ビットコインETFの日本承認はいつ?承認されたらビットコインにどのように影響するのかも解説

現在、ビットコインETFが承認されると証券会社から気軽に取引ができるようになるため、いつ承認されるのか注目が高まっています。

しかし、「ビットコインETFって何?」や「実際にいつ承認されるの?」と疑問に思う方もおられるでしょう。

そこで、この記事ではビットコインETFの特徴や承認時期などについて専門家の意見を参考にして徹底解説していきます!

この記事でわかること

ビットコインETFが承認されるとビットコイン自体の価格が大きく上昇する可能性が高いです。

そのため、ビットコインETF承認前の今、ビットコインを保有しておくことがおすすめです!

Coincheckは、国内のアプリダウンロード数が415万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所で人気があります。

ビットコインの取引を500円と少額から始められるためおすすめです!

Coincheckの公式サイトはこちら

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

ビットコインETFとは?

ビットコインETFとは、ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託のことを言います。(参考:bitFlyer

また、ETF とは「Exchange Traded Funds」の略で証券取引所に上場している投資信託を指します。

ビットコインETFはビットコインと連動するように設計されており、株式と同じように証券会社を通して売買が可能です。

ビットコインETFには大きく分けると以下の2種類に分けられます。

ビットコインETFの種類
  • ビットコイン先物ETF
  • ビットコイン現物ETF

「先物型」はビットコインの先物価格に連動し、将来のビットコインの価格を約束して取引する方法です。

そして、「現物型」はビットコインそのもの(現物)に投資するETFで、ビットコインの価格に連動した値動きをします。

ビットコイン先物ETFは2016年に米国で承認され上場していますが、ビットコイン現物ETFは何度も承認を却下されてきました。

ビットコイン先物ETFが先に承認された理由としては、商品先物取引委員会(CFTC)の管理下にあるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で上場しているため、価格操作の対策が十分にされており安全だと判断されたためと考えられています。(参考:DMMBitcoin

しかし、ビットコイン現物ETFも米国で近々承認されるのではないかと市場では期待が高まっています。

ビットコインETFは日本国内で買えるのか?

結論から言うと、ビットコインETFは2023年11月現在ではまだ国内で購入できません。

ビットコインETFはまだ日本の金融庁に登録されていないためです。

しかし、ビットコイン現物ETFが承認される期待の高まりからビットコインは今後上昇する可能性が高いです。

2024年の半減期を迎えるにあたってもビットコインを保有していても損ではないでしょう。

これからビットコインの取引をするなら、Coincheckでの口座開設がおすすめです!

ビットコインの他にも種類の仮想通貨を取り扱っており、1つ口座を持っていると話題のNFTマーケットプレイスなどのサービスも利用できますよ。

Coincheckの公式サイトはこちら

ビットコインETFのメリット5つ

ここでは、ビットコインETFのメリットを5つご紹介します。

ハッキングなどのリスクが軽減する

まず、ビットコインETFのメリットとしてはハッキングなどのリスクが軽減することです。

ビットコインETFが承認されると信託銀行に信託されて厳しいセキュリティ体制で管理されることになります。

そのため、ビットコインの取引に比べて詐欺やハッキングに遭うリスクを抑えられると期待されています。

また、ビットコインの取引にはビットコインを管理するウォレットが必要ですが、ビットコインETFでは作成する必要がないため盗難のリスクも減るため安心ですね。


ビットコイン現物投資より税金負担が抑えられる

続いて、ビットコイン現物投資より税金負担が抑えられることもビットコインETFのメリットです。

ビットコインの利益は所得税法上、雑所得に区分され総合課税となるため、給料などと合算され総所得金額が大きいほど税率が上がる超過累進税率が適用されます。

しかし、ビットコインETFは申告分離課税で一律20.315%(所得税15.315%、住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)の税負担で済みます。

多く稼ぐ人にとってはいくら利益が出ても税率20.315%を超えないため大きなメリットですね。

ビットコインの市場拡大につながり価格の上昇を期待できる

また、ビットコインの市場拡大につながり価格の上昇を期待できることもビットコインETFのメリットとして挙げられます。

ビットコインETFが承認されると、証券会社で売買できるようになるため機関投資家が取引に参入する大きなきっかけになります。

また、ビットコインETFではウォレットを設定する手間もかからないため一般的な投資家にとっても挑戦するハードルが低いと言えるでしょう。

参入者が増えるとビットコイン市場が盛り上がり、価格の高騰につながると考えられます。

信用取引が可能になる

最後に、信用取引が可能になることもビットコインETFのメリットでしょう。

信用取引とは、証券会社に一定以上の担保を預け、証券会社から売買に必要な現金や株式を借りて行う取引のことを言います。(参考:松井証券

信用取引ではビットコインの取引ではできなかった「売りからの注文」も可能になるため、利益を狙うチャンスを増えるメリットがあります。

ビットコインETFのデメリット

続いて、ビットコインETFのデメリットを3つご紹介します。

取引時間が限られている

ビットコインETFのデメリットの1つ目として、取引時間が限られていることが挙げられます。

ビットコインの取引は24時間可能なのに対して、ビットコインETFは平日の9:00~11:30と12:30~15:00しか取引ができません。(東京証券取引所の場合)

そのため、いつでも好きなタイミングで取引できないため不便に感じる方もおられるでしょう。

購入手数料や信託報酬が発生する

ビットコインETFのデメリットの2つ目は、購入手数料や信託報酬が発生することです。

ビットコインETFでは投資信託投資家は販売会社に購入時手数料を払う必要があり、その割合は販売会社によって異なります。

また運用期間中はビットコインETFを管理・運用してもらうための経費として信託報酬が毎日差し引かれます。 (一般的には年0.5~2%)

元本保証はない

ビットコインETFのデメリットの3つ目として、元本保証はないことが挙げられます。

値動きが予想外の動きをした際には、元々の資金を下回るほどの損失を受けるリスクもあります。

これを理解した上でビットコインETFの取引を始める必要があるでしょう。

ビットコインETFの申請と却下の歴史

ビットコインETFはこれまで申請してもなかなか承認されてこなかった厳しい歴史があります。

ここでは、ビットコインETFの申請と却下の歴史について詳しく説明します。

2017年3月:ウィンクルボス兄弟が行ったビットコインETF申請が却下

まず、2017年3月に米国の起業家ウィンクルボス兄弟が仮想通貨取引所GeminiのビットコインETF申請を行いました。

しかし、7月にSEC(米国証券取引委員会)により却下されました。

理由として仮想通貨の市場はまだ未成熟で価格操作を受ける可能性があることや、仮想通貨市場は新興市場であり投資家保護の観点がまだ十分ではないと述べられています。

却下されたことが報道されるとビットコイン価格は大きく下落を見せました。

2018年3月:CBOE(シカゴ・オプション取引所)による申請が却下

2018年3月には、CBOE(シカゴ・オプション取引所)など複数のファンドがビットコインETFの申請を行いました。

しかし、2018年8月にはSECにより9つのビットコインETFの承認申請が拒否されました。

この件でビットコインETFは投資家保護の点で高いハードルがあることを市場に印象付けています。

2019年10月:Bitwise(ビットワイズ)による申請が却下

2019年1月には米国で複数の仮想通貨投資信託を提供する大手企業「Bitwise(ビットワイズ)」がビットコインETFを申請しましたが、10月にはSECより申請が却下されました。

同年には他の2社も申請を延期され、SECの慎重な姿勢により結局申請を取り下げる結果となりました。

これによりビットコインETF承認に対して市場はネガティブな反応を見せています。

2021年2月:カナダで初めてビットコインETFが承認

2021年2月11日にカナダの資産運用会社「Purpose Investments(パーパス・インベストメンツ)」がビットコインETFを申請し始めて許可が下り、トロント証券取引所に上場しました。

これはビットコインETFの世界初の承認であり、その後カナダでは他2種類のビットコインETFも承認されました。

そして、同じく2021年2月にバミューダにて承認、続いて2021年6月にブラジルとドバイで承認され取引が開始されています。

2021年10月:アメリカでビットコイン先物ETFが承認

ついに2021年10月15日、アメリカではビットコイン先物ETF(ProShares Bitcoin Strategy ETF)の取り扱いがSECに初めて承認されました。

このニュースが報道されるとビットコイン価格は700万円を突破し過去最高値を記録しました。

その後も2つのビットコイン先物ETFが相次いで上場しています。

しかし、2021年11月以降も引き続き申請されている現物のビットコインETFはビットコインの価格操作や詐欺から投資家を守る仕組みが不十分と見なされ却下されています。

ビットコインETFの将来性・今後の見通しとは?

ここでは、ビットコインETFの将来性・今後の見通しについて専門家の意見を参考にして解説しています。

協議は最終段階で年明けにはビットコイン現物ETFの承認が期待

現在、アーク・インベストメンツ(ARK Invest)やブラックロック(BlackRock)などの米国の資産運用13社がビットコイン現物ETFの承認申請中です。

SECは慎重な姿勢を見せていましたが、申請会社との協議がようやく最終段階に差しかかっていると考えられています。

専門家のなかには年明け早々に承認されるのではないかという観測も出ています。(参考:REUTERS

ビットコイン現物ETFの上場承認されたら価格が大きく上昇

ビットコイン現物ETFの上場承認された場合には、ビットコインの価格が大きく上昇することが期待できます。

専門家によるとビットコイン現物ETFの上場承認による需要は最初の数日間で30億ドルに上ると予想されているほどです。(参考:REUTERS

承認の期待が高まり、ビットコインの価格は2023年12月6日に20ヶ月ぶりの高値をつけました。

このタイミングでビットコインを保有しておくとビットコインETF承認による恩恵を受けられるでしょう。

ビットコインへの信頼性も高まることが期待

ビットコイン現物ETFの上場承認された場合には、規制の厳しい株式市場を通じて購入できるようになるためビットコイン自体の信頼性も高まることが期待されます。

信頼性が高まれば仮想通貨市場全体の需要が拡大し、さらなる価格の上昇につながるでしょう。

ビットコイン取引におすすめな仮想通貨取引所

ここでは、ビットコインの取引におすすめな仮想通貨取引所を3つご紹介します。

それぞれの特徴やサービス、お得なキャンペーンについても詳しくご紹介するので、ぜひ仮想通貨取引所選びの参考にしてください。

ビットコイン取引におすすめな仮想通貨取引所

まず、こちらがおすすめ仮想通貨取引所3つの比較表です。

取引所名CoincheckDMMbitcoinGMOコイン
取引所手数料無料取り扱いなしMaker:-0.01%、Taker:0.05%
販売所手数料無料(スプレッドあり) 無料(スプレッドあり)無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引なしあり(25銘柄)あり(15銘柄)
取扱通貨数販売所形式:16銘柄
取引所形式:5銘柄
販売所形式:19銘柄
取引所形式:取り扱いなし
販売所形式:14銘柄
取引所形式:5銘柄
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
無料無料
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
無料無料
公式サイトhttps://coincheck.com/https://bitcoin.dmm.com/https://coin.z.com/jp/

ビットコインを少額の500円から購入】Coincheck(コインチェック)

現物取引(銘柄数)販売所形式:16銘柄
取引所形式:5銘柄
レバレッジ取引なし
最小発注数量販売所形式:500円以上 
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり) 
取引所形式:無料
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスCoincheckつみたて 
貸暗号資産サービス
IEO(Initial Exchange Offering)
CoincheckNFT(β版) 
Coincheckでんき・ガス
公式サイトhttps://coincheck.com/
Coincheckのおすすめポイント
  • 国内アプリダウンロード数No.1の仮想通貨取引所
  • ビットコインの取引を少額の500円から始められる
  • 積み立てサービスやNFTマーケットプレイスなど豊富なサービスを展開

Coincheckは、アプリダウンロード数が540万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

ビットコインの取引を少額の500円から始められるため、仮想通貨取引が初めての方でもハードルが低く始めやすいでしょう。

Coincheckでは「Coincheckつみたて」という仮想通貨の自動積み立てサービス提供しているため、仕事が忙しい方や仮想通貨の知識が浅い方にもおすすめです。

また、Coincheckの口座を1つ持っておくと話題のNFTアートを簡単に売買できる「Coincheck NFT(β版)」にもチャレンジできますよ。

Coincheckのスマホアプリの評価は高く、シンプルな操作性で外出先でも気軽に取引が可能です。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で紹介した人は現金1,000円も紹介された人は1,500円がプレゼントされるのでお得に取引が始められますよ!

>>Coincheckの公式サイトはこちら

ビットコインのレバレッジ取引が可能】DMMBitcoin

現物取引(銘柄数)販売所形式:19銘柄
取引所形式:取り扱いなし
レバレッジ取引(銘柄数)○(25種類)
最小発注数量販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトhttps://bitcoin.dmm.com/
DMMビットコインのおすすめポイント
  • 少額から効率的に利益を増やせるレバレッジ取引を提供
  • BitMatch注文ではスプレッドがかからないためお得
  • 現在新規口座開設にて2,000円が即時プレゼントキャンペーン中

DMMbitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所でビットコインを含む国内最多の25種類の仮想通貨を取り扱っています。

他の仮想通貨取引所では取り扱いの少ない「レバレッジ取引(最大2倍)」が可能であり、少額でも効率的に利益を増やすことを期待できます。

また、DMMビットコインが提示するミッド(仲値)価格で取引が成立する注文方法「BitMatch注文」ではスプレッドがかからないため取引コストを抑えられる魅力があります。

パソコンブラウザだけでなくスマホアプリも提供しており、ワンタッチで注文が可能で初心者でも操作しやすいと好評です。

取引手数料や日本円の入金・出金手数料も無料であるためコストを抑えられることも人気の理由です。

DMMbitcoinでは、新規口座開設を完了すると2,000円が即時プレゼントされるお得なキャンペーンを実施中なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>DMMbitcoinの公式サイトはこちら

ビットコインの自動積み立てが可能】GMOコイン

現物取引(銘柄数)販売所形式:27銘柄
取引所形式:22銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)○(5種類)
最小発注数量現物取引(販売所形式):0.00005 BTC 
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
 取引手数料現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスつみたて暗号資産 
貸暗号資産 
IEO
暗号資産FX
ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
GMOコインのおすすめポイント
  • 2022年には暗号資産取引所ランキング総合No1に選出
  • 「つみたて暗号資産」では最低500円から自動積み立てが可能
  • GMOインターネットグループが運営しているため安心

GMOコインは、2022年にはオリコン顧客満足度調査の『暗号資産取引所ランキング総合No1』に選出された人気仮想通貨取引所です。

ビットコインを含め豊富な27種類の仮想通貨を取り扱っており、アルトコインの取引をしたい方にもおすすめです。

また「つみたて暗号資産」は最低500円と少額からビットコインの自動積み立てが可能なため人気があります。

値動きを見ながら買うタイミングを考える必要がないため、初心者の方や取引に時間を割けない方でも仮想通貨を始めやすいでしょう。

GMOインターネットグループが運営しているためセキュリティ対策が万全で初心者でも安心して利用できますよ。

GMOコインでは、「販売所」において仮想通貨を合計500円以上購入、または「つみたて暗号資産」において仮想通貨を1回以上購入した場合、毎日抽選で10名様に現金1,000円がプレゼントされますよ!

>>GMOコインの公式サイトはこちら

ビットコインの購入方法・始め方

続いて、ビットコインの買い方・始め方について手順に沿って解説していきます。

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

STEP1.仮想通貨取引所で口座を開設する

仮想通貨を始めるためには、まず仮想通貨取引所のアカウントを開設する必要があります。

今回は国内のアプリダウンロード数No.1のCoincheckを参考に解説していきます。

まず、Coincheckの公式サイトにアクセスをして、「会員登録」をタップしましょう。

そして、Coincheckのアプリをダウンロードしていきます。

ダウンロードが完了すると、アプリを開いて「会員登録」タブからメールアドレスを登録しアカウントを作成していきます。その後SMS認証を行ってください。

アカウント登録が完了した後、基本情報の入力と本人確認に移りましょう。

本人確認にはスマホで完結する「かんたん本人確認」と「郵送ハガキによる本人確認」の2種類があります。

「かんたん本人確認」であればインターネットで口座開設の手続きが完結するためハガキより早く取引が始められるためおすすめです。

ここでは「かんたん本人確認」について手順をご紹介していきます。

アプリを開き「本人確認をする」をタップし、各種重要事項を確認して「同意する」をタップ後SMS認証をしましょう。

続いて、氏名や職業など基本情報を入力しましょう。

そして、本人確認書類と顔の撮影を手順に沿って行っていきます。

本人確認が終わると手続きが完了します。

審査後、手続き完了の通知メールが届くと仮想通貨の取引が始められます。

STEP2.必要な資金を入金する

 Coincheckでの入金方法は以下の3つの方法があります。

Coincheckの入金方法

クイック入金
・銀行入金
・コンビニ入金

クイック入金(ペイジー決済)は、パソコン・携帯電話・ATMから入金ができるサービスで24時間365日決済が可能なためおすすめです。

STEP3.ビットコインの取引数量を決めて購入する

続いて、ビットコインの購入に移っていきます。

まず、取引する仮想通貨の選択で、「販売所」を選択しビットコインを選択し「購入」をタップしましょう。

そして購入金額を入力後「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップして完了です。

Coincheckでなら、スマホで最短1日でビットコインの取引を始められるためおすすめです。

500円と小額からビットコインの取引を楽しめるのでぜひこの機会に始めてみてください。

>>Coincheckの公式サイトはこちら

ビットコインETFに関してよくある質問

最後に、ビットコインETFに関してよくある質問についてまとめました。

ビットコインETFは楽天証券やSBI証券で買えますか?

残念ながら現在楽天証券やSBI証券を含む日本の証券会社ではビットコインETFを取り扱っていません。

しかし、将来的には国内でも購入できるようになるかもしれません。

ビットコインETFの承認はいつですか?

協議は最終段階に差し掛かっており、ビットコインETFの承認は早くて来年1月と予測する専門家も多いです。(参考:REUTERS

ビットコインは2024年にはいくらになりますか?

ビットコインの価格は来年には現在の最高値である63,140ドルまで近づくことが期待されており、年末には125,000ドル(約1835万円)に達すると予想してされています。(参考:Coinpost

ビットコインETFの上場承認後の価格上昇に向けてビットコインを保有しておこう!

ビットコインETFはSECとの長い歴史のなかで却下が続いていましたが、ついに来年には承認されるのではないかと期待が高まっています。

ビットコインETFが承認されると証券会社で気軽に取引しやすくなることから、多くの投資家が参入することが期待できます。

これによりビットコイン自体も大きく価格を伸ばすと予測されているため、今のうちにビットコインを保有しておくと大きな利益を得られるでしょう!

Coincheckは、国内のアプリダウンロード数が415万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所で人気があります。

ビットコインの取引を500円と少額から始められるためおすすめですよ!

>>Coincheckの公式サイトはこちら

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次