ゴールドカードの審査通過に必要な年収を調査!年収以外の条件や通りやすくするコツも紹介

ゴールドカードの審査通過に必要な年収を調査!年収以外の条件や通りやすくするコツも紹介のアイキャッチ

「ゴールドカードってかっこいい」「自分もゴールドカードが欲しい」

一般カードの上位にあたるゴールドカードですが、年収が高くないと手に入れられないと思っている方もいるかもしれません。

ゴールドカードの発行にはある程度の年収が必要な場合もありますが、実は年収以外にも条件があり、それらを満たせばゴールドカードを手に入れられる可能性があるのです。

この記事では、ゴールドカードの審査通過に必要な年収やそれ以外の条件、さらに審査に通りやすくなるコツを紹介します。

ゴールドカード審査に必要な年収とそれ以外の条件ー概要
  • ゴールドカードを発行するメリット
  • おすすめの人気ゴールドカード
  • 年収以外でゴールドカードの審査を通りやすくするコツ
  • ゴールドカードの審査に落ちる人に多い原因
目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

ゴールドカードの審査を通過できる年収はいくらから?基準を解説

基本的に、クレジットカードの審査に通過する条件は公表されていません。

ただし、例えば「20歳以上」「安定した収入がある方」など、ある程度明記されている場合がほとんどです。

特にゴールドカードの審査通過に重要な「安定した収入」に関しては、各世代の平均年収に達しているかで確認するのがベターと言われています。

以下の表で確認してみましょう。

年齢男性の平均年収女性の平均年収全体の平均年収
20〜24歳287万円249万円269万円
25〜29歳404万円328万円371万円
30〜34歳472万円322万円413万円
35〜39歳533万円321万円449万円

こちらを参考にすると、20代前半で250万円ほど、20代後半で400万円ほど、30代以降は400万円以上が目安です。

引用:令和3年分民間給与実態統計調査 | 国税庁長官官房企画課

審査基準の変化をかんたんに紹介

近年、より上位のプラチナカードやブラックカードの出現により、昔に比べてゴールドカードの審査基準は下がりました。

1990年代前半はゴールドカードの価値が高かったのですが、今は年会費が安いクレジットカードも台頭してきたため昔よりもゴールドカードを手に入れるチャンスが増えたと言っても過言ではありません。

年収以外にも職業や居住形態、扶養家族の有無を参考にゴールドカードは発行されます。

ゴールドカードは年収が高くなくても発行できる

ゴールドカードは年収が高くないと発行できないと思われがちですが、実は年収が高くなくてもゴールドカードを手に入れられる可能性があります

ただし、様々な種類のゴールドカードが発行されているため、年収以外の条件はゴールドカードによって異なります

年収以外にも条件を満たせばゴールドカードを手に入れられる可能性がありますが、年齢やゴールドカードの種類にもよるので、詳細は各ゴールドカードの申し込み要綱を確認してください。

年収以外にも考慮されるゴールドカード発行に関わる6つの条件

ゴールドカードの審査基準はあくまで非公開ですが、支払可能見込額を参考に審査されると言われています。

払込可能見込額とは、年収から生活維持費やクレジット債務などを除き、無理なく1年間にクレジット利用代金として支払えると想定される金額のことです。

支払見込可能額の想定にはいくつかの要素が使われるので、確認してみましょう。

支払見込可能額の想定に使われる要素
  • 職業・勤務先・勤続年数
  • 持ち家・家賃負担の有無
  • 住宅ローン(借り入れ)の有無
  • 扶養している家族の人数
  • カードの滞納履歴(分割・リボ払い含む)
  • 一般カードの利用状況

安定した仕事なのか、会社の規模はどの程度か、何年働いているのかは、その人の収入を判断する大切な要素です。

そのほかにも住宅ローンを組んでの住居購入や多くの家族を扶養しているとなると、月々いくらかの資金が必要だとわかります。

加えて、今までクレジットカードの支払いが遅延していないか、一般カードでどの程度利用していたかなどが加味されます。

ゴールドカードを発行するメ5つのリット

ゴールドカードを発行するメリットを見てみましょう。

ゴールドカードを発行するメリット
  • 利用限度額が一般カードより大きい
  • 貯まるポイントの還元率が高まる
  • 旅行時や所持品の紛失時に役立つ保証が手厚い
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • 持つだけで一般カードよりも一定以上のステータスを証明できる

利用限度額が一般カードより大きい

ゴールドカードは一般カードに比べて、利用限度額が高く設定されています。

以下のクレジットカードを例に見てみましょう。

カード名一般カードの利用限度額ゴールドカードの利用限度額
楽天カード100万円200万円
三菱UFJカード100万円300万円
ビュー・スイカカード100万円200万円

ゴールドカードは、一般カードと比べて概ね倍以上の利用限度額となっているので、クレジットカードを使用しての買い物の幅が広がります。

貯まるポイントの還元率が高まる

クレジットカード利用時のポイント還元率は、一般カードよりもゴールドカードの方が高い場合が多いので、ポイントが貯まりやすくなります。

例えば系列店舗での利用時や携帯電話の使用料の支払いなどで、還元率がアップしポイントが多く貯まります。

ゴールドカードは年会費がかかる場合が多いですが、それを考慮してもポイント還元率が高い方が、お得にクレジットカードを利用できるでしょう。

旅行時や所持品の紛失時に役立つ保証が手厚い

ゴールドカードは、旅行時の傷害保険限度額が高めに設定されています。

例えば海外旅行時の死亡・後遺障害の場合で一般カードと比べてみます。

カード名一般カードの傷害保険限度額ゴールドカードの傷害保険限度額
JCBカード3,000万円1億円
エポスカード500万円1,000万円

多くのゴールドカードは、一般カードに比べて倍以上の補償内容となります。

同様に携行品損害保険や、ショッピング保険の補償額も一般カードよりも高いです。

空港ラウンジが無料で利用できる

ゴールドカードは空港ラウンジが無料で利用できるので、旅行好きの方や頻繁に出張に行かれる方に特におすすめです。

空港ラウンジにはWi-Fiや新聞、飲み物などが用意されており、飛行機の搭乗までの時間を有意義に過ごせます。

クレジットカードによって利用できる空港ラウンジや年間の回数に制限があるので、よく確認しておきましょう。

ゴールドカードによっては、同伴者も無料で空港ラウンジを利用できる場合もあります

持つだけで一般カードよりも一定以上のステータスを証明できる

ゴールドカードの保有者は、年齢や一定の年収などの条件をクリアしているので、持っているだけである程度のステータスを証明できます

ゴールドカードは社会的信用度が高いとみなされ、支払い能力は折り紙付きです。

仕事で部下にご馳走する際やレジャーでの支払いで、サッとゴールドカードを出すとかっこいいかもしれません。

どのクレジットカードを使用しているのか、意外と人から見られている場面は多くあります。

おすすめの人気ゴールドカード5選を国際ブランド別で紹介

おすすめの人気ゴールドカードを国際ブランド別で紹介します。

なお、国際ブランドの各特徴はこちらの比較表を参考にしてください。

国際ブランド比較表
  • VISA:知名度シェア度が世界トップクラス
  • Mastercard:VISAの次にシェアが高く、ヨーロッパ方面に強い
  • JCB:日本生まれで海外でのサポートが手厚い
  • American Express:ハイステータスブランドで、優待サービスが充実
  • Diners Club:高ステータスで富裕層に人気

JCBカードゴールド|JCB

項目内容
名称JCBカードゴールド
ポイント還元率0.5%~5.0%
ポイントの種類Oki Dokiポイント
年会費初年度無料
次年度以降11,000円(税込)
国際ブランドJCB
対応する電子マネー・スマホ決済・Apple Pay
・Google Pay
・QUICPay
公式HPhttps://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/gold/
JCBカードゴールドのおすすめポイント
  • 家族カード1枚無料
  • お花配送サービス
  • 海外旅行傷害保険額最高1億円

JCBカードゴールドは、家族カードを1枚無料で作成できます。

空港ラウンジの利用や付帯保険など、本会員と同等の充実したサービスを無料で受けられるのは嬉しいポイントです。

また、ゴールドフラワーサービスでは、全品5%引きのお花を指定住所に配送してもらえるため、誕生日や記念日などのプレゼントにぜひ利用してみてください。

さらに、海外旅行傷害保険額が最高1億と、手厚い保証も魅力です。 

旅行のみならずショッピング保険も年間最大500万円補償なので、レジャーやショッピングが好きな方におすすめします。

三井住友カードゴールド(NL)|VISA・Mastercard

項目内容
名称三井住友カードゴールド(NL)
ポイント還元率0.5%~7.0%
ポイントの種類Vポイント
年会費5,500円(税込)
※年間100万円利用で次年度以降永年無料
国際ブランド・VISA
・Mastercard
対応する電子マネー・スマホ決済・Apple Pay
・Google Pay
・iD
・PiTaPa
・WAON
公式HPhttps://www.smbc-card.com/camp/gold-numberless/index_a.html
三井住友カードゴールド(NL)のおすすめポイント
  • 年間100万円の利用で年会費永年無料
  • 毎年10,000ポイントがもらえるチャンス
  • クレジットカードの2枚持ちが可能

年間利用額が100万円を超える方に、ぜひおすすめしたいのが三井住友カードゴールド(NL)です。

このゴールドカードで年間100万円利用すると、次年度以降の年会費が永年無料です。

加えて毎年10,000ポイントが贈呈されます。

普段の買い物や月々の光熱費の支払いにクレジットカードを使用すると、年間100万円はそれほど難しい条件ではありません。

また、異なる国際ブランドを選択すれば、クレジットカードの2枚持ちも可能です。

生活費と趣味など、用途で分けられるので家計管理に便利です。

楽天ゴールドカード|VISA・Mastercard・JCB

項目内容
名称楽天ゴールドカード
ポイント還元率1.0%〜3.0%
ポイントの種類楽天ポイント
年会費2,200円(税込)
国際ブランド・VISA
・Mastercard
・JCB
対応する電子マネー・スマホ決済・楽天ペイ
・Apple Pay
・QUICPay
・楽天Edy
公式HPhttps://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/
楽天ゴールドカードのおすすめポイント
  • ETCカードの年会費が無料
  • 海外にトラベルデスク完備
  • 充実の海外優待サービス

楽天ゴールドカードは、通常年会費が税込550円のETCカードを無料で申し込めます

車をお持ちの方は、この機会にETCカードを作成するチャンスです。

また、ニューヨークやホノルル、パリなど世界44拠点に現地デスクを備えており、緊急時の連絡や現地情報の案内、レストランなどの予約をサポートしてもらえます。

万が一の際も安心に、より海外旅行を楽しめるでしょう。

さらに、海外でのレンタカー割引、モバイルWi-Fi割引など、お得に楽しめるサービスが充実しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード|AMEX

項目内容
名称アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ポイント還元率0.3%~1.0%
ポイントの種類メンバーシップ・リワードポイント
年会費31,900円(税込)
国際ブランドAMEX
対応する電子マネー・スマホ決済Apple Pay
公式HPhttps://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-card/
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおすすめポイント
  • 家族カード1枚無料
  • 空港ラウンジ同伴者1名無料
  • ダイニング特典

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、家族カードを1枚無料で作成できたり、空港ラウンジの利用が同伴者1名無料だったりと、家族や友人にも嬉しいサービスが多くあります

たいていの場合は家族カードの作成や空港ラウンジの使用には料金がかかるので、嬉しいポイントです。

また、数あるサービスの中で特に人気なのが、ダイニング特典です。

国内外約250店舗のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約した場合、1名分のコース料理代が無料になります。

大切な記念日や誕生日にもってこいのサービスです。

ダイナースクラブカード|Dinersclub

項目内容
名称ダイナースクラブカード
ポイント還元率0.4%〜1%
ポイントの種類ダイナースポイント
年会費24,200円(税込)
国際ブランドDinersclub
対応する電子マネー・スマホ決済・Apple Pay
・QUICPay
・楽天Edy
・モバイルSuica
公式HPhttps://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html
ダイナースクラブカードのおすすめポイント
  • 利用上限額の制限なし
  • 会員イベントへの招待
  • コンパニオンカードはMasterCardも選択可能

ダイナースクラブカードは、利用限度額の上限がありません

いつでもどこでも、使いたいときに使いたいだけ利用できるので、ストレスなく買い物が楽しめます。

また、会食や寺院の貸し切りイベントなど、会員限定の特別イベントに参加可能です。

普段は出会えない人との交流や、新しい体験をぜひ楽しんでください。

ダイナースクラブカードでは、プラチナグレードステータスを備えたプラチナマスターカードを、コンパニオンカードとして年会費無料で追加発行可能です。

こちらはMasterCardで発行されるので、使えるお店の幅がより広がります。

年収以外でゴールドカードの審査を通りやすくする3つのコツ

クレジットカードの審査基準は年収だけではありません。審査に通りやすくなるコツを見てみましょう。

クレジットヒストリーがきれいな状態を保つ

クレジットカードの審査には、クレジットヒストリーが関係します。

クレジットヒストリーとは過去のクレジットカードやローンの利用履歴のことで、信用情報が保存されています。

日本国内の信用情報は、CIC、JICC(日本信用情報機構)、個信センター(全国銀行個人信用情報センター)の3つの機関で共用されているようです。

信用情報機関に「登録情報の開示請求」を行うと、自分のクレジットヒストリーを確認できるので、気になる方は開示請求を行いましょう。

支払いの遅延が多い、短期間で複数のクレジットカードを申し込んでいるなどがあると、クレジットヒストリーに傷がつくので注意してください。

審査に通るには、クレジットヒストリーをきれいに保つことが大切です。

社内情報審査のスコアを高める

クレジットカードの審査基準は各社がそれぞれいくつか設けていますが、それを総合的に判断するのは大変です。

そのため、それらの情報をスコアリングしてデータ化されたもので判断しているようです。

社内情報審査項目の例
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 他社の借入
  • 居住形態

これら収入以外の要素も関わってくるので、例えば大手企業に転職する、1つの企業に長く勤める、できるだけ他から借入をしないなどを意識してみましょう。

スコアが高ければ高いほど、クレジットカードの審査に通過しやすくなります

一般カードを使いこむ

ゴールドカードを手に入れるには、自分で申し込むほかにインビテーションを狙う方法もあります。

インビテーションとは、クレジットカード発行会社の方から「ゴールドカードにしませんか?」と案内をもらうことです。

インビテーションをもらえる条件は明示されていない場合がほとんどですが、一般カードの利用額が多かったり、キャッシング枠が低かったりすると優良顧客とみなされ、インビテーションが届くようです。

クレジットカードを日常的に利用してくれる利用者をほかへ流さないために、インビテーションという方法が取られています。

ゴールドカードの審査に落ちる人に多い4つの原因

ゴールド審査に落ちる人に多い特徴をまとめました。ご自身が当てはまっていないか、確認してみましょう。

年収・収入の安定・勤続年数など一定の発行条件を満たしていない

クレジットカードの審査条件は非公開ですが、それでもやみくもに申し込むのは 得策ではありません。

年収が低い、フリーランスで収入が安定していない、転職したてで勤続年数が短いなどといった場合は審査に落ちやすくなります。

ゴールドカードを手に入れるためには、一定の条件を満たすことを意識しましょう。

申込内容に不備・虚偽がある

クレジットカードの申込内容に記載ミスがあったり、虚偽の内容を記載したりしてしまうと、審査に通る可能性が低くなります。

申し込み内容にあってはきちんと確認をすればミスを防げるので、きちんと見直しましょう

また、クレジットカードの申し込みで最も行ってはいけない行為は、虚偽申請です。

年齢に対して不自然な年収であったり、企業規模に不釣り合いな年収であったりすると源泉徴収票などの追加書類の提出が必要になる場合もあり、そこで嘘がバレてしまいます。

申し込みの際は必ず、偽りのない状況を記載しましょう。

カードやローンを未利用であるスーパーホワイト状態にある

クレジットカードやローンの利用歴が全くない方のことをスーパーホワイトと言います。

スーパーホワイト状態では、個人信用情報機関に信用情報が登録がされていません

一見すると何も問題がないように見えますが、「ホワイト」と見分けがつかないため判断に困るからです。

ホワイトとは、過去に債務整理をしたりクレジットカードを強制解約させられたりなど、何らかの金融トラブルを起こし長期クレジットカードの利用ができずに信用情報の保存期間を過ぎて白紙になっていることです。

学生や収入が低い方ならまだしも、ある程度の年齢でスーパーホワイトだと逆に不自然で、クレジットカードの審査に通りにくくなってしまいます。

申し込みブラック・多重債務など信用情報に傷がある

申込ブラックや多重債務などで信用情報に傷があると、ゴールドカードの審査に落ちやすいです。

申し込みブラックとは、短期間に複数のクレジットカード会社に申し込みを行うことです。

また、多重債務を抱えていた過去があると、利用者を信用しにくくゴールドカードを発行したいと思われません。

そもそも一般カードでも、申込ブラックや多重債務などがあると審査に通らない可能性があるので、その上位カードであるゴールドカードではなおさらその傾向にあります。

ゴールドカード所持者向け|年収が下がった時は早めにカードへ連絡を!

ゴールドカードを保有している方で、万が一勤務先や年収が変わった場合には、必ずクレジットカード発行会社に伝えましょう

たいていのクレジットカードの利用規約には、変更事項を連絡するよう記載があります。

お問い合わせフォームでも電話でも、マイページでも構わないので速やかに変更手続きを行ってください。

収入が下がったからといってすぐには影響はありませんが、場合によっては利用限度額の引き下げなどがあるかもしれません。

また、最悪の場合は規約違反で利用停止になりかねないので、忘れずに連絡をしましょう。

ゴールドカードの年収と審査に関してよくある質問

ゴールドカードの年収と審査に関するよくある質問とその回答をまとめました。

ゴールドカードの年収と審査に関してよくある質問
  • ゴールドカードとは?一般カードと何がちがう?
  • 申し込める条件は?
  • 年齢制限はない?
  • 年収200万円前後で持てるゴールドカードはある?

ゴールドカードとは?一般カードと何がちがう?

クレジットカードにはランクが設定されています

低い順に見てみましょう。

クレジットカードのランク
  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

ランクが上がるにつれサービスや特典は充実しますが、それに比例して審査が厳しくなり年会費も高くなります

ゴールドカードは一般カードに比べて傷害保険の限度額が高かったり、ポイント還元率が高かったりします。

申し込める条件は?

クレジットカードの申し込み条件には、例えば以下のようなものがあります。

ゴールドカードの申し込み条件
  • 〇〇歳以上の方
  • 安定した収入がある方
  • 日本国内にお住まいの方

ゴールドカードの種類によって条件が異なるので、申し込みページをよく確認してください。

また、条件に記載がない以下の項目なども加味して審査が行われます。

審査項目の例
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 扶養家族の人数
  • クレジットヒストリー

これらの条件や項目、信用情報を確認し、総合的に判断されます

年齢制限はない?

ゴールドカードの申し込みには、20歳以上などと年齢制限を設けているものがほとんどです。

年齢が上がるにつれて年齢制限に引っ掛からなくなりますが、ゴールドカードの種類によっては若いうちから持てるでしょう。

各ゴールドカードによって年齢制限は異なるので、気になるものは調べてみてください。

ただし、年齢制限をクリアしているからといって、必ずしもゴールドカードが発行されるわけではありません

年収200万円前後で持てるゴールドカードはある?

年収200万円前後でも持てるゴールドカードは存在します

例えば以下のようなクレジットカードです。

年収200万円前後でも持てるゴールドカード

年収200万円前後は収入がやや不安定とみなされやすいので、年会費が安く、審査が緩めのものをおすすめします。

ちなみに、年収が100万円前後であっても以下のゴールドカードであったら審査に通るかもしれません。

ゴールドカードを発行できるかは年収だけじゃない!信用を貯めるのが大切です

憧れのゴールドカードを所持するためには、もちろん年収も重要な項目ですが、勤務先や勤続年数、居住形態などそのほかの条件を満たせるかがカギになります。

自身の年収だけで判断するのではなく、それ以外の項目を満たせているか確認してみてください。

また、クレジットヒストリーや信用情報なども重要なポイントです。

年収に気を取られがちですが、クレジットヒストリーをクリーンに保ち、信用を得てゴールドカードをゲットしましょう。

ゴールドカードはかっこいいだけでなく、特典の充実度や補償内容が一般カードに比べて優れているのでぜひ1枚持っておきたいところです。

年収以外の要素も加味して、ゴールドカードに申し込んでみましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次