ビットコインはどこで買うべき?国内取引所をはじめとする買い方や買う場所の選び方を解説

「ビットコインはどこで買えばいい?」「買う場所の選び方は?」と悩んでいませんか?

ビットコイン投資に興味があっても、実際にどこで買うのが一番いいのかわからないという方もいるでしょう。

本記事では、ビットコインはどこで買うべきなのかを詳しく解説します。国内取引所をはじめとする買い方や買う場所の選び方もあわせて紹介するため、参考にしてください。

この記事でわかること
  • おすすめの取引所10選
  • 取引所以外で買う方法
  • 取引所選びのポイント
  • 取引所の手数料比較
  • 取引所選びに迷った時の注意点

取引所に迷ったら、「アプリの使いやすさ」「セキュリティの高さ」「取扱通貨数の多さ」が揃っているCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

【結論】ビットコインを買うなら国内の仮想通貨取引所の利用がおすすめ

結論として、ビットコインを買うなら国内の仮想通貨取引所の利用がおすすめです。

中には海外の取引所も存在しますが、ハッキングや破綻のリスクがあるため避けたほうがいいでしょう。

買う方法としては個人間取引や仮想通貨ATMなどもあるものの、取引方法の幅広さや安全性を考慮すると、国内取引所がもっとも安心して利用できるといえます。

ビットコインは国内取引所のどこで買うべき?おすすめの中から一覧で比較

ビットコインを買うのにおすすめな国内取引所10選を一覧にまとめました。

スクロールできます
名称CoincheckGMOコインDMM BitcoinbitbankBITPOINTBitTradebitFlyerSBIVCトレードLINE BITMAX楽天ウォレット
取扱通貨数27種類26種類33種類32種類21種類34種類22種類20種類7種類9種類
取引形式現物取引
・販売所
・取引所
レバレッジ取引
・なし
現物取引
・販売所
・取引所
レバレッジ取引
・販売所
・取引所
現物取引
・販売所
・BitMatch注文
レバレッジ取引
・販売所
・BitMatch注文
現物取引
・販売所
・取引所
レバレッジ取引
・なし
現物取引
・販売所
・取引所
レバレッジ取引
・なし
現物取引
・販売所
・取引所
レバレッジ取引
・取引所
現物取引
・販売所
・取引所
レバレッジ取引
・取引所
現物取引
・販売所
・取引所
レバレッジ取引
・販売所
現物取引
・販売所
レバレッジ取引
・なし
現物取引
・販売所
レバレッジ取引
・販売所
・取引所
最小取引数量
(BTC)
現物取引
・販売所
円建て:500円相当額
BTC建て:0.001BTC相当額
・取引所
0.005BTC以上かつ500円相当額以上
レバレッジ取引
・なし
現物取引
・販売所:0.00001BTC
・取引所:0.0001BTC
レバレッジ取引
・取引所:0.01BTC
現物取引
・販売所:0.0001BTC
・BitMatch注文:0.01BTC
レバレッジ取引
・販売所:0.01BTC
・BitMatch注文:0.1BTC
​​現物取引
・販売所:0.00000001BTC
・取引所:0.0001BTC
レバレッジ取引
・なし
現物取引
・販売所
円建て:500円
BTC建て:0.0001BTC
現物取引
・取引所
円建て:500円
BTC建て:0.00000001BTC
レバレッジ取引
・なし
現物取引
・販売所
BTC建て:0.0005BTC
・取引所
円建て:2円
BTC建て:0.00001BTC
レバレッジ取引
・取引所:0.001BTC
現物取引
・販売所
円建て:1円
BTC建て:0.00000001BTC
・取引所
BTC建て:0.001BTC
レバレッジ取引
・販売所:0.00000001BTC
・取引所:0.01BTC
現物取引
・販売所:0.0001BTC
・取引所:0.00001 BTC
レバレッジ取引
・販売所:0.001BTC
取り扱い通貨の1円相当額現物取引
・販売所:0.0001BTC
レバレッジ取引
・販売所:0.01BTC
・取引所:0.01BTC
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
レバレッジ倍率2倍2倍2倍2倍2倍2倍
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/https://coin.z.com/jp/https://bitcoin.dmm.com/https://bitbank.cc/https://www.bitpoint.co.jp/https://www.bittrade.co.jp/ja-jp/https://bitflyer.com/ja-jphttps://www.sbivc.co.jp/https://www.bitmax.me/https://www.rakuten-wallet.co.jp/

ビットコインをどこで買うべきか|おすすめの仮想通貨取引所10選を一挙紹介!

ビットコインを買うのにおすすめな仮想通貨取引所10選を紹介します。

それぞれの取引所のおすすめポイントも詳しく解説するため、参考にしてください。

おすすめの仮想通貨取引所10選
  • Coincheck(Coincheck)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPOINT(ビットポイント)
  • BitTrade(ビットトレード)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • SBI VC トレード
  • LINE BITMAX(ラインビットマックス)
  • 楽天ウォレット

Coincheck(Coincheck)

引用:Coincheck

名称Coincheck(コインチェック)
取扱通貨数27種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・取引所
<レバレッジ取引>
・なし
最小取引数量(BTC)・販売所
円建て:500円相当額
BTC建て:0.001BTC相当額
・取引所
0.005BTC以上かつ500円相当額以上
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
レバレッジ倍率
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
Coincheckのおすすめポイント
  • スマホアプリが使いやすい
  • ワンコインから購入OK
  • 取扱通貨数が国内最大級

Coincheckは、2014年からサービスを提供している仮想通貨取引所です。

スマホアプリの使いやすさに定評があり、アプリDL数4年連続No.1(※)を誇ります。(※対象:国内の暗号資産取引アプリ・期間:2019年〜2021年・データ協力:AppTweak)

また、マネックスグループが母体のため信頼性が厚く、2段階認証やSSL暗号化などセキュリティにも力を入れています。

ビットコインはワンコイン500円相当額から購入でき、取引所での取引手数料が無料なためコストを抑えられて便利です。

GMOコイン

引用:GMOコイン

名称GMOコイン
取扱通貨数26種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・取引所
<レバレッジ取引>
・販売所
・取引所
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所:0.00001BTC
・取引所:0.0001BTC
<レバレッジ取引>
・取引所:0.01BTC
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
レバレッジ倍率2倍
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
GMOコインのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料
  • 豊富なサービスを展開
  • 最短10分で口座開設できる

GMOコインは、大手GMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

入金・出金・送金の各種手数料が無料なため、無駄なコストを抑えられるでしょう。

また、取引所でビットコインの現物取引をした場合、Maker注文に対してマイナス手数料を導入しており、約定金額に応じた日本円を受け取れるのも特徴です。

積立・レンディング・ステーキングと多くのサービスを展開しており、ほったらかし投資にもぴったりです。最短10分で口座開設でき、その日のうちに取引を始められます。

DMM Bitcoin

引用:DMM Bitcoin

名称DMM Bitcoin
取扱通貨数33種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・BitMatch注文
<レバレッジ取引>
・販売所
・BitMatch注文
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所:0.0001BTC
・BitMatch注文:0.01BTC
<レバレッジ取引>
・販売所:0.01BTC
・BitMatch注文:0.1BTC
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
レバレッジ倍率2倍
公式サイトhttps://bitcoin.dmm.com/
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引に強い
  • 独自のBitMatch注文が可能
  • 各種手数料が無料

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引に強みのある仮想通貨取引所です。

レバレッジ取引では、33種類(※2023年11月時点)の銘柄を最大2倍で取引できます。

また、独自のBitMatch注文を採用しており、DMM Bitcoin側が仲値を提示して取引することによってコストを抑えた利用が可能です。さらに、入出金・送金の各種手数料も無料となっています。

最低取引額0.0001BTCからと、約550円(※2023年11月時点の相場から算出)でビットコインが買えるため、手軽に始めやすいでしょう。

bitbank(ビットバンク)

引用:bitbank

名称bitbank
取扱通貨数32種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・取引所
<レバレッジ取引>
・なし
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所:0.00000001BTC
・取引所:0.0001BTC
<レバレッジ取引>
・なし
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
レバレッジ倍率
公式サイトhttps://bitbank.cc/
bitbankのおすすめポイント
  • 取引量が多く買いやすい
  • セキュリティ対策が万全
  • 安定性が高く見やすいアプリ

bitbankは、国内No.1の取引量(※)を誇る仮想通貨取引所です。(※2021年2月14日・CoinMarketCap調べ)

そのため自分の好きなタイミングで売買がしやすく、初心者から上級者トレーダーまで人気を集めています。

取扱通貨数は32種類と豊富なため、ビットコイン以外に人気のアルトコインも取引可能です。コールドウォレットでの管理やマルチシグなどのセキュリティ対策も万全で、安心して利用できるでしょう。

安定性の高いスマホアプリは初心者にも使いやすく、上級者向けにはテクニカル分析可能なTradingViewが用意されているため、使い分けができます。

BITPOINT(ビットポイント)

引用:BITPOINT

名称BITPOINT
取扱通貨数21種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・取引所
<レバレッジ取引>
・なし
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所
円建て:500円
BTC建て:0.0001BTC
現物取引
・取引所
円建て:500円
BTC建て:0.00000001BTC
<レバレッジ取引>
・なし
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
レバレッジ倍率
公式サイトhttps://www.bitpoint.co.jp/
BITPOINTのおすすめポイント
  • 500円相当額からビットコインが買える
  • 現物取引ならすべての手数料が無料
  • スマホアプリの取引ツールが充実

BITPOINTは、500円相当からビットコインが買える仮想通貨取引所です。最短当日から取引開始できるため、初心者でも始めやすいでしょう。

現物取引の場合は取引・入出金・送金はもちろん、ステーキングや積立にかかる手数料もすべて無料で利用でき、コストを抑えられます。

スマホアプリは直感的に使えるよう、見やすさに配慮されたわかりやすい画面表示で迷うことがありません。

また、取引ツールが充実しており、アプリから積立やレンディングサービスが利用できるのもポイントです。

BitTrade(ビットトレード)

引用:BitTrade

名称BitTrade
取扱通貨数34種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・取引所
<レバレッジ取引>
・取引所
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所
BTC建て:0.0005BTC
・取引所
円建て:2円
BTC建て:0.00001BTC
<レバレッジ取引>
・取引所:0.001BTC
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
レバレッジ倍率2倍
公式サイトhttps://www.bittrade.co.jp/ja-jp/
BitTradeのおすすめポイント
  • 取引所で2円〜ビットコインが買える
  • サービス開始以来ハッキングゼロの安全性
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料

ビットトレードは、世界170ヶ国でサービスを展開するHuobiグループ運営の仮想通貨取引所です。

5分で終了する口座開設後は、取引所ならビットコインが2円から購入できます。

ユーザーの資産は100%コールドウォレットで管理されており、24時間365日システム監視するなど、サービス開始以来ハッキングゼロの安全性を誇ります。

取引所を利用した場合のビットコイン取引手数料が無料なため、手軽に始めやすいでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

引用:bitFlyer

名称bitFlyer
取扱通貨数22種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・取引所
<レバレッジ取引>
・取引所
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所
円建て:1円
BTC建て:0.00000001BTC
・取引所
BTC建て:0.001BTC
<レバレッジ取引>
・販売所:0.00000001BTC
・取引所:0.01BTC
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
レバレッジ倍率2倍
公式サイトhttps://bitflyer.com/ja-jp
bitFlyerのおすすめポイント
  • 1円からビットコインが買える
  • 最短10分で口座開設できる
  • bitFlyer Lightningで取引可能

bitFlyerは、6年連続ビットコイン取引量No.1(※)を誇る仮想通貨取引所です。(※Bitcoin日本語情報サイト調べ・国内暗号資産交換業者における 2016年〜2021年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む))

ビットコインが1円から買えるため、手軽に始めやすいのが魅力です。最短10分で口座開設でき、その日のうちに取引が始められます。

販売所・取引所のほか、証拠金取引や先物取引に対応したbitFlyer Lightningも利用でき、中級者〜上級者にもおすすめです。

さらにビットコインが貯まるbitFlyerクレカや、Tポイントをビットコインに交換するサービスなどが充実しているため、ビットコインをコツコツ貯めたい人にも向いているでしょう。

SBI VCトレード

引用:SBI VCトレード

名称SBI VCトレード
取扱通貨数20種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
・取引所
<レバレッジ取引>
・販売所
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所:0.0001BTC
・取引所:0.00001 BTC
<レバレッジ取引>
・販売所:0.001BTC
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
レバレッジ倍率2倍
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/
SBI VCトレードのおすすめポイント
  • 豊富な取引サービスを提供
  • ビットコインがワンコインから買える
  • SBIグループの安心のセキュリティ

SBI VCトレードは、SBIグループ子会社が運営する仮想通貨取引所です。

現物取引・レバレッジ取引はもちろん、積立・レンディング・ステーキング・Web3ウォレットなど豊富な取引サービスを提供しています。

ワンコイン500円からビットコインが買えるため、初心者でも始めやすいでしょう。

さらにコールドウォレットの利用・マルチシグ・フィッシング対策やサイバー攻撃対策などセキュリティ対策も万全で、安心して利用できます。

LINE BITMAX(ラインビットマックス)

引用:LINE BITMAX

名称LINE BITMAX
取扱通貨数7種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
<レバレッジ取引>
・なし
最小取引数量(BTC)取り扱い通貨の1円相当額
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:なし
レバレッジ倍率
公式サイトhttps://www.bitmax.me/
LINE BITMAXのおすすめポイント
  • LINEアプリで取引できる
  • LINE Pay利用で最短1分から取引開始
  • PayPayマネーで1円から購入可能

LINE BITMAXは、LINEアプリから手軽に取引が始められる仮想通貨取引所です。

余ったLINE Pay残高を利用することもでき、その場合は最短1分で取引を始められます。

業界初のPayPay連携サービスがあり、PayPayマネーでの仮想通貨の購入や、PayPay残高への出金ができ便利です。

価格変動をLINEで通知する設定もできるため、最適なタイミングを逃すことなく取引ができる手助けになるでしょう。

楽天ウォレット

引用:楽天ウォレット

名称楽天ウォレット
取扱通貨数9種類(※2023年11月時点)
取引形式<現物取引>
・販売所
<レバレッジ取引>
・販売所
・取引所
最小取引数量(BTC)<現物取引>
・販売所:0.0001BTC
<レバレッジ取引>
・販売所:0.01BTC
・取引所:0.01BTC
スマホアプリ・現物取引:○
・レバレッジ取引:○
レバレッジ倍率2倍
公式サイトhttps://www.rakuten-wallet.co.jp/
楽天ウォレットのおすすめポイント
  • 楽天ポイントが利用可能
  • 楽天キャッシュにチャージできる
  • 土日祝日もリアルタイム出金可能

楽天ウォレットは、大手楽天グループが運営する仮想通貨取引所です。

現物取引の場合、最低100ポイントから楽天ポイントを仮想通貨に交換でき、手出しなしで取引を始められます。また、保有している仮想通貨を無料で楽天キャッシュにチャージできるため、投資で出た利益で買い物をすることも可能です。

楽天銀行に口座がある場合は本人確認手続き不要で、その日のうちに口座を作れます。

さらに、楽天銀行口座を使うと土日祝日もリアルタイム出金ができるため、楽天口座や楽天グループを普段から利用している人にぴったりです。

ビットコインを買う方法は国内取引所以外にもある

ビットコインを買うには、国内取引所の利用以外にも次の2つの方法があります。

国内取引所以外でビットコインを買う方法
  • P2P取引(個人間取引)
  • 仮想通貨ATM(ビットコインATM)

P2P取引(個人間取引)

P2P(ピア・ツー・ピア)取引は、取引所を介さずに個人間で取引する方法です。通常は、取引所をプラットフォームとして利用し、その中で取引します。

サーバに接続する必要がないためスピーディーに取引できる点や、お互いに好きな支払い方法が選べる点がメリットです。

ただし不特定多数の端末とデータをやり取りすることになり、ハッキングやウイルス感染の恐れが高くなります。

また、ユーザー間のトラブルが発生しやすいため、仮想通貨取引に慣れている人でなければ利用は難しいでしょう。

仮想通貨ATM(ビットコインATM)

そのほか、仮想通貨ATM(ビットコインATM)で購入する方法もあります。銀行のATMのように現金自動預払機(ATM)を利用し、購入や売却が可能です。

ビットコインATMのメリットは、ATM間の送金や設置国の法定通貨と交換できる点です。しかし、種類によって機能や使い方が異なるほか、あらかじめウォレットが必要な点や手数料が割高になる点はデメリットになります。

世界77ヶ国で3万台以上(※2023年時点)設置されていますが、2023年時点では残念ながら日本には設置されていません。

現在は利用可能なシーンが限られており、気軽に使えるようになるのはまだ先の話でしょう。

初心者がビットコインをどこで買うべきか迷った際に取引所を選ぶポイント

初心者がビットコインをどこで買うべきか迷った際、取引所を選ぶポイントは次のとおりです。

初心者が取引所を選ぶポイント
  • セキュリティ力の高い管理体制が整っているか
  • 取引にかかるコストを抑えられるか
  • 初心者でもスマホアプリが使いやすいか
  • アルトコインの取扱通貨数が多いか

セキュリティ力の高い管理体制が整っているか

まず、セキュリティ力の高い管理体制が整っているかをチェックしてください。

取引所の安全性が低い場合、ハッキングのリスクやなりすましの被害の可能性があります。

以下の基本的な対応がとられている取引所なら、もしもの時に大切な資産を守れる可能性が高まるでしょう。

セキュリティの種類概要
コールドウォレットネットから隔離されたオフライン環境で資産を管理する
マルチシグトランザクション署名に複数の秘密鍵を利用する
2段階認証パスワード+認証アプリの利用で不正アクセスを防止する
SSL暗号化通信データを暗号化し第三者から見えないようにする

また、金融庁の認可を受けている国内取引所は、セキュリティ面で比較的安全だと考えられます。

今回紹介したおすすめの取引所10ヶ所はすべて金融庁に登録済みのため、安心して利用できるでしょう。

取引にかかるコストを抑えられるか

仮想通貨取引にかかるコストを抑えられるかどうかも、チェックしたいポイントです。

仮想通貨取引には日本円の入金や仮想通貨の売買・送金・出金など、手数料がかかる場面が多く存在します。

手数料が高い場合、コストを下げるためには入金や出金をまとめて行う必要があり、不便に感じる場面が多いでしょう。手数料が無料もしくは安い取引所を利用することで、コストを抑えた利用が可能です。

また、販売所手数料無料をうたう取引所は多いですが、販売所形式では別途スプレッドがかかります。

スプレッドとは買値と売値の差額のことで、取引所に支払う実質的な手数料になる

スプレッドが広いほどコストが高くなるため、販売所でビットコインを買う際はなるべくスプレッドが小さい取引所を選ぶといいでしょう。

取引所名スプレッドの目安
Coincheck約5%
GMOコイン約4%
bitFlyer約5%

初心者でもスマホアプリが使いやすいか

初心者でもスマホアプリが使いやすいかどうかも、チェックしたいポイントです。

操作画面が見やすい・わかりやすいアプリなら、取引も簡単に行えます。

とくに初心者は難しい機能がなく、シンプルな画面で直感的に使えるアプリを選びましょう。

アプリDL数5年連続No.1(※)の実績があるCoincheckがおすすめです。(※対象:国内の暗号資産取引アプリ期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak)

アルトコインの取扱通貨数が多いか

アルトコインの取扱通貨数が多いかどうかもチェックしておきましょう。取扱通貨数が多ければ、それだけ分散投資が可能です。

ビットコインだけに投資する場合は気にする必要はありませんが、仮想通貨投資に慣れてくると、その他のアルトコインに興味が出てくることも考えられます。その時に取扱通貨数が少ないと、物足りなさを感じるかもしれません。

DMM Bitcoinbitbankの取扱通貨数は30種類以上と、アルトコインの選択肢が多いためおすすめです。

ビットコインをどこで買うべきか悩むときは取引所の手数料を比較してみる

ビットコインをどこで買うべきか悩むときは、取引所の手数料を比較して検討しましょう。

取引所の手数料を比較してみよう
  • 取引所ごとの手数料を比較
  • 取引所形式と販売所形式の違い

取引所ごとの手数料を比較

取引所ごとの手数料を、大手3社で比較しまとめました。

CoincheckGMOコインDMM Bitcoin
販売所手数料
(BTC)
無料
(スプレッドあり)
無料
(スプレッドあり)
無料
(スプレッドあり)
取引所手数料
(BTC)
無料無料1取引あたり31円
入金手数料暗号資産:無料
銀行振込:無料
コンビニ入金・クイック入金:
3万円未満770円、3万円以上1,018円
即時入金:無料
振込入金:同一銀行間無料
クイック入金:無料
振込入金:無料
(※銀行手数料はユーザー負担)
出金手数料407円無料無料
送金手数料
(BTC)
0.0005BTC(約2,800円※)無料無料

※2023年11月現在の相場で算出

CoincheckとGMOコインでビットコインを買う場合、取引所の取引手数料がかからないのがメリットです。

また、GMOコインとDMM Bitcoinは入金・出金・送金手数料がすべて無料のため、利便性が高くなっています。

比較するとCoincheckが割高に見えますが、出金や送金をせずコツコツ買い増していくだけなら手数料をかけずに利用可能です。目的に応じた使い分けを心がけましょう。

販売所形式と取引所形式の違い

販売所形式と取引所形式の違いを比較してみました。

販売所形式取引所形式
取引先仮想通貨交換業者他ユーザー
注文方法成行・成行
・指値
・逆指値

販売所形式は、仮想通貨取引所を運営する仮想通貨交換業者と取引する方法です。

注文方法は成行(なりゆき)のみとなり、取引所が定めた値段で取引するため、スプレッドの広さによってはコストが高くなります。

一方で、取引所形式は利用するユーザー同士で取引するため、数量や値段を指定できるのがメリットです。スプレッドがないためコストは安くなるものの、慣れるまでは注文の仕方がやや難しい面もあります。

そのため、最初は販売所形式を利用し、慣れてきたら取引所形式に移行すると手数料を抑えやすいでしょう。

ビットコインを購入する流れを3ステップで解説

ここでは、ビットコインを購入する流れを3ステップで解説します。

ビットコインを買う手順
  1. 仮想通貨取引所で口座開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ビットコインを購入する

今回はCoincheckの例を見ていきましょう。

1. 仮想通貨取引所で口座開設する

Coincheckの口座開設の手順は以下の3ステップです。

Coincheckの口座開設の手順
  1. アプリのダウンロード
  2. アカウント作成
  3. 本人確認

引用:Coincheck

のちのち本人確認がしやすいため、アプリから開設するのがおすすめです。

CoincheckアプリをDLしたあと「新規登録」をクリックし、メールアドレスを登録→アカウントを作成します。

本人確認・基本情報の入力後、スマホでそのまま本人確認書類を撮影・提出しましょう。

審査が完了次第、取引を始められます。

2.日本円を入金する

引用:Coincheck

続いて、日本円を入金していきます。

Coincheckの入金方法は以下の3つです。

日本円の入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

基本的には、手数料が無料になる銀行振込を利用しましょう。

アプリのホーム画面から「ウォレット」→「JPY/日本円」→「入金」→「銀行振込」と進みます。

振込先の口座情報が表示されたら、自分の銀行口座から入金します。

口座番号をコピー&ペーストすると間違いがなくおすすめです。

3.ビットコインを購入する

引用:Coincheck

入金を確認したら、ビットコインを購入します。

「販売所」→「BTC」→「購入する」と進み、日本円で購入金額を入力しましょう。

「日本円でBTCを購入」→「購入」をタップすると完了です。「ウォレットを確認」を押すと残高が確認できます。

なぜビットコインを今買うべきなのか?理由・背景を解説

ビットコインは将来的な値上がりが期待されているため、今のうちに買っておくのがおすすめです。

ビットコインの値上がりが期待される理由・背景には次のものがあります。

ビットコインの値上がりが期待される理由・背景
  • 発行上限数が2100万枚と決まっている
  • メタバースやNFTブームで認知度が上がっている
  • ネット通販や店舗などビットコイン決済対応の場所が増えている
  • 国際企業の送金に実用されている

ビットコインは発行上限数が決まっているため、希少価値が上がるほど値段も高くなる可能性が高いといえます。

また、メタバースやNFTブームで認知度が上がり、決済手段として採用する店や企業も増えてきているため、今後ますます活用される場面が増えていくでしょう。

10年前の2013年に約2,800円だったビットコインは、2023年11月には約555万円と約1982倍もの成長を見せています。

引用:CoinMarketCap

ここからさらに10年後の2033年には1億6000万円に達するという予想(※)も出ており、今のうちに買っておくと大きな利益が狙える可能性もあるでしょう。

※参考:CRYTOPOLITAN

初心者がビットコインをどこで買うべきか迷った際の注意点

初心者がビットコインをどこで買うべきか迷った際は、以下の注意点を確認してください。

初心者がビットコインをどこで買うか迷った際の注意点
  • 金融庁に認可されている国内取引所を利用する
  • 海外の取引所を利用するのはリスクがある
  • レバレッジ取引は避けたほうがいい
  • 余剰資金で投資する

金融庁に認可されている国内取引所を利用する

基本的には、金融庁に認可されている国内取引所を利用するのがおすすめです。

金融庁の厳しい審査の上で認められた取引所は信頼性が担保されており、比較的安全に利用できるでしょう。

今回紹介した10ヶ所の取引所すべて暗号資産交換業者として登録済みのため、参考にしてください。

参考:暗号資産交換業者登録一覧

海外の取引所を利用するのはリスクがある

海外にも仮想通貨取引所は多くありますが、リスクが大きいためできれば利用しないようにしましょう。

海外の取引所は出金できなくなったり、最悪の場合取引所がなくなったりなどのトラブルが発生する場合があります。実際に、2022年11月に大手仮想通貨取引所・FTXが突然経営破綻し、お金が還ってこない被害に遭った人が多く出ました。

海外の取引所は金融庁に認可されておらず、ハッキングや破綻などもしもの場合に補償が受けられない可能性があります。また、日本語サポートがなく不便を感じたり、中には日本の法律に違反していたりするケースも見受けられます。

そのため、基本的には今回紹介した国内の取引所を利用するのがおすすめです。

レバレッジ取引は避けたほうがいい

仮想通貨取引には現物取引とレバレッジ取引がありますが、初心者はレバレッジ取引を避けたほうがいいでしょう。

レバレッジ取引は預けた資金を担保に、より多くの金額で取引する方法のこと

大きなリターンを狙える一方で、損失が大きくなる可能性もあるため、初心者にはおすすめできません。

まずは少額から現物取引を始め、慣れてきたら挑戦してみましょう。

余剰資金で投資する

仮想通貨投資は、必ず余剰資金で行いましょう。

余剰資金とは、生活に必要な資金を寄せて余ったお金のこと

生活費を使ったり、借金してまで投資に充てたりする行為は危険を伴います。

仮想通貨で借金を背負ってしまう人も実際にいるため、あくまでなくなっても困らないお金のみを投資にまわしましょう。

初心者がビットコインをどこで買うべきか迷った際によくある質問

初心者がビットコインをどこで買うべきか迷った際によくある質問をまとめました。

初心者がビットコインをどこで買うべきか迷った際によくある質問
  • 初心者がビットコインを今買うならどこがおすすめ?
  • 安全に取引できる仮想通貨取引所は?
  • ビットコインを安く買う方法は?
  • 世界の取引ランキングで上位の仮想通貨取引所は?
初心者がビットコインを今買うならどこがおすすめ?

CoincheckGMOコインDMM Bitcoinがおすすめです。

Coincheckはスマホアプリが使いやすいと定評があり、ダウンロード数は5年連続でNo.1です。

そのため、初心者にも非常におすすめできます。

また、その他2つの取引所は各種手数料が無料な上、それぞれスマホアプリもあり使いやすくなっています。

特にDMM Bitcoinはレバレッジ取引の取扱通貨数が国内最大級のため、仮想通貨投資に慣れたあとの楽しみ方も幅広いといえるでしょう。

さらに口座開設で2,000円がもらえるキャンペーン中のため、お得に口座が作れます。

安全に取引できる仮想通貨取引所は?

CoincheckDMM Bitcoinがおすすめです。

金融庁に認可されているのはもちろん、コールドウォレットや2段階認証を採用しており高いセキュリティを誇ります。

特にDMM Bitcoinは24時間監視や脆弱性情報収集といったサイバー攻撃対策をしっかり行っているため、安心安全に利用できるでしょう。

ビットコインを安く買う方法は?

ビットコインを安く買うには、次の3つの方法を試してください。

ビットコインを安く買う方法
  • 入出金手数料が無料または安い取引所を利用する
  • スプレッドの狭い取引所で売買する
  • 取引所形式を利用する
世界の取引ランキングで上位の仮想通貨取引所は?

世界の仮想通貨取引所の取引ランキングは次のとおりです。

世界の仮想通貨取引所の取引ランキング
  1. Binance
  2. Bybit
  3. OKX
  4. KuCoin
  5. Bitget

Binance(バイナンス)は1億5千万人が利用し、約380億米ドルの日次取引高がある世界最大規模の取引所です。

日本からはbitFlyerが16位に入っていますが、上位は海外取引所が独占していました。

海外取引所は取引量が多いものの、補償がなくハッキングなどのリスクが高いため、自己責任でよく検討の上利用しましょう。

参考:トップ暗号資産デリバティブ取引所

ビットコインをどこで買うべきか理解できたら仮想通貨売買をしてみましょう

ビットコインを買うなら、金融庁の認可を受けた国内の仮想通貨取引所がおすすめです。セキュリティ対策がしっかり行われているため、安心して利用できます。

おすすめ10選の中から、手数料の安さ・スマホアプリの使いやすさ・アルトコインの取扱数などを考慮して選ぶといいでしょう。

ビットコインは将来性が高く、今後の大幅な値上がりにも期待できることから、コツコツ買いためている投資家が多い通貨です。どこで買うべきかがわかったら、さっそくビットコインを始めてみましょう。

取引所に迷ったら、「アプリの使いやすさ」「セキュリティの高さ」「取扱通貨数の多さ」が揃っているCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次