Coincheck(コインチェック)は危ない?評判口コミから安全性&デメリット・メリットを解説

Coincheck(コインチェック)は老舗の仮想通貨取引所で多くのトレーダーから人気を集めています。

しかし、Coincheckの安全性や評判について不安に思う方もおられるでしょう。

そこで、この記事ではCoincheckついて安全性だけでなく、利用者によるリアルな評判・口コミ、キャンペーン情報など詳しく紹介していきます。

コインチェックを利用しようか悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください!

この記事でわかること

Coincheckは、アプリダウンロード数が540万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

ビットコインを始め豊富な仮想通貨に少額の500円から取引できることが魅力です。

おすすめの仮想通貨取引所が知りたい方は、他の記事をご覧ください。

\仮想通貨取引所選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめな人取引所手数料販売所手数料入金手数料出金手数料アプリレバレッジ最大倍率送金手数料(BTC)
厳選比較表_コインチェック_アイコンコインチェック公式サイト当サイト人気No.1
アプリの使いやすさが抜群!
未経験から上級者の誰でもおすすめ
無料無料無料407円非常に
使いやすい
-変動手数料制
厳選比較表_GMOコイン_アイコンGMOコイン公式サイト取引所の口コミ評価が高い!
安心してトレードしたい人におすすめ
Maker:-0.01%
Taker:0.01%
無料無料無料使いやすい無料
厳選比較表_DMMビットコイン_アイコンDMM Bitcoin-アルトコイン数最多!
レバレッジ取引におすすめ
-無料無料無料使いやすい無料
※一部例外あり

目次

【結論】Coincheck(コインチェック)は危ないのか|過去の事件とは?

結論から言うと、Coincheckは危なくありません。

2018年1月にCoincheckの仮想通貨XEM/NEM(ネム)が約580億円分盗まれる事件が発生し、テレビや新聞で話題になったため印象深く、これによりCoincheckに危険な印象や不信感を持つ人が増えました。

しかし、Coincheckは2018年の事件以降、上場1部企業のマネックスグループによって買収され、セキュリティ体制が大幅に強化されました。

また、マネックスグループは長年の経験とノウハウを活かし、Coincheckでは以前よりもさらに質が高く安全なサービスをが提供されています。

さらに、Coincheckは金融庁に登録されている暗号資産交換業者であり、他の仮想通貨取引所と比較した場合でも安全性が高いと言えます。

実際に、編集部10人が利用してみると認証など安全性が強化されているだけでなく、利便性が高いことも実感しています。

Coincheckは信頼が回復して現在は多くのトレーダーに安全に利用されています!

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱通貨数23種類
販売所手数料無料
※別途スプレッド発生
取引所手数料無料
レバレッジ取引なし
入金手数料コンビニ入金:770〜1,018円
クイック入金:770〜入金金額×0.11%+495円
銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
出金手数料550円(3万円未満)
770円(3万円以上)
取引ツールパソコンブラウザ/スマホアプリ
他のサービスCoincheckつみたて
貸暗号資産サービス
IEO(Initial Exchange Offering)
CoincheckNFT(β版) 
Coincheckでんき・ガス
公式HPCoincheckの公式サイト
Coincheck(コインチェック)の基本情報
  • アプリダウンロード数が540万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所
  • ビットコインを含め23種類と豊富な仮想通貨の取り扱い
  • 少額の500円から取引を始められる
  • 2018年より「Coincheckつみたて」サービスを開始
  • 取引ツールはシンプルな操作性でトレーダーに好評

Coincheckは、アプリダウンロード数が4年連続「国内No.1」で540万を突破している人気仮想通貨取引所です。

23種類の仮想通貨を取り扱っており、ビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨はもちろん、人気の高いアルトコインの取り扱いも豊富です。

また。全ての仮想通貨に少額の500円から取引を始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

Coincheckでは2018年より「Coincheckつみたて」というサービスを開始し、仮想通貨を自動で積み立ててくれるため仕事が忙しい方や仮想通貨の取引の初心者にもおすすめです。

取引ツールはパソコンブラウザとスマホアプリを提供しており、特にスマホアプリはシンプルな操作性と見やすい画面配置でトレーダーに好評です。

親会社が東証一部上場企業のマネックスグループであるため、万全なセキュリティで初心者でも安心して利用できます。

Coincheck(コインチェック)のメリット4つ

ここでは、Coincheckのメリットを4つご紹介します。

ぜひポイントを押さえて、仮想通貨取引所を選ぶ際の参考にしてくださいね。

豊富な銘柄数

Coincheckのメリットの1つ目は、豊富な銘柄数を取り扱っていることです。

Coincheckでは2023年8月現在、国内仮想通貨取引所トップクラスの23種類の仮想通貨の取引が可能です。

時価総額が大きく人気の高いビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)から、マイナーなアルトコインまで種類が充実しています。

取り扱い仮想通貨は下記の通りです。

BTC・ETHXRPBCHLTC・ETCXEMLSKMONABATQTUMXLMENJ・IOSTSANDPLT・DOT・FNCT・CHZ・LINK・MKR・DAI・MATIC

コインチェックでしか購入できない通貨もあり、将来的に価値の値上がりを期待できる銘柄も多いため注目されています!

取引所の手数料が無料

Coincheckのメリットの2つ目は、取引所の手数料が無料であることです。

他の仮想通貨取引所では取引のたびに手数料がかかるところもあるためコストが膨らんでしまいます。

取引所の手数料が無料であれば、手数料を気にせず取引をできるため大きなメリットと言えます。

※ただしイーサリアムクラシック(ETC)を取引する場合のみ、Maker:0.050%、Taker:0.100%が発生します。

少額から取引が始められる

Coincheckのメリットの3つ目は、少額から取引が始められることです。

Coincheckでは全ての通貨に少額の500円相当から始められます。

そのため、手元にまとまった資金がない方や最初から大きな金額を使うのが不安な方でも始めやすいでしょう。

また、支払いには日本円またはビットコイン決済が利用でき、自分の好みで選択できます。

貸出暗号資産(レンディング)などサービスが充実

Coincheckのメリットの4つ目は、貸出暗号資産(レンディング)など他のサービスが充実していることです。

Coincheckで提供されているサービスは下記の通りです。

・Coincheckつみたて
・貸暗号資産サービス(レンディング)
・IEO(Initial Exchange Offering)
・CoincheckNFT(β版) 
・Coincheckでんき・ガス

近年注目されているNFTマーケットプレイスやお得にビットコインが貯まるCoincheckでんき・ガスなどサービスが充実しています。

そのため、口座を1つ持っておくとさまざまな種類の投資にチャレンジしやすいでしょう。

このようなサービス展開がCoincheckが初心者から上級者まで幅広く人気である理由と言えます。

Coincheck(コインチェック)のデメリット3つ

続いて、Coincheckのデメリットを3つご紹介します。

ぜひポイントを押さえて仮想通貨取引所を選ぶ際の参考にしてくださいね。

レバレッジ取引ができない

Coincheckのデメリットの1つ目は、 レバレッジ取引ができないことです。

レバレッジ取引では預けた証拠金の数倍もの運用ができるため、少ない資金でも大きな利益を上げることが期待できます。

しかし、Coincheckはレバレッジ取引を取り扱っておらず証拠金以上の運用はできないためデメリットと感じる人もおられるでしょう。

スプレッドが広めに設定されている

Coincheckのデメリットの2つ目は、スプレッドが広めに設定されていることです。

取引所取引の手数料は無料ですが、販売所取引では手数料としてスプレッドが発生します。

スプレッドとは買値と売値の差であり、時間帯や流動性などによって変動します。

Coincheckではスプレッドが0.1%~5.0%と広めに設定されているため、コストが膨らんでしまうためデメリットに感じる方は多いでしょう。

ハッキング事件のイメージが強い

Coincheckのデメリットの3つ目は、 ハッキング事件のイメージが強いことです。

2018年のCoincheckの事件の印象が強く、「資金を預けても大丈夫なのか」と不安に思う方もおられます。

しかし、マネックス証券グループが買収した後、セキュリティ体制が強化されており多くの投資家に安全に利用されています。

Coincheck(コインチェック)の良い評判・口コミ

ここでは、Coincheckを実際に利用しているの人の良い評判・口コミをチェックしていきましょう。

多くの種類の仮想通貨が購入できる

仮想通貨はビットコインだけではない Coincheckは取り扱っている通貨の種類も多く、 ビットコイン(BTC)だけでなく、ほかのアルトコインについても、 取引を行うことができます。

twitter

Coincheckの良い評判・口コミでは「仮想通貨の種類が豊富」との声が多く聞かれました。

主要なビットコイン(BTC)だけでなくアルトコインの種類も豊富であり、IEOで新規通貨が上場する可能性もあるため注目されています。

取引所の手数料がかからない

コインチェック使ってます

-ビットコインなら「取引所」があるので手数料が安い (イーサリアムは「販売所」しかないので高い) -マネックス証券と連携しているのでポイントなどもビットコインに転換できる -国内なので安心 参考までに

twitter

また、Coincheckでは「取引手数料が無料」ということも多くのユーザーから良い口コミとして聞かれました。

他の仮想通貨取引所では手数料がかかるところもあるなか、手数料を気にせず取引ができることは大きなメリットと言えますね。

取引ツールが使いやすい

まあでもCMだけじゃなくて、コインチェックはスマホアプリが秀逸だったってのも大きいと思うけどね。国内の他のとこはダメ過ぎだし。

twitter

さらにCoincheckでは「取引ツールが使いやすい」との口コミも多く聞かれました。

特にスマホアプリの人気が高く、国内のアプリダウンロード数は2022年時点で540万を突破しており、国内で4年連続No.1となっています。

Coincheckのアプリはトレード画面が見やすく、シンプルな操作性であるため初心者の方でも使いやすいと好評です。

Coincheck(コインチェック)の悪い評判・口コミ

Coincheckを実際に利用しているの人の悪い評判・口コミも気になりますよね。

2つご紹介するのでチェックしてみてください。

Coincheck(コインチェック)の悪い評判・口コミ

レバレッジ取引ができない

コインチェックってレバレッジ効かせられないんやね… このままコインチェックで置いとくか、bitgetでコピートレードを試すか… 悩むー 

twitter

Coincheckでは「レバレッジ取引ができなくて残念」との声が聞かれました。

レバレッジ取引をしたい方は他の仮想通貨取引所を利用することをおすすめします。

仮想通貨取引所を複数開設している人は多く、利用したいサービスで取引所を使い分けてもよいでしょう。

販売所取引のコストが高い

コインチェックに言いたい! スプレッド幅広すぎ! 20%予想通りに動いて±0の状態。 スプレッド幅縮めて!

twitter

また、Coincheckを実際に利用しているの人の悪い評判・口コミでは「販売所取引のコストが高い」との声が聞かれました。

取引手数料は無料ですが、販売所取引ではスプレッドと言う取引コストが取引のたびに発生します。

そのためデメリットと感じる方もおられるでしょう。

Coincheck(コインチェック)がおすすめの人とおすすめしない人

続いて、Coincheck(コインチェック)がおすすめの人とおすすめしない人についてご紹介します。

Coincheck(コインチェック)がおすすめの人とおすすめしない人

Coincheckがおすすめの人

Coincheckがおすすめの人は以下の2つが挙げられます。

仮想通貨取引が初めての方
・様々な仮想通貨の取引がしたい方
・シンプルな操作のツールを使いたい方

Coincheckは大手グループ会社が運営しセキュリティ体制が強いため初心者でも安心して仮想通貨取引を始められます。

また、23種類と豊富な仮想通貨を取り扱っているため、ご自身が取引したい銘柄を見つけられるでしょう。

パソコンブラウザ版とスマホアプリを提供しており、高性能でありワンタッチで発注ができるため初心者でも操作が難しくありません。

取引ツールの操作が複雑だと挫折しやすいため、使いやすいツールを提供しているところを選ぶことが大切です。

Coincheckをおすすめしない人

いっぽうで、Coincheckをおすすめしない人は下記の2つが挙げられます。

レバレッジ取引を行いたい方
・コストを押さえて販売所取引がしたい方

Coincheckでは現物取引のみの取り扱いでレバレッジ取引ができません。

レバレッジ取引では証拠金の数倍の金額で取引ができて少額でも大きな利益を狙えるため、取り扱いがないのはデメリット感じられる方もおられるでしょう。

また、Coincheckでは販売所取引の際に発生するスプレッド(手数料)が他の仮想通貨取引所に比べて広めの設定となっています。

そのため、頻回に取引をする方にとってはコストが膨らみやすくなります。

Coincheckで(コインチェック)で取引すると儲かるのか? 2つの手法を紹介

ここでは、Coincheck(コインチェック)で利益をあげるための 2つの手法を紹介します。

Coincheckで(コインチェック)で取引すると儲かるのか? 2つの手法を紹介

現物の売買取引

現物の売買取引

Coincheckで利益をあげる1つ目の方法は現物の売買取引です。

現物の売買取引とは、買値よりも高くなったら売却して利益を確定させる取引のことを言います。(参考:Coincheck

「安い時に買い、高い時に売る」手法で将来的な価値を期待できる仮想通貨の取引をして利益を狙います。

現物の売買取引では分散投資が初心者におすすめです。

リスクをできるだけ抑えるために、一つの仮想通貨ではなく、複数の仮想通貨に資金を分散して投資をします。

Coincheckでは23種類の豊富な仮想通貨を取り扱っているので分散投資により低リスクで利益をあげることを期待できます。

貸暗号資産サービス

貸暗号資産サービス

Coincheckで利益をあげる2つ目の方法は貸暗号資産サービス(レンディング)です。

貸暗号資産サービスとは、保有する暗号資産をただ持っているのではなく、貸すことで利益を得る方法です。

Coincheckで保有する暗号資産を貸し、一定期間が終了すると最大で年率5%の利用料が得られると同時に、貸していた暗号資産が全く同じ数量で返却されます。

相場の値動きを見てエントリーポイントを考えるなど手間がかからないため初心者でも簡単です。

ただし、仮想通貨の価格自体が値下がりするリスクもあるため注意が必要です。

Coincheckで取り扱いのある全ての暗号資産が対象となっています。

Coincheck(コインチェック)のキャンペーン

ここでは、Coincheck(コインチェック)のお得なキャンペーンについてご紹介します。

ぜひチェックしてみてくだいね。

Coincheck(コインチェック)のキャンペーン


家族友だち紹介キャンペーン

キャンペーン名家族友だち紹介キャンペーン
内容紹介された人に1,500円相当、紹介した人に1,000円相当のビットコインをプレゼント
対象者友達・家族を紹介し、紹介された側が以下の条件を満たすこと
達成条件友達・家族が紹介リンクから会員登録し、本人確認を完了
※紹介人数は月間100人まで
キャンペーン期間2023年7月31日14時〜終了時期未定

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中です。

紹介された人に1,500円相当、紹介した人に1,000円相当のビットコインをプレゼントされます。

友達・家族が紹介リンクから会員登録しなければキャンペーンの適応にならないため注意が必要です。

紹介人数はなんと月間100人まで可能なので、周りで仮想通貨取引に興味がある方がいれば声をかけてみてください。

Coincheck(コインチェック)の始め方

続いて、Coincheck(コインチェック)の始め方について手順に沿って解説していきます。

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

STEP1.Coincheckの口座を開設

仮想通貨を始めるためには、まずCoincheckの口座を開設する必要があります。

まず、Coincheckの公式サイトにアクセスをして、「無料口座開設をする」をタップします。

そして、Coincheckのアプリをダウンロードしていきます。

ダウンロード後、アプリを開いて「会員登録」タブからメールアドレスを登録しアカウントを作成していきます。その後SMS認証を行います。

アカウント登録が完了した後、基本情報の入力と本人確認を行っていきましょう。

アプリを開き「本人確認をする」をタップし、各種重要事項を確認して「同意する」をタップしSMS認証をしましょう。

続いて、先に氏名や職業など基本情報を入力します。

そして、本人確認書類と顔の撮影を手順に沿って行っていきます。

STEP2.口座に資金を入金する

Coincheckでの入金方法は以下の3つの方法があります。

クイック入金
・銀行入金
・コンビニ入金

クイック入金(ペイジー決済)は、パソコン・携帯電話・ATMから入金ができるサービスで24時間365日決済が可能なためおすすめです。

STEP3.仮想通貨を購入する

続いて、仮想通貨を購入していきましょう。ここでは販売所取引での方法を解説します。

まず、取引する仮想通貨の選択で、「販売所」を選択し取引をしたい仮想通貨を選び「購入」をタップしましょう。

例えばビットコインを取引したい場合は、下記の画像のように「ビットコイン」を選択しましょう。

そして購入金額を入力し、「日本円でビットコインを購入」→「購入」をタップして完了です。

このようにCoincheckでなら、3ステップで簡単に仮想通貨取引を始められるためおすすめです。

取り扱いの全ての仮想通貨に500円と小額から取引を始められるため、ぜひこの機会に始めてみてください。

Coincheck(コインチェック)に関するよくある質問

以下では、Coincheck(コインチェック)に関するよくある質問に回答します。

Coincheck(コインチェック)に関するよくある質問
  • Coincheckはだれでも利用できますか?
  • Coincheckの本人確認は危険ですか?
  • 2段階認証はどのように設定ができますか?
Coincheckはだれでも利用できますか?

Coincheckでは基本的に18歳以上であれば誰でも利用できます。

ちなみに国内にあるほとんどの仮想通貨取引所では、未成年の口座開設を受け付けていないため18歳未満の方は利用できません。

Coincheckの本人確認は危険ですか?

Coincheckの本人確認は危険ではありません。

Coincheckのかんたん本人確認ではスマホ一台で本人確認書類とご自身の顔を写すだけで簡単なため安全性が低いのではないかと感じる人もおられます。

Coincheckの本人確認で採用されているeKYC(オンライン本人確認)は安全性が高いと評価されています。

2段階認証はどのように設定ができますか?

パソコンブラウザでは、取引アカウント画面の「設定」、「2段階認証」を順にクリックすると2段階認証が完了します。

スマホの場合は認証アプリをダウンロードし、「設定する」をクリックし登録メールアドレス宛に送られた認証メールのURLをクリックすると完了します。

Coincheck(コインチェック)は危ないのか記事のまとめ

今回の記事では、Coincheck(コインチェック)は危ないのかということについて開設しました。

Coincheck(コインチェック)は危ないのか記事のまとめ

Coincheckでは2018年に仮想通貨の盗難事件が起こりましたが、その後上場一部企業のマネックスグループが買収しセキュリティを大幅に強化したため、現在は安全性の高い仮想通貨取引所に成長しています。

Coincheckはビットコインを含む23種類すべての仮想通貨の取引を約500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

Coincheckでは現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で紹介された人は現金1,500円、紹介した人は現金1,000円プレゼントされますよ!

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次