【2024年7月最新】ビットコインの今後は?気になる将来性について徹底解説

ビットコインは今年の1月に現物ETFが承認されたことが大きな話題となり、価格を伸ばして3月4日にはついに1000万円を突破しました。

2024年4月20日にビットコインは4年に一度の半減期を迎えたこともあり、世界中の投資家が今後の動向に注目しています。

そこで、この記事では実際にビットコインに将来性はあるのかについて、著名人やAIの予測なども参考にして徹底解説していきます!

また合わせて、ビットコインの取引におすすめの仮想通貨取引所などについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事では以下のような疑問を解決!
  • ビットコインは現物ETFが1月に承認されたことなどを要因として3月4日に1,000万円を突破
  • 現物TEFの承認や2024年に半減期を迎えたため今後さらに大きく価格を伸ばすことが期待
  • 著名人は2025年に約4,000万円まで上昇る可能性を示唆
  • さらに値上がりする前にビットコインを仕込んでおこう
  • Coincheckではビットコインの取引が500円から可能なためおすすめ

Coincheckは、国内のアプリダウンロード数が600万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

ビットコインの取引を500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で紹介された人は現金1,500円、紹介した人は1,000円がプレゼントされるので見逃せませんね!

おすすめの仮想通貨取引所が知りたい方は、他の記事をご覧ください。

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり
目次

ビットコイン(BTC)とは

名称ビットコイン
ティッカーシンボル/通貨単位BTC
コンセンサスアルゴリズムProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)
価格10,227,346.20円
時価総額201兆6,159億円
時価総額ランキング1位
ホワイトペーパーhttps://bitcoin.org/bitcoin.pdf
公式サイトhttps://bitcoin.org/ja/
ビットコインの取り扱いのある主な仮想通貨取引所Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
2024年7月17日現在

ビットコインは世界で初のブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨(暗号資産)です。

暗号資産の中で最も時価総額が高く知名度も高いため、多くの投資家が今後の価格の動向について注目しています。

ビットコインの始まりは、2008年10月にサトシナカモトと名乗る人物による仮想通貨に関する論文の投稿でした。

その3ヶ月後​​にナカモト氏の論文を基にしたオープンソースのソフトウェアが作られ、2010年2月には初のビットコインの取引所が開設されました。

最初は1BTC =約0.07円であったのが、11年後の2021年には777万円まで大きく価値が上昇し、2024年3月にはついに1,000万円の大台に到達し最高値を更新しました。

ビットコインの価値が何百倍も上昇した理由として、ビットコインは国家が発行する通貨とは異なる様々な特徴を持つことが挙げられます。

そのビットコインの特徴を確認していきましょう!

ビットコインの今後の鍵となる特徴を5つ解説

ここでは、ビットコインの今後の鍵となる特徴についてご紹介していきます。

5つご紹介するので、ぜひポイントを押さえて参考にしてください。

通貨の管理者がいない

まず、ビットコインは通貨の管理者がおらず、コンピューターのネットワーク上で分散して管理されています。

ユーザーがネットワーク上ですべての取引履歴を相互に保管し合う仕組みです。

日本円や米ドルなどの通貨は国家や銀行といった中央集権的な組織によって管理されているため管理コストや時間がかかることが問題となっています。

しかし、ビットコインは中央集権的な管理や影響を受けないため直接個人間で簡単かつスピーディーな取引を実現できます。

取引にブロックチェーンを使用

ビットコインは、取引にブロックチェーンという技術を利用しています。

ブロックチェーンとは取引情報を複数の情報端末に保管をする技術のことで(参考文献:BITPOINT)、非常に強力なセキュリティが構築されています。

情報が複数に分散して管理されているため、一部がハッキングされても他の情報が盗まれるということが起こり得ません。

そのため、ビットコインではデータの改ざんや偽造がされにくく、安心して取引が行えることから世界中の多くの企業で決済手段として採用されています。

ビットコインを決済手段として採用している主な企業
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • Expedia(エクスペリア)
  • PayPal(ペイパル)
  • コカ・コーラ等

P2Pネットワークでいつでも取引ができる

ビットコインでは、通信のシステムとしてP2Pネットワークを利用しています。

P2Pネットワークとは:プログラムをダウンロードして取引に参加している端末が個別で相互につながるシステムのこと

P2Pネットワークでは全てのコンピューターが等しく、独立して動作するため通信環境が安定していることが特徴です。

そのため、アクセスの集中によりサーバーがダウンして取引ができないなどということが起こりません。(参考文献:Coincheck

また、匿名性が確保されやすい仕組みとなっているため、プライバシーが保護され24時間365日いつでも取引や送金が可能です。

海外送金では数日かかる場合がありますが、ビットコインではP2Pネットワークにより数分以内に送金を完了できるため大きなメリットと言えます。

発行上限枚数が2,100万枚まで

ビットコインは発行上限枚数が2,100万枚までと設定されています。

日本円や米ドルなど国家が発行する通貨は日銀など管理者が発行量を調整して経済のバランスをとっています。

そのため、発行数を増やしすぎるとハイパーインフレ(過度に物価が上昇する現象)が発生し通貨の価値が大きく下がってしまいます。

しかし、ビットコインは発行数が限られていることでハイパーインフレが起こりにくく、通貨の価値が下がりにくいことが特徴です。

ビットコインは金と同じように希少性が高いため、今後も価値が上がることが期待されています!

銀行を通じた海外送金に比べて手数料が安い

さらに、ビットコインは銀行を通じた海外送金に比べて手数料が安いことも特徴として挙げられます。

日本円や米ドルなどの法定通貨では、銀行などを仲介して送金をする必要があるため高い送金手数料がかかります。

しかし、ビットコインは仲介組織がいないため送金の際に手数料を払う必要がありません。

ビットコインを利用できる場所は増えており、例えば海外旅行の際にビットコインであれば両替をする必要がなく両替手数料を抑えられるなどのメリットがあります。

ビットコインの今後の値動きに影響しうる課題

続いて、ビットコインの今後の値動きに影響しうる課題について解説していきます。

スケーラビリティ問題により取引に負荷がかかってしまう

まず、ビットコインはスケーラビリティ問題により取引に負荷がかかってしまうことが問題として挙げられます。

スケーラビリティ問題とは、利用者の増加によるシステム負荷の増大によって懸念されるリスクのこと(参考:CoinDeskJAPAN

仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術では、1つのブロックの中に書き込めるトランザクション(取引データ)の数が限られているためスケーラビリティ問題が発生します。

スケーラビリティ問題が発生すると処理速度の低下や手数料の増大を招きやすくなります。

そのため、スケーラビリティ問題はビットコインを決済手段として利用拡大させるために解決が必要な課題と言えます。

環境負荷が懸念されている

ビットコインを作るために大量の電気を消費するため環境負荷が懸念されています。(参考:Bloomberg

ビットコインの採掘者は何万台ものコンピューターを同時に稼働させているためです。

デジタル資産の調査会社Digiconomistによると、ビットコインのマイニングによる年間排出量は1億1400万トンにのぼると言われています。

国によってはエネルギー不足によりビットコインの採掘を制限するにまで踏み切ったところもあるくらいです。

ビットコインの利用が拡大すると環境負荷への問題が大きく浮き彫りになるため早めに対策をしていく必要があるでしょう。

米国の経済情勢に左右されやすい

ビットコインは世界経済の中心となっている米国の経済情勢に左右されやすいことも問題として挙げられます。

特に米国の金利政策がビットコインに与える影響を大きく、過去には2020年3月以降に米国が大きく利下げしたことでビットコインは高騰を見せました。

米国の2024年度の動向は利下げに傾くことが見込まれており、多くの専門家は利下げ後にはビットコインはさらに上昇すると期待しています。

しかし、いつから利下げが行われるのか、どの程度行われるのかははっきりしていない間は、ビットコインの値動きは予想しづらくなります。

2024年7月のFOMCの日程は7月30日・31日です。利下げに動くのか現状維持のままなのか、金融政策の発表に注目しておく必要があります。

ビットコインの現在の価格|2024年7月時点

まず、ビットコインの現在の価格を確認していきましょう。

こちらがビットコインのチャートです。

ビットコインの2024年7月17日時点の価格は「10,227,346.20円」となっています。

1月10日にビットコイン現物ETFが承認されたことで、ビットコインは一時715万円と2年ぶり高値まで上昇しました。

その後一時的に下落したものの回復して現在の価格まで上昇しています。

ビットコインは価格変動が大きいことが特徴ですが、価格変動には様々な要因があります。

それでは、過去のビットコインの価格推移にはどのような事柄が影響していたのか確認していきましょう。

ビットコインの過去の価格動向

次に、ビットコインの過去の推移とその原因について解説していきます。

ぜひポイントを押さえて取引の参考にしてください。

【2017年】ビットコインバブルで1BTCあたり200万円まで上昇 

ビットコインの歴史を見ると大きく値上がりしている局面が2つあり、1つ目は2017年台です。

2010年から取引が開始されたビットコインですが、2017年にかけてその存在が世間に広く知れ渡りました。

それに伴い、各国で暗号資産に対する法整備が整い始め、ビットコインの価格の上昇に繋がりました。

それまでは個人資産家による取引が大部分を占めていましたが、2017年末には機関投資家も参入などもあり価格は8万円台から一時200万円を突破しました。(参考文献:Coincheck

【2020年10月~2021年4月】価格高騰し600万円超え

続いて、2つ目のビットコインの大きく値上がりしている局面は2020年10月~2021年末までの期間です。

2020年のコロナショックを乗り越えて、2021年にはNFTの台頭や中米エルサルバドルでの法定通貨化、ビットコインETFの上場などが様々なイベントが重なったことでビットコインの価格は2021年11月9日に史上最高値777万円を記録しました。(参考文献:マネックス証券

前年からたった1年で約4倍もの値上がりを見せているということになります。(2020年11月9日の価格は164万円)

【2021年11月】価格が急落し400万円を割り込む

2021年末には過去最高値を記録したビットコインですが、その後一転して下落トレンドとなりました。

2022年1月には400万円を割り込み、2ヶ月間で約300万円もの下落をしました。

原因としては、オミクロン株の発生や米国の金融引き締め、ロシア中央銀行が国内における暗号資産の利用を禁止したことなどが挙げられています。

【2022年5月以降】LUNAショックなどより一時230万円ほどまで大暴落

さらに追い討ちをかけて2022年始めに約544万円だったビットコインは12月には約229万円まで65%の下落を見せました。(参考文献:Coincheck

ビットコインの下落の原因の1つとして、2022年5月のLUNAショックが挙げられます。

LUNAショックとは、韓国のテラフォームラボの仮想通貨「ルナ(Luna)」が大暴落してほぼ無価値になった事件です。

続いて、6月に起きたセルシウスショックでは、アメリカの仮想通貨レンディング企業・セルシウス(Celsius)が突然顧客資産の出金停止を発表したことで、仮想通貨市場ではパニックが広がりビットコインを含む多くの仮想通貨の価格の下落につながりました。

そして、11月に起きたFTXショックは世界最大規模の仮想通貨取引所であるFTXが1兆2000億円を超える負債を抱えて破綻した事件でビットコインは大きく下落しました。

【2023年】価格が徐々に回復し年末には500万円突破 

2023年のビットコインは、一貫した価格変動を経験しました。

この年の初めには、一般的な経済の不安定さと世界的な市場の影響を受けて価格が大きく下落しました。

しかし、2023年半ばにはいくつかの重要な技術的進展と、主要国における規制の明確化が見られ、ビットコインの価格は徐々に回復し始めました。

特に注目すべきは、複数の企業がビットコインを支払い方法として受け入れ始めたことで、これは市場に新たな信頼感をもたらしました。

年末にかけては、ビットコインの現物ETFの承認への期待の高まりによりビットコインは安定した成長を見せ、多くの投資家と市場アナリストがその将来性を高く評価しました。

このようにビットコインは短期間での価格変動が大きく、世界中で起きた様々な出来事による影響を受けやすいと言えます。

【2024年1月】ビットコインの現物ETFが承認

米証券取引委員会(SEC)は2024年1月10日に、ビットコインの現物ETF11本を承認しました。

SECは現物ETFには価格操作のリスクがあることなどを挙げ、過去10年近くに渡ってビットコイン現物ETFを認めませんでした。

長らく承認されなかったビットコイン現物ETFが承認されたことで、ビットコインは一時715万円と2年ぶり高値まで上昇しました。

また、現物ETFの取引が開始された直後の売買代金は、2021年ビットコイン先物ETFが上場した初日の金額を上回っており、堅調な滑り出しとなっています。

2024年7月最新の価格動向

ビットコインは1月の現物ETF承認後の価格上昇後、3月には1,000万の大台に乗せ、7月現在も1,000万円水準でもみ合いが続いています。

5月頃からやや材料が乏しい中、5/31にDMM Bitcoinの「流出482億円」が発覚し、市場には一時暗雲が立ち込めました。

しかし早い段階でDMM Bitcoinは顧客補償用のビットコインの調達を完了しており、市場への影響はほぼ無い結果となっています。

ビットコインは、現在最も注目される「イーサリアム現物ETF」の動向次第で、また1ステージ上の価格帯を目指す展開も充分にありえる状況といえるでしょう。

多くのアナリストはビットコインの基本的な強さを信じており、長期的には安定した成長が続くと予測しています。

今のうちにビットコインを仕込んでおきましょう!

ビットコインに将来性はないのか?今後の見通しのポイント

続いて、ビットコインの今後の見通しについて解説していきます。

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

決済手段としての普及により価格上昇を期待

まず、ビットコインが決済手段として普及することにより価格上昇を期待できます。(参考文献:Coindesk)

過去にはWordPressやマイクロソフトなどの決済手段として採用された際に価格が大きく上昇しました。

ビットコインが決済手段として採用されると通貨としての需要が拡大するため、多くの投資家がビットコインを購入する傾向になります。

今後国内でもビックカメラやコジマなどの店舗でビットコインが決済手段として利用が可能になりました。

今後もビットコインが決済手段として普及することが見込めるため、ニュースをチェックしておきましょう!

2024年4月20日からの半減期が影響を与える可能性

今年2024年4月20日にビットコインの半減期が開始され、2024年年末頃までの値動きが注目されています

半減期とはマイニング(採掘)の報酬が半分になるタイミングのことを言い、ビットコインが流通する速度が半分に減るため、ビットコインの価値が高まり価格も上昇しやすくなるためです。

実際に過去のおよそ4年ごとの半減期にもビットコインの価格は上昇トレンドを見せていました。

例えば、前回の半減期の2020年にはビットコインの価格は1BTC=8,787ドルから2021年4月14日に1BTC=64,507ドルへ急騰しました。

ビットコインの半減期は供給量から考えると2140年まで継続されると予想されており、今回の半減期は2024年4月20日に実施されました。今後の値動きが注目されます。

法定通貨としての採用されると価値が高まる

また、ビットコインは法定通貨として採用されると価値が上昇すると考えられています。

2021年9月に世界で初めて中米エルサルバドルでビットコインが法定通貨になった際には価格が100万円近く上昇しました。

今後もビットコインがどこかの国の法定通貨として採用された場合には大きく値上がりすることが期待できるでしょう。

ビットコイン現物ETFの承認により投資家の参入が期待

2024年1月には米国証券取引委員会(SEC)により11本のビットコイン現物ETFが承認され、一時的にビットコインの価格が大きく上昇しました。

今後さらに多くのビットコイン現物ETFが承認されれば、機関投資家が参入しやすくなり価格が大きく上昇することが期待されています。

また、現物ETFではウォレットを設定する手間がかからないため個人投資家にとっても挑戦するハードルが低いと言えるでしょう。

ビットコイン現物ETFのメリットとしては、「厳しいセキュリティ体制での管理によるハッキングリスクの低下」「税金負担の軽減」「信用取引による取引機会の増加(売り注文)」などが挙げられます。

【専門家・AIの予想】ビットコインの今後・将来性

ここでは、専門家・AIによるビットコインの今後の予想を確認していきましょう!

大手銀行による価格予想

まず、英金融大手スタンダードチャータード銀行は、ビットコイン価格は2025年末までに20万ドル(約2,910万円)の水準まで上昇することが可能であると予測しています。(参考:COINPOST

また、金融大手のJPモルガンは長期的に見てビットコインは15万ドルに達すると推測しています。(参考:Forbes JAPAN

これは日本円にして約2,250万円であり、現在価格(約700万円)の約3倍という高い評価です。

資産運用会社による価格予想

投資運用会社VanEckのCEOであるJan van Eck氏は、2017年から近年まで10倍以上にまで大きく成長したことを強調し、2024年の間に69,000ドル(約1,036万円)を超えると予測しています。(参考:Nasdaq

また、米資産運用会社フィデリティ・インベストメンツのJurrien Timmer氏は、ビットコインは2030年に100万ドルから1千万ドルの間にまで到達すると予測しており、長期的にはさらに大きな上昇を期待できるでしょう。

有識者による価格予想

米資産運用企業SkyBridgeの創業者アンソニー氏によると、2024年の半減イベント後にビットコイン価格は18ヶ月以内に17万ドル(2,553万円)まで高騰すると予測されています。(参考:bnn

また、仮想通貨アナリスト・著名トレーダーであるTone Vays(トーン・ベイズ)氏は半減期が訪れることを前提に「ビットコインは2025年に約4,000万円まで上昇する可能性がある」と述べています。(参考文献:BITTIMES

さらにマイクロストラテジー社の元CEOマイクロ・セイラー氏は、長期的に2030年までにビットコインの価格が100万ドル(1億円越え)に達すると予想しています。(参考文献:Forbes JAPAN

専門家の短期的には価格の下落があっても、長期的には大きく上昇することが期待できますね!

AIによるビットコインの今後の予想

AIのビットコインの予想として、デジタルコインプライス(Digital Coin Price)によると2032年までのビットコインの価格について次のような予想を発表しています。(2024年7月時点/ドル円=160円で計算)

最高価格円換算
2024年$113,603.22¥18,176,515
2025年$130,840.99¥20,934,558
2026年$188,551.63¥30,168,261
2027年$234,768.24¥37,562,918
2028年$234,768.24¥37,562,918
2029年$283,454.50¥45,352,720
2030年$387,219.66¥61,955,146
2031年$542,504.89¥86,800,782
2032年$742,898.27¥118,863,723
2033年$1,007,612.51¥161,218,002

そして、他のAI予想では「コイン・プライス・フォーキャスト(Coin Price Forecast)」にて以下のような発表がされています。(2024年7月時点/ドル円=160円で計算)

年末価格円換算
2024年$120,294¥19,247,040
2025年$133,103¥21,296,480
2026年$159,533¥25,525,280
2027年$188,765¥30,202,400
2028年$194,339¥31,094,240
2029年$194,471¥31,115,360
2030年$192,459¥30,793,440
2031年$215,482¥34,477,120
2032年$238,235¥38,117,600
2033年$260,748¥41,719,680

両者に差はあるものの、ビットコインの価格が長期的に上がっていくことが予想されています。

ビットコインを今買うべきか?今後の予想まとめ

ビットコインを今買うべきか、今後の予想をまとめると、

ビットコインを今買うべきか?今後の予想まとめ
  • 決済手段としての普及、2024年の半減期、法定通貨としての採用化により価格上昇を期待できる
  • さらに多くのビットコイン現物ETFが承認されれば投資家が参入し価値上昇を期待
  • 専門家とAIの予想ではこれからビットコインの価格が上昇していく予想が多い
  • ビットコインの価格変動は激しいが、長期的には過去最高値超えを目指して上昇していくだろう

まずは、2024年度末にかけて価格上昇が予想されるので、価格が安い今のうちにビットコインを購入しておくとよいでしょう。

また、下記の記事ではビットコインをお得に稼ぐ方法をご紹介しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

仮想通貨(ビットコイン)の稼ぎ方12選を紹介!稼ぐポイントや注意点まで徹底解説

ビットコインにおすすめの仮想通貨取引所

​​ここでは、ビットコインの取引におすすめな仮想通貨取引所を3つご紹介します。

それぞれの特徴やサービス、お得なキャンペーンについても詳しくご紹介するので、ぜひ仮想通貨取引所選びの参考にしてください。

ビットコインにおすすめの仮想通貨取引所

まず、こちらがおすすめ仮想通貨取引所3つの比較表です。

取引所名CoincheckDMMbitcoinGMOコイン
取引所手数料無料取り扱いなしMaker:-0.01%、Taker:0.05%
販売所手数料無料(スプレッドあり) 無料(スプレッドあり)無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引なしあり(35銘柄)あり(11銘柄)
取扱通貨数取扱い:30銘柄
販売所形式:26銘柄
取引所形式:9銘柄
取扱い:38銘柄
販売所形式:29銘柄
取引所形式:取り扱いなし
取扱い:26銘柄
販売所形式:21銘柄
取引所形式:23銘柄
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
無料無料
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
無料無料
評判・口コミ詳しく見る詳しく見る詳しく見る
詳細公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る
2024年7月現在

ビットコインを少額の500円から取引可能】Coincheck(コインチェック)

現物取引(銘柄数)取扱い:30銘柄
販売所形式:26銘柄
取引所形式:9銘柄
レバレッジ取引なし
最小発注数量販売所形式:500円以上 
取引所形式:0.005BTC以上、かつ500円以上
取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり) 
取引所形式:無料
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスCoincheckつみたて 
貸暗号資産サービス
IEO(Initial Exchange Offering)
CoincheckNFT(β版) 
Coincheckでんき・ガス
公式サイトhttps://furusatohonpo.jp/global/relinks/coincheck/
2024年7月現在
Coincheckのおすすめポイント
  • 国内アプリダウンロード数No.1の仮想通貨取引所
  • ビットコインの取引を少額の500円から始められる
  • 積み立てサービスやNFTマーケットプレイスなど豊富なサービス

Coincheckは、アプリダウンロード数が600万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

ビットコインを含め30種類と豊富な仮想通貨を取り扱っており、取引を少額の500円から始められるため手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

Coincheckでは2018年より「Coincheckつみたて」というサービスを開始し、仮想通貨を自動で積み立ててくれるため仕事が忙しい方や仮想通貨の取引の初心者でも便利に利用できます。

Coincheckの取引ツールはパソコンブラウザ版のみでなくスマホ版もあり、シンプルな操作性であるため外出先でも気軽に取引ができますよ。

また、話題のNFTアートを簡単に売買できるマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供しているため、口座を1つ持っておくとさまざまな種類の投資にチャレンジしやすいでしょう。

親会社が東証一部上場企業だからセキュリティも万全なため初心者でも安心ですよ。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で紹介された人は現金1,500円、紹介した人は1,000円がプレゼントされるので見逃せませんね!

ビットコインのレバレッジ取引が可能】DMMBitcoin

現物取引(銘柄数)取扱い:38銘柄
販売所形式:29銘柄
取引所形式:取り扱いなし
レバレッジ取引(銘柄数)○(35種類)
最小発注数量販売所形式:0.0001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
 取引手数料販売所形式:無料(スプレッドあり)
レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスBitMatch注文
公式サイトhttps://bitcoin.dmm.com/
2024年7月現在
DMMビットコインのおすすめポイント
  • 国内最多の38種類の仮想通貨を取り扱いレバレッジも利用可能
  • BitMatch注文ではスプレッドがかからないため取引コストを抑えられる
  • 現在、新規口座開設を完了すると1,000円が即時プレゼントキャンペーン中
    (現在当該キャンペーンは中止となっています)

DMMbitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所で国内最多の38種類の仮想通貨を取り扱っています。

すべての銘柄に2倍までのレバレッジ取引が可能であるため、少額でも効率的に資産を増やすことを期待できます。

また、注文方法の一つにBitMatch注文と言い、DMMビットコインが提示するミッド(仲値)価格で取引が成立する注文方法が利用できます。

この注文方法ではスプレッドがかからないため取引コストを抑えられる魅力があります。

パソコンブラウザだけでなくスマホアプリも提供しており、ワンタッチで注文可能で操作性が高いと好評です。

取引手数料や日本円の入金・出金手数料も無料であるためコストを抑えられますよ。

DMMbitcoinでは、新規口座開設を完了すると1,000円が即時プレゼントされるお得なキャンペーンを実施中です。
(現在当該キャンペーンは中止となっています)

ビットコインの自動積み立てが可能】GMOコイン

現物取引(銘柄数)取扱い:26銘柄
販売所形式:21銘柄
取引所形式:23銘柄
レバレッジ取引(銘柄数)○(11種類)
最小発注数量現物取引(販売所形式):0.00005 BTC 
現物取引(取引所形式):0.0001BTC
 取引手数料現物取引(販売所形式):無料(スプレッドあり)
現物取引(取引所形式):Maker -0.01%、Taker 0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
その他のサービスつみたて暗号資産 
貸暗号資産 
IEO
暗号資産FX
ステーキング
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/
2024年7月現在
GMOコインのおすすめポイント
  • 2022年には暗号資産取引所ランキング総合No1に選出
  • 「つみたて暗号資産」では最低500円から自動積み立てが可能
  • GMOインターネットグループが運営しているため安心

GMOコインは、2022年にはオリコン顧客満足度調査の『暗号資産取引所ランキング総合No1』に選出されました。

ビットコインを含め27種類の仮想通貨を取り扱っており、本格的な分析が可能なスマホアプリで取引が可能であるため人気です。

「つみたて暗号資産」では最低500円から自動積み立てが可能なため、取引に時間を割けない方でも手軽に仮想通貨を始められます。

GMOインターネットグループが運営しているためセキュリティ対策が万全で初心者でも安心して利用できますよ。

GMOコインでは、仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンを実施しているため見逃せませんね!

ビットコインの買い方・始め方

続いて、ビットコインの買い方・始め方について手順に沿って解説していきます。

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

STEP1.仮想通貨取引所のアカウントを開設

仮想通貨を始めるためには、まず仮想通貨取引所のアカウントを開設する必要があります。

今回は国内のアプリダウンロード数No.1のCoincheckを参考に解説していきます。

まず、Coincheckの公式サイトにアクセスをして、「無料口座開設をする」をタップします。

そして、Coincheckのアプリをダウンロードしていきます。

ダウンロード後、アプリを開いて「会員登録」タブからメールアドレスを登録しアカウントを作成していきます。その後SMS認証を行います。

アカウント登録が完了した後、基本情報の入力と本人確認を行っていきましょう。

アプリを開き「本人確認をする」をタップし、各種重要事項を確認して「同意する」をタップしSMS認証をしましょう。

続いて、先に氏名や職業など基本情報を入力します。

そして、本人確認書類と顔の撮影を手順に沿って行っていきます。

STEP2.資金を入金する

 Coincheckでの入金方法は以下の3つの方法があります。

入金方法
  • クイック入金
  • 銀行入金
  • コンビニ入金

クイック入金(ペイジー決済)は、パソコン・携帯電話・ATMから入金ができるサービスで24時間365日決済が可能なためおすすめです。

STEP3.ビットコインを選択し取引数量を入力して購入

続いて、ビットコインの購入に移ります。

まず、取引する仮想通貨の選択で、「販売所」を選択しビットコインを選び「購入」をタップしましょう。

そして購入金額を入力し、「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップして完了です。

Coincheckでなら、スマホで最短1日でビットコインの取引を始められるためおすすめです。

500円と小額からビットコインの取引を楽しめるのでぜひこの機会に始めてみてください。

ビットコインの今後に関するよくある質問

以下では、ビットコインの今後に関するよくある質問に回答します。

ビットコインのデメリットや問題点はありますか?

ビットコインのデメリットとして「価格変動が激しいこと」が挙げられます。

そのため、大きな利益を狙える一方で大きな損失を受けるリスクもあることを理解して取引をする必要があります。

また、「ビットコインの決済サービスが少ない」こともデメリットとして挙げられます。

現在国内では十分な数の企業が参入していませんが、今後増えていくことを期待できるでしょう。

さらに送金ミスやハッキングの可能性も否定できないため、このようなデメリットがあることを理解しておくことが大切です。

ビットコインはいくらから購入できますか?

ビットコインは仮想通貨取引所によって最小取引金額が異なります。

Coincheckであれば0.001通貨単位以上、日本円では500円相当額の低予算で取引を始められます。

ワンコインで投資ができるのであればハードルが低いですよね。

ビットコインETFとは何ですか?

ビットコインETFとは、ビットコイン価格に連動したETF(上場投資信託)のことです。

2021年にアメリカで上場し投資家の注目を集めました。

ビットコインETFでは信用取引ができるため、ETFは売りから入ることも可能なことが魅力です。

しかし、残念ながらまだ日本では取り扱いがないためビットコインETFは購入できません。 

数年後には日本で取り扱いができるようになることも期待できるため、ビットコインを所持しておくとよいでしょう!

ビットコインでの利益に税金はかかりますか?

ビットコインの利益は20万円以上を超えた場合に、給与などその他の所得と合算される「総合課税」として課税されます。

これは「累進課税方式」により所得が大きいほど15~55%の範囲で税率が上がります。

また、利益が20万円以下の場合でも、給与所得や退職所得以外の所得との合計が年間20万円を超える場合には税金がかかります。

利益が出たら確定申告を忘れないように注意をしましょう!

ビットコインは将来1億になりますか?

AIのビットコインの予想として、デジタルコインプライス(Digital Coin Price)によると2032年には日本円で1億円に到達すると予測されています。

ビットコインの利用拡大や現物ETFの承認、半減期などを背景に多くの専門家も今後のさらなる値上がりを予測しています。

ビットコインの終わりの日とは何ですか?

ビットコインが全て掘りつくされ、マイニングできなくなくなる日のことを「ビットコインの終わりの日」と言います。

しかし、ビットコインが全てマイニングされるのは100年以上後と言われており、それまでにビットコインはさまざまな進化を迎えていることが予測されるため心配するには時期尚早とも言えるでしょう。

ビットコイン高騰いつまで続きますか?

ビットコインは短期的には価格の変動は激しいものも、長期的に見ると10年後まで価格が上昇していくことが多くの専門家によって予測されています。

長期的にみて今のうちに購入しておくと良いでしょう。

ビットコインは今後の伸びる可能性が高い!今のうちに保有しておこう!

今回は、ビットコインの今後・将来性についてまとめました。

今後のビットコインの見通しとしては、長期的に最高値をさらに更新してしていくと考えられます。

今年は4年に1度の半減期を迎えたこともあり、値上がりが期待できるため今のうちにビットコインを仕込んでおきましょう。

ビットコインの取引を始めるなら、国内のアプリダウンロード数が600万を突破しているCoincheckがおすすめです。

ビットコインの取引を500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすいですよ。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で紹介された人は現金1,500円、紹介した人は1,000円がプレゼントされるので見逃せませんね!

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次