PR

がん保険は本当にいらない?理由や必要性・やめた方がいい人の特徴を紹介

「がん保険は高額療養費制度があるからいらない」

「私はまだ、若いからがん保険はいらない」

と考えている人も多いでしょう。

がんは現代社会において死因の第1位となっており、自分自身や家族がいつ直面するかわからないリスクがあります。

この記事では、がん保険の必要性やがん保険に加入するうえで知っておくべきこと、がん保険がいらない人の特徴や、保険選びで失敗しないためのポイントを詳しく解説します。

この記事でわかること
  • がん保険の必要性
  • がん保険がいらないと言われる理由
  • 実際にどのくらいの人ががん保険に入っているのか
  • がん保険に入るべき人・やめた方がいい人の特徴
  • がん保険を選ぶ際のポイント
目次

【がん保険は本当にいらない?】がんは死因の1位

がんが死因第1位の日本において、がん保険の重要性は無視できません。

厚生労働省が発表した「令和3年度の人口動態統計」によると、すべての死因の中でがんが約26.5%を占めています。がんは日本人にとって最も大きな病気の一つです。

国立がん研究センターの報告によると、日本人が生涯にわたってがんに診断される確率は、男性が65.5%、女性が51.2%にものぼります。

つまり、2人に1人以上がいずれがんに診断される可能性があるということです。日本人のがんで亡くなる確率は男性25.1%、女性17.5%です。

がんは日本人の死因の第1位であり、罹患率も高いことから、がん保険の必要性は明らかです。がん治療にかかる費用は決して安くないため、高額な治療が必要になった場合、経済的な負担がさらにのしかかります。

がん保険に加入することで、治療費の心配を減らし、治療に集中できます。

「がん保険はいらない」と一概には言えず、個人のライフスタイルや家族の状況、経済的な条件を踏まえたうえで検討することがおすすめです。

参考:厚生労働省「令和3年度の人口動態統計」P25

参考:国立がん研究センター[がん統計]

がんの治療費はどのくらい?

がんと診断された際、心配なのは治療そのものだけではありません。長期間にわたる治療が必要となった場合の治療費の負担は、患者さんや家族にとって大きな不安要素です。

治療にかかる費用の内容は以下の通りです。

スクロールできます
治療にかかる費用その他にかかる費用
・診察費
・血液検査、CT、レントゲン、エコーや生検などの検査費
・手術費
・調剤薬局で支払う薬代
・病院で支払う抗がん剤治療などの薬代
・入院基本料(食事や差額ベッド代などを除く)など
・通院のための交通費(ガソリン代を含む)
・家族が病院に付き添うための費用
・個室代(差額ベッド代)
・食事代(標準負担額が上限となります)
・入院時の日用品や消耗品、寝衣代、テレビカード
など
参考: 公益社団法人全日本病院協会「医療費の仕組み:みんなの医療ガイド」 

実際に、がんの治療にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?厚生労働省「医療給付実態調査 令和2年度」を参考に部位別がんの治療費の目安を以下にまとめました。

スクロールできます
傷病名胃の悪性新生物<腫瘍>(胃がん)結腸の悪性新生物<腫瘍>(大腸がん)直腸S状結腸移行部及び直腸の悪性新生物<腫瘍>(直腸がん)肝及び肝内胆管の悪性新生物<腫瘍>(肝がん)気管,気管支及び肺の悪性新生物<腫瘍>(肺がん)乳房の悪性新生物<腫瘍>(乳がん)子宮の悪性新生物<腫瘍>(子宮がん)悪性リンパ腫その他の悪性新生物<腫瘍>(前立腺がん・食道がん・卵巣がん)良性新生物<腫瘍>及びその他の新生物<腫瘍>(上皮内がん・子宮筋腫・血管腫)
平均在院期間22.3日16.7日17.0日20.8日21.6日17.1日13.2日29.4日19.6日12.1日
1日あたりの医療費(3割負担)16,500円18,000円19,200円17,400円18,600円20,000円20,000円19,500円17,600円21,200円
窓口支払総額(3割負担)368,600円300,100円326,400円361,900円401,100円343,700円263,700円573,300円345,200円255,900円
高額療養費制度適用後の負担額89,700円87,400円88,300円89,500円90,800円88,900円86,200円96,500円88,900円86,000円
※在院期間は手術あり・なしの単純計算 入院時の差額ベッド代などは含まれません。

がんの治療費は、治療の種類・期間や病院の選択によって大きく異なります。一般的な手術や放射線治療、抗がん剤治療のほか、最新の先進医療など高額な治療法を選択すると、費用はさらに高くなります。

上記の治療費の目安をみてもわかるように、公的医療保険が適用される場合でも自己負担額は決して安くないため、事前の準備が重要です。

がん保険に加入することで、経済的な負担を減らし、安心して治療に専念できます。がんは、誰にとっても予測不可能なものです。そのため、事前の準備で、がん保険の加入をおすすめします。

がん保険の給付金と保障内容一覧

がん保険は、診断一時金・入院給付金・通院給付金・手術給付金・抗がん剤治療給付金・放射線治療給付金など、多岐にわたる給付金が設定されています。給付金により患者は治療に専念できる環境を得られます。

がん保険の保障には、以下のようなさまざまな保障があります。

スクロールできます
保障内容
診断給付金がんと診断された際に一時金を受け取れる保障
入院給付金入院日数に応じて給付金を受け取れる保障
手術給付金手術の種類に応じて給付金を受け取れる保障
通院給付金通院治療をした際に給付金が受け取れる保障
女性疾病保障女性特有のがん(子宮がん・乳がん)を罹患した際に給付金が受け取れる保障
抗がん剤治療給付金抗がん剤治療の費用を補助する保障
先進医療給付金先進医療の費用を補助する保障
ホルモン剤治療給付金所定のホルモン剤が処方・投薬された際に給付金が受け取れる保障
緩和ケア給付金苦痛を和らげるための治療をした際に給付金が受け取れる保障

がん保険はいらないと言われる理由

がん保険がいらないと言われる理由は、若年層の罹患率の低さや公的医療保険制度による治療費のサポート、そしてがん保険特有の給付条件の制約にあります。

ただし、個人の健康状態や家族の病歴、経済状況などに応じてがん保険の必要性は異なり、十分な検討が必要です。将来的なリスクや予測不可能な状況を考慮すると、がん保険に加入することで安心感を得られるでしょう。

ここでは、「がん保険はいらない」と言われる4つの理由を詳しく解説します。

若い頃はがんの罹患率が高くない

がん保険がいらないと考える人がいる主な理由は、若い頃はがんの罹患率が比較的低いためです。国立がん研究センターのデータによると、2009年から2011年のがんの罹患率は以下の通りです。

年齢階級別罹患率のグラフ
参考:国立がん研究センター がん統計(全国がん罹患データ(2019年))

表にすると以下のようになります。

スクロールできます
年齢2009年から2011年のがんの罹患率(人口10万人あたり)
0~14歳12.3
15~19歳14.2
20代31.1
30代91.1
参考:国立がん研究センター がん統計(小児・AYA世代のがん罹患)

年齢が上がるにつれて罹患率は増加しています。若い世代に特有ながんの種類もあり、例えば20代〜30代の女性では乳がん、子宮頸がん、甲状腺がんの発症率が増加しています。

「がん保険はいらない」と言われる背景には、若年層のがん罹患率の低さがあります。しかし、がんのリスクは年齢だけでなく、生活習慣や家族病歴などにも大きく左右されるでしょう。

高額療養費制度で医療費は十分

高額療養費制度により、がん治療における医療費の自己負担額が、一定額に抑えられるため、がん保険が不要であると考えられがちです。

公的医療保険は、すべてての医療行為(がん治療を含む)に対して、自己負担は原則として1〜3割です。さらに、高額療養費制度が適用される場合、患者が支払う医療費は上限が設定され、超過分は国が負担します。

高額療養費制度は、医療費の負担を軽減する有効な制度ですが、がん治療にかかる費用をすべてカバーできるわけではありません。

生活費のサポートや特定の治療で発生する追加費用など、がん保険がカバーするその他の経済的負担を考慮することも大切です。

医療保険に加入していれば不要

多くの人が、がん保険に加入する必要がないと感じている理由は、医療保険が広範囲の病気や怪我をカバーしているためです。

多くの医療保険は、広範囲な病気(がんを含む)をカバーしており、入院や手術、放射線治療などがん治療に必要な費用の大部分をカバーしています。

多くの医療保険にはがん特約があり、がんと診断された際に、一時金が支払われるなどの追加の保障もあります。

がん保険がいらないと言われる理由は、医療保険の保障範囲が重複しているためです。

がん保険の加入を検討する際には、すでに加入している医療保険の内容をよく確認し、どの治療費がカバーされているかを把握することが大変重要です。

保険に加入していても給付金が受け取れないことがある

がん保険がいらないと言われる理由は、保険の条件や種類によって実際に給付金を受け取れないケースがあるためです。

保険契約の内容により、特定の病状や治療がカバー範囲外になることがあります。がんの特定のステージや種類(例えば、上皮内新生物など)が給付対象外の場合があるためです。

多くのがん保険では加入後90日間は免責期間とされており、免責期間内に発見されたがんには給付金が支払われない場合があります。

がん保険は、加入すれば必ず給付金が受け取れるわけではありません。加入前に告知義務や免責期間、除外事項などをしっかりと確認し、理解しておきましょう。

がん保険に入っている人・入ってない人の実際の割合

がん保険の加入率は年々上昇しており、働き盛りの年代で高い割合を示しています。がんの罹患率が年齢とともに増加するため、早めの備えが必要です。

公益財団法人生命保険文化センターの調査によると、2022年度のがん保険の加入率は35.2%で、これは全体の約4割に達しています。

民間がん保険加入率の割合は以下のとおりです。

スクロールできます
年齢男性女性
20代12.3%18.6%
30代40.4%42.1%
40代43.2%44.9%
50代43.9%43.3%
60代40.5%31.9%
70代20.8%23.8%
参考:公益財団法人 生命保険文化センター「2022(令和4)年度 生活保障に関する調査」第二章 医療保険 P77

がん保険の加入率について、男女間で大きな差は見られません。年代別に見ると男女ともに30代から加入率が上昇し、50代まで高い水準が維持されています。特に、男性では50代、女性では40代で加入率が最も高いです。

40代の男性では、約2人に1人ががん保険に加入しています。

20代ではがんの罹患率が低いにもかかわらず、特に女性は女性特有のがんもあるため、がん保険の加入率は18.6%となっています。

年齢だけでなく、性別やがんの種類によってもがん保険への加入意識が変わることが伺えます。

がん保険が必要な理由・必要性

がん保険が必要とされる理由は、がんが日本人の死因の1位であり、罹患率が年齢とともに増加するためです。

がん保険は、がん治療に伴う経済的負担を軽減し、治療に専念するための保険です。

自営業者(個人事業主)・ローンを組んでいる人・がん家系の人・30代後半以降の人にとっては、がん保険の加入を検討する価値があります。

ここでは、がん保険が必要な理由と必要性を解説します。

長期療養になった際のまとまった治療費をもらえる

がん保険が必要な理由は、長期療養に伴うまとまった治療費を受け取れることです。がんの治療費は非常に高額であり、特に進行がんの場合、治療期間が長期にわたることが多いです。

高度な医療技術や新薬の使用が必要とされることが多く、これらの費用は一般的な医療保険の範囲を超える場合があります。

がん保険は、進行がんや長期治療が必要な場合に、患者と家族に経済的な安心感をもたらします。

高額な治療費がかかったとき、がん保険からの給付金は、治療に専念するためと個人や家族の生活を守るために非常に大切です。

年齢が高くなった際に後悔する可能性がある

がん保険に加入していなくて年齢が高くなった際に後悔する理由は、高齢になってから保険に加入したいと思っても、加入条件が厳しくなるか、保険料が非常に高額になってしまうからです。

厚生労働省の統計によると、がんは日本人の死亡原因の第1位であり、年齢が上がるにつれてがんの罹患率も高まります。特に50歳を超えると急激に増加するため、早めの対策が必要です。

がん保険への早期加入は、将来的な不安を減らし、高齢になってからの治療費の負担を軽減します。

参考:厚生労働省「平成31年(令和元年)全国がん登録 罹患数・率 報告」P18

働けなくなった際の収入を補える

がんで働けなくなった場合の収入補償が必要です。がん保険は、がんになった際の治療費や生活費を補うための重要な保障です。

がん患者は、治療期間中に仕事を休む必要があり、収入が減少します。

一方で、医療費や関連する生活費は増加するため、経済的な負担が増えます。がん治療による平均的な休職期間は数ヶ月から1年以上に及ぶことが多いです。

がんで働けない期間は、がん保険に加入していれば、診断給付金や治療給付金などで、経済的な不安が軽減されます。

がんになった際に得られる給付金が手厚い

がん保険が必要である理由は、がんになった際に得られる給付金が手厚いためです。治療費や生活費の支援だけでなく、精神的な安心感を得られることもがん保険の大きなメリットです。

がん保険は、診断給付金や治療給付金、入院給付金など、複数の段階で支払われる給付金が設定されています。これらは治療に必要な費用だけでなく、生活費やその他の費用にも充てられます。

がん保険の特徴を医療保険やがん特約と比較

がん保険と一般の医療保険、またがん特約を持つ保険との間には、いくつかの重要な違いがあります。がん保険は、がんと診断された際に支給される給付金に焦点を置いており、特に充実しています。

一方、一般の医療保険にがん特約を追加する場合、広範な病気や怪我に対する保障が基本で、がんが発生した際には追加の保障が適用されることが一般的です。

ここでは、がん保険の利点と医療保険のがん特約との対比について詳しく説明します。

がん治療に専念した充実の保障を受けられる

がん保険は、がん治療に専念するための充実した保障があり、医療保険やがん特約と比べて、患者はより広範な支援を受けることが可能です。

がん保険の給付金などの保障は、治療開始時に支払われる診断給付金・入院や手術・放射線治療・抗がん剤治療など、さまざまです。

がん保険は、がん治療に焦点を当てた保障で、無制限の入院給付や通院給付などがあります。一般的な医療保険においては、がん治療を完全にカバーしているわけではなく、入院給付に日数制限がある場合が多いです。

がん保険の充実した保障は、がん治療に専念するために重要であり、医療保険やがん特約と比較して、より多くの治療と費用をカバーできます。

がん保険でもらえる保険料

がん保険は、がんと診断された場合に支払われる保険料が、他の医療保険やがん特約とは異なります。

がん診断を受けた際に支払われる診断給付金が特徴で、医療費のみならず、日常生活でのさまざまな出費にも対応することが可能です。

がん保険の提供する給付金は、治療を始める際の大きな支えとなります。給付金を利用して、治療費だけでなく、他の関連費用も利用できるため、患者さんとその家族にとって、精神的な余裕をもたらせます。

がん保険がいらない人・やめた方がいい人の特徴

がん保険がいらない人ややめた方がいい人の特徴は、経済的に余裕がある人、またはすでに広範囲の医療保険に加入している人などです。

ここでは、がん保険がいらない人ややめた方がいい人の特徴を解説します。

保険に入らなくても十分な貯金がある人

がん保険が必要ない人の特徴は、十分な貯金がある人です。貯金が十分にある場合、がん診断後の治療費や生活費などの急な出費に対応できます。

保険からの給付を必要としないため、がん保険が不要と判断される場合が多いです。保険に入らなくても十分な貯金がある人は、がん保険に入る必要はありません。

がん治療は高額な場合が多く、自己負担額が大きくなる可能性がありますが、公的制度や医療保険を活用することで、自己負担額を軽減できます。

既に各種保険を利用しており備えがある人

がん保険がいらない人の特徴は、すでに各種保険に加入していて十分な備えがある人です。多くの場合、個人は一般的な医療保険や終身保険に加えて、がん特約などを利用しています。

すでに広範囲の保障がある保険に加入している場合、がん保険を新たに加入すると、保険料の重複支払いなど不必要な費用が発生する可能性があります。

がん保険は、特定のニーズに合わせて設計されていますが、すでに十分な保障を持っている場合、追加のがん保険は必要ないかもしれません。

がん保険が必要な人の特徴

がん保険が必要な人の特徴は、自分の貯金ではがん治療に不安である人・先進治療・抗がん剤治療など受けたい人・個人事業主や自営業・生活習慣の乱れが気になる人などが挙げられます。

ここではがん保険が必要な人の特徴5つを解説します。

自分の貯金ではがん治療に不安である人

がん保険が必要な人は、自分の貯金だけではがん治療に不安がある人です。がん治療には手術・化学療法・放射線治療など、高額な医療費がかかることが多いです。

これらの費用が自己負担となると、個人の貯蓄だけでは足りない場合が多く、経済的な不安が増大します。

自分の貯金だけではがん治療の費用を支払うことに不安がある人は、がん保険の加入を検討すべきです。がん保険は、治療費の支払いに加えて、失業や休職による収入減少に対しても一定の保障があります。

自営業・個人事業主など収入に不安がある人

自営業者や個人事業主など、収入源が不安定な人には、がん保険が必要です。自営業者や個人事業主は、定期的な給料が保証されていないため、病気になって働けなくなると収入がゼロになる可能性があります。

がん保険は、治療中に発生する収入減少をカバーする診断給付金や治療給付金など、経済的にサポートします。がん保険があると治療に専念できるだけでなく、事業を安定させ、家族を守れるでしょう。

先進治療・抗がん剤治療など選択肢を広げたい人

がん保険が必要な人は、先進治療や抗がん剤治療など納得のいく治療を受けたい人です。公的医療保険では、先進医療や一部の高額な抗がん剤治療がカバーされていないため、これらの治療を希望する場合、自己負担が高額になります。

医学の進歩により、新しいがん治療法が開発されていますが、高額であり保険適用外の場合が多いです。先進治療や抗がん剤治療などの選択肢を広げたい人は、がん保険の加入を検討すべきです。

公的医療保険ではカバーされない治療費をがん保険が補うことにより、治療選択の幅が広がり、治療に専念できます。

喫煙者や生活習慣の乱れが気になる人

がん保険が必要な人は、喫煙者や不規則な生活習慣がある人です。喫煙は肺がんをはじめとする多くのがんのリスクを高め、不規則な生活習慣も免疫力の低下や体内リズムの乱れにつながり、がん発症のリスクを増加させる可能性があります。

がん研究センターの報告によると、喫煙者の肺がん発症率は非喫煙者に比べて数倍にものぼり、不規則な生活習慣や運動不足もがん発症のリスクを高めることが確認されています。

参考:国立がん研究センター「受動喫煙による日本人の肺がんリスク約1.3倍」

今から40代・50代に備えたい人

がん保険が必要な人は、今から40代・50代に備えたい人です。40代・50代はキャリアや家庭生活が安定してくる時期であり、がんによる治療が生活に与える影響は大きくなります。

今から40代・50代の人は、将来のがんリスクに備えて、がん保険に加入することを検討するべきです。がんは誰にでもなる可能性があり、早期発見・早期治療が重要ですが、高額な医療費が必要です。

40代、50代になる前にがん保険に加入することで、保険料を抑えるとともに、発症時に必要な経済的援助を確保できます。

がん保険に加入するメリット

がん保険に加入するメリットは、がん治療に特化した広範囲な保障を受けられることです。がん保険は、がんという重大な病気の準備で、中高年やがん家系を持つ人にとって、非常に重要です。

ここでは、がん保険に加入するメリット3つを紹介します。

がん治療に特化した各種給付金を受けられる

がん保険に加入することで、がん診断時や治療中に給付金を受け取ることができるため、治療に専念することが可能です。がん保険は、診断給付金・手術給付金・入院給付金・抗がん剤治療給付金など、がん治療に特化した各種給付金を提供します。

給付金は、高額ながん治療費を軽減し、経済的な不安を解消するのに役立ちます。日本の公的医療保険ではカバーされない治療費の一部を補うことができ、先進医療や高額な抗がん剤治療にも対応可能です。

がんのリスクが気になる方や、将来のがん治療に備えたい方は、がん保険の加入を検討する価値は非常に高いです。

自分に適した各種特約を追加できる

がん保険は、主契約に自分に適した各種特約を追加できるというメリットがあります。特約を追加することで、より充実した保障を得られます。

がん保険では、基本の保障に加えて先進医療特約や女性特有のがん特約など、さまざまな特約を選択することにより、個人の生活状況やリスクに合わせて調整することが可能です。

ただし、保険種類ごとに中途付加可能な特約が異なり、また、契約の保険種類や保険料払込期間によっては、特約を中途付加できない場合があるので注意が必要です。

がん保険に加入し、自分に適した各種特約を追加することで、がん治療や予防に関する広範囲なサポートを得られます。

多くの保険で日数の制限なく入院ができる

がん保険に加入するメリットは、日数の制限なしで入院ができることです。これにより、長期にわたるがん治療を受ける際の負担が大きく軽減されます。

医療保険では日数の制限があるため、長期間の入院が必要な場合は自己負担額が大きくなってしまいますが、多くのがん保険では、入院の際に日数の制限が設けられていません。

がん治療では長期の入院が必要になるケースが多いため、がん保険は非常に有効です。

多くのがん保険で日数の制限なく入院ができることにより、患者は安心して治療に専念できます。

がん保険のデメリット・注意点

がん保険は、がんと診断された際に支払われる給付金や一時金が特徴ですが、デメリットや注意点があります。

がん保険の加入を考える際、受け取れる給付金の具体的な条件や制限を確認することは極めて重要です。特に、がん以外の病気には適用されないという点や、特定の免責期間が設けられていることがあります。

ここでは、がん保険のデメリットや注意点を解説します。

がん以外には適用されない

がん保険のデメリットは、がん以外の病気には適用されないことです。がん保険は、その名の通り、がんに対する保障を提供する特化型の保険です。したがって、心臓病や脳卒中など、がん以外の病気に対する保障はありません。

保険契約者ががん以外の病気になった場合、がん保険からの給付金の支払いは期待できません。がん保険を選ぶ際には、がん以外の健康リスクも考慮し、他の医療保険への加入を同時に考えることが重要です。

免責期間中の罹患には適用されない

がん保険を検討する際、免責期間中の罹患には適用されません。

免責期間とは、保険契約が開始されてから特定の時間(一般的に3ヶ月から6ヶ月)が経過するまでの間を指し、免責期間の時期に発症したがんは、給付金の支払い対象外となることが多いです。つまり、加入直後にがんが発見された場合、給付金を受け取ることはできません。

がんリスクが高いと自覚している人や、何らかの症状がある人は、免責期間が設けられていない保険の選択、または他の健康保険との組み合わせを考慮すべきです。

免責期間に関する注意点を踏まえ、慎重に保険選びを行うことで、がんから自分自身や家族を守れるでしょう。

最適ながん保険を選ぶポイント

最適ながん保険を選ぶ際には、複数の重要なポイントを考慮する必要があります。がん保険を選ぶポイントには、保険の保障範囲・給付条件・保険料のコスト・保険会社の信頼性などが含まれます。

ここでは、最適ながん保険を選ぶポイント4つを紹介します。

保障内容・給付条件

最適ながん保険を選ぶためには、保障内容と給付条件をしっかりと理解することが重要です。

がん保険は、がんになった場合の治療費や生活費を補償するためのものですが、その保障内容や給付条件は保険会社やプランによって大きく異なります。

例えば、手術費用のみをカバーする保険や、入院日数に応じて給付金が変わる保険など、さまざまな種類があります。

給付条件は保険の商品によって異なるため、免責期間や給付対象となるがんの種類、給付金の回数などを事前にしっかりと確認しましょう。

最適ながん保険を選ぶためには、保障内容と給付条件をしっかりと理解し、自分のライフスタイルや健康状態に合った保険を選ぶことが重要です。

保険に加入する前には、必ず契約内容をよく読み、しっかり理解することが大切です。

各種特約

特約とは、基本の保険契約に加えて、特定のリスクに対する補償を追加するためのものです。

特約を追加することにより、保険の補償範囲を自分のライフスタイルや健康状態に合わせてカスタマイズできます。

しかし、特約には追加の保険料が発生するため、必要な特約だけを選び、無駄な出費を抑えることが重要です。

各種特約を選ぶことは、がん保険を選ぶ際の重要なポイントです。特約を通じて、治療費や入院費、通院費など、実際のニーズに合わせた保障を得られます。

スクロールできます
特約がん通院特約 先進医療特約抗がん剤特約死亡特約放射線治療特約がん退院特約がん在宅療養特約
内容がん治療のために定められた通院や、がんの療養で一定期間を入院した後のした際に、給付金を受け取れる特約最新技術によるがん治療を行った場合に受け取ることができる特約抗がん剤による治療後に、給付金を受け取れる特約被保険者が亡くなった場合、遺族が保険金を受け取ることができる特約がんによる放射線治療を行った際に給付金を受け取れる特約がんで一定期間の入院治療を経て退院した後に給付金を受け取れる特約在宅でがんの療養を行う場合に給付金を受け取れる特約

保険期間(終身型か定期型か)

がん保険を選ぶ際には、保険期間を慎重に選ぶことが重要です。終身型は一生涯の保障をし、定期型は指定された期間だけ保障します。

終身型がん保険は一生涯の保障を提供し、年齢を重ねても保険料の上昇がなく、継続的な安心を提供します。一方で、定期型は保険期間が終了すれば、その後の保障は得られませんが、若いうちは保険料が安価であるため、短期間の大きな保障を得ることが可能です。

終身型は初期の保険料が高いですが、年齢を重ねても保険料の上昇がなく、経済的な安定感があります。定期型は初期の保険料が低いですが、更新時には年齢に応じて保険料が上がり、長期的にはコストが高くなる場合があります。

がん保険を選ぶ際には、終身型と定期型の違いを理解し、自身の健康リスクや経済的状況、将来計画を考慮に入れた選択が重要です。終身型は長期的な安心感を求める人に、定期型はコストを抑えつつ定期的に保険を見直したい人に適しています。

保険料の金額と払込期間

保険料の金額と払込期間を選ぶ際には、自分の経済状況と保障の必要性を総合的に考えることが重要です。定期型保険料の払込期間は、保障期間と同じ「全期払い」が一般的です。

終身型保険料の払込期間には、例えば60歳までや65歳までといった年齢や10年・15年間といった期間に払い終える「短期払い」や生涯にわたって保険料を払う「終身払い」などがあります。

短期払いは若いうちに支払いを済ませることができる反面、月々の負担が大きいです。60歳までや65歳まで短期払いを選択すれば、老後に保険料の支払いがなくなり、退職後の経済的負担を軽減できます。

保険料は加入時の年齢や健康状態、補償内容によって異なります。保険料は加入時の年齢が高いほど、または健康状態が悪いほど、保険料が高額です。

がん保険の相談におすすめの窓口

がん保険に関する適切なアドバイスを受けるための相談窓口を選ぶことは、がんに対処する上で非常に重要です。

ここでは、がん保険の相談におすすめの窓口を紹介します。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶホームページ画像
引用:ほけんのぜんぶ【公式サイト】
ほけんのぜんぶ・おすすめポイント

・在籍している相談員が全員FP資格を保有している

・相談員はコミュニケーション能力にも優れる

・全国に広がる拠点を持ち、訪問やWEB面談での相談も可能

ほけんのぜんぶは、全員がFP資格を持った相談員で各種保険の複雑な情報をわかりやすく解説します。個々のニーズに合わせたアドバイスを提供するため、がん保険の相談におすすめの窓口です。

ほけんのぜんぶは、全国47都道府県に対応しており、WEB面談も可能なため、気軽に相談できます。相談料は無料なので、安心して相談できます。

がん保険に関する具体的な疑問や不安に対して詳細な説明と提案を受けられると、利用者からの高評価が多く、相談員は保険の専門知識だけでなく、優れたコミュニケーションスキルの高さが評価されています。

スクロールできます
相談料何度でも無料
相談員相談員100%FP有資格者350人在籍(2023年2月時点)
取扱保険会社数40社以上
店舗数28
対応エリア全国
相談方法訪問、オンライン
予約方法Web
受付時間24時間365日

保険見直し本舗

保険の見直し本舗のホームページ画像
引用:保険見直し本舗【公式サイト】
保険見直し本舗・おすすめポイント

・相談は、店舗・希望の場所に訪問

・オンライン面談の3つの方法から選べる

・一世帯毎に専属アドバイザーがつく・保険証券をアプリで管理ができる

保険見直し本舗では、一世帯に一人の専任担当者が割り当てられ、利用者の保険状況や生活スタイルに対応します。

利用者は同じ担当者から継続的に相談を受けることができ、信頼関係を築きやすいです。

利用者からは、「各保険の長所と短所を丁寧に教えてもらえた」「細かいヒアリングをしてくれるので安心して相談できる」といった高評価の声が寄せられています。

保険見直し本舗は、店頭での相談のほか、訪問相談・オンライン・電話といった相談方法があります。

直接会って話がしたい人・忙しくて相談に来店する時間がない人・小さなお子さんがいて外出が難しい人など、それぞれの事情に合わせた形でサービスを利用することが可能です。

保険見直し本舗は、スマートフォンのアプリを利用した保険証券の管理サービスが非常に便利です。保険証券の写真を撮影しアップロードするだけで、すべてのデータが一元管理されるため、証券の紛失や汚れの心配がなくなります。

スクロールできます
相談料何度でも無料
相談員コンサルティングアドバイザーMDRT会員248名在籍(2020年12月時点)
取扱保険会社数40社以上
店舗数377
対応エリア全国
相談方法店舗、訪問、オンライン、電話
予約方法Web/電話
受付時間24時間365日電話のみ 平日・土日祝:9:00~18:00

保険市場

保険市場のホームページ画像
引用:保険市場【公式サイト】
保険市場・おすすめポイント

・オンライン相談限定でコンサルタント指名相談できる

・家の近くまで来て訪問相談してくれる

・取扱保険会社数が97社と非常に多い

保険市場で保険の相談をする際にコンサルタントを指名できるサービスは、大きな魅力です。

利用者は120人を超えるコンサルタントから、プロフィールを見て自ら選ぶことが可能です。

プロフィールには、顔写真・名前・年間相談件数・利用者からの口コミ・専門分野が含まれています。

オンラインでの保険相談も、ホームページから予約なしでアバターを利用した会話ができるため、多くの利用者に好評です。

コンサルタントに関するポジティブな口コミが多く、コンサルタントの専門性と接客が高く評価されていますが、一部には担当者が頻繁に変わることや、忙しい担当者と連絡が取りにくいという不満の声もあります。

スクロールできます
相談料何度でも無料
相談員コンサルタント257名在籍(2024年1月時点)
取扱保険会社数97社
店舗数729 ※保険市場 コンサルティングプラザ 11店・協力店 718店
対応エリア全国
相談方法店舗、訪問、オンライン
予約方法Web/電話
受付時間24時間365日電話のみ 9:00~21:00(年末年始除く)

状況を考えて適切な保険選びを

「がん保険はいらない」と一概に言えるかどうかは、個々の状況次第です。がん保険の加入を検討する際には、健康状態や家族歴、経済状況など多くの要因を考える必要があります。

高額な治療費が必要な場合、特に進行がんで長期治療が必要な際、保険からの給付金が経済的な支えとなり、高価な治療や新しい治療法を選ぶことが可能です。

大きな貯蓄があれば、治療費を自己資金で賄えます。広範囲をカバーする医療保険を持っている場合、がん保険の必要性は低減されます。

非喫煙者で健康的な生活習慣を持ち、がんの家族歴がない人はリスクが比較的低いとされています。がんリスクを真剣に考慮し、全体的なリスク管理を心がけることが重要です。

将来的に安心して生活できるよう、適切な保険選びを心がけましょう。

目次