三井住友カードゴールド(NL)のメリット・デメリットは?年会費を無料にする方法や付帯特典について解説

三井住友カードゴールド(NL)のメリット・デメリットは?年会費を無料にする方法や付帯特典について解説のアイキャッチ画像

今回は、三井住友カード ゴールド(NL)のメリットとデメリットについて詳しく解説します。ゴールドカードならではの豊富な特典や、年会費を無料にする方法など、お得な情報が満載

年会費は11,000円(税込)と高めに設定されていますが、一定の条件を満たせば無料になる可能性もあります。

本記事では、三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを中心に、カードの概要や付帯特典、年会費無料の条件などを詳しく紹介します。

上手にカードを活用して、ゴールドカードライフを満喫しましょう。

目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

三井住友カードゴールド(NL)の基本情報

三井住友カードゴールド(NL)
年会費5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVisa / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / PiTaPa / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害20万円
賠償責任2,500万円
救援者費用150万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。

※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※Google Pay™ で、Mastercard®タッチ決済はご利用いただけません。ポイント還元は受けられませんので、ご注意ください。

おすすめポイント・特徴
  • 年間100万円の利用で年会費が永久無料
  • アプリで一括管理ができる
  • 空港ラウンジサービスが無料で利用可能

年間利用額100万円で翌年以降の年会費が永年無料!ポイント還元率も高いポイント特化ゴールドカード

三井住友カードゴールド(NL)は、年会費11,000円(税込)のゴールドカードですが、年間利用額が100万円以上であれば、翌年度以降の年会費が永年無料になるお得な特典があります。また、年間利用特典として1万円相当のポイントをもらうことができます。

年間100万円の利用と聞くと、高いハードルに感じるかもしれません。しかし、1ヶ月あたりに換算すると約8.3万円の利用で条件をクリアできる計算です

家族カードの利用額も合算されるため、家族で協力して利用すれば、より達成しやすくなるでしょう。

また、三井住友カードゴールド(NL)は、ポイント還元率が0.5%ですがコンビニやファミレス、カフェのチェーン店等で最大7.0%還元。日常的に利用シーンの多い店舗でポイント還元率が上がるため、総合的には還元率1.0%のカード以上にお得になることもあるでしょう。

貯まったポイントは、1ポイント=1円として、キャッシングやカード利用代金の支払いに充当できます。

以上のように、三井住友カードゴールド(NL)は、年間100万円の利用で翌年度以降の年会費が永年無料になる太っ腹な特典が魅力です。

三井住友カードゴールド(NL)7つのメリット

三井住友カードゴールド(NL)のメリットは、主に以下の内容が挙げられます。

三井住友カードゴールド(NL)のメリット
  • 年間100万円以上の利用で、翌年以降の年会費が永年無料+10,000円相当のポイントプレゼント
  • 対象のコンビニ・ファーストフード・ファミレスなどでポイント最大7%還元
  • 国内・海外旅行傷害保険や国内主要空港ラウンジサービスなど、ゴールドカードならではの充実した特典
  • 即時発行が可能で、最短10秒でカードを発行できる
  • 家族カードの年会費が無料
  • SBI証券のつみたてNISAを決済するとポイント還元率1.0%
  • 学生会員は様々なサブスクサービス、携帯料金がお得になる

それぞれ詳しく解説していきます。

年間100万円以上の利用で、翌年以降の年会費が永年無料+10,000円相当のポイントプレゼント

三井住友カードゴールド(NL)は、年間100万円以上利用すると、翌年以降の年会費が永年無料になるだけでなく、毎年10,000ポイント(10,000円相当)がプレゼントされる特典があります。

仮に還元率0.5%だけのカードで100万円利用した場合、獲得ポイントは5,000ポイントです。しかし、三井住友カードゴールド(NL)なら、5,000ポイントに加えて10,000ポイントが上乗せされるため、合計15,000ポイントの獲得となります。

つまり、還元率が実質1.5%にアップするのです。

この10,000ポイントは、年会費無料の条件となる年間100万円以上の利用を毎年続ける限り、ずっともらい続けることができます。

以上のように、三井住友カードゴールド(NL)は、年間100万円以上の利用で年会費が永年無料になるだけでなく、10,000ポイントの特典までついてくる、お得度の高いクレジットカードです。

対象のコンビニ・ファーストフード・ファミレスなどでポイント最大7%還元

三井住友カードゴールド(NL)は、コンビニやファーストフード、ファミレスなどの対象店舗で、ポイント還元率が最大7%にアップする魅力的な特典を備えています。

この高還元率の対象となる店舗は非常に幅広く、日常的によく利用する機会の多い店舗が含まれています。対象の店舗は以下の通りです。

ポイント還元率アップ対象店舗
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ロッテリア
  • すき家
  • 松屋
  • ガスト
  • ジョナサン
  • バーミヤン
  • ロイヤルホスト
  • マツモトキヨシ
  • ウエルシア
  • スギ薬局
  • ツルハドラッグ
  • ドトールコーヒー
  • スターバックス
  • タリーズコーヒー
  • ピザハット
  • ドミノ・ピザ

このように、三井住友カードゴールド(NL)の7%還元対象店舗は、日常生活で頻繁に利用する機会の多い店舗が中心です。コンビニでの日用品の購入や、外食、テイクアウト、カフェでの飲食など、普段の生活の中で自然とポイントが貯まっていくでしょう。

7%もの高還元率を活かせば、年間で数万円分のポイントを獲得することも十分に可能です。獲得したポイントは1ポイント=1円として、カード利用代金の支払いに充当できるので、実質的な割引と同じ効果が得られます。

国内・海外旅行傷害保険や国内主要空港ラウンジサービスなど、ゴールドカードならではの充実した特典

三井住友カード ゴールド(NL)は、国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円と手厚い補償が魅力です。

海外旅行中の事故やケガ、病気の治療費用などをカバーしてくれるので、もしもの時も安心して旅行を楽しめます。国内旅行の際も、交通機関の遅延や宿泊施設での火災などによるケガを最高2,000万円補償。

大切な旅行の思い出を、手厚い保険でしっかりガードしてくれます。

さらに、国内主要31空港とハワイ・ホノルル空港の空港ラウンジが無料で利用できるのも大きな特典です。

ゆったりとくつろげる空間で、ドリンクを飲んだり軽食を楽しんだり、出発前のひとときを快適に過ごせます。Wi-Fiやコンセントなどの設備も充実しているので、仕事や娯楽にも便利。プライベートな空間でリラックスしながら、フライトまでの時間を有意義に使えるのがうれしいポイントです。

このように、三井住友カード ゴールド(NL)は、旅行に役立つ充実した特典が満載。年会費5,500円(税込)と手頃な価格ながら、ゴールドカードならではのハイクラスなサービスを受けられるコストパフォーマンスの高さが魅力です。

利用できる空港ラウンジ一覧

利用できる空港ラウンジ一覧
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 旭川空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 富士山静岡空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 出雲縁結び空港
  • 徳島空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 高知空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 佐賀空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 宮崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

即時発行が可能で、最短10秒でカードを発行できる

三井住友カード ゴールド(NL)は、即時発行に対応しているため、カード申込み後、最短10秒でカードを発行することができます。

即時発行サービスを利用することで、カード到着を待つことなく、すぐにカードを利用し始めることができます。特にカード発行が急ぎの場合には、大変便利なサービスといえるでしょう。

家族カードの年会費が無料

三井住友カード ゴールド(NL)では、家族カードの年会費が無料となっています。

これにより、家族全員で同じカードを持ち、ポイントを貯めることができるため、家計の節約につながります。

SBI証券のつみたてNISAを決済するとポイント還元率1.0%

三井住友カード ゴールド(NL)は、SBI証券でのつみたてNISA決済に利用すると、通常の0.5%よりも高い1.0%のポイント還元率が適用されます。

これは、三井住友カードとSBI証券の提携によるサービスで、投資をしながらお得にポイントを貯められるのが魅力です。

年間100万円以上のカード利用で翌年以降の年会費が永年無料になる三井住友カード ゴールド(NL)なら、NISAの非課税枠を最大限活用しつつ、高いポイント還元も受けられるでしょう。

貯まったポイントはVポイントとなり、SMBCグループのサービスで幅広く使えます。

ただし、つみたてNISAの積立額の上限が現在は月1.6万円のため、カード利用額全体に対するポイント還元率は1.0%よりも低くなる点には注意が必要です。

とはいえ、投資とポイント還元の両立はお得感が大きいので、NISAとクレジットカードを一体的に活用したい方におすすめのサービスと言えるでしょう。

学生会員は様々なサブスクサービス、携帯料金がお得になる

三井住友カード ゴールド(NL)には学生向けの特典「学生ポイント」が付帯しています。

学生ポイント
対象サービス概要
サブスクサービス対象のサブスクリプションサービス(Amazonプライム、Netflix、Huluなど)の支払いで、通常の0.5%に加えて9.5%のポイント還元。合計10%の高還元率でポイントが貯まります。
携帯料金携帯キャリア料金(docomo、au、SoftBankなど)の支払いで、通常の0.5%に加えて1.5%のポイント還元。合計2%のポイントが還元されます。
LINE PayLINE Payのチャージ&ペイ(QRコード決済)の利用で、通常の0.5%に加えて2.5%のポイント還元。合計3%のポイントが付与されます。

分割払い・リボ払いの手数料が全額ポイント還元されるので、支払い方法を選ばずポイントが貯められます。

これらの特典を受けるのに、特別な申し込みは不要です。学生の方が三井住友カード ゴールド(NL)に入会し、職業を「学生」と申告するだけで自動的に適用されます。卒業予定年の12月末日まで、学生ポイントの対象となります。

学生の日常的な支出で手軽にポイントが貯まるお得な特典なので、賢くポイントを貯めたい学生の方におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。ただし、ポイントの加算には一定の条件や上限があるので注意が必要です。

三井住友カードゴールド(NL)5つのデメリット

三井住友カードゴールド(NL)のデメリットは、主に以下の内容が挙げられます。

三井住友カードゴールド(NL)のデメリット
  • 年会費が5,500円(税込)とやや高め。ただし年間100万円以上利用すれば翌年度以降は無料
  • 基本のポイント還元率は0.5%と一般カードと同程度。年間100万円以上利用しないと高還元率にはならない
  • 一般的なゴールドカードと比べて旅行やショッピングの特典が少ない
  • 三井住友カード ゴールドと比べると、付帯保険の保険金額が低め
  • 家族カードの発行は1枚のみ

それぞれ詳しく解説していきます。

年会費が5,500円(税込)とやや高め。ただし年間100万円以上利用すれば翌年度以降は無料

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費は、初年度から5,500円(税込)とやや高めに設定されています。

ただし、年間100万円以上カードを利用すれば、翌年度以降の年会費が無料になるため、カードの利用頻度が高い方にとっては、実質的な負担が軽減されます。

年間100万円という利用額は、月平均で約8.3万円に相当します。仮に、食費や日用品、交通費、娯楽費など、日常的な支出をすべてカードで決済するとすれば、この利用額を達成することは難しくありません。

これにより、翌年度以降の年会費が無料になるため、カードの維持にかかる費用を大幅に節約できます

ただし、カードの利用額を増やすために、不要な買い物をしたり、過剰な借金をしたりすることは避けましょう。あくまでも、必要な支出をカードで決済するという範囲内で、利用額を増やすことが賢明です。

また、カードの利用額が100万円に満たない場合でも、他のクレジットカードと比較して、三井住友カード ゴールド(NL)のメリットが上回るのであれば、年会費を支払う価値はあるでしょう。ポイント還元率の高さや、付帯保険の充実度など、自分にとって重要な要素を見極めることが大切です。

基本のポイント還元率は0.5%と一般カードと同程度。年間100万円以上利用しないと高還元率にはならない

三井住友カード ゴールド(NL)の基本ポイント還元率は0.5%と、一般的なクレジットカードと同程度です。ゴールドカードでありながら、通常利用でのポイント還元率は決して高くありません。

しかし、年間100万円以上利用すると1万円分のポイントが付与される年間利用特典があります。これにより、年間100万円以上の利用で実質的な還元率が上がるという仕組みになっています。

ただし、この特典は普段の利用におけるポイント還元率が上がるわけではありません。あくまでも年間利用特典として1万円分のポイントが付与されるだけです。

つまり、100万円利用したとしても、普段の買い物では基本の0.5%しか還元されないのです。そのため、三井住友カード ゴールド(NL)は、年間100万円以上利用する人でないと、メリットを享受しにくいカードと言えます。

一般的なゴールドカードと比べて旅行やショッピングの特典が少ない

三井住友カード ゴールド(NL)の旅行やショッピングに関する特典は、一般的なゴールドカードと比べるとやや物足りなさを感じるかもしれません。

例えば、JCBゴールドでは、国内・海外旅行傷害保険の補償額が最高1億円と、三井住友カード ゴールド(NL)の最高2,000万円を大きく上回ります。また、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、世界1,300カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できるなど、より充実した旅行特典が付帯しています。

ショッピング面でも、三井住友カード ゴールド(NL)には、他社ゴールドカードで見られるようなショッピング保険やエクステンド保証などの手厚い補償はありません。年間300万円までのショッピング補償はあるものの、一部のゴールドカードでは最高1,000万円までカバーしているケースもあります。

ただし、三井住友カード ゴールド(NL)には、コンビニやファストフード店などでの高いポイント還元率や、年間利用額に応じた年会費永年無料の特典など、他社にはない魅力もあります。

普段の利用でポイントを貯めやすく、年会費負担を抑えられるお得なゴールドカードをお探しなら、三井住友カード ゴールド(NL)は十分に魅力的な選択肢だと言えます。

三井住友カード ゴールドと比べると、付帯保険の保険金額が低め

三井住友カード ゴールド(NL)と通常の三井住友カード ゴールドを比較すると、付帯保険の保険金額に差があることがわかります。

まず、海外旅行傷害保険の傷害死亡・後遺障害の保険金額は、三井住友カード ゴールド(NL)が最高2,000万円なのに対し、三井住友カード ゴールドは最高1億円と5倍の開きがあります

また、傷害治療費用や疾病治療費用も、三井住友カード ゴールド(NL)が最高100万円なのに対し、三井住友カード ゴールドは最高300万円と3倍の差があります。

国内旅行傷害保険についても、三井住友カード ゴールドには最高5,000万円の補償がありますが、三井住友カード ゴールド(NL)には国内旅行傷害保険の付帯自体がありません。

このように、同じ三井住友カードのゴールドカードでも、ナンバーレスタイプの三井住友カード ゴールド(NL)は、通常の三井住友カード ゴールドと比べると付帯保険の保険金額が低めに設定されています。

家族カードの発行は1枚のみ

三井住友カード ゴールド(NL)の家族カードは、1枚のみの発行に限定されています

この点は、他社のゴールドカードと比べると少々不便に感じるかもしれません。

例えば、三井住友カードの通常のゴールドカードでは、家族会員を最大9名まで追加できます。また、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、家族会員の人数に上限はなく、何名でも追加可能です。家族カードを複数枚発行できれば、家族全員で同じカードを利用してポイントを貯めやすくなります。

ただし、三井住友カード ゴールド(NL)の本会員として利用する分には、ナンバーレス機能によるセキュリティ面の安心感は大きいと言えます。不正利用のリスクを減らせることに加え、コンビニでのお得な還元率など、本会員としての特典は魅力的です。

三井住友カードゴールド(NL)で年間100万円を使うための3つのコツ

三井住友カードゴールド(NL)で年間100万円を使うためのコツは、主に以下の内容が挙げられます。

三井住友カードゴールド(NL)で年間100万円を使うためのコツ
  • 公共料金や携帯代金、定期代などの固定費をカードで決済する
  • 配偶者や親、子に家族カードを発行して支出を集約する
  • 電子マネーへのチャージもクレジットカードで行う

それぞれ詳しく解説していきます。

公共料金や携帯代金、定期代などの固定費をカードで決済する

三井住友カード ゴールド(NL)で年間100万円以上の利用額を達成するには、日常的な支出をカードで決済することが重要ですが、中でも公共料金や携帯代金、定期代などの固定費をカード決済に切り替えることは非常に効果的です。

固定費は毎月発生する決まった金額の支出であるため、カード決済にすることで自動的に利用額を積み上げることができます。

例えば、月々の電気代が1万円、ガス代が5千円、水道代が3千円、携帯代が1万円、定期代が2万円だとすると、これらをすべてカード決済にするだけで、月々3万8千円、年間で45万6千円の利用額になります。

カード決済にすることで支払い忘れも防ぐことができる

固定費をカード決済にするもう一つのメリットは、支払い忘れを防げることです。口座振替やクレジットカード払いにしておけば、うっかり払い忘れて延滞料金を請求されるようなリスクを避けられます。

ただし、固定費をカード決済にする際は、利用枠が十分にあるか注意しておきましょう。

また、カード決済ができない固定費もあります。家賃や奨学金の返済、保険料などは、口座振替やコンビニ払いが一般的です。これらの支出は、カード決済に切り替えられないケースが多いでしょう。

配偶者や親、子に家族カードを発行して支出を集約する

三井住友カード ゴールド(NL)で年間100万円以上の利用額を達成するには、家族カードを活用して支出を集約することも有効な方法です

ただし、家族カードを発行する際には、いくつかの注意点があります。

家族カードの発行枚数は1枚まで

まず、三井住友カード ゴールド(NL)の家族カードは、1枚のみの発行に限定されています。複数の家族会員がいる場合は、他のクレジットカードを併用するなど、工夫が必要でしょう。

子供にカードを持たせる時は使い過ぎないように注意しよう

また、家族カードを発行する際は、家族会員のクレジットカード利用についてよく話し合い、ルールを決めておくことが大切です。

特に、子供に家族カードを持たせる場合は、利用限度額を設定したり、利用明細をこまめにチェックしたりするなど、適切な管理が求められます。家族カードの利用明細は、本会員の明細書に合算されて記載されます。

家族会員ごとの利用額を把握するには、明細書をよく確認する必要があります。

また、家族会員の利用額が予想以上に多くなり、支払いが困難になるリスクもあります。こうしたトラブルを避けるには、家族会員とのコミュニケーションを密にし、お金の管理について共通理解を持つことが重要です。

電子マネーへのチャージもクレジットカードで行う

年間100万円の利用額には、クレジットカードでチャージ可能な電子マネーへのチャージ金額も含まれます

三井住友カード ゴールド(NL)で年間100万円の利用対象となる電子マネーは、楽天ペイ、au PAY、d払い、LINE Pay、PayPay、Kyash、WebMoneyなど、幅広いサービスが対象です。

これらの電子マネーに三井住友カード ゴールド(NL)からチャージした金額は、すべて年間100万円の利用額にカウントされます。

三井住友カードゴールド(NL)のキャンペーン

三井住友カード ゴールド(NL)では2024年4月現在、以下のキャンペーンを行っています。

キャンペーン情報

新規入会&条件達成で最大10,000円相当プレゼント
 ┗内訳:新規入会&条件達成でVポイントPayギフト5,000円分プレゼント
     新規入会&5万円以上の利用でVポイント5,000円相当プレゼント
期間:2024/7/1~2024/9/1
条件:新規入会&スマホのタッチ決済3回利用/新規入会&5万円以上の利用
特典:VポイントPayギフト/Vポイント

※2024年4月3日現在の情報です。
※参考: ゴールドカードなら三井住友カード ゴールド(NL)|三井住友VISAカード

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

本キャンペーンは新規発行だけでなく、三井住友ゴールドカードの切り替えでもキャンペーンを受けることができます。

三井住友カードゴールドと三井住友カードゴールド(NL)の比較

本章では、三井住友カードゴールド(NL)と三井住友カードゴールドの違いについて比較していきます。

スクロールできます
券種詳細年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法

三井住友カード
ゴールド(NL)
詳細を見る5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
0.50〜7.00%VポイントVisa / Mastercard即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い


三井住友カード
ゴールド
詳細を見る11,000円
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費半額
※WEB明細書サービス利用+年6回以上のカード利用で年会費1,100円割引
※Visa、MasterCard両方お申込みの場合は年会費2,200円
30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
0.50%~7.00%VポイントVISA / Mastercard最短3営業日70万円~200万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
年会費は税込価格です

ポイント還元率や年会費のお得さはナンバーレスカードが圧倒的

三井住友カードゴールドと三井住友カードゴールド(NL)を比較すると、ポイント還元率の面でナンバーレスカードであるゴールド(NL)が圧倒的に有利です。

三井住友カードゴールド(NL)は、年間100万円以上の利用で翌年度以降の年会費が永年無料になるのに対し、通常の三井住友カードゴールドは利用額に関わらず年会費11,000円(税込)がかかります

また、年間利用特典の10,000ポイントの付与も考慮すると、還元率の点においてはさらに差が開くでしょう。

年会費の面でもナンバーレスカードのお得さは明らかです。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

コンビニやファミレス等でのポイント還元率アップについては、どちらのカードも共通です。

実は付帯特典にも大きな差は無く、旅行保険の差がある程度

三井住友カードゴールドと三井住友カードゴールド(NL)は、ポイント還元率や年会費の面では大きな違いがありますが、付帯特典に関しては実はそれほど差がないことをご存知でしょうか。

一方で、大きな違いがあるのが旅行傷害保険です。

通常の三井住友カードゴールドには最高1億円の海外旅行傷害保険と、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付いていますが、三井住友カードゴールド(NL)の海外旅行傷害保険は最高2,000万円、国内旅行傷害保険は付帯されていません。

保険周りが充実したカードが欲しい場合には通常のゴールドカードの方が良いでしょう。

三井住友カード(NL)と三井住友カードゴールド(NL)の比較

本章では、三井住友カードゴールド(NL)と三井住友カード(NL)の違いについて比較していきます。

スクロールできます
券種詳細年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法

三井住友カード(NL)
詳細を見る無料満18歳以上の方(高校生は除く)0.50〜7.00%VポイントVISA / Mastercard即日発行
即時(最短30秒)
※最短30秒発行受付時間:9:00〜19:30
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
〜100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

三井住友カードゴールド(NL)
詳細を見る5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
0.50〜7.00%VポイントVisa / Mastercard即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

年間利用額が100万円を超えるか否かがどちらのカードにするかのポイント

三井住友カード(NL)と三井住友カードゴールド(NL)のどちらを選ぶべきかを考える上で、年間利用額が100万円を超えるかどうかは大きなポイントになります。

三井住友カード(NL)が年会費無料であるのに対して、三井住友カードゴールド(NL)は、年会費が5,500円(税込)と高めに設定されています。

しかし、年間利用額が100万円を超えると、三井住友カードゴールド(NL)の年会費は翌年度以降永年無料になる上、+10,000円相当のポイント付与があります。その他のポイントプログラム等は両券種同等。

つまり、年間100万円以上カードを利用する人にとっては、初年度こそ年会費の負担が大きいものの、2年目以降は年会費が無料になる+ボーナスポイントによって長期的にはゴールド(NL)の方がお得になるのです。

年間利用額が100万円を超えるかどうかは、三井住友カード(NL)と三井住友カードゴールド(NL)のどちらを選ぶかを大きく左右する要因です。

自分の利用額やライフスタイルを考慮して、賢明なカード選びをしましょう。

三井住友カードゴールド(NL)の申込方法

STEP
申込フォームの入力

三井住友カード ゴールド(NL)の申し込みは、公式サイトのオンライン申込フォームから行います。

まず、氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、職業、年収などの基本情報を入力します。カード発行には本人確認書類が必要なので、運転免許証やパスポートの番号も入力しましょう。

STEP
審査

申込フォームの送信が完了すると、三井住友カードによる審査が行われます

審査では、申込フォームの記入内容に加えて、信用情報機関のデータがチェックされます

れまでにクレジットカードの利用経験があり、金融事故を起こしていない方なら、高い確率で審査に通過できるでしょう。ブラックリストに載っている方は残念ながら審査に落ちてしまいます。

カードの即時発行にも対応しているので、審査に通過すればすぐにカード情報が使えるようになります。

STEP
カード受け取りと利用開始

審査に無事通過したら、自宅にカードが郵送されてきます。到着までは1週間ほどかかります。アプリ上でカード情報を確認できる「即時発行」サービスを利用すれば、カードが届く前にネットショッピングなどを利用開始できます。

カードが届いたらサインをして、有効化の手続きを済ませれば利用開始です。三井住友カード ゴールド(NL)の支払日は、15日締めの翌月10日払い、または月末締めの翌月26日払いから選択できます。

三井住友カードゴールド(NL)に関するよくある質問

三井住友カード(NL)を使っていますが、ゴールドに切り替える際に受けられるキャンペーンはありますか?

現在、三井住友カード(NL)をお使いの方が、三井住友カード ゴールド(NL)に切り替える際に受けられる特別なキャンペーンはありません

三井住友カード ゴールド(NL)の”メリットがない”と言われるのは何故ですか?

三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費が5,500円(税込)と他のゴールドカードと比べて安価な一方で、年間100万円以上利用すれば翌年度以降は年会費が永年無料になるなど、お得な特典が多数あります。

しかし、一部のユーザーから”メリットがない”という声があがる理由としては、基本のポイント還元率が0.5%と低めに設定されている点が挙げられます。一般カードと同等の還元率のため、ゴールドカードならではの高還元を期待していると物足りなく感じるかもしれません。

ただし、対象のコンビニ・飲食店でスマホ決済を利用すれば最大7%の高還元を受けられるため、お店を選べば十分お得に利用できます。

また、旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなど、ゴールドカードならではの充実した特典も用意されています。年会費を上回るメリットを享受できるかどうかは、カードの使い方次第と言えるでしょう。

一般の三井住友ゴールドカードからナンバーレスに切り替えるデメリットはありますか?

三井住友ゴールドカードから三井住友カード ゴールド(NL)に切り替える際には、いくつかのデメリットがあることを理解しておく必要があります。

まず、切り替えに伴ってカード番号や有効期限が変更になるため、継続利用しているサービスへの登録情報の更新が必要になります。これは手間がかかる作業で、うっかり更新を忘れてしまうと、サービスが利用できなくなる可能性もあります。

また、三井住友カード ゴールド(NL)はナンバーレスカードである上、家族カードの発行が1枚のみに限定されています。

通常の三井住友ゴールドカードでは家族会員を最大9名まで追加できるため、家族で支出を分担したい人にとっては不便になるでしょう。

さらに、三井住友カード ゴールド(NL)の付帯保険は、通常の三井住友ゴールドカードと比べると補償内容が劣る部分があります。特に、国内旅行傷害保険が付帯されていないのは、旅行好きな人にとってはデメリットと言えます。

年間利用額の集計期間はどのように設定されていますか?

三井住友カード ゴールド(NL)の年間利用額は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の利用額が集計対象となります。

つまり、カレンダー年ごとに利用額がカウントされ、その合計が100万円以上であれば、翌年の年会費が無料になるのです。

例えば、2024年1月1日から2024年12月31日までの利用額が100万円以上であれば、2025年の年会費が無料になります。

初年度に限っては、カード発行月によって集計期間が異なります。カードを発行した月から、その年の12月31日までが初年度の集計期間となるのです。

年間100万円利用の計測対象外となる決済は何がありますか?

以下の決済は、年間100万円の利用額に含まれないので注意が必要です

  1. キャッシング・カードローン
    クレジットカードを使ったキャッシングやカードローンは、年間利用額の計測対象外となります。これらは、カードショッピングとは異なる扱いになるためです。
  2. リボ払い・分割払いの手数料
    リボ払いや分割払いを利用した場合、手数料部分は年間利用額の計測対象外となります。商品やサービスの購入金額のみ
  3. 公共料金の支払い
    電気料金やガス料金、水道料金などの公共料金を、クレジットカードで支払った場合、その金額は年間利用額の計測対象外となります。ただし、携帯電話料金や固定電話料金は、利用額に含まれます。
  4. 税金・各種手数料の支払い
    所得税や住民税、自動車税などの税金を、クレジットカードで支払った場合、その金額は年間利用額の計測対象外となります。また、各種行政手数料や、クレジットカードの年会費なども、利用額に含まれません。

これらの決済は、年間100万円の利用額に含まれないため、カード利用計画を立てる際には注意が必要です。

三井住友カード(NL)や三井住友カードゴールドから切り替える際にカード番号は変わりますか?

三井住友カード(NL)や三井住友カードゴールドから三井住友カード ゴールド(NL)に切り替える際には、カード番号が変更されます。

まとめ

三井住友カード ゴールド(NL)は、高いポイント還元率と年会費永年無料の特典が魅力的なクレジットカードです。

特に、コンビニやファーストフード店での利用では、最大7%という業界トップクラスの還元率を誇ります。また、年間100万円以上の利用で翌年度以降の年会費が永年無料になるため、カードを長期的に利用するほどお得になる仕組みも大きな魅力です。

付帯保険やサービスの内容は、通常の三井住友カードゴールドと比べるとやや劣る部分もありますが、ナンバーレス機能によるセキュリティ面の安心感は大きなメリットです。

年会費以上にお得な特典が受けられる可能性が高く、長期的な利用価値が高いと言えるでしょう。三井住友カード ゴールド(NL)の特徴をよく理解した上で、賢明なカード選びをしていきましょう。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

三井住友カード ゴールド(NL)の他にも「もっとお得なカードを知りたい!」という方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次