VISAのクレジットカードおすすめ19枚を比較!還元率や年会費から見るオススメ券種を解説

VISAのクレジットカードおすすめ19枚を比較!還元率や年会費から見るオススメ券種を解説のアイキャッチ

VISAのクレジットカードは、世界中で最も広く利用されている国際ブランドです。

日本でも多くの人に愛用されており、年会費無料のものから高還元率のものまで、様々なタイプのVISAカードが発行されています。

しかし、VISAカードの種類が多すぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

クレジットカード選びで重要なのは、自分のライフスタイルに合ったカードを見つけること。年会費、ポイント還元率、付帯保険、発行スピードなど、VISAカードを比較する際のポイントは様々です。

そこで本記事では、VISAのクレジットカードの中から厳選したおすすめ19枚を、還元率や年会費などの観点から徹底比較します

初めてクレジットカードを作る方から、お得なカードを探している上級者の方まで、誰もが満足できる1枚が見つかるはずです。

VISAカードの選び方のコツも合わせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

VISAクレジットカードのおすすめ人気19選を徹底比較

VISAクレジットカードのおすすめ人気カードをご紹介します。

スクロールできます
券種年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払方法
三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
無料満18歳以上の方(高校生は除く)0.50〜7.00%VポイントVISA / Mastercard即日発行
即時(最短30秒)
※最短30秒発行受付時間:9:00〜19:30
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
〜100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
三井住友カード(NL)
三井住友カード
ゴールド(NL)
5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
0.50〜7.00%VポイントVisa / Mastercard即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

三井住友プラチナ
プリファード
33,000円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1%~15%楽天ポイントVISA / Mastercard / JCB / AMEX通常1週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
楽天カード
楽天カード
無料18歳以上
学生可
1.00%~3.00%楽天ポイントVISA / Mastercard / JCB / AMEX通常1週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

楽天ゴールドカード
2,200円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~3.00%楽天ポイントVISA / Mastercard / JCB / AMEX通常1週間~200万円
楽天ゴールドカード独自の審査基準により決定
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
11,000円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~3.00%楽天ポイントVISA / Mastercard / JCB / AMEX通常1週間~300万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
PayPayカード無料18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
※満18歳〜20歳未満の独身の方は親権者の同意が必要
1.00〜5.00%PayPayポイントVISA / Mastercard / JCB審査最短2分 / 即日発行
審査完了からカード到着まで約1週間
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い
海外:1回払い
PayPayカードゴールドPayPayカード
ゴールド
11,000円18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
1.50%~7.00%VISA / Mastercard / JCB通常1週間
審査完了からカード到着まで約1週間~10日程度
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
無料18歳以上
イオン銀行の口座をお持ちの方
0.50%~1.00%WAON POINTVISA / Mastercard / JCB通常2週間
店舗受取の場合、仮カードを即日発行
(イオンマークのあるお店ですぐに利用できるカード)
10万円〜50万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
Visa LINE Pay
クレジットカード
無料18歳以上(高校生を除く)1.00%LINEポイントVISA最短3営業日10万円~80万円
※20歳以上の学生で親権者の同意がない場合の利用枠は10万円、
同意がある場合は30万円。
0万円~50万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
「ビュー・スイカ」
カード
524円18歳以上(高校生を除く)0.50%~3.68%JRE POINTVISA / Mastercard / JCB通常2週間10万円~80万円
dカード無料18歳以上(高校生を除く)1.00~4.50%dポイントVISA / Mastercard審査/最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては
審査に数日お時間をいただく場合がございます。
あらかじめご了承ください。
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

リクルートカード
無料18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
1.20〜3.20%リクルートポイントVISA / Mastercard / JCB即日発行
JCBブランドのみモバイル即時入会サービス利用可能
※JCB公式サイト経由のみ対象
モバ即の入会条件は以下2点になります。
①9:00AM~8:00PMで申込み。
(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)
②顔写真付き本人確認書類による本人確認。
(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、
詳しくはJCB公式サイトをご確認ください。
10~100万円
※一般:10~100万円 学生:10~30万円
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
エポスカード
エポスカード
無料18歳以上(高校生を除く)0.50%エポスポイントVISA通常1週間
店舗申込(マルイ各店カードセンター)の場合、
即日発行(最短30分)
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

三菱UFJカード
1,375円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※楽Pay利用分が翌月以降に繰越されると、
次回の年会費半額
※学生は在学中年会費無料
18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
未成年の方は親権者の同意が必要
0.40%~19.0%グローバルポイントVISA / Mastercard / JCB / AMEX最短翌営業日
お申し込みから約1週間
10万円~100万円
社会人は10~100万円、学生は10~30万円
国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い

セゾンカード
インターナショナル
無料18歳以上0.50%~1.00%永久不滅ポイントVISA / Mastercard / JCB最短即日発行
デジタルカードの場合、即日(最短5分)発行
来店受取の場合、即日発行可能
即日~7営業日
国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
ANA VISAカード(一般)2,200円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+
年1回以上のカード利用で年会費1,127円(1,072円割引)
18歳以上(高校生・大学生は除く)0.50%~3.00%VポイントVISA / Mastercard通常2~3週間
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、
みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
10~80万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
ANA VISAワイドカード7,975円
※マイ・ペイすリボの登録+
年1回以上のカード利用で年会費6,902円(1,072円割引)
18歳以上0.50%~3.00%VポイントVISA / Mastercard通常2~3週間
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、
みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
20万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
ANA VISA プラチナ
プレミアムカード
88,000円
※1枚まで発行可能
30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
1.50%~4.50%VポイントVISA最短3営業日
通常1~3週間
300万円~0万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
クレジットカードのおすすめランキング根拠

当記事では以下12種の評価項目を基に、国内で発行されている主要なクレジットカード300枚以上を徹底比較し、厳正に審査した上で紹介しております。

評価項目一覧
  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 発行スピード
  • 国際ブランド
  • 付帯特典
  • 付帯保険
  • セキュリティ
  • 家族カード
  • ETCカード
  • 電子マネー機能
  • スマホ決済
  • 申込資格

以上の項目でおすすめランキングを作成するにあたり使用するのは、以下の情報です。

第三者機関の情報だけでなく、利用者の実際の口コミ・評判も考慮します。場合によっては編集部が実際に利用した上で総合的に評価します。

このような検証プロセスを経て、多くの方に安心しておすすめできるクレジットカードのみを紹介しております。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(高校生は除く)
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
交換可能ポイントVJAギフトカード
Amazon
App Store
iTunes
GooglePlayギフトカード
IDの利用代金
dポイント
楽天ポイントなど
ポイント有効期限~12ヶ月
交換可能マイルANAマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短30秒)
※最短30秒発行受付時間:9:00〜19:30
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠〜100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療50万円
疾病治療
50万円
携行品損害15万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。
おすすめポイント・特徴
  • 最短30秒で即日発行が可能
  • 年会費は永年無料
  • 学生ならポイント還元率が最大10%
  • 溜まったVポイントは他社ポイントに交換可能

三井住友カード(NL)のメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料
  • 対象店舗でのタッチ決済利用でポイント最大7%還元
  • 最短10秒での即時発行が可能
デメリット
  • 通常のポイント還元率は0.5%と低め
  • カード情報確認にアプリが必要
  • ショッピング補償が付帯していない

三井住友カード(NL)のキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大17,600円相当のVポイントがもらえる
  • 特典①:新規入会後にスマホのタッチ決済利用で5,000円分プレゼント
  • 特典②:SBI証券口座開設&クレカ積立などで最大12,600円相当のVポイントプレゼント

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : お得なキャンペーン実施中|三井住友カード

三井住友カード(NL)の特徴

三井住友カード(NL)は、年会費永年無料でありながら、お得なポイント還元率を誇るクレジットカードです。

特に、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどの対象のコンビニやファーストフード店で、スマホのタッチ決済を利用すると、通常の0.5%に加えて最大7%のポイント還元を受けられます。

さらに、カード券面には番号が印字されていないナンバーレス仕様で、セキュリティ面でも安心

海外旅行傷害保険も最高2,000万円と充実しています。

ポイントの使い道も多彩で、貯まったVポイントは、キャッシュバックをはじめ、他社ポイントやマイルに交換可能。SBI証券の投資信託積立にもクレジットカード払いでき、ポイントが貯まります。

年会費無料でありながら、ポイント還元に優れ、セキュリティ面でも安心な三井住友カード(NL)は、お得なメインカードとして利用価値の高いクレジットカードと言えるでしょう。

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カードゴールド(NL)
年会費5,500円
※年100万円以上利用で翌年度以降永久無料
申し込み資格満18歳以上(高校生を除く)
ご本人に安定継続収入のある方
ポイント還元率0.50〜7.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVisa / Mastercard
審査・発行スピード即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / PiTaPa / WAON
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害20万円
賠償責任2,500万円
救援者費用150万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。

※スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※Google Pay™ で、Mastercard®タッチ決済はご利用いただけません。ポイント還元は受けられませんので、ご注意ください。

おすすめポイント・特徴
  • 年間100万円の利用で年会費が永久無料
  • アプリで一括管理ができる
  • 空港ラウンジサービスが無料で利用可能

三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリット

メリット
  • 年間100万円以上利用で翌年以降年会費永年無料&1万円相当のポイントプレゼント
  • 対象店舗でのスマホ決済利用でポイント最大7%還元
  • 国内・海外旅行傷害保険や空港ラウンジ無料など充実の特典
デメリット
  • 年間100万円未満の利用だと年会費5,500円が発生
  • 申込資格が20歳以上と一般カードより厳しい
  • ポイントの基本還元率は0.5%

三井住友カード ゴールド(NL)のキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大9,000円相当のVポイントがもらえる
  • 新規入会で1,000円相当のVポイントがもらえる
  • カードご入会月+2ヵ月後末までを期間とし、利用金額の10%(最大8,000円相当)のVポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : お得なプラン実施中|クレジットカードの三井住友カード

三井住友カード ゴールド(NL)の特徴

三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費5,500円(税込)のゴールドカードながら、年間100万円以上利用すると翌年度以降の年会費が永年無料になるお得な1枚です。

さらに、年間100万円以上の利用で毎年10,000ポイント(10,000円相当)がプレゼントされる継続特典もあります。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどの対象店舗で、スマホのタッチ決済を利用すると最大7%のポイント還元を受けられます。

カード券面にはカード番号や有効期限が印字されないナンバーレスで、セキュリティ面でも安心です。

海外・国内旅行傷害保険は最高2,000万円、ショッピング保険は年間300万円まで補償されるなど、充実の付帯保険も魅力です。

国内主要空港やハワイのホノルル空港の空港ラウンジが無料で利用できるのも、ゴールドカードならではの特典と言えるでしょう。

年会費以上の価値があるお得なゴールドカードをお探しなら、三井住友カード ゴールド(NL)は非常におすすめです。

三井住友プラチナプリファード

三井住友プラチナプリファード
年会費33,000円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1%~15%
ポイント名Vポイント
マイル交換レート5ポイント=3マイル
マイル交換先ANAマイル
国際ブランドVISA
審査・発行スピード即日発行
即時(最短10秒)
※即時発行ができない場合があります。
※入会には連絡可能な電話番号が必要。
ショッピング利用可能枠150万円~500万円
2回払い、リボルビング払い、分割払い、およびボーナス一括払いの利用は0~200万円
キャッシング利用可能枠~100万円
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い、リボ払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約200万円
疾病治療300万円、家族特約200万円
携行品損害50万円、家族特約50万円
賠償責任5,000万円、家族特約2,000万円
救援者費用500万円、家族特約200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金20万円
航空機遅延保険
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考・「選べる無料保険」対象のため、カード申込後Vpass上で自由にカード付帯保険が選択できます。
・カード紛失・盗難時は、お届け日から60日前までさかのぼり、不正使用による損害額を補償 自己負担額(免責)3,000円
おすすめポイント・特徴
  • 特約店の利用で最大15%ポイント還元
  • コンシェルジュサービスが24時間365日利用可能
  • 国内空港ラウンジを無料で利用できる

三井住友プラチナプリファードのメリット・デメリット

メリット
  • 基本還元率が1%と高い
  • 特約店利用で最大14%のポイント還元
  • 年間利用額に応じ最大4万ポイントの継続特典(100万円利用につき1万ポイント付与)
デメリット
  • 年会費が33,000円(税込)と高額
  • プライオリティ・パスなどの付帯サービスが少ない

三井住友プラチナプリファードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用特典40,000ポイントがもらえる
  • 継続特典最大40,000ポイントがもらえる
  • 外貨ショッピングご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントがもらえる

※2024年7月5日時点での情報
※参考 : お得なプラン実施中|クレジットカードの三井住友カード

三井住友プラチナプリファードの特徴

三井住友プラチナプリファードは、ポイント還元率に特化したVISAプラチナカードです。

基本の還元率は1%と高く、プリファードストア(特約店)での利用では最大14%のポイント加算が受けられます。

海外利用でも2%のポイントアップがあり、国内外でお得にショッピングできます。

年会費は33,000円(税込)とプラチナカードの中では比較的リーズナブルです。年間300万円以上の利用で、ポイント還元と継続特典で年会費以上のポイントを獲得可能です。。

国内・海外旅行傷害保険は最高5,000万円と充実しており、国内主要空港のラウンジも無料で利用できます。ETCカードの年会費も無料です。

ポイントに特化する代わりに、一般的なプラチナカードに付帯するプライオリティ・パスなどの特典は省かれているので、ポイント重視の方に特におすすめのカードと言えるでしょう。

楽天カード

楽天カード
年会費無料
申し込み資格18歳以上
学生可
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
交換可能ポイント楽天各種サービス
マクドナルド
すき家
吉野家
ファミリーマート
出前館
ビックカメラなど
ポイント有効期限〜12ヶ月
交換可能マイルANAマイル
JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円
※楽天PointClub会員ランクがカード申込時点でプラチナ会員の場合、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの初年度年会費無料
※楽天PointClub会員ランクがETCカード年会費請求月にプラチナ会員の場合、次年度1年間の年会費無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • ポイント還元率が比較的高い
  • 楽天の各サービスをお得に利用
  • 楽天Edyもお得に使える

楽天カードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料で、ポイント還元率が1%と高い
  • 楽天市場での買い物でポイント還元率3%
  • 楽天グループのサービス利用でさらにポイントアップ
デメリット
  • ETCカードの年会費が有料(税込550円)
  • 利用明細書の郵送や電話でのサポートが有料
  • 広告メールが多く送られてくることがある

楽天カードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 楽天カード新規入会&利用で5,000ポイント
  • Uber Eats 初回利用限定総額5,000円オフクーポン キャンペーン

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : 新規入会&利用でポイント進呈|楽天カード

楽天カードの特徴

楽天カードは、楽天グループが発行する年会費永年無料のクレジットカードです。

楽天市場でのお買い物はもちろん、街のお店でも使えば使うほどポイントが貯まるお得なカードです。

カード利用100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まり、楽天市場での利用なら常に3倍のポイント還元率となります。

貯まったポイントは1ポイント=1円として、楽天カードの支払いに充当したり、楽天市場など楽天グループのサービスで使うことができます。

さらに、楽天カードには楽天Edyや楽天ポイントカードの機能も付帯しているため、財布の中のカードを減らすことができ便利です。

街のポイントカード加盟店で楽天ポイントカードを提示し、楽天カードで支払えば、ポイントが2重で貯まります。

また、楽天グループには楽天モバイルや楽天銀行など様々なサービスがあり、それらを組み合わせて利用することで楽天市場でのポイント還元率が最大15倍にもなる「SPU」というお得なプログラムがあります。

年会費無料で高還元率、使い勝手の良いポイントプログラムを備えた楽天カードは、ネットショッピングを楽しむ方におすすめのクレジットカードです。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
年会費2,200円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠~200万円
楽天ゴールドカード独自の審査基準により決定
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:550円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害20万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考カード利用お知らせメール
商品未着あんしん制度(楽天市場の店舗と連絡が困難になった場合、請求を取り消し)
ネット不正あんしん制度
カード会員専用ページ 楽天e-NAVI
スマホ・タブレット専用アプリ
おすすめポイント・特徴
  • 国内空港ラウンジが年間2回無料で利用可能
  • 楽天ポイントがどんどん貯まる
  • 楽天カードトラベルデスクが無料で利用可能

楽天ゴールドカードのメリット・デメリット

メリット
  • 楽天市場でのポイント還元率が高い (最大5倍)
  • 国内・海外の空港ラウンジが利用可能
  • 年会費が2,000円と他のゴールドカードより安い
デメリット
  • 楽天プレミアムカードと比べると特典が少ない
  • 一般カードと審査難易度はあまり変わらない
  • ETCカードの年会費は別途1,250円かかる

楽天ゴールドカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大5,000ポイントもらえる
  • 新規入会特典として2,000ポイントもらえる
  • 楽天ゴールドカードを初回利用で3,000ポイントもらえる

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : 楽天ゴールドカード新規入会&利用でポイント進呈|楽天カード

楽天ゴールドカードの特徴

楽天ゴールドカードは、年会費2,200円(税込)で充実した特典が付帯するゴールドカードです。

楽天市場でのお買い物では通常の3倍のポイントが貯まり、誕生月には+1倍のポイントアップ特典もあります。

国内主要空港やハワイ・韓国の空港ラウンジが年2回まで無料で利用でき、ETCカードの年会費も無料です。

海外旅行傷害保険は最高2,000万円の補償が利用付帯で受けられ、カード盗難保険も付帯しています。

世界38拠点にある楽天カードトラベルデスクでは、海外でのトラブル時のサポートを受けられます。

楽天グループのサービスを多く利用する方にとって、ポイントが貯まりやすく特典も充実した魅力的なカードです。

年会費はかかるものの、付帯サービスを活用することでお得にカードを利用することができるでしょう。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
年会費11,000円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
マイル交換レート1ポイント=0.5マイル
マイル交換先・JAL
・ANA
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠~300万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:550円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:4,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)
携行品損害50万円(自動付帯:20万円)
賠償責任3,000万円(自動付帯:3,000万円)
救援者費用200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考
おすすめポイント・特徴
  • 楽天市場でのポイント還元率が最大5倍
  • 国内・海外空港ラウンジを無料で利用可能
  • 海外旅行保険が自動付帯

楽天プレミアムカードのメリット・デメリット

メリット
  • 楽天市場での買い物が常に3倍のポイント還元
  • プライオリティ・パスで世界の空港ラウンジが無料で利用可能
  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯し補償が手厚い
デメリット
  • 年会費が税込11,000円と高め
  • 楽天市場をあまり利用しない人にはポイント還元メリットが薄い
  • 一般カードやゴールドカードと比べると審査が若干厳しい

楽天プレミアムカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大5,000ポイントもらえる
  • 「自動でリボ払い」に登録で2,000ポイントもらえる
  • 楽天プレミアムカードを30,000円以上の利用で3,000ポイントもらえる

※2024年7月5日時点での情報
※参考 : 楽天プレミアムカード新規入会&利用でポイント進呈|楽天カード

楽天プレミアムカードの特徴

楽天プレミアムカードは、楽天グループのサービスを存分に活用したい方におすすめのVISAカードです。

年会費は11,000円(税込)と少し高めですが、その分充実した特典が付帯しています。

まず注目したいのが、ポイント還元率の高さです。

楽天市場での買い物なら最大3倍のポイントが貯まり、楽天トラベルや楽天ブックスなどでも高い還元率を誇ります。さらに、誕生月には楽天市場・楽天ブックスのポイントが+1倍にアップするお得なサービスも。

旅行好きな方にもおすすめできるカードです。国内・海外の主要空港ラウンジが無料で利用でき、「プライオリティ・パス」も無料で発行可能。

海外旅行傷害保険も最高5,000万円と手厚く、国内旅行傷害保険も自動付帯と安心の補償内容です。

このように、楽天プレミアムカードは楽天グループのサービスをよく利用する方ほどお得になる1枚。

ポイント重視派から旅行好きな方まで、幅広い層におすすめできるプレミアムなクレジットカードと言えるでしょう。

PayPayカード

PayPayカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
※満18歳〜20歳未満の独身の方は親権者の同意が必要
ポイント還元率1.00〜5.00%
ポイント名PayPayポイント
交換可能ポイントPayPay残高へのチャージ
資産運用残高にチャージ
Yahoo!ショッピング
ヤフオク!
ポイント有効期限無期限
交換可能マイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード審査最短2分 / 即日発行
審査完了からカード到着まで約1週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • 家族カードが無料で利用可能
  • PayPayへのチャージが唯一できるカード
  • 毎月の利用状況に応じて最大1.5%還元

PayPayカードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料で利用できる
  • ポイント還元率が1.0%と高い
  • PayPayやヤフーショッピングで還元率アップ
  • PayPayと連携して使うことができる
デメリット
  • 特約店が少なめ
  • PayPayユーザーでなければメリットは薄い

PayPayカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • PayPayカード新規入会で3,000円相当のPayPayポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン – PayPayカード

PayPayカードの特徴

PayPayカードは、PayPayユーザーにおすすめのVISAブランドクレジットカードです

年会費は永年無料で、PayPayでの利用はもちろん、国内外のVISA加盟店でも幅広くご利用いただけます。

PayPayカードの最大の魅力は、お得なポイント還元率です。ポイント還元率が常時1.0%と高還元。

さらに、PayPayアプリとの連携で、PayPayでの支払いにPayPayカードを利用すると、最大1.5%のPayPayボーナスを獲得できます。貯まったPayPayボーナスは1ポイント=1円として、全国のPayPay加盟店で利用可能です。

また、Yahoo!ショッピングやLOHACOでPayPayカードを利用すると、通常の1%に加えて4%のPayPayボーナスが付与され、合計5%の高還元率を実現できます。

セキュリティ面でも安心のナンバーレス仕様を採用しており、スマホ決済のApple Payにも対応しています。

PayPayユーザーなら、ポイント還元率の高さとPayPayとの連携の良さから、ぜひ持っておきたい1枚です。

PayPayカード ゴールド

PayPayカード ゴールド
年会費11,000円
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.50%~7.00%
ポイント名
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常1週間
審査完了からカード到着まで約1週間~10日程度
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合発行不可
※3枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
傷害治療200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害30万円(自動付帯:30万円)
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)
救援者費用200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考■ショッピングガード保険
1点の購入価格が1万円以上の商品が対象
おすすめポイント・特徴
  • 国内空港ラウンジが無料で利用可能
  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーはポイントが貯まりやすい
  • PayPayアプリの残高にチャージできる

PayPayカード ゴールドのメリット・デメリット

メリット
  • 最大1.5%のPayPayポイント還元率
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOで+2%のポイント付与
  • 旅行保険やショッピングガード保険などの付帯保険
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)と高い
  • PayPayユーザーでなければメリットは薄い
  • 家族カードは保険の一部が適用されない

PayPayカード ゴールドのキャンペーン情報

キャンペーン
  • PayPayカードゴールド新規入会で5,000円相当のPayPayポイントプレゼント

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン – PayPayカード

PayPayカード ゴールドの特徴

PayPayカード ゴールドは、PayPayカードの上位版として年会費11,000円(税込)で提供されるプレミアムなクレジットカードです

国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBの3種類から選べ、ゴールドカードならではの充実した特典が魅力です。

まず注目したいのが、カード利用200円(税込)ごとに付与される1.5%のPayPayポイント還元率です。一般的なクレジットカードの還元率が0.5%~1%程度であることを考えると、非常に高い水準と言えるでしょう。

さらに、PayPayあと払いを利用すると還元率が最大2%にアップします。

ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホをお使いの方なら、携帯料金の支払いで最大10%のポイント還元を受けられるのも大きな魅力です。

光回線(SoftBank光・Air)や電気(おうちでんき・自然でんき)のご利用料金のお支払いでも、ポイントが大量に貯まります。

年会費以上にお得なサービスとして、国内主要空港やハワイの空港ラウンジが無料で利用できる特典や、最高1億円の海外旅行傷害保険、ショッピングガード保険などの充実した補償も付帯しています。

プレミアムなステータスと、ポイント還元や付帯サービスの充実ぶりを求める方におすすめの1枚です。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
年会費無料
申し込み資格18歳以上
イオン銀行の口座をお持ちの方
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名WAON POINT
交換可能ポイントSuicaへのチャージ
ETCマイレージ
イオン商品券
JCBギフトカード
dポイント
JALマイル
ユニバーサルスタジオジャパンスタジオパスなど
ポイント有効期限~24ヶ月
交換可能マイルJALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常2週間
店舗受取の場合、仮カードを即日発行(イオンマークのあるお店ですぐに利用できるカード)
ショッピング利用可能枠10万円〜50万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーWAON
電子マネーチャージiD利用 / WAON
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※3枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外50万円
国内50万円
備考カード紛失・盗難時は、お届け日の61日前からの不正使用による損害額をイオン銀行が全額補償
おすすめポイント・特徴
  • 年会費永年無料
  • イオングループ対象店舗利用でポイント還元2倍
  • 条件達成で年会費無料のゴールドカードが利用可能

イオンカードセレクトのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費無料で維持コストがかからない
  • イオングループ店舗で還元率が高くお得
  • キャッシュカード・クレジット・WAONが1枚に
デメリット
  • イオングループ以外では還元率が低い
  • 引き落とし口座はイオン銀行のみ
  • 海外旅行保険などの付帯保険がない

イオンカードセレクトのキャンペーン情報

キャンペーン
  • webからの新規入会で最大5,000ポイントプレゼント
  • 友達や家族に紹介でいつでも1,000WAONポイントもらえる(※適用条件があります)
  • イオン銀行総合口座を新規口座開設で1ヶ月間の定期預金金利が3.0%

※2024年6月18日時点での情報
※参考 : 入会金・年会費無料!選ばれ続けて会員数3,000万人突破! | イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオンカードセレクトの特徴

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカード機能とクレジットカード、電子マネーWAONが一体となった多機能カードです。

年会費は永年無料で、イオングループでのお買い物では通常の2倍のWAON POINTが貯まります。さらに、WAONへのオートチャージでもポイントが貯まるので、最大1.5%の高還元率を実現できます。

イオン銀行の普通預金金利優遇や、ATM手数料・振込手数料の割引など、銀行機能も充実しています。

また、年間50万円以上利用すると、イオンゴールドカードセレクトへの切り替えに招待されます。ゴールドカードは、ショッピング保険の補償が手厚くなったり、国内外の旅行傷害保険が付帯するなど特典が豊富です。

公共料金の支払いや給与受取口座の指定でもWAONポイントが貯まるなど、イオンでお得にお買い物したい人におすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

ネットから簡単に申し込めて、専業主婦の方でも審査に通りやすいのも魅力的です。

Visa LINE Payクレジットカード

Visa LINE Payクレジットカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率1.00%
ポイント名LINEポイント
国際ブランドVISA
審査・発行スピード最短3営業日
ショッピング利用可能枠10万円~80万円
※20歳以上の学生で親権者の同意がない場合の利用枠は10万円、同意がある場合は30万円。
キャッシング利用可能枠0万円~50万円
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージ
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
※1枚まで発行可能
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※家族カードは本会員と同時申込不可。入会後Vpassにて追加申込。
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療50万円
疾病治療50万円
携行品損害15万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円(リボ払い・分割払い(3回以上)の場合のみ)
備考・海外旅行傷害保険はカード利用条件付帯
・携行品損害は免責3,000円

Visa LINE Payクレジットカードのメリット・デメリット

メリット
  • 基本還元率が1%と比較的高い
  • LINE Payに登録すればスマホ決済も可能
  • Visaのタッチ決済に対応
デメリット
  • ポイント付与単位が1回ごとで端数は切り捨て
  • 電子マネーチャージ等は還元対象外
  • 公共料金のクレジット払いのみ還元対象

Visa LINE Payクレジットカードのキャンペーン情報

キャンペーン

Visa LINE Payクレジットカードの特徴

Visa LINE Payクレジットカードは、LINEユーザーにおすすめのクレジットカードです。

年会費が永年無料で、ポイント還元率も魅力的。カード利用200円ごとに1ポイント(0.5%)のLINEポイントが貯まります。

さらに、このカードの最大の特徴は、LINE Payアカウントと連携できる点です。

カードをLINE Payに登録すると、事前のチャージ無しでLINE Payのコード支払いが可能になる「チャージ&ペイ」機能が使えます。

チャージ&ペイを利用すると、支払い金額の5%がLINEポイントとして還元されます(月間上限500ポイント)。

Visaのタッチ決済やiDにも対応しているので、オンラインでもオフラインでも幅広く使えます。カードレスタイプも選べ、プラスチックカードを持ち歩きたくない人にもぴったり。

普段からLINEをよく使う人や、LINE Payでの支払いが多い人は、ぜひこのカードの発行を検討してみてください。

LINEポイントを効率的に貯められるだけでなく、クレジットカードとキャッシュレス決済、両方の利便性を兼ね備えた便利な1枚になるはずです。

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード
年会費524円
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率0.50%~3.68%
ポイント名JRE POINT
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常2週間
ショッピング利用可能枠10万円~80万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネーSuica
電子マネーチャージ楽天Edy / Suica
スマホ決済Apple Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:524円
※JRE POINT付与
※発行手数料0円
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害500万円
傷害治療50万円
疾病治療50万円
携行品損害
賠償責任3,000万円
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円
入院保険金日額3,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金3万円
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
おすすめポイント・特徴
  • Suica一体型カードだから通勤・通学に便利&定期券も一体型に可能
  • Suicaにオートチャージでポイント1.5%還元
  • ポイントサイト経由の買い物でお得にポイントが貯められる

「ビュー・スイカ」カードのメリット・デメリット

メリット
  • Suicaへのチャージで1.5%のポイント還元
  • 定期券や新幹線チケットの購入時にポイント還元率がアップ
  • 海外・国内旅行傷害保険が付帯
デメリット
  • 年会費が524円かかる
  • 基本のポイント還元率は0.5%と低め
  • オートチャージはJR東日本沿線のみ対応

「ビュー・スイカ」カードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会&利用で最大8000ポイントプレゼント
  • キャンペーン期間中のオンライン入会で1000ポイントプレゼント
  • JCBブランドへのご入会でさらに1000ポイントプレゼント
  • 家族カード同時入会で1000ポイントプレゼント
  • モバイルSuica5千円以上を含む15万円以上のご利用で5000ポイントプレゼント

※2024年7月7日時点での情報
※参考 : 「ビュー・スイカ」カード 春のオンライン入会キャンペーン:ビューカード

「ビュー・スイカ」カードの特徴

「ビュー・スイカ」カードは、JR東日本グループが発行するSuica機能付きクレジットカードです。Suicaのオートチャージ機能により、残高不足を気にせずスムーズに改札を通過できます。

Suicaのチャージ利用分は1.5%のポイント還元率となり、お得に利用できます。

また、「ビュー・スイカ」カードはSuica定期券としても使えるため、通勤・通学に便利です。

モバイルSuica定期券の購入で5%のポイント還元を受けられるのも魅力的。さらに、JR東日本の駅ビルでの買い物や、新幹線eチケットの購入でもポイント還元率がアップします。

年会費は524円(税込)とリーズナブルで、JR東日本をよく利用する方にとってはメリットの大きいカードと言えるでしょう。

カード紛失時の補償も充実しており、国内・海外旅行傷害保険も付帯しているため安心です。

普段からSuicaを活用し、お得にポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードです。

dカード

dカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率1.00~4.50%
ポイント名dポイント
交換可能ポイントAmazon
マツモトキヨシ
マクドナルド
UNIQLO
メルカリ
AEON
コンビニなど
ポイント有効期限~48ヶ月
交換可能マイルJALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード審査/最短5分 ※下記条件を満たしている場合
・9:00~19:50の間にお申し込みが完了していること
・引落し口座の設定お手続きがお申込み時に完了していること
※ 上記を満たしている場合でもお客様のお申込み状況によっては審査に数日お時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD
電子マネーチャージiD利用、楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害20万円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円
入院保険金日額3,000円
通院保険金日額1,000円
手術保険金
航空機遅延保険6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
ショッピング保険海外100万円
国内100万円
備考■国内手術給付金:入院保険金日額5倍または10倍
■29歳以下の方が対象
おすすめポイント・特徴
  • 年会費永年無料
  • 旅行保険・ショッピング保険が付帯している
  • d払いの支払い方法をdカードに設定&利用でポイント還元率アップ
  • ケータイ補償1年間で最大1万円

dカードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料で、お得に利用できる
  • dポイントユーザーにとって嬉しい機能が豊富
  • 100円(税込)ごとに1ポイント(1%)たまる高い還元率
  • ドコモユーザー以外でも申し込み可能
デメリット
  • ドコモユーザーのメリットが以外と弱い

dカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 現在はなし

※2024年4月12日時点での情報
※参考 : キャンペーン・おトクな情報 | dカード

dカードの特徴

dカードは、NTTドコモが発行する年会費永年無料のクレジットカードです。Visa、Mastercardの国際ブランドを搭載し、世界中で利用できます。

dカードの最大の特徴は、ドコモユーザーにとってお得なポイント還元です。いつでもどこでもショッピング利用で100円(税込)につき1ポイント(1%)のdポイントが貯まります。さらに、dカード特約店やdポイント加盟店での支払いでは、ポイント還元率が2%以上にアップします。

貯まったdポイントは、ドコモのケータイ料金の支払いやコンビニ・飲食店などのdポイント加盟店で1ポイント=1円として利用できます。

また、dカードは電子マネー「iD」機能も搭載しているので、カードをかざすだけで簡単・スピーディーに支払いができ、iD払いでもポイントが貯まります。

家族カードも年会費無料で発行でき、dカードの特典を家族みんなで受けられるのもメリットです。

dカードは、ドコモユーザーにとって、ケータイ料金のお支払いと日々の買い物で効率的にポイントを貯められ、おトクに利用できるクレジットカードです。

リクルートカード

リクルートカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.20〜3.20%
ポイント名リクルートポイント
交換可能ポイントポンパレモール
Oisix
HOTPEPPERビューティー
Pontaポイント
dポイントなど
ポイント有効期限〜12ヶ月
交換可能マイルJALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード即日発行
JCBブランドのみモバイル即時入会サービス利用可能
※JCB公式サイト経由のみ対象
 モバ即の入会条件は以下2点になります。
 ①9:00AM~8:00PMで申込み。(受付時間を過ぎた場合は、翌日受付扱い)
 ②顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
※モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはJCB公式サイトをご確認ください。
ショッピング利用可能枠10~100万円
※一般:10~100万円 学生:10~30万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ楽天Edy / Suica
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※新規発行手数料:1,100円
※発行手数料:1,100円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※発行可能枚数:19枚
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考
おすすめポイント・特徴
  • 年会費は永年無料
  • 年会無料のカードの中では比較的に還元率が高い
  • ETCカードの年会費が無料

リクルートカードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費無料で1.25%と高いポイント還元率
  • 海外・国内旅行傷害保険などの充実した付帯保険
  • 貯まったポイントはdポイントやPontaポイントに交換可能
デメリット
  • リクルートサービス以外でのポイント利用は限定的
  • ポイントをPontaポイントに交換しないと使いづらい
  • 一部の人にとってはポイント交換の手間がかかる

リクルートカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • リクルートカード(JCB)新規入会&利用で最大6,000円分のポイントプレゼント
  • 新規入会で1,000円分のポイントプレゼント
  • 初めてのカード利用で1,000円分のポイントプレゼント
  • 携帯電話料金の支払いで4,000円分のポイントプレゼント

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : 【リクルートカード(Recruit Card)】新規入会+ご利用でポイントプレゼント

リクルートカードの特徴

リクルートカードは、年会費永年無料で高い還元率を誇るクレジットカードです。

ショッピングや飲食などあらゆる利用で1.2%のポイント還元があり、リクルートが運営するサービス「じゃらん」や「ホットペッパー グルメ」「ホットペッパー ビューティー」などを利用すると、最大4.2%までポイント還元率がアップします。

貯まったポイントは、Pontaポイントやdポイントに交換可能で、全国のPontaポイント加盟店やdポイント加盟店で幅広く使えます。

Amazonでの買い物にも利用できるなど、ポイントの使い道が豊富なのが魅力です。

さらに、海外・国内旅行傷害保険やショッピング保険など、充実した付帯保険も備わっています。これだけの特典が年会費無料で付いてくるお得なカードは他にありません。

普段の生活でリクルートが運営するサービスをよく利用する方や、使い勝手の良いポイントが欲しい方におすすめのクレジットカードです。

エポスカード

エポスカード
年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
ポイント還元率0.50%
ポイント名エポスポイント
交換可能ポイントプリペイドカードへのチャージ
スターバックスカードへのチャージ
ネットショッピング利用料の立て替え
各種商品券
ギフトカード
ANAマイル
JALマイルなど
ポイント有効期限〜24ヶ月
交換可能マイルANAマイル
JALマイル
国際ブランドVISA
審査・発行スピード通常1週間
店舗申込(マルイ各店カードセンター)の場合、即日発行(最短30分)
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※1枚まで発行可能
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害3,000万円
傷害治療200万円
疾病治療270万円
携行品損害20万円
賠償責任3,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考付帯保険は国際ブランドがVISAの場合のみ適用
おすすめポイント・特徴
  • 海外旅行保険が付帯している
  • 年会費が無料で最短即日発行可能
  • マルイで年4回10%オフの優待がある

エポスカードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料
  • 海外旅行傷害保険が最高3,000万円付帯
  • マルイでの優待やポイントアップ特典が豊富
デメリット
  • 基本のポイント還元率が0.5%と高くない
  • 家族カードが発行できない
  • ATMでのキャッシング・海外でのキャッシング不可

エポスカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 新規入会で2,000ポイントもらえる

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : ご入会特典|クレジットカードはエポスカード

エポスカードの特徴

エポスカードは、年会費永年無料で即日発行も可能な便利なVISAクレジットカードです。

マルイやモディなどの系列店での買い物では、年4回の優待期間中は10%オフになるなど、お得な特典が充実しています。全国約10,000店舗の飲食店や遊園地、カラオケ、美容院などでも割引やサービスが受けられます

また、海外旅行傷害保険が利用付帯されているので、旅行代金をエポスカードで支払えば、旅先でのトラブルにも安心です。

ネットショッピングでの利用でもポイントが貯まり、貯まったエポスポイントは他社ポイントへの交換も可能です。

さらに、エポスカードのアプリを使えば、利用明細をリアルタイムで確認でき、家計管理にも役立ちます。もしもの時の紛失・盗難補償など、安心・安全面のサポートも充実しています。

年会費無料でありながら、ポイント還元や優待特典が豊富なエポスカードは、普段の買い物やお出かけ、旅行など、様々なシーンで活躍するおすすめのVISAカードと言えるでしょう。

三菱UFJカード

三菱UFJカード
年会費1,375円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※楽Pay利用分が翌月以降に繰越されると、次回の年会費半額
※学生は在学中年会費無料
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
本人に安定した継続的な収入のある方
未成年の方は親権者の同意が必要
ポイント還元率0.40%~19.0%
ポイント名グローバルポイント
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB / AMEX
審査・発行スピード最短翌営業日
お申し込みから約1週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
社会人は10~100万円、学生は10~30万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:440円(初年度無料)
※対象:配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生・未成年の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害100万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円(リボ払い・分割払いの場合のみ)
備考■海外旅行保険は年間のショッピングご利用額に応じて「2,000万円プラン」と「100万円プラン」のいずれかに変動(100万円プランの場合は、死亡後遺傷害:最高100万円、傷害治療:20万円、疾病治療:20万円、携行品損害:100万円、賠償責任:100万円、救援者費用:50万円)
■携行品損害
1旅行につき20万円(自己負担額:1事故につき3,000円)
おすすめポイント・特徴
  • メガバンク発行でセキュリティが安全
  • 年間1回でも利用すれば年会費が無料になる
  • 対象の店舗利用で最大19%ポイント還元

三菱UFJカードのメリット・デメリット

メリット
  • コンビニ(セブン・ローソン)で最大5.5%の高還元率
  • 年1回以上利用で次年度年会費無料
  • 海外旅行保険など充実した付帯保険がある
デメリット
  • 通常時のポイント還元率は0.5%と低め
  • リボ払いの金利が高い
  • ポイントの使い道が限られている

三菱UFJカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 対象店舗の利用でグローバルポイント最大19%還元
  • 新規入会で最大15000円相当(グローバルポイント3000ポイント)プレゼント

※2024年777日時点での情報
※参考 : 三菱UFJカード 新規ご入会特典 最大15,000円相当[グローバルポイント3,000ポイント]プレゼント!|クレジットカードなら三菱UFJニコス

三菱UFJカードの特徴

三菱UFJカードは、メガバンクの三菱UFJフィナンシャル・グループが発行するVISAブランドのクレジットカードです。

年会費は1,375円(税込)ですが、年1回以上の利用で翌年度は無料になります。

基本の還元率は0.5%と標準的ですが、三菱UFJ銀行との連携サービスを使うことでお得になります。例えば、三菱UFJ銀行のATM時間外手数料が無料になったり、同行の投資信託購入でポイントアップといった特典があります。

また、最大5,000万円の海外旅行傷害保険や、ネット不正利用への補償など、VISAブランドならではの充実した付帯保険・補償を備えています。ショッピング保険も最高100万円補償と手厚いです。

さらに、三菱UFJカードは「スマート口座」との同時申し込みが可能で、口座開設とカード発行がスムーズに行えます。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
年会費無料
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名永久不滅ポイント
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード最短即日発行
デジタルカードの場合、即日(最短5分)発行
来店受取の場合、即日発行可能
即日~7営業日
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする同姓の家族(18歳以上)の方
※デジタルカードの場合、家族カードの発行不可
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考

セゾンカードインターナショナルのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費が永年無料で、ポイントに有効期限がない
  • 最短即日発行が可能で、専業主婦や学生でも申込可
  • ポイントの交換先が豊富で、dポイントにも交換可能
デメリット
  • 基本のポイント還元率が0.5%と低め
  • 海外旅行保険などの付帯保険がない

セゾンカードインターナショナルのキャンペーン情報

キャンペーン

セゾンカードインターナショナルの特徴

セゾンカードインターナショナルは、クレジットカード業界の中でも特におすすめできる1枚です。

年会費は永年無料で、ポイント還元率は0.5%と高水準。さらに、海外でのショッピングでも還元率が変わらないのが大きな魅力です。

また、セゾンカードインターナショナルは、VISAの中でも最高ランクの「シグニチャー」等級に属しています

これにより、国内外の空港ラウンジが無料で利用できたり、海外旅行傷害保険が自動的に付帯されるなど、ワンランク上の特典が受けられます。

セゾンカウンターからの申込みで即日発行も可能。(インターネット経由の場合、最短3営業日)

セゾンカードインターナショナルは、年会費無料ながらも充実した特典を備えた、まさに「おすすめVISAカード」と言えるでしょう。

海外旅行が多い方や、ポイント還元を重視する方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ANA VISAカード(一般)

ANAカード(一般)
年会費2,200円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費1,127円(1,072円割引)
申し込み資格18歳以上(高校生・大学生は除く)
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード通常2~3週間
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
ショッピング利用可能枠10~80万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / 楽天Edy
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費522円(577円割引)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円(リボ払い・分割払い(3回以上)の場合のみ)
備考国内旅行保険は、航空機搭乗中、飛行場構内のみ保険適用となります。

ANA VISAカード(一般)のメリット・デメリット

メリット
  • 入会・搭乗などでボーナスマイルが獲得できる
  • ショッピングで200円につき1マイルが貯まる
  • 国内外の利用で付帯保険が適用される
デメリット
  • 年会費が2,000円かかる
  • 一部の特約店以外ではマイル還元率が低い
  • マイル移行時には年会費6,600円の「マイル移行コース」に加入する必要がある

ANA VISAカード(一般)のキャンペーン情報

キャンペーン
  • JCBの場合、キャンペーンボーナス最大12,000マイル
  • 通常入会特典1,000マイル

※2024年6月12日時点での情報
※参考 : 【公式】ANAカードの入会キャンペーン情報|ANAカード|ANAマイレージクラブ

ANA VISAカード(一般)の特徴

ANAカード(一般)は、ANAマイルが貯まるVISAブランドのクレジットカードです。

入会時と毎年の継続時に1,000マイルのボーナスがもらえ、ANAグループ便の搭乗でもボーナスマイルが獲得できます。

日常のお買い物200円ごとに1ポイント(Vポイント)が貯まり、ANAマイルに移行可能。ANAカード特約店なら100円で1ポイント貯まるのでお得です。ANA航空券の購入では100円につき最大1.5マイル貯まります。

国内・海外旅行傷害保険が自動付帯し、最高1,000万円の補償があるので旅行時も安心です。

ただし、傷害・疾病治療費用は補償されないので注意が必要。空港免税店では5%割引、機内販売は10%割引になります。

年会費は初年度無料、2年目以降は2,200円(税込)とリーズナブル。マイル還元率を上げるオプションに加入すれば、ANAマイルがさらに貯まりやすくなります。陸マイラーにおすすめの1枚です。

ANA VISAワイドカード

ANA VISAワイドカード
年会費7,975円
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費6,902円(1,072円割引)
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード通常2~3週間
※三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
ショッピング利用可能枠20万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / 楽天Edy
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,650円
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費1,072円(577円割引)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金10万円(自動付帯:10万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円(リボ払い・分割払い(3回以上)の場合のみ)
備考国内旅行保険は、航空機搭乗中、飛行場構内のみ保険適用となります。

ANA VISAワイドカードのメリット・デメリット

メリット
  • 入会・継続時に2,000マイルのボーナス
  • フライト搭乗ごとに25%のボーナスマイル
  • 海外・国内旅行傷害保険が最大5,000万円
デメリット
  • 年会費が7,975円と一般カードより高い
  • マイル移行に年6,600円の手数料が必要
  • ラウンジ利用などワイドゴールド特典はない

ANA VISAワイドカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • 現在はなし

※2024年4月11日時点での情報
※参考 : Myキャンペーン一覧|ANA

ANA VISAワイドカードの特徴

ANA VISAワイドカードは、ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードとして人気です。

入会時・毎年の継続時にはボーナスマイル2,000マイルがプレゼントされ、ANAグループ便の搭乗では通常のフライトマイルに加えて25%のボーナスマイルが加算されます。

カードのショッピング利用では、200円につき1ポイントのVポイントが貯まり、貯まったポイントは「2倍コース」に申し込むことで1ポイント2マイルの還元率でANAマイルに移行できます。

年会費は7,975円(税込)ですが、Vポイントの移行手数料は無料なので、年間のフライト利用とショッピング利用を合わせるとお得にマイルを貯められるでしょう。

また、最高5,000万円の海外旅行傷害保険や、国内でのフライト搭乗中の傷害保険など、旅行時に安心の補償が付帯しています。

ショッピング保険も最高300万円補償されるなど、サービス面も充実しています。

ANAマイルを貯めながら、普段の生活でもお得にポイントを貯められるANA VISAワイドカード。ANAをメインに利用する方におすすめのクレジットカードです。

ANA VISA プラチナプレミアムカード

ANA VISA プラチナ プレミアムカード
年会費88,000円
※1枚まで発行可能
申し込み資格30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.50%~4.50%
ポイント名Vポイント
マイル交換レート1ポイント=3マイル
マイル交換先ANA
国際ブランドVISA
審査・発行スピード最短3営業日
通常1~3週間
ショッピング利用可能枠300万円~
キャッシング利用可能枠0万円~100万円
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / 楽天Edy
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※発行手数料0円
家族カード年会費:4,400円(初年度無料)
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療00万円(自動付帯:500万円)、家族特約500万円(自動付帯:500万円)
疾病治療500万円(自動付帯:500万円)、家族特約500万円(自動付帯:500万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)、家族特約100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約10,000万円(自動付帯:10,000万円)
救援者費用1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金20万円(自動付帯:20万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考

ANA VISAプラチナ プレミアムカードのメリット・デメリット

メリット
  • 1ポイント=3マイルの高いマイル還元率(1.5%以上)
  • ANAグループ便搭乗でボーナスマイル、航空券購入で2倍マイル
  • プライオリティ・パス付帯で空港ラウンジ利用可能
デメリット
  • 年会費が88,000円と高額
  • 30歳以上の安定継続収入が必要な厳しい審査基準
  • 他のプラチナカードと比べ付帯サービスが少ない

ANA VISAプラチナ プレミアムカードのキャンペーン情報

キャンペーン
  • ANAカードに入会してハワイに行こう!ANAカード新規入会キャンペーン

※2024年7月5日時点での情報
※参考 : Myキャンペーン一覧|ANA

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの特徴

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、ANAマイルが貯まりやすいことが最大の魅力です。カードショッピングの利用200円につき1ポイント(=3マイル)貯まるので、還元率は1.5%と高水準

さらに、入会時・継続時に10,000マイルずつ、ANA搭乗時にもボーナスマイルが加算されるため、マイルが一気に貯まります。

プラチナカードならではの充実した付帯サービスも魅力です。海外・国内旅行傷害保険が最高1億円と手厚く、国内外の空港ラウンジが利用できるのも嬉しいポイント

24時間365日対応のコンシェルジュサービスや、一流ホテル・レストランの優待など、ワンランク上の旅行体験をサポートしてくれます。

年会費は88,000円(税込)と高めですが、マイルの貯まりやすさと付帯サービスの充実度を考えれば、ANAユーザーなら元が取れるでしょう。

プレミアムなサービスを求める方におすすめの1枚です。

3つのタイプ・目的別にオススメのVISAクレジットカード

タイプ・目的別にオススメのVISAクレジットカードに関しては、主に以下のものが挙げられます。

タイプ・目的別にオススメのVISAクレジットカード
  • 海外シーンで使う際にオススメのVISAクレジットカード
  • 大学生でも作れるオススメのVISAクレジットカード
  • 女性にオススメのVISAクレジットカード

それぞれ詳しく解説していきます。

海外シーンで使う際にオススメのVISAクレジットカード

海外旅行や出張の際に重宝するのが、世界中で高い利用率を誇るVISAブランドのクレジットカードです。

中でも、三井住友カード(NL)は年会費永年無料でありながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯されるなど、充実した補償内容が魅力です。

また、JCBカードWは39歳以下限定の年会費無料カードで、JCBならではの手厚い海外向け特典が人気です。

例えば、ハワイやグアムなどの人気リゾート地では、優待店舗が多数用意されています。

エポスカードは、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されるのが大きな特長。

さらに、海外でのショッピングでもポイントが2倍貯まるお得な特典もあります。

一方、ゴールドカード以上のステータスを求めるなら、三井住友カードゴールドがおすすめ

空港ラウンジの無料利用や、手荷物の無料宅配サービスなど、ワンランク上の旅行体験をサポートしてくれます。

海外利用を見据えたVISAカード選びでは、付帯保険内容や現地での優待特典、ポイント還元率などを総合的にチェックすることが肝心です。

自身の渡航先や旅行スタイルに合わせて、最適な1枚を見つけましょう。

大学生でも作れるオススメのVISAクレジットカード

大学生にとってクレジットカードは、単なる支払い手段以上の存在です。

将来的な信用力を高めるためにも、学生時代からの利用がおすすめされています。

その中でも、VISAブランドのカードは世界的に認知度が高く、利便性に優れています。

特に、エポスカードは大学生でも年会費無料で作れるうえ、ポイント還元率が常時1%と高水準。提携先のマルイで使えば、5%という高還元率を誇ります。

また、三井住友カード(NL)も学生向けに特化したカードで、カード利用額の0.5%がVポイントとして貯まるお得な仕組みが人気です。

さらに、楽天カードは大学生の味方と言えるでしょう。

年会費無料で、楽天市場での買い物なら常に3%以上のポイント還元が受けられます。楽天スーパーポイントは貯めやすく使い勝手も抜群です。

一方、将来のステップアップを見据えて、ステータス性の高いカードを持ちたいなら、セディナカードJiyu!da!がおすすめ。学生でも持てるゴールドカードで、空港ラウンジサービスなどの特典が充実しています。

大学生活をスマートに過ごすためにも、自分に合ったVISAカードを見つけることが大切。

ただし、クレジットカードはあくまでも借金であることを忘れず、計画的な利用を心がけましょう。

女性にオススメのVISAクレジットカード

女性におすすめのVISAクレジットカードは、ポイント還元率の高さや女性向けの特典・サービスが充実しているカードです。

中でも、三井住友カード(NL)は年会費永年無料でありながら、対象のコンビニや飲食店でのスマホ決済利用で最大7%のポイント還元を受けられるお得なカードです。

また、JCB CARD W plus Lは、39歳以下の女性のみ申し込み可能で、女性特有の疾病をサポートする保険に月額290円から加入できるのが魅力です。ルーレットで当たるギフトカードプレゼントなど、女性に嬉しい優待企画も豊富に用意されています。

また、女性特有の疾病の検診無料クーポンなど、女性の健康をサポートするサービスも特徴的です。

女性向けクレジットカードを選ぶ際は、自身のライフスタイルに合った特典やサービスを備えているかがポイントです。

ポイント還元率の高さだけでなく、女性ならではのニーズに応えてくれる1枚を見つけましょう。

VISAクレジットカード5つの選び方

VISAクレジットカードの選ぶポイントは、以下の通りです。

VISAクレジットカードの選び方
  • 年会費は有料・無料か?有料でも使い方によっては年会費無料カードよりもお得に利用できる
  • 高還元率カードが欲しい人はポイント還元率1.0%以上を目安に選ぶ
  • ショッピングや旅行、レストランなどで使える特典は付帯しているか
  • 旅行保険やショッピング保険などの付帯保険は十分か
  • 自身が使う電子マネー・スマホ決済(ApplePay/GooglePay)に対応しているか

それぞれ詳しく解説していきます。

年会費は有料・無料か?有料でも使い方によっては年会費無料カードよりもお得に利用できる

VISAカードを選ぶ際、年会費の有無は重要な検討事項です。年会費が無料でポイント還元率も1.0%の高還元カードは多数あるものの、特典が限定的な場合があります

一方、年会費有料のカードは、ボーナスポイントの付与や旅行・ショッピング等で使えるお得な特典を提供していることが多いです

例えば、年間利用額が100万円以上で、ポイント還元率が2%のカードなら、年会費が1万円でも実質1万円お得になります。また、空港ラウンジ利用や旅行保険など、付帯サービスの価値が年会費を上回る場合もあります。

自分のライフスタイルに合わせて、年会費とメリットを比較検討することが賢明です。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

三井住友カード ゴールド(NL)は年間100万円以上利用する方であれば、一般カードよりもお得になります。

また、ビュースイカカードは年会費が524円かかるものの、毎月のSuicaチャージ額が3,000円以上であれば年会費以上のポイントを得ることができます。

このように「①どれぐらいの金額を使うのか②どういったシーンで使うことが多いのか③付帯している特典はいくら相当か」の観点で選ぶと、カード選びに失敗しません。

高還元率カードが欲しい人はポイント還元率1.0%以上を目安に選ぶ

VISAカードでポイントを貯めたい方は、還元率の高いカードを選ぶのがおすすめです。一般的に、ポイント還元率が1.0%以上のカードは高還元率と言えます。

ただ、基本ポイント還元率だけでなく還元率が上がる特約店のラインナップなどもチェックしておきましょう。基本のポイント還元率が0.5%でもよく使うお店でポイント還元率が10%であれば、基本還元1.0%のカードよりもお得になるかもしれません。

自分の消費スタイルに合わせて、利用店舗や利用金額を考慮しながら、トータルでお得になるカードを選びましょう。

ポイントの使い方によっては実質還元率が落ちてしまうかもしれない

クレジットカードのポイント還元率は、カードの利用金額に対してどれだけのポイントが付与されるかを示す数値です。100円の利用につき1ポイントの付与であれば、ポイント還元率は1.0%ですね。

しかし、ポイントの使い方によっては、実質的な還元率が表示されている還元率よりも低くなってしまう可能性があります。

例えば、貯めたポイントを商品と交換する場合、ポイントの価値が1ポイント=1円として計算されていないこともあります。

つまり、1万円分の買い物で100ポイント(還元率1.0%)貯まったとしても、それを商品と交換する際に100ポイント=50円分としか交換できないケースがあるのです。

さらに、ポイントを他社のポイントやマイルに移行する際にも、移行レートによってはポイントの価値が下がってしまう場合があります。

したがって、高還元率カードを選ぶ際は、ポイント還元率の高さだけでなく、ポイントの使いやすさや有効期限、他社ポイントへの移行レートなども考慮し、自分に合ったカードを選ぶことが重要です。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

ポイントを長期間で貯めることを考えられている場合は、ポイントの有効期限も確認しておきましょう。

1年~2年程度で設定されているカードがほとんどです。

ショッピングや旅行、レストランなどで使える特典は付帯しているか

VISAカードには、ショッピングや旅行、飲食などの様々なシーンで使える特典が付帯しているものがあります。

例えば、百貨店での割引、航空会社のマイレージ付与、人気レストランの優先予約など、ライフスタイルに合わせて特典を活用できます。特に、海外旅行が多い方は、空港ラウンジ利用や現地での優待サービスが付いたカードがおすすめです。

一方、普段の買い物でポイントを貯めたい方は、スーパーやドラッグストアでのポイント還元率が高いカードを選ぶと良いでしょう。

自分にとって魅力的で使いやすい特典が付いているかどうかを確認しましょう。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

「この特典は50,000円相当だからお得だ」とカードを選んだものの、意外と特典を使う機会がなんてこともあります。

“その特典がいくら相当”というだけでなく、ご自身が本当に使うかどうか、そしてその頻度はどれぐらいなのかという点も考慮しておきましょう。

旅行保険やショッピング保険などの付帯保険は十分か

VISAカードには、旅行保険やショッピング保険など、様々な付帯保険が用意されているものがあります。

特に、海外旅行が多い方や高額商品の購入が多い方にとって、これらの保険は大きな安心材料になります。

旅行保険では、海外での病気やケガ、航空機の遅延などをカバーしてくれます。一方、ショッピング保険は、カードで購入した商品の破損や盗難などを補償してくれます。

付帯保険の内容や補償金額は、カードによって異なるので、自分のニーズに合った十分な保障があるかどうかを確認することが大切です。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

一般カードでは旅行保険の補償額は大抵1,000万円~3,000万円ほど。ショッピング保険はついていないケースが多く、ついている場合でも年間50万円~100万程度が相場感です。

ゴールドカードやプラチナカードなどカードランクが上がれば上がるほど、補償金額も高くなる傾向にあります。

また、付帯している保険が①利用付帯か自動付帯か②家族特約もついているか等、どのような条件で適用してもらえるかもチェックするといいですね。

自身が使う電子マネー・スマホ決済(ApplePay/GooglePay)に対応しているか

近年、電子マネーやスマホ決済の利用が急速に広がっています。

VISAカードを選ぶ際は、自分がよく使う電子マネーやスマホ決済に対応しているかどうかを確認しましょう

多くのVISAカードはApplePayやGooglePayの連携、交通系ICカードのチャージ、QR決済との紐づけに対応していますが、稀に対応していないクレジットカードもあります。

電子マネーやスマホ決済に対応したカードは、ポイント還元の対象になることも多いので、お得に利用できるチャンスが広がります。使われる電子マネー・スマホ決済に対応しているかどうかもチェックしておきましょう。

VISA4つのメリット

VISAのメリットは、主に以下のものが挙げられます。

VISAのメリット
  • 利用者・加盟店ともに世界シェアNo.1であり、決済に困ることがほとんどない
  • タッチ決済でスピーディーに決済ができる
  • 独自の優待やキャンペーンがある
  • セキリュティが充実している

それぞれ詳しく解説していきます。

利用者・加盟店ともに世界シェアNo.1であり、決済に困ることがほとんどない

VISAカードは、世界中で最も広く利用されているクレジットカードブランドです。

200以上の国と地域で利用可能であり、4,600万以上の加盟店で受け入れられています。これは、VISAが世界中の利用者と加盟店から信頼されている証拠です。

旅行先や海外のオンラインショップでの買い物など、国内外を問わずVISAカードを使用することで、スムーズに決済を行うことができます。

また、日本国内においても、大手スーパーやコンビニエンスストア、ガソリンスタンドなど、幅広い業種の店舗でVISAカードが使えるため、現金を持ち歩く必要がなく、非常に便利です。VISAカードを持っていれば、ほとんどの場面で決済に困ることはないでしょう。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

VISAカードの次にシェアが多いのはMastercardです。

VISAはアメリカ圏に強く、Mastercardはヨーロッパ圏に強いといった特徴があります。

もしヨーロッパへ行く機会がある方はMastercardも検討しておくと良いでしょう。

タッチ決済でスピーディーに決済ができる

VISAカードは、非接触型決済技術であるタッチ決済に対応しています。

これにより、カードをリーダーにカードをかざすだけで、素早く簡単に支払いを完了することができます。暗証番号の入力や署名が不要なため、レジでの決済時間を大幅に短縮できます。

また、タッチ決済は、カードを手放すことなく決済できるため、カードの紛失や盗難のリスクを軽減することができます。

今後、キャッシュレス化が進む中で、タッチ決済はますます重要な役割を果たすことが予想され、VISAカードを持つことで、その恩恵を最大限に享受することができるでしょう。

独自の優待やキャンペーンがある

VISAカードを利用することで、様々な特典や優待を受けることができます。

VISA独自のキャンペーンとして、「VISA プレミアムフライデー」があります。これは、毎月最終金曜日に、対象店舗で特別な優待を受けられるというものです。

例えば、レストランでの割引やホテルの無料アップグレードなど、普段よりお得にサービスを利用できます。

また、VISAカード発行会社独自の特典も充実しています。航空会社やホテルとの提携によるマイレージやポイントの付与、海外旅行傷害保険の自動付帯、24時間365日の緊急サポートなど、カードの種類によって様々な特典が用意されています。

これらの優待やキャンペーンを上手に活用することで、日常の買い物やサービスの利用をよりお得に、そして便利に行うことができるでしょう。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

VISAやMastercard等の決済に特化している国際ブランドは「決済ブランド」といわれ、アメックスやダイナースのような特典に特化しているブランドは「T&Eブランド」と呼ばれます。

セキリュティが充実している

VISAカードは、高度なセキュリティシステムを採用しており、安全性が非常に高いことが特徴です。

オンラインショッピングでの不正利用を防ぐ「3Dセキュア」や、ICチップを搭載したカードによる「EMV」などの技術を導入しています。これにより、カード情報の盗難や不正利用のリスクを大幅に軽減することができます。

万が一、不正利用があった場合でも、VISAの「ゼロ責任保障制度」により、利用者が責任を負うことはありません。

また、VISAカードを利用した取引は、VISAの独自システムによって24時間365日監視されており、不審な取引があった場合には速やかに対処されます。

このように、VISAカードは多層的なセキュリティ対策を講じることで、利用者が安心して決済を行える環境を整えています。

VISA3つのデメリット

VISAのデメリットは、主に以下のものが挙げられます。

VISAのデメリット
  • VISA1枚持ちの場合、利用できる加盟店が限られる可能性がある
  • VISA独自が発行するプロパーカードが無い
  • エンタメ色の強いアメックス等のT&Eブランドと比べると付帯特典が弱い

それぞれ詳しく解説していきます。

VISA1枚持ちの場合、利用できる加盟店が限られる可能性がある

VISAカードは世界的に広く普及しているクレジットカードブランドですが、お店によってはVISAのブランドに対応していない場合もあります。

そのため、VISAカード1枚のみを持っている場合、利用できる加盟店が限られてしまう可能性があるのです。

この問題を解決するためには、VISAカードと併せて、JCBやMasterCardなど他のブランドのクレジットカードを持つことをおすすめします。

複数のブランドのカードを持つことで、幅広い加盟店で支払いができるようになり、利便性が向上します。ただし、複数のカードを持つことで年会費などのコストが増加する点には注意が必要です。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

基本的にクレジットカードは2枚持ちをおすすめしています。

以下の記事では2枚持ちの相性が良いカードについて紹介しているので、ぜひお目通しください。

VISA独自が発行するプロパーカードが無い

VISAブランドのクレジットカードは、多くの銀行やクレジットカード会社から発行されていますが、VISA独自が発行するプロパーカードは存在しません。

プロパーカードとは、ブランド自身が直接発行するカードのことを指します。例えば、アメリカン・エキスプレス(アメックス)はプロパーカードを発行しており、独自の特典やサービスを提供しています。

各発行会社が提供する特典やサービスに頼らざるを得ないため、VISAブランドとしてのアイデンティティが希薄になりがちで、プロパーカードはステータス性が高いとされている事から、VISA独自のブランド力はやや弱めです。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

とはいえVISAブランドを採用しているクレジットカードは多く、特典が豊富に付帯しているカードもあるため、そこまでデメリットでもないでしょう。

また、よくある間違いですが三井住友VISAカードは、三井住友カードとVISAが提携して発行しているカードのため、プロパーカードではありません。

エンタメ色の強いアメックス等のT&Eブランドと比べると付帯特典が弱い

VISAカードは、ショッピングや日常的な支払いに適したクレジットカードブランドとして知られています。

一方、アメリカン・エキスプレス(アメックス)などのトラベル&エンターテインメント(T&E)ブランドは、旅行や高級レストランでの利用を想定した特典やサービスを提供しています。

VISAカードの付帯特典は、T&Eブランドと比較すると、特典が弱い傾向にあります。

例えば、高級ホテルやレストランでの優待、コンシェルジュサービス、空港ラウンジの利用など、アメックスが提供するような特典は、VISAカードでは限定的です。

ただし、VISAカードの中にも、発行会社によって、付帯特典を重視したカードが存在するため、困ることもないでしょう。

ふるさと本舗 クレジットカード編集部

アメックス発行するマリオット・ボンヴォイカードやアメックスゴールド等にはホテルの無料宿泊特典などユニークな特典が付帯しています。

特典重視の方は一度チェックしてみると良いでしょう。

VISAのクレジットカードに関するよくある質問

VISAのクレジットカードに関するよくある質問は、主に以下のものが挙げられます。

VISAのクレジットカードに関するよくある質問
  • 「VISAカード」と「クレジットカード」の違いはなんですか?
  • 三井住友カードがおすすめしないと言われてる理由は何ですか?

それぞれ詳しく解説していきます。

「VISAカード」と「クレジットカード」の違いはなんですか?

VISAカードとクレジットカードの違いは、VISAがクレジットカードの国際ブランドの一つであるということです。

クレジットカードは、VISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドが提供する決済サービスをそなえ、後払いに対応しているカードの総称です。

VISAは、世界中で広く利用されている国際的なクレジットカードブランドで、多くの金融機関がVISAブランドのカードを発行しています。

つまり、VISAカードはクレジットカードの一種ですが、すべてのクレジットカードがVISAブランドとは限りません。

三井住友カードがおすすめしないと言われてる理由は何ですか?

三井住友カードがおすすめしないと言われる主な理由は、ポイント還元率が他社と比べて低いことです。

年会費無料×ポイント還元率1.0%以上のカードが増えている中、三井住友カードの多くはポイント還元率が0.5%に設定されています。

ただし、三井住友カードはポイント還元率がアップする特約店が多く、そのラインナップも大手コンビニや大手飲食チェーンなど。利用機会が多いシーンでポイント還元率がアップするため、実際には基本ポイント還元率1.0%のカードよりお得になる人も少なくないでしょう。

そのため、個人のライフスタイルや必要とするサービスに合わせて、カードを選ぶことが重要です。

まとめ

本記事ではVISAに対応しているクレジットカードのみを紹介させていただきました。

本記事をご覧になられて「VISA以外のクレジットカードも気になるな」「もっと色んな種類のカードを見てみたい」と思われた方は、編集部が国内の人気クレジットカードを徹底調査した以下の記事をご覧ください。

あなたにピッタリのクレジットカードが見つかるでしょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次