【画像付き】GMOコインの登録・口座開設方法を解説!審査に落ちたときの対処法も紹介

GMOコインで口座開設したいけど登録方法がわからないと、後回しにしている方もいるのではないでしょうか。

仮に現物ビットコインETFが承認された際、盛り上がる絶好のタイミングで取引チャンスを逃すかもしれません。

本記事では「GMOコインの登録方法」を画像付きで解説しているので、初心者でもスムーズに口座開設を完了できるでしょう。登録審査に落ちない方法も紹介していますので、安心して手続きを始められます。

これからGMOコインの口座開設を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

GMOコイン登録-概要
  • GMOコインの基本情報
  • 口座開設基準
  • 審査に落ちる原因
  • 登録方法
  • 口座開設キャンペーン情報
目次

GMOコインとは?初心者向けにわかりやすく解説

引用:GMOコイン
GMOコインの特徴
  • 取引ツールが充実している
  • 取扱銘柄数が豊富(26種類)
  • 最短10分で取引を開始できる
  • セキュリティ対策が万全
  • 各種手数料は無料だから安心
運営会社GMOコイン株式会社
登録番号関東財務局 第00006号
取扱通貨26種類(2023年12月時点)
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:取引所
最小取引数量
(BTCの場合)
・現物取引
:販売所 0.00001BTC
:取引所 0.0001BTC
・レバレッジ取引
:取引所 0.01BTC
スマホアプリ・現物取引:◯
・レバレッジ取引:◯
最大レバレッジ2倍
公式HP公式HP

GMOコインは、最短10分で取引を開始できる国内仮想通貨取引所です。

即時入金手数料や出金手数料など各種手数料は無料で、初心者にもおすすめです。

「つみたて暗号資産」では、500円から積立投資できるため、低リスクな分散投資もできます。

GMOコインは、金融庁にも登録されているため、安全に利用できる取引所の1つといえます。

サイバー攻撃へのセキュリティ対策も万全なため、はじめて仮想通貨の取引をする方には最適です。

取引ツールが充実している

GMOコインのスマートフォンアプリは「ノーマルモード」「トレーダーモード」2つの取引ツールを切り替えて利用できます。

現物取引もレバレッジ取引も1つのアプリで対応しているため、初心者から上級者まで使い分け可能です。

ノーマルモードは、わかりやすく簡単に操作できるため、初心者にもおすすめです。販売所形式では「購入」「売却」のみで、むずかしい操作は一切ありません。

トレーダーモードは、販売所や取引所、レバレッジ取引、暗号資産FXと4つの取引に対応しています。

暗号資産FXは現物取引をせず、買いまたは売り注文で「建玉」を保有する投資手法になります。

高機能チャートを使った本格的なトレードもできるため、中・上級者にもおすすめです。

取扱銘柄数が豊富(26種類)

GMOコインの取扱銘柄数は、国内最大級の26種類です。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)をはじめ多くの仮想通貨銘柄を取り扱っています。

例えば、ビットコインをメインに投資しながら、様々なアルトコインに分散投資もできます。

レバレッジ取引ではビットコイン以外の取引もできるため、時価総額の低い銘柄に投資して大きなリターンを得られるかもしれません。

投資スタイルにあわせた取引も可能なため、様々な銘柄に幅広く投資したい方には最適です。

最短10分で取引を開始できる

GMOコインは、最短10分で取引を始められる取引所です。

平日・土日祝日問わず、365日対応のかんたん本人確認」を利用すれば、最短10分で取引を開始できます。(かんたん本人確認については後述)

ほかの取引所では申し込みから取引開始まで翌日から数日かかる場合もあり、仮想通貨を購入したいタイミングを逃してしまうかもしれません。

GMOコインは最短10分で取引を開始できるため、取引タイミングを逃すリスクを抑えられます。

セキュリティ対策が万全

GMOコインのセキュリティ対策は万全です。

なぜなら、今までの実績と経験に基づいてセキュリティ対策を行い、厳重な体制を整えているからです。

ユーザーから預かった資産はインターネットから隔離されたコールドウォレットで管理しています。資産を移動する際にも複数部署で承認する体制になっており、マルチシグも導入し、保管場所を分散してリスクを下げています。

秘密鍵とは、仮想通貨の所有者を証明する機密データです
マルチシグとは、仮想通貨の売買・送金をする際、複数の秘密鍵を利用する方法です。

不正アクセスへの対策として、アカウント乗っ取りを防止するために出金時や実績のない環境からのログインに対して2段階認証は必須です。

このようにGMOコインのセキュリティ対策は万全のため、安心して取引を行えます。

各種手数料は無料だから安心

ユーザーにとって気になる手数料は各種無料で利用できるため、安心して口座開設できるでしょう

GMOコインは、利用者の利便性を最優先に考えて運営しています。

即時入金手数料や日本円の出金手数料など無料で利用できるのは、ユーザーにとっても大きなメリットです。

手数料がかかる取引所の場合、入出金の回数によっては大きな出費になりかねません。

その点、GMOコインを利用すれば手数料を気にせず、入出金を何回しても無料です。

できるだけコストを抑えて取引をしたい方にはおすすめです。

GMOコイン口座開設の基準とは?

GMOコインでは口座開設に関して、独自の基準を設けています。

日本国内に居住する20歳以上の個人であったり、メールアドレスと電話番号でいつでも連絡に対応できたりと8つの基準すべてを満たさなければいけません

Coincheck(コインチェック)やbitbank(ビットバンク)のように、18歳から口座開設できる取引所もありますが、GMOコインで口座開設できるのは20歳以上です。

口座開設を申し込む際には、しっかりと確認しましょう。

口座開設で必要な本人確認書類

かんたん本人確認」と「画像アップロード」では、本人確認に必要な書類に違いがあるため、提出の際はよく確認してください。

以下は、それぞれの提出に利用できる書類です。

スマートフォン限定サービス!「かんたん本人確認」

かんたん本人確認の書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カード不可)
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書

外国籍の方は「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」のみ提出できます。

かんたん本人確認以外の提出書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カード不可)
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書

外国籍の方は1点目の書類に「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」の提出が必須です。

「かんたん本人確認」と「画像アップロード」の方法では、提出できる必要書類が異なるため、必ず確認しておきましょう。

【画像付き】口座開設の手順をわかりやすく紹介

引用:GMOコイン

ここからは、口座開設の手順について画像付きで詳しく解説していきます。この記事を参考に手続きを進めてみてください。

口座開設手順
  1. メールアドレスを登録
  2. パスワード・2段階認証の設定
  3. お客さま情報を入力
  4. 本人確認の手続き
  5. 口座開設コードを入力・取引開始

1.メールアドレスを登録

GMOコイン公式サイトにアクセスします。

口座開設」をタップし、メールアドレスを入力します。

続いて「私はロボットではありません」にチェックを入れ、セキュリティ認証のガイダンスに従って操作を進めましょう。

次に「口座を開設する」をタップすると、登録したメールアドレスあてにパスワード設定用の認証メールが送信されます。

2.パスワード・2段階認証の設定

認証メールが届いたら、URLをクリックしてください。

パスワード設定画面がひらいたら、パスワードを設定しましょう。

設定が完了したら、2段階認証の設定画面に切り替わり、電話番号を入力し「コードを送信」をタップします。入力した電話番号を再確認し、もう一度「コードを送信」をタップしてください。

送信された認証コードを入力し「認証する」をタップして2段階認証の設定は完了です。

3.お客さま情報を入力

続いて、本人情報を入力していきましょう。

画面の指示どおりに「名前」「生年月日」「住所」などを入力してください。

すべて入力し、内容に誤りがなければ「ご本人確認書類の提出へ」をタップします。

ここで入力する内容は、提出する本人確認書類の情報とすべて同一の内容にしましょう。1箇所でも入力内容に違いがあれば、審査はスムーズに完了しません。

4.本人確認の手続き

本人確認の手続きはかんたん本人確認」か「画像アップロード」の2つから選択できます。

かんたん本人確認なら、審査をスムーズにクリアできると最短10分で取引を開始できます。

かんたん本人確認とは?

かんたん本人確認は、スマートフォン限定のサービスです。必要書類と本人写真を撮影し、本人確認の手続きをオンラインで完結できます。

24時間受付しているため、好きなタイミングで申し込めます。なお、面倒な郵便物の受け取りもありません。

手順は「かんたん本人確認」を選択し、画面の指示に従って撮影してください。

画像アップロードとは?

画像アップロードを選択した場合、本人確認書類は2点必要になります。

PCまたはスマートフォンからアップロードし、審査完了後に「口座開設のお知らせ」が送付されます。

本人確認書類は以下のとおりです。

外国籍の方は、1点目の書類に「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」の提出が必須になるため注意しましょう。

5.口座開設コードを入力・取引開始

「かんたん本人確認」もしくは「画像アップロード」で確認書類の提出まで完了したら、次は口座開設コードの入力をしていきましょう。

「かんたん本人確認」の場合、審査完了後にメールで「口座開設コード」が送付されます。

ログイン後、会員ホームの画面にメールで届いた口座開設コードを入力して、2段階認証の認証コードを入力して口座開設は完了です。

画像アップロードの場合、審査完了後に郵送で「口座開設コード」が送付されてきます。

こちらも同様に、ログイン後、会員ホームの画面に届いた口座開設コードを入力して、2段階認証をすると口座開設は完了です。

仮に、メールで口座開設コードが届かない場合は、以下の点を確認・実行してみましょう。

口座開設コードが届かない場合
  • GMOコインのメール受信設定「no-reply.coin.jp@z.com
  • 迷惑フォルダーの確認
  • SMSへ有効期限間近ののお知らせ

【最短10分】口座開設をスムーズに行う方法

ここでは、GMOコインの口座開設時間を最短10分にするコツについて解説します。

口座開設をスムーズに行う方法
  • かんたん本人確認を利用する
  • メンテナンス時間を避けて申し込む

かんたん本人確認を利用する

口座開設にかかる時間を短くするなら、「かんたん本人確認」を利用しましょう。

郵送の手続きは不要で、オンラインで手続きを完結できます。

24時間いつでも申し込めるため、最短10分で口座開設が完了します。

ただし、本人確認書類記載の内容と入力した内容に相違があれば、すぐに口座開設はできません。

ほかにも不明点が発生した場合は、GMOコインのサポートから入力内容の確認をするためにメールなどで問い合わせが入る可能性はあります。

また、スマートフォン限定のサービスである点にも注意しましょう。

メンテナンス時間を避けて申し込む

口座開設時間を短くするなら、メンテナンス時間を避けましょう。

GMOコインは定期メンテナンスを行っているため、該当時間に申し込んでも審査対応できないのです。

定期メンテナンス時間である毎週土曜日の9:00〜11:00の間は、ログインできません。

また、定期メンテナンスの延長や緊急メンテナンスなども発生する可能性はあります。

なお、緊急メンテナンス情報は公式サイトの「ニュース」から確認できます。

参考:システムメンテナンスについて

GMOコインの入金方法・出金方法

入金方法はいくつかあるため、それぞれの特徴を理解しておくと便利に利用できるでしょう。

入金方法

入金方法は2種類(即時入金・振込入金)あります。

入金方法
  • 即時入金
  • 振込入金

即時入金

即時入金は、インターネットバンキングの口座から入金すると、GMOコインの専用口座にリアルタイムで反映されるサービスです。

一部の時間帯を除いて24時間、いつでも入金できます。仮想通貨をすぐに取引したい方には、便利な入金方法でしょう。しかも、即時入金にかかる入金手数料は無料です。

即時入金は、会員ホーム画面から入出金の「日本円 」→「銀行」を選択し「入金額」→「入金開始」をタップすることで行えます。

以降は、各金融機関のサイトに遷移してから手続きを行ってください。

Pay-easyで入金する場合は、入金額相当の暗号資産(仮想通貨)の送付が7日間制限されるため注意してください。

Pay-easyとは、24時間365日パソコンやスマートフォン、携帯電話からすぐに支払えるサービスです。

また、即時入金の状況によっては、すぐに反映されないケースもあります。毎月第3日曜日0:00~6:00の間は、提携機関のメンテナンス(実施時間は変更の可能性あり)のため利用できません。

振込入金

振込入金は、各金融機関のインターネットバンキングやATM、銀行窓口から振込できる、GMOコインのユーザー専用口座へ入金できるサービスです。

入金額に上限はなく、どの金融機関からでも振込できます。振込先は24時間365日受付のリアルタイム入金できる、GMOあおぞらネット銀行と楽天銀行の2つのみです。

振込方法は、会員ホーム画面から入出金の「日本円 」→「振込入金」をタップすると、振込可能です。

出金方法

GMOコイン-日本円出金

出金方法は、会員ホーム画面から入出金の「出金」を選択し、登録している金融機関を確認して出金依頼額を入力します。

次に「SMSで2段階認証コードを受け取る」をタップし、登録している電話番号に送信された6桁の認証コードを入力して「確認画面へ」をタップします。

1回の最低出金額は10,000円ですが、全額出金を選択した場合は最低出金額に制限はありません。

なお、出金を依頼した日の17時までなら出金依頼は取消できます 。

GMOコインの審査に落ちる考えられる原因

本章で紹介する以下の点を理解しておけば、スムーズに審査をクリアできるでしょう。

審査落ちの理由
  • 暗号資産を購入できる経済状況ではないと判断された
  • リスク管理能力に問題があると判断された

暗号資産を購入できる経済状況ではないと判断される

申し込んだ際に暗号資産を購入できないと判断されると、口座開設できない可能性があります。

申込時の入力内容によって、審査されるからです。

例えば「職業」「年収」「金融資産」の入力項目では、投資できる経済状況かどうかを判断します。無職や資産0円などで回答すると、審査に落ちる可能性は高くなるでしょう。

仮に会社員だとしても、投資できる経済状況にあると認められなければ、審査に落ちるかもしれません。

リスク管理能力に問題があると判断される

投資方針や取引の目的などの回答次第では、リスクを理解していないと判断されるかもしれません。

暗号資産の購入には、少なからずリスクが生じるからです。

レバレッジ取引で大きな利益を狙っていると判断された場合は、審査に落ちるかもしれません。ギャンブル目的で暗号資産を購入しようとしている方は注意してください。

前もって原因を理解していれば、審査落ちを回避できる可能性は高くなります。

とはいえ、審査は利用者を守るために存在している点は理解しておきましょう。

GMOコインで口座開設できないときの対処法

口座開設できないときの対処法を理解していれば、再申し込みや他社への申し込みで口座開設できる可能性は高くなるでしょう。

口座開設できないときの対処法
  • 自身の経済状況を改善する
  • 他社に申し込んでみる

自身の経済状況を改善する

対処法として、自身の経済状況を改善する必要があります。

年収の低さや金融資産の少なさを改善しなければ、審査に通る確率は上がりません。

金融資産残高を高くするために年収の上がる職業を探したり、雇用形態をアルバイトから正社員に変更したりと現状の改善は大切です。

時間はかかりますが、経済状況を改善するのがもっとも良い方法でしょう。

他社に申し込んでみる

取引所によって審査基準は異なるため、1つの取引所で審査に落ちたとしても、他社の審査にはクリアできるかもしれません。

この際にも、申し込み時の入力内容には注意してください。できるだけ、前述した内容に気をつけながら入力しましょう。

ただし虚偽の申告は絶対に避けるべきで、正確な情報を入力しましょう。

GMOコイン以外の取引所に申し込む場合は、おすすめの仮想通貨取引所を参考にしてください。

【初心者向け】暗号資産を購入できるおすすめの取引所

ここからは、初心者にもおすすめの取引所を3つ紹介します。

それぞれの特徴を理解して、ご自身にあった取引所をみつけてください。

おすすめの取引所
  • Coincheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • SBI VC トレード

Coincheck|初めての方におすすめ

引用:Coincheck
名称Coincheck(コインチェック)
取扱通貨数29種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
最小取引数量
(BTCの場合)
・現物取引(販売所): 0.001BTCかつ500円
・現物取引(取引所):0.005BTCかつ500円
・レバレッジ取引なし
スマホアプリ・現物取引:◯
・レバレッジ取引:ー
最大レバレッジ
公式HP公式HP
Coincheck(コインチェック)の特徴
  • 初心者にも使いやすいシンプルな操作画面
  • 取引所形式のビットコイン取引手数料は無料
  • 仮想通貨取引以外のサービスも豊富

Coincheck(コインチェック)の取扱通貨数は、国内最大級の仮想通貨取引所です。

販売所形式と取引所形式いずれも500円から仮想通貨を購入できる点が特徴です。

初心者にも使いやすいシンプルな操作画面のため、仮想通貨の取引を初めてする方でも利用しやすいでしょう。

取引所形式のビットコイン取引手数料は無料で、さらに銀行振込での入金手数料も無料です。

仮想通貨取引以外のサービスも豊富で、NFTマーケットプレイス「CoinchcekNFT」の運営やCoincheckでんきやCoincheckガスのサービスも提供しています。

電気代やガス代は、本サービスを利用して支払うとビットコインを貯められます。

Coincheckの情報をさらに詳しく知りたい方は、利用者からの口コミも確認できるCoincheckの評判をご覧ください。

bitFlyer|ビットコイン取引量No.1

引用:bitFlyer
名称bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱通貨数22種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:取引所
最小取引数量
(BTCの場合)
・現物取引(販売所): 0.00000001 BTCかつ1円
・現物取引(取引所):0.001 BTC
・レバレッジ取引(販売所): 0.00000001 BTC
・レバレッジ取引(取引所): 0.01BTC
スマホアプリ・現物取引:◯
・レバレッジ取引:◯
最大レバレッジ2倍
公式HP公式HP
bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • 口座開設が最短10分
  • 1円からビットコインを買える
  • 業界最長の 7 年以上ハッキング被害なし

bitFlyer(ビットフライヤー)は、クイック本人確認を利用すれば最短10分で口座開設できます。

1円から仮想通貨を購入できるため、初めて仮想通貨取引をする方でも低リスクで始められるでしょう。

また、株式会社pafinとの資本業務提携で、これまで個人では複雑と感じる仮想通貨の税務申告手続きを簡便化できるようになりました。

bitFlyerは、業界最長の 7 年以上ハッキング被害はなく、初心者でも安心して利用できる取引所の1つです。

セキュリティ対策として、不正ログインを防止するためにログインパスワードと別に認証コードによる多要素認証を取り入れています。

SBI VC トレード|取扱銘柄は20種類

引用:SBI VCトレード
名称SBI VC トレード
取扱通貨数20種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:販売所
最小取引数量
(BTCの場合)
・現物取引(販売所):0.0001BTC
・現物取引(取引所):0.00001 BTC
・レバレッジ取引(販売所): 0.001BTC
スマホアプリ・現物取引:◯
・レバレッジ取引:◯
最大レバレッジ2倍
公式HP公式HP
SBI VC トレードの特徴
  • 入出金手数料が無料
  • 取扱銘柄は20種類
  • 500円から積立できる

SBI VC トレードは、SBIグループの100%子会社SBI VCトレード株式会社の運営する仮想通貨取引所です。

現物取引をはじめレバレッジ取引や積立、貸コイン、ステーキング(預ける)と様々なサービスを提供しています。

取扱銘柄は20種類取り扱っているため、リスク回避として様々な銘柄に分散投資したい方には最適です。

500円から積立投資もできるため、コツコツ積立したい方の利用にも向いています。

また、日本円の入出金手数料は無料な上、仮想通貨の入出庫手数料もすべて無料です。

スマートフォンアプリの取引ツールもシンプルな画面のため、取引操作にも迷いません。

GMOコインの評判・口コミ

この章では、GMOコイン利用者の実際の口コミをまとめました。

評判や口コミについて知りたい方は、口座開設する際の参考にしてください。

良い評判・口コミ

使いやすい!
メディアへの露出が多く、GMOコインという名前は知っていたため、申し込みました。とても使い勝手が良く、満足しています。購入・売却が大きなボタンをタッチで完了です。気をつけるのは、常に値動きしているので慎重な判断が必要かと思います。トレーダーの方には単純すぎて物足りないかもしれません。最も良い点が、楽天銀行であれば入金が無料なところです。一円でも無駄にしたくない投資なのに、振込手数料を支払うなんてもったいないです。

引用元:みん評

ネット大手GMOが運営する仮想通貨取引所
ネット大手GMOが運営する仮想通貨取引所です。
他にも仮想通貨取引所がありますが、GMOコインが一番利用しやすかったです。
なにより、GMOはネット業界で大手の部類に入るので、仮想通貨という不安な通貨を運営するには
信頼がおける会社で取り引きしたいと思い、GMOコインを利用しました。
さすがGMOが手がける取引所だけあって、サイトは非常に利用しやすいです。
レイアウトも素人の私でも簡単に分かるようになっていて、非常に使いやすいです・

引用元:みん評

大手GMOグループの運営する仮想通貨取引所のため安心して利用でき、サイトは利用しやすく初心者でもわかりやすいといった意見もありました。

板取引もでき、手数料無料の点も気に入っているといった口コミもあります。

積極的に新しい通貨の取扱いも行っており、口座開設をおすすめしている口コミもありました。

初心者にも使いやすい各種手数料無料な点にも、満足している方は多いようです。

悪い評判・口コミ

ひどいやりとりで、日本人以外のユーザーにとっては非常に歓迎されません。名前の不一致(姓にスペース)があるため、払い戻しを行うことができません。援助する気がない。絶対に避けてください

引用元:Google Map

経緯は不明ですが、海外の方から日本人以外の利用は避けたほうがいいとの意見がありました。

入金の反映が不安定との口コミもあり、利用した金融機関とGMOコインとで反映される時間のズレで、このような事象が起きているのかもしれません。

GMOコインから他社に仮想通貨を送付する際に、トラベルルールの影響でできなかったとの口コミもあります。

結果、入出金に関しての悪い口コミはある一方で、安心して利用できるといった意見や初心者にも使いやすい意見もありました。

ただ、今回の口コミだけで判断せずに、いい意見も悪い意見も参考程度に検討していただくといいでしょう。

さらにGMOコインの評判について知りたい方は、関連記事もご覧ください。

GMOコインのキャンペーン情報

GMOコインでは、ユーザにもお得なキャンペーンを実施しています。

仮想通貨の取引以外にも、毎日現金が当選するチャンスがあるためワクワクできるでしょう。

詳細が気になる方はチェックしてみてください。

キャンペーン情報
  • 暗号資産の購入で毎日10人に1,000円当たる
  • 暗号資産FXで毎日1人に10,000円あたる

暗号資産の購入で毎日10人に1,000円当たる

引用:GMOコイン
GMOコイン-キャンペーン詳細

1つ目は、暗号資産(仮想通貨)を購入すると、毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンです。

取引時間内の毎日6:00 〜 翌 5:59に「販売所」の暗号資産(仮想通貨)購入金額が合計500円以上または「つみたて暗号資産」の暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入すると対象になります。

売却は対象とならないため注意しましょう。

なお、GMOコインで取り扱っているすべての銘柄の取引を対象としています。

暗号資産FXで毎日1人に10,000円あたる

引用:GMOコイン
GMOコイン-キャンペーンFX詳細

2つ目は、暗号資産FXのトレードをした方を対象にした毎日1人に10,000円があたるキャンペーンです。

取引時間(毎日6:00 〜 翌 5:59)中の暗号資産FXの新規取引金額が600万円以上の方が対象です。

日頃からFXメインでトレードしている方は、参加するのに最適なキャンペーンといえます。

このようなキャンペーンに参加すると、仮想通貨取引以外の楽しみもできるためおすすめです。

GMOコインの口座開設についてよくある質問

GMOコインは20歳未満でも口座開設できますか?

GMOコインでは、20歳からしか口座開設できません

口座開設基準で決められているからです。

どうしてもGMOコインで口座開設をしたいなら、親の名義で代わりに開設してもらう方法もあります。

かんたん本人確認ができない原因は何ですか?

申し込みしてから一定時間内で手続きを完了していない可能性はあります。

長時間手続きを中断していると、やり直しになるため注意してください。

また、メンテナンス中もしくはメンテナンス直前が原因の可能性もあります。

定期メンテナンス時間の毎週土曜日の9:00〜11:00とその前後に申し込むのは避けましょう。

GMOコインの審査時間はどれくらいかかりますか?

かんたん本人確認」を利用すれば、最短10分で完了します。

ただし、審査状況によっては10分以上かかるケースもあるでしょう。

手続き完了後は、メールと会員ページに案内が届きます。

あきらかに遅い場合は、申し込みの殺到や申込内容に不備があるなどの場合もあります。

土日の口座開設にも対応していますか?

土日でも対応しています

GMOコインは審査体制の強化によって、平日も土日祝日も24時間、審査を受け付けています。

よって、口座開設したい方はいつでも申し込み可能です。

GMOコインの問い合わせ先はどこですか?

GMOコインの問い合わせ先は「お問い合わせフォーム」またはチャット(平日9:00〜18:00)から利用できます。

GMOコインを登録するときにマイナンバーは必要ですか?

マイナンバーは必須ではありません。

マイナンバー以外の書類でも登録は可能です。

必要書類は公式HP「口座開設のご案内」より確認できます。

口座開設コードが届かない原因は何ですか?

口座開設コードの記載されたメールが、迷惑メールフォルダに入っているケースもあります。まず迷惑メールフォルダを確認してみましょう。

次に、GMOコインの受信設定をしてみてください。

GMOコイン:「no-reply.coin.jp@z.com

設定すれば、GMOコインからのメールを受信できます。

また、口座開設コードには有効期限があるため、期限間近の際はSMSにお知らせが届きます。

もし口座開設コードが届かないときは、電話番号あてに届いている通知を確認してみてください。

まとめ

GMOコインの登録は「かんたん本人確認」を利用すれば、最短10分で行えます。

申し込み前に必要書類を準備しておけば、スムーズに口座開設できるでしょう。

GMOコインのサービスは各種手数料が無料ですし、初心者から上級者まで対応したスマートフォンアプリも使いやすいです。これから仮想通貨を始める方にも最適の取引所といえます。

ただし、仮想通貨取引をする際は資産状況やリスクをきちんと把握しておきましょう。

あくまでも余剰資金の範囲で、少額から始めてみてください。

この記事で紹介した、口座開設手順を参考にGMOコインで口座開設してみましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次