仮想通貨で借金地獄になる5つの理由!資金が0円になった時の対処法も紹介

「仮想通貨で借金してしまうって本当?」「借金した人の事例や対処法はあるの?」と考えていませんか?

仮想通貨投資は相場の変動が激しく、知識不足や間違った投資方法で借金を背負ってしまうリスクがあります。

しかし、正しい知識と方法で行えば、仮想通貨で借金してしまうことにはなりません。

この記事では、仮想通貨で借金してしまう理由や、借金しやすい人の特徴について解説します。借金になるリスクを下げる投資方法や注意点も解説しているため、仮想通貨で借金したくない人は参考にしてみてください。

借金地獄になる5つの理由- 概要
  • 仮想通貨で借金してしまう理由とは?
  • 仮想通貨で借金しやすい人の特徴
  • 借金になるリスクを下げる投資方法
  • 借金しないための注意点
  • 借金してしまった時の対処法
  • 借金なしで仮想通貨の取引がしたいなら、ワンコイン(500円)から仮想通貨が買える・積立サービスがあるCoincheck(コインチェック)がおすすめ

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

仮想通貨で借金地獄になる5つの理由

仮想通貨で借金してしまう理由は、主に次の5つです。

借金地獄になる5つの理由
  • 短期的に大きく稼ごうとしてしまう
  • 生活資金まで使って投資をする
  • 売却益に対して翌年に払う税金分を残していない
  • クレジットカード決済で投資をして支払いの管理ができていない
  • 借金を元手にして投資をする

短期的に大きく稼ごうとしてしまう

仮想通貨で短期的に大きく稼ごうとすると、借金につながりやすくなります。特に、レバレッジ取引で大きな金額を取引している場合は注意が必要です。

レバレッジ取引とは、取引所に預け入れている金額(証拠金)よりも多くの通貨が買える仕組みのこと

レバレッジ取引は保有しているより多くの金額で取引できる分、利益が出れば稼げますが、損失が出るとそれだけマイナスも大きくなります。証拠金だけでは損失がまかなえなくなると、借金をして支払うことになってしまいます。

レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンの仕組みのため、慣れていない人が手っ取り早く稼ごうと安易に手を出すのはおすすめできません。短期的に稼ごうとするよりも、長期的な目線を持って現物取引で取引するといいでしょう。

生活資金まで使って投資をする

生活資金で投資をしていると、生活費が足りなくなって借金をするはめになりがちです。

そもそも、FXや仮想通貨の投資は余剰資金で行うことが大前提です。

余剰資金とは、生活に必要な分とは別に余っているお金のこと

仮想通貨でたまたま利益が出ると、もっと稼ぎたいと考え、生活資金まで投じて投資をしてしまうことがあります。

その状態で損失を抱えた場合、生活費が不足しているため、借金をせざるを得なくなってしまうのです。

売却益に対して翌年に払う税金分を残していない

仮想通貨投資で利益が出たにもかかわらず、翌年に払う税金分を残していないことも借金につながります。

仮想通貨で得た利益には、金額に応じて所得税がかかります。仮想通貨の税率は最大55%と非常に高い上、支払いは翌年のため、すでに利益分が手元に残っていないという事態が起きがちです。

また、稼いだ金額が大きければ大きいほど所得も増えるため、住民税や国民健康保険税の金額も上がってしまいます。仮想通貨の税金の支払いは免除されないため、注意が必要です。

利益が出た場合でもすべて使ってしまうのではなく、翌年に払う税金分を残しておく意識を持ちましょう。

参考:国税庁「暗号資産に関する税法上の取扱いについて

クレジットカード決済で投資をして支払いの管理ができていない

クレジットカード決済で投資をしていて、適切に管理ができていない場合も注意が必要です。

クレジットカード決済の場合、支払いは翌月のため、投資時点ではお金がなくても利用可能です。いわば短期的に借金をしているのと同じ状態になり、損失が出た場合は翌月の支払いが不可能になってしまいます。

クレジットカード決済を利用する場合は、損失が出ても払える範囲での投資を心がけるべきでしょう。

借金を元手にして投資をする

借金を元手にして投資を行い、借金に陥るケースも多くみられます。

借金での投資は実質マイナスからのスタートになるため「元出を取り返さなくては」と躍起になり、冷静な判断ができません。損失を抱えてしまうとさらに借金が膨らむことになり、負の連鎖になりがちです。

投資資金は余剰資金から捻出するのが原則と、肝に銘じておきましょう。

【事例あり】仮想通貨で借金した人のリアルな声

仮想通貨で実際に借金をしてしまった人の事例を紹介します。

1,000万円分借金して購入したけど半額に価格が下がって500万円になってビビって売ってしまった(500万円の損)

引用:yahoo知恵袋

1ビットコイン1,000円の時に10万円分購入して1ビットコイン100万円=1億円になって、別の仮想通貨に乗り換えた後に暴落して1,000万円くらいになったけど税金が1億円に対して5,500万円ほどかかってきてとても払えない

引用:yahoo知恵袋

別の通貨に交換すると、その時点で利益確定になるのですがそのことを知らず、仮想通貨のままだから利益がでていないと勘違いしていた

引用:yahoo知恵袋

元出を借金した、税金が払えず借金したという声がみられました。仮想通貨は価格の乱高下が激しいため、大きく稼げる反面損失も大きくなりやすいといえます。

また、通貨の交換でも利益確定になることを知らず、あとから税金の支払いを命じられて驚くといったケースもありました。

仮想通貨で借金をしないためには、税金の仕組みや価格変動の激しさへの理解が必要不可欠だといえるでしょう。

仮想通貨で借金に陥りやすい人の特徴

仮想通貨で借金に陥りやすい人の特徴は、次のとおりです。

仮想通貨で借金に陥りやすい人の特徴
  • 一発逆転を狙ってしまう
  • 勉強不足かつ投資に慣れていない
  • 負けず嫌いで勝つまで徹底的にやってしまう

仮想通貨で一発逆転を狙ってしまう人は、投資というよりもギャンブル気質が強いと考えられます。よく勉強もしないまま、慣れない投資で大きく稼ごうとするのは難しいでしょう。

また、負けず嫌いな人は損失を受け入れられず「次こそは勝てる」と考え徹底的にやってしまいがちです。

このような人は気づいたときには損失が大きく膨らみ、借金をせざるを得ない状況に陥ってしまう可能性が高いでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)で借金になりにくい4つの方法

続いては、仮想通貨で借金になりにくい方法を4つ紹介します。

仮想通貨で借金になりにくい方法4つ
  • 少額から投資をする
  • 長期投資の積立を始める
  • ステーキング|仮想通貨を保有して利益を得る
  • レンディング|保有している仮想通貨を貸し出して利息を受け取る

少額から投資をする

仮想通貨投資を始める際は、少額から始めるようにしましょう。

仮想通貨は価格変動が激しく、大きく暴落するリスクを伴います。

投資額が余剰資金の範囲かつ少額であれば、万が一損失が出ても借金を負う事態は防げる可能性が高いでしょう。

長期投資の積立を始める

積立投資を行い、長期目線で投資するのもおすすめです。

仮想通貨の積立は、毎月決まった金額を購入する投資方法です。「ドルコスト平均法」と呼ばれる、投資信託でも用いられる方法で、相場に関わらず平均的な金額で購入しやすくなります。

また、価格変動の激しい仮想通貨の場合、長期的に値上がりして利益を得られる可能性もあります。

特にビットコインは、2028年には現在の3倍以上の10万ドル(約1,420万円)になるともいわれており、コツコツ積み立てるにはぴったりといえるでしょう。

取引所を選ぶ際には、Coincheck(コインチェック)のように、積立サービスがある業者を選ぶと良いでしょう

ステーキング|仮想通貨を保有して利益を得る

ステーキングを利用した投資も、借金になりにくい方法です。

ステーキングとは、特定の仮想通貨を保有することで、量や金額に応じた利益を得る仕組みのこと

仮想通貨を持っているだけで利益が得られることから、ほったらかし投資が可能です。ステーキング中に価格が下落したとしても、投資額以上の損失にはなりません。

銀行の利率が0.3%以下なのに対し、ステーキングの平均利率は3〜6%ほどと高いため、効率よく運用ができます。

一定期間の預け入れが求められる場合が多いことから、長期目線の投資方法といえるでしょう。

レンディング|保有している仮想通貨を貸し出して利息を受け取る

レンディングを利用するのもおすすめの方法です。

レンディングとは、仮想通貨を貸し出して利息を得る仕組みのこと

保有する仮想通貨をサービス会社に貸し出すと、利率1〜10%ほどで報酬が受け取れます。ステーキング同様、一度貸し出せばあとは放置で運用できるため、長期投資かつ手間をかけたくない人にぴったりです。

レンディング中に価格が大きく動いても、借金を負うほどのマイナスにはなりません。ただし一定期間は引き出せない場合が多く、通貨の下落・高騰時でも売買できない点には注意しましょう。

仮想通貨を購入するおすすめの国内取引所3選

仮想通貨を購入するのにおすすめの国内取引所を3つまとめました。

スクロールできます
名称Coincheck(コインチェック)GMOコインDMMビットコイン
取扱通貨数27種類23種類33種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:なし
・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:販売所・取引所
・現物取引:販売所
・レバレッジ取引:販売所
取引手数料(BTC)・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:なし
・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:Maker -0.01%・Taker 0.05%
・レバレッジ取引:無料
・販売所:無料(スプレッドあり)
・レバレッジ取引:無料
・BitMatch取引単位0.001あたり:37円(現物取引)
・BitMatch取引単位0.01あたり:70円(レバレッジ取引)
最低取扱金額(BTC)現物取引
・販売所:0.001BTC
・取引所:0.005BTC以上
かつ500円(相当額)以上

レバレッジ取引
なし
現物取引
・販売所:0.00001BTC
・取引所:0.0001BTC

レバレッジ取引
・販売所:0.01BTC
・取引所:0.01BTC
現物取引
0.001BTC

レバレッジ取引
0.01BTC
レバレッジ倍率2倍(※個人の場合)2倍(※個人の場合)
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/https://coin.z.com/jp/https://bitcoin.dmm.com/

(※2023年10月時点)

それぞれくわしく解説します。

おすすめの国内取引所3つ
  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

Coincheck(コインチェック)

引用:Coincheck

名称Coincheck(コインチェック)
取扱通貨数27種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:なし
取引手数料(BTC)・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:なし
最低取扱金額(BTC)・販売所:0.001BTC
・取引所:0.005BTC以上
かつ500円(相当額)以上
レバレッジ倍率
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/

※2023年10月現在

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
  • 初心者でもアプリが見やすく使いやすい
  • ワンコイン(500円)から仮想通貨が買える
  • コインチェックつみたて・貸暗号資産サービスあり

コインチェックは、アプリの使いやすさで人気の取引所です。

500円という少額から仮想通貨が買えるため、初心者でも手軽に仮想通貨投資が始められます。

積立サービスとしてコインチェックつみたて、レンディングサービスとして貸暗号資産サービスをそれぞれ提供しています。

GMOコイン

引用:GMOコイン

名称GMOコイン
取扱通貨数23種類
取引形式・現物取引:販売所・取引所
・レバレッジ取引:販売所・取引所
取引手数料(BTC)・販売所:無料(スプレッドあり)
・取引所:Maker-0.01%・Taker0.05%
・レバレッジ取引:無料
最低取扱金額(BTC)・現物取引(販売所):0.00001BTC
・現物取引(取引所):0.0001BTC
・レバレッジ取引(暗号資産FX):0.01BTC
・レバレッジ取引(取引所):0.01BTC
レバレッジ倍率2倍(※個人の場合)
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

※2023年10月現在

GMOコインのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料
  • 現物・レバレッジ取引両方に対応
  • つみたて暗号資産・ステーキング・貸暗号資産サービスあり

GMOグループが運営するGMOコインは、堅牢なセキュリティ体制が整った取引所です。

取扱通貨数が多く、現物・レバレッジ取引の両方に対応しているため、短期トレードから中長期トレードまで幅広い楽しみ方ができます。

積立・ステーキング・レンディングすべてのサービスが利用可能です。

DMM Bitcoin

引用:DMM Bitcoin

名称DMM Bitcoin
取扱通貨数33種類
取引形式・現物取引:販売所
・レバレッジ取引:販売所
取引手数料(BTC)・販売所:無料(スプレッドあり)
・レバレッジ取引:無料
・BitMatch現物取引:単位0.001あたり37円
・BitMatchレバレッジ取引:単位0.01あたり70円
最低取扱金額(BTC)・現物取引:0.001BTC
・レバレッジ取引:0.01BTC
レバレッジ倍率2倍(※個人の場合)
公式サイトhttps://bitcoin.dmm.com/

※2023年10月現在

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • サポート体制が万全
  • 入出金・送金手数料が無料
  • レバレッジ取引に特化

DMM Bitcoinは、ネット証券も運営するDMMグループの取引所です。

サポート体制が整っており、365日LINEから問い合わせ・相談できるのが魅力です。入出金や送金手数料が無料のため、コストをかけずに利用できます。

積立・ステーキング・レンディングサービスには対応していません。

仮想通貨で借金しないために気をつけること

仮想通貨で借金しないために気を付けたいことを3つ、以下で解説します。

仮想通貨で借金しないために気をつけること
  • 現物取引を徹底する
  • 生活水準にあわせた投資をする
  • 投資の勉強をする

現物取引を徹底する

仮想通貨投資で借金をしないためには、現物取引を徹底しましょう。現物取引だけなら、損失が出たとしても投資した金額を失うだけで、借金が膨らむことにはなりません。

短期間で大きく稼ごうという思考になると、リターンの大きいレバレッジ取引が魅力的に思えるかもしれません。しかし、レバレッジ取引はトレードに精通した上級者向けの方法です。

実際に、仮想通貨投資をする人の大半は現物取引のみを行っています。現物取引で十分に経験を積み、知識や技術が身につかない限り、取引は現物取引のみにとどめておきましょう。

生活水準にあわせた投資をする

投資は生活水準に合った範囲で行うと、借金をするリスクが減らせます。生活費とは別に余剰資金を寄せておき、投資はその中から行うようにします。

また、短期で大きく儲けようという考えをやめ、無理な取引は避けるべきです。

投資は長期目線かつ少額から、積立やレンディングなどを利用してコツコツ行うといいでしょう。

投資の勉強をする

投資で負けて借金を背負わないためには、自分から勉強する姿勢が大切です。

現在の日本は、無料の動画サイトやSNSだけでも十分に投資の勉強ができる、恵まれた環境にあります。

投資はギャンブルのような運要素ではなく、分析によって勝つ確率を上げられます。

少額から実践を積みつつ、大きく負けない投資方法を身につければ、借金に悩まされる心配もなくなるでしょう。

仮想通貨投資で借金して資産が0円になってしまったときの対処法

仮想通貨投資で借金をしてしまい、資産が0円になってしまったときの対処法は以下のとおりです。

資産が0円になった時の対処法
  • 仮想通貨投資から離れる
  • 現実的な返済計画を立てる
  • 返済がきびしいなら早めに弁護士に相談する

仮想通貨投資から離れる

まずはいったん、仮想通貨投資から離れて冷静になりましょう。

損失が膨らむと「負けを取り返さなきゃ」と投資額を増やし、ますます借金が増えるという負のループに陥ってしまいがちです。

借金を返すために借金をするという状態にならないためにも、落ち着いて借金をした要因について振り返ってみましょう。

現実的な返済計画を立てる

いったん冷静になったら、次は現実的な返済計画を立てます。

仮想通貨の借金は自己破産できる可能性もありますが、かなり難しいのが現実です。借金があるという現実に焦ってしまうと、リボ払いや闇金といった悪手をとってしまい、借金が膨らむことにもなりかねません。

借金の返済計画に際しての確認事項
  • 借金が全部でいくらなのか
  • 現在の自分の収入はいくらあるのか
  • 1ヵ月に返済に充てられる金額はどれくらいか

現状を整理したら、どれくらいの期間でいくら返すかの見通しを立て、計画に無理がないかを確認してください。

返済がきびしいなら早めに弁護士に相談する

実際に計画を立ててみて、返済が厳しいようなら早めに弁護士に相談しましょう。

借金は日数が経てば経つほど利子が膨らんでしまうため、早めに手を打つべきです。利子の免除や減額ができる任意整理という方法で、計画的な返済方法が見つけられる可能性があります。

また、弁護士に相談すると以下のメリットがあります。

弁護士に相談するメリット
  • 自己破産が可能か判断してくれる
  • 必要なサポートやアドバイスがもらえる
  • 自己破産以外の債務整理の方法を提案してくれる
  • 貸金業者との交渉をしてくれる

まずは、弁護士に無料相談できるサービスを利用してみましょう。

仮想通貨の借金に関してよくある質問

仮想通貨の借金に関してよくある質問をまとめました。

仮想通貨の借金に関してよくある質問
  • ビットコインでなぜ借金をしてしまうの?
  • ビットコインで1億稼いだら税金はいくら?
  • 利益が出ずにマイナスでも確定申告は必要?
  • 2023年のビットコインの予想価格は?
  • ビットコインの価格はマイナス(元本割れ)になる?

ビットコインでなぜ借金をしてしまうの?

ビットコインで借金をしてしまう理由は、いくつか考えられます。

ビットコインで借金をしてしまう理由
  • レバレッジ取引で大きく儲けようとして失敗する
  • 生活費を使って投資をして損失が出てしまう
  • 借金を元手に投資をしてマイナスになってしまう

短期的に大きく稼ごうと考えるのが、そもそもの失敗の元です。

長期目線かつ、余剰資金の範囲で少額から投資を行うのが安全な方法だといえます。

ビットコインで1億稼いだら税金はいくら?

ビットコインで1億円稼いだ場合、利益に対して以下の税金が適用されます。

仮想通貨にかかる税金
  • 最大所得税率45%
  • 住民税税率10%

税率は合計55%となり、最大で5,500万円の税金が課せられる可能性があります。

詳しくは国税庁のサイトに載っているため、確認してみてください。

利益が出ずにマイナスでも確定申告は必要?

マイナス収支の場合は、確定申告は必要ありません。

また、会社員の場合は利益が年間20万円以下であれば、確定申告は不要です。

ビットコインの価格はマイナス(元本割れ)になる?

現物取引の場合、投資した約定価格からマイナスになれば元本割れです。ただし、損失は投資した金額のみで収まります。

一方、レバレッジ取引やFXの場合はマイナスになる可能性があるため注意が必要です。

仮想通貨で借金しないように少額から始めましょう

仮想通貨で借金をしてしまう理由には、生活資金を使う・短期的に大きく稼ごうとする・借金を元手にしてしまうといったものがあります。

ギャンブル気質だったり、負けず嫌いだったりする人は借金に陥りやすいため、注意が必要です。万が一借金を抱えてしまったら、それ以上無理な投資は行わず、現実的な返済計画を立て、必要に応じて弁護士に相談しましょう。

借金をしないためには、少額かつ現物取引をする、勉強して知識をつける、ほったらかし投資を利用するといった方法がおすすめです。

まずは少額から利用できるCoincheck(コインチェック)で口座開設し、余剰資金での現物取引を始めてみましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次