医療保険がいらない理由は?必要性からやめた方がいい人・入っておくべき人の特徴まで解説

「高額な保険料を払っているのに、結局使う機会がないのでは?」

「そもそも、医療保険って本当に必要なの?」

「もし加入しなかったらどうなるの?」

医療保険についての疑問は誰もが持つものです。

あなたが健康であること、経済的に余裕があること、公的な医療制度が充実していることなど、医療保険を必要としない理由があるかもしれません。

実際に医療保険を利用している男女100名に行ったアンケートでは、「不要だと感じる理由」について以下のような回答が得られました。

参考:医療保険の利用状況に関する意識調査の概要

「保険料が高い」「公的医療保険で十分」など、負担の大きさや実際に使うシーンの少なさから不要と感じる方が多いようです。

しかし、その一方で、突然の病気やケガ、高額な医療費に備えるためには、医療保険が必要な場合もあります。

この記事では、なぜ一部の人が医療保険をいらないと感じるのか、そしてどのような状況の人が保険に加入すべきかについて解説します。さらに、医療保険がいらない人の特徴についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること

・「医療保険はいらない」と言われる理由

・医療保険の実際の加入率

・医療保険の必要性

・医療保険がいらない人・入っておくべき人の特徴

・医療保険加入時に利用したいおすすめ保険相談窓口

\今すぐおすすめを知りたい方はココ!/
編集部おすすめの保険相談窓口

スクロールできます
保険相談窓口名公式サイトおすすめポイント店舗数取扱保険会社数相談方法
1位
公式サイト業界平均年数12年
ベテランコンサルタント
によるサポート
70店舗約39社・店舗
・オンライン
・訪問
2位
公式サイト独自の「IQシステム」で
複数社の比較が可能
272店舗50社・店舗
・オンライン
・訪問
3位
FPコアバナー画像
公式サイトFP資格取得率100%
プロが対応
42店舗24社・店舗
・オンライン
・訪問
2024年7月現在
目次
本記事を監修した専門家

【須山怜央】
都内の私立大学を卒業後、生命保険会社に就職。主に個人・中小企業の保険営業とマネジメント業務を担当した。その後、2021年11月にライターとして独立。実務経験を活かし、保険・税金・クレジットカードなど金融ジャンルを中心に記事執筆から編集まで行う。

保有資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士

「医療保険はいらない」という考え方の理由

医療保険がいらない・やめた方がいいとされる理由には、公的医療制度の充実度と個人の財務状態が大きく影響します。

公的保険で十分と判断する人や、自己資金で医療費をまかなえる人は、民間の医療保険加入の必要性を感じないかもしれません。

しかし、医療保険の必要性は、一人ひとりの健康状態や経済状況、そしてリスクへの対処によって異なります。

ここでは、「医療保険はいらない」と言われる理由について解説します。

公的医療制度が日本は充実している

公的医療制度は、すべての国民が健康保険に加入することが、義務付けられています。日本ではこの公的医療制度が充実しているため、医療保険に加入しておく必要はない、という意見も多いです。

公的医療保険制度は、自営業・年金受給者・専業主婦・無職の人などが対象となる「国民健康保険」と、企業で働く人が対象となる「健康保険」の大きく2つに分けられます。

公的医療保険の種類は以下の通りです。

スクロールできます
種類加入者
国民健康保険自営業・農業・専業主婦・年金受給者・無職の人(企業に属さない人)
健康保険会社員とその扶養家族
共済保険公務員や教職員などとその扶養家族
船員保険船員とその扶養家族

病院での治療費の自己負担は最大でも原則3割で、高額療養費制度による支払い上限も設けられているため、多くの医療サービスを比較的低コストで利用できます。

公的医療制度の自己負担額

国や公共団体からは、定期的に健康診断や予防接種が無料または低価格で提供され、早期発見・早期治療を促進しています

健康保険では「出産手当金」「傷病手当金」の給付金なども受け取れますが、国民健康保険にはありません。

公的医療制度の充実により、多くの国民が基本的な医療サービスを利用する際に十分なサポートを受けていることから、医療保険はいらないと考える人がいるのです。

しかし、完全に民間の医療保険を不要とするかは、個々の健康状態や将来に対する不安にも影響するため、一概には言えません。

より充実した保障を求める場合は、民間の医療保険の加入も検討する価値があるでしょう。

保険料は家計の負担になる

保険料が家計の負担になるため、医療保険はいらないと考える人もいます。日本では、健康保険制度が確立されており、病院の治療費は原則自己負担が3割です。

一方で民間の医療保険の保険料は、年齢や契約内容によって異なり、高齢になると保険料が高額になってしまいます。医療保険の保険料が家計に与える影響は大きく、退職後の収入が減少する中高年層にとっては重大な問題です。

公的医療制度の下では、基本的な医療サービスを手頃な価格で利用できるため、医療保険はいらないと考える人も少なくありません。

高額療養費制度によって医療費負担は軽減される

高額療養費制度によって医療費の自己負担限度額を超えた部分が、公的保険から補填されることも、「医療保険はいらない」と言われる理由の一つです。

実際に医療保険を利用している男女100名に行ったアンケートでは、高額な医療費が発生した場合の対応として「高額療養費制度を利用する」との回答が最も多い結果となりました。

参考:医療保険の利用状況に関する意識調査の概要

このことからも、多くの方が高額療養費制度の利用を検討していることが分かります。

高額療養費制度とは、国民が1ヶ月間に医療機関で支払う医療費の自己負担額が一定の基準を超えた場合に、超過分が公的保険によってカバーされる仕組みのことを指します。

年収の適用区分は以下の通りです。

スクロールできます
適用区分ひと月の上限額(世帯ごと)
年収約1,160万円~ 健保:標報83万円以上 国保:旧ただし書き所得901万円超252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770~約1,160万円 健保:標報53万~79万円 国保:旧ただし書き所得600万~901万円167,400円+(医療費-558,000)×1% 
年収約370~約770万円 健保:標報28万~50万円 国保:旧ただし書き所得210万~600万円80,100円+(医療費-267,000)×1% 
~年収約370万円 健保:標報26万円以下 国保:旧ただし書き所得210万円以下57,600円
住民税非課税者35,400円
参照:厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」P5

所得が高い世帯(年収約1160万円以上)の場合、医療費が84万2,000円を超えた部分に対して1%の自己負担が発生します。医療費が84万2,000円以下の場合、自己負担額は25万2,600円を超えることはありません。

また、医療費が84万2,000円を超えた場合、超えた部分に対して1%の自己負担が追加で発生します。

このため、医療費が高額になった場合でも、自己負担額は25万2,600円+(医療費-84万2,000円)×1%となります。

自己負担限度額は年齢や所得によって異なり、例えば70歳未満の低所得者であれば、最低5万7,600円までしか支払う必要はありません。

高額療養費制度を利用するための手続きは、事前に限度額適用認定証を発行してもらうことで、医療機関での支払いが高額療養費適応後の金額までに抑えられます。

高額療養費制度で、医療費の自己負担限度額を超えた部分が公的保険から補填されることから、医療保険を不要と捉える方が一定数います。

貯蓄・収入に安定性があれば必要ない

貯蓄や収入に安定性がある場合、医療費の自己負担ができるため、医療保険はいらないと考える人もいます。

経済的な安定や一定額以上の貯蓄を持っていれば、医療費の自己負担が発生しても十分に対応可能です。若く健康な人は、短期間で医療保険の必要性を感じない場合も多いです。

医療保険は「もしも」の場合に備えるもので、大きな病気やケガで手術や入院が必要になった場合の費用をカバーします。

民間医療保険の場合条件によっては支払われないことがあるから

民間医療保険では、特定の条件下で給付金が支払われないケースがあるため、医療保険はいらないと考える人もいます。

民間医療保険の保険金が支払われない理由は、特定の疾病や手術が免責事項として設定されている場合や、支払限度日数を超えた場合などです。

入院した期間が短い場合なども給付金が支給されない場合があります。

例えば、60日間の支払い上限を設けた医療保険に入っていても、80日間の入院が必要だった場合、入院給付金は最初の60日間分しか受け取れません。

さらに、退院後180日以内に同じ病気で再度入院した場合、入院期間も1回の入院としてカウントされます。

医療保険に実際に加入している人の割合は?

日本では、医療保険に実際に加入している人の割合は非常に高く、疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率は65.7%と報告されています。

スクロールできます
医療保険(疾病入院給付金の支払われる生命保険)の加入率
男性66.2%
女性70.9%
全体65.7%
参考:公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」第2章P73

年齢別に見ると以下のような加入率です。

スクロールできます
医療保険(疾病入院給付金の支払われる生命保険)の加入率【性別・年齢別】
20歳代30歳代40歳代50歳代60歳代70歳代
男性32.8%68.4%74.9%72.1%75.4%64.7 %
女性47.6%72.4%76.2%77.2%77.2%65.2%
参考:公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」第2章P73

全体の加入率は高いにも関わらず、年齢別に見ると、男女ともに20代は50%未満に留まっており、若い人ほど医療保険は、まだいらないと思っているケースが多いようです。

性別で見ると女性の加入率が高いのは、妊娠・出産や女性特有の病気などに備えている人が多いのがわかります。

公益財団法人生命保険文化センターによる「生活保障に関する調査」では、成人の間で広範囲にわたる医療保険の加入が確認されています。

これは、国民が医療リスクに対して高い意識を持っていることを表してます。

医療保険はなぜ必要なのか

病気や事故は予期せぬタイミングで発生します。

治療に必要な費用が予算を超えた場合、保険がないと治療を受けられなかったり、経済的に困難に陥ったりする可能性があります。

そのようなリスクを重く見る場合、後で後悔しないためにも医療保険に入っておくべきでしょう。ここでは、医療保険がなぜ必要なのかについて解説します。

高額な医療費が発生したときに備えられる

高額な医療費が発生したときに備えるため、医療保険に入っておくべきです。

公益財団法人生命保険文化センターの調査によると、多くの人がケガや病気に対する不安を抱えています。また、高齢になると病気や怪我のリスクが高まり、それに伴う医療費も増大します。

公的医療保険制度も一定の支援してくれますが、すべてをカバーするわけではありません

高額な医療費が発生する可能性は誰にでもあるため、民間の医療保険は、予期せぬ高額な医療費に備え・家計の安定を保ち・経済的に安定するために非常に重要です。

参考:公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」第2章P50~

収入が減少した際に備えられる

収入が減少した際に備えられるため、医療保険に入っておくべきです。

医療保険は、収入が減少した際に発生する医療費の負担を軽減します。

病気やケガなどで働けなくなった場合でも医療保険から給付金を受け取ることで、医療費の支払いができます。

公益財団法人生命保険文化センターによる生活保障に関する調査によると、入院時の逸失収入平均は30.2万円です。

参考:公益財団法人生命保険文化センター「生活保障に関する調査」第2章P61

逸失収入とは、病気やケガなどがなければ将来得られるはずの収入のことです。

国民健康保険は「傷病手当」がなく、病気やケガが長引くほど入院費など自己負担が大きくなるため、民間の医療保険の必要性は高いです。

収入の減少は予期せずに訪れることが多く、その期間中に発生する医療費は家計に大きな影響を与えます。

医療保険は、収入が不安定な時期でも必要な医療を受けられる、重要な役割を果たします。

治療の選択肢が広がる

治療の選択肢が広がるため、医療保険に入っておくべきです。医療保険は、高度な治療や最新の医療技術を選択するためにも、非常に重要と言えます。

治療費の一部や入院時に個室を利用する場合は、差額ベッド代と呼ばれる費用が発生し、公的健康保険では対象外です。

医療保険に加入してることで、公的健康保険ではカバーされない高価な治療や最新医療技術の費用を気にせず受けられる点は大きなメリットです先進医療特約を付けることで、最新の医療技術を利用した治療を受けられ、経済的な負担を軽減できます。

医療の選択肢を広げたい場合には、適切な医療保険への加入をしておくとよいでしょう。

現状の公的医療制度が存続し続けるとは限らない

現状の公的医療制度が存続し続けるとは限らないため、将来を見据えた場合に医療保険は重要です。

公的医療制度の持続可能性は、政府の財政状況や政策の変更に大きく影響します。

現在の制度が将来も同じ形で維持されるとは限らず、経済的な変化や人口の高齢化により、制度が変更される可能性があります。

もし存続できない場合、将来的には現在の医療サービスが制限されるか、自己負担額が増加する可能性があるのです。

将来的な制度変更や公的サービスの削減リスクに備えて、民間の医療保険に加入することは、安心して必要な医療を受け続けるためには不可欠です。

医療保険に入っておくべき人の特徴

医療保険に入っておくべき人の特徴は、貯蓄が少ない人小さなお子さんがいる人、またはライフステージに大きな変化があった人が該当します。これらの人は、後悔しないためにも医療保険に入っておくべきです。

その他にも、医療保険に入っておくべきな人には特徴があるので、以降でまとめてご紹介します。

貯蓄が少なく将来に不安がある人

貯蓄が少なく将来に不安がある人は医療保険に加入すべきです。

医療保険は、ケガや病気などの急な医療費に対応でき、経済的な安定を保てます。

総務省の家計調査報告によると、多くの世帯の貯蓄額が少なく、予期せぬ高額な出費に不安を感じています。

若年層や単身世帯では、貯蓄がほとんどない状況が見られます。

医療費が予期せぬ形で発生した場合、若年層や単身世帯は経済的に困難になる可能性が非常に高くなります。

貯蓄が少なく将来に不安を感じている人は、医療保険の加入により、経済的リスクを軽減し、安心して生活を送れます。将来に不安がある人は、医療保険の加入を検討しましょう。

参考:総務省「Ⅲ 世帯属性別にみた貯蓄・負債の状況 」

今後の自分の健康状態に不安がある人

今後の自分の健康状態に不安がある人は、医療保険に入っておくべきです。

自分の健康状態家族の既往歴、生活習慣から将来的な健康リスクが予測される場合、医療保険は大きな安心材料です。

慢性疾患や予期せぬ病気やケガが発生した場合、医療保険は高額な治療費をカバーしてくれます。

健康状態に不安を感じている人は、医療保険に加入することで、将来の医療費に対する不安を軽減でき、突然の健康問題や病気による経済的負担にも安心感があります。

自営業・フリーランスの人

自営業・フリーランスの人は、医療保険に入っておくべきです。

自営業やフリーランスの人は、安定した雇用形態にある人に比べて収入の変動が大きく、予期せぬ病気やケガで医療費が発生した場合の経済的リスクが高いためです。

会社員や公務員の場合、病気やケガで働けなくなった際に、傷病手当金の制度によって一定期間の給与の支払いを受けられます

しかし、自営業・フリーランスの場合は傷病手当金を受給できないため、働けなくなった期間の収入がなくなってしまい、老齢年金・障害年金も少ないです。

自営業やフリーランスの人は、医療保険に加入することで、病気や怪我による収入の減少に備えられます。

医療保険は、健康と安定した収入を守るために重要です。

小さなお子さんがいる人

小さなお子さんがいる人は、医療保険に入っておくべきです。

小さなお子さんがいる人は、親が病気や事故で働けなくなったとき、教育費や予期せぬ医療費への備えをするためです。

お子さんが医療保険に加入しておけば、両親が、お子さんの病気やケガで働けなくなった場合でも、給付金で生活費をまかなえます。

子育て中の家庭では、子供が独立するまでにかかる教育費は非常に高額です。

ご主人に何かあった場合、残された配偶者とお子さんは、生活費や教育費に困窮する可能性があります。

小さなお子さんがいる人にとって、医療保険は、お子さんの健康と将来の教育を維持して、家族全員が経済的に安定した生活を送るために必要です。

ライフステージに大きな変化があった人

ライフステージに大きな変化があった人は、医療保険に入っておくべきです。

ライフステージに大きな変化があった人は、変化に対応するために、医療保険に加入、または見直しをおすすめします。

ライフステージが変わることで、家族構成・収入・支出などが大きく変化します。

変化に伴い、医療保険のニーズも変わってくるため、医療保険に加入することで、新たなリスクに備えられます。

例えば、転職・独立によって、収入と雇用形態が変化するため、医療保険の加入状況を見直すことが必要です。

会社員の場合は、会社が加入している健康保険に加入できますが、転職・独立によって会社を辞めた場合は、国民健康保険に加入する必要があります。

国民健康保険には、「傷病手当」や「出産手当」などがないため、医療保険に加入しておけば、病気やケガになった場合でも保険金で生活費をまかなえます。

ライフステージが変化する都度、必要な保障も変わり保険を見直しましょう。

医療保険がいらない人の特徴

医療保険がいらない人の特徴は、勤め先の福利厚生や健康保険が手厚い人、十分な貯蓄や安定した収入がある人です。

ここでは、医療保険がいらない人の特徴について解説します。

貯蓄が十分にある人

貯蓄が十分にある人は、公的保障と貯蓄だけで医療費への備えが足りる可能性があるため、医療保険に加入する必要性は低いです。

医療保険は、病気やケガになった場合に備えるための保険です。

貯蓄が十分にある人なら、高額な医療費が発生しても、貯蓄で支払えます。

いつ使うかわからない医療保険料を、払い続けるなら金融投資に回したほうがいいと考える人も多いでしょう。

入院中の治療費と入院期間中の生活費を貯蓄でまかなえれば、医療保険の必要性は低くなります。

まとまったお金を準備できないときは、医療保険に加入しておけば安心です。

勤め先の福利厚生・健康保険が手厚い人

勤め先の福利厚生や健康保険が手厚い人は、民間の医療保険がいらないと感じる場合があります。

勤め先の健康保険が充実している場合、従業員は医療費の大部分を補償されます。

多くの企業は疾病やケガに対する治療費の他に、定期的な健康診断や予防接種などもカバーしています。

例えば、トヨタ自動車健康保険組合では、医療費自己負担の最大は2万円/月、傷病手当金は2年半までは80%保障に加えてその後の半年は40%保障です。

勤め先の福利厚生が充実している場合、従業員は個人的な医療保険に加入する必要がほとんどありません。

勤め先の手厚い保健サービスが高品質で広範囲にわたる場合、福利厚生や健康保険だけで十分なことが多いです。

参考:トヨタ車体健康保険組合「医療に対する給付」

医療保険に入る最適なタイミングはいつ?

医療保険に入る最適なタイミングは、健康な状態であるときや子供が生まれるとき、そして貯蓄が不安なときです。

ここでは、医療保険に入る最適なタイミングについて解説します。

健康な状態である時

健康な状態であるときが、医療保険に入る最適なタイミングです。

健康な状態であるときは、将来的な健康リスクに対して早期から備えられ、保険料も比較的低く設定される可能性が高いです。

医療保険に入る際は、健康状態を申告する必要があり、内容によって保険の加入可否や保険料が決定されます。

健康な状態であれば、保険会社はリスクが低いと判断し、より良い条件で保険に入れます。

健康なときに入ることで、病気が発覚してからでは入れない保険もあるため、早めに入ることがおすすめです。

医療保険は、病気やケガになった場合に備えるための保険です。

タイミングを逃すと、保険料が高くなったり、加入審査に通りにくくなったりする可能性があるため、健康なときに入ることで、リスクを回避できるでしょう。

貯蓄に不安がある時

貯蓄に不安があるときは、将来の医療費に対する不安を軽減するために医療保険に入る最適なタイミングです。

医療費は予測が難しく、急な病気や事故が発生した場合、高額な治療費が必要になる可能性があります。

貯蓄が少ない場合、医療費をカバーするためには他の資金援助が必要です。

医療保険は、このようなリスクに対して経済的な負担を減らします。

貯蓄が少なく収入の減少や将来の医療費に不安を感じているときに、医療保険に加入することは、家族の生活や将来の医療費への大きな保障です。

子供が生まれる時

子供が生まれるときは、将来的な医療費と子供の健康を守るために医療保険に加入する最適なタイミングです。

新生児期は予期せぬ健康問題が発生しやすく、治療には高額な医療費がかかることがあります。

早期に医療保険に入っておくことで、予期せぬリスクに対応でき、家庭の経済的負担を軽減できます。

出産予定の女性は健康保険から「出産育児一時金」が支給されますが、医療保険の中に、出産関連の費用をカバーする特約もあるため、出産時の費用負担も軽減されます。

妊娠中や出産後など予期せぬ問題が発生しても保険で保障されるため安心です。

ただし、妊娠中の医療保険加入には一部制限があるため、妊娠前に検討することがおすすめです。

医療保険が必要な方向けのおすすめ相談窓口

自分に合った医療保険を見つけるためには、複数の相談窓口を活用することをおすすめします。各窓口の特徴を理解し、自分に合った相談窓口を選ぶことが大切です。

ここでは、医療保険が必要な方向けのおすすめ相談窓口を3つ紹介します。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶのホームページ画像
引用:ほけんのぜんぶ【公式サイト】
ほけんのぜんぶのおすすめポイント

・訪問する担当者はFP資格取得率100%

・訪問・オンラインの相談方法に対応

・保険の取り扱いが40社以上

ほけんのぜんぶは、在籍している相談員全員がFP(ファイナンシャルプランナー)資格を持っており、利用者の詳細なニーズに応じた保険提案が可能です。

40社以上の保険会社から最適な保険商品を選べるため、医療保険だけでなく、ライフプラン全体に合わせたアドバイスを受けられます。

ほけんのぜんぶは、電話・メール・チャットなど、さまざまな方法での相談が無料です。

利用者の評価も高く「無理な勧誘などなかった」や「納得いくまで相談にのってくれた」など、相談員が親切、丁寧なのが伺えます。

スクロールできます
基本情報内容
相談料何度でも無料
相談員相談員100%FP有資格者350人在籍(2023年2月時点)
取扱保険会社数40社以上
店舗数28
対応エリア全国
相談方法訪問、オンライン
予約方法Web
受付時間24時間365日
参考:ほけんのぜんぶ【公式サイト】

保険見直し本舗

保険見直し本舗のホームページ画像
引用:保険見直し本舗【公式サイト】
保険見直し本舗のおすすめポイント

全国にある店舗で相談でき、訪問やオンラインでの相談にも対応

保険管理アプリを使えば、一括管理が可能。

一家族に専属アドバイザーがサポート

保険見直し本舗は、保険の専門知識を持つコンサルティングアドバイザーが在籍しており、利用者一人ひとりの生活状況やニーズに応じた保険選びをサポートします。

40社以上の保険会社と提携しており、さまざまな保険商品から最適なものを選ぶことが可能です。

利用者のニーズをしっかり理解したプロがサポートしてくれるため、安心して任せられます。

また、保険の勧誘電話が頻繁にかかってこないため、最小限のやり取りで理想的な保険を選べるでしょう。

スクロールできます
基本情報特徴
相談料何度でも無料
相談員コンサルティングアドバイザーMDRT会員248名在籍(2020年12月時点)
取扱保険会社数40社以上
店舗数377
対応エリア全国
相談方法店舗、訪問、オンライン、電話
予約方法Web/電話
受付時間24時間365日電話のみ 平日・土日祝:9:00~18:00
参考:保険見直し本舗【公式サイト】

保険市場

保険市場のホームページ画像
引用:保険市場【公式サイト】
保険市場のおすすめポイント

オンライン限定でコンサルタントのプロフィールから自分で担当者を指名できる

取扱保険会社は90社以上

相談は何度でも無料

保険市場では、取り扱っている保険会社の数が90社以上と、業界でも有数の規模を誇ります。一口に「保険」と言っても、保険の種類は多岐にわたります。

保険市場では、保険相談を予約するときに希望のコンサルタントを選べます。

オンライン相談のため、全国どこにいても利用者が選んだコンサルタントと話すことが可能です。

コンサルタントのプロフィールには、資格や相談スキル、得意分野に加えて、年齢や出身地、趣味なども掲載されています。

そのため、どんな雰囲気のコンサルタントか事前に知ることができるのも特徴です。

スクロールできます
基本情報特徴
相談料何度でも無料
相談員コンサルタント257名在籍(2024年1月時点)
取扱保険会社数97社
店舗数729 ※保険市場 コンサルティングプラザ 11店・協力店 718店
対応エリア全国
相談方法店舗、訪問、オンライン
予約方法Web/電話
受付時間24時間365日電話のみ 9:00~21:00(年末年始除く)
参考:保険市場【公式サイト】

「医療保険はいらない」についてまとめ

公的医療制度が非常に充実していることから、医療保険はいらないと感じる人が多いです。

公的医療保険制度には、国民皆保険制度である自営業・年金受給者・専業主婦などが加入する「国民健康保険」と、会社員やその家族が加入する「健康保険」があります。

ともに医療費の約7割から9割を国が負担しています。

公的医療保険でカバーしきれない医療費については、「高額療養費制度」で自己負担額が大幅に軽減される点が特徴です。

民間の医療保険は、加入条件や保険料が厳しくなっているため、高齢者や持病のある方は加入が難しく、保険料も高額になる傾向です。

医療保険は、あくまでも医療費のリスクに備えるための手段の一つです。

加入の必要性を判断する際には、自身の経済状況や健康状態、ライフプランなどを総合的に考慮することが大切でしょう。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - 保険相談編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - 保険相談編集部 株式会社ふるさと本舗 - 保険相談編集部
目次