PR

学資保険がいらない理由とは?必要な人の特徴や代わりの資金準備方法についても解説

「学資保険がいらない理由は何?」

「学資保険が必要な人の特徴を知りたい」

子供の教育資金を準備したいが、学資保険で準備するのが最も良い方法なのかお悩みではないでしょうか。

この記事では、学資保険がいらない理由・必要な人の特徴だけでなく、学資保険の代わりとなる教育資金の準備方法について詳しく解説します。

学資保険が必要な人の特徴を知ることで、加入すべきかの判断材料になるはずです。

学資保険の加入で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

そもそも学資保険とは【特徴・目的】

まずはじめに、学資保険の特徴や加入する目的について、詳しく解説していきます。

学資保険は貯蓄型の保険

学資保険は、子供の教育資金を計画的に準備するための貯蓄型保険です。

この保険の主な特徴は、子供が契約時に定めた年齢に達した際に、お祝金や満期保険金を受け取れることです。これにより、子供の教育費用を計画的に準備することができます。

例えば、月々1万円で子供が0歳の時に学資保険に加入した場合、18歳で満期を迎えると300万円の満期保険金を受け取れるといったイメージです。

また、15歳時にお祝金が30万円もらえるといった特約を付けることもできます。

学資保険の保険金は、主に子供の進学時の入学金や授業料などの教育費に充てられるのが一般的です。

万が一、保険契約者(親)に不測の事態が発生しても、保険金によって子供の教育費を賄うことができるため、進学を諦めるといった心配はありません。

学資保険は、保険料を自動的に積み立てることができるため、貯金が苦手な人でも教育資金を準備することができます。

さらに、子供の進学時の目標金額に合わせて満期金額を設定できるため、柔軟に対応することが可能です。

学資保険は子供の教育費用を計画的に準備し、保険契約者の万が一の事態にも備えられる保険商品として多くの人に利用されています。

学資保険に入ってない割合・加入率

学資保険は、子供の教育資金を計画的に準備できるメリットがあり、多くの家庭で加入されています。

以下は、高校生以下の子どもの親が、大学進学のための教育資金をどのような方法で準備しているかについての割合です。

準備方法割合
銀行預金57.2%
学資保険49.7%
資産運用(NISAなど)20.7%
財形貯蓄12.4%
生命保険(学資保険以外)11.2%
引用:ソニー生命「子どもの教育資金に関する調査2023」

学資保険で教育資金を準備している人の割合は「49.7%」で、学資保険に入ってない割合は半分の約5割だけというデータが出ています。

未加入の理由としては経済的な余裕がないことや、他の準備方法を選んでいることが主な要因だと言えます。

まだまだ教育資金の準備方法として人気の学資保険ですが、一方で、「学資保険はいらない」という意見も根強くあるのも事実です。

なぜ「学資保険はいらない」とい言われるのかについては、次の見出しで詳しく見ていきましょう。

「学資保険はいらない」と言われる理由

多くの家庭で教育資金を学資保険での準備していますが、ここでは「学資保険はいらない」と言われる理由について解説していきます。

低金利の影響で返戻率が高くないから

現在、日本では長期にわたって低金利が続いており、学資保険の返戻率に大きな影響を与えています。

学資保険の運用利回りは、主に国債などの安全性の高い金融商品で運用されるため、金利の影響を受けやすくなります。

返戻率の計算式は、以下の通りです。

返戻率の計算式

返戻率 = 受取年金総額 ÷ 払込保険料総額 × 100

低金利では、運用利回りが低くなるため、満期時の受取金額が抑えられ、返戻率も100%前後と低く貯蓄性が高くないことから、学資保険はいらないと言われています。

学資保険は、決められた期間内に保険料を支払うことで、満期時には支払った保険料の総額を上回るお金を受け取ることができるのが特徴で、これは返戻率が100%を超えることを意味します。

しかし、近年の低金利による運用環境の悪化の影響により、以前と比べると、学資保険の貯蓄としての魅力が薄れてきているのが学資保険をおすすめしない主な理由となっているのです。

途中解約の場合元本割れのリスクがあるから

学資保険は積立型の保険のため、契約期間(満期)の途中で解約してしまうと「元本割れのリスク」があるからです。

解約返戻金は、契約者が払い込んだ保険料の一部を積立金として充当しているため、払い込んだ保険料の合計額よりも解約返戻金が少なくなってしまう可能性があります。

学資保険は、教育資金の準備方法として一定の魅力はありますが、契約期間の長さゆえに、加入者の生活環境の変化などによって保険料の支払いが困難になるケースが想定されます。

そうなった場合、やむを得ず途中解約せざるを得なくなり、元本割れのリスクが伴うということです。

保険会社が倒産した際に全額保護されないから

保険会社が万が一倒産した場合、「生命保険契約者保護機構」という組織が保険契約を引き継ぎますが、払い込んだ保険料の全額が保障されるわけではありません。

具体的には、保険会社が保険金のために積み立てていた「責任準備金」の90%が保障額の上限となります。

つまり、学資保険に加入していても、契約先の保険会社が破綻した際には、払い込んだ保険料の一部が保護されない可能性があるということです。

もちろん、保険契約自体が消滅するわけではありませんが、受け取れる金額が当初の予定よりも減少するリスクは存在します。

学資保険を検討する際は、このような最悪のシナリオも念頭に置きつつ、保険会社の選ぶことが大切です。

子供の教育費の相場と学資保険の必要性

子供の教育費は、トータルすると高額になるため、計画的な準備が重要です。

学資保険は教育費に備えるひとつの方法ですが、メリット・デメリットを理解した上で、各家庭の状況に合わせて検討する必要があります。

以下は、幼稚園から大学卒業までにかかる教育費をまとめた表です。

<幼稚園〜高校卒業までにかかる教育費(年間)>

公立私立
幼稚園16万5,126円30万8,909円
小学校35万2,566円166万6,949円
中学校53万8,799円143万6,353円
高校(全日制)51万2,971円105万4,444円
合計192万2,028円613万3,598円
引用:令和3年度「子供の学習費調査の結果」|文部科学省

<幼稚園〜高校卒業までにかかる教育費(合計)>

公立私立
幼稚園(3年)49万5,378円92万6,727円
小学校(6年)211万5,396円1,000万1,676円
中学校(3年)161万6,397円430万9,059円
高校(3年)153万8,913円316万3,332円
合計576万6,084円1840万794円
引用:令和3年度「子供の学習費調査の結果」|文部科学省

<大学入学〜卒業までにかかる教育費>

国公立大学私立大学(文系)私立大学(理系)
入学費用67万2,000円81万8,000円88万8,000円
在学費用(4年)414万円608万円732万8,000円
合計481万2,000円689万8,000円821万6,000円
引用:令和3年度「教育費負担の実態調査結果」|日本政策金融公庫

幼稚園から大学までの教育費用は、公立の場合で約1,000万円、私立の場合で約2,000万円程度と言われています。特にまとまったお金がかかる大学費用は、私立大学(文系)の入学費用だけでも、約81万円かかるとされています。

学資保険は、教育費の準備が難しい家庭や、親の万一の事態に備える必要がある家庭には、とても有効な教育資金の準備方法と言えます。

しかし、既に十分な貯蓄があって教育費に困らない家庭は、学資保険に加入する必要はありません。

学資保険は教育費に備える選択肢のひとつですが、ご家庭の収入・支出・リスク許容度等を考慮し、他の選択肢とよく比較検討してから加入することをおすすめします。

学資保険がいらない・入らない方がいい人の特徴

ここでは、学資保険がいらない・入らない方がいい人の特徴について詳しく見ていきます。

既に学費用の貯金が十分にある人

既に学費用の資産が十分ある人は、わざわざ学資保険に加入する必要はありません。

なぜなら、学資保険は満期まで契約を継続することが前提であるため、急な出費に対応しにくいという「流動性の低さ」があるからです。

また、学資保険は元本割れのリスクもあるため、学資保険の保険料を貯蓄にまわすことで、より自由度の高い資金運用が可能になります。

既に十分な教育資金を確保している場合、学資保険に加入するよりも、引き続き計画的な貯蓄を続けながら、柔軟性の高い資産運用を行う方が重要だと言えるでしょう。

計画的な貯金をコツコツできている人

学資保険は、主に将来の教育資金を準備するための手段のひとつですが、自身で計画的にコツコツ貯金ができるのであれば、学資保険のメリットは限定的だと言えます。

学資保険は、毎月一定の保険料を支払うことで自動的に教育資金を貯められるのがメリットです。

しかし、計画的に貯金できる人は、いつまでにいくら必要かを計画して自分で教育資金を準備できるため、学資保険に頼る必要性は低いと言えます。

計画的な貯金をコツコツできている人は、より安全性の高い金融商品を選ぶなど、自身の判断で教育資金を準備するのが良いでしょう。

リスクと引き換えに大きく資産を増やしたい人

リスクを取って大きなリターンを狙いたい人にとって、学資保険は最適な選択肢とは言えません。なぜなら、学資保険は、あくまでも長期的・安定的に教育資金を準備することを目的とした金融商品だからです。

比較的リスクの高い株式投資やFX・仮想通貨などの投資方法は、大きく資産を増やす可能性があります。一方で、学資保険の返戻率は高くないため、大きく資産を増やすことはできません。

リスクと引き換えに大きく資産形成を目指す人にとっては、学資保険は適切な選択肢ではないと言えるでしょう。

学資保険が必要な人・おすすめな人

学資保険が必要な人・おすすめな人の特徴は、以下の通りです。

計画的な貯金ができていない人

自分で計画的な貯金ができないが、確実に将来の教育資金を準備したい人にとっては学資保険はおすすめの金融商品です。

理由としては、毎月一定額の保険料を支払うことで、自動的に積立が進む仕組みのため、貯蓄の習慣がない人でも、教育資金を着実に積み立てていくことができるからです。

教育資金は、子供の成長に合わせて確実に準備していく必要がありますが、日々の生活の中で計画的に貯蓄を続けることは簡単ではありません。

しかし、学資保険は満期時期を子供の進学時期に合わせて設定できます。これにより、必要なタイミングで確実に教育資金を得ることができます。

学資保険は、計画的な貯蓄が苦手な人や、教育資金の確保を最優先したい人にとって、特におすすめの金融商品と言えるでしょう。

子供が生まれたばかり・これから生まれる予定の人

子供が生まれたばかりの人や、これから子供が生まれる予定の人にとって、学資保険は特におすすめな選択肢のひとつと言えます。

子供が生まれてすぐの場合、教育資金の準備を早期に開始することで、長期的に計画的な貯蓄を進めることができるからです。

また、学資保険はこれから生まれる予定の人も加入できるのもメリットです。子供が生まれる前から教育資金の準備を始めることで、経済的な負担を分散させることができます。

子供の年齢が低いほど保険料も割安になるのもメリットです。

子供が生まれたばかりの人や、これから子供が生まれる予定の人は、学資保険のメリットを最大限に活用して教育資金を準備できます。

子供を確実に大学に通わせたい人

子供を確実に大学に進学させたいと考える人にとって、学資保険を教育資金の準備方法として検討することをおすすめします。

学資保険の契約期間は、子供の進学時期に合わせて設定することができます。これにより、大学入学時に必要なまとまった資金を計画的に準備することが可能だからです。

また、学資保険は子供の教育資金を着実に貯めることができ、契約者(ご両親)に万が一のことが起こった場合の保障にもなるため、大学の学費に充てることができます。

子供を確実に大学に通わせたい人は、安全に積立ができる学資保険を検討してみることをおすすめします。

学資保険の代わりになる教育資金の準備方法

学資保険の代わりになる教育資金の準備として、以下の5つの方法を解説していきます。

学資保険の代わりになる教育資金の準備方法

NISA

教育資金の準備方法として、従来の学資保険に加え、2024年に始まった新NISA制度を活用する人が増えています。

NISAとは「「少額投資非課税制度」のことで、個人投資家の資産運用を促進し、家計の安定的な資産形成を支援することを目的とする制度のことを言います。

以下は、新NISA制度のポイントをまとめた表です。

つみたて投資枠成長投資枠
非課税保有期間無制限無制限
制度恒久化恒久化
年間投資枠120万円240万円
非課税保有限度額1,800万円(成長投資枠は1,200万円)
対象年齢18歳以上18歳以上
引用:金融庁

NISAは、投資信託や株式等の運用益や配当・分配金が非課税となる制度で、「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の2種類があります。

NISAは、非課税で投資運用ができる制度で、「つみたて投資枠」と「成長投資枠」があります。つみたて投資枠は年間120万円まで、成長投資枠は年間240万円まで投資可能です。

2023年までで、旧NISA制度(つみたてNISA、一般NISA、ジュニアNISA)は廃止されました。

特に、ジュニアNISAは子供の教育資金準備に適していましたが、新たに口座を開設することはできなくなっています。

新NISAのメリット・デメリットは、以下の通りです。

NISAのメリット
  • 任意のタイミングで売却・現金化できること
  • 投資信託の積立金額を家計の状況に合わせて調整できること
  • 配当金や売却益が非課税であること
NISAのデメリット
  • 生命保険料控除の対象外であること
  • 運用結果によっては資金不足や損失のリスクがあること

学資保険とNISAはそれぞれ特徴が異なるため、状況に合わせて適切な方法を選択することが大切です。

特に、ジュニアNISAが廃止された今、子供の教育資金準備にNISAを活用する場合は、リスクを考慮しながら慎重に運用することが求められます。

低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金を抑えることで保険料を低く設定し、払込期間満了後は解約返戻率がグッと上がるという特徴を持っています。

低解約返戻金型終身保険の金額

ただし、払込期間満了前に解約してしまうと、受け取れる解約返戻金は払い込んだ保険料の総額よりも少なくなるのがデメリットです。

近年では、学資保険の代わりに、保険料払込期間満了のタイミングを子どもの進学時期に合わせて、解約返戻金を教育資金として活用する人が増えています。

低解約返戻金型終身保険は、学資保険と比べると保険料が安く、貯蓄性が高いというメリットがあります。

また、両親のどちらかを被保険者とすることで、万が一の際の死亡保障を教育資金に充てることも可能です。

学資保険は満期時に確実に学資金を受け取れるのに対し、低解約返戻金型終身保険は解約のタイミングによって受け取れる金額が変動します。

解約のタイミングを自由に選べるため、必要な時期に合わせて解約返戻金を受け取れるのは大きな魅力と言えるでしょう。

外貨建て終身保険

外貨建て保険は、保険料を米ドルやユーロ・豪ドルなどの外貨で払い込み、保険金や解約返戻金も外貨で受け取ることができる保険商品です。

保険会社によっては、特約を付加することで、日本円での払込みや受取りができる商品もあります。

学資保険のような円建て商品よりも、比較的高い海外の利率で運用されるため、資産を大きく増やせる可能性があるのも特徴のひとつです。

一方、外貨建て保険のデメリットとして、為替レートの変動によって元本割れのリスクがあることです。

外貨建て保険は、為替レートが円安に振れると保険料が高くなり、保険金が増えます。反対に、円高になれば、外貨の価値が減少するため保険料が割安になり、保険金は減ってしまいます。

外貨建て保険は、円建てよりも高い利率で運用される一方で、為替リスクを考慮する必要があるため、無理のない保険料を設定することが大切になります。

個人向け国債

個人向け国債は、国が発行する債券で、元本と年率0.05%の最低金利が保証されており、安全性の高い教育資金の準備方法として注目されています。

金利固定型の3年・5年、変動金利型の10年の3種類があり、半年ごとに利子を受け取れて最低1万円から投資できます。買い付け手数料も不要なので、投資初心者でも始めやすいのが特徴です。

個人向け国債は毎月発行されており、1人あたりの購入限度額は年間500万円となっています。また、定期的に購入することで、リスクを抑えつつ、継続的な積み立てが可能となります。

個人向け国債は、学資保険の代替として安全性が高く、計画的に教育資金を準備できる手段のひとつといえるでしょう。

個人年金保険

個人年金保険は、払い込んだ保険料をもとに、あらかじめ決めた年齢から年金を受け取れる保険商品です。

主に老後資金の準備に用いられますが、貯蓄型の保険であるため、学資保険の代替としても活用できます。

保険料払込期間と据置期間を適切に設定することで、子供の教育資金を準備することが可能です。

例えば、子供が3歳のタイミングで大学進学を見据えて契約し、保険料払込期間を10年、据置期間を5年に設定すると、子供が18歳から年金形式で受け取れます。

ただし、契約者が親、被保険者が子供の場合、親に万一のことがあっても、死亡給付金は払い込んだ保険料程度しか受け取れないため、別で保障を検討する必要があります。

個人年金保険を教育資金として活用する際は、ライフプランに合わせた適切な設定が重要でしょう。

学資保険を選ぶ際に比較すべきポイント

学資保険を選ぶ際は、以下のポイントを比較して総合的に判断することをおすすめします。

学資保険を選ぶ際に比較すべきポイント

返戻率

学資保険を選ぶ際には、各保険会社の「返戻率」を比較するのがポイントです。なぜなら、返戻率によって満期で受け取れる金額に差が出るからです。

例えば、A社の学資保険の返戻率が110%、B社が120%の場合、同じ100万円を払い込むとA社は110万円、B社は120万円と満期金に10万円の差が生まれます。

同じ学資保険でも返戻率が違うだけで満期で受け取れる金額に差が出るため、返戻率は学資保険を選ぶ際に比較すべき重要なポイントと言えます。

満期

学資保険を選ぶ際には、「満期」も重要な比較ポイントのひとつです。満期とは、学資保険の保障が終了する時期のことを指します。

学資保険の満期は、子供の進学時期に合わせて設定されるのが一般的です。特に満期の設定時期に多いのが、大学入学(18歳)・大学卒業(22歳)の子供の教育資金が最も必要とされるタイミングです。

大学入学時には、初年度の授業料や納付金に加え、受験費用や複数の大学に出願した場合の費用など、短期間で多額の出費が必要となり、家計に大きな負担がかかります。

学資保険の満期は、子供が大学に進学する前後の時期に設定するのが理想的と言えるでしょう。

満期での受け取り金額

満期受取金は、保険契約者が保険料を払い込んだ結果として受け取ることができるお金であり、子供の教育資金として活用される主要な部分です。

文部科学省の「私立大学等の令和5年度入学者に係る学生納付金等調査結果」によると、私立大学の初年度納付金が1,477,339円(授業料、入学料、施設設備費、実験実習料等の総計)という結果が出ています。

それに加えて、受験費用や下宿代なども考慮すると、200万円ほどは満期受取金として設定しておくのが理想的です。満期受取金は、契約期間が長いほど大きくなる傾向があります。

ただし、契約期間が長いと、その分保険料を長期間支払う必要があるため、満期受取金と保障内容のバランスを考慮することが重要です。

払込期間

払込期間とは、保険契約者が保険料を支払う期間のことを指します。

学資保険の多くは、満期と払込期間が同じように設定されていますが、保険会社や商品によっては、払込期間を選択できる場合があります。

例えば、全期前納払い・10年払い・15年払いなどの「短期払い」オプションを選ぶことで、満期までの期間よりも短い期間で保険料の支払いを完了させることも可能です。

短期払いを選ぶことで返戻率が高くなるというメリットがある一方で、月々の保険料が高額になるというデメリットもあります。

学資保険の払込期間を決める際は、家計に無理のない範囲で保険料を支払えるかどうかを検討することが重要です。

加入タイミング

学資保険は、加入タイミングによって保険料や満期受取金・保障内容などが大きく変わってくるため、慎重に検討する必要があります。

学資保険の特徴として、子供の年齢が低いほど、保険料が安くなり返戻率も高くなります。保険会社によっては、妊娠中でも申込み可能です。

加入年齢にも制限があり、子供の年齢が6.7歳を超えると申込みできなかったり、契約者(主に両親)の年齢も上限があったりと、他の保険商品と比較しても、貯蓄性が高い商品のため制限が厳しくなっています。

学資保険の加入タイミングによって、保険料や返戻率に大きく影響が出るため、できるだけ早期に加入することをおすすめします。

学資保険の加入・見直しにおすすめの相談窓口

学資保険の加入・見直しにおすすめの保険相談窓口を3つ厳選して紹介します。

学資保険の加入・見直しにおすすめの相談窓口

ほけんのぜんぶ

「ほけんのぜんぶ」トップページ
引用:ほけんのぜんぶ
ほけんのぜんぶのおすすめポイント
  • FP資格を持つ相談員が対応
  • 相談実績が豊富で安心
  • 40社以上の保険会社の商品を比較検討できる

ほけんのぜんぶは、お客様のニーズに合わせた最適な保険提案を実現するために、全相談スタッフがファイナンシャルプランナー(FP)の資格を保有しています。

また、保険相談だけでなく、家計管理や教育資金などのお金に関する様々な相談にも無料で対応しており、包括的なサポートを提供しています。

さらに、子育て世代の相談実績が40,000組以上あるため、ライフステージに応じた的確なアドバイスが期待でき、40社以上の保険会社の商品を比較検討できるのも大きな強みです。

ほけんのぜんぶは、豊富な経験と専門知識を活かした信頼できる保険相談サービスと言えるでしょう。

基本情報内容
サービス名ほけんのぜんぶ
取扱保険会社数40社以上
店舗数28
対応エリア全国
相談方法オンライン・訪問
キャンペーンあり
相談費用無料(回数制限なし)
予約方法WEB
受付時間24時間365日
運営会社株式会社ほけんのぜんぶ
参考:ほけんのぜんぶ

保険見直し本舗

「保険見直し本舗」トップページ
引用:保険見直し本舗
保険見直し本舗のおすすめポイント
  • 無料で何度でも相談できる
  • 相談から加入手続き、アフターフォローまでワンストップで対応
  • 4つの豊富な相談方法から選択できる

保険見直し本舗の大きな特徴は、各家庭に専属のアドバイザーが付くという点です。一人のアドバイザーが一貫してサポートすることで、家族のニーズを十分に把握した上で最適なアドバイスが可能となります。

さらに、店舗での面談だけでなく、オンライン・訪問・電話という4種類の相談方法が用意されており、相談料は無料で、回数も無制限で相談できます。

保険見直し本舗は、専門スタッフによる手厚いサポートと、柔軟で便利なサービス体制が特徴の頼れる保険相談サービスです。

基本情報内容
サービス名保険見直し本舗
取扱保険会社数40社以上
店舗数387
対応エリア全国
相談方法店舗・オンライン・訪問・電話
キャンペーンあり
相談費用無料(回数制限なし)
予約方法WEB・電話
受付時間WEB:24時間365日
電話:9:00〜18:00(平日・土日祝)
運営会社株式会社GOESWELL
参考:保険見直し本舗

保険市場

「保険市場」トップページ

引用:保険市場

保険市場のおすすめポイント
  • 取扱保険会社が国内最大級の90社以上
  • 全国で730店舗以上のお店で相談可能
  • 優待サービス「クラブオフ」が無料で利用できる

保険市場は、全国730店舗に及ぶ広大なネットワークを有し、90社を超える保険会社の商品を取り扱っています。

そのため、利用者は多岐にわたる選択肢の中から自分に最適な保険を選ぶことができます。

相談方法については、店舗での直接対面・オンライン相談・自宅への訪問という3つの方式から選べ、店舗内には高級感溢れる個室も用意されており、プライバシーを重視した環境の下で相談が可能です。

さらに、保険市場を経由して保険に加入すると、優待サービス「クラブオフ」が無料で利用できます。

保険市場は、幅広い保険商品のラインナップと、多様で利便性の高い相談方法、そしてプライバシーに配慮した環境が特徴の保険相談サービスです。

基本情報内容
サービス名保険市場
取扱保険会社数97社
店舗数729店舗(直営11店・代理店718店)
対応エリア全国
相談方法オンライン・店舗・訪問
キャンペーンあり
相談費用無料(回数制限なし)
予約方法WEB・電話(当日予約 ◯)
電話番号0120-816-318
受付時間WEB:24時間365日
電話:9:00〜21:00(年末年始除く)
運営会社株式会社アドバンスクリエイト
参考:保険市場

学資保険の必要性に関するよくある質問

子供が6歳でも加入可能な学資保険はありますか?

もちろん子供が6歳から加入可能な学資保険はあります。ただし、支払った保険料に対して元本割れを起こさないか確認することが大切です。

また、子供が生まれてすぐに学資保険に加入するよりも、年齢が高くなるほど毎月の保険料は割高になる傾向がある点は理解しておきましょう。

場合によっては、学資保険に加入するよりも、教育資金を現金で準備する方が効率的かもしれません。

子供の年齢やご家庭の状況・予算などを考慮して、最適な学資保険を選択することをおすすめします。

学資保険のメリット・デメリットをまとめて教えてほしいです。

学資保険には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリットデメリット
・万が一の際に保障が付いている
・生命保険料控除の対象となる
・教育資金を計画的に準備できる
・教育資金として相続手続きが簡単
・払い込んだ保険料を自由に引き出せない
・途中解約すると元本割れのリスクがある
・加入年齢によっては手遅れで選択肢が少ない
・インフレに弱い

学資保険は、メリット・デメリットを十分理解したうえで、自分の家計状況や子供の将来像を考慮して、加入するか判断する必要があります。

他の金融商品も検討し、総合的に判断することが大切です。

学資保険に入るべきなのはどんな人ですか?

学資保険に入るべきなのは、以下のような人です。

学資保険に入るべき人
  • 子供の教育資金を十分に貯蓄できていない人
  • 計画的に貯金するのが苦手な人
  • 親が万一のことがあった場合にも備えたい人
  • 長期的な教育資金の計画を立てたい人
  • 生命保険料控除を受けたい人

一方で、既に十分な貯蓄があり、教育資金を改めて準備する必要のない人や自分で資産運用ができる人は、学資保険の必要性は低いかもしれません。

教育資金の準備が難しい人や計画的に貯金していくのが苦手な人は、学資保険に入るべきメリットは大いにあるでしょう。

学資保険の返戻率を上げる方法はありますか?

学資保険の返戻率を上げる方法として、以下のような方法が考えられます。

学資保険の返戻率を上げる方法
  • 保険料の支払い期間を短くする
  • 年払いを選択する
  • 満期までの期間を長くする
  • お祝金がないプランを選択する
  • 保障内容を絞り込む

学資保険の返戻率を上げるためには、運用期間を長くすることが重要です。

そのために、支払期間を短くして払込み終了から満期までの期間を取る必要があります。

ただし、これらの方法はあくまで実質的な返戻率を高めるための工夫であり、学資保険自体の返戻率が直接的に上がるわけではないことは理解しておきましょう。

「学資保険はいらない」についてまとめ

この記事では、「学資保険はいらない」と言われる理由や学資保険以外の教育資金の準備方法について解説してきました。

本記事のまとめ
  • 学資保険は子供の大学資金の準備に利用されることが多い
  • 学資保険は子供の年齢が低いほど保険料が安く返戻率も高くなる
  • 学資保険に入ってない割合は約半分の5割だけ
  • 学資保険は十分な貯蓄があれば加入する必要はない
  • 学資保険の代わりになる準備方法も検討してみる

学資保険は、子供の教育資金を準備する方法として有効ですが、必ずしも子供が生まれたからといって加入する必要はありません。

学資保険に加入するか検討する際は、子供の年齢や貯蓄状況・NISAなど代わりとなる準備方法などを総合的に判断してから決めてください。

もし加入するか判断に悩む人は、本記事で紹介した「おすすめの保険相談窓口」を参考に、プロのアドバイスを聞いてから判断してみるのもおすすめです。

目次