PR

コンビニATMでお金を借りるには?即日融資や24時間対応しているキャッシングサービスもご紹介

コンビニATMでお金を借りるには?初心者が最短25分で10万円を手に入れる方法

コンビニATMでお金を借りたい!でも、どうやって借りるの?いつでも借りられるの?そんな疑問をお持ちではありませんか。急な出費やピンチの時、コンビニATMですぐにキャッシングできれば心強いですよね。

この記事では、コンビニATMを使ってお金を借りる方法を詳しく解説します。

消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング機能を使えば、全国のコンビニATMから24時間365日いつでもお金を借りることができます。WEB完結の申込みなら最短即日融資も可能。在籍確認の電話連絡なしや、自宅への郵送物なしを選べる業者もあります。

また、スマホアプリを使ったカードレスATM取引にも対応。カードを持ち歩かなくてもその場ですぐ借入・返済ができて便利です。

記事の後半では、おすすめのキャッシングサービスもご紹介。あなたのお金の悩みを速やかに解決する方法が見つかるはずです。ぜひ最後までご覧ください。

目次

コンビニATMでお金を借りる方法

コンビニATMでお金を借りる方法
  • 消費者金融でお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシングでお金を借りる
  • 銀行系カードローンでお金を借りる

消費者金融でお金を借りる

消費者金融は、コンビニATMを利用してスピーディーにキャッシングできるサービスを提供しています。消費者金融各社は、Web完結で在籍確認なしの無審査・無利息キャンペーンを実施していることが多く、会社にバレずに借りられるのがメリットです。

ただし、消費者金融の金利は比較的高めなので、長期的な借り入れには向いていません。貸金業法で定められた上限金利は年18.0%ですが、実際の消費者金融の上限金利もほぼ同水準となっています。

一方、銀行カードローンの金利は年1.5~14.5%程度と消費者金融より低めです。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

クレジットカードを利用してコンビニATMからキャッシングすることも可能です。クレジットカードのキャッシングは、カード会社によって金利が異なりますが、おおむね年15%~18%程度が一般的です。

クレジットカードのキャッシング限度額は、消費者金融のカードローンに比べると低めで、平均50万円~300万円程度となっています。限度額は申込時の審査で決定され、年収や勤続年数、他社の借入状況などが考慮されます。

キャッシングを利用する際は、ATM手数料(110円~220円程度)も別途かかります。また、支払い期日に残高不足があった場合は遅延損害金も発生するので注意が必要です。

一方で、クレジットカードのキャッシングでは、オンラインで最短即日振込を受けられるサービスもあり、スピーディーな資金調達が可能です。ただし、クレジットカード新規発行の場合は、カードが自宅に届くまでに2週間程度かかります。

銀行系カードローンでお金を借りる

銀行系カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて金利が低めなのが特徴です。銀行カードローンの金利は年1.5~14.5%程度と、消費者金融の18%前後に比べてかなり低くなっています。

一方で、銀行カードローンの審査は比較的厳しい傾向にあります。年収や勤続年数、他社の借入状況などをクリアする必要があり、審査に通過するまでに1日~1週間程度かかることが多いです。

銀行カードローンの限度額は、最大で1,000万円程度までとなっています。限度額は申込時の審査で決定されますが、消費者金融のカードローンに比べると高い傾向にあります。

銀行カードローンの多くは、コンビニATMからの借入が可能です。ただし、ATM手数料が108円~216円程度かかるのは消費者金融と同様です。

一方でデメリットは、審査が比較的厳しいことです。また、消費者金融に比べると借入額の上限が低めに設定されている場合もあります。利用目的に合わせて、適切なカードローンを選ぶ必要があります。

今日中にコンビニATMでお金を借りたいなら消費者金融がおすすめ

コンビニATMを使って即日でお金を借りたい場合は、消費者金融がおすすめです。消費者金融各社は、Web完結で在籍確認なしの無審査・無利息キャンペーンを実施していることが多く、最短で20分程度で融資が可能なサービスもあります。

消費者金融の申込みは、オンラインで24時間可能です。本人確認書類の提出も、スマートフォンのカメラを使って写真を送信するだけで済みます。審査が通れば、契約後すぐにコンビニATMで現金を引き出せます。

一方、銀行カードローンの審査には通常1日~1週間程度かかります。また、銀行は平日の営業時間内にしか審査を行わないため、土日や夜間に申し込んでも対応してくれません。

消費者金融×コンビニATMでお金を借りるまでの流れ

STEP
消費者金融のウェブサイトから申し込む
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)の画像をアップロード
  • 収入証明書類が必要な場合もあり
    (借入額が50万円超えや他社借入総額100万円超え)
STEP
最短20分程度で審査結果が通知される
  • 審査状況によっては30分以上かかる場合も
STEP
審査通過後、契約手続きを行う
  • スマホアプリやウェブから契約内容を確認し同意
STEP
コンビニATMで借り入れ
  • アプリで表示されるバーコードをATMで読み取り
  • 借入金額と暗証番号を入力して現金を受け取る
STEP
返済日に従い計画的に返済する
  • コンビニATM、インターネットバンキング、口座振替など返済方法は複数

即日融資×コンビニATM対応のおすすめ消費者金融

消費者金融金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

アイフル
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
初回利用時のみ最大30日間4,000円~原則なし詳細はこちら

アコム
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
最短20分初回利用時のみ最大30日間3,000円~原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
詳細はこちら

レイク
4.5%~18.0%1万円~500万円満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
Webで最短25分初回利用時のみ最大180日間4,000円~原則なし詳細はこちら

SMBCモビット
3.0%~18.0%1万円~800万円満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
最短即日1,000円~原則なし詳細はこちら

プロミス
4.5%~17.8%1万円~500万円満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
最短即日初回利用時のみ最大30日間1,000円~原則なし詳細はこちら

アイフル

アイフル
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※定期的な収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短18分
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短18分で審査が完了し、即日融資が可能
  • 初回利用時は最大30日間無利息期間がある
  • スマホアプリでカードレスの契約が可能
デメリット
  • 銀行カードローンに比べて金利が高め
  • 収入証明書が必要な場合がある
  • 総量規制の対象となり、借入限度額に制限がある

アイフルは即日融資とコンビニATM対応に対応した消費者金融サービスです。審査が最短18分で完了し、借入限度額は最高800万円までとなっています。利用の際は、収入証明書の提出が必要な場合があります。

借入後は、コンビニATMから24時間365日いつでも返済が可能です。スマホアプリからも手続きできるため、ペーパーレスで完結できるのが特徴です。ただし、審査は平日の9時から21時までの対応となり、混雑時期や自営業の方は審査に時間がかかる可能性があります。

限度額の増額を希望する場合は、スマホアプリから収入証明書を提出する必要があります。増額審査は18時までの申込みで即日回答となります。アイフルでは年収アップや信用度向上で増額審査に通りやすくなります。

アコム

アコム
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満72歳
※安定した収入と返済能力があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短20分
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認原則、在籍確認なし
※原則、電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施
メリット
  • 最短20分で審査が完了し、即日融資が可能
  • 初回利用時は最大30日間無利息期間がある
  • スマホアプリでカードレスの契約が可能
デメリット
  • 銀行カードローンに比べて金利が高め
  • 収入証明書が必要な場合がある
  • 総量規制の対象となり、借入限度額に制限がある

アコムは大手消費者金融会社で、即日融資とコンビニATM対応に強みがあります。最短20分で審査が完了し、審査通過後はすぐに融資を受けられます。年中無休で審査が行われるため、土日祝日でも借り入れが可能です。

コンビニATMでの借入れにも対応しており、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イオン銀行ATMなど主要コンビニATMが利用できます。コンビニATMは基本的に24時間利用可能なので、急な資金ニーズにも対応しやすいです。

スマートフォンアプリ「アコムナビ」から、最寄りのATMを検索して借り入れることもできます。申し込みからアプリ上で完結できるので便利性が高いと言えます。

一方で、金利が銀行カードローンより高めであることが欠点です。年収の3分の1を超える金額は借りられません。提携ATMの手数料も発生する場合があります。

しかし、ネット銀行の審査が不安な方にとって、アコムの明確な審査基準と即日融資対応は大きなメリットと言えるでしょう。

レイク

レイク
金利4.5%~18.0%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満20歳~70歳
※安定した収入のある方
※パート・アルバイトで収入のある方も可
審査・融資までの時間Webで最短25分
無利息期間初回利用時のみ最大180日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額4,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短25分で融資可能、即日融資が受けられる
  • 初回利用時は最大180日間無利息期間がある
  • スマホアプリでカードレス契約が可能
デメリット
  • 銀行カードローンより金利が高め
  • 他社より借入限度額が低い可能性
  • 提携ATM利用時に手数料がかかる

レイクは即日融資とコンビニATMでの借入・返済に対応した消費者金融です。最短25分で融資が可能で、大手消費者金融の中でもトップクラスの融資スピードを誇ります。

コンビニATMでの借入・返済が可能なのが大きな魅力です。全国のほとんどのコンビニATMで24時間いつでも手続きができます。 ただし、1万円以下の取引には110円、1万円超の取引には220円の手数料がかかります。 プライバシー保護の観点からセブン銀行ATMがおすすめです。

レイクの審査は比較的甘めで、アルバイトやパートなど非正規雇用者でも借りられる可能性が高いです。 最大180日間の無利息期間サービスもあり、利息を抑えられます。 借入金額が多いほど金利が低くなるのも特徴です。

ただし、他社と同様に複数の消費者金融に短期間で申し込むと審査に落ちる可能性があります。 利用の際は注意が必要です。即日融資とコンビニATM対応で手軽に利用できるのがレイクの最大の強みといえるでしょう。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利3.0%~18.0%
貸付限度額1万円~800万円
申込条件満20歳~満74歳
※安定した収入があり、当社基準を満たす方
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短30分で審査が完了し、即日融資が可能
  • スマホアプリでカードレス契約が可能
  • Tポイントが返済に利用でき、ポイントも貯まる
デメリット
  • 銀行カードローンより金利が高め
  • 収入証明書の提出が必要な場合がある
  • 総量規制の対象で借入限度額に制限がある

SMBCモビットは三井住友フィナンシャルグループの消費者金融会社で、即日融資とコンビニATM対応のサービスを提供しています。

即日融資では最短30分で審査が完了し、契約後すぐに融資を受けられます。 申込みは24時間可能で、スマートフォンからでも手続きができます。

コンビニATMでの借入・返済が可能なのが大きな特徴です。全国の主要コンビニATMで24時間いつでも手続きでき、非常に利便性が高いです。 ただし、コンビニATM手数料が1万円以下の取引で110円、1万円超で220円とやや高めに設定されています。

SMBCモビットの強みは、三井住友フィナンシャルグループの安心感と信頼性の高さにあります。審査も比較的厳格ですが、安定した収入があれば借りられる可能性は高いでしょう。

金利は業界平均と比べてやや高めですが、最大180日間の無利息期間サービスがあり、短期での利用であれば利息負担を抑えられます。 即日融資とコンビニATM対応で手軽に利用できる点が、SMBCモビットのメリットと言えます。

プロミス

プロミス
金利4.5%~17.8%
貸付限度額1万円~500万円
申込条件満18歳~満74歳
※本人に安定した収入のある方
※パート・アルバイトなどで安定した収入がある主婦・学生も可
審査・融資までの時間最短即日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認原則なし
メリット
  • 最短3分で即日融資が可能
  • 初回利用時は最大30日間無利息期間がある
  • スマホアプリでカードレスの契約が可能
デメリット
  • 銀行カードローンに比べて金利が高め
  • 収入証明書の提出が必要な場合がある
  • 総量規制の対象で借入限度額に制限がある

プロミスは、コンビニATMで即日融資を受けられる消費者金融会社です。24時間365日いつでも申し込みが可能で、最短3分で審査が完了します。

コンビニATMでの借入れは、提携している大手コンビニチェーン(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ミニストップ)のATMで行えます。 平日・休日を問わず24時間利用でき、自宅からも近くのコンビニで手軽に借り入れができます。 借入金額1万円以下は手数料110円、1万円超は220円がかかります。

返済もコンビニATMで可能です。 インターネットからの返済に加え、約1,100の金融機関の口座からも返済できるので便利です。 借入れと返済の両方をコンビニATMで完結できるのがメリットです。

プロミスの上限金利は17.8%と業界平均より低めに設定されています。 利用限度額が100万円を超えると金利は15%以下に下がるケースもあります。 金利が低いほど返済額を抑えられるので、メリットが大きいでしょう。

このように、プロミスはコンビニATMで即日融資を受けられる点や、低金利が魅力的な消費者金融会社です。

コンビニATMを使ってクレジットカードのキャッシングでお金を借りる方法

お金を借りるまでの流れ

コンビニATMでクレジットカードからキャッシングする際の流れは以下の通りです。

STEP
キャッシング枠の確認

最初にクレジットカードにキャッシング枠が設定されているかを確認します。キャッシング枠がない場合は、カード会社に新規設定を申し込む必要があります。

STEP
ATMの選択

利用可能なATMを確認します。自社ATMだけでなく、提携ATMでもキャッシングできる場合があります。

STEP
ATMでの操作
  • ATMにクレジットカードを挿入
  • メニューから「キャッシング」を選択
  • 暗証番号を入力
  • 借入金額を入力(キャッシング枠内)
  • 確認画面で内容を確認し、「実行」を選択
STEP
現金の引き出し

指示に従って現金を引き出します。

STEP
利用明細の確認

後日、利用明細でキャッシング利用額と利息を確認します。

STEP
返済

約定返済日までに利用額と利息を返済します。返済が遅れると延滞金が発生するので注意が必要です。

既にキャッシング枠がついていれば今すぐ借入できるのが強み

コンビニATMを利用してクレジットカードからキャッシングする最大の利点は、すでにキャッシング枠が設定されていれば、その場で現金を手にすることができる点です。銀行のカードローンと比べると、審査を受ける必要がなく、借入手続きが非常に簡単で手軽なのが魅力的です。

多くのクレジットカード会社は、カード発行時からキャッシング枠を設定しています。この枠内であれば、いつでもATMから現金を引き出すことが可能です。例えば、急な出費が発生した際や、給料日までの一時的なつなぎ資金が必要になった場合など、コンビニATMを活用すれば、すぐにお金を借りられるので便利です。

無利息期間が無いのがデメリット

クレジットカードのキャッシングでは、一般的に無利息期間が設けられていないのがデメリットです。つまり、借入れた日から利息が発生するため、長期間の借入れには向いていません。

クレジットカード会社によって金利は異なりますが、キャッシング金利は比較的高めに設定されていることが多く、年18%前後が一般的です。短期間の一時的な資金調達であれば問題ありませんが、長期間借り続けると利息の負担が大きくなってしまいます。

コンビニATMを使って銀行系カードローンでお金を借りる方法

お金を借りるまでの流れ

銀行系カードローンでコンビニATMから借入れるまでの流れは以下の通りです。

STEP
銀行の選定と申込み
  • 金利や限度額、無利息期間などを比較して銀行を選定
  • 銀行の窓口やウェブサイトから申込み手続きを行う
STEP
審査
  • 収入や借入目的、返済計画などについて審査が行われる
  •   審査に通れば契約が成立し、カードローン専用のカードが発行される
STEP
ATMの選択
  • 発行銀行のATMだけでなく、提携ATMでも利用可能
  • 手数料無料のATMを利用するとコストを抑えられる
STEP
ATMでの操作
  • カードを挿入し、メニューから「カードローン」を選択
  • 暗証番号を入力
  • 借入金額を入力(限度額内)
  • 確認画面で内容を確認し、「実行」を選択  
STEP
現金の引き出し
  • 指示に従って現金を引き出す
STEP
返済
  • 約定返済日までに利用額と利息を返済
  • 完済すれば新たに借入可能

融資までに時間がかかるものの低金利で借入できるのが強み

銀行系カードローンは、コンビニATMを利用して借入れることができる点でクレジットカードのキャッシングと同様の利便性がありますが、審査が必要となるため融資までに時間がかかるというデメリットがあります。

一方で、銀行系カードローンの最大の強みは低金利であることが挙げられます。クレジットカードのキャッシング金利は一般的に年18~20%程度と高めですが、銀行系カードローンの金利は年4~15%程度と比較的低めに設定されていることが多いのです。

ただし、銀行系カードローンを利用するには、収入や借入目的、返済計画などについて審査を受ける必要があり、場合によっては数日から1週間程度の時間を要します。緊急的に資金が必要な場合は、即時借入が可能なクレジットカードのキャッシングを利用するのが現実的でしょう。

5万円~10万円程であれば数%の金利差で大きく利息額が変わることはない

銀行系カードローンとクレジットカードのキャッシングでは金利に大きな開きがありますが、借入金額が5万円~10万円程度の比較的少額であれば、利息額の差はそれほど大きくはありません。

例えば、5万円を1年間借りた場合を考えてみましょう。クレジットカードのキャッシング金利が年18%だとすると、利息は9,000円かかります。一方、銀行系カードローンの金利が年6%であれば、利息は3,000円です。確かに6,000円の差はありますが、総額に対する割合は12%程度と、そこまで大きな差とは言えません。

10万円を1年間借りた場合でも、クレジットカードのキャッシングだと18,000円、銀行系カードローンだと6,000円の利息となり、差額は12,000円です。借入金額が大きくなれば差額も大きくなりますが、10万円程度であれば許容範囲と考えられます。

つまり、短期的な一時的な資金調達であれば、クレジットカードのキャッシングと銀行系カードローンの利息額にそれほど大きな差はありません。

コンビニATMが使えるおすすめの銀行系カードローン

銀行系カードローン金利貸付限度額申込条件審査・融資までの時間無利息期間カードレスWeb完結毎月の返済額在籍確認詳細

セブン銀行カードローン
12.00%~15.00%10万円~300万円満20歳~満70歳
※セブン銀行口座を持っている方
※一定の審査基準を満たし当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
最短翌日初回利用時のみ最大30日間2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
1.80%~14.60%10万円~500万円満20歳以上65歳未満最短翌日×1,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

イオン銀行カードローン
3.80%~13.80%10万円~800万円満20歳~満64歳
※日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
※本人に安定かつ継続した収入の見込める方
※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)も可能。学生不可
※保証会社であるイオンフィナンシャルサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
最短翌営業日×1,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

三井住友銀行カードローン
1.50%~14.50%10万円~800万円満20歳~満69歳
※安定した収入のあるかた
※三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
最短即日※1◯※22,000円~※3電話在籍確認あり詳細はこちら

みずほ銀行カードローン
2.000%~14.000%10万円~800万円満20歳~満65歳
※安定かつ継続した収入の見込める方
※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
翌営業日以降×2,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

オリックス銀行カードローン
1.700%~14.80%10万円~800万円満20歳~満69歳
※原則、毎月安定した収入のある方
※日本国内に在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
※オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方
申し込みから約1~2週間程初回利用で最大30日間×3,000円~電話在籍確認あり詳細はこちら

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン
金利12.00%~15.00%
貸付限度額10万円~300万円
申込条件満20歳~満70歳
※セブン銀行口座を持っている方
※一定の審査基準を満たし当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
審査・融資までの時間最短翌日
無利息期間初回利用時のみ最大30日間
カードレス
Web完結
毎月の返済額2,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 金利が他社に比べて低い水準
  • 最短30分で審査が完了し、即日融資が可能
  • スマホアプリで契約・利用が可能
デメリット
  • セブン銀行の口座開設が必須
  • 借入限度額が低め
  • 提携ATMでの出金手数料が必要

セブン銀行カードローンは、コンビニATMで手軽にお金を借りられる銀行系カードローンです。セブン銀行の口座を持っていれば、最短で翌日から融資を受けられます。

金利は年12.0%〜15.0%の変動金利となっており、限度額は10万円から最大300万円までです。 審査基準を満たし、保証会社の保証を受けられれば、アルバイトやパートの方、年金受給者の方でも申し込みが可能です。

セブン銀行の口座をお持ちでない場合は、同時に口座開設の手続きも必要になります。オンラインで簡単に開設できますが、その分審査に1〜2週間程度かかる可能性があります。

最大の利点は、セブン銀行ATMであれば全国のコンビニATMで24時間365日借入や返済ができる点です。 さらに、在籍確認の電話連絡が原則ないため、プライバシーが守られます。 限度額が低めでも構わない方に、コンビニATMで手軽にお金を準備したい場合におすすめのサービスです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行「バンクイック」
金利1.80%~14.60%
貸付限度額10万円~500万円
申込条件満20歳以上65歳未満
審査・融資までの時間最短翌日
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 最短即日で融資が可能
  • 三菱UFJ銀行ATM・提携ATMの手数料が無料
  • スマホアプリで契約・利用が便利
デメリット
  • 借入限度額が最大500万円と低め
  • 無利息期間がない
  • 銀行カードローンでも金利は比較的高め

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、コンビニATMでの返済が手数料無料という大きな魅力があります。 実質年利は1.8%から14.6%と比較的低めの金利設定で、メガバンクならではの安心感があります。

借入限度額は10万円から最大800万円まで設定可能です。 審査結果は申込日以降に連絡があり、最短で翌営業日以降の融資となります。 即日融資には対応していませんが、銀行カードローンの中では審査が比較的早い部類に入ります。

返済方法は口座振替、インターネットバンキング、ATMから選べます。 三菱UFJ銀行の口座がなくてもATMでの返済が可能なのが便利です。 ただし、口座振替の場合は三菱UFJ銀行の口座に限られるデメリットがあります。

コンビニATMでの返済手数料が無料なのは大きな強みで、24時間いつでも返済できる点が重宝されています。 低金利でありながら、コンビニATMが使えるのは大手銀行ならではの特典と言えるでしょう。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン
金利3.80%~13.80%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満64歳
※日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
※本人に安定かつ継続した収入の見込める方
※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)も可能。学生不可
※保証会社であるイオンフィナンシャルサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
審査・融資までの時間最短翌営業日
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額1,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 最大800万円の高い限度額が設定されている
  • 銀行カードローンなので金利が比較的低い
  • インターネットで簡単に申し込み可能
デメリット
  • 収入証明書の提出が必要な場合がある
  • 学生は利用対象外
  • 総量規制の対象で借入限度額に制限がある

イオン銀行カードローンは、コンビニATMからも利用できる便利なカードローンです。審査を通れば、発行されるローンカードを使って、イオン銀行ATMやコンビニATM(イーネット、ローソン)から手数料無料で現金を借りられます。

借入限度額は10万円から最大800万円まで設定可能で、1,000円単位で必要な金額を繰り返し借りられます。金利は年3.8%から13.8%の変動金利となっており、借入限度額が高いほど金利が低くなります。

返済方式は残高スライド方式で、前月の借入残高に応じて返済額が決まります。例えば残高が3万円以下なら月々1,000円からの返済となり、無理のない設計です。返済方法は口座引落し、ATM入金、インターネットバンキングから選べます。

最短5日でローンカードが自宅に届き、申込みからカード受取りまでを完全WEB上で完結できるのも魅力的です。イオン銀行の口座がなくてもATMで利用可能なので、コンビニATMから手軽にお金を借りられるカードローンと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行 カードローン
金利1.50%~14.50%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※安定した収入のあるかた
※三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
審査・融資までの時間最短即日※1
無利息期間
カードレス◯※2
Web完結
毎月の返済額2,000円~※3
在籍確認電話在籍確認あり
※1 申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合があります。
※2 三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方、またWEBよりお申込みのお客さまで、本人確認をオンラインで行った場合に限り、「カードレス」の選択が可能
※3 毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。
メリット
  • 最短即日で融資が可能
  • 三井住友銀行ATM・提携ATMの手数料が無料
  • スマホアプリで契約・利用が便利
デメリット
  • 借入限度額が最大800万円と比較的低め
  • 無利息期間がない
  • 銀行カードローンでも金利は比較的高め

三井住友銀行のカードローンは、コンビニATMでお金を借りられる大変便利なサービスです。全国のイーネットATM、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATMでご利用いただけます。

コンビニATMでのお借り入れ時、ATM利用手数料やATM時間外手数料は無料となっています。 つまり、24時間いつでも手数料なしでお金を借りられるのが大きな魅力です。

お借り入れ方法も簡単で、ローン専用カードまたはお手持ちの普通預金キャッシュカードを使えば、ATMで現金を引き出すだけです。 普通預金口座をお持ちでない方も、ローン専用カードを発行してご利用いただけます。

利用限度額は10万円から最大800万円までと幅広く設定可能で、金利は年1.5%から14.5%と低金利が魅力的です。 担保や保証人は不要で、WEBで24時間いつでも申し込みができます。

返済方式は残高スライド元利定額返済方式を採用しており、借入残高に応じて毎月の返済額が変動します。余裕があれば臨時返済も可能です。

三井住友銀行のカードローンは、コンビニATMが24時間無料で使えて便利なだけでなく、低金利で限度額も高く設定できるなど、総合的に大変おすすめのサービスです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
金利2.000%~14.000%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満65歳
※安定かつ継続した収入の見込める方
※保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
審査・融資までの時間翌営業日以降
無利息期間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額2,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 銀行カードローンなので金利が比較的低い
  • みずほ銀行ATM・提携ATMの手数料が無料
  • スマホアプリで契約・利用が便利
デメリット
  • 借入限度額が最大800万円と低め
  • 無利息期間がない
  • 土日祝日は審査が行われない

みずほ銀行カードローンは、コンビニATMからの借入れが可能な銀行カードローンです。全国の主要コンビニエンスストアのATMで24時間365日借入れができるので、急な資金需要にも対応できます。

借入れ方法は、ATMでの操作に加えて、みずほ銀行のインターネットバンキングサービス「みずほダイレクト」からも可能です。自宅にいながらスマートフォンやPCから借り入れの手続きができるので便利です。

返済方法は、主に口座振替による約定返済と、ATMやみずほダイレクトからの任意返済(繰上返済)の2種類があります。約定返済額は毎月10日時点の残高に応じて変動するスライド方式を採用しています。

みずほ銀行カードローンの大きな特徴は、低金利が魅力的な点です。実質年率は2.0%~14.0%と業界最低水準の金利設定となっています。長期の借入れを検討している方におすすめのサービスです。

ただし、審査に時間がかかる点や、返済方法が口座振替のみと制限があるなど、一部使いづらい面もあります。コンビニATMからの借入れを重視するなら、みずほ銀行カードローンは検討に値する選択肢の一つと言えるでしょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
金利1.700%~14.80%
貸付限度額10万円~800万円
申込条件満20歳~満69歳
※原則、毎月安定した収入のある方
※日本国内に在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
※オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方
審査・融資までの時間申し込みから約1~2週間程
無利息期間初回利用で最大30日間
カードレス×
Web完結
毎月の返済額3,000円~
在籍確認電話在籍確認あり
メリット
  • 提携ATMの手数料が無料で利便性が高い
  • WEB完結で申し込みから借入までスムーズ
  • 借入限度額が最大800万円と高額
デメリット
  • 銀行カードローンでも実質年利が高め
  • 審査から融資までに1~2週間程度を要する
  • 収入証明書の提出が必要な場合がある

オリックス銀行カードローンは、コンビニATMでの借入・返済が可能な便利な銀行カードローンです。全国の主要コンビニATMで24時間365日いつでも手数料無料でご利用いただけます。

最高800万円までの高額な限度額設定が可能で、金利は1.7%から14.8%の範囲となります。 収入に応じて限度額と金利が決まるので、低金利で高額な融資を受けられる可能性があります。

申込みからご利用開始までWEBで完結するので、面倒な手続きは一切ありません。 審査も最短即日で結果が出るため、急な出費にもスピーディーに対応できます。

さらに、がん保障特約付きプラン「Bright」に加入すれば、万が一の際に借入残高が0円になる特典もあります。 安心して利用できるのが大きな魅力です。

提携ATMが全国に10万台以上あるので、いつでも好きな場所で借り入れや返済ができます。 コンビニATMが使えるカードローンをお探しの方に、オリックス銀行カードローンはおすすめの選択肢となるでしょう。

コンビニATMでお金を借りる際の注意点

コンビニATMでお金を借りる際の注意点
  • ATM利用手数料がかかる場合がある
  • メンテナンス時間などで利用できない時間帯がある
  • 1回あたりの借入額に上限がある
  • 小銭の取り扱いができない
  • スマホ等のメディア端末では借入できない場合がある
  • 借入先で設定された利用限度額を超えての借入はできない

ATM利用手数料がかかる場合がある

コンビニATMでお金を借りる際、利用手数料がかかる場合があります。この手数料は、借入金額や利用時間帯、金融機関によって異なります。

一般的には、借入金額が1万円以下の場合は110円、1万円を超える場合は220円程度の手数料がかかります。 しかし、一部の銀行カードローンでは、提携コンビニATMを利用すれば手数料が無料になる場合もあります。

手数料は金融機関やサービスによって異なるため、頻繁に利用すると手数料が積み重なってしまう可能性があります。 また、時間帯や曜日によっても手数料が変動することがあるので、事前に確認しておくことが重要です。

例えば、アイフルでは提携ATMを利用する場合、利用時間にかかわらず以下の手数料が発生します。

アイフルの手数料
  • お取引金額1万円以下: 110円
  • お取引金額1万円超: 220円  

このように、コンビニATMでお金を借りる際は、手数料がかかることを認識しておく必要があります。手数料を節約するには、できるだけ自社ATMを利用するか、手数料無料の提携ATMを探すことをおすすめします。

メンテナンス時間などで利用できない時間帯がある

コンビニATMでお金を借りる際は、メンテナンス時間や店舗の営業時間によって利用できない時間帯があることに注意が必要です。

多くのコンビニATMは24時間365日利用可能ですが、一部の銀行では定期的なシステムメンテナンスのため、利用できない時間帯が設けられています。 例えば、北洋銀行では毎月第2・第3日曜日の21時から翌7時までATMが利用できません。

また、コンビニ店舗の営業時間に合わせてATMの利用時間が制限される場合もあります。 セブン銀行ATMは原則24時間利用可能ですが、設置店舗が24時間営業でない場合は閉店時にATMが利用できなくなります。 同様に、三菱UFJ銀行ATMも店舗の営業時間外は利用できません。

さらに、年末年始の特定期間中はATMの利用に制限がかかる銀行もあり、事前の確認が必要です。 北洋銀行では12月31日から1月3日までATM利用が一部制限されています。

ATM利用時間外でも銀行のモバイルアプリやインターネットバンキングを利用すれば、残高照会や振込など一部の取引が可能な場合があります。 緊急時の対応策として、こうしたデジタルサービスの活用も検討すべきでしょう。

1回あたりの借入額に上限がある

コンビニATMでお金を借りる際は、1回あたりの借入額に上限があることを認識しておく必要があります。

この上限額は金融機関やサービスによって異なりますが、一般的には10万円から30万円程度が設定されています。 例えば、アイフルの場合は1回あたり30万円が上限となっています。 一方、三菱UFJ銀行のカードローンでは10万円までしか借りられません。

借入額の上限は、金融機関が顧客への過剰な借入リスクを抑えるために設けられています。 一度に多額の借入を認めてしまうと、顧客の返済負担が重くなり、延滞や債務不履行のリスクが高まるためです。

上限額を超える金額を借りたい場合は、複数回に分けて借り入れを行う必要があります。

小銭の取り扱いができない

コンビニATMでお金を借りる際の注意点として、小銭の取り扱いができないことが挙げられます。

コンビニATMは紙幣の出し入れは可能ですが、硬貨の取り扱いはできません。つまり、お金を借りる際は必ず紙幣での引き出しとなり、小銭は出てきません。

例えば、1万円を借りて引き出そうとした場合、ATMからは1万円札が1枚出てくるだけで、500円玉や100円玉は出てきません。

この理由は、ATMの構造上の制約によるものです。ATMには紙幣を収納するための入出金カセットはありますが、硬貨を収納する装置がないためです。

したがって、コンビニATMで小銭が必要な場合は、別の方法を検討する必要があります。一つの対処法としては、ATMで引き出した紙幣を店内のレジで両替してもらうことが考えられます。

また、一部の最新型ATMでは、硬貨の入出金機能が付いているものもあります。しかし、こうしたATMはまだ普及しておらず、コンビニATMでは見かけることは少ないでしょう。

スマホ等のメディア端末では借入できない場合がある

コンビニATMでお金を借りる際の注意点として、スマホやコンビニに設置されているマルチメディア端末では借入ができない場合があることが挙げられます。

多くの金融機関では、コンビニATMからの借入手続きにはスマートフォンのアプリを利用する「スマホATM取引」が導入されています。 しかし、このサービスに対応していない金融機関もあり、その場合はスマホからの借入ができません。

ふるさと本舗 カードローン編集部

スマホアプリを利用する場合は、アプリのカメラ機能が有効になっているかや、スマホの充電残量にも注意が必要です。 手続き中にスマホのバッテリー切れや通信エラーが発生すると、借入手続きが完了しない可能性があるためです

借入先で設定された利用限度額を超えての借入はできない

コンビニATMでお金を借りる際の注意点として、借入先で設定された利用限度額を超えての借入はできないことが挙げられます。

利用限度額とは、借入先の金融機関が個人の返済能力を審査した上で設定する、借入可能な上限金額のことです。この限度額を超えてお金を借りることはできません。

利用限度額は、個人の年収や借入残高、信用情報などに基づいて決定されます。年収が高く、他社からの借入が少ないほど高い限度額が設定される傾向にあります。 一方、年収が低かったり、他社からの借入額が多かったりすると、限度額は低く設定されがちです。

また、利用限度額は借入残高によっても変動します。 借入残高が増えれば増えるほど、新たに借りられる金額は減っていきます。つまり、借入残高が利用限度額に近づけば近づくほど、新規の借入は難しくなるということです。

コンビニでお金を借りる方法に関するよくある質問

コンビニでお金を借りる方法に関するよくある質問
  • 学生でもコンビニATMでお金を借りることはできますか?
  • セブン-イレブンの銀行からセブン銀行カードローンの申込はできますか?
  • 19歳でもコンビニでお金を借りることはできますか?
  • 審査なしで現金を借りる方法はありますか?
  • 5万円ほどであれば審査なしでお金を借りられますか?
学生でもコンビニATMでお金を借りることはできますか?

学生でもコンビニATMでお金を借りることは可能です。ただし、年齢や収入要件などの条件を満たす必要があります。

多くの消費者金融では、20歳以上の学生で一定の収入があれば審査を通過すれば借り入れができます。 例えば、アコムでは毎月の収入が8万円以上あれば20歳以上の学生でも申し込みが可能です。

一方、18歳や19歳の学生の場合は、親の同意書が必要になったり、借入限度額が制限される場合があります。

また、銀行のカードローンでは年齢要件が20歳以上と高めに設定されていることが多く、学生が借りられるかどうかは金融機関によって異なります。

学生が借りる際の注意点は、アルバイト収入などで安定した収入源があることが重要視されます。 収入が不安定だと審査に通りにくくなる可能性があります。

セブン-イレブンの銀行からセブン銀行カードローンの申込はできますか?

セブン-イレブンの店頭にある銀行ATMからセブン銀行のカードローン申込はできません。

セブン銀行のカードローン申込は、インターネットやスマートフォンアプリからの申込が基本となっています。 店頭の銀行ATMでは申込手続きができない仕組みになっているためです。

セブン銀行は完全インターネット専業銀行なので、店舗窓口がありません。そのため、カードローンの申込から契約手続きまですべてをオンラインで完結させる必要があります。

19歳でもコンビニでお金を借りることはできますか?

19歳でもコンビニATMでお金を借りることは可能ですが、条件によっては制限がかかる場合があります。

多くの消費者金融会社では、19歳の場合は親権者の同意書が必要になったり、借入限度額が制限されることがあります。 

例えば、アイフルでは19歳の場合、親権者の同意が必要で、借入限度額は10万円までとなっています。 プロミスでも同様に、19歳は親権者の同意が必要で、限度額は10万円までです。

一方、アコムでは19歳でも親の同意は不要ですが、安定した収入がある必要があります。 収入要件を満たせば、年齢に関わらず借入が可能です。

銀行のカードローンについては、19歳での借入は基本的に認められていません。 銀行は20歳以上を年齢要件としている場合が多いためです。

19歳で借りる際の注意点は、アルバイト収入などで安定した収入源があることが重要視されます。 収入が不安定だと審査に通りにくくなる可能性があります。

審査なしで現金を借りる方法はありますか?

基本的に、審査なしで現金を借りる方法はありません。 カードローンやクレジットカードでは、貸付の際に必ず審査が行われます。

ただし、既にクレジットカードを持っていて、キャッシング枠が設定されている場合は、審査なしで現金を借りられる可能性があります。 キャッシング枠があれば、コンビニATMでいつでもキャッシングができるためです。

ただし、キャッシング枠の設定がないクレジットカードの場合は、新規でキャッシング機能を追加するには審査が必要になります。 また、キャッシング枠があっても、利用限度額を超えての借入はできません。

消費者金融のカードローンやクレジットカードの新規契約時には、必ず本人確認や収入証明などの審査が入ります。 審査を通過しないと契約できず、コンビニATMから現金を借りることはできません。

5万円ほどであれば審査なしでお金を借りられますか?

残念ながら、5万円程度の金額であっても、審査なしにお金を借りることはできません。

カードローンやクレジットカードの新規契約時には、必ず本人確認や収入証明などの審査が行われます。 借入金額に関わらず、審査を経ずに契約することはできません。

一部のクレジットカードで即日発行やキャッシング即日利用が可能な場合がありますが、これは既にクレジットカード会社で審査を通過していることが前提となっています。 つまり、完全に審査なしでお金を借りられるわけではありません。

消費者金融のカードローンについても同様で、審査を経ずに契約することはできません。 アイフル、プロミス、アコムなどの主要な消費者金融会社では、全て審査が必須となっています。

このように、審査なしにお金を借りる方法はなく、5万円程度の金額であっても例外はありません。 審査を受けずに現金が必要な場合は、身近な人から借りるなど、他の方法を検討する必要があります。

まとめ

コンビニATMでお金を借りる際は、さまざまな注意点があります。

まず、ATM利用手数料がかかる場合があり、金融機関や借入金額によって異なります。また、メンテナンス時間や営業時間によってATMが利用できない時間帯もあります。

次に、1回あたりの借入額に上限があり、金融機関によって異なります。小銭の取り扱いができないため、紙幣での引き出しとなります。さらに、スマホなどのメディア端末では借入できない場合もあります。

加えて、借入先で設定された利用限度額を超えての借入はできません。利用限度額は個人の審査結果に基づいて決定されます。

学生でも条件を満たせば借りられますが、年齢や収入要件などがあります。19歳の場合は親の同意が必要になったり、借入限度額が制限される可能性があります。

一方、審査なしで現金を借りる方法はなく、キャッシング枠があるクレジットカードを除いては審査が必須です。5万円程度の金額であっても例外はありません。

このように、コンビニATMで借りる際は様々な制限事項があるため、事前に確認しておくことが重要です。計画的な借り入れを心がけ、無理のない範囲で利用しましょう。

目次