【初心者は見て!】NFTの買い方・始め方を分かりやすく解説!稼ぎ方や出品方法もご紹介

近年NFT市場は拡大してきており、国内でも注目が高まってきています。

しかし、NFTに興味があってもどのように購入すればいいのか分からない方もおられるでしょう。

そこで、今回の記事ではNFTの買い方・始め方について初心者にも分かりやすく解説していきます。

合わせて、NFTで稼ぐ方法や出品方法などについても解説していくのでぜひ最後まで読んでくださいね。

この記事でわかること
  • NFTはブロックチェーン技術により偽造や改ざんがされにくい代替不可能なデジタル資産
  • NFTの買い方・始め方は5つのステップで簡単
  • 必要なものは仮想通貨取引所の口座、ウォレット、NFTマーケットプレイスへの登録のみ
  • NFTは将来価値が上昇する可能性があり、転売などで稼げるため人気
  • NFTを購入できるおすすめマーケットプレイス はCoincheckNFTβ版、LINENFT、OpenSea
  • NFT作品の購入や販売に必要な仮想通貨を購入するならCoincheckがおすすめ

NFTマーケットプレイスでNFT作品の購入や販売をするには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要な場合が多いです。

仮想通貨を購入するには、国内のアプリダウンロード数No.1の仮想通貨取引所Coincheckがおすすめです!

仮想通貨を500円と少額から購入できるため、手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

おすすめの仮想通貨取引所が知りたい方は、他の記事をご覧ください。

目次

NFTは代替不可能なデジタル資産

まずはNFTとは何かその特徴について詳しく解説するので、ぜひポイントを押さえてくださいね。

記録の改ざんが困難

NFTとは、Non-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)の略称で「非代替トークン」と言われます。

NFTはブロックチェーン技術により偽造や改ざんがされにくく、デジタルコンテンツを唯一無二の価値を証明できることが特徴です。

ブロックチェーン技術とは、情報通信ネットワーク上にある端末同士を直接接続して、取引記録を暗号技術を用いて分散的に処理・記録するデータベースの一種(参考:総務省の公式サイト

つまり、NFT作品はブロックチェーン技術によりNFTの持ち主や取引履歴が分かり、他のものと代替できないため希少価値が付きやすいことが特徴です。

NFT作品にはNFTアートやゲーム、スポーツ、音楽など様々なものがあります。

デジタル市場で取引・販売ができる

NFT作品はNFTマーケットプレイスなどデジタル市場で取引・販売がすることが可能です。

NFTはブロックチェーンによって管理されているため、所有するNFTは自由に売買ができます。

NFT作品のなかには高い価値が付いて数十億の高額で落札されたものも存在します。

2021年には小学生の描いたNFTアートが240万円もの高値で売買されたことが話題にもなりました。

誰でも作成できる

また、NFTはだれでも簡単に作成ができることも特徴です。

自作のイラストを使ったNFTを作成したり、NFTゲームのアイテムを作成したりできるため参入の敷居が低いと言えます。

偽造や盗作される心配がなく、作品が他の人の手に渡ってもご自身の作品であることを証明できるため安心です。

ブロックチェーンに関する難しい知識がなくても始められますよ。

NFTの買い方・始め方【スマホでも簡単】

続いて、NFTの買い方・始め方を手順に沿ってご紹介します。


1.国内の仮想通貨取引所で口座開設する

NFTを購入するためにはイーサリアム(ETH)などの仮想通貨が必要であることが多いため、仮想通貨取引所で口座を開設していきましょう。

まず、Coincheckの公式サイトにアクセスをして「会員登録」をクリックします。

メールアドレスを登録しアカウントを作成後、基本情報の入力と本人確認を行っていきます。

Coincheckでは、スマホでクイック本人確認をすると最短翌日には口座開設が完了するためおすすめです。

本人確認書類として下記の書類を手元に用意しておきましょう。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードまたは在留カード等の顔写真付き本人確認書類

銀行の口座を登録後、本人確認の審査完了メールまたはハガキを受け取って口座開設が完了します。

2.仮想通貨を購入する

口座開設が完了すると口座に入金し、仮想通貨を購入しましょう。

CoincheckNFT(β版)では、イーサリアム上のブロックチェーンを利用しているので、NFTを売買する際はイーサリアム(ETH)が必要です。

まず、Coincheckにログインして左下の「販売所」をタップし、「購入したい暗号資産」から「イーサリアム(ETH)」を選択しましょう。

「購入」をタップし、日本円で購入金額を入力後、「日本円でイーサリアムを購入」をタップします。

その後「購入」をタップすると購入完了です。

3.NFTマーケットプレイスの会員登録をする

続いて、Coincheckが提供するNFTマーケットプレイスのCoincheckNFT(β版)の会員登録をしていきましょう。

まず、Coincheckへログインをしてメニューから「Coincheck NFT(β版)」をタップします。

そしてCoincheck NFT(β版)が開けたら会員登録は完了です!

Coincheckの口座が開設できた時点で、ほぼCoincheck NFT(β版)を利用する準備はできているため簡単ですよ。


4.ウォレットを作成し仮想通貨を送金する

続いて、ウォレットを作成していきましょう。

ウォレットは仮想通貨やNFTの保管やNFTゲームと接続して決済するために必要です。

国内外多くのNFTマーケットプレイスでは「MetaMask(メタマスク)」が対応ウォレットとなっています。

MetaMaskの作成は、公式ウェブサイトの画面右上の「Download」をクリックし、アカウント登録をするだけで簡単です。

ウォレットの作成が終わったら、Coincheckのウォレットにイーサリアムを送金しましょう。

送金方法は、まずCoincheckにログインし「ウォレット」をクリックします。

送金先リストの宛先にご自身のMetaMaskのアドレスを貼りつけ、宛先を追加しましょう。

※アドレスをコピペすると間違えないで済むのでおすすめです。

そして、送金したい金額を入れて「送金」をクリック、2段階認証を設定後完了します。


5.NFTを購入する

送金が終わったら、Coincheck NFT(β版)でNFTを購入していきます。

購入したいNFTを見つけて選択すると購入画面へ移動します。

詳細を確認してよければ「購入確認」→「購入」をクリックすれば下の画面が表示されて完了です。

このようにCoincheck NFT(β版)では簡単なステップでNFTの購入が可能です。

CoincheckはNFTマーケットプレイスだけでなく、ビットコインがお得に貯まるCoincheckでんきやCoincheckガスなど他にもさまざまなサービスを提供しているため口座を1つ持っておくと便利でしょう!

現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中なのでぜひチェックしてみてください。

NFTを購入するメリット

続いて、NFTを購入するメリットについて3つ確認していきましょう。

将来価値が上昇する可能性がある

NFTを購入するメリットの1つ目は、将来価値が上昇する可能性があることです。

NFTは代替不可能であり希少価値が高いため、価値が上昇し大きな収益を得られる可能性があります。

過去に元値の10倍から100倍以上の値段が付くNFT作品もありました。

NFTは破損や紛失など物理的な損害がないことも価値が上がりやすい要因と言えますね!

誰でも出品と購入ができる

NFTを購入するメリットの2つ目は、NFTはブロックチェーンによって管理されているため誰でも出品と購入ができることです。

共通の規格で発行されているNFTであれば異なる場所で利用することも実現できます。

例えば、あるゲーム内アイテムやキャラクターNFTを他のゲームでも使うことが可能になります。

このように取引の自由度が高いことがNFTが人気が高い理由と言えるでしょう。

NFTで稼ぐことができる

NFTを購入するメリットの3つ目は、NFTは転売(二次流通)により稼げることです。

NFTを安く買い価値が上がった後に高く売れば大きく儲けられます。(※取引額の数%は作者に還元)

マーケットプレイスによって、NFT作品の2次販売ができないところもあるため、利用規約を事前にしっかり確認してから売買を始めましょう。

NFTで稼ぐ方法

続いて、NFTで稼ぐ方法を3つご紹介するので、ぜひポイントを押さえてくださいね。

NFT作品をマーケットに出品する

NFTで稼ぐ方法の1つ目は、NFT作品をマーケットに出品することです。

自分でアートなどを作成後、NFTマーケットプレイスに出品し売れるとお金を稼げます。

値段設定は数千円〜数千万円まで幅広く可能ですが、平均相場は約1,000円〜1万円程度となっています。

NFT作品は希少価値があるため、高い価値が付いて売れると大金を稼ぐことも期待できます。

NFTゲームをプレイをする

NFTで稼ぐ方法の2つ目は、NFTゲームをプレイをすることです。

「クエストをクリアする」などのゲーム内の条件を達成することで仮想通貨の報酬をもらえます。

なかにはNFTゲームでお金を稼いで暮らしているという人も存在します。

楽しみながらお金を稼げると考えるとワクワクしますよね。

また、NFTゲームに出てくるアイテムやキャラクターを自分で作成して売ることでも稼ぐことができますよ。

転売をして稼ぐ

NFTで稼ぐ方法の3つ目は、転売をして稼ぐことです。

NFTは転売が可能なものも多いため、価値が上がりそうな作品に目をつけておくとよいでしょう。

例えば、下記のような方法で将来的に価値の上昇を期待できるNFT作品を見つけやすいですよ。

・SNSで活動をシェアしている信頼性の高いクリエイターを確認
・Launchpad(新規プロジェクトを紹介するプラットフォーム)を確認する
・NFTプロジェクト情報サイトを確認(例:Rarity Tools、HowRare.isなど)

NFT購入時の注意点

続いて、NFT購入時には注意しておくべきことを主に3つご紹介します。

ガス代と呼ばれる取引手数料がかかる

NFT作品の購入にはガス代が発生する場合があります。

ガス代とはブロックチェーン上で取引などをおこなった際に発生するネットワーク手数料で、500円〜3,000円程度発生します。

NFTマーケットプレイスによってガス代は異なり、NFT作品自体よりもガス代の方が費用がかかることもあるため注意が必要です。

ただし、オフチェーンという仕組みを採用しているプラットフォームであればガス代が発生しません。

Coincheck NFTはオフチェーンの代表的なマーケットプレイスの1つなのでコストを抑えられますよ。

価値が下落する可能性がある

NFT作品は価値が大きく上がることが期待できる一方で、価値が下落する可能性もあるため注意が必要です。

NFTは侵攻市場であるため価格変動が激しくなりやすい特徴があります。

また、多くのNFTマーケットプレイスで購入する際に必要な仮想通貨は常に価格が変動しています。

いきなり高額投資をしてしまうと大損失を受ける可能性もあるため気をつけましょう。

セキュリティの問題がある

NFTマーケットプレイスにはハッキングなどセキュリティの問題があるため注意が必要です。

もしNFTマーケットプレイスがハッキングされると個人情報が盗まれる可能性があります。

そのため、セキュリティの高いNFTマーケットプレイスを選んだり、ご自身でも二段階認証を設定したりするなど、事前のハッキング対策を行うようにしましょう。

NFTを購入できるおすすめマーケットプレイス

続いて、NFTを購入できるおすすめ国内外マーケットプレイス について3つご紹介します。

NFTを購入できるおすすめマーケットプレイス
名称Coincheck NFT(β版)LINE NFTOpenSea
主なコンテンツゲームアセット/トレーディングカードゲーム、スポーツ、アーティスト、アニメ、イベント等NFTアート・音楽・NFTゲームなど
取引通貨イーサリアム(ETH)など10種類以上の通貨日本円(LINE Pay)、FINSCHIAイーサリアム(ETH)や ソラナ(SOL)など8種類
オンライン決済サービス「MoonPay」
販売手数料10%無料2.5%
公式サイト公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る

CoincheckNFTβ版

運営会社仮想通貨取引所Coincheck
運営開始年2021年3月〜
主なコンテンツゲームアセット/トレーディングカード
対応ネットワークイーサリアム(ETH)・Polygon(MATIC)等
対応通貨10種類以上の通貨
手数料販売手数料:10%
公式サイトCoincheck NFT(β版)の公式サイト
Coincheck NFT(β版)のおすすめポイント
  • 仮想通貨取引所Coincheckが運営する国内最大規模のNFTマーケットプレイス
  • 人気の高いNFTゲームのキャラクターやアイテムを売買できる
  • 入庫や出品や時のガス代(手数料)が無料

Coincheck NFT(β版)は、仮想通貨取引所Coincheckが運営する国内最大規模のNFTマーケットプレイスです。

Coincheck NFT(β版)ではイーサリアムなど10種類以上の通貨をNFT取引に利用でき、現在13万人のユーザーに利用されています。

ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムなどのNFT作品を仮想通貨でだれでも簡単に売買できることが魅力です。

さらに、入庫や出品や時のガス代(手数料)が無料であるためコストが抑えられることも人気の理由の1つと言えるでしょう。

仮想通貨取引所Coincheckのアカウントがあれば簡単に登録できるので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

LINENFT

運営会社LVC株式会社
運営開始年ゲーム、スポーツ、アーティスト、アニメ、イベント等
主なコンテンツ2022年4月13日
対応通貨日本円(LINE Pay)、FINSCHIA
手数料無料
公式サイトLINE NFTの公式サイト
LINE NFTのおすすめポイント
  • LVC株式会社が提供するNFTマーケットプレイスで人気
  • 仮想通貨「FINSCHIA」またはLINE PAYで簡単に決済可能
  • 自分のNFTをLINEの友だちにプレゼントするなどの楽しみ方も

LINE NFTは、仮想通貨取引所「LINE BITMAX」の運営も行っているLVC株式会社が提供するNFTマーケットプレイスです。

LINE NFTは、ゲーム、スポーツ、アニメなどのコンテンツを取り扱っていることが特徴です。

決済には暗号資産「FINSCHIA」が利用でき、暗号資産取引所「LINE BITMAX」で購入することが可能です。

また、手元に暗号資産がなくてもLINE PAYで簡単に決済できるため気軽に始めやすいですね。

購入したNFTはウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管できるため、ユーザーは手軽に自分のNFTをLINEの友だちにプレゼントするなどLINE NFTならではの楽しみ方もありますよ。

OpenSea(オープンシー)

運営会社OpenSea社
サービス開始年2017年12月
主なコンテンツNFTアート・音楽・NFTゲームなど
決済通貨イーサリアム(ETH)や ソラナ(SOL)など8種類
オンライン決済サービス「MoonPay」
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:2.5%
公式サイトOpenSeaの公式サイト
OpenSeaのおすすめポイント
  • 世界最大規模のNFTマーケットプレイス
  • 販売手数料が業界最安値の2.5%
  • 日本語にも対応しているため初心者でも安心

OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイスで、2400万点以上もの幅広いジャンルのNFTを取り扱っています。

有名アーティストなど著名人による販売もあり、高額なNFT作品も多数存在していることから世界中のユーザーに注目されています。

国内のNFTマーケットプレイスの販売手数料は10%前後のところが多いなか、OpenSeaでは2.5%と業界トップクラスの安さを提供しているためコストを抑えられることも魅力と言えるでしょう。

決済にはイーサリアム(ETH)や ソラナ(SOL)など8種類の仮想通貨やオンライン決済サービス「MoonPay」が利用できます。

また、OpenSeaはプロフィールから言語を選ぶだけで日本語に対応しているため、初めての方でも利用しやすいでしょう。

今回は人気の高い3つのNFTマーケットプレイスをご紹介しましたが、他にも知りたい方は下記の記事をチェックしてみてくださいね。

NFTの出品方法・売り方

続いて、NFTの出品方法・売り方を手順に沿って説明していきます。

1.NFT作品を用意する

まずNFT作品を用意しましょう。

例えば、NFTアートを作る場合には主に下記の4つの方法を利用することができます。

スマホアプリを利用(lbis Paint Xなど)
Photoshopやイラストレーターを利用
自身で描いた作品をデジタル化してアップロード
外注してでき上がった作品をNFT化

2.仮想通貨のウォレットを準備する

続いて、NFTマーケットプレイスに出品するために仮想通貨のウォレットを事前に用意しておく必要があります。

イーサリアム系の仮装通貨のウォレットとしてはMetaMask(メタマスク)が人気が高いです。

MetaMaskのウェブサイトからダウンロードをしてアカウント登録を作成するだけで簡単に作成できます。


3.NFTを出品する

NFTを出品するには、Coincheck NFT(β版)の「マイページ」に移動しましょう。

MetaMaskと接続されると「入庫前NFT」タブ内にユーザーが所有しているNFTの一覧が表示されるので、入庫したいNFTアイテムの画像を選択しましょう。

入庫ボタンが表示されるので「入庫」をクリックすると入庫が完了します。

入庫が完了すると「入庫済みNFT」から出品するNFT作品を選択します。

内容を確認してよければ「出品」をタップしましょう。

続いて、「受け取る通貨」と「出品金額」を設定していきます。

最後に「出品」をタップして完了です。

以上のようにCoincheck NFT(β版)では簡単なステップで出品ができるためおすすめです!

NFTの購入に関するよくある質問

以下では、NFTの購入に関するよくある質問に回答します。

NFTの購入に関するよくある質問
  • NFTはいくらから購入できますか?
  • NFTの今後の将来性はどうですか?
NFTはいくらから購入できますか?

NFTは基本的に売り手が自由に決めることができるため0.001イーサから購入可能です(イーサリアムの場合)。

日本円で言うと200円前後ですが、手数料が500円~1,500円ほどかかるため合わせて2,000円程度が最低購入ラインと言えるでしょう。

ただしNFTの価格は需要と供給によって価格が変動するため注意が必要です。

NFTの今後の将来性はどうですか?

近年NFTマーケットプレイスは急速に拡大しており、世界でもユーザー数が増加しています。

国内でも注目が高まってきているため、これからさらに市場が拡大していくと期待されています。(参考:首相官邸ホームページ

今後値上がりが期待できるNFT作品を購入しておくと大きく価値が上がる可能性がありますよ。

NFTを買うために必要なものは何ですか?

NFTを買うためには以下の3つが必要です。

・仮想通貨取引所の口座
・ウォレット
・NFTマーケットプレイスの登録

必要なものが少なく、簡単に登録ができるためNFTは誰でも始めやすい特徴があります。

NFTで儲けたお金は確定申告する必要がありますか?

NFTで利益が出た場合には、「譲渡所得」「事業所得」「雑所得」のいずれかに該当し、「総合課税」として税金を納める必要があります。

NFTの利益は、その他の所得と合算し所得金額に応じて税率が決定される累進課税で税率は5〜45%の7段階で定められています。(参考:国税庁のホームページ

NFTの買い方まとめ

今回の記事ではNFTの買い方・始め方について解説しました。

NFTの買い方まとめ
  • NFTは偽造や改ざんがされにくく希少価値があるため、価値の上昇が期待できる代替不可能なデジタル資産
  • NFTを購入するには仮想通貨取引所の口座、ウォレットの用意、NFTマーケットプレイスへの登録のみで簡単
  • NFTゲームのプレイや作品の転売などで高額を稼げることも
  • ただし、取引コストや価値の下落などに注意が必要
  • NFT作品の購入や販売に必要な仮想通貨を購入するならCoincheckがおすすめ

NFTはブロックチェーン技術により唯一無二の価値を証明できるため、高い価値が付きやすいことが特徴です。

そのため購入後、価値が上がった後に売れると大金を稼ぐことも可能ですよ。

簡単なステップでNFTを購入できるため、興味がある方はぜひ始めてみてください。

NFTマーケットプレイスでNFT作品の購入や販売をするには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要な場合が多いです。

仮想通貨を購入するには、国内のアプリダウンロード数No.1の仮想通貨取引所Coincheckがおすすめです!

Coincheckの口座があれば、NFTマーケットプレイスCoincheck NFT(β版)の登録も簡単にできることも人気の理由と言えます。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次