エンジンコイン(ENJ)は将来性ない?今後の価格予想と期待できる理由を解説

エンジンコイン(ENJ)は、ユーザー数2000万人を超える人気NFTプラットフォーム・Enjin Platform上で使われる基軸通貨です。

2021年にコインチェックやGMOコインに上場し、2024年現在ではスクエニやマイクロソフトといった大手企業とも提携しています。

2021年には仮想通貨・NFTブームの影響で、最高値716円を記録したことでも話題になりました。

そんなエンジンコインの今後について、5年後・10年後の予想価格や、最新ニュースもまじえながら解説します。

エンジンコインの将来性や、投資する価値があるのか気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

エンジンコイン(ENJ)の今後 – 概要
  • エンジンコイン(ENJ)の特徴
  • 現在のチャートと価格動向
  • 5年後・10年後の予想価格
  • 今後を左右する最新ニュース

エンジンコイン(ENJ)の取引をするなら、アプリが使いやすく、ワンコインから始められるCoincheck(コインチェック)がおすすめ

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

仮想通貨のエンジンコイン(ENJ)とは?

項目内容
名称エンジンコイン
シンボルENJ
開発元Enjin Pte. Ltd.
現在価格(※)¥29.89
時価総額(※)¥48,651,883,285
ランキング168位
発行上限10億枚
国内で取扱いのある取引所Coincheck
GMOコイン
DMM Bitcoin
bitbank
エンジンコイン公式https://ja.enjin.io/
参照:CoinMarketCap/2024年7月現在

※2024年5月現在

エンジンコイン(ENJ)はシンガポールに拠点を置くEnjin社が発行している仮想通貨で、ブロックチェーンプラットフォーム「Enjin Platform」上で使用されます。

エンジンコインの特徴は以下の5つです。

エンジンコインの特徴
  • オンラインゲームの開発ができるプラットフォームの基軸通貨
  • メルティング機能を利用して不要なNFTをエンジンコインに戻せる
  • ゲームをPlayしながらエンジンコインが稼げる【Play to Earn】
  • 専門的な知識不要でNFTの作成や販売ができる【Enjin Platform】
  • エンジンクラフトを連携してマインクラフトの資産を永久に所有できる

オンラインゲームの開発ができるプラットフォームの基軸通貨

エンジンコインは「Enjin Platform」という、オンラインゲームやNFTの開発ができるプラットフォームの基軸通貨です。

Enjin Platformは2009年から運営されており、全世界で2,000万人以上のユーザーが利用している人気プラットフォームです。

エンジンコインは、Enjin Platform上でNFTなどのデジタル資産を注入するために使用されます。

また、エンジンコインの次世代型としてEfinity Token(EFI)があります。

Efinity Tokenは、分散型メタバースを推進するように設計されているのが特徴です。

メルティング機能で不要なNFTをエンジンコインに戻せる

エンジンコインのトークン規格(ERC-1155)には、メルティング(溶解)という機能があります。

これは、不要になったNFTアイテムなどをメルティング=「メルト」することで、エンジンコインに戻せる機能です。

メルトを行うと、人気がなくなったゲームのアイテムの使い道がなくなっても、エンジンコインに戻して他のゲームに使用できます。

そのため、NFTが無価値になって売れなくなる事態を防げるのがメリットです。

ゲームをPlayしながらエンジンコインが稼げる

エンジンコインは、NFTゲームで遊びながら獲得したり、アイテムを売買して稼いだりできるのが大きな特徴です。

もちろん仮想通貨なので実際に価値がつき、値上がりすれば利益も発生します。

Play to Earnとは、ブロックチェーンゲームで遊んで(Play)稼ぐ(Earn)スタイル・考え方のこと

従来のゲームには「稼ぐ」という概念はありませんでしたが、ブロックチェーンゲーム市場ではすでに多くの事例で実現しています。

今後NFTゲーム市場が成長していけば、ユーザー数がさらに増加し、エンジンコインの価格上昇も期待できるでしょう。

専門的な知識不要でNFTの作成・販売ができる

Enjin Platformは、ブロックチェーンの知識がなくても簡単にNFTやゲームの発行・管理ができるプラットフォームです。

エンジンコインを発行するEnjin社が、ガス代のかからないブロックチェーンプラットフォームを構築し、NFTをはじめとするブロックチェーン技術を実用化しました。

Enjin Platformでは、NFTを使用することでゲーム内のアイテムに資産価値がつくため、デジタルアイテムとして売買も可能です。

現在、35種類のオンラインゲームで連携されています。

エンジンクラフトを連携してマインクラフトの資産を永久所有できる

エンジンクラフト(EnjinCraft)は、マインクラフト(Minecraft)のサーバーとの連携を可能にするプラグインです。

マインクラフト(Minecraft)とは、全世界で1億人以上が利用するブロック遊びゲームのこと

エンジンクラフトを使用することで、マインクラフトの世界にブロックチェーン技術を取り入れ、ゲーム内通貨やアイテムなどを永久に所有できるようになりました。

マインクラフトには20万以上のサーバーが存在しますが、ごく簡単な設定のみで連携が可能です。

エンジンコイン(ENJ)の価格動向をチャート付きで解説

引用:CoinMarketCap/2024年月

エンジンコインの価格動向
  • 2022年末…31円
  • 2023年2月…73円
  • 2023年9月…33円
  • 2024年2月…63円
  • 2024年7月…30円

エンジンコインは2022年末の31円台から、2023年2月にかけての最高値73円と、一時的な上昇を見せました。

しかしすぐに反発があり大きな上昇トレンドとはならないまま、2023年2月以降はなだらかな下落傾向が続き、2023年10月まで33円水準が続きました。2023年は仮想通貨市場全体が下落傾向にあっため、その影響を受けたと考えられます。

2023年10月後半からビットコインの現物ETF承認期待が高まり、仮想通貨市場全体が値上げ基調のなか、ENJも連動する形で上昇しました。

2024年前半は、ビットコインの現物ETFが承認されたことから、一気に上昇しビットコインが円建てでの高値更新を果たすのと同じタイミングで、ENGも100円を目指す水準まで値上りしました。

2024年4月以降はENJ固有の材料が不足していることから値を下げ、現在は2023年10月と同じ水準の30円近辺で推移しています。

エンジンコイン(ENJ)の今後は?5年後・10年後の価格予想

エンジンコインが今後どこまで上がるのか、海外の予想サイトを参考に、5年後・10年後の予想価格を紹介します。

エンジンコインの5年後・10年後の価格予想
  • 2024年末に最大94円に達する見込み
  • 2025年の価格は80円から130円程度になる予想
  • 4年後の2028年には240円程度に達する見込み
  • 2030年には400円に達する見込み
  • 8年後の2032年には732円になると予想

2024年末に最大94円に達する見込み

2024年末の予想価格は、1ENJあたり45円〜最大94円に達すると考えられます。

サイト名予想価格
changelly最低値:0.28ドル(約45円)
最高値:0.35ドル(約56円)
Coinpedia最低値:0.38ドル(約61円)
最高値:0.59ドル(約94円)
AMB Crypto最低値:0.32ドル(約51円)
最高値:0.48ドル(約77円)
※2024年7月時点の米ドル円(1ドル=160円)レートを使用

今年の年末予想としては、おおむね50円~60円の価格帯が多いようです。5月まで「100円超」と強気だったAMB Cryptoが77円まで下げているのが印象的です。

材料が乏しく3月に付けた97円から値を下げ、現在は2023年10月水準まで戻してしまっているのが買い控えを招いている原因の一つといえるでしょう。

ただ2023年は10月の30円水準から、2023年末まで約2倍となる58円まで上昇しており、2024年も現在の30円水準から同じような動きになることも十分にありえる数字ともいえそうです。

2025年の価格は80円から130円程度になる予想

2025年の予想価格は、1ENJあたり80円〜最大130円程度と考えられます。

サイト名予想価格
BITNATION最低値:0.72ドル(約115円)
最高値:0.85ドル(約136円)
Digital Coin Price最低値:0.67ドル(約107円)
最高値:0.82ドル(約131円)
AMB Crypto最低値:0.54ドル(約86円)
最高値:0.65ドル(約104円)
※2024年7月時点の米ドル円(1ドル=160円)レートを使用

最低でも80円から100円程度、最大で132円程度まで上がるという予想です。

2024年7月現在の30円前後と比較すると、2倍から4.3倍まで値上がりするという見方が強いでしょう。

4年後の2028年には240円程度に達する見込み

今から約5年後の2028年には、1ENJあたり171円〜最大246円に達する見込みです。

サイト名予想価格
BITNATION最低値:1.40ドル(約224円)
最高値:1.54ドル(約246円)
Digital Coin Price最低値:1.07ドル(約171円)
最高値:1.24ドル(約198円)
AMB Crypto最低値:1.26ドル(約202円)
最高値:1.51ドル(約242円)
※2024年7月時点の米ドル円(1ドル=160円)レートを使用

最低で170円程度、最大で246円台まで上昇するという見方が強いです。

比較すると、4年間でおよそ5.6~8.2倍の価格上昇が予想されています。

2030年には400円に達する見込み

2030年には最低でも290円台、最大で420円台に達する見込みです。

サイト名予想価格
BITNATION最低値:1.85ドル(約296円)
最高値:1.99ドル(約318円)
Digital Coin Price最低値:2.20ドル(約352円)
最高値:2.32ドル(約371円)
AMB Crypto最低値:2.19ドル(約350円)
最高値:2.63ドル(約421円)
※2024年7月時点の米ドル円(1ドル=160円)レートを使用

全体的に価格が底上げされ、最低でも290円台と2024年7月の約9.6倍と予想されます。

予想最高値は421円と、約14倍まで上昇するという見方も出ています。

8年後の2032年には730円になると予想

8年後の2032年には、最大で732円台まで上がる予想です。

サイト名予想価格
Digital Coin Price最低値:4.24ドル(約678円)
最高値:4.40ドル(約704円)
AMB Crypto最低値:3.82ドル(約611円)
最高値:4.59ドル(約734円)
※2024年7月時点の米ドル円(1ドル=160円)レートを使用

最低でも600円台、最大で730円台まで上昇するという強気の見方が出ています。

2024年と比較すると10年間で約20~24倍の価格上昇が予想されており、エンジンコインの将来性に対する期待値の高さが見てとれます。

エンジンコイン(ENJ)の将来性はない?今後に期待できる理由

エンジンコインは将来性が高く、今後の爆上げに期待できる通貨です。

その理由について、以下で深掘りしていきましょう。

エンジンコインの将来性に期待できる理由
  • メタバース市場が拡大すると注目される可能性
  • NFTゲームの人気拡大で利用者が増加する
  • 希少性が上がる可能性
  • NFT市場の活性化と連動して高騰する可能性
  • スクエニの提携による価格上昇が期待できる
  • 新たに大手企業と提携が決まれば価格上昇に期待できる

メタバース市場が拡大すると注目される可能性

メタバースの市場が今後拡大していくと、同時にエンジンコインの注目も高まり、価格が上昇する可能性があります。

Enjin社は2021年に1億ドル規模のメタバースファンドを設立、さらに2022年にはメタバースプラットフォーム「Efinity」を開発するなど、メタバース市場に力を入れています。

総務省の予想では、2021年に4兆2,640億円だったメタバースの世界市場は、2030年までに78兆8,705億円と約20倍まで拡大する見込みです。

引用:総務省

このようなメタバースの急成長によって、日常生活やビジネスにも広く活用されるようになれば、エンジンコインの需要は爆発的に高まるといえるでしょう。

NFTゲームの人気拡大で利用者が増加する

ゲームをプレイしたり、ゲーム内のアイテムやキャラクターを売買したりして仮想通貨を稼げるNFTゲーム、通称「Play To Earn」は、今後どんどん利用者が増えていくと考えられます。

エンジンコインが使用できる「Enjin Platform」では、用意されたツールを使うことで、専門知識がなくてもオリジナルのアイテムやキャラクターを作成できます。

ニーズにあった人気のアイテムを作成できれば高値での販売も可能で、レア度の高いアイテムには数十万円の高値がつくこともあります。

今やNFTゲームだけで生計を立てる人も出ているほどで、2022年には「STEPN」というNFTゲームが大流行しました。

利用者が増えてNFTゲームの人気が出るほどエンジンコインの需要は高まり、価値も上がると考えられます。

希少性が上がる可能性

エンジンコインの発行枚数は10億枚と決まっています。

発行枚数が決まっている仮想通貨は、需要が供給を上回るため価格が上がりやすい傾向です。

「絶対上がる」とは言い切れないものの、きっかけさえあれば一気に上昇する可能性を秘めているといえるでしょう。

また、エンジンコインはブロックチェーンの手数料が安いこともあり、Enjinプラットフォームが人気になれば価格上昇の期待もできると考えられます。

NFT市場の活性化と連動して高騰する可能性

NFT市場全体が盛り上がることで、エンジンコインも連動して価格上昇する可能性があります。

NFTの市場規模は、2022年から2027年までの間に35.0%成長するという予想が出ています。

また、NFT市場の価値が2025年までに800億ドル以上に達するという見方もあり、今後の盛り上がりはほぼ確実だといえるでしょう。

実際に、国内でも2021年から2024年にかけ、大手企業が続々とNFTを活用し始めています。

国内でNFTを活用している企業例
  • 楽天:楽天NFT
  • LINE:LINE NFT
  • 吉本興業:よしもとNFTシアター
  • カルビー:NFTチップス
  • アシックス:NFTコレクション
  • ローソン:NFTチケット

NFT市場が拡大し、私たちの生活にNFTがもっと身近になればなるほど、NFTと関わりの深いエンジンコインの価格上昇が見込めるでしょう。

スクエニの提携による価格上昇が期待できる

Enjin社は、2022年7月に日本のビデオゲーム大手スクウェア・エニックス(通称スクエニ)との提携を発表しました。

スクエニは「ファイナルファンタジー」などのゲームで知られ、NFT領域ではブロックチェーン技術を活用したNFTシール「資産性ミリオンアーサー」シリーズを販売しています。

この提携により、人気のメタバースプラットフォーム「The Sandbox」で、RPGゲーム「Dungeon Siege」のゲームを展開していくとしています。

さらに、今後はNFTクリエイターや企業の創作活動を支援するエコシステムプラットフォームとして、Web3経済を発展させることを目指しています。

そのため、今後の展開次第ではエンジンコインの価格上昇も見込めるでしょう。

新たに大手企業と提携が決まれば価格上昇に期待できる

Enjin社はスクエニだけでなく、サムスンやマイクロソフトといった大手企業ともすでに提携済みです。

大手企業との提携は、同時にエンジンコインの信頼性も上げることになります。

実際に、Enjin社がメタバースファンドを設立した2021年11月は、エンジンコインの最高値716円を記録しました。

引用:CoinMarketCap

今後も大手企業との提携が発表されれば、話題性の高まりとともにエンジンコインも価格を上げる可能性は高いと考えられます。

エンジンコイン(ENJ)の今後に関する最新ニュース

Enjin社は2023年9月、NFT専用のブロックチェーン「Enjin Blockchain(エンジンブロックチェーン)」をローンチしました。

エンジンブロックチェーンはスマートコントラクトに依存せず、NFTの作成や転送などの機能が基本コードに直接統合されるのが大きな特徴です。

これにより、他のシステムとの相互運用性を維持したまま、高度な機能を備えたスケーラブルかつ将来性のあるデジタル資産を作成できるようになりました。

It’s officially here! Say hello to the Enjin Blockchain, with the

@efinityio Matrixchain!

This is the great next chapter and a new era for the Enjin and Efinity communities, and the Future of #NFTs and #Web3. More info here: https://enj.in/enjinblockchain

X(旧Twitter)

新たにウォレットを作成することなく、現在のウォレットをそのまま使用できるのが強みです。

そのためセキュリティは損なわずに、コスト効率と拡張性のバランスを保ちながら利用できます。

エンジンコイン(ENJ)の買い方・購入方法をわかりやすく解説

エンジンコインの将来性について理解できたら、次は実際に購入してみましょう。

ここでは、コインチェックでの口座開設からエンジンコインの買い方までを、画像とともに解説します。

エンジンコインを買う手順
  1. 国内取引所で口座開設する
  2. 開設した口座へ日本円を入金する
  3. エンジンコインを購入する

1.国内取引所で口座開設する

引用:Coincheck

口座開設の手順は以下の3ステップです。

口座開設手順
  1. アプリのダウンロード(スマートフォンで開設する場合)
  2. アカウント作成
  3. 本人確認

コインチェックアプリをDLし「会員登録」タブからメールアドレスを登録してアカウントを作成します。

本人確認・基本情報の入力をしたら本人確認書類を撮影・提出しましょう。

審査が完了したら取引が始められます。

2.開設した口座へ日本円を入金する

引用:Coincheck

口座が作れたら、日本円を入金しましょう。

入金方法は以下の3つから選べます。

日本円の入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

今回は銀行振込で入金する例を紹介します。

「ウォレット」→「JPY/日本円」→「入金」→「銀行振込」と進みましょう。

振込先の口座情報が表示されたら、自分の銀行口座から入金してください。口座番号はコピーできるため、間違わないよう確実にコピー&ペーストで行いましょう。

着金したらホーム画面に金額が表示されます。

3.エンジンコインを購入する

引用:Coincheck

無事入金できたら、いよいよエンジンコインを購入していきます。

「販売所」→「ENJ」→「購入する」と進みましょう。日本円で購入金額を入力し「日本円でENJを購入」→「購入」をタップで完了です。

「ウォレットを確認」を押すと残高が確認できます。

エンジンコイン(ENJ)が購入できるおすすめの国内取引所3選

エンジンコインの購入を検討しているなら、比較的価格の安い今が買い時です。

そのためにも、まずは取引所の口座開設を済ませておきましょう。

エンジンコインの購入におすすめの国内取引所は次の3つです。

スクロールできます
名称CoincheckGMOコインDMMビットコイン
取扱通貨数29種類26種類38種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:なし
・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:販売所・取引所
・現物取引:販売所
・レバレッジ取引:販売所
取引手数料(ENJ)・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:なし
・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:Maker -0.03%・Taker 0.09%
・レバレッジ取引:無料
・販売所:無料(スプレッドあり)
・レバレッジ取引:無料
・BitMatch取引単位1あたり:1円(現物取引)
・BitMatch取引単位100あたり:37円(レバレッジ取引)
最低取扱金額(ENJ)・販売所:500円〜
・取引所:なし
・取引所:0.5 ENJ/回
・販売所:1 ENJ/回
・販売所:1 ENJ / 回
・レバレッジ取引:10 ENJ / 回
入金手数料・暗号資産:無料
・銀行振込:無料
・コンビニ入金:3万円未満770円、3万円以上1018円
・クイック入金:3万円未満770円、3万円以上1018円
・即時入金:無料
・振込入金:同一銀行間無料
・クイック入金:無料
・振込入金:無料
(銀行手数料はユーザー負担)
出金手数料407円無料無料
送金手数料(ENJ)99.0 ENJ無料無料
レバレッジ倍率なしなし最大2倍
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/https://coin.z.com/jp/https://bitcoin.dmm.com/
※2024年7月時点

それぞれくわしく解説します。

エンジンコイン(ENJ)が購入できる国内取引所3選
  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

Coincheck(コインチェック)

引用:Coincheck

名称Coincheck(コインチェック)
取扱通貨数種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:なし
取引手数料(ENJ)・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:取扱なし
最低取扱金額(ENJ)・販売所:500円〜
・取引所:取扱なし
入金手数料・暗号資産:無料
・銀行振込:無料
・コンビニ入金:3万円未満770円、3万円以上1018円
・クイック入金:3万円未満770円、3万円以上1018円
出金手数料407円
送金手数料(ENJ)99.0 ENJ
レバレッジ倍率なし
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
2024年7月現在
Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 初心者でもアプリが見やすく使いやすい
  • ワンコイン(500円)から仮想通貨が買える
  • マネックスグループでセキュリティ万全

コインチェックは、アプリの見やすさ・使いやすさに定評のある取引所です。

そのため初心者がまず選ぶ取引所としておなじみでもあります。

販売所・取引所ともワンコイン500円から仮想通貨が買えるため、手軽に始められるのが魅力です。

また、マネックスグループであることからセキュリティ面でも信頼感の高い取引所です。

GMOコイン

引用:GMOコイン

名称GMOコイン
取扱通貨数26種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:販売所・取引所
取引手数料(ENJ)・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:Maker -0.03%・Taker 0.09%
・レバレッジ取引:無料
最低取扱金額(ENJ)・販売所:0.5 ENJ / 回
・取引所:1 ENJ / 回
入金手数料・即時入金:無料
・振込入金:同一銀行間無料
出金手数料無料
送金手数料(ENJ)無料
レバレッジ倍率なし
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
2024年7月現在
GMOコインの特徴
  • 各種手数料が無料
  • 現物・レバレッジ取引両方に対応
  • GMOグループでセキュリティ万全

GMOコインは、GMOクリック証券・FXプライム by GMOなどの金融サービスを有するGMOグループ運営の取引所です。

そのため堅牢なセキュリティ体制が整っており、安心して利用できます。

現物・レバレッジ取引の両方に対応し、取扱通貨数も多いため、短期トレードから中長期トレードまで幅広い楽しみ方が可能です。

DMMビットコイン

引用:DMM Bitcoin

名称DMM Bitcoin
取扱通貨数38種類
取引形式・現物取引:販売所
・レバレッジ取引:販売所
取引手数料(ENJ)・販売所:無料(スプレッドあり)
・レバレッジ取引:無料
・BitMatch取引単位1あたり:1円(現物取引)
・BitMatch取引単位100あたり:37円(レバレッジ取引)
最低取扱金額(ENJ)・販売所:1 ENJ / 回
・レバレッジ取引:10 ENJ / 回
入金手数料・クイック入金:無料
・振込入金:無料(銀行手数料はユーザー負担)
出金手数料無料
送金手数料(ENJ)無料
レバレッジ倍率最大2倍
公式サイトhttps://bitcoin.dmm.com/
2024年7月現在
DMMビットコインの特徴
  • サポート体制が万全
  • 入出金・送金手数料が無料
  • レバレッジ取引に特化

DMM Bitcoinは、ネット証券も運営するDMMグループの取引所です。サポート体制が整っており、365日LINEから問い合わせ・相談できます。

入出金・送金手数料のいずれも無料で使えるため、コストの面で負担になりません。レバレッジ取引に特化していることから、中級者以上に特におすすめです。

エンジンコイン(ENJ)の今後についてよくある質問

ここでは、エンジンコインの今後に関してよくある質問を見ていきましょう。

エンジンコイン(ENJ)の今後についてよくある質問
  • エンジンコインの史上最高値は?
  • エンジンコインの価格はなぜ高騰したの?
  • エンジンコインは今後いくらになる?
  • 今から10,000円分買っておくと10年後にはいくらになる?
  • エンジンコインは終わったの?

エンジンコインの史上最高値は?

エンジンコインの史上最高値は約716円で、2021年11月に記録しました。

引用:CoinMarketCap

2024年5月時点では最高値の13分の1まで価格が下落していますが、今後のNFTやNFTゲームの盛り上がりによって、再び価格を上げる可能性は十分にあるでしょう。

エンジンコインの価格はなぜ高騰したの?

エンジンコインは、2021年から2022年にかけて大きな価格上昇を見せました。

これは、同時期に仮想通貨ブームとNFT市場の盛り上がりがあったことが原因です。

エンジンコインはNFTゲームの関連銘柄であることから、市場が盛り上がると同時に需要も高まり、価格が高騰したと考えられます。

エンジンコインは今後いくらになる?

8年後までの価格を予想したサイトによると、4年後には最大246円、8年後には最大732円まで上昇するとされています。

8年後には最低でも600円台まで上がるとの見方もあり、少なくとも現在の20倍、最大で現在の24倍まで上昇すると考えられます。

今から10,000円分買っておくと8年後にはいくらになる?

2024年60月現在の価格、30円でエンジンコインを10,000円分買った場合で計算してみましょう。

10,000円分のエンジンコインは約333ENJです。

エンジンコインを10,000円分買った場合
  • 8年後600円(約20倍)になった場合…333×600=199,800円
  • 8年後730円(約24倍)になった場合…333×730=243,090円

予想通りに価格が上がった場合、1万円が最低でも約20万円から24万円ほどになると考えられます。

※あくまで予想価格なので、投資は自己責任で行ってください。

エンジンコインは終わったの?

エンジンコインの最高値が2021年に716円をつけ、現在33円ということを考えると「もう終わったのでは?」と感じる方もいるでしょう。

しかし、2024年現在は仮想通貨やNFT、メタバースなどは発展途上の市場です。

そのため、終わったというよりこれから市場が拡大していくと考えるほうが自然でしょう。

まとめ

エンジンコインは、将来性に期待できる仮想通貨のひとつです。

今後NFTゲームやメタバースの市場が拡大していけばエンジンコインの需要も高まり、価格の上昇が期待できます。

5年後から8年後のエンジンコインの価格予想でも、執筆時点から20〜24倍ほど伸びるという見方もありました。

そのため、長期視点で見ても有望な投資対象だと判断できます。

まずはCoincheck(コインチェック)で口座開設し、少額からエンジンコインを買ってみましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次