PR

マイルが貯まるおすすめ人気クレジットカード21選!還元率や年会費から選ぶ最強カードを紹介

マイルが貯まるクレジットカード15選!旅行好き必見のマイル還元率が高いクレカを航空系別に紹介のアイキャッチ
  • 「マイルが貯まりやすいクレジットカードってどれなんだろう・・・」
  • 「ANAマイルとかJALマイルとかどのマイルを貯めればいいんだろう・・・」
  • 「ポイントからマイルに移行する時のレートが各カードによって違うからどれがお得か分からない・・・」

この記事を読まれている多くの方はこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。

そこで本記事では、マイルが効率的に貯まるおすすめのクレジットカードを21枚厳選してご紹介します。

マイルが貯まるおすすめ人気クレジットカード21選
  • JALカード 普通カード
  •  JAL CLUB EST普通カード
  •  JALカード Suica
  •  JALカード CLUB-Aカード
  •  JALカード CLUB-Aゴールドカード
  •  JALカード プラチナ
  •  JALカード navi(学生専用)
  •  JAL アメリカン・エキスプレス®︎・カード
  •  セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
  •  セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード
  •  ANAアメリカン・エキスプレス・カード
  •  ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  •  楽天ANAマイレージクラブカード
  •  ANAカード 一般カード
  •  ANAワイドカード
  •  ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  •  ANAワイドゴールドカード
  •  ANA VISA プラチナプレミアムカード
  •  ANA JCBカード プレミアム
  •  ANAダイナースカード
  • マリオットボンヴォイカード

航空会社別に最強のカードを比較するほか、年会費無料で高還元率のカードや、マイル交換の自由度が高いカードなど、目的別におすすめのクレジットカードをご紹介します。

状況や目的に応じたおすすめのマイルやカードの選び方についてもご紹介するので是非最後までお目通しください。

小山英斗

いくらマイルレートが良くても年会費が高くて負担になってしまえば本末転倒です。あなたの目的に合っていて無理なく利用できる1枚を選んでくださいね。

目次

航空系のクレジットカードは高還元率カードと比べてもマイル還元率が高い

航空会社提携のクレジットカードは、一般的な高還元率カードと比べてマイル獲得率が高いのが特徴です。マイル獲得を目的とする場合、航空系カードを選ぶメリットは大きいでしょう。

航空系カードとはANAやJAL等の航空会社が発行しているカードになります。

一般の高還元率カードでは、還元率は通常0.5%~1.0%程度が相場ですが、ポイントからマイルに移行する際に還元レートが落ちてしまう傾向にあります。

楽天カードは通常のポイント還元率が1.0%ですがANAマイルやJALマイルに移行する際は1ptあたり0.5マイルと、マイル還元率は決して高いとは言えません。

また、航空系カードでは加えて、ホテル宿泊や海外旅行代金の支払いでもマイルが貯まるなど、旅行に関する支出でマイルが効率的に貯まる仕組みになっています。

一方で、航空系カードの年会費は10,000円前後と高額な場合が多いのがデメリットです。しかし、マイルを有効活用すれば年会費を上回る価値を享受できるでしょう。

小山英斗

旅行時に上手く活用すれば、年会費以上のメリットを受けられるのが航空系カードの特徴と言えますよ。

貯めるマイルは「ANA」か「JAL」のどちらかがおすすめか

ANAマイルやJALマイルは提携している航空会社でも幅広く利用できる

ANAマイルやJALマイルは、それぞれの航空会社が加盟しているアライアンスグループの航空会社でも利用できます。ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドに加盟しており、提携航空会社の路線網を活用できるのが大きな魅力です。

各マイルの特徴
特徴ANAマイルJALマイル
加盟アライアンススターアライアンスワンワールド
加盟航空会社の数26社20以上
主要な提携航空会社アシアナ航空、エアカナダ、シンガポール航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カンタス航空、カタール航空
その他の利用可能航空会社LCCやハイブリッド航空会社のスターアライアンスのコネクティングパートナーエールフランス、エミレーツ航空、バンコクエアウェイズ等の非ワンワールド航空会社

ANAマイルやJALマイルは単体の航空会社の路線を超えて、世界中の目的地に行くことができます。マイルを貯めるだけでなく、実際に特典航空券を取得する際の行き先の選択肢が広がるのが大きなメリットです。

小山英斗

ANA・JALの他にはデルタ航空のスカイマイルやユナイテッド航空のマイレージプラス等が有名ですが、利便性はANA・JALよりも劣ります。

マイル貯めやすさで選ぶなら「JALマイル」がおすすめ

JALカードシリーズは、新規入会や更新時等に貰えるボーナスマイルの付与数がANAカードシリーズよりも多い点がメリットとして挙げられます

新規・継続時に貰えるボーナスマイルの平均
種類新規・継続時に貰えるボーナスマイル(平均)
ANAカード1,000マイル
JALカード2,500マイル

5,000マイル程あれば国内旅行で東京・大阪間などにおける片道分の特典航空券と交換可能です。そのため、JALカードの場合はカード利用が全く無くとも2年継続するだけで国内旅行ができるようになります。

小山英斗

ANA・JALの他にはデルタ航空のスカイマイルやユナイテッド航空のマイレーまた、特典航空券の予約の取りやすさもJALの方が優位と言えます。基本的にはJALマイルを貯められることをおすすめします。

5年以上貯める予定ならANAマイルが良い

長期的にマイルを貯める予定がある場合、ANAマイルがおすすめです。マイルの有効期限はカードによっても異なりますが、JALカードが最長5年であるのに対して、ANAカードの場合には無期限のものもあります。

ANAマイルを100万マイル以上貯めると、マイルの有効期限がどのカードでも無期限になる特典があります。

これを「ライフタイムマイル」と呼び、一度ミリオンマイラーになれば、マイルが無期限で使えるようになります。

小山英斗

海外旅行をする場合には基本的に10万マイル近くは必ずかかってくるため、長期的に貯めようと思っている場合にはANAマイルの方が適しているでしょう。

マイルが貯まるおすすめ人気クレジットカード21選

マイルが貯まるおすすめ人気クレジットカード21選は以下の通りです。

小山英斗

それぞれのカードはマイル還元率はもちろん、展開しているサービスも異なります。大事にしたいポイントを比較して最適な1枚を選んでくださいね。

スクロールできます
券種年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法詳細

JALカード 普通カード
2,200円(初年度無料)18歳以上0.50%~1.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JAL CLUB EST普通カード
2,200円(初年度無料)
※カード年会費に加え、JAL CLUB EST年会費5,500円が必要
20歳以上~30歳以下1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常2~3週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード Suica
2,200円(初年度無料)18歳以上
学生可
0.50%~1.00%JALマイルJCB通常4週間国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード CLUB-Aカード
11,000円18歳以上(高校生を除く)
日本に生活基盤があり日本国内で支払いが可能な方
JALマイル0.50%~1.00%VISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード CLUB-Aゴールドカード
17,600円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間50万円~200万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード プラチナ
34,100円20歳以上(学生を除く)
本人に安定した継続収入のある方
日本に生活基盤があり日本国内での支払いが可能な方
1.00%~2.00%JALマイルJCB通常4週間通常4週間詳細はこちら

JALカード navi(学生専用)
無料
※卒業後は普通カードに自動的に切り替わります。
18歳以上~29歳以下
※学生専用
※大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生の方
1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~30万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JAL アメリカン・エキスプレス®︎・カード
6,600円18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
0.50%~1.00%JALマイルAMEX / 銀聯(UnionPay)通常4週間10万円~200万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
11,000円(初年度無料)20歳以上0.75%~1.00%永久不滅ポイントAMEX最短3営業日~300万円国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード
22,000円18歳以上0.75%~1.00%永久不滅ポイントAMEX最短3営業日~500万円国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
7,700円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
0.50%~0.75%ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードAMEX通常1~3週間国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
34,100円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~2.00%ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードAMEX通常1~3週間国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
詳細はこちら

楽天ANAマイレージクラブカード
550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
18歳以上1.00%~3.00%楽天ポイントVISA / Mastercard / JCB通常1週間国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAカード 一般カード
2,200円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費1,127円(1,072円割引)
18歳以上(高校生・大学生は除く)0.50%~3.00%VポイントVISA / Mastercard通常2~3週間
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
10~80万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAワイドカード
7,975円18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
0.50%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
2,200円(初年度無料)18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
0.50%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ANAワイドゴールドカード
15,400円20歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
0.50%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ANA VISA プラチナプレミアムカード
88,000円
※1枚まで発行可能
30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
1.50%~4.50%VポイントVISA最短3営業日
通常1~3週間
300万円~0万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANA JCBカード プレミアム
77,000円30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ANAダイナースカード
29,700円27歳以上
※役職者または自営の方、自家保有の方
1.00%~1.20%ダイナースクラブ リワードポイントDiners通常2~3週間一律の利用制限なし国内:1回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

マリオットボンヴォイカード
23,100円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
Marriott Bonvoy会員番号が必要
0.66%~1.33%Marriott BonvoyポイントAMEX通常2~3週間国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALマイルが貯まりやすいおすすめ人気クレジットカード

JALマイルが貯まりやすいおすすめ人気クレジットカードは以下の通りです。

ALマイルが貯まりやすいおすすめ人気クレジットカード
  • JALカード 普通カード
  •  JAL CLUB EST普通カード
  •  JALカード Suica
  •  JALカード CLUB-Aカード
  •  JALカード CLUB-Aゴールドカード
  •  JALカード プラチナ
  •  JALカード navi(学生専用)
  •  JAL アメリカン・エキスプレス®︎・カード
  •  セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
  •  セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

それぞれ詳しく解説していきます。

スクロールできます
券種年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法詳細

JALカード 普通カード
2,200円(初年度無料)18歳以上0.50%~1.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JAL CLUB EST普通カード
2,200円(初年度無料)
※カード年会費に加え、JAL CLUB EST年会費5,500円が必要
20歳以上~30歳以下1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常2~3週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード Suica
2,200円(初年度無料)18歳以上
学生可
0.50%~1.00%JALマイルJCB通常4週間国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード CLUB-Aカード
11,000円18歳以上(高校生を除く)
日本に生活基盤があり日本国内で支払いが可能な方
JALマイル0.50%~1.00%VISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード CLUB-Aゴールドカード
17,600円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間50万円~200万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード プラチナ
34,100円20歳以上(学生を除く)
本人に安定した継続収入のある方
日本に生活基盤があり日本国内での支払いが可能な方
1.00%~2.00%JALマイルJCB通常4週間通常4週間詳細はこちら

JALカード navi(学生専用)
無料
※卒業後は普通カードに自動的に切り替わります。
18歳以上~29歳以下
※学生専用
※大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生の方
1.00%~2.00%JALマイルVISA / Mastercard / JCB通常4週間10万円~30万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JAL アメリカン・エキスプレス®︎・カード
6,600円18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
0.50%~1.00%JALマイルAMEX / 銀聯(UnionPay)通常4週間10万円~200万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード
11,000円(初年度無料)20歳以上0.75%~1.00%永久不滅ポイントAMEX最短3営業日~300万円国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード
22,000円18歳以上0.75%~1.00%永久不滅ポイントAMEX最短3営業日~500万円国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

JALカード 普通カード

JAL JCB普通カード
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 ※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考■ショッピング保険
国際ブランドがJCBの場合のみ購入日から90日間適用(免責:1事故/1万円)
メリット
  • ショッピングでマイルが貯まりやすい(200円で1マイル)
  • 年会費が2,200円(税込)と比較的安価
  • 家族カードの年会費が1,100円(税込)と格安
デメリット
  • 搭乗時のマイル付与率が低い
  • 空港ラウンジが利用できない
  • ETCカード発行手数料が有料(一部ブランド除く)

JAL普通カードは、JALマイルを効率的に貯められるクレジットカードです。ショッピング200円(税込)ごとに1マイルが付与され、還元率は0.5%となります。

さらに、JALカード特約店でショッピングすると、200円(税込)で2マイルが付与されるので、還元率は1%にアップします。
JAL搭乗時には、入会時に1,000マイルのボーナスが付与され、毎年初回搭乗時にも1,000マイルのボーナスが付与されます。

また、フライトマイルに加えて10%のボーナスマイルが加算されます。
年会費は初年度無料で、2年目以降は2,200円(税込)と手頃な設定となっています。

家族カードの年会費は1,100円(税込)と割安です。海外旅行保険の最高補償額は1,000万円で、救援者費用の年間限度額は100万円となっています。国内旅行傷害保険の最高補償額も1,000万円です。

JAL普通カードは、JALマイルを効率的に貯められる上に年会費が手頃です。

小山英斗

JALマイラー入門者や、ショッピングでマイルを貯めたい方におすすめのカードです。

JAL CLUB EST普通カード

JAL CLUB EST
年会費2,200円(初年度無料)
※カード年会費に加え、JAL CLUB EST年会費5,500円が必要
申し込み資格20歳以上~30歳以下
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常2~3週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※カード年会費に加え、JAL CLUB EST年会費2,200円が必要です。
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
メリット
  • サクララウンジを年5回無料で利用可能
  • 毎年5,000ポイント相当のeJALポイントがもらえる
  • 搭乗ごとのマイル加算率が15%と高い
デメリット
  • 20代限定で30歳以上は入会できない
  • 年会費7,700円と高額
  • JAL普通カードの年会費も必要で二重に支払う

JAL CLUB EST普通カードは、20代の方向けに設計されたJALのクレジットカードです。通常のJALカードに加えて、様々な特典が用意されています。

まず、マイル加算率が通常より高くなっています。入会後初回搭乗で5,000マイル、その後毎年初回搭乗で2,000マイルのボーナスマイルが付与されます。

さらに、フライトマイルが最大25%増量されるほか、ショッピングマイルも2倍になります。

次に、サクララウンジの利用が年間5回無料になります。ラウンジではフリードリンクを飲みながらくつろげるほか、シャワー室やマッサージチェアなどの施設も利用できます。その他の特典として、マイルの有効期限が通常より2年延長される点や、国際線の場合ビジネスクラスのカウンターが利用可能になる点が挙げられます。

ただし、年会費が通常のJALカード2,200円に加えてJAL CLUB EST年会費5,500円が必要になるため、合計7,700円と高額になることに注意が必要です。

小山英斗

20代の方に向けたクレジットカードなので、30代の方は発行できません。その点には注意してくださいね。

JALカード Suica

JALカードSuica
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
学生可
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーSuica
電子マネーチャージQUICPay利用 / Suica
スマホ決済
ETCカード年会費:524円
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額10,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考
メリット
  • Suicaチャージ時にJREポイントが貯まる
  • 空港でのスムーズなチェックイン(JALタッチ&ゴー)
  • 国内線搭乗時のマイル加算率が高い
デメリット
  • 定期券としての利用ができない
  • 海外利用時のメリットが少ない
  • 上位カードに比べサービスが制限される

JALカード Suicaは、JALマイレージクラブカード、クレジットカード、Suica、JRE POINTカードの4つの機能が1枚に集約されたカードです。

ショッピングでの利用額に応じてJALマイルが貯まり、有料サービス「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に加入するとマイル還元率が2倍の1.0%になります。JALのマイルは航空券への交換が可能で、1マイル=約2円相当の価値があるため、実質の還元率は2.0%以上になる可能性があります。

Suicaへのチャージ・オートチャージでは1.5%相当のJRE POINTが貯まり、JR東日本の駅ビルなどで高還元率の3.5%でJRE POINTが貯まります。

JALカード会員向けの特典も受けられ、空港の売店で5%割引やポイントアップの優待を受けられます。国内線・国際線の特典航空券にも交換可能です。

Suicaのオートチャージ機能はJALカード唯一の対応で、JR東日本の交通機関を利用する人にとって便利な1枚です。

小山英斗

モバイルSuicaへのチャージ・オートチャージにも対応しています。ポイントが貯められるだけでなく、快適に交通機関を利用できるようになるのも大きな魅力ですよ。

JALカード CLUB-Aカード

JALカード CLUB-Aカード
年会費11,000円
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)
日本に生活基盤があり日本国内で支払いが可能な方
ポイント還元率JALマイル
ポイント名0.50%~1.00%
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード年会費:3,850円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 ※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用400万円(自動付帯:400万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考■ショッピング保険
国際ブランドがJCBの場合のみ購入日から90日間適用(免責:1事故/1万円)
おすすめポイント・特徴
  • 旅行時の特典が多く旅行をする方にオススメ
  • ショッピングでマイルが貯まりやすい
  • 空港店舗・免税店・機内サービスで優待割引がある
メリット
  • 毎年初回搭乗時に2,000マイルのボーナスがある
  • 搭乗時のボーナスマイルがフライトマイルの25%
  • 海外旅行傷害保険が最高5,000万円付帯している
デメリット
  • 年会費が11,000円(税込)と比較的高額である
  • ショッピングの還元率が0.5%と一般的なカードより低い
  • 家族カードの年会費が3,850円(税込)かかる

JALカード CLUB-Aカードは、JAL国内線・国際線の搭乗でマイルを効率的に貯められるクレジットカードです。

入会時に5,000マイルの入会搭乗ボーナスが付与され、毎年初回搭乗時に2,000マイルのボーナスマイルが加算されます。

さらに、搭乗ごとにフライトマイルの25%がボーナスマイルとして付与されるので、旅行が多い方にはマイルを貯めやすいカードといえます。普段の買い物でもマイルが貯まります。ショッピングマイル・プレミアムに入会すれば、100円ご利用につき1マイルが付与されます。

年会費は本会員11,000円ですが、マイル加算率が高いのが特徴です。

旅行時の補償も手厚く、海外旅行傷害保険が最高5,000万円、国内旅行傷害保険も同額の補償があります。

また、JALパックのツアーを利用すると3~5%の割引が受けられるなど、旅行者向けのメリットが多数用意されています。

提携ブランドは

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB

など主要なクレジットカード会社から選べます。

小山英斗

Suicaやクレジット機能付きのカードなども発行されているので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができるでしょう。

JALカード CLUB-Aゴールドカード

JALカード CLUB-Aゴールドカード
年会費17,600円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠50万円~200万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay、楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:8,800円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 ※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用150万円(自動付帯:150万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額3,000円(自動付帯:3,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考海外航空便遅延お見舞金制度:24,000円
JALカードゴルファー保険(賠償責任:1億円、傷害死亡:300万円)
おすすめポイント・特徴
  • マイルが大幅に貰えるのでより効率よくマイルを貯められる
  • 海外旅行・国内旅行傷害保険が自動付帯
  • ビジネスクラスチェックインカウンターが利用可能
メリット
  • 空港ラウンジが利用可能
  • 搭乗時のボーナスマイルが25%プラス
  • 旅行保険が手厚い
デメリット
  • 年会費が高額(17,600円~)
  • 審査が厳しい
  • ショッピングマイル・プレミアムの年会費が別途必要

JALカード CLUB-Aゴールドカードは、JAL国内線・国際線の搭乗でマイルが効率的に貯まるクレジットカードです。

年会費は17,600円と高めですが、その分マイル獲得率が高く、様々な特典が付帯されています。

まず、JAL搭乗時のマイル獲得率が通常の25%アップします。さらに、入会時と毎年初回搭乗時に合計7,000マイルのボーナスマイルが付与されます。ショッピングでの利用でも100円につき1マイルが貯まり、ショッピングマイル・プレミアムサービスが無料で付帯されます。

旅行に関する保険も手厚く、海外旅行保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円までの補償があります。空港ラウンジの利用や、ビジネスクラス専用チェックインカウンターの利用など、旅行時の特典も充実しています。

JAL国内線・国際線をよく利用し、旅行時の特典を活用したい方におすすめのカードです。

小山英斗

年会費が比較的高めですが、旅行頻度が高ければ恩恵を十分に受けられるでしょう。

JALカード プラチナ

JALカード プラチナ
年会費34,100円
申し込み資格20歳以上(学生を除く)
本人に安定した継続収入のある方
日本に生活基盤があり日本国内での支払いが可能な方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドJCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法通常4週間
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:17,050円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考海外航空便遅延お見舞金制度:30,000円
JALカードゴルファー保険(賠償責任:1億円、傷害死亡:300万円、傷害後遺障害:9万円~300万円、入院日額:4,500円、通院日額:3,000円)
おすすめポイント・特徴
  • 空港ラウンジが利用可能なプライオリティパスが無料で利用できる
  • 旅行に便利なプラチナ・コンシェルジュサービスが利用可能
  • JALのサービスがお得に利用可能
  • JALマイルが貯まりやすい
メリット
  • 年間100万円以上の利用で最大30,000マイルのボーナス
  • 世界中の空港ラウンジが無料で利用可能
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
デメリット
  • 年会費が34,100円と高額
  • 国内線の無料ラウンジ利用ができない
  • 海外旅行をしない人には恩恵が少ない

JALカード プラチナは、JAL利用客向けの最上位カードです。航空券購入で通常の100円=2マイルに加え、100円=2マイル分のアドオンマイルが付与されるので、実質100円=4マイルが貯まります。

また、世界148か国1,300か所以上のラウンジが利用できる”プライオリティ・パス”が無料で付帯しています。

さらに、JAL国内線の場合はビジネスクラス専用カウンターが利用可能で、手荷物の宅配サービスも往復で1個ずつ無料となります。

海外・国内の旅行傷害保険では最高1億円の補償が受けられます。その他にも、JALグループ施設でのコンシェルジュサービスや優待価格での人間ドック受診など、上級会員向けの特典が満載です。国際ブランドは”アメリカン・エキスプレス”か”JCB”から選べます。

年会費は高めですが、JALをメインに利用する方には最適なカードと言えるでしょう。

小山英斗

JALカード プラチナならマイルを効率的に貯められるだけでなく、旅行時の各種サービスで大きな恩恵を受けられますよ。

JALカード navi(学生専用)

JALカード navi(学生専用)
年会費無料
※卒業後は普通カードに自動的に切り替わります。
申し込み資格18歳以上~29歳以下
※学生専用
※大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生の方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~30万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy / WAON
スマホ決済Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:無料
※発行手数料1,100円
家族カード
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療50万円(自動付帯:50万円)
疾病治療50万円(自動付帯:50万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額10,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円
備考
メリット
  • 年会費無料で学生でも作りやすい
  • マイル加算率が高く、マイルを貯めやすい
  • 在学中はマイルの有効期限がない
デメリット
  • 限度額が最大30万円と低め
  • JALを利用しない場合、メリットが少ない
  • 卒業後は年会費7,700円が必要になる

JALカード navi(学生専用)は、学生の皆さんに特化した航空会社発行のクレジットカードです。このカードを持つと、様々な特典が受けられます。

まず、年会費が永年無料なので、経済的な負担を気にすることなく利用できます。

また、国内線の普通運賃が常に25%オフになるため、帰省の際や旅行の際に大変お得です。

さらに、JALの国内線を利用する度に、搭乗実績に応じてマイルが貯まります。貯まったマイルは、次の航空券の購入や、ホテルの宿泊料金に充当できます。

加えて、学生証を提示すれば、JALの国内線の航空券を最大50%割引で購入できるサービスもあります。

また、JALの提携する海外航空会社の航空券を購入する際にも、マイルが貯まります。

さらに、カード利用額に応じてマイルが貯まるほか、ショッピングやレストランでの支払いでもマイルが付与されます。貯めたマイルは、JALのサービスだけでなく、提携する企業のサービスにも利用できます。

小山英斗

学生の皆さんの経済的な負担を軽減しながら、旅行をより快適に、そしてお得に楽しめるようサポートしてくれるカードと言えますよ。

JAL アメリカン・エキスプレス®︎・カード

JAL アメリカン・エキスプレス(R)・カード 普通カード
年会費6,600円
申し込み資格18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント名JALマイル
国際ブランドAMEX / 銀聯(UnionPay)
審査・発行スピード通常4週間
ショッピング利用可能枠10万円~200万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:2,750円
※本会員が入会初年度の場合は年会費無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は発行不可
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害3,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療100万円(自動付帯:100万円)
疾病治療100万円(自動付帯:100万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害3,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金20万円(自動付帯:20万円)
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考
メリット
  • アドオンマイル(100円=2マイル)で通常の2倍マイルが貯まる
  • 空港ラウンジが国内線・ホノルル線で無料で利用可能
  • アメックス独自の優待サービスが受けられる
デメリット
  • 年会費が高額
  • 一般的なクレジットカードに比べ加盟店が少ない
  • 電子マネーチャージなどでポイント付与対象外の場合がある

JAL アメリカン・エキスプレス®・カードは、JALマイルを効率的に貯められるクレジットカードです。

ショッピング利用で100円につき1マイルが貯まる基本還元率に加え、JALグループの航空券購入や機内販売で100円につき3マイルが貯まります。

また、ショッピングマイルプレミアムに加入すれば、100円につき2マイルが貯まる上級会員になれます。

空港でのサービスも充実しています。国内主要空港とホノルル空港で、提携ラウンジを無料で利用できます。

さらに、普通カードでも同伴者1名を無料で入場させることができます。プラチナカードなら、世界120カ国以上の空港ラウンジが利用可能なプライオリティパスが付帯されます。

旅行時の安心の補償も手厚く、海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円補償されます。

また、ショッピング保険で購入した商品の損害も90日間補償されるので、安心して旅行の買い物ができます。

ETCカードの発行手数料や年会費も無料で、UnionPayカードの年会費も無料になるなど、様々な特典が用意されています。

小山英斗

JALを利用する機会が多い方は、マイル貯めと空港サービスの両面で大変おすすめのカードです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費11,000円(初年度無料)
申し込み資格20歳以上
ポイント還元率0.75%~1.00%
ポイント名永久不滅ポイント
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード最短3営業日
ショッピング利用可能枠~300万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:1,100円
※対象:生計を同一にする同姓の家族(高校生を除く18歳以上)の方
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害30万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険16万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考
メリット
  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • 旅行傷害保険が自動付帯される
デメリット
  • 年会費が11,000円と高額
  • ポイント還元率が0.75%と低め
  • アメックスブランドの加盟店が少ない

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードは、マイル貯めに最適なクレジットカードです。

永久不滅ポイントが国内利用で1.5倍、海外利用で2倍と優遇されており、ポイントをJALマイルやANAマイルに交換できます。ポイント還元率は国内で0.75%、海外で1%と高水準です。

年間100万円の利用で最大7,500ポイント(JAL18,750マイル相当)が貯まる計算です。旅行が好きな方や出張が多い方におすすめのカードといえるでしょう。

さらに、空港ラウンジを無料で利用できるほか、海外旅行傷害保険が最高5,000万円補償されるなど、旅行者向けの特典が充実しています。帰国時の手荷物を無料で自宅まで宅配してくれるサービスもあり、旅行の際に重宝します。

ステータスが高く、充実した付帯サービスを考えると年会費は決して高くありません。マイルを効率的に貯めたい方は、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カードを検討してみてはいかがでしょうか。

小山英斗

初年度の年会費は無料で、2年目以降は11,000円(税込)です。初年度はお試し感覚で利用で利用してみても良いでしょう。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費22,000円
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率0.75%~1.00%
ポイント名永久不滅ポイント
マイル交換レート1ポイント=3マイル
マイル交換先・JAL
・ANA
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード最短3営業日
ショッピング利用可能枠~500万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージiD利用 / QUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:3,300円
※対象:生計を同一にする同姓の家族(高校生を除く18歳以上)の方
※4枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約300万円
疾病治療300万円、家族特約300万円
携行品損害50万円、家族特約50万円
賠償責任5,000万円、家族特約5,000万円
救援者費用300万円、家族特約3,000万円
航空機遅延保険26万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円、寄託手荷物紛失費用10万円)、家族特約26万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)、家族特約5,000円
通院保険金日額3,000円(自動付帯:3,000円)、家族特約3,000円
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外300万円
国内300万円
備考
メリット
  • 永久不滅ポイントが貯まり、交換先が豊富
  • 空港ラウンジ、コンシェルジュサービスなど充実した特典
  • アメックス限定の優待サービスが受けられる
デメリット
  • 年会費が22,000円と高額
  • 学生や未成年者は入会資格がない
  • アメックスのブランドなので加盟店が少ない

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードは、マイル貯めに最適なクレジットカードです。このカードでは、永久不滅ポイントとJALマイルの両方を同時に貯められる”2重取り”が可能です。

永久不滅ポイントは、カード利用額2,000円(税込)につき1ポイント貯まります。有効期限がないので、ゆっくりと貯めていけます。

一方、JALマイルは利用額1,000円につき10マイル貯まります。貯まった永久不滅ポイントは、JALマイルに交換できるので、マイル貯めがより効率的になります。

さらに、国内利用で永久不滅ポイントが1.5倍、海外利用で2倍と、ポイント還元率が高いのも大きな魅力です。旅行が好きな方にぴったりのカードといえるでしょう。

加えて、空港ラウンジの無料利用や、最大1億円の海外旅行傷害保険など、旅行に役立つ特典が満載です。

年会費は22,000円(税込)とプラチナカードの中では比較的リーズナブルです。

小山英斗

マイルを長期的に計画性を持って貯めたい人におすすめの1枚ですよ。

ANAマイルが貯まりやすいおすすめ人気クレジットカード

ANAマイルが貯まりやすいおすすめ人気クレジットカードに関しては、主に以下のクレジットカードが挙げられます。

ANAマイルが貯まりやすいおすすめ人気クレジットカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • ANAカード 一般カード
  • ANAワイドカード
  • ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  • ANAワイドゴールドカード
  • ANA VISA プラチナプレミアムカード
  • ANA JCBカード プレミアム
  • ANAダイナースカード

それぞれ詳しく解説していきます。

スクロールできます
券種年会費申し込み資格ポイント還元率ポイント名国際ブランド審査・発行スピードショッピング利用可能枠キャッシング利用可能枠支払い方法詳細

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
7,700円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
0.50%~0.75%ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードAMEX通常1~3週間国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
34,100円20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~2.00%ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードAMEX通常1~3週間国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
詳細はこちら

楽天ANAマイレージクラブカード
550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
18歳以上1.00%~3.00%楽天ポイントVISA / Mastercard / JCB通常1週間国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAカード 一般カード
2,200円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費1,127円(1,072円割引)
18歳以上(高校生・大学生は除く)0.50%~3.00%VポイントVISA / Mastercard通常2~3週間
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
10~80万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAワイドカード
7,975円18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
0.50%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
2,200円(初年度無料)18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
0.50%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ANAワイドゴールドカード
15,400円20歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
0.50%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ANA VISA プラチナプレミアムカード
88,000円
※1枚まで発行可能
30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
1.50%~4.50%VポイントVISA最短3営業日
通常1~3週間
300万円~0万円~100万円国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANA JCBカード プレミアム
77,000円30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
1.00%~3.00%Oki DokiポイントJCB最短5営業日
通常2週間
詳細はこちら

ANAダイナースカード
29,700円27歳以上
※役職者または自営の方、自家保有の方
1.00%~1.20%ダイナースクラブ リワードポイントDiners通常2~3週間一律の利用制限なし国内:1回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
詳細はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード
年会費7,700円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~0.75%
ポイント名ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード通常1~3週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:2,750円
※対象:配偶者・親・子供(18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害3,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療100万円、家族特約100万円
疾病治療100万円、家族特約100万円
携行品損害30万円、家族特約30万円
賠償責任3,000万円、家族特約3,000万円
救援者費用200万円、家族特約200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円、家族特約1,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考
おすすめポイント・特徴
  • アメックスのカードの中で年会費が一番安い
  • ショッピングでANAマイルを貯めることができる
  • 国内/ハワイの空港ラウンジが無料で利用可能
メリット
  • 日常の買い物でANAマイルが貯まる
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • アメックス独自の旅行特典が受けられる
デメリット
  • 年会費が高額(7,700円+家族カード2,750円)
  • アメックスブランドは海外での加盟店が少ない
  • 航空機遅延補償などの付帯特典が一部制限される

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAとアメリカン・エキスプレスの提携カードです。

100円ご利用につき1ポイントが貯まり、1,000ポイントを1,000ANAマイルに等価交換できます。つまり、実質的なマイル還元率は1%となります。

ANAマイルは、ANAや同じスターアライアンスの航空会社の特典航空券に利用できます。ANAカードマイルプラス加盟店ではさらにポイントが貯まりやすくなります。

また、ANAカードとの連携により、ANAの国内線特典航空券購入時にフライトマイルとフライトボーナスマイルが加算されます。

年会費は7,700円(税込)で、タッチ決済にも対応。さらに入会特典として、ご利用条件を満たすと最大18,000マイルがもらえます。

国内外の旅行傷害保険や航空便遅延補償など、充実した付帯保険も魅力です。

小山英斗

ポイントの有効期限は無期限なので、失効の心配がありません。目的の交換マイルに達するまで期限を気にせずに貯められますよ。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
年会費34,100円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~2.00%
ポイント名ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード通常1~3週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:17,050円
※対象:配偶者・親・子供(18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療300万円、家族特約200万円
疾病治療300万円、家族特約200万円
携行品損害50万円、家族特約50万円
賠償責任4,000万円、家族特約4,000万円
救援者費用400万円、家族特約300万円
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円、家族特約1,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考■スマートフォン・プロテクション
お持ちのスマートフォンが破損した場合、修理代金を年間最大3万円まで補償。
購入後3年以内の本保険の対象となるスマートフォンであれば、保険期間中(1年間)、通算して支払限度額(3万円)を限度として補償。
おすすめポイント・特徴
  • ANAグループでの利用でポイント2倍
  • マイルを無期限で貯めることが可能
  • プライオリティパスが無料で利用可能
  • 海外旅行保険が最大1億円補償
メリット
  • ポイントの有効期限が無期限で、マイルへの移行が無料
  • ANAグループでの利用で還元率3%とポイント付与が多い
  • 空港ラウンジの無料利用や手荷物無料宅配などの旅行特典が充実
デメリット
  • 年会費が34,100円と高額
  • プライオリティパスが付帯していない
  • 中国などの一部の国で利用できない可能性がある

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAグループとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するクレジットカードです。このカードを利用すれば、マイルを効率的に貯めることができます。

ポイント還元率は常時1.0%ですが、ANAグループの航空券やツアーを購入すると3.0%とアップします。

さらに、ANAグループの航空便を利用するたびに、通常のフライトマイルに加えて25%のフライトボーナスマイルが付与されます。貯まったポイントは1ポイント=1マイルの割合でANAマイルに交換でき、特典航空券と交換できます。

また、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、旅行に役立つ様々な特典が用意されています。国内主要空港のラウンジが利用可能で、同伴者1名までは無料です。プライオリティ・パスも無料で付帯しており、世界1,200以上の空港ラウンジが利用できます。

さらに、海外旅行傷害保険の補償額が最高1億円と手厚く、旅行中の安心につながります。空港での手荷物無料宅配サービスや、海外でのオーバーシーズ・アシストサービスなど、旅行をサポートする特典が満載です。

入会キャンペーンも魅力的で、最大68,000マイル相当のポイントが獲得できます。

小山英斗

年会費は34,100円と高めですが、旅行好きな方にとってはコストに見合う価値があるクレジットカードと言えるでしょう。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージカード
年会費550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考商品未着あんしん制度(楽天市場の店舗と連絡が困難になった場合、請求を取り消し)
メリット
  • 年会費が実質無料
  • ANAマイルの還元率が高め
  • 入会キャンペーンの特典が豪華
デメリット
  • 1年に1回も利用しないと年会費がかかる
  • ANAマイルの有効期限が3年
  • 期間限定ポイントはマイルに交換できない

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードとANAマイレージクラブの機能が一体化したクレジットカードです。このカードの最大の特徴は、楽天ポイントコースとANAマイルコースを自由に選択できることです。

楽天ポイントコースを選ぶと、楽天市場での買い物で通常の3.5%の還元率が適用され、さらにポイントアップキャンペーンも利用できます。

一方、ANAマイルコースを選んだ場合は、200円ごとに1マイルが自動的にANAマイル口座に加算されます。コースの変更も自由にできるので、状況に合わせて使い分けることができます。

年会費は初年度無料で、2年目以降は年1回以上利用すれば実質無料となります。

さらに、入会時には最大8,000ポイントと4,000円分のANA楽パッククーポンがもらえるキャンペーンもあります。

その他の魅力的な特典として、海外旅行傷害保険の付帯や、空港でのスキップサービスの利用が可能なことが挙げられます。

小山英斗

楽天市場の利用が多い人は楽天ポイントコース、ANAの搭乗が多い人はANAマイルコースと、用途に合わせて使い分けられるのが楽天ANAマイレージクラブカードの大きな強みです。

ANAカード 一般カード

ANAカード(一般)
年会費2,200円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費1,127円(1,072円割引)
申し込み資格18歳以上(高校生・大学生は除く)
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Vポイント
国際ブランドVISA / Mastercard
審査・発行スピード通常2~3週間
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行に口座所持の方は2週間程度
ショッピング利用可能枠10~80万円
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / 楽天Edy
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円(初年度無料)
※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費522円(577円割引)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内100万円(リボ払い・分割払い(3回以上)の場合のみ)
備考国内旅行保険は、航空機搭乗中、飛行場構内のみ保険適用となります。
メリット
  • ANAマイルが普段の買い物で貯まる
  • 国内線特典航空券が格安で利用できる
  • 空港ラウンジが利用可能
デメリット
  • 年会費が有料(2,200円/年)
  • マイル有効期限が短い(獲得から3年)
  • 海外加盟店ではマイル付与率が低い

ANAカード(一般カード)は、ANAグループの航空券購入や日常のお買い物でマイルを貯められるクレジットカードです。

100円ご利用につき0.5マイルが付与され、最大1%のマイル還元率を実現します。ANAカードを利用すると、ANAグループの機内販売やANA DUTY FREE SHOP、ANA FESTAでの買い物が割引になるなど、様々な特典が受けられます。

また、ANAマイレージモールを経由したインターネットショッピングでもマイルが貯まります。

旅行の際は、自動的に最高1,000万円の旅行傷害保険が付帯されるので安心です。

さらに、ANAカードマイルプラスというANAカード提携店での利用分は、マイルとVポイントの両方が貯まるダブル還元の仕組みがあります。

年会費は初年度無料で、2年目以降は2,200円(税込)となります。

小山英斗

ANAグループの航空券を購入する機会が多い方や、マイルを効率的に貯めたい方におすすめのカードです。

ANAワイドカード

ANA JCB ワイドカード
年会費7,975円
申し込み資格18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Oki Dokiポイント
国際ブランドJCB
審査・発行スピード最短5営業日
通常2週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,650円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考・国内旅行保険は、航空機搭乗中、飛行場構内のみ保険適用となります。
・国内旅行保険手術保険金…入院日額×倍率(種類に応じて10倍、20倍または40倍)
メリット
  • 国内線の空港ラウンジが無料で利用できる
  • ANAの航空券購入時の還元率が2%と高い
  • 旅行傷害保険の補償額が最大5,000万円と高額
デメリット
  • 年会費が15,400円~と比較的高額
  • 自動移行コースではANAマイルの有効期限が延長できない
  • 家族カードの年会費が2,200円~と無料ではない

ANAワイドカードは、ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカードです。VISAブランドとJCBブランドの2種類があり、どちらも国内外で幅広く利用できます。

ANAワイドカードの大きな特徴は、ANAグループの航空機を利用する際に、通常より25%多くのボーナスマイルが付与されることです。

例えば成田-ニューヨーク線のエコノミークラスを利用すれば、通常の2,500マイルに加えて625マイルのボーナスマイルがもらえます。加えて、カード利用額に応じてもマイルが貯まります。

VISAカードは標準で利用額200円につき1マイル、JCBカードは1,000円で1マイルが付与されます。さらにオプションを選べば、マイル付与率をさらに高めることも可能です。

年会費はVISAカードが6,500円、JCBカードが7,950円と比較的高めですが、ウェブ明細やリボ払い登録で割引が受けられます。

また、入会時と継続時に2,000マイルずつ付与されるので、実質的な年会費は抑えられます。

その他の主な特典として、海外旅行傷害保険が最高5,000万円補償される点や、空港カウンターでの優先処理、免税店の割引などが挙げられます。

小山英斗

マイル貯めに加え、旅行時の様々な場面で恩恵を受けられるのが魅力です。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ソラチカ一般カード
年会費2,200円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上
※本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Oki Dokiポイント
国際ブランドJCB
審査・発行スピード最短5営業日
通常2週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネーPASMO
電子マネーチャージQUICPay利用 / PASMO
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:1,100円
※対象:家族(高校生を除く18歳以上)の方
※8枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外100万円
国内
備考国内旅行保険は、航空機搭乗中、飛行場構内のみ保険適用となります。
メリット
  • メトロポイントをANAマイルに90%交換可能
  • PASMOチャージ・定期券購入でポイント付与
  • 最大1.54%のANAマイル還元率が可能
デメリット
  • 年会費が2年目以降2,200円かかる
  • 家族カードの年会費が1,100円かかる
  • ポイント有効期限が3年と比較的短い

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は、ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカードです。

このカードの最大の特徴は、東京メトロの定期券購入や乗車でもメトロポイントが貯まり、そのポイントを90%の高い交換レートでANAマイルに交換できる点です。

例えば、平日の東京メトロ乗車1回で5メトロポイント(4.5ANAマイル相当)が付与されます。加えて、カード利用でOki Dokiポイントも貯まり、このポイントは1ポイント=1ANAマイルと交換可能です。

つまり、ショッピング利用でもANAマイルを貯められるのです。

年会費は2,200円と低めで、マイル移行手数料5,500円を加えても他社のANAカードよりも年間維持コストが安くなっています。

新規入会時には最大で29,500マイルのウェルカムボーナスマイルも獲得できます。

小山英斗

東京メトロ利用者なら、ANAマイルを効率良く貯められる魅力的なカードだと言えますよ。

ANAワイドゴールドカード

ANA JCB ワイドゴールドカード
年会費15,400円
申し込み資格20歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率0.50%~3.00%
ポイント名Oki Dokiポイント
国際ブランドJCB
審査・発行スピード最短5営業日
通常2週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:4,400円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用400万円(自動付帯:400万円)、家族特約200万円(自動付帯:400万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考国内旅行保険手術保険金…入院日額×倍率(種類に応じて10倍、20倍または40倍)
メリット
  • 入会時・継続時にボーナスマイル2,000マイルがもらえる
  • マイル還元率が1.0%と高く、マイルを効率的に貯められる
  • 国内主要空港のラウンジが無料で利用できる
デメリット
  • 年会費が15,400円(税込)と高額
  • 家族カードの年会費が4,400円(税込)とやや高い
  • ポイントがVポイントで還元率が低い(0.5%)

ANAワイドゴールドカードは、ANAグループの航空機をよく利用される方におすすめのクレジットカードです。

このカードを利用すると、ANAの国内線・国際線の航空券購入時に、通常の1.5倍のマイルが付与されます。

さらに、毎年の継続特典として2,000マイルがプレゼントされるので、マイルを効率的に貯めることができます。

旅行の際も、最高5,000万円の国内外旅行傷害保険が自動付帯されているので安心です。国内の主要空港ラウンジを無料で利用でき、ビジネスクラス専用カウンターでのチェックインも可能です。

加えて、日常のお買い物でもマイルを貯められます。1,000円の利用で10マイルが付与され、ANAショッピングモールでの買い物なら更にマイルを多く貯められます。

光熱費や携帯料金など、毎月の固定費をこのカードで支払えば、気づかないうちにマイルが貯まっていきます。

小山英斗

年会費は15,400円と高めですが、ANAの飛行機を年に1回でも利用すれば、十分にメリットを享受できるでしょう。

ANA VISA プラチナプレミアムカード

ANA VISA プラチナ プレミアムカード
年会費88,000円
※1枚まで発行可能
申し込み資格30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.50%~4.50%
ポイント名Vポイント
マイル交換レート1ポイント=3マイル
マイル交換先ANA
国際ブランドVISA
審査・発行スピード最短3営業日
通常1~3週間
ショッピング利用可能枠300万円~
キャッシング利用可能枠0万円~100万円
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネーiD / 楽天Edy
電子マネーチャージiD利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※発行手数料0円
家族カード年会費:4,400円(初年度無料)
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療00万円(自動付帯:500万円)、家族特約500万円(自動付帯:500万円)
疾病治療500万円(自動付帯:500万円)、家族特約500万円(自動付帯:500万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)、家族特約100万円(自動付帯:100万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約10,000万円(自動付帯:10,000万円)
救援者費用1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金20万円(自動付帯:20万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考
メリット
  • 最大4.5%の高還元率でANAマイルが貯まる
  • 国内外1,300か所以上の空港ラウンジが無料で利用可能
  • 24時間年中無休のコンシェルジュサービスが付帯
デメリット
  • 年会費88,000円と高額
  • 利用金額が少ないと年会費の元が取れない可能性
  • ボーナスポイントのマイル交換レートが0.6と低い

ANA VISA プラチナプレミアムカードは、ANAマイルを効率的に貯められるプレミアムカードです。通常のショッピングでは200円ごとに3マイルが貯まり、マイル還元率は業界トップクラスの1.5%となります。

さらに、ANA航空券を購入した場合は「ANAカードマイルプラス提携店」の優待として100円につき2マイルが上乗せされ、合計で3.5%のマイル還元率になります。

入会時と継続時には10,000マイルずつボーナスマイルが進呈されます。

また、ANAグループ便を利用するたびに区間基本マイレージの35%がボーナスマイルとして付与されるため、旅行が多い方にもおすすめです。

その他の特典も魅力的で、世界600か所以上の空港ラウンジが無料で利用できる「プライオリティ・パス」が付帯されています。最高1億円の海外旅行傷害保険や、コンシェルジュサービスなども利用可能です。

小山英斗

年会費は88,000円と高額です。ただマイル還元率の高さや豊富な特典を考えれば、旅行が趣味の方には十分にメリットがあるカードと言えます。

ANA JCBカード プレミアム

ANA JCBカード プレミアム
年会費77,000円
申し込み資格30歳以上
※本人に安定した継続的な収入のある方
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名Oki Dokiポイント
国際ブランドJCB
審査・発行スピード最短5営業日
通常2週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージQUICPay利用 / 楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:4,400円
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害100万円(自動付帯:100万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額5,000円(自動付帯:5,000円)
通院保険金日額2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金
航空機遅延保険10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考※国内旅行傷害保険の手術保険金は、入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)が保険金額

以下も付帯保険です。
■国内航空傷害保険(自動付帯)
死亡後遺障害:最高5,000万円
入院日額:10,000円
手術:入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)
通院日額:2,000円
メリット
  • 国内線ANAラウンジが無料で利用可能
  • プライオリティパスが無料で付帯
  • JCBプラチナ会員特典が付帯(コンシェルジュ等)
デメリット
  • 年会費が77,000円と高額
  • マイル還元率が1.0%と一般的なカードより低い
  • 必要年収が高く、一般の方が入会しづらい

ANA JCBカード プレミアムは、ANAグループの最上位カードとして、マイル獲得に特化した優れた特典を提供しています。

入会時に10,000マイルがボーナスとして付与され、さらに毎年継続すると10,000マイルが加算されます。ショッピング利用でも、通常の10マイルに加えてボーナス3マイルが加算され、合計13マイルが獲得できます。

また、ANAの国内線を利用する際には、搭乗ボーナスマイルが通常の50%アップします。

旅行の際も、国内の主要空港ラウンジが無料で利用でき、同伴者1名も無料です。

さらに、最高1億円の海外旅行傷害保険がついているため、安心して旅行を楽しめます。

小山英斗

年会費は77,000円と高額です。ただマイル獲得を最優先する方には非常におすすめのカードです。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード
年会費29,700円
申し込み資格27歳以上
※役職者または自営の方、自家保有の方
ポイント還元率1.00%~1.20%
ポイント名ダイナースクラブ リワードポイント
国際ブランドDiners
審査・発行スピード通常2~3週間
ショッピング利用可能枠一律の利用制限なし
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済
ETCカード年会費:無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:6,600円
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外500万円
国内500万円
備考
メリット
  • 100円ごとに1マイル(1.5円相当)が貯まり、有効期限なし
  • 高額な買い物でもポイントが大きく貯まる一律の利用限度額
  • 国内外の空港ラウンジが無料で利用できる
デメリット
  • 年会費が29,700円(税込)と高額
  • ポイント還元率が最大でも1%と低め
  • 家族カードの年会費が6,600円(税込)とやや高い

ANAダイナースカードは、ANAマイルを効率的に貯められるクレジットカードです。ANAグループでの利用で通常の2倍のマイルが付与されるほか、ANAカード特約店でも100円ごとに1マイルが加算されます。

つまり、ANAカード特約店ではポイント還元率が1.5%から2%になり、マイル獲得がより有利になります。

ANAカード特約店には、セブンイレブン、エネオス、スターバックス、マツモトキヨシなど、日常的に利用する店舗が多数含まれています。普段の買い物でもマイルを効率的に貯められるのが大きな魅力です。

さらに、ANAダイナースカードなら、ANAマイルへの交換手数料がかからず、交換上限もありません。ANAマイルを目的とする方には最適なカードと言えるでしょう。

加えて、ANAダイナースカードには、国内外のANAラウンジの無料利用や優先搭乗など、ANAの旅を快適にする特典も用意されています。マイル獲得だけでなく、旅行の際の付加価値も魅力です。

小山英斗

年会費は29,700円(税込)と高めです。ただマイル獲得率の高さや豊富な特典を考えれば、ANAを利用する方には十分にメリットがあるクレジットカードです。

【番外編】ANAマイル・JALマイルどちらも貯めやすい「マリオットボンヴォイカード」

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
年会費23,100円
申し込み資格20歳以上
本人に安定した継続的な収入のある方
Marriott Bonvoy会員番号が必要
ポイント還元率0.66%~1.33%
ポイント名Marriott Bonvoyポイント
国際ブランドAMEX
審査・発行スピード通常2~3週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、リボ払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay
ETCカード年会費:無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
家族カード年会費:11,550円
※1人目無料
※対象:配偶者・親・子供(18歳以上)の方
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害3,000万円、家族特約1,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害30万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害2,000万円、家族特約1,000万円
入院保険金日額2,000円
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外200万円
国内200万円
備考■ショッピング・プロテクション
年間限度額:国内外問わず1名最高200万円
破損・盗難などの損害を購入日から90日間補償
■オンライン・プロテクション
第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、原則カード発行会社にて補償。

マリオットボンヴォイカードは、ANAマイルとJALマイルの両方を効率的に貯められるクレジットカードです。このカードは、普段使いはもちろんのこと、マリオット系列ホテルでの宿泊やマリオットボンヴォイポイントの利用で、多くのポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは、ANAマイルやJALマイルに移行できるほか、マリオットホテルでの無料宿泊にも利用できますマイルへの移行時には1ポイント=1マイルとして還元率を落とさずに交換することができます。

マリオットボンヴォイカードの年会費は27,500円と比較的高額ですが、新規入会特典として最大8万ポイントがもらえます。これはANAマイルに移行すれば24,000マイル分に相当し、ビジネスクラスの国内線特典航空券と引き換えられます。

さらに、マリオットボンヴォイカードを持っていれば、マリオット系列ホテルでの宿泊時にエリート会員特典を受けられるメリットもあります。

例えば無料朝食やレイトチェックアウト、アップグレード宿泊などの特典が付与されます。

このように、マリオットボンヴォイカードは、ANAマイルとJALマイルの両方を効率よく貯められるだけでなく、ホテル宿泊特典も充実しているため、旅行好きにはおすすめのカードと言えます。

小山英斗

マリオットボンヴォイカードの上位であるマリオットボンヴォイプレミアムカードであれば、マリオット系列のホテルが1泊無料で使える宿泊特典が年間利用特典として付与されますよ。

陸マイラーなら年会費無料の「楽天ANAマイレージクラブカード」がおすすめ

楽天ANAマイレージカード
年会費550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
申し込み資格18歳以上
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント名楽天ポイント
国際ブランドVISA / Mastercard / JCB
審査・発行スピード通常1週間
ショッピング利用可能枠
キャッシング利用可能枠
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
追加機能
電子マネー楽天Edy
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay / Google Pay / 楽天ペイ
ETCカード年会費:550円
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(18歳以上)の方
※5枚まで発行可能
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険海外
国内
備考商品未着あんしん制度(楽天市場の店舗と連絡が困難になった場合、請求を取り消し)

陸マイラーの方におすすめなのが、楽天ANAマイレージクラブカードです。このカードは年会費が永年無料で、しかも国内線の特典航空券が取得できるANAマイルが貯まりやすいカードとなっています。

主な特典として、楽天市場での買い物で通常の3倍貯まる点が挙げられます。つまり10,000円の利用時には300ポイント貯まり、ANAマイルへの交換レートは0.5%のため150マイル分貯まる算段となります。

さらに、楽天以外のお店でも100円ごとに1マイルが付与されます。加えて、入会時に5,000マイル、更新時に3,000マイルがボーナスマイルとして付与されるのも魅力的です。

また、楽天カードの永年無料の家族カードを作ることで、家族全員でANAマイルを貯められるのも嬉しいポイントです。楽天市場の買い物を家族で行えば、マイルがより一層貯まりやすくなります。

楽天ANAマイレージクラブカードはANAマイルにしか対応していません。JALマイルを貯めたい方には不向きでしょう。

小山英斗

通常、航空系の一般カードはマイル移行時にマイル移行手数料として年間6,000円程かかってきてしまいますが、楽天ANAマイレージカードについては手数料無料で移行することができますよ。

マイルが貯まるクレジットカードの選び方

マイルが貯まるクレジットカードの選び方に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

マイルが貯まるクレジットカードの選び方
  • 基本の還元率以外にも入会時・継続時・フライト時のボーナスマイルもチェックしよう
  • カードの年会費以外にマイル移行手数料がかかるかチェックしよう
  • 飛行機にあまり乗らない人は一般カードで十分
  • ポイント(マイル)の有効期限をチェックしよう
  • 学生は学生専用カードがおすすめ

それぞれ詳しく解説していきます。

基本の還元率以外にも入会時・継続時・フライト時のボーナスマイルもチェックしよう

マイルを貯めるためには、基本の還元率が高いカードを選ぶことが重要です。しかし、入会時やフライト利用時のボーナスマイルも見逃せません。これらのボーナスマイルを上手に活用することで、マイル獲得のペースを大幅に上げることができます。

入会時のボーナスマイルについて

入会時のボーナスマイルは、新規入会者向けのキャンペーンとして付与されるマイルです。

例えば、入会後3カ月以内に一定額を利用すれば10,000マイルがプレゼントされるなどのキャンペーンがあります。このボーナスマイルは、カード会社が新規会員を獲得するための魅力的な特典です。入会時のボーナスマイルが多いカードを選ぶと、マイル獲得のスタートダッシュがきれます。

基本的に①入会時に無条件で貰えるボーナスマイル②入会後、一定額の利用に応じて貰えるボーナスマイルの2種類があります。

継続時のボーナスマイルについて

継続時のボーナスマイルは、会員継続を条件に付与されるマイルです。

例えば、カードの年間更新タイミングで5,000マイルがプレゼントされるなどのキャンペーンがあります。継続時のボーナスマイルが多いカードを選ぶと、長期的にマイルを貯め続けられます。

フライト時のボーナスマイルについて

フライト利用時のボーナスマイルは、航空会社の特定路線を利用した際に付与されるマイルです。

フライト時にはフライトマイルが付与されますが、対象のクレジットカードで航空券の決済を行うと通常フライトマイルに対して+20%のマイルが付与されるなどのキャンペーンがあります。

このように、入会時・継続時・フライト時のボーナスマイルを賢く活用することで、基本の還元率以上にマイルを貯められます。マイル獲得のペースアップを目指すなら、これらのボーナスマイルもしっかりとチェックしましょう。

小山英斗

フライトマイルは渡航の距離が長ければ長いほど多くなるため、海外旅行によく行かれる方はフライトマイルのボーナス付与率は重要なポイントとなります。

飛行機にあまり乗らない人は一般カードで十分

航空系カードには一般カードからプラチナカードまで様々なカードランクが発行されていますが、飛行機にあまり乗らない方は一般券種で十分でしょう。

航空系カードはカードランクが上位であるほど、ボーナスマイルの付与数や付与率が高くなりますが、年会費以上の元を取るにはフライトマイルに対してのボーナスマイルを如何に獲得するかが肝となります。また、旅行関連の特典をいかに使いこなせるかも重要。

そのため、「飛行機は年に1~2回しか乗らない」という方は、年会費分をかえって損してしまう可能性が高く一般ランクのカードを使うことをおすすめします。

航空系カードは普通のカードと比べて年会費が高く、ANAのプラチナプレミアムカードに至っては年会費が88,000円(税込み)にも昇ります。

小山英斗

「カードの利用上限等に問題があり、一般カードでは足りない」という場合には無料宿泊特典で簡単に元が取れるマリオットボンヴォイプレミアムカード等をチョイスすると良いでしょう。

ポイント(マイル)の有効期限をチェックしよう

カード毎にポイントの有効期限は異なり、短ければ1年で失効してしまうものから長ければ無期限のものもあります

海外旅行をするには数万マイルを貯める必要があり、年間利用額がよほど高い人でない限りは長いスパンでポイントを貯める必要があります。

小山英斗

ご自身の年間利用額と目標マイル数に対して、ポイントの有効期限は十分であるかをチェックしてカードを選ぶようにしましょう。

学生は学生専用カードがおすすめ

学生の方におすすめなのは、学生専用のクレジットカードです。学生専用カードは、年会費が無料または割引されているのが一般的です。

また、マイル付与率が高かったり、ポイントを貯めやすい特典があったりと、学生に嬉しい仕様になっています。

また、カードと学生証を提示するだけで、様々な加盟店で学割サービスを受けられるカードも存在します。飲食店やレジャー施設、書店などで割引が受けられるので、生活費を大幅に節約できます。

学生カードは利用上限が低いことがデメリットとして挙げられますが、その点以外は一般カードと何ら遜色なく使うことができます。

小山英斗

学生専用カードは発行にあたっての審査基準も低く設定されている傾向があります。学生の方には基本的に学生カードがおすすめです。

マイルの使い方

マイルの使い方に関しては、主に以下の内容が挙げられます。

マイルの使い方
  • 特典航空券と交換する
  • 提携している店舗で使う
  • 特典商品等と交換する

それぞれ詳しく解説していきます。

特典航空券と交換する

マイルを貯める最大の目的は、特典航空券と交換して旅行の際に活用することです。航空会社が発行するマイルプログラムでは、一定のマイル数を支払うことで無料または割引価格で航空券を入手できます。

特典航空券の交換レートは航空会社によって異なりますが、通常は普通運賃の50~70%程度のマイルが必要とされます。例えば、東京-ホノルル線の普通運賃が10万円の場合、5万マイルから7万マイルを支払えば特典航空券を獲得できます。

特典航空券の予約は、航空会社のウェブサイトや専用の予約センターから行えます。座席数に制限があるため、できるだけ早めの予約が賢明です。

また、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券は、エコノミークラスに比べてさらに多くのマイルが必要になります。旅行目的や予算に合わせて、適切な特典航空券を選ぶことをおすすめします。

特典航空券が利用できるフライト数は限りがあり、人気の旅行先では中々予約が取れないこともあります。

小山英斗

予約の取りやすさを重要視するのであればJAL系のカードを選ぶのがおすすめです。

どれくらいマイルがあれば航空券と交換できるのか

特典航空券を獲得するために必要なマイル数は、航空会社や路線、座席クラスによって大きく異なります。一般的な目安としては、国内線の特典航空券であれば、往復で2万~4万マイル程度が必要とされます。

一方、国際線の特典航空券となると、マイル数は飛躍的に増えます。アジア方面であれば5万~10万マイル、ヨーロッパ・米国方面では10万~15万マイル、豪州・中南米方面では12万~18万マイルが相場となっています。

さらに、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を希望する場合は、エコノミークラスの2~4倍のマイルが必要になります。

具体例を挙げると、東京-ホノルル線のエコノミークラス特典航空券であれば、往復で約6万マイルが相場です。一方、東京-ニューヨーク線のビジネスクラス特典航空券を獲得するには、往復で20万マイル以上を用意する必要があります。

マイル数の目安は航空会社のウェブサイトで確認できますが、シーズンによっても変動します。

小山英斗

需要が高い路線や時期は、通常より多めのマイルが必要になる傾向にありますよ。

提携している店舗で使う

マイルは提携先の店舗での支払いにも使うことができます。マイルを現金と同じように使えるのが大きな利点です。

提携先の店舗は各マイルによって異なりますが、ANAやJALにおいてはコンビニや飲食店など日常的に利用する機会の多い店舗やサービスがあります。

しかし、提携店舗では1マイル=1円として使われるケースがほとんど。特典航空券との引き換えする場合には、1マイル=3円~5円ほどの価値にもなります。

店舗決済でマイルを使うというのはあまりおすすめできないです。

小山英斗

提携先の店舗で利用するのは、マイルの有効期限の兼ね合いでどうしても使わなければいけないシーンに絞るなどの工夫をするのがおすすめです。

特典商品等と交換する

マイルは物品等の商品と交換することもできます。一般的な交換品には、家電製品、旅行用品、ブランド品などがあります。例えば、デジタルカメラ、ノートパソコン、スーツケースなどが人気の交換品目です。

マイルと交換できる商品は、マイル残高に応じて変わり、高額な商品ほど多くのマイルが必要になります。

小山英斗

特典航空券より実質還元率が落ちるケースがほとんどです。特典商品の獲得を目的とする場合には一般的なクレジットカードを使われた方が良いでしょう。

マイルが貯まるクレジットカードに関するよくある質問

よくある質問
  • 年会費無料のマイル系クレジットカードでおすすめはありますか?
  • 一般カードで最もマイル還元率の高いカードは何ですか?
  • ゴールドカードで最もマイル還元率の高いカードは何ですか?
  • プラチナカードで最もマイル還元率の高いカードは何ですか?
年会費無料のマイル系クレジットカードでおすすめはありますか?

年会費無料のマイル系クレジットカードでおすすめはいくつかあります。

まず、JAL系では「JALカード navi」が学生を対象に年会費無料で提供されています。搭乗ごとに区間マイレージの10%がボーナスマイルとして付与されるほか、入会時にもマイルがもらえます。

ただし、卒業をすると通常のJALカードに切り替えが必要になります。

ANAでは「ANA JCBカード ZERO」が18歳から29歳までの若年層を対象に年会費無料で発行されています。こちらも搭乗時のボーナスマイルが付与され、ポイントからANAマイルへの移行手数料も無料です。ただし、利用期間が5年間に限られています。

一般カードで最もマイル還元率の高いカードは何ですか?

JALカードの普通カードが最もおすすめです。

  • 通常のマイル還元率は0.5% (200円につき1マイル) 
  • ショッピングマイルプレミアムに年会費4,950円で加入すると、還元率が1.0%に上がる 
  • JALカード特約店での利用ならショッピングマイルプレミアムと合わせて還元率2.0%になる 

JALカードにショッピングマイルプレミアムを付けた場合の還元率1.0%が、最もマイル還元率が高い一般ランクの航空系カードでしょう。特にJALカード特約店をうまく活用すれば、還元率を2.0%まで高められるのが魅力的です。

ゴールドカードで最もマイル還元率の高いカードは何ですか?

航空系ゴールドカードの中で最もマイル還元率が高いのは「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」です。

  1. 通常の買い物利用で100円につき1マイル(1.0%還元)が貯まる
  2. 「ショッピングマイル・プレミアム」に自動加入しており、JALカード特約店での利用では2倍のマイル(2.0%還元)が貯まる
  3. 1マイルを1.5円換算すると、実質1.5%~3.0%のマイル還元率になる
  4. 他の航空系ゴールドカードと比べても高い還元率となっている

ただし、年会費が20,900円(税込)と高めなのが惜しいポイント。しかし、ボーナスマイルが多く特約店をよく利用する方であれば年会費以上のマイルを簡単に獲得できるでしょう。

プラチナカードで最もマイル還元率の高いカードは何ですか?

航空系プラチナカードの中で最もマイル還元率が高いのは、JALアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードです。主な理由は以下の通り。

  1. 基本のJALマイル還元率が1.0%と高い。一般的なプラチナカードの還元率は0.5%程度のため、2倍の還元率
  2. JALカード特約店での利用なら還元率が2.0%にアップ(コンビニ、スーパー、ドラッグストア、レストランチェーンなど全国の様々な店舗が対象)
  3. フライトマイルに加えて、通常の50%のボーナスマイルが付与される。
  4. ショッピングマイルプレミアムに自動入会となり、年会費無料で通常の2倍のマイルが貯まる
  5. 25,000ポイントまでなら1.5%の高いマイル交換レートで移行できる

以上のように、JALアメックスプラチナは基本還元率が高いだけでなく、特約店での利用やフライトマイルのボーナスなどでマイルが大幅に貯まりやすくなっています。航空系プラチナカードの中では最強クラスのマイル還元率を誇るカードと言えるでしょう

目次