クレジットカードを複数持ちするデメリットは?使いこなすコツやおすすめのカードも紹介

クレジットカードを複数持ちするデメリットは?使いこなすコツやおすすめのカードも紹介

クレジットカードを複数持ちして、お得に使い分けたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし「カードを作りすぎてデメリットはないか」「持ちすぎて審査に影響が出ないか」などが気になり、申し込みをためらっている方もいるかもしれません。

結論からお伝えすると、クレジットカードを複数発行しても審査に影響は出ませんが、複数持ちをするとデメリットがいくつかあります。

ただし複数持ちのコツを押さえて利用すれば多数のメリットを得られるため、2枚以上のクレカを所有したい方は事前に使いこなすための方法を把握しておきましょう。

本記事では、クレジットカードを複数持ちするデメリットやメリット、使いこなすためのポイントを紹介します。

複数持ちでおすすめのクレジットカードも紹介するので、2枚以上カードを発行してお得に決済をしたい方はぜひ参考にしてください。

この記事からわかること
目次
本記事を監修した専門家

【小山英斗】
神奈川県の横浜を主な活動拠点としてFP事業を中心に、ライフプランニング、金融資産運用、不動産・住宅ローン相談、住宅建築相談、保険相談を強みとしたサービスを提供しています。銀行や保険等の金融機関やハウスメーカー等に属さない独立した立場から執筆の監修を行う。
公式HP:未来が見えるね研究所
保有資格
1級ファイナンシャルプラニング技能士
日本FP協会所属CFP
住宅ローンアドバイザー

クレジットカードを複数枚発行できる?平均所有枚数や最適な枚数も紹介

はじめに、そもそもクレジットカードは複数枚発行できるのかについて解説します。

最適な枚数についても紹介するため、これからクレカの複数持ちをする予定の方は必見です。

審査に通過できれば何枚でも発行できる

クレジットカードは、カード会社の審査に通過すれば何枚でも作成できます。

クレジットカードを発行する上で、上限を気にする必要はありません。

ただし、短期間に複数のカード会社へ同時に申し込むと「申し込みブラック」として信用情報機関に情報が残り、審査に悪影響を及ぼします。

申し込みブラックとは、信用情報機関にクレジットカードやカードローンの情報が短期間で複数残っている状態のことです。「お金に困っているのではないか」「入会特典目当てではないか」と見なされやすく、ネガティブな情報として認識されます。

信用情報機関の1つである「CIC」では、申し込み履歴は6ヶ月程度残ります。

何枚発行してもOKではありますが、短期間の申し込みにはデメリットもあると理解しておきましょう。

クレジットカードの平均所有枚数は約2.9枚

一般社団法人日本クレジット協会が2022年に実施した調査によると、クレジットカードの平均所有枚数は約2.9枚でした。

上記の結果から、1枚しかクレジットカードを保有していない方は少なく、多数のクレジットカード利用者が2枚〜3枚のカードを保有していると分かります。

近年では年会費無料のクレジットカードも珍しくないため、発行するだけならデメリットではないと感じる方が多いようです。

現在クレジットカードを1枚しか保有していない方は、この機会に2枚目の作成を検討してみましょう。

クレジットカード所有枚数の最適解は2~3枚

クレジットカードの所有枚数は、2〜3枚程度がおすすめです。

2〜3枚クレジットカードを発行しておくと、複数の国際ブランドのカードを保有でき、支払いできる店舗の選択肢が増加します。

また、旅行や出張などの外出先でカードが使えないトラブルがあった際も、複数持ちしていると対応できるでしょう。

ポイント還元アップや付帯特典、優待などカード独自のメリットも、複数持ちしていればカードの枚数分受けられます。

「ではカードをたくさん持てば良いのでは?」と思うかもしれませんが、クレジットカードを発行しすぎると年会費の支払いや管理が難しくなるなどのデメリットも発生します。

そのため自身が気に入ったデザインのカードやお得な特典があるカードを厳選して、2〜3枚発行しておくと良いでしょう。

クレジットカードを複数枚所有するデメリット5つ

ここからは、クレジットカードを複数持ちするデメリットを解説します。

目的を明確にせずカードを何枚も発行すると損をする可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

管理が煩雑になり支払い遅延を起こすリスクがある

複数のクレジットカードを保有していると、決済したカードの支払い先が分かりにくくなります。

結果的に、口座の残高不足で支払い遅延を起こしてしまうかもしれません。

クレジットカード支払いの遅延や延滞が続いた場合は、信用情報に傷がついてしまうため注意が必要です。

信用情報に傷がつくと、クレジットカードやローンに申し込んだ場合の審査に通らなくなります。

クレジットカードを複数持ちする際は、引き落とし先を把握できる程度の枚数にとどめておきましょう。

参考:CICが保有する信用情報

知らぬ間に年会費を請求される可能性がある

年会費が有料のクレジットカードを複数所持していると、気付かないうちに高額な年会費が発生する場合もあります。

クレジットカードには保有しているだけで年会費がかかる種類が多く、数千円であっても複数枚になると家計を圧迫する原因になりかねません。

ただし近年では年会費無料のクレジットカードも多数存在するため、その中からカードを選べば年会費をかけずに複数持ちができます。

年会費無料のおすすめクレジットカードについては本記事内で紹介するため、ぜひ参考にしてください。

保有枚数が多く利用限度額を増額しにくくなる

クレジットカードを複数枚利用していると、利用限度額の増額がしにくいデメリットがあります。

利用限度額の増額をするためには基本的に利用実績を積み上げる必要があるためです。

カードを複数持ちすると支払いが分散されてしまい、利用限度額の増額がしにくくなります。

利用限度額の増額や上位ランクへの招待(インビテーション)などの優遇を狙うのであれば、1枚のカードに支払いを集中させた方が良いでしょう。

紛失・盗難・不正利用のリスクが高まる

カード保有枚数が増えると、紛失や盗難、不正利用に繋がりやすくなります。

カードの管理が難しくなり、紛失や盗難が起こっても気付きにくくなるためです。

そのため、カードを複数持ちする場合は2〜3枚に抑えておくのがおすすめです。

また、カード支払いをいち早く知らせる「通知サービス」を提供している会社のカードを発行すれば、不正利用が起こった際気付きやすくなります。

三井住友カードでは利用内容をリアルタイムで通知する「ご利用通知サービス」が行われています。

クレジットカードを複数枚所持する際は、紛失や不正利用のリスクに注意しましょう。

作りすぎで信用情報を傷つける可能性がある

クレジットカードを複数枚持つのデメリットは、作りすぎで信用情報を傷つける可能性がある点です。

同じ時期にクレジットカードを何枚も申し込むと「申し込みブラック」になる可能性があります

キャンペーンやポイントを集める趣味があっても、決済に使う分だけ発行しましょう。

本当に必要なカードを発行したいときに審査落ちにならないよう、2.3枚を目安に申し込んでください。

クレジットカードを複数持ちするメリット5つ

次に、クレジットカードを複数持ちするメリットを5つ紹介します。

カードの複数枚所有にはメリットも多数あるため、気になる方はぜひ読み進めてみましょう。

利用できる店舗やネットショッピングが増える

クレジットカードを複数枚発行して国際ブランドを分けると、利用できる店舗やネットショッピングが増えて便利です。

カード支払いができる店舗(ネットショッピングサイト)でも、国際ブランドによって利用できる店舗が異なります。例を挙げると、人気の会員制店舗「コストコ」ではMastercardしか利用できません。

そのため様々な国際ブランドのクレジットカードを保有していると、その分キャッシュレス決済できる店舗が増加します。

国際ブランド選びに悩む場合は、シェア率No.1の「VISA」でカード発行しましょう。

VISAを発行した後は、次いでシェア率が高い「Mastercard」や国内で普及している「JCB」などがおすすめです。

複数のポイントを貯められる

基本的にクレジットカード1枚には1種類のポイントしか貯まりませんが、2枚以上のカードを所持しておけば複数のポイントを貯められます。

例えば楽天カードだけでは楽天ポイントしか貯まりませんが、dカードを発行すれば楽天ポイントとdポイントの両方が貯まります。

ポイントは特定の店舗でしか利用できない場合が多いため、複数の店舗やネットショップでお得に買い物したい場合は、2枚以上のクレカを発行して複数のポイントを貯めましょう。

ただし、貯まるポイントの種類が増える分管理は難しくなるため、せっかく貯めたポイントが失効しないように有効期限には注意してください。

カードごとに特典や付帯サービスを受けられる

クレジットカードには独自の特典やサービスを展開している種類が多いため、カードを保有している枚数分のお得な特典や付帯サービスを受けられます。

一般カードであればポイントアップ特典や旅行傷害保険、上位ランクであれば空港ラウンジサービスや高級レストラン・ホテルでの優待を受けられる場合もあります。

特に対象店舗やネットショップでポイントアップの特典を受けられる種類が多く、普段利用しているサービスがある方には非常にお得です。

お得な特典や付帯サービスのあるクレカを複数枚発行して、メリットを享受しましょう。

付帯保険の補償金額を合算できる

複数枚のクレジットカードを保有していると、付帯保険の補償金額を合算可能です。

例を挙げると、最大1,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が付帯したカードと、最大2,000万円まで補償される海外旅行傷害保険が付帯したカードを2枚持ちしている場合、高い方の補償が適用されます。

ただし例外もあり、合算できないケースもある点に注意しましょう。

メインカードの付帯保険の補償額が不安に感じる場合は、付帯保険の補償金額が高いカードを追加で発行しましょう。

不測の事態に対応しやすい

クレジットカードを複数持ちしていると、メインカードが利用できなくなったときもサブカードで対応できます。

クレカでの不測の事態として考えられるのは、カードの紛失や磁気不良などです。

何らかのトラブルでカードが使えなくなった際も、カードを2枚以上所持していれば問題なく支払えます。

現金を持ち歩かないキャッシュレスユーザーは、保険としてサブのカードを保有しておきましょう。

【必見】クレジットカードを複数枚所有するときにおすすめのクレジットカード7選           

クレジットカードを複数持ちする際におすすめの6枚を以下の表にまとめました。

スクロールできます
カード名楽天カードOliveフレキシブルペイ三井住友カード(NL)JCB CARD Wエポスカードイオンカードセレクトdカードリクルートカード
年会費無料永年無料無料無料無料無料無料無料
還元率1.0%〜3.0%0.5%0.5%〜7.0%1.0%〜5.5%0.5%0.5%〜1.0%1.0%1.2%
発行までの期間約1週間~10日前後最短5分最短5分最短5分最短即日最短30分約1〜3週間程度約1週間
付帯保険・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・カード盗難保険
海外旅行傷害保険(最高2,000万円)海外旅行傷害保険(最高2,000万円)海外旅行傷害保険(最高2,000万円)海外旅行傷害保険(最高3,000万円)・ショッピングセーフティ保険
・クレジットカード盗難保障
・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)※
・国内旅行傷害保険(最高1,000万円)※
・dカードケータイ補償
・お買物あんしん保険
・カード紛失・盗難補償
・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・国内旅行傷害保険(最高1,000万円)
・ショッピング保険(年間200万円)
国際ブランド・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
VISA・VISA
・Mastercard
JCB・VISA
・Mastercard
・VISA
・Mastercard
・JCB
・VISA
・Mastercard
・Visa
・Mastercard
・JCB
公式HPhttps://www.rakuten-card.co.jp/campaign/rakuten_card/corp/https://www.smbc-card.com/olive_flexible_pay/index.jsphttps://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsphttps://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w2.htmlhttps://www.eposcard.co.jp/index.htmlhttps://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/https://dcard.docomo.ne.jp/st/dcard_dcard/index.htmlhttps://recruit-card.jp/
※29歳以下の方限定

2枚以上のクレジットカードを保有する場合は、基本的に上記のような年会費無料かつ独自のポイントアップ特典がある種類がおすすめです。

例を挙げると、楽天カードは楽天市場でポイントアップ、三井住友カード(NL) はコンビニでポイントアップの特典があります。

次の項目からは各種類ごとの特徴を詳しく解説するため、ぜひカード選びの参考にしてください。

クレジットカード2枚持ちの最強コンビを3つ紹介!

クレジットカード2枚持ちを考えていて「結局どの組み合わせがお得なのかわからない」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

ただ2枚持っているだけにならないよう、意図がある組み合わせを見つけなければなりません。

以下では、クレジットカードの2枚持ちで最強のコンビを3パターン紹介します。

【ネットショッピングに強み】楽天カード×JCB CARD W

カード名楽天カードJCB CARD W
年会費無料無料
還元率1.0%〜3.0%1.0%〜5.5%
発行までの期間約1週間~10日前後最短5分
付帯保険・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・カード盗難保険
海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
国際ブランド・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
JCB
公式HPhttps://www.rakuten-card.co.jp/campaign/rakuten_card/corp/https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w2.html
楽天カード×JCB CARD Wの特徴おすすめポイント
  • 楽天市場・Amazonどちらでも高還元
  • 日常生活の支払いでも高還元

楽天カードとJCB CARD Wの2枚持ちは、楽天市場・Amazonどちらでも買い物をする方におすすめの組み合わせです。

楽天カード×楽天市場なら3.0%還元、JCB CARD W×Amazonなら最大2.0%還元で利用できます。

仕事や家事・育児で忙しくて日用品をECサイトで購入している方は、楽天カードとJCB CARD Wの2枚持ちがおすすめです。

また楽天カードとJCB CARD W共に基礎還元率が1.0%なので、どちらをメインカードにしても高還元で利用できます。

普段利用しているECサイトにあわせて、メインカードを選んでみてください。

【決済不安なし】Oliveフレキシブルペイ×三井住友カード(NL)

カード名Oliveフレキシブルペイ三井住友カード(NL)
年会費永年無料永年無料
還元率0.5%0.5%〜7.0%
発行までの期間最短5分最短5分
付帯保険海外旅行傷害保険(最高2,000万円)海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
国際ブランドVISA・VISA
・Mastercard
公式HPhttps://www.smbc-card.com/olive_flexible_pay/index.jsphttps://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp
Oliveフレキシブルペイ×三井住友カード(NL)の特徴おすすめポイント
  • VISA×Mastercardの組み合わせで決済不安なし
  • カード発行の手間がかからない

Oliveフレキシブルペイと三井住友カード(NL)の組み合わせは、全国どこでも決済不安なく利用したい方におすすめの組み合わせです。

VISAとMastercardは加盟店が多い上位2社なので、1枚ずつ持っていれば決済の不安はなくなります

OliveフレキシブルペイはVISA、三井住友カード(NL)はMastercardで発行しましょう。

またどちらのカードも最短5分で発行できるため、仕事終わりや休憩時間にサクッとカードを申し込めます

カード会社も分散せず申し込みやすいので、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

【無料でアップグレード】エポスカード×イオンカードセレクト

カード名エポスカードイオンカードセレクト
年会費無料無料
還元率0.5%0.5%〜1.0%
発行までの期間最短即日最短30分
付帯保険海外旅行傷害保険(最高3,000万円)・ショッピングセーフティ保険
・クレジットカード盗難保障
国際ブランド・VISA
・Mastercard
・VISA
・Mastercard
・JCB
公式HPhttps://www.eposcard.co.jp/index.htmlhttps://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/
エポスカード×イオンカードセレクトのおすすめポイント
  • 年会費をかけずにゴールドカードへ招待
  • ショッピングやイベントでの優待が充実

エポスカードとイオンカードセレクトの組み合わせは、年会費をかけずにゴールドカードを持ちたい「お得志向」の会社員や主婦(夫)におすすめです。

利用履歴や金額に応じて、正しく使っていればゴールドカードの招待をもらえます。

またエポスカードは10,000店舗の優待、イオンカードセレクトはイオン系列店での優待など、日常生活が少し豊かになる特典が豊富な点も見逃せません。

お金をかけずにゴールドカードを持ちたい方は、エポスカードとイオンカードセレクトの組み合わせを試してみてください。

クレジットカード3枚持ちで最強の組み合わせを2つ紹介!

「2枚だけでは物足りない」「場面ごとに適材適所使い分けたい」と考えている方は、クレジットカードの3枚持ちがおすすめです。

具体的におすすめの組み合わせを2パターン紹介するので、気になった組み合わせを発行してみてください。

リクルートカード×dカード×楽天カード

スクロールできます
カード名リクルートカードdカード楽天カード
年会費無料無料無料
還元率1.2%1.0%1.0%〜3.0%
発行までの期間約1週間約1〜3週間程度約1週間~10日前後
付帯保険・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・国内旅行傷害保険(最高1,000万円)
・ショッピング保険(年間200万円)
・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)※
・国内旅行傷害保険(最高1,000万円)※
・dカードケータイ補償
・お買物あんしん保険
・カード紛失・盗難補償
・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・カード盗難保険
国際ブランド・Visa
・Mastercard
・JCB
・VISA
・Mastercard
・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
公式HPhttps://recruit-card.jp/https://dcard.docomo.ne.jp/st/dcard_dcard/index.htmlhttps://www.rakuten-card.co.jp/campaign/rakuten_card/corp/
リクルートカード×dカード×楽天カードの特徴おすすめポイント
  • 高還元の組み合わせ
  • 普段の買い物・ECでのショッピングどちらも盤石

リクルートカード×dカード×楽天カードの組み合わせは、生活用品の買い物が多い主婦(夫)や独身の方におすすめです。

基礎還元率1.2%のリクルートカードを中心に、dカードと楽天カードでより効率よくポイントを貯められます。

リクルートカードは生活費の決済で利用しましょう。娯楽やその他生活で使う決済をdカードでまとめて、リクルートカードとdカードでdポイントを貯めてください。

楽天カードはEC(楽天市場)での買い物用で使います。

還元率高くdポイントを貯めたい方は、リクルートカード×dカード×楽天カードの組み合わせを実践してみてください。

Oliveフレキシブルペイ×JCB CARD W×楽天カード

スクロールできます
カード名OliveフレキシブルペイJCB CARD W楽天カード
年会費永年無料無料無料
還元率0.5%1.0%〜5.5%1.0%〜3.0%
発行までの期間最短5分最短5分約1週間~10日前後
付帯保険海外旅行傷害保険(最高2,000万円)海外旅行傷害保険(最高2,000万円)・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
・カード盗難保険
国際ブランドVISAJCB・VISA
・Mastercard
・JCB
・American Express
公式HPhttps://www.smbc-card.com/olive_flexible_pay/index.jsphttps://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w2.htmlhttps://www.rakuten-card.co.jp/campaign/rakuten_card/corp/
Oliveフレキシブルペイ×JCB CARD W×楽天カードの特徴おすすめポイント
  • コンビニや飲食店での特約店が豊富
  • ECサイトでの買い物は還元率3.0%

Oliveフレキシブルペイ×JCB CARD W×楽天カードの組み合わせは、コンビニや飲食店での外食が多いビジネスパーソンにおすすめです。

セブン-イレブン・スターバックス・すき家などが特約店となっているため、毎日忙しく仕事しながら外食しているうちにポイントが貯まります。

OliveフレキシブルペイとJCB CARD Wを特約店に合わせて使いつつ、趣味の買い物は楽天市場で還元率3.0%になる楽天カードがおすすめです。

楽天カードのみカードのブランドを選べるので、相性を補完したいなら Mastercardで発行しましょう。

クレジットカードを複数枚使いこなす方法

ここでは、クレジットカードを複数発行して使いこなす方法を紹介します。

以下の2つの方法に分けて解説するため、追加発行するカードをどのように利用すると良いかチェックしてみましょう。

メインカード・サブカードを使い分ける

クレジットカードを発行するときは、メインカード・サブカードを使い分けましょう。

メインカードとする場合は、幅広い場所で利用でき還元率の高いクレジットカードを選んでください。

楽天カードやリクルートカードなど、還元率1.0%以上のクレジットカードがおすすめです。

サブカードには、普段はそれほど使わないものの、特定の状況で効果を発揮するタイプが適しています。

例を挙げると、dカードやJCB CARD Wなど特定の店舗やサービスで大幅にポイントがアップするカードがおすすめです。

特定の店舗でお得に買い物したい、付帯サービスを受けたいなど、目的を明確にしてサブカードを発行しましょう。

「このお店はこのカード」とルールを設ける

クレジットカードを複数枚発行するときは「このお店はこのカード」と自分の中でルールを設けましょう。

還元率が上昇するお店はクレジットカードごとに異なるため、適材適所使い分けることで効率よくポイントを貯められます

「いつも利用するスーパーはこのカード」「コンビニは還元率が上がるこのカード」と特約店や還元率を基準に一定のルールを設けてください。

効率よくポイントを貯めたい方は、クレジットカードごとにルールを設けてみましょう。

生活費は自動引き落とし設定をする

カードの引き落としで生活費の支払いがずさんにならないように、家賃や光熱費は自動引き落とし設定をしましょう。

家賃や水道光熱費をクレジットカードで引き落とすと、延滞防止やポイントを貯める効果があります

複数枚持っているクレジットカードのうち、1枚を生活費引き落とし用に使いましょう。イオンカードセレクトのように、生活費の引き落としに関する特典があるカードの設定がおすすめです。

複数枚のクレジットカードのおすすめな使い方例を紹介

これからクレジットカードを複数枚所有する方に向けて、おすすめの使い方の1例を紹介します。

本記事で紹介したおすすめクレジットカードは、以下のような方法で活用してみましょう。

カード名おすすめの使い方
楽天カード楽天市場・楽天トラベルで支払い設定
三井住友カード(NL)セブン-イレブンやローソンでタッチ決済
JCB CARD WAmazonやスターバックスなどのパートナー店で利用
イオンカードセレクトイオンシネマで割引優待を適用
エポスカードカラオケやアミューズメント施設で優待を適用

基本的には対象となる店舗やサービスでカード決済すると、ポイントアップや割引などのお得な特典を受けられます。

カードごとにお得な特典が適用される店舗・サービスを把握しておき、使い分けを意識しましょう。

空港ラウンジサービスや割引特典など、カードを提示するだけで適用される優待もあります。

クレジットカードを複数枚所有するときの注意点

ここでは、クレジットカードを複数持ちする際に注意しておきたい点を紹介します。

クレジットカードを2枚以上使いこなしたい方は、ぜひ参考にしてください。

同時期に複数枚のクレジットカードに申し込まない

短い期間で複数枚のクレジットカードへは申し込まないようにしましょう。

クレカへの申し込みは信用情報機関に記録されるため、同時期に複数枚の申し込みをすると信用情報に傷がつきます。

信用情報機関のCICでは、クレジットカードの申し込み状況が6ヶ月間記録されます。

信用情報に傷がつくと審査に落ちる可能性が高まるため、クレジットカードに申し込む際は1枚だけにしておきましょう。

審査に通過した場合、落ちた場合どちらでも、次に申し込む際は6ヶ月程度期間を空けるのがおすすめです。

年会費がかかっている場合がある

クレジットカードを複数持ちする際は、カードの所有にかかる年会費に注意しましょう。

ゴールドカード以上のカードであれば1万円以上年会費がかかる場合もあるため、複数のクレカになると家計を圧迫する可能性があります。

複数枚クレカを所持していると、知らない間に維持費が膨大になっているケースもあり、口座にお金がなく延滞・滞納をしてしまうかもしれません。

ただし年会費無料、あるいは条件付きで年会費無料になるクレジットカードもあり、意識して選べばカードを複数持ちしても年会費はかかりません。

本記事で紹介したおすすめクレジットカードは全て年会費無料なので、安心して発行してください。

使いすぎてしまう恐れが増える

複数枚クレジットカードを所有していると、管理が複雑となり、自身の支払い能力を超えた散財をしてしまうリスクがあります。

例えばメインカードはしっかり管理していても、サブカードの管理がおろそかになっていると、思わぬ出費が発生する可能性があるでしょう。

そのため使いすぎが不安な方は、リアルタイム通知サービスや使いすぎ通知サービスを提供しているカード会社のクレカがおすすめです。

三井住友カード(NL) では、LINEで使いすぎ防止通知が届くサービスを実施中です。

信用情報にキズがあると審査に落ちる恐れがある

信用情報に傷がある(ネガティブな情報がある)と、クレジットカード発行を申し込んでも審査に落ちる可能性があります。

クレジットカード審査に落ちると、それ自体が傷となり、今後のローンやクレジットカード審査にも悪影響となります。

信用情報において傷とされるパターンは以下の通りです。

信用情報の傷となる情報
  • クレジットカードの長期延滞
  • クレジットカードの強制解約
  • 自己破産や任意整理などの債務整理

上記のような情報は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)株式会社日本信用情報機構(JICC)などで開示請求をすると確認できます。

自身の信用情報が気になる方は、信用情報機関で確かめてみましょう。

キャッシング枠に申し込むと住宅ローンの審査で不利になる可能性がある

クレジットカード申し込み時にはキャッシング枠に申し込める場合もありますが、申請すると住宅ローンや自動車ローンの審査時に不利になる可能性があります。

キャッシング枠はカードを利用した借り入れに該当するため、ローンを組む際に評価を下げる要因となりやすいためです。

また、クレジットカード自体の審査においても「お金に困っているのかもしれない」とカード会社に疑われ、審査に落ちる原因になるかもしれません。

特に理由がないのであれば、クレカ申し込み時のキャッシング枠の設定は「0円」「申し込まない」などの選択をしておきましょう。

基本的にキャッシング枠の申し込みは発行後でも可能です。

クレジットカードを複数持ちするデメリットに関するよくある質問

最後に、クレジットカードを複数枚所有するデメリットについてよくある質問を紹介します。

以下の項目を参考にして、複数枚のクレジットカードを使いこなしましょう。

クレジットカードを1枚しか所有しないデメリットは?

1枚しかクレジットカードを保有していない場合、利用できない店舗やサービスが出てくる可能性があります。

特定の国際ブランドにしか対応していない店舗やサービスもあるためです。

また、カードがトラブルで利用できない場合に代わりのカードがないと決済できない場合もあります。

キャッシュレス決済で不自由をするパターンを避けたい方は、サブカードを発行しておきましょう。

クレジットカードを複数枚所有すると審査は不利になる?

複数枚のクレジットカードを所有していても、審査で不利にはなりません。

ただし短い期間で複数のクレジットカードに申し込むと、審査で不利になります。

複数のクレジットカードへ申し込む際は、6ヶ月程度空けてからにしましょう。

参考:CICが保有する信用情報

複数枚のクレジットカードの支払いを同じ口座に設定できる?

基本的には、複数枚のクレジットカードの支払いでも同じ引き落とし口座に設定可能です。

ただし、カードによっては特定の銀行口座に対応していない種類もあります。

例えば、三井住友カードは一部の信託銀行や信用金庫に対応していません。海外口座の指定も不可能です。

三井住友銀行しか引き落とし口座に設定できない「Oliveフレキシブルペイ」のようなカードもあるため、事前に利用している引き落とし口座を設定できるかどうかは確認しておきましょう。

クレジットカードを複数枚所有している人の特徴は?

店舗やサービスごとの特典をうまく活用して効率的にポイントを貯めたい方、カードごとの付帯特典を受けたい方などが、クレジットカードを複数枚所有している傾向にあります。

一方、自身からではなく大型ショッピングセンターや携帯ショップで勧誘されてカードを複数所有している場合は、自身に合っていない可能性もあるため、保有カードの見直しが必要です。

クレジットカードを複数枚所有してお得に使いこなしたい方は、自発的にカードを発行して優待をフル活用しましょう。

クレジットカードの複数持ちはローンの審査に影響する?

明確な基準は公開されていません。ただし、不要なクレジットカードを何枚も所有していると審査元からの印象は悪いため、2枚から3枚程度に止めましょう。

クレジットカードを複数枚所有するデメリットを理解して上手に活用しましょう

クレジットカードの複数枚持ちによる主なデメリットは、管理が難しくなる点です。

支払い先や暗証番号などの管理が難しくなり、支払いの遅延や不正利用などを招く原因となります。

しかし本当に自身にとって必要なカードを2〜3枚に厳選して利用すれば、デメリットをある程度回避できます。

クレジットカードの複数持ちは、利用できるサービスが増える、特典や付帯サービスを受けられるなどメリットが豊富です。

頻繁に利用する店舗やサービスでポイントアップや割引を受けられるカードがあれば、ぜひ発行してみてください。

本記事で紹介したおすすめクレジットカードを参考にして、クレカ複数持ちのメリットを存分に受けましょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - クレジットカード編集部 株式会社ふるさと本舗クレジットカード制作チーム

1級FP技能士、2級FP技能士、クレカマニア、クレジットカード特化ライターから成る専門性の高い制作チームです。「クレジットカードの審査」や「おすすめのクレカ」に関する情報を提供し、読者の不安解消と新たな選択肢の提案を目的として執筆活動を行っております。

目次