【2024年】NFTマーケットプレイスおすすめ17選を徹底比較|選ぶポイント・購入・出品方法・NFTアートの作り方

NFT市場は近年急速に広まっており、一般人のNFTアートが高値で売れたなどニュースで聞いたことがある人も多いでしょう。

NFTマーケットプレイスを利用すれば、NFTの出品や売買ができて大きく利益を上げることも期待できます。

そこで、今回の記事では国内外のNFTマーケットプレイス15選をランキングで徹底比較していきます。

合わせて、利用する際の注意点やNFTマーケットプレイスを選ぶ際のポイントも解説していくのでぜひ最後まで読んでくださいね。

この記事でわかること

NFTマーケットプレイスでNFT作品の購入や販売をするには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要な場合が多いです。

仮想通貨を購入するには国内、海外のNFTマーケットプレイスに問わず仮想通貨取引所はCoincheckがおすすめです!

Coincheckでは、国内のアプリダウンロード数が415万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引を500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

おすすめの仮想通貨取引所が知りたい方は、他の記事をご覧ください。

目次

NFTマーケットプレイスとは?仕組みを解説

まず、NFTマーケットプレイスとは何か、その特徴や仕組みについて解説します。

ぜひポイントを押さえてくださいね。

NFTマーケットプレイスの特徴
  • ユーザーは誰でも自由にNFT作品を出品、購入できる
  • ブロックチェーン技術により偽造や改ざんがされにくいため唯一無二の価値を証明できる
  • 出品、購入をするにはイーサリアムなどの仮想通貨が必要な場合が多い

NFTマーケットプレイスとは、NFT作品を売買できるプラットフォームのことです。

NFTとはNon-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)の略称で「非代替トークン」と言われます。

NFT作品にはNFTアートやゲームなどがあり、ブロックチェーン技術により偽造や改ざんがされにくく、デジタルコンテンツを唯一無二の価値を証明できることが特徴です。

そのため、なかには高い価値が付いて数十億の高額で落札されたNFT作品なども存在します。

NFTマーケットプレイスではユーザーは誰でも自由にNFT作品を売買でき、大きな利益も期待できることが特徴です。

NFTマーケットプレイスで出品、購入をするにはイーサリアムなどの仮想通貨が必要な場合が多いため、仮想通貨取引所の口座を解説しておく必要があります。

Coincheckは国内No.1の仮想通貨取引所で、国内だけでなく海外のNFTマーケットプレイスにも対応しているためおすすめです!

仮想通貨取引を500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすいですよ。

NFTマーケットプレイスを選ぶための4つのポイント

次に、NFTマーケットプレイスを選ぶための4つのポイントについてご紹介していきます。

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

NFTマーケットプレイスを選ぶための4つのポイント


欲しいNFTを取り扱っているか

NFTマーケットプレイスを選ぶためのポイントの1つ目は、欲しいNFTを取り扱っているかどうかということです。

NFTマーケットプレイスはそれぞれ取り扱っているNFT作品のジャンルや出品数などが異なります。

例えば、NFTゲームやアイテムが欲しい方はNFTゲームを取り扱っているNFTマーケットプレイスを、NFTアートに興味がある方はNFTアートを取り扱っているNFTマーケットプレイスを選ぶようにしましょう。

様々なジャンルのNFT作品を扱っているマーケットもあるので、まだ欲しいものが決まっていない方におすすめですよ。


信頼性の高さ

NFTマーケットプレイスを選ぶためのポイントの2つ目は、信頼性の高さが挙げられます。

NFT市場自体はまだ歴史が浅く、なかには悪質な利用者が存在しており過去には詐欺などのトラブルも発生した事例もあります。

運営元がどこなのか、利用者数は多いのかなどを判断材料として、信頼できるNFTマーケットプレイスかどうか判断してから利用するようにようにしましょう。


手数料の安さ

NFTマーケットプレイスを選ぶためのポイントの3つ目は、手数料の安さが挙げられます。

NFT作品の売買にはガス代と言われる手数料が発生し、NFTマーケットプレイスによって手数料は異なります。

少しでも手数料が安いマーケットプレイスを利用することでコストを抑えられるので、事前にチェックしておきましょう。

まとめて購入すれば手数料が1回だけのところもあれば、NFT作品1つずつ手数料を支払う必要があるところもあるためチェックしておきましょう!


利便性の高さ

NFTマーケットプレイスを選ぶためのポイントの4つ目は、利便性の高さが挙げられます。

海外のNFTマーケットプレイスでは日本語対応でないところや、日本円決済に対応していないところもあります。

国内のNFTマーケットプレイスでは入出金も早く、すぐに欲しいNFT作品を手に入れやすいため初心者の方は安心して利用できるでしょう

国内おすすめのNFTマーケットプレイス8社ランキング一覧

こちらが国内おすすめのNFTマーケットプレイス8社のランキング一覧です。

スクロールできます
名称Coincheck NFT(β版)LINE NFTSBINFT MarketAdam by GMOHEXA(ヘキサ)Rakuten NFTZaif INOPlayMining NFT
主なコンテンツゲームアセット/トレーディングカードゲーム、スポーツ、アーティスト、アニメ、イベント等デジタルアートや音楽、写真、ゲームデジタルアートやマンガ、イラスト、動画など画像や動画、音声やツイートなどアニメ、競馬関連などNFTゲームの一時販売NFTゲーム(カードゲーム、料理ゲーム、RPGなど)
取引通貨イーサリアム(ETH)など10種類以上の通貨日本円(LINE Pay)、FINSCHIA日本円(クレジットカード)・イーサリアム(ETH)・Polygon(MATIC)日本円(クレジットカード・銀行振込)、イーサリアム(ETH)日本円(クレジットカード)、イーサリアム(ETH)イーサリアム(ETH)、日本円(クレジットカード)、楽天ポイントイーサリアム(ETH)やPolygon(MATIC)など5種類DEP(ディープコイン)、日本円(PayPalおよびクレジットカード・デビットカード)
販売手数料10%無料10%10%20%〜30%14%2.2%3%前後
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

国内でおすすめのNFTマーケットプレイス8選

国内でおすすめのNFTマーケットプレイス8選をご紹介していきます。

それぞれの特徴を押さえて、ぜひNFTマーケットプレイスを選ぶ際の参考にしてください。

Coincheck NFT(β版)

運営会社仮想通貨取引所Coincheck
運営開始年2021年3月〜
主なコンテンツゲームアセット/トレーディングカード
対応ネットワークイーサリアム(ETH)・Polygon(MATIC)等
対応通貨10種類以上の通貨
手数料販売手数料:10%
公式サイトCoincheck NFT(β版)の公式サイト
Coincheck NFT(β版)のおすすめポイント
  • 国内最大規模のNFTマーケットプレイス
  • 人気の高いNFTゲームやアイテムを売買できる
  • 複数の通貨でNFTを購入できる

Coincheck NFT(β版)は、仮想通貨取引所Coincheckが運営する国内最大規模のNFTマーケットプレイスです。

現在、Coincheck NFT(β版)のユーザー数は13万人を突破し人気が急速に高まっています。

日本国内でも人気があるNFTゲームの「The Sandbox(サンドボックス)」、「Sorare(ソラーレ)」などのアイテムをNFTとして売買できます。

他のマーケットプレイスがイーサリアムをはじめとした少数の通貨だけを決済に使えるのに対して、Coincheck NFT(β版)では10種類以上の通貨をNFT取引に利用できることが特徴です。

さらに、入庫や出品や時のガス代(手数料)が無料であることも大きな魅力と言えます。

仮想通貨取引所Coincheckのアカウントがあれば簡単に登録できるので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。


LINE NFT

運営会社LVC株式会社
運営開始年ゲーム、スポーツ、アーティスト、アニメ、イベント等
主なコンテンツ2022年4月13日
対応通貨日本円(LINE Pay)、FINSCHIA
手数料無料
公式サイトLINE NFTの公式サイト
LINE NFTのおすすめポイント
  • 出品や決済におけるガス代(手数料)が発生しない
  • 暗号資産「FINSCHIA」またはLINE PAYで簡単に決済できる
  • 自分のNFTをLINEの友だちにプレゼントするなどの楽しみ方も

LINE NFTは、LVC株式会社が提供するNFTマーケットプレイスで利用者数が増えています。

LVC株式会社は仮想通貨取引所「LINE BITMAX」の運営も行っており、セキュリティが高く初心者でも安心して取引が可能です。

LINE NFTは、ゲーム、スポーツ、アニメなどのコンテンツを取り扱い、出品や決済におけるガス代(手数料)が発生しないため人気があります。

決済には暗号資産「FINSCHIA」も利用でき、「FINSCHIA」は暗号資産取引所「LINE BITMAX」で購入することが可能です。

また、手元に暗号資産がなくてもLINE PAYで簡単に決済することもできますよ。

購入したNFTはウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管できるため、ユーザーは手軽に自分のNFTをLINEの友だちにプレゼントするなどLINE NFTならではの楽しみ方もあります。


SBINFT Market(旧nanakusa)

運営会社SBINFT株式会社
運営開始年2021年3月17日
主なコンテンツデジタルアートや音楽、写真、ゲーム
対応通貨日本円(クレジットカード)・イーサリアム(ETH)・Polygon(MATIC)
手数料販売手数料:10%
公式サイトSBINFT Marketの公式サイト
SBINFT Marketのおすすめポイント
  • 大手のSBIグループが運営しているため初心者でも安心
  • デジタルアートや音楽、写真、ゲームなど多様なNFT作品を取り扱っている
  • SBI Web3ウォレットで簡単にNFTの売買が可能

SBINFT Marketは、SBINFT株式会社が運営を行うNFTのマーケットプレイスで人気が高まっています。

2021年に「nanakusa」と呼ばれる国産NFTマーケットプレイスを買収してSBINFT Marketにリブランディングされました。

大手のSBIグループが運営しているため、セキュリティ対策も万全で初心者でも安心して利用できます。

SBINFT Marketではデジタルアートや音楽、写真、ゲームなど多様なNFT作品を取り扱っているため、ご自身が購入したい作品に出会えるでしょう。

また、日本円でオンチェーンNFTの売買ができるウォレットの「SBI Web3ウォレット」を利用できることが特徴です。

Metamaskなど他のウォレットを作成する必要がなく、仮想通貨取引所のSBI VCトレードの口座開設後にすぐに利用できますよ。


Adam by GMO

運営会社GMOアダム株式会社
サービス開始年2021年
主なコンテンツデジタルアートやマンガ、イラスト、動画など
決済通貨日本円(クレジットカード・銀行振込)、イーサリアム(ETH)
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:10%
公式サイトAdam by GMOの公式サイト
Adam by GMOのおすすめポイント
  • GMOインターネットグループであるためセキュリティ体制が高く安心
  • 有名人やアーティストのコンテンツも多数出品されており高値が付いている
  • イーサリアムによる決済だけでなく、日本円(クレジットカード支払いまたは銀行振込)にも対応

Adam by GMOは、GMOインターネットグループの傘下のGMOアダム株式会社が運営するNFTマーケットプレイスです。

デジタルアートやマンガ、イラスト、動画などを取り扱っており、なかにはYoutuberのヒカルやEXILE、坂本龍一など有名人のコンテンツも出品されており高値が付いています。

イーサリアムによる決済だけでなく、日本円(クレジットカード支払いまたは銀行振込)にも対応しているため、仮想通貨に馴染みがない方でも利用しやすいですよね。

Adam by GMOは、仮想通貨取引所「GMOコイン」を手掛けるGMOグループが運営しているため、セキュリティも高く安心して利用できますよ。


HEXA(ヘキサ)

運営会社メディアエクイティ株式会社
サービス開始年2021年
主なコンテンツ画像や動画、音声やツイートなど
決済通貨日本円(クレジットカード決済)、イーサリアム(ETH)
対応しているウォレットMetaMaskまたは日本円決済ならウォレット不要
手数料販売手数料:20%から30%
公式サイトHEXA(ヘキサ)の公式サイト
HEXA(ヘキサ)のおすすめポイント
  • 日本円だけでNFTの発行や売買ができる
  • ウォレットの作成も不要なため気軽にNFTの売買を楽しめる
  • Twitterアカウントと連携することで出品が簡単

HEXA(ヘキサ)は日本円だけでNFTの発行や売買ができる日本初のNFTの取引プラットフォームとして人気があります。

日本円(クレジットカード)で決済する場合はウォレットを作成する必要がないため、通常のオンラインショッピングのように気軽にNFTに触れることが可能です。

また、HEXA公式サイトでTwitterアカウントと連携することで誰でも簡単にたったの1分で出品できることも魅力ですよ。

出品する際にはNFTの保有者専用のメッセージや画像を入れた袋とじNFTも発行できるため、希少価値がさらに高まり大きな利益につなげることも期待できます。


Rakuten NFT

運営会社楽天グループ株式会社
サービス開始年2022年2月25日
主なコンテンツアニメ、競馬関連など
決済通貨イーサリアム(ETH)
クレジットカード 
楽天ポイント
対応しているウォレットMetaMask
手数料販売手数料:14%
公式サイトRakuten NFTの公式サイト
Rakuten NFTのおすすめポイント
  • 楽天グループ株式会社が運営するNFTマーケットプレイス
  • 購入は仮想通貨だけでなくクレジットカードでの決済が可能
  • 購入額に対して1%の楽天ポイントが進呈

Rakuten NFTは、楽天グループ株式会社が運営するNFTマーケットプレイスで2022年2月25日にオープンしました。

新しいNFTマーケットプレイスなので取り扱いジャンルはまだ少ないですが、これから拡大していくことが期待できます。

Rakuten NFTでの購入は仮想通貨だけでなくクレジットカードでの決済が可能であるため、ネットショッピングのように簡単にNFTを購入できることが魅力です。

さらに、貯まっている楽天ポイントも購入資金に充てられるためお得に始められますよ。

購入額に対して1%の楽天ポイントが進呈されるため、楽天ユーザーにとっては嬉しいですよね。


Zaif INO

運営会社株式会社カイカフィナンシャルホールディングス
サービス開始年2022年
主なコンテンツNFTゲームの一時販売
決済通貨イーサリアム(ETH)やPolygon(MATIC)など5種類
対応しているウォレットMetaMask
手数料販売手数料:2.2%
公式サイトZaif INOの公式サイト
Zaif INOのおすすめポイント
  • ブロックチェーンゲーム専門のNFTマーケットプレイス
  • 販売手数料が世界最安値の2.2%
  • 出品審査が厳しいため、クオリティが高い作品が多い

Zaif INOはブロックチェーンゲーム専門のNFTマーケットプレイスです。

多くのマーケットプレイスの手数料が10%前後なのに対して、Zaif INOの手数料は世界最安値の2.2%であることが最大の魅力と言えます。

市場に出回っていないレア物や「ガチャ機能」を導入しているなど、Zaif INOでしか味わえない魅力があるため人気です。

Zaif INOではNFTを販売するには審査に通過する必要があるため、クオリティが高く偽物も混ざりにくいため安心してNFT作品を購入できます。


PlayMining NFT

運営会社Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.
サービス開始年2018年8月
主なコンテンツNFTゲーム(カードゲーム、料理ゲーム、RPGなど)
決済通貨DEP(ディープコイン)、日本円(PayPalおよびクレジットカード・デビットカード)
対応しているウォレットMetaMask
手数料販売手数料:3%前後
公式サイトPlayMining NFTの公式サイト
PlayMining NFTのおすすめポイント
  • NFTゲームが遊べるGameFiプラットフォーム
  • 報酬は独自トークンのDEP(ディープコイン)で支払われて現金とも交換できる
  • 購入できるアイテムには有名クリエイターや漫画家が手がけているものも

PlayMining NFT は、様々なNFTゲームが遊べるGameFiプラットフォームです。

世界で100ヵ国以上の270万人以上のユーザーが利用しており、最近さらに人気が高まってきています。

ゲームをして遊ぶことでお金を稼げる仕組みとなっており、報酬は独自トークンのDEP(ディープコイン)で支払われ、現金と交換することも可能です。

購入できるアイテムを有名クリエイターや漫画家が手がけているため価値が高まることも期待できますよ。

DEP(ディープコイン)は 仮想通貨取引所の「BITPOINT」で購入することができるので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

海外でおすすめのNFTマーケットプレイス7社ランキング一覧

スクロールできます
名称OpenSeaFoundationRaribleSuperRareNifty GatewayBlurX2Y2
主なコンテンツNFTアート・音楽・NFTゲームなどNFTアートデジタルアート、音楽、動画などNFTアートデジタルアート、ゲームデジタルアート、音楽、動画などNFTアート、NFT音楽、ドメインネーム、仮想空間(バーチャルワールド) 等
決済通貨イーサリアム(ETH)や ソラナ(SOL)など8種類
オンライン決済サービス「MoonPay」
イーサリアム(ETH)ETH(イーサリアム)・WETH・RARIイーサリアム(ETH)イーサリアム(ETH)、クレジットカードやデビットカードイーサリアム(ETH)イーサリアム(ETH)等
販売手数料2.5%15%2.5%3%5%と30セント無料2%
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

海外でおすすめのNFTマーケットプレイス7選

続いて、海外でおすすめのNFTマーケットプレイス7選をご紹介していきます。

それぞれの特徴を押さえて、ぜひNFTマーケットプレイスを選ぶ際の参考にしてください。

海外でおすすめのNFTマーケットプレイス8選


OpenSea

Screenshot
運営会社OpenSea社
サービス開始年2017年12月
主なコンテンツNFTアート・音楽・NFTゲームなど
決済通貨イーサリアム(ETH)や ソラナ(SOL)など8種類
オンライン決済サービス「MoonPay」
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:2.5%
公式サイトOpenSeaの公式サイト
OpenSeaのおすすめポイント
  • 世界最大規模のNFTマーケットプレイス
  • 販売手数料が業界最安値の2.5%
  • 日本語にも対応しているため安心

OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイスで、NFTは2400万点以上もの幅広いジャンルのNFTを取り扱っています。

有名アーティストなど著名人による販売もあり、高額なNFT作品も多数存在していることから人気が高いです。

国内のNFTマーケットプレイスの販売手数料は10%前後のところが多い中、OpenSeaでは2.5%と業界トップクラスの安さを提供しコストを抑えられることも魅力と言えるでしょう。

また、NFT作成には手数料が発生しないため、誰でも気軽に販売することができますよ。

また、OpenSeaはプロフィールから言語を選ぶだけで日本語に対応しているため、海外のNFTマーケットプレイスでも利用しやすい特徴があります。


Foundation

Screenshot
運営会社Foundation Labs社
サービス開始年2020年
主なコンテンツNFTアート
決済通貨イーサリアム(ETH)
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:15%
公式サイトFoundationの公式サイト
Foundationのおすすめポイント
  • 「招待制」が導入されているNFTマーケットプレイス
  • 実力派のアーティストの作品が多いため高値で売れやすい
  • 悪質なクリエイターが少なく、安心して利用できる

Foundationは、2020年5月27日にオープンしたNFTマーケットプレイスです。

NFTマーケットプレイスでは珍しい「招待制」が導入されており、招待されたクリエイターしか作品を一次販売できないことが特徴です。

しかし、その分NFT作品の質が高く、実力派のアーティストの作品が多いため高値で売れやすくなっています。

最近では国内トップアーティストの「ケイゴイノウエ氏」がFoundationにNFTアート作品14点を出品して、700万円の売り上げをだしたことでも話題となりました。

また、招待制であるため悪質なクリエイターが少なく、安心して利用できることも魅力です。

クリエイターはクリエイター自身のページにNFT作品を公開することでファンを集めやすくなっています。


Rarible

運営会社Rarible Inc. 
サービス開始年2019年11月
主なコンテンツデジタルアート、音楽、動画など
決済通貨ETH(イーサリアム)・WETH・RARI
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:2.5%
公式サイトRaribleの公式サイト
Raribleのおすすめポイント
  • NFTデジタルアート、音楽、動画などを取り扱うNFTマーケットプレイス
  • 販売手数料が2.5%と最安値
  • 独自トークンの「RARI」を発行

RaribleはNFTデジタルアート、音楽、動画などを取り扱うNFTマーケットプレイスです。

販売手数料が2.5%と最安値で、出品する際には手数料がかからないので初心者でも利用しやすいでしょう。

独自トークンの「RARI」を発行しており、Raribleへ自分の意見を反映させられる投票権やRaribleで取引する際の手数料として利用ができます。

RARIトークンは国内での取り扱いがないため、海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。

RARIトークンの今後の値上がりも期待できるのでチェックしてみてください。


SuperRare

サービス開始年2018年4月4日
主なコンテンツNFTアート
決済通貨イーサリアム(ETH)
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:3%
公式サイトSuperRareの公式サイト
SuperRareのおすすめポイント
  • 質の高いNFTアートの売買が可能
  • ガバナンストークン「RARE」が2021年8月に開発
  • 厳しい出品審査により良質なNFT作品が厳選して販売されている

SuperRareは2018年4月にオープンしたNFTマーケットプレイスであり、NFTアートの売買が可能です。

SuperRareはガバナンストークン「RARE」が2021年8月に開発され、2021年10月11日にはBINANCEに上場したことで注目されています。

ガバナンストークン「RARE」を持っているとSuperRareでの投票権を持てるなど運営に携われます。

SuperRareの出品審査は厳しいため、質の高いNFT作品が厳選して販売されていることが特徴です。

違法性の高い作品も含まれにくいため、初心者でも安心して利用できますよ。

ただし、SuperRareは日本語非対応なので注意が必要です。


Nifty Gateway

運営会社仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)
サービス開始年2018年11月
主なコンテンツデジタルアート、ゲーム
決済通貨イーサリアム(ETH)、クレジットカードやデビットカード
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:5%と30セント
公式サイトNifty Gatewayの公式サイト
Nifty Gatewayのおすすめポイント
  • 世界的に有名なアーティストの作品も数多く出品
  • 決済に仮想通貨だけでなくクレジットカードやデビットカードも利用可能
  • Google Playでスマートフォン向けのアプリも提供

Nifty Gatewayは2018年11月にリリースされたNFTマーケットプレイスです。

デジタルアートやゲームなどを取り扱っており、世界的に有名なアーティストの作品も数多く出品されています。

過去に世界的ラッパーのエミネムやハリウッド女優のパリス・ヒルトンの作品などは高額の値段が付けられて注目されました。

Nifty Gatewayは決済に仮想通貨だけでなくクレジットカードやデビットカードも利用できるため初心者でも始めやすい特徴があります。

また、ブラウザ版だけでなくGoogle Playでスマートフォン向けのアプリも提供されているため、外出先でも気になる作品をチェックできますね!


Blur

サービス開始年2022年10月
主なコンテンツデジタルアート、音楽、動画など
決済通貨イーサリアム(ETH)
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:0%
公式サイトBlurの公式サイト
Blurのおすすめポイント
  • シェアが拡大して2023年2月にはOpenSeaを超える取引高を記録
  • 販売手数料は0%であるためコストを抑えられる
  • 「NFTアグリゲーター」で複数のNFTマーケットプレイスでの出品状況や価格を確認できる

Blur(ブラー)は、2023年に入って急速に人気が高まっているNFTマーケットプレイスです。

2022年10月にオープンした後、シェアが拡大して2023年2月にはOpenSeaを超える取引高を記録するまでに成長しました。

Blurは独自トークンの「BLUR」を導入したことが取引高の上昇につながっていると考えられます。

「NFTアグリゲーター」を実装しており、複数のNFTマーケットプレイスでの出品状況や価格を確認できるため効率的にNFT作品を取引できる魅力があります。

また、Blurの販売手数料は0%であるためコストを抑えられることも大きな特徴です。


X2Y2

サービス開始年2022年2月16日
主なコンテンツNFTアート、NFT音楽、ドメインネーム、仮想空間(バーチャルワールド) 等
決済通貨イーサリアム(ETH)等
対応しているウォレットMetamask
手数料販売手数料:2%
公式サイトX2Y2の公式サイト
X2Y2のおすすめポイント
  • 2022年にリリースされた比較的新しいNFTマーケットプレイス
  • 「OpenSeaをライバルにすること」をミッション
  • 取引手数料は2%とトップクラスの安さ

X2Y2は、2022年にリリースされた比較的新しいNFTマーケットプレイスです。

「OpenSeaをライバルにすること」をミッションとしており、既存のNFTマーケットプレイスの問題解決を目指した、新興のプロジェクトとして注目されています。

独自トークンであるX2Y2トークンを発行しており、過去にはOpenSeaユーザー対象にX2Y2トークンのエアドロップ(無料配布)を実行しユーザー獲得を狙いました。

X2Y2は取引手数料は2%とトップクラスの安さであるためコストを押さえられることも大きな魅力です。

NFTマーケットプレイスを利用する際の注意点

続いて、NFTマーケットプレイスを利用する際の注意点についてご紹介していきます。

4つ詳しくご紹介するので、ぜひポイントを押さえて参考にしてください。


偽物のNFTに注意

NFTマーケットプレイスを利用する際の注意点の1つ目は、偽物のNFTに注意することです。

NFT作品の中には既存のコンテンツをNFT化して販売しているものも含まれています。

例えば、偽物のNFTゲームのアイテムを購入しても実際にはゲームの中で使えず、お金を無駄にしてしまいます。

多くのNFTクリエイターはTwitterなどSNSアカウントを開設していたり、NFTマーケットプレイスでポートフォリオのページがあったりするのでどのような人物か確認すると良いでしょう。


ハッキングやフィッシング詐欺に注意

NFTマーケットプレイスを利用する際の注意点の2つ目は、ハッキングやフィッシング詐欺に注意することです。

まず、NFTマーケットプレイスがハッキングされると個人情報が盗まれてクレジットカードが不正利用される可能性があります。

そのため、セキュリティの高いNFTマーケットプレイスを選んだり、二段階認証を設定したりするなど、事前のハッキング対策を行うことをおすすめします。

また、フィッシング詐欺と言い、既存のマーケットプレイスを装ったメールを送ってアカウント情報やパスワードを盗みとる詐欺も増えています。

URLが正しいのか確認するなどして、少しでも怪しければ個人情報を入力しないように注意しましょう。


利用規約を事前に確認しておく

NFTマーケットプレイスを利用する際の注意点の3つ目は、利用規約を事前に確認しておくことが挙げられます。

マーケットプレイスによって、NFT作品の2次販売ができなかったり、出品に審査が必要だったりするなど異なるため、トラブルを避けるためにも規約を読まずに売買することはおすすめしません。

利用規約を事前にしっかり確認してから売買を始めることで安心して利用できるでしょう。


仮想通貨は価格変動する

NFTマーケットプレイスを利用する際の注意点の4つ目は、仮想通貨は価格変動することが挙げられます。

多くのNFTマーケットプレイスでは購入する際にイーサリアムなどの仮想通貨が必要です。

仮想通貨は常に価格変動しているため、少しでも価格が安いときに購入できればお得にNFT作品を購入できます。

仮想通貨を購入するには国内のアプリダウンロード数が415万を突破している人気仮想通貨取引所はCoincheckがおすすめです!

仮想通貨取引を500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすい魅力があります。

仮想通貨取引所の口座を作って、より安いタイミングでお得に仮想通貨を購入しましょう!

NFTマーケットプレイスの利用方法・購入方法

続いて、NFTマーケットプレイスの利用方法・購入方法について手順に沿って説明していきます。

人気仮想通貨取引所のCoincheckと国内No.1NFTマーケットプレイスのCoincheckNFT(β版)を参考に解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。


1.国内の仮想通貨取引所で口座開設する

NFTマーケットプレイスを利用するためには仮想通貨イーサリアム(ETH)が必要であることが多いため、仮想通貨取引所で口座を開設していきましょう。

まず、Coincheckの公式サイトにアクセスをして「無料口座開設をする」をタップしましょう。

メールアドレスを登録しアカウントを作成後、基本情報の入力と本人確認を行っていきます。

Coincheckでは、スマホでクイック本人確認をすると最短翌日には口座開設が完了します!

本人確認書類として下記の書類を手元に用意しておきましょう。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードまたは在留カード等の顔写真付き本人確認書類

銀行口座を登録後、本人確認の審査完了メールまたはハガキを受け取って口座開設が完了します。

2.仮想通貨取引所でETHを購入

口座開設が完了すると口座に入金し、イーサリアム(ETH)を購入しましょう。

CoincheckNFT(β版)は、イーサリアム上のブロックチェーンを利用しているので、NFTを売買する際はイーサリアムが必要になります。

Coincheckにログインして左下の「販売所」をタップし、「購入したい暗号資産」から「イーサリアム(ETH)」を選択しましょう。

「購入」をタップし、日本円で購入金額を入力し、「日本円でイーサリアムを購入」、その後「購入」をタップすると購入が完了します。

3.NFTマーケットプレイスの会員登録

続いて、CoincheckNFT(β版)の会員登録をします。

まず、Coincheckへログインをしてメニューから「Coincheck NFT(β版)」をタップします。

Coincheck NFT(β)が開けたら会員登録は完了です!

Coincheckの口座が開設できた時点で、ほぼCoincheck NFT(β版)を利用する準備はできています。


4.ウォレットを作成し仮想通貨を送金

続いて、ウォレットを作成していきましょう。

ウォレットは仮想通貨やNFTの保管やNFTゲームと接続して決済するために必要です。

国内外多くのNFTマーケットプレイスでは「MetaMask(メタマスク)」が対応ウォレットとなっています。

MetaMaskのウェブサイトの画面右上の「Download」をクリックし、アカウント登録を作成するだけで簡単です。

ウォレットの作成が終わったら、イーサリアムをCoincheckのウォレットにイーサリアムを送金しましょう。

まずCoincheckにログインし、ウォレットをクリックします。

送金先リストの宛先にご自身のMetaMaskのアドレスを貼りつけ、宛先を追加しましょう。

そして、送金したい金額を入れ送金をクリック、2段階認証を設定後完了です。

MetamaskもCoincheckもすべて日本語対応なので、初めての方でも安心して利用できますよ!


3.NFTを購入する

送金が終わったら、Coincheck NFT(β版)のMarketでNFTを購入していきます。

購入したいNFTを選択すると購入画面へ移動します。

詳細の確認してよければ「購入確認」→「購入」をクリックすれば購入は完了です。

このようにCoincheck NFT(β版)では簡単なステップでNFTの購入が可能です!

仮想通貨取引所CoincheckはNFTマーケットプレイスだけでなく、他にもさまざまなサービスを提供しています。

また、豊富な仮想通貨の種類を取り扱っているため口座を1つ持っておくと便利でしょう!

現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で、紹介した人もされた人も現金1000円がプレゼントキャンペーンを実施中なのでぜひチェックしてみてください。

NFTアートの作り方とNFTマーケットプレイスでの出品方法

続いて、NFTアートの作り方とNFTマーケットプレイスでの出品方法について解説していきます!

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

NFTアートの作り方とNFTマーケットプレイスでの出品方法

1.NFTアートの作り方

NFTアートを作るには主に下記の4つの方法を利用することができます。

スマホアプリ
Photoshopやイラストレーター
自身で描いた作品をデジタル化してアップロード
外注してでき上がった作品をNFT化

スマホアプリでは「lbis Paint X」「illustrator」などがクリエイターの間で人気があります。

NFTアートとして有名なCryptoPunksのようなドット絵であれば、スマホアプリでも作ることができます。

また、パソコンがあればPhotoshopやイラストレーターを利用することでよりクオリティーの高い作品を作ることが可能でしょう。

アナログの作品でも写真を撮るなどしてデジタル化することで簡単にNFT作品として販売できますよ。

2.仮想通貨のウォレットを事前に用意

続いて、NFTマーケットプレイスに出品するために仮想通貨のウォレットを事前に用意しておく必要があります。

イーサリアム系の仮装通貨のウォレットとしてはMetaMask(メタマスク)が人気が高いです。

MetaMaskのウェブサイトからダウンロードをしてアカウント登録を作成するだけで簡単に作成できます。


4.NFTを出品する

まず、Coincheck NFT(β版)「マイページ」に移動しましょう。

MetaMaskと接続されると「入庫前NFT」タブ内にユーザーが所有しているNFTの一覧が表示されるので、入庫したいNFTアイテムの画像の上にカーソルを移動しましょう。

そうすると入庫ボタンが表示されるので「入庫」をクリックすると入庫が完了です。

入庫が完了すると「入庫済みNFT」から出品するNFTを選択します。

内容を確認してよければ「出品」をタップしましょう。

続いて、「受け取る通貨」と「出品金額」を設定していきます。

ちなみに購入者は出品者が「受け取る通貨」で選択した通貨でのみ購入することが可能です。

最後に「出品」をタップして完了です。

以上のようにCoincheck NFT(β版)では簡単なステップで出品ができるためおすすめです!

NFTマーケットプレイスに関するよくある質問

以下では、NFTマーケットプレイスに関するよくある質問に回答します。

NFTマーケットプレイスに関するよくある質問
  • NFTマーケットプレイスで最大手はどこですか?
  • NFTはいくらから購入可能ですか?
  • NFTは日本円で買うことはできますか?
  • 初心者におすすめのNFTマーケットプレイスはどこですか?
NFTマーケットプレイスで最大手はどこですか?

NFTマーケットプレイスで最大手は国内ではCoincheck NFT(β版)です!

海外ではOpenSeaが最大手と言えるでしょう。

大手で利用者が多ければ信頼性の高いNFTマーケットプレイスであると言えるので、どれを利用するか悩んでいる方は上記の2つから初めて見ると良いでしょう。

NFTはいくらから購入可能ですか?

NFTは0.001イーサから購入でき(イーサリアムの場合)、日本円で言うと200円前後になります。

また、手数料が500円~1,500円ほどかかるため合わせて2,000円程度が最低購入ラインと言えるでしょう。

ただしNFTの価格は需要と供給によって価格が上下するため注意が必要です。

NFTは日本円で買うことはできますか?

NFTマーケットプレイスでは仮想通貨だけでなく、クレジットカードなど日本円での支払いに対応しているところもあります。

国内であれば、LINE NFTではLINE Payでの支払い、SBINFT Marketではクレジットカードでの支払いが可能です。

海外であればNifty Gatewayにおいてクレジットカードでの支払いができるのでNFTを初めて利用したい方でも安心でしょう。

初心者におすすめのNFTマーケットプレイスはどこですか?

初心者におすすめのNFTマーケットプレイスはCoincheck NFT(β版)です!

日本国内でも人気のNFTゲームを多く取り扱っているため、ユーザー数は13万人を突破しさらに人気が高まっています。

仮想通貨取引所Coincheckのアカウントがあれば簡単に登録できるので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめNFTマーケットプレイスのまとめ

今回はおすすめのNFTマーケットプレイスについてご紹介しました。

おすすめNFTマーケットプレイスのまとめ
  • NFTマーケットプレイスではユーザーは誰でも自由にNFT作品を出品、購入できる
  • ブロックチェーン技術により偽造や改ざんがされにくく希少価値が付きやすいため高額取引も期待
  • 国内人気ランキング1位は、ユーザー数は13万人を突破したCoincheck NFT(β版)
  • OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイスで国内ユーザーも多い
  • NFTの売買に必要な仮想通貨を購入するなら国内No.1の仮想通貨取引所Coincheckがおすすめ

NFTマーケットプレイスは急速に拡大しており、国内でも多くのユーザーが利用しています。

ブロックチェーン技術により希少価値がつきやすく、なかには数十億の高額の価値で取引される作品もあります。

購入、出品ともに簡単なステップでできるため、気になる方は今回ご紹介したNFTマーケットプレイスをチェックしてみてくださいね。

NFTマーケットプレイスでNFT作品の購入や販売をするには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要な場合が多いです。

仮想通貨を購入するには国内、海外のNFTマーケットプレイスに問わず仮想通貨取引所Coincheckがおすすめです!

Coincheckでは、国内のアプリダウンロード数が415万を突破している国内No.1の仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引を500円と少額から始められるため、手元の資金が少ない方でも始めやすいと人気があります。

現在、家族友だち紹介キャンペーンを実施中で、紹介した人もされた人も現金1000円がプレゼントキャンペーンを実施中!

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部 株式会社ふるさと本舗 - 仮想通貨編集部
目次