審査甘い・緩いクレジットカードはある?審査が不安な人におすすめのクレジットカードを紹介

審査甘い・緩いクレジットカードはある?審査が不安な人におすすめのクレジットカードを紹介のアイキャッチ

「審査が甘い・緩いクレジットカードはある?」

クレジットカードの審査が不安な人の中には、審査が甘い・緩いクレジットカードがあるのか気になっている人もいるでしょう。

結論、審査が甘い・緩いクレジットカードは存在しません。割賦販売法という法律により、申込者の支払い能力を超える貸付は禁止されているからです。

(支払能力を超える購入等の防止)

第三十八条 割賦販売業者及びローン提携販売業者は、共同して設立した信用情報機関(信用情報の収集並びに割賦販売業者及びローン提携販売業者に対する信用情報の提供を業とする者をいう。以下同じ。)を利用すること等により得た正確な信用情報に基づき、それにより利用者又は購入者若しくは役務の提供を受ける者が支払うこととなる賦払金等が当該利用者又は購入者若しくは役務の提供を受ける者の支払能力を超えると認められる割賦販売又はローン提携販売を行わないよう努めなければならない。

割賦販売法 第三十八条

ただ、審査が不安な方におすすめのクレジットカードはいくつかあります。

本記事では審査が不安な方向けのクレジットカードの選び方や、審査通過率を高めるコツ、審査落ちの原因を紹介します。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

審査が甘い・緩いクレジットカードはある?

審査が甘い・緩いクレジットカードに関して
  • 審査が甘い・緩いクレジットカードは存在しない
  • クレジットカードの一般的な審査基準

審査が甘い・緩いクレジットカードは存在しない

審査が甘い・緩いクレジットカードは存在しません。クレジットカード会社は貸し倒れ防止のために独自の審査基準で審査を必ず行なっています。

各クレジットカード会社は審査基準を公表していないので、審査が甘い・厳しいと比較することはできません。

審査が甘い・緩いクレジットカードはありませんが、審査が不安な人におすすめのクレジットカードはあります。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの一般的な審査基準

一般的には、以下の3点に重点を置いて審査が行われていると考えられています。

  • 年収や雇用形態、勤続年数などの属性
  • 信用情報
  • 借入状況

割賦販売法という法律により、申込者の支払い能力を超える貸付は禁止されています。そのため上記の3点に重点を置いて申込者に返済能力があるかどうかを確認していると考えられています。

年収や雇用形態、勤続年数などの属性

クレジットカード会社は、属性情報から信頼できる人物かどうかを審査します。例えば、正社員で3年以上の勤続年数がある人は、安定した定期収入が認められやすいので審査で比較的有利になると考えられます。

逆に、個人事業主やフリーランスの方で、毎月の安定した収入がない人は審査で不利になる可能性があると考えられます。

信用情報

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報。過去に債務整理や長期延滞、クレジットカードの強制解約などの金融事故を起こしたことがある人は、審査で不利になります。

支払い能力を認めてもらうためには、信用情報に傷をつけないように日々クレジットカードやローンを利用する必要があります。

借入状況

複数社で借入があると、お金に困っている人なのだと判断されてしまうので審査で不利になる可能性があります。そのため借入件数は少ないに越したことはないです。

他社借入がない人は他社の借入先がある人よりも審査に通過できる可能性は高くなるでしょう。

審査が不安な人向けクレジットカードおすすめランキング5|即日発行あり

クレジットカード所有者100人にアンケートをとった結果、「保有している中で1番利用しているクレジットカード」では楽天カードが全体の約半分と1番多い回答となりました。

ここからは、利用者の多い楽天カードをはじめとした審査が不安な人向けのクレジットカードを5つご紹介していきます。

スクロールできます
審査が不安な人向け
クレジットカード
おすすめ5選
ACマスターカードライフカード楽天カードイオンカードセレクト三井住友カード(NL)
年会費永年無料永年無料永年無料永年無料永年無料
ポイント還元率0.25%(キャッシュバック)0.5〜12.5%1.0%0.5%0.5%
申込み可能年齢18歳以上18歳以上18歳以上18歳以上
審査スピード最短20分最短2営業日最短3営業日最短即日最短10秒
発行スピード最短即日最短2営業日最短3営業日最短即日最短10秒
利用限度額10〜300万円10〜200万円最高100万円10〜100万円〜100万円
詳細詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

ACマスターカード

ACマスターカードは消費者金融であるアコムの永年年会費無料クレジットカード独自の審査基準を設けているので、他のクレジットカードの審査に落ちた人でも審査に通過する可能性があります。

審査完了までの時間が最短20分とスピーディなのが魅力。とにかく早くクレジットカードを利用したい人におすすめの1枚です。

ポイントが自動でキャッシュバックされるので、ポイントの有効期限の心配やポイント交換の手間を省けます。いつの間にかポイントの有効期限が失効してしまう心配はありません。

在籍確認もないので、職場の人にバレる心配もほとんどないでしょう。

商品名ACマスターカード
年会費永年無料
ポイント還元率0.25%(キャッシュバック)
申込み可能年齢
審査スピード最短20分
発行スピード最短即日
利用限度額10〜300万円
出典:ACマスターカード

ライフカード

ライフカードは年会費永年無料。親会社が消費者金融アイフルのクレジットカードで、独自の審査基準が設けられています。そのため他のクレジットカードの審査に落ちた人でも審査通過の可能性があります。

ライフカードは専業主婦でも申し込みができるクレジットカードです。

Q.専業主婦ですがカードの申込みできますか?

A.お申込みいただけます。

専業主婦(配偶者に収入のある方)の方がカード申込みされる際は、お勤め先情報を主婦でご入力ください。
※お勤め先情報に、配偶者の勤務先を入力する必要はございません。

ライフカード よくあるご質問

申し込み対象が広いので、申し込みに積極的であると考えられます。

誕生日にはポイント還元率が3倍になります。基本還元率は比較的低めですが、ポイントアップ時にうまく活用すれば、カバーできるでしょう。

商品名ライフカード
年会費永年無料
ポイント還元率0.5〜12.5%
申込み可能年齢18歳以上
審査スピード最短2営業日
発行スピード最短2営業日
利用限度額10〜200万円
出典:ライフカード

楽天カード

楽天カードも年会費永年無料のクレジットカードです。

一般ランクの年会費永年無料のクレジットカードの中でも、ポイント還元率は1.0%の高還元率。ポイント還元率が高いクレジットカードを探している人におすすめの1枚です。

タッチ決済が利用できるので、磁気に傷がついて利用できなくなる心配や、端末に差し込む手間を省けます

楽天カードも専業主婦が申し込めるクレジットカードなので、申し込み対象が広めに設定されていると言えます。審査が不安な人でも通過できる可能性があるでしょう。ただ、キャッシング枠はつきません。

商品名楽天カード
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%
申込み可能年齢18歳以上
審査スピード最短3営業日
発行スピード最短3営業日
利用限度額最高100万円
出典:楽天カード

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、審査難易度が低いと言われる流通系のクレジットカードイオングループをよく利用する人におすすめです。

WAON POINTがいつでも基本の2倍。また、毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、お買い物代金が5%OFFです。他にも(55歳以上の会員さま限定) 毎月15日「G.G感謝デー」は 5%OFFなどイオングループでお得なサービスが満載です。

イオングループをよく利用する人で、審査が不安な人におすすめの1枚と言えるでしょう。

商品名イオンカードセレクト
年会費永年無料
ポイント還元率0.5%
申込み可能年齢18歳以上
審査スピード最短即日
発行スピード最短即日
利用限度額10〜100万円
出典:イオンカードセレクト

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)は最短10秒でカードが利用できる年会費無料のクレジットカードです。10秒ですぐにカード番号が発行されるので、すぐにカード利用ができます。

三井住友カード(NL)は信販系なので、比較的審査難易度が低めのクレジットカードです。審査が不安ですぐにカードを利用したい人におすすめの1枚です。

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなど対象のコンビニ・飲食店で、スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済を利用するとポイント最大7%還元されますよ。

年会費無料カードの中でも、ダントツでポイントを効率的にためられるカードと言えるでしょう。

商品名三井住友カード(NL)
年会費永年無料
ポイント還元率0.5%
申込み可能年齢18歳以上
審査スピード最短10秒
発行スピード最短10秒
利用限度額〜100万円
出典:三井住友カード(NL)

審査が不安な人におすすめのクレジットカードの3つの選び方

審査が不安な人におすすめのクレジットカードの選び方一覧
  • 一般ランクの年会費無料カード選ぶ
  • 申込可能対象が広めに設定されているカードを選ぶ
  • 流通系や消費者金融系カードを選ぶ

一般ランクの年会費無料カード選ぶ

一般ランクの年会費無料カードを選ぶのがおすすめ。一般ランクのクレジットカードはステータス性があるクレジットカードに比べて審査難易度が低いと言われています。

ステータス性があるクレジットカードは年会費も有料なので、審査が厳しくなる傾向があります。

申込可能対象が広めに設定されているカードを選ぶ

申しみ可能対象が広めに設定されているかどうかも大切なポイント。

主婦や学生でも申し込めるクレジットカードは比較的どんな人の申し込みにも積極的であると言えます。

逆に主婦や学生はNGだったり、年齢制限が厳しい場合は申し込みに比較的消極的ということがわかるでしょう。

審査が不安な人は、主婦や学生OKの年齢制限が緩めのクレジットカードを選ぶ方が良いでしょう。

流通系や消費者金融系カードを選ぶ

クレジットカードの発行元が流通系か消費者金融系のカードを選ぶのも大切。銀行系のクレジットカードに比べて審査難易度が低めに設定されていると言われているからです。

確実に審査に通過する保証はありませんが、一般的な傾向としては流通系か消費者金融系のクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードの審査通過率を高める3つのコツ

クレジットカードの審査通過率を高めるコツ一覧
  • 申込時に虚偽情報を入力しない
  • キャッシング枠はつけない
  • 多重申し込みはしない

申込時に虚偽情報を入力しない

申込時に虚偽情報を入力しないようにしましょう。虚偽情報を入力するつもりがなくても、入力ミスで誤った情報を入力してしまえば審査落ちの可能性が高まります。

虚偽情報を入力すると、信頼できない人だと判断され貸付してくれないでしょう。

入力が完了したら、間違いがないか再度必ず確認してから申込を進めましょう。

キャッシング枠はつけない

キャッシング枠はつけないようにしましょう。キャッシング枠をつけるのであれば、さらにキャッシング枠利用の審査が行われます

キャッシング枠は、カードローンのように現金を借りれる制度なので、審査が慎重に行われる傾向にあります。

キャッシング枠をつけなければ通った審査も、キャッシング枠をつけることで審査に落ちてしまう可能性もあるので注意しましょう。

多重申し込みはしない

多重申し込みをしないことは非常に大切です。多重申し込みをすると高確率で審査に落ちてしまいます相当お金に困っていて返済能力がない人だと思われてしまうからです。

必ず1社のみに申し込みを行ってください。2社目以降は半年ほど開けたあとに申し込むのがおすすめです。

クレジットカードの審査に落ちる3つの原因

クレジットカードの審査に落ちる原因一覧
  • 収入が不安定
  • ステータスが高い有料カードに申込んでいる
  • 過去に金融事故を起こしている

収入が不安定

基本的にクレジットカードの申し込み条件には「安定した収入がある人」とあります。

そのため収入が全くない人や、収入が不安定な人は審査に落ちてしまう可能性があります。

一般ランクで年会費が無料のカードでも、支払いを肩代わりしてもらった分は必ず返済しなければなりません

そのため、申し込みの前には安定した定期的な収入が数ヶ月程度続いてから申し込むのが良いでしょう。

ステータスが高い有料カードに申込んでいる

ステータスが高い有料カードに申し込んでいる人も審査が不安な人は、審査に落ちてしまう可能性があります。

有料カードは年収が比較的高い人向けのクレジットカードとも言えます。一般カードよりも申し込み条件が厳しいのでできるだけ避けましょう。

過去に金融事故を起こしている

過去に金融事故を起こしている人も、審査に落ちてしまう可能性があります。金融事故とは債務整理やローンの長期滞納などを言います。

過去に金融事故を起こしている人は、信頼できない人と判断され審査に通過できない可能性があります。

まとめ

審査が甘い・緩いクレジットカードは存在しません。割賦販売法という法律により、申込者の支払い能力を超える貸付は禁止されているからです。

審査が不安な方におすすめのクレジットカードはあります。

さらに、選び方や審査落ちの要因に注意すれば、審査通過率を高められるでしょう。

ぜひ本記事を参考に最適なクレジットカードを選んでみてはいかがでしょうか。

目次