?

PayPayとPayPayカードを組み合わせることで、お得にポイントを貯めることができる「ポイント二重取り」について説明します。

PayPayアプリでの支払いに加え、PayPayカードを利用することで、さらにポイントを獲得できるのです

まず、PayPayアプリでの支払いでは、支払い金額の0.5%~1%のPayPayボーナスを獲得できます。

これに加えて、PayPayカードを利用すると、カードのご利用金額に応じて、最大1.5%のPayPayボーナスを追加で獲得することができます。

例えば、10,000円の買い物をPayPayアプリで支払い、さらにPayPayカードを利用した場合、以下のようなポイント獲得が可能です:

  1. PayPayアプリでの支払い:10,000円 × 1% = 100円相当のPayPayボーナス
  2. PayPayカードのご利用:10,000円 × 1.5% = 150円相当のPayPayボーナス

合計で250円相当のPayPayボーナスを獲得できることになります。

これが「ポイント二重取り」の仕組みです。

ただし、PayPayカードのボーナス付与率は、カードの種類によって異なります。

また、一部の加盟店ではポイント付与の対象外となる場合もありますので、ご注意ください。

PayPayカード以外でPayPayのクレジット払いをしてもPayPayポイントは貯まらないんですか?

はい、その通りです。

PayPayでクレジットカード払いをする場合、PayPayカード以外のクレジットカードを使用してもPayPayポイントは貯まりません。

PayPayカードは、PayPayアプリとの連携に特化したクレジットカードで、PayPay加盟店での利用で通常1%、条件を満たすと最大1.5%のPayPayポイントが貯まります。

一方、PayPayカード以外のクレジットカードを登録して利用した場合は、そのクレジットカード独自のポイントは貯まるものの、PayPayポイントの付与はありません。

したがって、PayPayでの支払いでPayPayポイントを効率的に貯めたい場合は、PayPayカードの作成がおすすめです。

PayPayで決済してもポイントがつかないお店があるって本当ですか?

はい、PayPayで決済してもポイントがつかないお店が存在します。

PayPayのポイント付与は加盟店ごとに異なり、一部の店舗ではポイント付与の対象外となっています

主な理由としては、加盟店がPayPayのキャンペーンに参加していない場合や、PayPayの方針により対象外とされている業種の店舗などが挙げられます

例えば、一部のコンビニエンスストアやドラッグストアなどでは、200円以上の購入でもポイントが付与されないケースがあります。

ただし、多くの店舗ではPayPay決済でポイントが付与されます。

実店舗の場合、店頭にPayPayのロゴマークがあるお店が対象です。

ネットサービスの場合は、PayPay残高とPayPayクレジットでの支払いが可能な店舗でポイントを獲得できます。

PayPayアプリの取引履歴で「PayPayポイント付与処理中」と表示されている場合、ポイント付与が完了していないだけで、通常は30日以内に付与されます。

不明点がある場合は、PayPayの公式ヘルプやチャットサポートで確認するのがおすすめです。

PayPayユーザー・ソフトバンクユーザーならPayPayカードは必ず持っておきたい1枚

PayPayユーザー・ソフトバンクユーザーにとって、PayPayカードは持っておくべきクレジットカードの1枚です。

PayPayカードは、PayPay残高へのチャージや、PayPay残高が不足した際の支払いに自動的に利用されるため、スムーズにPayPayを活用できます。

また、PayPayカードを利用することで、最大2%のPayPayボーナスを獲得できる上、ソフトバンク関連の料金は最大10%のポイント還元がなされます。

他にもYahoo!ショッピングでのお買い物でPayPayポイントが貯まったり、Yahoo!予約などの各種サービスで特典を受けられたりと、PayPayの枠を超えて活用の幅が広がります。

年会費永年無料で発行でき、PayPayユーザーなら申し込み資格を満たしやすいのもポイントです。

PayPayをメインの決済手段としている方は、ぜひPayPayカードを検討してみてください。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

本カードで紹介させていただいたカード以外にも「もっとお得なカードを知りたい!」という方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次