消費者金融の審査基準|審査に通らない人の特徴や審査に通りやすい消費者金融は?

「有名な消費者金融会社の審査に落ちてしまった。
自分でも審査に通る、その他の候補があるなら知りたいんだけれど…」

一口に消費者金融会社と言っても、その審査傾向はバラバラ。特に「他社借入」「ブラック状態」などの不安要素がある場合、申込み先選びはとても重要となります。

そこで今回は大手消費者金融おすすめ5社に加え、中小業者おすすめ21社の情報をピックアップ。審査傾向を中心に、一覧の形でまとめました。

消費者金融の審査について気になっている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

事前にチェック!申し込み条件

このページで紹介する消費者金融会社への申込みは、以下の条件を満たしていることが前提となります。

  1. 仕事をしている成人である
    ┗アルバイト、自営業可、無職不可
    例外的に専業主婦でも申し込める業者あり
  2. すでに貸金業者(消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠)から年収の3分の1に達するお金を借りていない(総量規制

あらかじめご確認ください。

目次

審査に通りやすい消費者金融はある?審査基準や審査難易度

消費者金融の審査基準や審査難易度に関して
  • 審査に通りやすい消費者金融はない
  • 申し込み条件から推測できる一般的な審査基準
  • 大手消費者金融が公開している審査通過率も参考にできる

審査に通りやすい消費者金融はない

結論、審査に通りやすい消費者金融はありません。なぜならどの消費者金融も審査基準を非公開にしているからです。

そのため大手消費者金融と中小消費者金融の審査はどちらが通りやすいということも言えません。

また、大阪府の悪質業者(ヤミ金融業者)とその手口によると、審査に関して甘い広告を掲載しているものの中には悪質な業者が多いと記載されています。

「低金利1%」「審査なし」「即日300万円」などの甘い広告を掲載しているものの中には、かなり悪質な業者も多いので、気をつけましょう。

悪質業者(ヤミ金融業者)とその手口 – 大阪府

貸金業登録されている会社かどうかは、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで各自必ず確認してください。ホームページに賃金業者に登録されていると記載されていても、実際には載っていないこともあります

申し込み条件から推測できる一般的な審査基準

ただ、申し込み条件から一般的な審査基準を推測することはできます。

申し込み条件から推測できる一般的な審査基準一覧
  • 安定した定期収入があるかどうか
  • 他社借入件数が多いかどうか
  • 対象年齢に該当しているかどうか

安定した定期収入があるかどうか

消費者金融の申込条件に多く見られるのが、「安定した定期収入があるかどうか」。つまり、毎月の安定した収入が継続的にあるかどうかです。

そのため完全に完全に収入がない場合は、審査に落ちてしまう消費者金融が比較的多い傾向にあります。例えば専業主婦の方は収入が0なので比較的申込みを進めるのは厳しいでしょう。

またアイフルを例に挙げると、年金のみが収入源の場合も申込みができなくなっています。

無職の方はお申込みいただけません。
(年金のみ、主婦、主夫、内定も含まれます)

アイフル公式サイト

中にはレイクALSAのように「収入源が年収のみ」という方の申し込みを受け付けていますが、ほとんどの場合は難しいでしょう。

収入が年金のみのお客さまでもお申込み可能です。
年金の受給金額が確認できる、年金証書・年金振込(支払)通知書・公的年金等の源泉徴収票のいずれか一点をご用意ください。

レイクALSA公式サイト

消費者金融の審査では、収入の有無が判断材料になっているとわかりますね。

他社借入件数が多いかどうか

基本的に消費者金融に申込む際には、他社借入件数の申告も必要です。

年収や勤続年数が同じでも、他社借入件数が多ければ多いほど審査通過率は低くなる傾向にあります。

他社借入件数が多いと、「相当お金に困っている人で返済能力が低い人」だと思われてしまうからです。また、「自社で借入れをして他の返済に充てるのではないか」と思われてしまう可能性もあるでしょう。

対象年齢に該当しているかどうか

消費者金融の申込条件を見ると、対象年齢に該当しているかどうかもほとんどの場合は確認されるでしょう。

例えば、アイフルでは満20歳以上69歳まで、プロミスでは満18歳以上74歳以下と、消費者金融によって申込みできる年齢に差があることがわかります。

そもそも申込み対象年齢に達していない場合や、対象年齢を超えてしまっている場合は確実に審査落ちするでしょう。

そのため、消費者金融の審査では年齢も重要視されていることがわかりますね。

大手消費者金融が公開している審査通過率も参考にできる

大手消費者金融の中には新規成約率を公開している会社もあります。

新規成約率=審査通過率を参考にすることで、ある程度どの消費者金融が貸付に積極的なのかわかるでしょう。

カードローン通過率参考データ年月
アコム44.1%2023年10月
アイフル38.8%2023年10月
プロミス34.7%2023年10月
レイクALSA26.6%2023年6月
10月分未発表のため)
アコム公式 マンスリーレポート
SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標
アイフル公式 アイフル月次推移
SBI新生銀行 決算関連資料 2024年3期 第1四半期「データブック」

上記の4社を比較すると、アコムの新規成約率は一番高く、レイクALSAの新規成約率は一番低いという結果になりました。

そこから、大手消費者金融の中ではアコムは新規成約に積極的であることがわかります。

消費者金融の審査が不安な人はアコムの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

アコム
実質年利限度額審査時間融資
スピード
3.0%〜
18.0%
1万円〜
800万円
最短30分最短30分
程度
無利息期間Web完結
30日間
申込条件郵送物回避条件
成人以上
ご本人に安定した収入がある方
来店契約のみ
参照:アコム公式サイト
  • 土日祝日対応
  • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
  • 初回30日間無利息(金利0%)
  • 一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです
    (2021年4月度新規貸付率41.2%/アコムマンスリーレポートより)
  • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

> 3秒診断の結果を見る

消費者金融の審査に通らない人の3つの特徴|審査落ちの原因

消費者金融の審査落ちの原因
  • 安定した定期収入がない
  • 他社借入件数が多い
  • 事故情報が記録されている

安定した定期収入がない

消費者金融の審査に落ちる人の共通している特徴として、安定した定期収入がないことが挙げられます。

年収300万円で毎月25万円の収入がある
年収500万円で上半期は収入0だったが、下半期に200万円と300万円の収入があった月がある

上記のように、いくら年収が高くても安定した定期収入がない人は、収入が比較的低くて安定した定期収入がある人に比べて審査落ちの可能性が高いと言われています。

不安定な収入源しかない人は、返済がいつできなくなってもおかしくない人だと判断されてしまう可能性があります。

他社借入件数が多い

他社借入件数が多い人は、借入件数が少ない人に比べて比較的審査落ちの可能性が高くなります。

なぜなら「相当お金に困っていて、他社の返済のために借入しようとしているのでは」と思われてしまう可能性があるからです。

厚生労働省の多重債務者対策をめぐる現状及び施策の動向によると、5件以上の借入先がある人の割合は、2007年末に171万人→2023年末に12万人まで減少しています。

そこから、5社以上の他社借入があるひとは比較的審査通過率が低いというのが現状であると言えるでしょう。

事故情報が記録されている

事故情報が記録されている人も比較的審査落ちの可能性が高いです。

過去に債務整理やクレジットカードの強制解約、長期的な滞納をしたことがある人は、信用情報機関に事故情報が残っている可能性があります。

事故情報が載っている=ブラックリスト入り。消費者金融はブラックリスト入りしている人に対しては融資に消極的になる傾向があります。

なぜなら「自社でも同じように、返済が長期的に滞る可能性があるのでは」と思われてしまうからでしょう。

消費者金融の審査に通りやすい人の4つの特徴

消費者金融の審査に通りやすい人の特徴
  • 勤続年数が長く安定した定期収入がある
  • 他社借入額も含めた融資希望額が年収の3分の1以下に収まっている
  • 複数社に同時に申込みをしていない
  • 過去に金融事故を起こしたことがない

勤続年数が長く安定した定期収入がある

勤続年数が長く安定した定期収入があると、消費者金融の審査に通りやすくなる傾向があります。

返済が滞る心配がないと判断してもらえるからと考えられます。

勤続年数は数年単位なのが理想です。数ヶ月しか安定収入がない人に比べて審査通過率が高まるでしょう。

他社借入額も含めた融資希望額が年収の3分の1以下に収まっている

消費者金融は総量規制の対象なので、年収の3分の1以上の融資は禁止されています。

そのため現在他社借入がある人はその借入金額も含め、年収の3分の1以下の金額で融資希望額を提出する必要があります。

申込みの時点で年収の3分の1以上の融資希望額を提出してしまったら、ほとんどの確率で審査落ちするでしょう。

事前に計算してから融資希望額を設定すれば、審査通過率を上げることができるでしょう。

複数社に同時に申込みをしていない

消費者金融の審査に通りやすい人の共通している特徴としては、複数社に同時に申し込んでいないことが挙げられます。

複数社に同時に申し込むと「申し込みブラック」という状態になります。申し込みブラックになるとどの消費者金融の審査にも一定期間は通らなくなってしまいます。

そのため1社に絞って申込むことが大切です。

過去に金融事故を起こしたことがない

過去に金融事故を起こしたことがないかどうかも大切です。

過去に金融事故を起こしたことがない人は、貸付してもしっかり期日に返済してくれると判断してもらえるので審査に通りやすくなるでしょう。

安心の大手から破産5年以内OKの中小まで!26社の消費者金融情報一覧

それでは早速、これまで調査した各消費者金融会社の情報をご覧ください。

※ここに記載する会社はいずれも正規業者、かつきちんと融資実績が確認されたもの(=いわゆる「紹介屋」等でないもの)に限定しています。
※学生ローンは除外しました。学生向けの中小消費者金融会社については当該ページをご覧ください。

レイクALSA上限金利18.0%60日間無利息または180日間5万円以下無利息郵送物なしOK
┗ただし三井住友銀行ユーザーは注意大手の中だと成約率(≒審査通過率)低め
┗ただし借入が初めてならほとんど気にしなくてよいユーザーサービス◎
→短期or少額借入希望の初心者におすすめ
プロミス上限金利17.8%30日間無利息郵送物なしOKユーザーサービス◎多重債務に厳しめ
→初心者に広くおすすめ
アイフル上限金利18.0%はじめての方なら最大30日間無利息郵送物なしOK
→勤務先への電話を避けたい方などにおすすめ
アコム上限金利18.0%30日間無利息郵送物なしOK
┗ただしみずほ銀行、りそな銀行ユーザー等は注意振込関連のサービス導入が遅れている多重債務やブラックに比較的寛容
→サービス面では他社に劣るので、審査傾向に惹かれる場合にのみ選択肢に
SMBCモビット上限金利18.0%郵送物回避に諸条件あり大手の中では高限度額を得やすい大手では最も信用情報問題に厳しい
→サービス面では他社に劣るので、審査傾向や高限度額に惹かれる場合にのみ選択肢に
アイフル「ファーストプレミアムカードローン」上限金利9.5%はじめての方なら最大30日間無利息郵送物なしOK高難易度
┗最低年収300万円~融資金額100万円~800万円
※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります
※ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
→審査に自信がある方にのみおすすめの特殊なローン
J.Score上限金利15.0%事前にAIスコアを算出し、借入条件を確認した上で申込みができる特殊なローン比較的高難易度
┗ある程度の属性がないと本申込不可属性さえ十分ならブラックでも借りられるという報告も
→収入などの属性に自信がある方向け
セントラル上限金利18.0%もとは四国の業者だが、最近は関東等にも自動契約機を設置している中堅業者セブン銀行ATMを使い、限度額の範囲内で借入OKブラック対応だが破産5年以内等の重度は厳しい
┗任意整理や長期延滞から5年以内、程度ならOK
→はじめて中小業者を利用する方向け
ライフティ上限金利20.0%35日間無利息セブン銀行ATMを使い、限度額の範囲内で借入OKブラック対応だが破産5年以内等の重度は厳しい
→はじめて中小業者を利用する方向け
ベルーナノーティス上限金利18%完済後の借入は何度でも14日間無利息各コンビニATMを使い、限度額の範囲内で借入OK専業主婦への融資対応審査基準は不明
┗とは言え極端に甘ければ話題になっているはずなので期待しすぎない方がよさそう
アムザ上限金利18.0%郵送物の回避可
┗中小業者には珍しい在籍確認の電話なし中小業者には珍しい「パート・アルバイト・自営業OK」を明記必要書類が多い破産5年以内での通過例多数
→在籍確認や郵送物を避けたい、または属性に自信がない重度ブラック等の方向け
AZ上限金利18.0%郵送物の回避可
┗中小業者には珍しい国保には厳しいという報告も破産5年以内での通過例多数
→重度ブラック等の事情がある正規雇用者向け
スペース上限金利18.0%おまとめ含む高限度額契約に強い
┗おまとめ対象は貸金業者からの借入のみ審査、契約には時間が掛かりやすい破産5年以内での通過例多数
→借入をまとめたい重度ブラック等の方向け
キャネット上限金利20.0%北海道、近畿、九州の3社に分かれる
┗特に審査が柔軟とされるのは北海道のもの(関東等からも申し込み可)アルバイト等、非正規雇用者の通過例が多い(北海道)在籍確認なしで借りられる場合あり(北海道)破産5年以内での通過例多数
エイワ上限金利19.9436%来店契約必須、ただし店舗自体は全国に多数設置破産5年以内での通過例多数
もみじファイナンス上限金利20.0%破産5年以内での通過例多数
ライオンズリース上限金利20.0%破産5年以内での通過例多数
アルコシステム上限金利20.0%破産5年以内での通過例多数
フクホー上限金利20.0%必要書類多め破産5年以内での通過例多数
ハローハッピー上限金利18.0%破産5年以内での通過例多数
アイアム上限金利18.0%
アロー上限金利19.94%勤続1年以上必須
いつも上限金利18.0%PayPay銀行口座があれば即時枠内融資可
(条件が限定的なのでこちらのカテゴリに記載)
関東信販上限金利16.98%要社会保険証
ビアイジ上限金利18.0%専業主婦への融資対応破産5年以内を理由に契約を断られたという報告あり
東日本信販上限金利20.0%
フタバ上限金利17.95%専業主婦への融資対応中小の中では審査厳しめという声あり

上の情報だけで申込み先を決められたなら、そのまま手続きを進めて頂いて構いません。

同じカテゴリ(背景色)の会社の中では、同カテゴリの他社に比べ差別化要素があるもの・おすすめしやすいものを上位に据えさせて頂きました。

基本的に大手業者を利用できるなら、中小業者はほぼ選択肢に入りません。理由は、ユーザーサービス面では大手業者の方が圧倒的に優れているからです。

【CHECK】大手消費者金融5社の違いについて詳しく見る

一方、何らかの事情(重度ブラック状態など)で大手を利用できないのであれば、各中小消費者金融会社への申込みが有力となります。

【CHECK】中小業者(比較的サービス面で優れているもの)について詳しく見る
【CHECK】中小業者(特に審査が柔軟なもの)について詳しく見る

ちなみに表中の、審査に関する情報が薄い中小業者は「融資実績は確認されているものの、破産5年以内など重度ブラックに対する姿勢は現在不明」と考えていただいて構いません。

が極端に審査が甘ければそれなりに話題になるはずですので、近所に店舗があるといった状況でなければ申込み先の筆頭候補にはなりづらそうです。

初心者必見!審査が不安な人向け大手消費者金融おすすめ3選

審査が不安な人向け大手消費者金融おすすめ3選
  • レイクALSA
  • プロミス
  • アイフル
スクロールできます
こんな人におすすめ
レイクALSA優秀な無利息サービスを活かせる、短期間、または少額の融資を希望している
プロミス三井住友銀行ユーザー少しでも低金利で借りたい契約~借入までに間が空きそう「他社借入以外」の理由で審査に不安がある
┗低年収、信用情報など
アイフル勤務先への電話を避けたい審査に不安がある

どれも優良、かつ多数の融資実績があるカードローンなので、安心して選択できるかと思います。

レイクALSA

レイクALSA
上限金利18.0%
無利息特典契約日の翌日から60日間無利息または180日間5万円以下無利息
┗ネット申込時に選択可
審査について大手の中だと成約率(≒審査通過率)低め
┗ただし借入が初めてならほとんど気にしなくてよい大手で唯一、官報情報の閲覧なし
┗破産者でも5年以上経過していれば審査通過の可能性あり
その他来店なし+郵送物なしの両立は容易事前相談で在籍確認の電話は回避可24時間振込、ネット返済対応でユーザーサービス◎三井住友銀行の口座登録未対応
同行ユーザーは郵送物回避のため、運転免許証の提出または来店契約の必要あり
総括→短期or少額借入希望の初心者におすすめ
レイクALSA
lakealsa
実質年利限度額審査
時間
融資
スピード
4.5%~
18.0%
1万〜
500万円
最短15秒Webで
最短25分
融資※1
無利息期間Web完結
60日間
申込条件郵送物回避条件
満20歳以上65歳未満
ご本人に安定した収入のある方
(1)来店契約時
(2)ネット契約+
口座登録
(3)ネット契約+
アプリで本人確認

┗運転免許証が必要
参照:レイクALSA 公式サイト
  • 土日祝日対応※2
  • 24時間振込対応(一部例外あり)
  • 郵送物の回避が容易
  • Webで申込むと60日間特典または180日間5万円以下特典 ※3

> 15秒診断の結果を見る

プロミス

スクロールできます
プロミス
上限金利17.8%
無利息特典「初回借入日の」翌日から30日間無利息
┗「契約日」起算の他社と異なり、契約~借入に日が空いても無駄にならない
審査について2件以上の他社借入に厳しめ
(参考当該ページ)ただし他社借入さえなければかなり寛容
┗年収100万円未満、クレジットカードの審査に通れない状況の方等も多数通過
(さすがに破産者は厳しいが…)
その他来店なし+郵送物なしの両立は容易事前相談で在籍確認の電話は回避可24時間振込、ネット返済対応でユーザーサービス◎
総括→初心者や他社借入のない方に広くおすすめ
プロミス
プロミス バナー画像
実質年利限度額審査
時間
融資
スピード
4.5%~
17.8%
1万〜
500万円(※4)
スマホは
最短15秒
(※1)(※2)
最短20分
無利息期間Web完結
30日間
申込条件郵送物回避条件
満18~74歳
ご本人に安定した収入のある方(※3)
来店契約
カードレス契約(Web完結)
参照元:お申込条件と必要書類|お申込|プロミス公式サイト
  • スマホなら最短15秒事前審査で申し込みの可不可・借りられる金額が分かる!(※1)(※2)
  • 土日祝日対応
  • 24時間振込対応(一部例外あり)
  • 郵送物の回避が容易
  • 初回30日間無利息(金利0%)
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

(※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
(※2)他社借入・信用情報問題などにより、審査に落ちる事があります。詳しくはこちらをご確認ください。
(※3)収入が年金のみの方はお申込いただけません。
(※4)総量規制対象

> 3秒診断の結果を見る

アイフル

アイフル
上限金利18.0%
無利息特典はじめての方に限り初回契約日の翌日から最大30日間無利息
審査について大手の中でも特に多重債務に寛容
総量規制にさえ触れていなければ、年収に対する債務割合80%超での通過例複数あり
(詳細:当該ページ)ブラックでの通過例も複数確認
その他無条件で原則在籍確認(勤務先への電話連絡)なし
┗大手で唯一24時間振込対応だがネット返済は不可一部ネット銀行等を返済用口座として登録不可
総括→勤務先への電話を避けたい方などにおすすめ
アイフル
実質年利限度額
3.0%~18.0%1,000円〜800万円(※1)
審査スピード融資スピード
最短25分(※2)最短25分(※2)(※3)
申込条件郵送物回避条件
満20歳以上69歳の方
定期的な収入と返済能力を有する方
来店契約
カードレス契約(Web完結)
参照元:お申込み方法 アイフル公式サイト
  • 土日祝日対応
  • 郵送物の回避が容易
  • 初めての方最大30日間無利息(金利0%)
  • 口座振込なら原則365日24時間借入可能※3

> 1秒診断の結果を見る

※1 一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。WEB申込なら最短25分融資も可能です。
※3 受付時間によっては、振り込みが翌営業日となる場合があります。
※ ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は、源泉徴収票など収入を証明するものが必要です。

サービス面で一歩遅れる「SMBCモビット」は、原則2社目以降での候補となるか

さて、大手消費者金融として数えられるのは現在5社ですが…。5つも数があると、どうしてもサービス面などで後れを取る会社が出てきます。

現状の「SMBCモビット」はそうした状況にあると言わざるを得ないのですが…。

それでもこの2社は独自の審査傾向を備えていますので、初心者にこそ向かないものの、何かしらの不安要素がある場合には十分選択肢に入ることでしょう。

スクロールできます
SMBCモビット上限金利18.0%郵送物回避に諸条件あり大手の中では高限度額を得やすい大手では最も信用情報問題に厳しい
→他社借入のため審査に不安があるor高限度額を希望する、信用情報がクリーンな方向け
※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
アイフル上限金利18.0%はじめての方なら最大30日間無利息郵送物なしOK
→勤務先への電話を避けたい方などにおすすめ
SMBCモビット
実質年利限度額審査
時間
融資
スピード
3.0%~
18.0%
1万〜
800万円
最短30分※1最短1時間
程度※1
無利息期間Web完結
申込条件郵送物回避条件
満20歳〜74歳
安定した定期収入のある方
「オンライン本人確認」を行っていただくこと
返済方法を口座振替で登録いただくこと
三井住友銀行内ローン契約機へ顔写真付きの本人確認書類を持参しお申込みいただくこと3
参照:SMBCモビット 公式サイト
  • 最短30秒で審査完了!
  • 土日祝日対応 ※2
  • 「WEB完結」なら電話連絡なし・郵送物なし
  • 時間外振込対応
  • 三井住友銀行ATM手数用0円!」

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 インターネット申込の休業時間:1月1日0時~1月2日7時まで
※3 「オンライン本人確認」とは、ご自身のスマートフォンのカメラを使って指定の本人確認書類とお顔を撮影していただくことで、ご本人の確認を行う手続きです
※3 口座振替については、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかのご本人様名義の口座をWEBで登録いただく必要があります
※3 カードの受取方法を郵送で希望された場合は、郵送物が発送されます
※3 その他、審査内容によっては郵送物が発生する場合がございます

> 3項目入力するだけ!簡単借入診断はこちら

初心者必見!審査が不安な人向け中小消費者金融2選

「大手の審査に落ちてしまい、はじめて中小業者への申込みを検討している」という場合、候補に挙がりやすいのが「セントラル」「ライフティ」の2社です。

審査が不安な人向け消費者金融おすすめ2選
  • セントラル
  • ライフティ
スクロールできます
セントラル上限金利18.0%最近は関東等にも自動契約機を設置している中堅業者セブン銀行ATMを使い、
限度額の範囲内で借入OKブラック対応だが破産5年以内等の重度は厳しい
┗任意整理や長期延滞から5年以内、程度ならOK
ライフティ上限金利20.0%35日間無利息セブン銀行ATMを使い、
限度額の範囲内で借入OKブラック対応だが破産5年以内等の重度は厳しい

中小消費者金融会社の多くは「二度目の借入には再審査が必要」という方式を取っているのですが…。
この2社は与えられた限度額の範囲内で、「セブン銀行ATM」を使い何度でも借入が可能

さすがに大手に比べると使えるATMや借入方法の数は限られるものの、その他の中小業者に比べればかなり便利だと言って良いでしょう。
また、この2社は中小業者ながら電話対応も良いですね。

基本的にはどちらの会社を選んでも構いませんが、上限金利の低さ、審査スピードの安定性を考えると優先されやすいのは「セントラル」の方かと思います。

【CHECK】【消費者金融セントラル】7名の体験談から分析する審査通過条件

消費者金融の審査の流れ

消費者金融の審査の流れ
  • 申込みの事前準備(必要書類を揃えておく)
  • WEB上で申し込む
  • 必要書類を提出する
  • 本審査
  • 契約手続きとカード発行
  • カード受取り
  • 利用開始(借入)

主な消費者金融の審査の流れは以上の通りです。

事前準備では以下のものを揃えておくと良いでしょう。

  • 金融機関の通帳やキャッシュカード
  • 収入証明書類(基本的には50万円以上の借入を希望している人のみでOK)
  • 本人確認書類

申し込みはパソコンやスマホなどのインターネットで進めるとスムーズ。また郵送申込みにはないお得な特典が付帯することが多いので、おすすめの申込み方法です。

基本的に必要書類はWEB上でアップロードできます。

審査が終わり契約が済んだら、コンビニ・銀行のATMや振込み対応してもらいましょう。

ただ、会社によってそれぞれ細かな部分では異なるので、公式サイトをチェックする必要があります。

まとめ

本記事では消費者金融の審査について徹底解説してきました。

消費者金融の審査基準は大手消費者金融でも中小消費者金融でも非公開です。そのため審査が厳しい甘いと判断することはできません。

ただ、新規成約率からある程度推測できる審査難易度では、アコムの審査通過率が一番高いことから、貸付に積極的であることがわかりました。

審査落ちの原因や、審査に通りやすい人の特徴を参考にして事前できる対策をとってから申し込みを進めましょう。

アコム
実質年利限度額審査時間融資
スピード
3.0%〜
18.0%
1万円〜
800万円
最短30分最短30分
程度
無利息期間Web完結
30日間
申込条件郵送物回避条件
成人以上
ご本人に安定した収入がある方
来店契約のみ
参照:アコム公式サイト
  • 土日祝日対応
  • クレジットカード(ACマスターカード)も発行
  • 初回30日間無利息(金利0%)
  • 一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです
    (2021年4月度新規貸付率41.2%/アコムマンスリーレポートより)
  • 時間外振込対応は限定的(詳細公式HP

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

> 3秒診断の結果を見る

目次