過去に高騰した仮想通貨を紹介!値上がるタイミングや期待の銘柄を解説!

仮想通貨はビットコインだけでなく、たくさんのマイナーコイン(草コイン)があります。

草コインの中には、元々の値段から1000倍以上にまで高騰している銘柄もあるため多くの人に注目されています。

しかし、仮想通貨をやったことのない人は、草コインの購入や取引所の口座開設にもハードルが高いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、国内の仮想通貨取引所の紹介や口座開設の方法、今後高騰が予想される草コインの紹介や購入時の注意点まで詳しく解説しています。

今後、仮想通貨取引を実践して稼いでみたいと考えている方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

1000倍に高騰が予想される仮想通貨-概要
  • 過去に1000倍以上に高騰した仮想通貨
  • 仮想通貨が1000倍以上に高騰する特徴やタイミング
  • 今後1000倍以上に高騰が期待される草コイン銘柄
  • 知名度が低い草コインを取引するときの注意点
  • 仮想通貨の始め方と口座開設方法
  • 将来性が見込めるおすすめの国内取引所

最低500円から仮想通貨を購入でき、初心者でも簡単に使えるアプリを提供しているCoincheck(コインチェック)がおすすめ

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄

仮想通貨は銘柄によって過去に1000倍以上の高騰を見せたものもあります

ここではビットコインをはじめ、価格が高騰した5つの銘柄を紹介します。

過去に1000倍以上の高騰を見せた仮想通貨銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ドージコイン(DOGE)
  • 柴犬コイン(SHIBA)

ビットコイン(BTC)

最低値3円
最高値770万円

ビットコインは2009年にサトシ・ナカモトという人物が開発した最初の仮想通貨です。

ビットコインの価格は開発当初3円ほどだったのですが、2021年11月には770万円ほどまで高騰した実績があります。

高騰の要因は、イーロン・マスク氏がTwitterでビットコイン投資家であると発言し、ビットコインを保有している多くの企業が買い増した影響です。

著名人や企業が仮想通貨市場にポジティブなニュースをもたらしたことにより、多くの人がビットコインの価格高騰に期待を寄せました。

イーサリアム(ETH)

最低値20円
最高値50万円

イーサリアムは時価総額ランキングで2位の仮想通貨です。公表された時はわずか20円程度でしたが、2021年11月には50万円以上になりました。

イーサリアムは2015年にマイクロソフト社と提携したことをきっかけに認知されるようになり、アップデートを繰り返しながら2倍近くにまで価格を伸ばした実績があります。

ハッキングされた過去があるものの、開発者の対応によってマイナスイメージが払拭され、2023年現在もビットコインに次いで高い人気を持ち続けています。

リップル(XRP)

最低値0.3円
最高値380円

リップルは公表されたときはわずか0.3円ほどでしたが、2018年1月には380円まで高騰した実績を持つ仮想通貨です。

リップルはブリッジ通貨としても機能しているのが特徴です。

ブリッジ通貨とは、日本円→XRP→米ドルといった異なる通貨同士の橋渡しができる通貨をいいます

XRPは国際送金時の手数料を安くできるだけでなく、秒単位で送金が完了できる仮想通貨として実用化が進んでいます。

ドージコイン(DOGE)

最低値0.03円
最高値79円

ドージコインは約0.03円からスタートし、2021年には74円台を記録した仮想通貨です。

ドージコインはミームコイン(ジョークコイン)として知られており、長期投資しても価格の高騰は見込めないと開発者が宣言しています。

しかし、イーロンマスク氏がTwitterでドージコインを支持する内容を投稿したことや、決済システムを導入しているため支持者が集まり高騰しています。

また、ドージコインは送金スピードがビットコインの10倍速いということも注目されている要因です。

柴犬コイン(SHIBA)

最低値0.0000001円
最高値0.008円

柴犬コインは開発当初、わずか0.0000001円でほとんど価値がありませんでした。

しかし、2021年にイーロン・マスク氏が柴犬コインに対するツイートをしたことをきっかけに0.008円台まで値上がりを見せた実績があります。

柴犬コインは、ドージコインと同様にイーロンマスク氏のツイートによって海外の仮想通貨取引所のバイナンスに上場し注目されています。

しかし、発行枚数に上限がなく希少価値がないことや、新しいコインのため価格が安定しないなどのデメリットもありますので注意しましょう。

1000倍以上に高騰する可能性がある仮想通貨の特徴やタイミング

仮想通貨が高騰する原因は著名人の発言や、大手企業が仮想通貨を導入することといえます。

ここでは、他にも仮想通貨が1000倍以上に高騰する特徴やタイミングを具体的に解説します。

仮想通貨が1000倍になると予想される特徴・タイミング
  • コイン自体の目的や使い方が明確
  • 大手企業による採用・導入
  • 多数の仮想通貨取引所に上場
  • ゲームやメタバースなどとの高い関連性
  • 有名人・財界人によるツイートや発言

コイン自体の目的や使い方が明確

仮想通貨は銘柄ごとに開発された目的があります。投資する人は注目されている銘柄だけでなく、ホワイトペーパーを読むなど情報を集めて期待や共感の持てる銘柄に投資します。

例えば、柴犬コインは「Rescue」という柴犬を保護するプロジェクトを実施しており、売り上げの一部を寄付できるようになっています。

仮想通貨はコインが開発された目的や使い方を調べて共感できる銘柄を投資しましょう。

広く知られるようになると投資者が増えるため値段も上がりやすくなります。

大手企業による採用・導入

仮想通貨は世界的に有名な企業や、大手銀行が仮想通貨を採用・導入すると信頼性が増し、高騰のきっかけになります。

例えば、ビックカメラや一部の旅行代理店は商品を購入するときにビットコインの支払いが可能です。ビットコインが決済手段として利用され続けていけば、導入する企業も増えていくため高騰しやすくなるでしょう。

他にも、ビットコインはエルサルバドルで初めて法定通貨として利用されるようになっています

こうしたニュースが流れると信頼性も向上し高騰のきっかけになります。

多数の仮想通貨取引所に上場

草コインは仮想通貨取引所に上場するタイミングで大きく高騰するケースがあります。

例えば、ブロックチェーンゲームで獲得した独自銘柄を保有していた場合、上場するニュースが出ると1000倍近く高騰する可能性もあります。

コインの開発者によっては取引所に上場させることを目的にしているため、ゲーム内でイベントを開催したり、コンセプトを説明したりとさまざまな取り組みをしています。

期待できるコインは投資家からも注目されやすく、上場や高騰のきっかけに繋がります。

ゲームやメタバースなどとの高い関連性

仮想通貨はゲームやメタバースなどの分野でも実用化されているため価格高騰のきっかけになっています。

特に、メタバースやゲームは注目されており、プレイヤーが集まるところでは開発当初と比べて1000倍近くまで高騰しています。

例えば、アクシーインフィニティーで使われているAXSは、ゲームするだけで生活費を稼げることから多くのプレイヤーが存在し、2000倍まで高騰しました。

仮想通貨はゲームやメタバースにも使われているため、人気になると高騰しやすくなります。

有名人・財界人によるツイートや発言

仮想通貨が高騰するきっかけに、有名人や財界人の発言が影響する可能性があります。

例えば草コインである柴犬コインは、イーロンマスク氏が飼っている柴犬の写真をTwitterで投稿し、今後注目されるのではないかと予想されました。

仮想通貨は有名人がコインに対する発言やツイートをすると、市場からポジティブな反応を得られ高騰に繋がりますのでチェックすると売買のタイミングもわかるでしょう。

​​これから高騰が期待されている仮想通貨(草コイン)銘柄

草コインは著名人の発言などによって一気に高騰するケースがあるので、購入すると大きな利益を得られる可能性があります。

ここでは今後、高騰を期待できる草コインをいくつかみていきましょう。なお、紹介する草コインは国内取引所で扱われている銘柄に絞っています。

1000倍以上の高騰が期待されている草コイン
  • ステラルーメン(XML)
  • ポルカドット(DOT)
  • シンボル(XYM)
  • サンドボックス(SAND)
  • アクシーインフィニティー(AXS)

ステラルーメン(XML)

最低値3円
最高値129円

ステラルーメンは新興国を中心に送金や決済手段として使われている仮想通貨で、2018年に3円から100円以上まで値上がりした実績があります。

価格が高騰した原因はビットコインと連動しており、当時の「ビットコインバブル」と共に上昇したからです。

ステラルーメンの特徴は、ビットコインやイーサリアムと違い、ステラ財団という中央集権が置かれていることです。

中央集権が置かれていると、意思決定がスピーディーになりスムーズな送金や手数料を安くできるメリットがあります。

ポルカドット(DOT)

最低値300円
最高値7900円

ポルカドットは、イーサリアムの開発者が携わっていることもあり、将来値上がりを期待されている銘柄です。

開発された理由は、異なる仮想通貨同士を繋げていき取引しやすくするためです。

例えば、ビットコインとポルカドットのネットワークを繋げて運用すれば、不正アクセスを防止できセキュリティを高められます。

他にもポルカドットはアップグレードを素早くできるため、不具合があった場合にすぐ機能改善できる特徴があります。

シンボル(XYM)

最低値3円
最高値140円

​シンボルはネム(XEM)がアップデートしたことで生まれた仮想通貨です。

シンボルは与沢翼氏が過去に大量保有したことを公開し、高騰した実績があります。

特徴としては、セキュリティが高いことや処理速度が速いため、企業や官公庁に特化して使われていることです。

例えば、シンボルを使って仮想通貨を取引するときは、署名を複数回実施する「マルチシグ」を標準搭載しているため、不正アクセスや盗難防止に役立ちます。

サンドボックス(SAND)

最低値5円
最高値1200円

サンドは、ブロックチェーンゲームの「The Sandbox」というメタバースを舞台にして使用されている仮想通貨のことです。

開発当初は5円ほどの価値しかありませんでしたが、2021年には1,200円ほどにまで値上がりを見せた実績があります。

価格高騰の原因としては当時、Facebookが社名をmeta(メタ)に変更したことをきっかけにメタバース市場に期待が寄せられたからです。

サンドはソフトバンクなど大手企業も投資しているため、今注目されている銘柄です。

アクシーインフィニティー(AXS)

最低値10円
最高値20,000円

AXSはブロックチェーンゲームのアクシーインフィニティ内で使える仮想通貨で、ゲームを楽しみながらお金を稼げると話題になっています。

東南アジアではアクシーインフィニティで生活費を稼ぐプレイヤーもいるほどです。

AXSは10円台からスタートして2021年11月には2万円近くまで高騰しました。

高騰のきっかけは当時NFTが人気になっており、キャラクターやアイテムがNFT化されていたからです。

他にもAXSを利用すると手数料を安くできたり、取引をスピーディにできたりしたので、銀行よりも使い勝手が良く注目されました。

知名度が低い仮想通貨(草コイン)を取引する際の注意

知名度の低い草コインは有名人の発言やツイートによって一気に高騰する可能性があります。

しかし、草コインを取引するときは海外取引所を使う場合が多いなど、いくつか注意点があるので詳しく解説します。

知名度が低い草コイン取引の注意点
  • 価格が1円以下まで暴落する可能性がある
  • 値上がりが見込めないものも多数存在する
  • 海外取引所での売買は危険性が高い

価格が1円以下まで暴落する可能性がある

草コインは価格変動が大きいのが特徴であり、購入時よりも価値が下がり暴落の危険があります。

暴落になる原因としては、草コインに投資する人が少なく、1人が売買すると価格全体に大きな影響を与えるからです。

草コインを購入する人は価格の高騰を期待して大量購入し、利益を出そうと考えています。

しかし、草コインは高騰も期待できますが暴落するリスクもあるので注意しましょう。

草コインは暴落の危険があれば保有し続けるのではなく、タイミングを見計らって損切りを検討するとリスク回避できます。

値上がりが見込めない可能性がある

草コインの中には元から値上がりが見込めないコインや、途中で開発が止まってしまうコインも存在するため投資するにはリスクがあります。

また、そもそも集金だけを目的とした詐欺的なコインもあるので、大量購入前にはホワイトペーパーの内容が充実しているか、開発フローが整っているかしっかりと情報を精査しましょう。

また、草コインはミームコインのようなネタとして使われるコインもあるので、値上がりが見込めないものも存在します。

草コインに投資するときは高騰を期待せず、余剰資金を使って楽しむ程度で取引するのが望ましいといえます。

海外取引所での売買は危険性が高い

仮想通貨はマイナーなコインを追い求めていくと、国内ではなく海外の取引所でしか扱っていないものが多くあります。

コインを開発しているコンセプトに共感したり、好きなゲームなどのコインであれば投資しても良いでしょう。

ただし、海外の取引所は日本の金融庁に許可されていない仮想通貨取引サービスであるため、トラブルになった場合に返金を求めたり、個人情報が流出したりしても対応が難しくなっています。

もし、海外取引所を開設する場合は日本語でやりとりできるサイトを使い利用規約を理解しましょう。

他にも海外取引所は、日本円に換金するときのやりとりが複雑になりやすく誤送金に繋がり、資産を失うリスクもありますので気をつけてください。

参考:暗号資産に関するトラブルにご注意ください!|金融庁・消費者庁・警察庁

仮想通貨の始め方・口座開設方法

ここでは仮想通貨を始めるために必要な、取引所の口座開設方法について説明します。

仮想通貨の始め方と口座開設
  • 公式サイトから口座開設の手続きを行う
  • 日本円を入金する
  • 気になる銘柄の数量を選んで購入する

仮想通貨を始めるときは、購入したい銘柄を取り扱っている取引所を選びましょう。

1.公式サイトから口座開設の手続きを行う

ここでは、国内の仮想通貨取引所であるDMMビットコインを例にして、口座開設の方法を説明いたします。

まず、DMMビットコインの公式サイトにアクセスしてメールアドレスを入力し、パスワードの設定と、各種重要事項を確認します。入力欄が赤くなっているところは入力必須なので必ず入力しましょう。

パスワードを設定したら本人確認書類を提出しますので、マイナンバーカードや運転免許証など顔写真があるものを選びましょう。

提出書類を決めたら、スマホで写真撮影して送信すれば、当日中に開設できるのでおすすめです。

最後に携帯番号認証を行うのでコードを発行し、6桁の認証コードを入力して送信し審査結果を待ちましょう。

審査に通過すれば口座開設完了です。

なお、注意点としてネット上には公式サイトを模した詐欺サイトも存在しており、DMが届く場合もあります。

身に覚えのないDMはウィルス感染の危険もあるため絶対に開かないようにしましょう。

2.日本円を入金する

審査が通って無事に口座開設できたら、次に日本円を入金しましょう。

日本円の入金方法は銀行振込やクイック入金、コンビニ入金などに対応しています。

クイック入金は、土日祝日含めて24時間即時入金可能なだけでなく、振込手数料無料で利用できるのでおすすめの入金方法です。

最低入金金額は取引所によって異なりますが、DMMビットコインは5,000円からになっています。

入金金額を決めたら、銀行名を検索して金融機関にログインし、取引所と連携すれば入金できるようになります。

3.気になる銘柄の数量を選んで購入する

入金まで完了したら、気になる銘柄を購入して取引を始めましょう。

最初に、口座に入金できたらトレード専用口座に資金を移動していきます。

仮想通貨を購入するときは注文タイプを「ストリーミング」「指値」「逆指値」「OCO」のいずれかにし、予算にあわせて取引したい数量を決めていきましょう。

すべて入力できたら、「Bid/売」「Ask/買」を選択します。

仮想通貨を購入する場合は「Ask/買」を選択すれば購入できます。

仮想通貨を購入する際おすすめの国内取引所

先述したように仮想通貨を購入するときは取引所の口座が必要です。

ここでは将来性が見込まれる仮想通貨を取り扱っている取引所を3つ紹介いたします。

仮想通貨おすすめの国内取引所
  • Coincheck(コインチェック)
  • DMMビットコイン
  • GMOコイン


Coincheck(コインチェック)

名称コインチェック株式会社
取り扱い通貨23種類
形式販売所・取引所
最小取引数量現物取引(販売所):500円
現物取引(取引所):0.005BTCかつ500円
スマホアプリ
最大レバレッジなし
公式HPhttps://coincheck.com/ja/

コインチェックは、マネックスグループに所属するコインチェック株式会社が運営している国内の仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨は2023年6月現在で23種類と豊富なので、過去に1000倍まで高騰した実績のある仮想通貨も取引できます。

コインチェックは最低500円から仮想通貨を購入できるので、初心者の方でも購入しやすいでしょう。

なお、コインチェックの口座開設は無料なので余計なコストがかからず、少額で始めたい方にもおすすめです。

DMMビットコイン
 

名称株式会社DMM Bitcoin
取り扱い通貨27種類
形式販売所
最小取引数量現物取引(BitMatch注文除く):0.0001BTC
現物取引(BitMatch注文):0.010BTC
レバレッジ(BitMatch注文を除く):0.010BTC
レバレッジ(BitMatch注文):0.10BTC
スマホアプリ
最大レバレッジ2倍
公式HPhttps://bitcoin.dmm.com/

DMMビットコインは株式会社DMM Bitcoinが運営する国内の仮想通貨取引所です。

特徴としては入出金や現物取引手数料が無料ということです。

仮想通貨の取引は手数料が負担となりやすいので無料で利用できるのは大きなメリットといえるでしょう。

他にもDMMビットコインはサポート体制が整っており、365日お問い合わせフォームかLINEで不明点を確認できる体制になっていますので仮想通貨取引が初めての方でも安心して利用できます。

しかし、DMMビットコインは最低入金金額が5,000円からと割高なのがデメリットです。

GMOコイン

名称GMOコイン株式会社
取り扱い通貨24種類
形式販売所・取引所
最小取引数量現物取引(販売所):0.00001BTC
現物取引(取引所):0.0001BTC
レバレッジ取引(販売所):0.01BTC
レバレッジ取引(取引所):0.01BTC
スマホアプリ
最大レバレッジ2倍
公式HPhttps://coin.z.com/jp/

GMOコインは、GMOインターネットグループが親会社の仮想通貨取引所です。

GMOの傘下ということもあり、セキュリティに力を入れているのが特徴です。

具体的にはコールドウォレットと呼ばれるインターネットから隔離した環境を構築しているので、もしハッキングされても資産を失うことはありません。

一方でデメリットは、出金可能金額が最低1万円からとやや高めなので少額で取引にしたい方は不向です。

1000倍の高騰が期待される仮想通貨に関してよくある質問

ここでは将来高騰が期待される仮想通貨に関しての質問をみていきましょう。

仮想通貨は高騰して利益を得たら税金を支払う義務があるなど、知らないと損失に繋がる場合もありますので参考にしてください。

1000倍の高騰が期待される仮想通貨の質問
  • 仮想通貨の草コインの見つけ方は?
  • 仮想通貨の税金はどうやってばれる?
  • ビットコインを昔買っていたらどれぐらい儲けられた?

仮想通貨の草コインの見つけ方は?

草コインは仮想通貨取引所で取引されているので、口座を作った取引所内を検索しましょう。

他にも経済ニュースで取り上げられている新興コインをチェックしたり、Twitterを見たりしても新しい草コインを見つけられます。特に、SNSで草コインについて紹介している人はフォローし、メルマガやブログがあれば登録し、最新情報を得ていきましょう。

仮想通貨の税金はどうやってバレる?

仮想通貨取引所は、各トレーダーに対して支払った報酬を税務署に届け出ているため、トレーダー側が隠そうとしても必ずバレてしまいます。

仮想通貨で20万円以上稼いだなら必ず確定申告しましょう。

無申告のままでいると最悪の場合、重加算税など重い税金を課せられることになります。

もし、海外取引所を使ったとしても、利益を引き出したときの記録は銀行に残りますので申告は逃れられません。

注意点としては仮想通貨同士を交換して利益が出た場合でも申告の対象になります。

例えば、XRPからBTCに交換し、20万円以上の利益が出て保有していれば確定申告の対象です。

昔のビットコインはどれくらい儲けられた?

ビットコイン価格が数万円台のころに購入していたトレーダーは、現在数百万円〜数千万円単位の利益を出しているでしょう。

ビットコインは2021年11月には777万円になっていましたので、数万円代のときに購入していれば大きく稼げていました。

また、中には1億円以上を稼いだ人も存在し億り人になった人もいます。

仮想通貨は、著名人の発言や企業が導入すると高騰するためSNSなどで最新のニュースを確認しておきましょう。

将来1000倍の高騰が期待できる仮想通貨銘柄があれば購入するのがおすすめ!

仮想通貨は過去に何度も高騰した実績のある銘柄が存在します。

現在ではゲームやメタバースで使われている独自のコインが、将来上場する可能性がありますので注目しておきましょう。

例えば歩くだけで稼げるゲームをプレイしたり、メタバース上の土地を購入して建築物を建てたりして売却すれば上場したときに大きな利益を獲得できます。

高騰を期待できるコインを見つける方法としては、SNSでインフルエンサーのフォローだけでなく、メルマガ登録やイベントに出席しましょう。

コミュニティーに参加すると将来、高騰が期待できる草コインの情報を得やすくなります。

草コインは知名度の低いときに購入しておけば、1000倍以上に高騰する可能性もあるので、アンテナを張って行動してみるのが大切です。

また、どの取引所にするか迷った場合は、最低500円から仮想通貨を購入でき、初心者でも簡単に使えるアプリを提供しているCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次