プライオリティパスとは?付帯されるクレジットカードのおすすめや快適に使う方法を紹介

プライオリティパスはイギリスのロンドンに本社を構えるThe Collinson Groupが運営をしていて、世界148ヵ国の650以上の空港で利用可能です。

世界中の4億人以上の方がプライオリティパスを利用していることからも、多くの方が空港ラウンジを活用しているのがわかります。

日本国内で発行されているクレジットカードの中にもプライオリティパスが利用できるカードがあり、発行すると無料で空港ラウンジが使えます。

そこで本記事では、プライオリティパスの種類やカードを選ぶときのポイント、おすすめのクレジットカードなどについて詳しく解説します。

本記事を読めば、プライオリティパスに関する知識が深まり、快適に空港ラウンジが利用可能です。

この記事でわかること
目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

プライオリティパスとは?世界各国の空港ラウンジが利用できる会員制サービス

プライオリティパスとは、世界148ヵ国1,300ヵ所以上のVIPラウンジに入場できる会員制サービスです。

クレジットカード所有者が利用できるカードラウンジにはソフトドリンクが用意されている程度であるのに対し、VIPラウンジはビュッフェやアルコール飲料などが用意されています。

飛行機に乗る前のリラックスタイムを過ごせる快適な空間です。

プライオリティパスとは世界各国の空港ラウンジが利用できる会員制サービス

プライオリティパスは3種類に分けられている

プライオリティパスは3つランクに分けられていて、会員ランクごとに年会費や利用料金が異なります

会員ランクごとの違いは次の通りです。

スクロールできます
会員ランクスタンダードスタンダード・プラスプレステージ
年会費99ドル329ドル469ドル
利用料金35ドル年10回まで無料
※11回目以降は1回の利用につき35ドル
無料
同伴者の利用料金35ドル

プライオリティパスの年会費は、最安値のスタンダードであっても日本円で約15,000円と決して安い金額ではありません。

クレジットカードの特典で付帯されているプライオリティパスはプレステージに設定されているときが多く、カードを発行するだけでもお得に利用できるでしょう。

日本国内の主要空港ラウンジでも利用できる

プライオリティパスは海外の空港で利用できるイメージが強いですが、日本国内の主要空港ラウンジでも利用できます

利用できる日本国内の主要空港ラウンジは次の通りです。

空港名ラウンジ
成田国際空港ANA Lounge
KAL Business Lounge
ASS Executive Lounge
羽田空港パワーラウンジ
エアポートラウンジ
TIATラウンジ
関西国際空港Card Members Lounge Annex Rokko
Card Members Lounge Kongo
Card Members Lounge Rokko
Botejyu 1946
Japan Travelling Restaurant by BOTEJYU
中部国際空港The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar
Centrair Global Lounge
Plaza Premium Lounge
KAL Lounge
海膳空膳
くつろぎ処
福岡空港KAL Lounge

成田国際空港のIASS Executive Loungeは保安検査場の外側にあることから、出発前のみならず到着後でも利用できます。

プライオリティパスの使い方をかんたんに解説

プライオリティパスは利用する際には、ラウンジの受付スタッフに会員証と当日の搭乗券を提示します。

両方を提示して問題なければ受付スタッフから利用日や利用人数が記載された伝票が発行されるため、署名をしてラウンジに入室しましょう。

同伴者がいる場合の料金

プライオリティパス所有者のクレジットカードから決済されるシステムです。

クレジットカードに付帯されているプライオリティパスを利用したときは、使っているカードから決済されます。

なお、クレジットカードの提示だけではラウンジに入室できないことに注意しましょう。

プライオリティパスの最適な選び方3つ

プライオリティパスが付帯されているクレジットカードを選ぶときは、何を重視するのかによって異なります

目的に合ったクレジットカードを選べるように、ぜひ参考にしてみてください。

年会費で選ぶ

プライオリティパスが付帯されているクレジットカードを選ぶときは、カードの年会費をチェックしておきましょう。

年会費が安いクレジットカードの例は次の通りです。

スクロールできます
カード名楽天プレミアムカードアメリカン・エキスプレス・カードJCBゴールドザ・プレミアム
年会費11,000円13,200円16,500円
ランクプレステージスタンダードプレステージ

楽天プレミアムカードは年会費が安めに設定されているうえに、会員ランクがプレステージで469ドル分が無料になります。

年会費が安いクレジットカードで会員ランクが高いほど、プライオリティパスがお得に利用可能です。

同伴者が無料になるかで選ぶ

プライオリティパスの会員ランクが最も高いプレステージであっても基本的に2歳未満の子どもを除いて、2,000〜3,000円程度の利用料金がかかります。

同伴者も無料で空港ラウンジを利用したいとき

アメックスプラチナやANAアメックスプレミアムカードなどの同伴者無料特典が付くカードを選ぶ必要があります。

家族と一緒に空港ラウンジを利用したいときはプライオリティパスが付帯される家族カードを発行すれば、無料で利用可能です。

クレジットカードによっては家族カードがプライオリティパスに対応していないときもあることから、あらかじめチェックしておきましょう。

特典やサービスの充実度で選ぶ

プライオリティパスが付帯されているクレジットカードを選ぶときは、他の特典やサービスが充実しているかどうかで選ぶ手もあります。

例えば

旅行や出張の際に快適に過ごしたいと考えている方は、プラチナランク以上のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

多くのプラチナカードはプライオリティパスに加えて、さまざまな手配をしてくれるコンシェルジュサービスや手荷物無料宅配サービスなどが提供されています。

ホテルやグルメの特典や旅行保険などが付帯されているときも多く、普段の生活では味わえないひとときを楽しめます。

【徹底比較】プライオリティパスが付帯されるおすすめのクレジットカード10枚を厳選

プライオリティパスが付帯されるおすすめのクレジットカード10枚を厳選しました。

スクロールできます
カード名楽天プレミアムカードJCBプラチナエポス プラチナカード三井住友カード プラチナ三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード楽天ビジネスカード三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドJCBゴールド法人カード
年会費11,000円27,500円30,000円55,000円22,000円22,000円165,000円2,200円初年度:無料
2年目以降:5,500円
※年間100万円以上利用で翌年度以降永年無料
オンライン入会で初年度無料
通常:11,000円
還元率1.0%0.5%0.5%0.5%0.5%0.5%0.3%1.0%0.5%0.5%
国際ブランドVisa
Mastercard®
JCB
American Express
JCBVisaVisa
Mastercard®
American ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressVisaVisa
Mastercard®
JCB
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

プライオリティパスが付帯されている多くの会員ランクはプレステージに設定されているため、年会費や還元率などで考慮するのも手段の1つです。

プライオリティパスが付帯されるクレジットカード5選

プライオリティパスが付帯されるクレジットカードは次の通りです。

各カードの特徴をチェックして、最も使い勝手の良いクレジットカードを発行しましょう。

楽天プレミアムカード

カード名楽天プレミアムカード
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費11,000円
還元率1.0%
国際ブランドVisa
Mastercard®
JCB
American Express
公式HPhttps://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/
楽天プレミアムカードのおすすめポイントや特徴
  • プライオリティパスが利用できるカードで最も年会費が安いクレジットカード
  • 楽天e-NAVIからの手続きでカードが2週間程度で受け取れる
  • 楽天市場での買い物でさらにポイントが貯まる

楽天プレミアムカードは、プライオリティパスが利用できるカードの中で最も年会費が安いカードです。

プレステージの年会費が469ドルで約67,000円と高額に設定されていることから、カードを発行するだけでもお得に利用できます。

プライオリティパスの申し込み方法

楽天プレミアムカードが到着後に会員専用サービス「楽天e-NAVI」より手続きができ、2週間程度で受け取りが可能です。

カード決済をした際の還元率は1.0%と高還元に設定されているうえに、楽天市場での買い物で最大16.5倍に引き上げられます。

「5と0のつく日」や「お買物マラソン」などの楽天ポイントが貯まりやすいキャンペーン中に買い物をすれば、さらにお得にポイントが貯められます。

新規入会やカード利用で楽天ポイントが進呈されるキャンペーンも行っていて、お得にカードの発行が可能です。


楽天プレミアムカードの公式サイトはこちら

JCBプラチナ

カード名JCBプラチナ
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費27,500円
還元率0.5%
国際ブランドJCB
公式HPhttps://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/platinum2.html
JCBプラチナのおすすめポイントや特徴
  • 同伴者の利用料金が安くなる
  • 受けられる特典が多い
  • 最大1億円の補償が受けられる国内外旅行傷害保険が付帯されている

JCBプラチナはプレステージ会員への登録ができるのに加えて、同伴者の料金が通常よりも安く利用可能です。

通常のプレステージ会員における同伴者の利用料金は35ドルかかるのに対して、JCBプラチナでは1人につき2,200円で利用できます。

通常料金が約5,300円に設定されていることを考えると、通常料金よりも約3,000円安く利用できる計算です。

プライオリティパスの他に受けられる主な特典は次の通りです。

特典名サービス内容
グルメベネフィット2名以上の予約でレストランのコースメニューが1名分無料になる
JCBプレミアムステイプラン全国の上質なホテルや旅館に宿泊できる
プラチナ・コンシェルジュデスク国内外のホテルや航空券・列車・レンタカーの手配
旅行に関する各種サポート
ゴルフ場・チケット・レストランなどのエンターテインメントの相談

国内外の旅行や出張の際に不測の事態が発生した場合は、最大1億円の旅行傷害保険が付帯されていて安心して利用できます。


JCBプラチナの公式サイトはこちら

エポスプラチナカード

カード名エポス プラチナカード
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費30,000円
還元率0.5%
国際ブランドVisa
公式HPhttps://www.eposcard.co.jp/platinum/main.html
エポスプラチナカードのおすすめポイントや特徴
  • 年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費が20,000円になる
  • 年間の利用額が高額なほど進呈されるボーナスポイントが多い
  • 国内ラウンジが同伴者1名まで無料

エポス プラチナカードは年会費が通常30,000円かかりますが、年間100万円以上の利用で翌年以降が20,000円になるカードです。

年間100万円以上の利用

ボーナスポイントとして20,000ポイントが進呈されるため、実質年会費無料で所有できます。

年間の利用額ごとに進呈されるポイント数が異なり、1,500万円以上の利用で最大100,000ポイントが進呈される仕組みです。

プレステージの年会費が469ドルであることを考えると、プライオリティパスをお得に利用できます。

基本還元率が0.5%に設定されているものの、マルイ・モディ・マルイネット通販でカード決済をすると還元率が1.0%に引き上げ可能です。

プラチナカードならではの特典として、誕生日月にマルイウェブチャネルやマルイ・モディの買い物で還元率が2倍になります。

プライオリティパスを国内ラウンジで利用するときは、カード会員と同伴者1名までが無料で利用可能です。


エポスプラチナカードの公式サイトはこちら

三井住友カード プラチナ

カード名三井住友カード プラチナ
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費55,000円
還元率0.5%
国際ブランドVisa
Mastercard®
公式HPhttps://www.smbc-card.com/nyukai/platinum/proper/index.jsp
三井住友カード プラチナのおすすめポイントや特徴
  • 三井住友カードの中で最上位ランク
  • 特典やサービスが豊富に提供されている
  • 総利用枠は原則300万円以上

三井住友カード プラチナは、数ある三井住友カードの中で最上位ランクに位置するカードです。

年会費は55,000円とプライオリティパスが付帯されるクレジットカードの中では高額であるとはいえ、多くの豪華特典やサービスが受けられます。

受けられる豪華特典やサービスの例は次の通りです。

受けられる豪華特典やサービス
  • プラチナグルメクーポン
  • コンシェルジュサービス
  • 宝塚歌劇優待販売
  • 海外・国内旅行傷害保険
  • 国際線手荷物無料手配
  • 国内外の宿泊・飲食優待サービス
  • Wi-Fiレンタル

他にも数多くの特典やサービスが提供されていて、利用者ごとに最適なサービスを受けられます

総利用枠は原則300万円以上に設定されるため、普段から高額決済をする方に最適なカードです。

年間の利用金額に応じて最大50,000ポイントが進呈されることからも、カード決済をするほどお得に利用できます。


三井住友カード プラチナの公式サイトはこちら

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

カード名三菱UFJ・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費22,000円
還元率0.5%
国際ブランドAmerican Express
公式HPhttps://www.cr.mufg.jp/amex/apply/mucard_platinum/index.html
三菱UFJ・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイントや特徴
  • 家族カードにプライオリティパスが付帯される
  • 特典やサービスが充実している
  • セキュリティ対策に優れている

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が22,000円と安いうえに、家族カードにプライオリティパスが付帯できます。

同伴者が空港ラウンジを利用する場合は1名につき別途35ドルがかかることを考えると、お得に利用可能です。

プライオリティパス以外に受けられる特典やサービスの例は次の通りです。

プライオリティパス以外に受けられる特典やサービス
  • コンシェルジュサービス
  • レストランで1名までコース料理が無料
  • ホテルセレクション
  • 海外・国内旅行傷害保険
  • 手荷物空港宅配サービス
  • 健康・介護相談サービス

プラチナカードならではの特典やサービスが提供されていて、使い方次第では年会費以上の恩恵が受けられます。

三菱UFJニコス株式会社が発行する銀行系カードならではの不正利用被害を防止するための24時間のモニタリングや、不正利用の補償などセキュリティ対策にも優れています。


三菱UFJ・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

プライオリティパスが付帯される法人クレジットカード5選

プライオリティパスが付帯される法人クレジットカードは次の通りです。

プライオリティパスが付帯された法人カードはそれほど多くないことから、最適な1枚を選んでビジネスに活かしましょう

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費22,000円
還元率0.5%
国際ブランドAmerican Express
公式HPhttps://www.saisoncard.co.jp/amex/platinumbusiness/
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのおすすめポイントや特徴
  • 年会費が22,000円で手頃な価格
  • SAISON MILE CLUBの登録でJALマイルがお得に貯まる
  • 特典や優待サービスが豊富に提供されている

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が22,000円で手頃な価格で発行できるカードです。

プレステージの年会費が約67,000円で高額であるのに対して、出張や旅行の際は年会費22,000円でお得に国内外の空港ラウンジを利用できます。

プライオリティパスが付帯されている他にも、出張や旅行の際に使い勝手の良いサービスが盛りだくさんです。

例えば

SAISON MILE CLUB」に登録すると、1,000円のカード決済につきJALマイルが10マイル貯められます。

出張や旅行のときにJALをメインに利用している方にとって、お得にJALマイルを利用できるシステムです。

その他にも世界中のホテルで優待が受けられる「Tablet® Hotels」や、2名以上の利用で1名分のコース料理が無料になる「招待日和」などの優待サービスが受けられます。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

カード名アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費165,000円
還元率0.3%
国際ブランドAmerican Express
公式HP公式サイトはこちら
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードのおすすめポイントや特徴
  • 年会費が165,000円と高額
  • 同伴者が1名まで無料
  • 家族カードにもプライオリティパスが付帯できる

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードは年会費が165,000円と高額ではあるものの、特典や優待サービスが充実したステータス性の高いカードです。

カードを所有していれば会員だけではなく、同伴者1名まで空港ラウンジの利用が無料になります。

空港ラウンジを利用する際に同伴者は35ドルがかかるため、国内外の出張頻度が高い方に最適です。

家族カードにもプライオリティパスが付帯できるカードで、家族が友人と旅行に出かける際にも国内外の空港ラウンジが利用できます。

プライオリティパス以外に利用できる優待やサービスの例は次の通りです。

プライオリティパス以外に利用できる優待やサービス
  • カード更新時に対象ホテルの無料宿泊券プレゼント
  • コース料理を2名以上で利用した場合に1名まで無料
  • 国内外のゴルフ場を無料低配
  • 手荷物ホテル当日宅配サービス
  • 空港への手荷物宅配サービス
  • 大手会計ソフトとのデータ連携

他にも数多くの優待やサービスが提供されていることから、利用するであろうサービスをチェックしたうえで申し込みましょう。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら

楽天ビジネスカード

カード名楽天ビジネスカード
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費2,200円
還元率1.0%
国際ブランドVisa
公式HPhttps://www.rakuten-card.co.jp/service/business-card/
楽天ビジネスカードのおすすめポイントや特徴
  • 楽天プレミアムカードの年会費と併せて13,200円と安い
  • 還元率が楽天プレミアムカードと同様に1.0%
  • 法人用の必要経費を決済するのに最適

楽天ビジネスカードは、個人向けカードの楽天プレミアムカードを所有していると発行できるカードです。

年会費

楽天プレミアムカードを発行する必要がありますが、年会費が11,000円+2,200円の合計13,200円に設定されていて比較的安く所有できます。

プレステージの年会費が約67,000円であることを考えると、年間を通じてお得にプライオリティパスが利用できる計算です。

楽天プレミアムカードと同様に還元率が1.0%に設定されているのに加えて、楽天市場での買い物でもお得に楽天ポイントを貯められます。

個人用の買い物をするときは楽天プレミアムカード、法人用の必要経費として使いたいときは楽天ビジネスカードと管理がしやすいです。

楽天経済圏での生活をしていて、国内外の出張や旅行の頻度が高い方に最適なカードといえるでしょう。


楽天ビジネスカードの公式サイトはこちら

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

カード名三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費初年度:無料
2年目以降:5,500円
※年間100万円以上利用で翌年度以降永年無料
還元率0.5%
国際ブランドVisa
Mastercard®
公式HPhttps://www.smbc-card.com/hojin/lineup/biz_owners_index.jsp
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドのおすすめポイントや特徴
  • 年間100万円以上の利用で翌年度以降の年会費が永年無料
  • 海外の空港ラウンジに加えて国内主要空港ラウンジも利用できる
  • パートナーカードは最大19枚まで発行できる

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは通常の年会費が5,500円に設定されているものの、年間100万円以上のカード決済で翌年度以降が永年無料になります。

毎月の固定費や法人で利用する必要経費などで8万円を決済すれば達成できる数字であるため、年会費が永年無料になるハードルは低いです。

年間100万円以上の決済

翌年度以降の年会費が永年無料になるのに加えて、毎年10,000ポイントが還元されて経費削減にもつながります。

プライオリティパスと併せて所有していると海外の空港ラウンジだけではなく、国内主要空港のラウンジも利用可能です。

パートナーカードは追加で19枚まで年会費永年無料で発行できることから、複数人が同伴する出張でも空港ラウンジで快適に過ごせます

カード券面にカード番号や有効期限の記載がないナンバーレスで、盗み見や不正利用を未然に防ぐ効果が期待できます。


三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの公式サイトはこちら

JCBゴールド法人カード

カード名JCBゴールド法人カード
プライオリティパスの会員ランクプレステージ
年会費オンライン入会で初年度無料
通常:11,000円
還元率0.5%
国際ブランドJCB
公式HPhttps://www.jcb.co.jp/corporate/houjin/ippan.html
JCBゴールド法人カードのおすすめポイントや特徴
  • オンライン入会で初年度年会費無料
  • 国内外の旅行傷害保険が充実している
  • 海外でのカード決済でポイントが2倍

JCBゴールド法人カードはプライオリティパスを所有していると海外の空港ラウンジに加えて、国内主要空港のラウンジも利用可能です。

初年度のみオンライン入会で年会費が無料になるため、使い勝手を試して良ければそのまま継続するという選択肢も取れます。

プライオリティパスが利用できるうえに、国内外に訪れた際の不測の事態に役立つ旅行傷害保険が充実しています。

旅行傷害保険の補償内容は次の通りです。

旅行傷害保険補償金額
海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円

法人ゴールドカードの中でも補償金額が高めに設定されていて、もしもの事態にも安心して利用できます。

毎月の経費や出張費の精算でもOki Dokiポイントが貯まる仕組みが整っていて、1,000円につき1ポイントが貯められます。

WEB明細サービス「MyJチェック」に登録しJCB海外加盟店でカード決済をすると、ポイントが2倍になる仕組みです。


JCBゴールド法人カードの公式サイトはこちら

プライオリティパスを利用する際の注意点

プライオリティパスを所有していると空港ラウンジがいつでも利用できるというメリットがある一方で、いくつかの注意点も存在します。

注意点を把握したうえで、プライオリティパスを上手に使いこなしましょう。

カード枚数が増える

クレジットカードとプライオリティパスのカードは別物のため、どちらのカードも所有する必要があります。

複数のカードを同時に持ち歩きたくない方にとっては、カード枚数が増える原因に繋がります。

ただし、旅行や出張などで空港ラウンジを利用する機会が多い方はクレジットカードに加えて、プライオリティパスを発行するほかありません。

プライオリティパスの申し込み

クレジットカード発行時に専用カードを別途発行する必要があります。

プライオリティパスを直接申し込むと、2つのカードの年会費がかかってしまうことに注意が必要です。

カード受け取りまでに時間がかかる

クレジットカード付帯のプライオリティパスを発行するときは、カード受け取りまでに時間がかかります。

プライオリティパスはクレジットカードと同時に受け取れることはなく、カードを受け取った後に申し込み手続きが必要です。

カードが届くまでの期間

カードは日本国内ではなく外国で発行されることから、最短でも手元に届くまでに1〜2週間程度かかります。

ゴールデンウイークや年末年始などの大型連休で混雑が予想される時期は、さらに時間がかかる可能性が高いです。

旅行や出張などで空港ラウンジを利用する予定がある方は、手元に届くまでに時間がかかることを見越して早めに発行手続きを行いましょう。

有効期限が設定されている

クレジットカードに付帯されるプライオリティパスは、カード会社ごとに有効期限が設定されています。

カード会社ごとにおけるプライオリティパスの有効期限は次の通りです。

スクロールできます
カード名楽天プレミアムカードJCBプラチナアメックスカードエポスプラチナカード
有効期限2年間2年間3年間
※自動更新
1年間

プライオリティパスの有効期限は1〜3年間に設定されているときが多く、自動更新にならないことがほとんどです。

有効期限の2ヵ月ほど前に有効期限が迫っている旨のお知らせが来るため、早めに手続きを完了させておく必要があります。

プライオリティパスの有効期限切れで、空港ラウンジが使えなかったという事態は避けましょう。

家族や同伴者は別途料金がかかることが多い

プライオリティパスが使えるのは会員本人だけで、家族や同伴者は基本的に別料金で35ドルを支払う必要があります。

カードによっては同伴者無料特典が付帯されているものもあることから、旅行や出張の際に複数人で行動するときに便利です。

家族とともに空港ラウンジを利用する際にも基本的に別料金がかかるため、家族カードにプライオリティパスが付帯できるクレジットカードがおすすめです。

例えば

家族カードにプライオリティパスが付けられるカードとして、アメックスゴールドやラグジュアリーカードなどがあります。

ただし、グレードの高いカードは年会費が高いことは多く、発行するに値するかを見極めることが重要です。

ラウンジで快適に過ごす方法をサクッと解説

プライオリティパスは国内外にある1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる特典で、主に次のようなサービスが提供されています。

プライオリティパスで受けられるサービス
  • 専用ラウンジ
  • 軽食
  • ソフトドリンク・アルコール飲料
  • 無線LAN・充電器
  • デスク・ソファー
  • シャワー・ベッド付き休憩室

旅行や出張に出発前の準備やリラックスタイムとして専用ラウンジが利用でき、軽食・ソフトドリンク・アルコール飲料などが楽しめます。

ビジネス用エリアには個室や半個室に加えてWi-Fiが完備されていて、出張前の打ち合わせやプレゼンの最終チェックなどに利用可能です。

ラウンジによっては仮眠室やシャワー室が提供されているときもあり、快適なくつろぎ空間が用意されています。

プライオリティパス付きのクレジットカードに関してよくある質問

プライオリティパス付きのクレジットカードに関するよくある質問についてまとめました。

あらかじめ不明点をチェックして、プライオリティパスを上手に活用しましょう。

プライオリティパスを最安で発行する方法は?

プライオリティパスを最安値で発行する方法は、楽天プレミアムカードに申し込むことです。

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円で最安値であるうえに、プライオリティパスを無料で発行できます。

プライオリティパスを発行するには楽天プレミアムカードが到着後に、会員オンライン専用サービス「楽天e-NAVI」から申し込むと2週間程度で受け取れます。

日頃から楽天グループのサービスを利用している方にも、おすすめのカードです。

プライオリティパスを所有していれば同伴者も無料になる?

プライオリティパスを所有していたとしても、同伴者は無料にならないときがあります。

同伴者が1名まで無料になるクレジットカードの例は次の通りです。

同伴者が1名まで無料になるクレジットカード
  • エポスプラチナカード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

同伴者に対して割引料金を適用させたいときは、JCBプラチナや三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードもおすすめです。

プライオリティパスはいくらかかる?

プライオリティパスの会員ランクごとによる年会費の違いは次の通りです。

スクロールできます
会員ランクスタンダードスタンダード・プラスプレステージ
年会費99ドル329ドル469ドル
利用料金35ドル年10回まで無料
※11回目以降は1回の利用につき35ドル
無料
同伴者の利用料金35ドル

プライオリティパスが付帯されているクレジットカードはプレステージに設定されているときが多く、カードの年会費を支払えば空港ラウンジを利用できます。

プライオリティパスのカード発行はどれくらいかかる?

プライオリティパスを発行するには、1〜2週間程度かかることを見越しておく必要があります。

クレジットカードと同時に申し込めるわけではなく、カードが到着してから別途で手続きが必要です。

年末年始やゴールデンウイークなどの繁忙期にはさらに時間がかかる場合があり、プライオリティパスの到着が約1ヵ月後になる可能性もあります。

旅行や出張で空港ラウンジを利用する予定があるときは、最低でも1ヵ月前に申し込みを完了させておきましょう。

プライオリティパスと空港ラウンジの違いはある?

空港ラウンジには、「プライオリティパス」「航空会社ラウンジ」「カードラウンジ」の3種類が提供されています。

最も容易に利用できるのはカードラウンジで、ゴールドカードなどの対象カードと当日の搭乗券を受付で提示するだけで利用可能です。

カードラウンジは所有しているカードで利用できることから、ソフトドリンクやWi-Fiを無料で利用できる簡易的なサービスを提供しています。

プライオリティパスはドリンクやWi-Fiサービスに加えて、軽食やシャワーなどが利用できてグレードの高いサービスを受けられます。

最適なクレジットカードを見つけてプライオリティパスを使いこなそう

プライオリティパスの最上位ランクであるプレステージに入会しようとすると、年会費が469ドルと日本円で約67,000円です。

一方で、プライオリティパスが付帯されるクレジットカードに申し込みを行うと、最安値で11,000円と50,000円以上もの差があります。

会員ランクはスタンダード、スタンダード・プラス、プレステージの3種類に分類され、クレジットカードを発行したときはプレステージになるときがほとんどです。

海外の空港ラウンジを利用するときだけではなく、日本国内主要空港ラウンジもお得に利用できます。

プライオリティパスが付帯されるクレジットカードを選ぶときは、年会費や特典・優待サービスが充実しているかをチェックすることも重要です。

同伴者が無料になるカードや家族カードにもプライオリティパスが付帯できるカードなどもあるため、最適なクレジットカードを見つけましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次