dカードのメリット・デメリットは?お得な使い方やシルバー・ゴールドの違いについても解説します

dカードのメリット・デメリットは?お得な使い方やシルバー・ゴールドの違いについても解説しますのアイキャッチ
  • dカードがお得って聞いたけど、どんなメリット・デメリットがあるの?
  • dカードはどんな使い方をすればお得なの?
  • dカードにはシルバーとゴールドの2種類があるけど、どっちの方がお得なの?

この記事を読まれている多くの方はこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。

そこで本記事ではdカードのメリット・デメリットについて徹底解説。dカードがオススメな人や、かえって損をしてしまう人、dカードGOLDとの比較等、dカードの発行を検討するにあたってdカードについて隅々まで解説しているので、ぜひ最後までお目通しください。

この記事を読めばあなたにとってお得なクレジットカードがdカードかどうか分かるでしょう

クレジットカード編集部

まだ、他のクレジットカードを検討したことが無い方は、発券後に「もっとお得なカードがあった・・・」と後悔しないためにも、ふるさと本舗が厳選したオススメのクレジットカードをご覧ください。

目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

dカードの基本情報

dカード
年会費無料
ポイント還元率1.0%~4.50%
国際ブランドVISA / Mastercard
電子マネーiD
審査・発行スピードカード到着まで1週間~3週間
※オンライン申込の場合、審査が最短5分で完了
※審査完了の当日からiDの利用は可能
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ
付帯保険
海外旅行保険死亡後遺障害2,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害20万円
賠償責任2,000万円
救援者費用200万円
航空機遅延保険
国内旅行保険死亡後遺障害1,000万円
入院保険金日額3,000円
通院保険金日額1,000円
手術保険金
航空機遅延保険6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
ショッピング保険海外100万円
国内100万円
備考■国内手術給付金:入院保険金日額5倍または10倍
■29歳以下の方が対象
特徴・おすすめポイント
  • 年会費が永年無料でポイント還元率が常時1.0%
  • d払い×dカードでポイントの三重取りが可能!d払いユーザーは必須
  • 最大1万円のケータイ補償やahamoのボーナスパケットなどdocomoユーザー向け特典が充実
キャンペーン情報
  • 新規入会でdポイントを最大2,000ポイントプレゼント(要Webエントリー)
    ※2024年3月時点

参考 : ドコモのクレジットカード | dカード

ポイント還元率1.0%の高還元率カード!dポイントが貯めやすくdocomoユーザーに嬉しい特典が付帯

dカードはNTTドコモが発行するクレジットカード。年会費が永年無料な上、普段の買い物の際でもポイント還元率が1.0%とお得です

日頃からdポイントを貯めている方やメインの支払い方法がd払いの方には必須の1枚。通常利用でdポイントを貯められるのはもちろんのこと、d払いと併用すればポイントの3重取りなどもできます。

また、携帯や回線がドコモの方(ahamoを含む)にとって嬉しい特典が付帯。月々の携帯料金の割引や1GBのボーナスパケット、最大1万円のケータイ保証などが挙げられます。

dカードのメリット

dカードのメリットは以下の6点が挙げられます。

それぞれ詳しく解説していきます。

dポイントが貯めやすい

dカードのメリットは何といってもdポイントの貯めやすさ。基本の還元率が1.0%と高還元率で、100円の利用につき1ポイント貯まります。

普段使いで貯まりやすいだけでなく、ポイントが貯まりやすい仕組みが沢山仕掛けられています。

クレジットカード編集部

次のメリットを先に見たい方はこちら→「ahamoユーザーは毎月1GBのボーナスパケットが貰える

d払い×dカードでポイントを三重取りにするとポイント還元率がアップ

引用 : ポイントを最大3重取り!d払い×dカードの活用法 | d払い

NTTドコモが提供しているQR決済サービス「d払い」は支払い方法をdカードに設定すると、d払いとdカードの両方でポイントを獲得することができます。さらに、dポイント加盟店の場合にはdポイントカードの提示でポイントが貰えるため、驚きの3重取りが実現

dポイントカードはd払いのアプリ内に設定されているため、簡単に提示することができます。

d払い経由でdカード決済を行う際には、dカードそのもののポイント還元率は1.0%ではなく、画像の通り0.5%になる点だけは注意しておきましょう。

毎週金曜日・土曜日は「d曜日」!d払い経由でポイント還元率が最大4.0%にアップ

引用 : 毎週おトクなd曜日 毎週金土曜日はdポイントが最大4%|dポイントがたまる・つかえるd払い

毎週金曜日・土曜日はAmazonやBUYMA、メルカリ等でd払いを使うとポイント還元率が最大4.0%にアップ。利用者の方も多いであろうAmazonについてはポイント還元率が何と3.5%*までアップします。(2024年3月時点)

d払いが使えるネットのお店は900店舗以上あり、大手どころのネットショップはほとんどが対象に。月に1度エントリーを行うだけで、簡単にポイントアップが狙えます。

マツモトキヨシやスターバックスなどの特約店で利用するとポイント還元率が大幅アップ

引用 : dポイントがさらにたまる dカード特約店 | dカード

dカードの特約店はマツモトキヨシやスターバックス等、2024年3月現在では46カ所。ノジマや伊勢丹、髙島屋、ココカラファイン等ラインナップも様々でポイント還元率アップや割引サービス等の特典が付帯しています。

一方でセブンイレブンやローソン、ファミリマート等のコンビニ群についてのラインナップは少ないのがデメリット。コンビニでの出費が多い方であれば三井住友カード(NL)がオススメです。

dカードの特約店について詳しく知りたい方はこちらの公式サイトをご覧ください。

ahamoユーザーは毎月1GBのボーナスパケットが貰える

引用 : ahamo

ahamoユーザーであれば、ahamoの月々の支払いをdカードで設定すると毎月ボーナスパケットを+1GB分貰うことができます

ahamoは1GBの追加オプションが1GBあたり550円(税込み)のため、年間6,600円分お得になるとも言えるでしょう。

クレジットカード編集部

dカード GOLDの場合は毎月+5GBのボーナスパケットが付与されます。早くdカードの一般券種と(シルバー)ゴールドの比較をしたい方はコチラをご覧ください。

携帯電話が紛失・盗難・修理不能となった場合に最大1万円を補償してくれる

携帯電話端末が紛失・盗難・修理不能等によって新端末の購入が必要となった場合、購入代金を最大1万円まで補償してくれる「dカードケータイ保障」というサービスがdカードには付帯しています。また、補償期間は1年間です。

電話番号をdカードに紐づけている携帯電話が対象となり、必ずしもドコモユーザーである必要はありません。

しかし、新端末を購入する際はNTTドコモやドコモショップが指定する店舗での購入が適用条件となるため、その点だけは注意しておきましょう。

※参考 : dカードケータイ補償 | dカード

クレジットカード編集部

dカード GOLDの場合は補償額が最大10万円の上、補償期間が3年間となります。早くdカードの一般券種と(シルバー)ゴールドの比較をしたい方はコチラをご覧ください。

29歳以下であれば最大2,000万円補償の国内・海外旅行保険が付帯される

dカードの契約者が29歳以下であれば、最大2,000万円を補償してくれる国内旅行保険・海外旅行保険が付帯します。保険内容の内訳は以下の通りです。

国内旅行保険
担保項目および保険金額dカード
本人会員/家族会員
国内旅行傷害保険傷害死亡保険金1,000万円
傷害後遺障がい保険金程度により40万円~1,000万円
入院保険金3,000円(日額)
通院保険金1,000円(日額)
手術給付金入院保険金日額の5倍または10倍
国内航空便
遅延費用特約
乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円
※引用 : 国内旅行保険 | dカード
海外旅行保険
dカードをご契約のお客さま(ご本人様)の
担保項目および保険金額
dカード
本人会員/家族会員
傷害死亡2,000万円
傷害後遺障がい程度により80万円~2,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
200万円
賠償責任
(一事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(年間限度額)
20万円
救援者費用
(年間限度額)
200万円
※引用 : 海外旅行保険 | dカード

年会費が無料のクレジットカードでも旅行保険が付帯されることは少なくありません。

しかし、珍しいのは国内航空便遅延費用特約。アメックス等のT&Eブランドのカードであれば、多くのカードに付帯していますが基本的に年会費が一定かかるカードばかり。

年会費無料のカードで遅延費用特約が付帯している事は珍しいのです。事故よりも航空便が遅延する方が多いでしょうから、お得な付帯保険と言えるでしょう

クレジットカード編集部

dカード GOLDであれば30歳以上の方でも最大1億円補償の旅行保険を受けることができます。保険内容の詳細はこちらから。

dカードのデメリット

dカードのデメリットは以下の2点が挙げられます。

dカードのデメリット

文章をクリックすると記事内で詳しく説明をしているポイントまで飛ぶことができます。

それぞれ詳しく解説していきます。

dポイントをメインで貯めていなければdカードを使う必要性が弱い

dカードはdocomoユーザーでなくともポイントが貯めやすくお得なクレジットカードです。通常還元率1.0%の他、毎週金曜日・土曜日のd曜日特典、d払いとのポイント三重取り等が目玉でしょう。

しかし、いずれも恩恵を受けるには「dポイントを貯めている」「dポイントを使っている」必要があります。そのため、dポイントをメインで貯めている方で無ければdカードを使う必要性が弱いでしょう。

dポイントは楽天ポイントやPayPayポイント、Vポイント、Pontaポイント等とも交換ができません。

既に他のポイントを貯められていたり、ポイントが使いやすい高還元率のクレジットカードを知りたい方は、以下の記事をご覧ください

クレジットカード編集部

docomoユーザーでなくともお得に使えるdカードですが、dポイントを貯めていない・使っていない方であれば別のカードを検討した方が良いかもしれません

docomoの携帯料金に対してはポイント還元が無い

dカードはドコモの携帯料金を支払ってもポイント還元がありません

他のクレジットカードであればキャリア問わず、請求金額に対してポイント還元されるところがほとんど。還元率が1.0%の場合は請求額1万円に対して100ポイントがつくことになります。

携帯代や公共料金等は高額にもなりやすいことから、ここでポイントが貰えないのは少々痛手と言えるでしょう。

クレジットカード編集部

dカード GOLDの場合には、docomoの携帯料金や回線料金に対して10%のポイント還元を受けることができます。早くdカードの一般券種と(シルバー)ゴールドの比較をしたい方はコチラをご覧ください。

187円割引される「dカード支払い割」があるため請求額によってはお得

dカードは携帯代金に対してのポイント還元こそ無いものの、docomoの携帯料金支払いをdカードで設定すると、「dカードお支払い割」が適用され、187円(税込み)が割引となります

対象となる料金プランは以下の通りです。

dカードお支払い割が適用される料金プラン
  • eximo
  • irumo
  • 5Gギガホ プレミア(2023年6月30日新規申込み受付終了)
  • 5Gギガホ(2021年3月31日新規申込み受付終了)
  • ギガホ プレミア(2023年6月30日新規申込み受付終了)
  • ギガホ(2021年3月31日新規申込み受付終了)
  • 5Gギガライト/ギガライト(2023年6月30日新規申込み受付終了)
  • ケータイプラン
  • はじめてスマホプラン
  • U15はじめてスマホプラン

これらを踏まえると月々の携帯料金が約2万円以下の方であれば、他の還元率1.0%カード等で決済をするよりもトータルでお得と言えるでしょう。

※参考 : dカードお支払割 | 料金・割引 | NTTドコモ

クレジットカード編集部

月の携帯代が20,000円を超える方であれば、他の高還元率クレジットカードで決済した方がお得。ただ、それでも微々たる差である上、他の特典ラインナップ等を考えると、そこまで大きなデメリットとも言えないでしょう。

dカードはシルバーとゴールドのどちらがお得なのか

引用 : dカードとdカード GOLDの比較 | dカード

dカードには一般カード(シルバー)とゴールド券種である「dカード GOLD」の2種類があります。dカード GOLDの方が特典等は充実しているものの、年会費が11,000円かかるため、使う人や使い方によってはかえって損してしまうリスクも。

結論から申し上げると、以下に当てはまる方であれば、間違いなくdカード GOLDの方がお得と言えるでしょう

dカード GOLDの方がお得に使える人
タイプ説明
ahamoで毎月+5GB以上のパケット購入をしている人dカード GOLDは毎月+5GBのボーナスパケットを付与(年間60GB=33,000円相当)
クレジットカードの年間利用額が100万円を超える人dカード GOLDは年間利用額が100万円(月8万~10万円目安)を超えると1万円相当の特典を付与
ドコモのケータイ・ドコモ光の請求額が毎月1万円を超える人dカード GOLDはドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金に対して10%ポイント還元

シルバーとゴールドのそれぞれの券種について詳しく比較していきます。

クレジットカード編集部

簡単にまとめると、docomoユーザーであればゴールドがお得、docomoユーザーでなければシルバーがお得になる傾向があります。

シルバーとゴールドの基本スペックを比較!お買い物のポイント還元率は変わらない

以下はdカードのシルバー券種とゴールド券種の基本スペックの比較表です。年会費以外の点で差はほとんどありません。

項目dカード(一般/シルバー)dカード GOLD
券面画像
年会費無料11,000円(税込み)
ポイント還元率1.00%~4.50%1.00%~4.50%
国際ブランドVISA / MastercardVISA / Mastercard
電子マネーiDiD
審査・発行スピードカード到着まで1週間~3週間
※オンライン申込の場合、審査が最短5分で完了
※審査完了の当日からiDの利用は可能
カード到着まで1週間~3週間
※オンライン申込の場合、審査が最短5分で完了
※審査完了の当日からiDの利用は可能
ETCカード年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
年会費:550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
※発行手数料0円
家族カード年会費:無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ
年会費:1,100円(初年度無料)
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
※本会員が学生の場合は配偶者のみ

dカード GOLDは30歳以上でも最大1億円の旅行保険が付帯!家族特約や自動付帯も

一方で国内旅行保険・海外旅行保険には大きくスペックの差があります。以下は付帯保険の比較表です。

dカードシルバー/ゴールドの付帯保険比較
カテゴリ項目dカード GOLDの補償内容dカード(一般/シルバー)の補償内容
海外旅行保険死亡後遺障害10,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)2,000万円
傷害治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)200万円
疾病治療300万円(自動付帯:300万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)200万円
携行品損害50万円、家族特約15万円(自動付帯:15万円)20万円
賠償責任5,000万円(自動付帯:5,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)2,000万円
救援者費用500万円(自動付帯:500万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)200万円
航空機遅延保険9万円(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円)
国内旅行保険死亡後遺障害5,000万円1,000万円
入院保険金日額5,000円3,000円
通院保険金日額3,000円1,000円
手術保険金5万円
航空機遅延保険6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)6万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託…
ショッピング保険海外300万円100万円
国内300万円100万円
備考■国内手術給付金:入院保険金日額5倍または10倍
■29歳以下の方が対象
引用 : 価格.com

年会費11,000円代のカードで、これだけ充実した保険内容のカードは中々ありません。少なくとも年会費20,000円~30,000円代のミドルスペックとされるゴールドカードやプラチナカードの付帯内容と差異が無いと言えるでしょう。

旅行保険は利用するシーンが限定的である事から、普段旅行に行く機会が少ない方や保険に必要性を感じなければ大したメリットと言えません。

一方で、高頻度で旅行に行かれていて旅行保険付きのカードが欲しかったという方であれば、dカード GOLDは間違いなくオススメの1枚です。

クレジットカード編集部

最近では付帯保険の補償を抑えて、ポイント特化に振り切っているゴールドカードも多く、年会費11,000円でこれだけの補償内容は珍しいですね

ahamoで毎月+5GB以上のパケット購入をしている人はdカード GOLDがお得

ahamoユーザーの場合、dカードで携帯料金を支払うと毎月ボーナスパケットを貰うことができます。シルバーの一般券種であれば1GBですが、dカード GOLDであれば5GBの付与です

ahamoのパケットは1GBあたり550円(税込み)で販売されています。そのため、毎月のようにパケット購入をしているのであれば、dカード GOLDがおすすめ。最大33,000円相当(年間60GB×550円)お得になります。

クレジットカードの年間利用額が100万円を超える人はdカード GOLDがお得

dカード GOLDは年間利用額が100万円を超えると、年間利用特典として11,000円相当のクーポン特典を貰うことができます。そのため、年間利用額が100万円を超える方であれば、年会費11,000円と相殺され年会費が実質無料と言えるでしょう。

昨年までは年間100万円を超えた場合には11,000円相当のクーポン特典、200万円を超えた場合には22,000円相当のクーポン特典でしたが2025年配布特典(2024年の年間利用額が適用されるもの)からは、100万円のテーブルのみとなりました。
※参考 : dカード | dカード GOLD年間ご利用額特典に関するリニューアルのお知らせ

クーポン特典は利用先が限られる点が要注意ポイント

ただ、クーポン特典はdポイントが直接貰えるのではなく、指定のショップ・サービスで使えるクーポンとなるため「いざ貰っても使わない・・・」なんて事もあり得なくはないでしょう。

以下の画像は2023年配布クーポンの一例です。

引用 :dカード GOLD年間ご利用額特典 | dカード

ご覧いただければ分かる通り、docomoの関連サービス等が多く限定的なラインナップと言わざるをえません。とはいえ、dショッピングは食品・飲料などの日用品を幅広く販売しているため「全く使う機会が無い…」なんて事は無いでしょう

クレジットカード編集部

dショッピングの家電ラインナップを見ていると、Amazonや楽天での販売価格と比べて+5%~10%ほど値付けが多い印象です。そのため、比較的差の少ない日用品等を買うとクーポンをお得に活用できるでしょう。

ドコモのケータイ・ドコモ光の請求額が毎月1万円を超える人はdカード GOLDがお得

ドコモのケータイ・ドコモ光の請求額が毎月1万円を超える場合、間違いなくdカード GOLDの方がお得になります

dカード GOLDは毎月の請求額に対して、10%のポイント還元がなされます。つまり、毎月1万円の請求額に対して1,000pt分のdポイントが付与されるのです。そのため、年間12万円の請求であれば12,000ptと年会費以上にポイントを受け取ることができるのです

クレジットカード編集部

dカードのシルバー券種はdカード支払い割のみで、携帯料金や回線料金を支払ってもポイントを貰うことができません。

総じてdocomoユーザーは「dカード GOLD」の方がお得になるケースが多い

これまでの内容を見て頂いた通り、docomoの携帯や光回線を契約しているかどうかが、シルバーとゴールドどちらがお得になるかの分かれ道となります。基本的に契約者であればdカード GOLD一択と言っても良いでしょう

dカード GOLDはご紹介した特典の他にも、「dカードケータイ補償」の内容がより充実していたり、国内・ハワイの主要空港のラウンジ利用特典等があったりします。

クレジットカード編集部

dカードのシルバー券種に付帯しているケータイ補償は補償金額が最大1万円/補償期間が1年間。一方、dカード GOLDは補償金額が最大10万円/補償期間が3年となっています。

ただ「docomoユーザーでは無いが、d払いを使っていたり、dポイントを貯めている」という方であれば、シルバーでも十分と言えるでしょう。

dカードの申込み~発行方法

dカードの申込方法は3種類あります。

dカードの発行方法
  • オンライン申込
  • 店頭申込
  • 郵送申し込み

申込~発行までの流れについて、それぞれ詳しく解説していきます。

dカードはどの申込方法を行っても即日発行ができません。オンライン申込・店頭申込は審査が最短5分で完了しますが、審査が終わるだけであって、カードを即日受け取れる訳ではありません。

クレジットカード編集部

現物のカードやデジタルカードは即日で受け取れないものの、iD決済であれば審査が完了した日から利用可能です。iPhone・Androidともに設定することができます。

オンライン申し込みの方法

STEP

dカードの公式サイトより「お申込み」ボタンを選択

dカードの公式サイトを開いて、「お申込み」ボタンを選択してください。

STEP

dアカウントにログインしてください

「お申込み」を選択したら、dアカウントにログインしてください。

dアカウントがない方は画面下の「dアカウントを作成」を選択して、アカウント作成から始めてください。

STEP

申込フォームに必要事項を入力

申込フォームに必要事項を入力してください。

以下の書類が必要になるため、事前に準備しておきましょう。

入会に必要な書類
  • お支払いに指定される口座情報を確認できるもの(キャッシュカード、口座通帳など)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 勤務先情報(勤務先社名・住所・電話番号など)
STEP

受付メールを受信(最短5分)

上記フォームの入力が完了すると、受付メールが届きます。

メールが届いているか確認してみましょう。

STEP

入会審査

入力した情報をもとに、審査が入ります。

STEP

審査結果をメールで確認する

審査に通ると、メールが届くため、メールを確認しましょう。

STEP

カードが自宅に届く

審査に通ってから最短5日でカードが自宅に届きます。

店頭申し込みの方法

STEP

お近くのドコモショップまでお越しください

支払先となる金融機関口座情報や本人確認書類などを持参のうえで、ドコモショップの営業時間内(原則10:00-19:00)に来店しましょう。

入会に必要な書類
  • お支払いに指定される口座情報を確認できるもの(キャッシュカード、口座通帳など)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 勤務先情報(勤務先社名・住所・電話番号など)
STEP

ショップスタッフに「dカードを作成したい」と伝える

来店後、ショップスタッフに「dカードを作成したい」と一言お伝えください。

STEP

申し込み書に必要事項を記入して申し込みを完了させましょう

必要事項を記入して申し込みを完了させてください。

必要事項をもとに審査が行われます。審査に通ると申し込み完了です。

STEP

カードが自宅に届く

審査に通過すると、お申込みが完了となり、10日から2週間後に自宅にカードが届くようになります。

郵送申し込みの方法

STEP

dカードの公式サイトより資料請求を行なってください

dカードの公式サイトの画面を開いたのち、資料請求を行なってください。

資料請求をするには、dアカウントにログインする必要があるため、まだアカウントを作成していない方は初めにアカウント作成をしましょう。

STEP

申し込み書類に必要事項を記入してください

申し込み書類に必要事項を記入してください。

STEP

記入が完了したら本人確認書類を添付して郵送しましょう

記入が完了したら、指示された位置に本人確認書類を貼り付けてください。

本人確認書類の貼り付けまで完了したら、郵送しましょう。

STEP

審査通過後、自宅にカードが届きます。

郵送から自宅届くまで3週間程度かかる恐れがあります。

お急ぎの方はオンラインで手続きをしましょう。

オンライン手続きの方法はこちらをご覧ください

dカードに関するよくある質問

クレジットカード編集部

クレジットカードのプロである私がdカードに関するよくある質問について、分かりやすく回答していきます。

dカードで携帯料金を支払う(定期クレジット)メリットはなんですか?

クレジットカード編集部

docomoの携帯料金の支払い方法をdカードに設定すると、「dカード支払い割」が適用され、月々の料金から187円差し引かれます

請求額によって割引額が変動することはなく、一律で187円です。

また、dカード GOLDで支払いを行った場合には割引の他、請求額の10%がdポイントとしてポイント還元されます。

ahamoユーザーがdカードを発行するメリットはありますか?

クレジットカード編集部

ahamoユーザーがdカードを発行するメリットは毎月1GBのボーナスパケットが貰えることでしょう。ahamoでは追加のパケット料金が1GBあたり550円で販売されていることから、年間6,600円もお得になると言えます。

また、dカード GOLDであれば毎月5GBのボーナスパケットに加え、2024年3月現在はahamo大盛プランの契約者を対象に、毎月の請求額に対して10%のdポイント還元を行っています。
※参考 : ahamo x dカード/dカード GOLD

docomoユーザーがdカードを発行するメリットはありますか?

クレジットカード編集部

docomoユーザーがdカードを発行するメリットは主に以下の点が挙げられます。

1. docomoの携帯や回線の請求に充当できるdポイントが貯めやすい
2. 毎月の携帯料金に割引が適用される
3. ケータイ補償を受けることができる
4. ahamoユーザーであればボーナスパケットが貰える
5. dカード GOLDであれば毎月の請求額に対して10%のポイントが還元される


docomoユーザーであれば、dカードのシルバー券種よりもdカード GOLDの方がよりお得に使うことができるでしょう。

家族カードでdカードを持つメリットはありますか?

クレジットカード編集部

dカードは家族カードでも本会員と同等のサービスを受けることができるため、間違いなくメリットがあると言えるでしょう。

家族会員であっても、ケータイ補償や付帯保険などが利用できます。

ドコモ以外の携帯や回線を使っていてもdカードを持つメリットはありますか?

クレジットカード編集部

dポイントを貯めている・使っている方やd払いをメインの支払い方法として活用している方であれば、dポイントが貯めやすい点においてメリットがあると言えるでしょう

そのため、これらに当てはまらない方は他のカードをオススメします。以下の記事では、ふるさと本舗が厳選した最新のおすすめクレジットカードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

ahamo会員がdカード GOLDを持つメリットはありますか?

クレジットカード編集部

ahamo会員の方がdカード GOLDを持つと、毎月ボーナスパケットを5GB分貰うことができます。

また、月々の請求に対して支払い方法をdカード GOLDに設定すると、請求額に対して10%のdポイントが還元されます。ただ、時期によって対象となるプランが異なるため、ご注意ください。(2024年3月時点ではahamo大盛りプランが10%還元の対象となっています。
※参考 : ahamo x dカード/dカード GOLD

dカードのリボ払いは他カードと比べて金利等が好条件ですか?

クレジットカード編集部

dカード/dカード GOLDにおける実質年率は15.0%であり、平均的な水準と言えるでしょう。特別好条件ではありません

リボ払いの実質年率が低いカードが欲しい方は、ACマスターカード(実質年率10.0%~14.6%)楽天カード(実質年率9.8%)がオススメです。

過去にクレカ・ローンの未払いや延滞などがある方は楽天カードでも審査が通りづらい傾向にあるため、そういった場合はACマスターカードがオススメです。

dカード GOLDの年会費を無料にする方法があると聞いたのですが?

クレジットカード編集部

結論、年会費を無料にすることはできません。支払いタイミングは日によって異なりますが、加入月の翌月10日又は翌々月の10日に必ず支払いを行います。

しかし、年間の利用合計金額が100万円を超えていれば、11,000円相当のクーポン特典が貰えるため、実質年会費無料とも言えるでしょう。

また、docomoの携帯料金・回線料金をdカード GOLDで支払えば、請求額に対して10%のポイント還元がなされます。

月々の請求額が1万円を超えていれば、年間獲得ポイントは11,000円を超えるため、こちらも年会費が実質無料と言えます。

まとめ : 「docomoユーザー」「d払いユーザー」「dポイントユーザー」には必須の1枚

dカードは、docomoの携帯やインターネット回線を契約している方やQR決済「d払い」を使っている方、dポイントを使っている方には必須の1枚です。仮にメインカードとして使わなくとも、ぜひ持っておくべきでしょう。

一方で、dカードのシルバー券種かゴールド券種どちらがお得になるのかは人によって異なり、”ドコモの携帯や回線を契約しているか”が、お得になるかどうかの決め手とも言えます。

クレジットカード編集部

dカードとdカード GOLDの比較を改めてみたい方はコチラをクリックしてください。

しかし、中には「年間利用額が100万円を超えるけどdocomoユーザーじゃないからdカードがお得なのかどうかイマイチ分からない・・・」と思われた方もいらっしゃるでしょう

そんな方は、ふるさと本舗が徹底的に調査・厳選を行ってオススメのクレジットカードを紹介している以下の記事をご覧ください。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次