PR

ファクタリングがやばいって本当?仕組みやトラブル事例から真相を解説

ファクタリングがやばいと言われる理由とは?仕組みやトラブル事例から真相を解説

資金ショートしそうだけど、ファクタリングを使うのはやばいんじゃないか…

実際にトラブルになっているケースもあるし、使ってはいけないんじゃないかな?

このように悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

結論、ファクタリングは会社選びさえ間違えなければ大きなトラブルには発展しません。

記事内で紹介しているトラブル事例も、違法まがいなことを行なっている会社と取引していたケースが多くありました。

しかし、ファクタリングを巡って警察に検挙されるような事件が起こっていることも事実です。

仕組みやトラブル事例を知っておかないと、自分が多額の手数料を支払うことになりかねません。

この記事でわかること

そこでこの記事ではファクタリングがやばいと言われている理由をまとめ、実際のトラブル事例も紹介していきます。

優良な会社を利用すれば便利なサービスになるので、やばいファクタリング会社を見極められる力を身につけてください。

目次

そもそもファクタリングとは?仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングとは、事業者が保有している売掛債権を一定の手数料をかけて買い取るサービスのことです。

売掛先からお金が払われる前にファクタリングを利用すると、現金を早く調達できます。

法的には債権の売買契約にあたる!

ファクタリングは貸金業ではありません。債権を売買する「債権譲渡契約」にあたり、カードローンやキャッシングとは別物になります。

参照元:金融庁

ファクタリングには2社間・3社間の2種類の取引方法があるので、違いを画像で確認してみましょう。

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの違い
2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの違い

例えば通常の取引では、発行した請求書のお金が振り込まれるまでに1カ月程度かかります。

現金がない事業者・個人事業主だと、このタイミングで入金を待っている間に資金不足に陥ってしまうでしょう。

しかしファクタリングを利用すれば、入金を待たずに請求書を即現金化できます。

資金不足に悩んでいる方は、請求書を現金化できないかファクタリング会社の利用を検討してみてください。

ファクタリングがやばいと言われる理由

ファクタリングは売掛金を即現金化できる便利なサービスですが、中には「やばい」「やめたほうがいい」と言っている方もいます。

しかし本来正しく利用できれば、現金不足を解消できる便利なサービスです。

なぜファクタリングがやばいと言われているのか、具体的な理由を確認しましょう。

1.売掛金の一部を削って現金を調達するから

ファクタリングがやばいと言われている理由の一つは、売掛金の一部を削って現金を調達しているからです。

後々支払われる売掛金を今すぐ現金化するのは、今資金不足で悩んでいるということになります。

取引先にバレてしまったら不安に思われる可能性も

取引先に内緒で利用したファクタリングがバレてしまうと「資金不足なのかな」と不安を抱かせてしまいます。

しかし2社間ファクタリングのように、サービスを利用していることが取引先にバレない方法もあります。

どうしても現金不足で悩んでいるなら、資金が底をつく前にファクタリングを利用したほうが良いと言えるでしょう。

2.財務局長や都道府県の許可が必要ないから

ファクタリングがやばいと言われる理由の一つは、財務局長や都道府県の許可が必要ない点です。

資本さえあれば営業できるビジネスモデルなので、参入障壁が低くなっています。

つまり、運営しているのは銀行や信販会社のような金融機関ではありません。

売掛債権を買い取って現金を渡すビジネスモデルは、金融機関でなくても運営できると理解しておきましょう。

3.ファクタリング業を取り締まる法律がないから

3.ファクタリング業を取り締まる法律がないから

ファクタリングには、手数料や運営方法を取り締まる専用の法律はありません

それぞれの会社で手数料やサービスが異なるため、利用する会社選びを誤ると自分が損してしまう可能性もあるでしょう。

例えば、カードローンやクレジットカードのキャッシングは出資法や貸金業法、利息制限法などで取り締まられています。

しかしファクタリングにはこの機能がなく、言い値でサービスの料金を決められるようになっているのです。

各社のサービスを比較せずに利用してしまうと、相場とかけ離れた高い手数料を支払うことになりかねません。

ファクタリングの利用を考えている方は、複数社比較しながら相場にあった会社を利用してください。

4.実際にファクタリングを装った詐欺があったから

ファクタリングの取引事例には詐欺に遭い、裁判につながっているケースがある点もやばいと言われている理由の一つです。

具体的にはファクタリングと装いながら無登録業者が貸付を行う「偽装ファクタリング」の事例が確認できています。

偽装ファクタリングの特徴
  • ファクタリング業者から受け取る金銭が著しく低額
  • 売主が債権を買い戻す契約がある
  • 売主自身の資金で業者に支払わなければならない

参照元:金融庁

上記の特徴を持つ会社は、ファクタリングと言いながらも貸金業を行う「偽装ファクタリング」の可能性があります。

実際に詐欺事例もあり裁判になっているケースもあるので、決して利用しないでください。

ファクタリングの詐欺事例について、こちらで詳しく紹介しています。

5.手数料の上限が決められていないから

5.手数料の上限が決められていないから

ファクタリングは手数料の上限がなく、運営している会社が自由に設定できるようになっています。

カードローン会社は貸金業法によって上限金利が15.0%から20.0%までと決められていますが、ファクタリングには一律の制限がありません。

相場は決まっているものの、手数料の上限が決められていないのはやばいと言えるでしょう。

ファクタリングの手数料相場について

ファクタリングの手数料は、2%から15%程度だと言われています。複数社比較するときはこの基準を参考にすると良いでしょう。

参照元:ファクタリング事業推進協会

ファクタリング業者を探すとき、2%から15%の手数料相場から著しくかけ離れているサービスの利用はおすすめできません

言い値で決められるサービスだからこそ、相場を理解したうえで比較・検討しましょう。

6.利用頻度によっては資金が減ることがあるから

ファクタリングがやばいと言われる理由の1つは、利用頻度によって資金が減る可能性があることです。

スピーディーに資金調達ができる一方で、その都度手数料が差し引かれてしまうからです。

依存のおそれも……

融資に比べると現金化しやすい一面から、資金不足の際にはすぐにファクタリングを頼るといった形で依存してしまう危険性もあります。

資金の目減りを防ぐためにも、計画的にファクタリングを利用しましょう。

【注意】ファクタリングだと思って利用したらヤミ金で取り立てにあった事例

ファクタリング業者の中には、ファクタリングを装って無登録で貸金業を行う「偽装ファクタリング」の事例もあります。

いわゆるヤミ金を利用して自分が大損しないように、以下の事例を確認しておきましょう。

【注意】ファクタリングだと思って利用したらヤミ金で取り立てにあった事例

大阪の偽装ファクタリングの事例

2016年9月ごろ、関西の加工会社が利用したファクタリング業者が違法だったとして摘発された事例です。

2017年8月に掲載された日本経済新聞によると、関西の加工業者の会長が売掛金の回収が進まない現状を改善しようと、東京都のファクタリング業者を利用しました。

約320万円の売掛債権を業者に譲渡し、同じ業者から20万円を借り入れ、利息を含めて31万円返済しています。

どこがおかしいのか?

売掛債権を業者から譲渡されたら、その購入代金を支払わなければなりません。しかし今回は購入代金を支払わず、売掛債権を担保にお金を貸す形式をとりました。

この方法は債権を担保にした貸金で、ファクタリングに見せかけた貸金業いわゆる「偽装ファクタリング」にあたります。

貸金業は財務局長や都道府県から認可されている企業しか運営できない決まりで、これを破って事業を行うと貸金業法違反になりかねません。

大阪府警生活経済課はこの一連の事例を違法な貸付と判断し、2017年1月以降に14人を貸金業法違反として逮捕しました。

2社間ファクタリングの事例

ファクタリングを偽装したヤミ金融の被害に関する事例調査」に掲載されている2社間ファクタリングを利用した事例です。

インテリア美術業を営んでいるX社は、2016年ごろから訪日外国人が増えたことをきっかけに受注数を増やしていきました。

しかし事業の特性上受注から納品までに期間があり、仕事が増えると運転資金が逼迫してしまいます。

そこで2社間ファクタリングを行っている会社5社と契約し、合計450万円資金を調達しました。

実際に利用した業者がヤミ金の類似だった

取引している業者の中には上場企業の子会社もいたものの、中には反社会勢力も含まれていました。

契約内容を年利で換算すると216%から240%にものぼり、これではいつまで経っても返済できません。

そこで弁護士に相談して対応してもらったところ、5社すべての業者からの請求は止まりました。

過去の事件で2社間ファクタリングを問題視している流れがあった点や、そもそも元本相当は回収できていたところから、弁護士が介入したタイミングで諦めたのではないかと推測されます。

会社員に行った給与ファクタリングの事例

会社員に対して給与ファクタリングとの謳い文句でお金を貸し、高額な利息を取るケースも散見されます。

2020年にテレビ東京で放送された番組によると、とある会社員の方は業者から4万円借りたところ、利用日数21日で8万円返すことになりました。

貸金業法で決められた上限金利は15%から20%なのに対し、年利で換算すると869%です。

個人向けの給与ファクタリングは貸金業にあたる可能性も

給料の前払いとして現金を貸し付ける個人向けの給与ファクタリングは、貸金業にあたる可能性があります。

本来財務局長や都道府県から許可を得なければならない業種で、無登録だと違法業者として摘発されかねません。

実際にこの事例に挙げた業者は無登録で貸金業を営んだとして、罰則が科されました。

利用するとやばい!避けるべきファクタリング会社の特徴

ファクタリング会社はすべての会社がやばいわけではありません。

しかし悪徳業者の特徴を押さえていないと、会社選びを間違ってしまう可能性もあります。

以下で紹介する避けるべきファクタリング会社の特徴を知り、会社選びを間違えないように対策してください。

他社と比較して手数料があまりにも高い

他社と比較して手数料が高すぎるファクタリング会社は、利用しないようにしましょう。

カードローンの貸金業法のように法律が整備されていないため、ファクタリング会社は自由に手数料を設定できるようになっています。

手数料の相場

手数料は2%から15%が一般的な水準です。上限は決められておらず、売買する債権の回収リスクに応じて手数料が算出されます。

参照元:ファクタリング事業推進協会

他社と比較してあまりにも手数料が高いと、十分な売掛金を回収できないかもしれません。

ファクタリング会社を利用するときは、必ず他社と手数料を比較して利用してみてください。

取引時に見積書や契約書がない

取引時に見積書や契約書がない業者は、避けるべきファクタリング会社と言えます。

見積書や契約書がなく口頭での話し合いだと、言った・言っていないは証明できず不利な条件になりかねないからです。

契約する前に、必ず相見積もりを出して見積書を確認しましょう。

手数料率が徐々に高額になる

条件を交渉しているときに手数料が徐々に高額になる業者は、避けて他の会社を探しましょう。

見積もりで出してもらった手数料とは違う内容になっていると、回収できる現金が少なくなってしまうからです。

手数料が徐々に高額になるとは?

契約前の見積もりでは安い手数料率を提示し、契約直前に保証料や手付金の費用を上乗せするケースがあります。

早急な現金化が必要な方は、契約直前に費用が追加されても手数料を支払って資金調達してしまうケースもあるでしょう。

このような事態を防ぐためにも、見積もりをもらった段階で追加の手数料がないか確認し、上乗せで手数料を請求されるような会社では取引しないようにしてください。

取引で利息が発生する

取引の中で利息が発生するファクタリング会社は、決して利用しないでください。

ファクタリングは債権譲渡契約なので、利息が発生することはありません

利息が発生すると金銭消費貸借契約になり、カードローンやクレジットカードのキャッシングなど貸金業の話になります。

本来発生しないものを請求してくるならヤミ金の可能性も

取引の中で「利息」「返済」などの言葉が出てくるなら、ファクタリングを装った違法貸金業者の可能性があります。

いわゆるヤミ金と取引をしてしまうと、法外な利息を取られてしまうかもしれません。

契約までの相談で利息や返済という言葉が出てきたら、基本的にその会社での取引は避けましょう

契約に償還請求権がある

契約に償還請求権がある

ファクタリングの契約に償還請求権がある会社では、取引を避けましょう。

償還請求権とは、債権の支払いがされなかったときに償還(借りを返すこと)を求められる権利のことです。

償還請求権があると……?

償還請求権があると、ファクタリング会社が売掛金の回収に失敗したとき、金銭を受け取った方がお金を返さなくてはいけなくなります。

本来利用者は売掛金の回収をファクタリング会社に代行してもらう代わりに、高額の手数料を支払っています。

つまり、契約後の売掛先の企業が倒産しても、契約者がお金を返す必要はありません

悪徳業者と契約して償還請求権があると売掛先にトラブルがあったとき、代金の返還を求められる可能性があります。

ファクタリング会社を利用するときは契約書を確認し、償還請求権があるならその契約は断りましょう。

口コミ評判が悪い・ない

ファクタリング会社を利用するとき、口コミが悪いまたはまったく存在しない会社は避けましょう。

サービスの中身が見えず、どのような手数料・対応になるか判断できないからです。

どのような内容の口コミ評判を見るべきか?

手数料や相談員の対応に関するコメントはチェックましょう。相場とかけ離れた契約になっていないか、親切丁寧に対応してくれるのかを判断できます。

「審査に通らなかった」という内容は取引先に原因があるため、悪い口コミとしてチェックする必要はありません。

しかし「手数料が高すぎる」「高圧的だった」などのコメントが複数あるなら、どこかに問題がある可能性があります。

担当者が不審・会社が実在しない

ファクタリングの担当者が聞きたいことに対して答えてくれなかったり、サイト内の会社が実在しなかったりする場合は注意が必要です。

契約者が不利になるような条件を持ちかけてくる可能性があります。

ファクタリング会社のホームページに記載されている住所が架空である、またはその住所にファクタリング会社が実在していない場合は、悪徳業者の可能性が高いでしょう。

利用する前にはファクタリング会社の住所が実在しているか確認しましょう。

優良なファクタリング会社を選ぶ際のポイントを解説

優良なファクタリング会社を選ぶ際のポイント
  • 口コミ評判が掲載されている
  • 相場に見合った手数料になっている
  • 担当者の対応が親切である

ファクタリング事業推進協会を参考に、優良なファクタリング会社を選ぶときのポイントを抽出しました。

いいファクタリング会社は、SNSやGoogleマップなどに口コミ評判が多数掲載されていることも多くあります。

公式サイト以外にいい口コミ評判があるか確認し、評価基準の一つにしても良いでしょう。

手数料が相場に見合っているか確認しよう!

ファクタリングの手数料相場は2%から15%の設定になっているところがほとんどです。相場からかけ離れた手数料設定の会社は、基本的に利用しないでください。

また担当者の対応も確認が必要です。

見積もりをとったときに担当してくれる方の対応を確認し、利用者に寄り添ってくれる方なのかチェックしてみましょう。

大手でおすすめできるファクタリング会社を5社紹介!

ファクタリング会社を探していて「やばくない会社はどこなの」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

そこで以下では、大手でおすすめできるファクタリング会社を5社紹介します。

スクロールできます
ファクタリング会社最短入金無料相談手数料対応エリア申し込み方法営業時間公式サイト
ビートレーディング
最短2時間2.0%〜12.0%全国・電話
・メール
・LINE
平日9:30〜18:30公式
アクセルファクター
最短1時間2.0%〜全国・電話
・メール
平日10:00〜19:00公式
QuQuMo(ククモ)
最短2時間1.0%〜全国・電話
・メール
・LINE
平日9:00〜19:00公式
日本中小企業
金融サポート機構
最短3時間1.5%〜全国・電話
・メール
平日9:30〜18:00公式
トップマネジメント
最短1時間0.5%〜12.5%対面:東京(出張面談も可)
リモート面談:全国
・電話
・メール
平日10:00〜19:00公式

ビートレンディング

スクロールできます
最短入金2時間申込方法・電話
・メール
・LINE
無料相談営業時間平日9:30〜18:30
手数料2.0%〜12.0%運営企業株式会社ビートレーディング
対応エリア全国公式サイトhttps://betrading.jp/

ビートレンディングは、累計買取額1,170億円の実績が特徴的なファクタリング会社です。

月間取引数1,000件とすでに多くの売掛金を回収しているため、実績がある会社を利用したい方に向いています。

同社はLINEでの相談も可能です。日中仕事で忙しい方や一時的に席を空けるのが難しい方でも、気軽に利用できるでしょう。

\最短2時間で資金調達! /

アクセルファクター

スクロールできます
最短入金最短1時間申込方法電話・メール
無料相談営業時間平日10:00〜19:00
手数料2.0%〜運営企業株式会社アクセルファクター
対応エリア全国公式サイトhttps://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは、少額債権の現金化も対応しているファクタリング会社です。

売掛債権の下限金額は30万円に設定していて、1社あたりの取引額が小さな零細企業でも気軽に利用できる仕組みになっています。

またアクセルファクターの公式サイト内では、審査に通るためのポイントもまとめられている点も魅力です。

申込前にサイト内の情報を確認し、万全な状態で申し込むと良いでしょう。

\少額債権にも対応! /

QuQuMo

スクロールできます
最短入金2時間申込方法・電話
・メール
・LINE
無料相談営業時間平日9:00〜19:00
手数料1.0%〜運営企業株式会社アクティブサポート
対応エリア全国公式サイトhttps://ququmo.net/

QuQuMoは、面談が不要なオンライン契約を採用している点が魅力的です。

法人・個人事業主どちらも売掛金さえあれば、PC・スマホから手続きできます。

QuQuMoの申し込みは10分程度、見積もりは30分程度、契約から送金までに1時間程度と所要時間の目安が明確に記載されていて、時間の目処が立ちやすい点も魅力です。

手数料の安い会社を探している方やファクタリングの全体像がわからず不安な方は、QuQuMoで申し込んでみてください。

\ オンライン面談で手続きできる! /

日本中小企業金融サポート機構

スクロールできます
最短入金最短3時間申込方法・電話
・メール
無料相談営業時間平日9:30〜18:00
手数料1.5%〜運営企業一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
対応エリア全国公式サイトhttps://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業金融サポート機構は、財務省や経済産業局から認定を受けた「経営革新等支援機関」です。

中小企業の経営力強化に対して専門的な知識があると認定されているため、資金調達を含めてレベルの高いアドバイスが期待できます。

また日本中小企業金融サポート機構はファクタリングの他にも、助成金や補助金、クラウドファンディングなどのサポートも行っている点もポイントです。

ファクタリング以外に資金調達できる方法がないか模索したい方は、日本中小企業金融サポート機構を利用してみてください。

\一般社団法人の運営で安心! /

トップ・マネジメント

スクロールできます
最短入金最短1時間申込方法・電話
・メール
無料相談営業時間平日10:00〜19:00
手数料0.5%〜12.5%運営企業株式会社トップ・マネジメント
対応エリア対面:東京(出張面談も可)
リモート面談:全国
公式サイトhttps://top-management.co.jp/

トップ・マネジメントは、最低0.5%の手数料が特徴的なファクタリング会社です。

3社間ファクタリングなら手数料0.5%、2社間ファクタリングなら3.5%から対応してもらえます。

トップ・マネジメントは業種別の資金調達事例を掲載しているため、自分が利用したときのイメージを膨らませやすい点もメリットです。

人材派遣・小売業・介護・個人事業主などの事例が掲載されているので、申込前に確認しミスマッチがないようにしてみてください。

\最低0.5%から資金調達! /

資金繰りがやばい時にできる対処法

支払い期日の延期を交渉してみる

資金繰りがやばい時には、取引先や銀行などに支払い期日の延期を交渉してみることです。

少し先延ばしするだけで対処できるのなら、応じてくれるケースも考えられます。

その際は、信用を落とさないように慎重に交渉する必要があります。

また税金や社会保険料についても、支払いがきびしい場合には分割などで期日を延長してもらえる可能性が高いです。

ただし一定の支払い期日を過ぎた場合は、延滞金が加算されることだけは理解しておかなければなりません。

公的融資制度を利用する

資金繰りがやばい時の対処法2つ目は、公的融資制度や助成金、補助金などの公的融資制度を利用することです。

日本政策金融公庫なら無担保・無保証人の融資を受けられます。

例えば、中小企業・小規模事業者向けには、セーフティーネット貸付という融資制度があります。

その中でも、経営環境変化対応資金のような、社会的・経済的環境の変化で売上や利益が減少するなどの要因で業況が悪化している方を対象とした融資制度がおすすめです。

また、都道府県や市町村などが金融機関や信用保証組合と連携して提供する制度融資は、無担保で融資を受けられます。

どうしても資金が準備できない時は、公的融資制度も検討してみると良いでしょう。

割引手形やファクタリングで資金調達する

資金繰りがやばい時の対処法3つ目は、割引手形やファクタリングで資金調達する方法です。

資金調達が必要な時は、人件費や仕入れ費用などは割引手形で対応できる可能性があります。

割引手形とは、約束手形を支払期日の前に金融機関などに売却し、現金に換えることです。

その他にもファクタリングを活用することで、すぐに資金調達できる場合があります。

緊急で資金が必要な場合には、有効な資金調達方法です。

ただし、売掛債権の一部から手数料が差し引かれるため、手元に用意できる資金が少なくなる点には注意しましょう。

ファクタリングに関してよくある質問

ファクタリングは違法ですか?

違法ではありません。違法になってしまうケースは、ファクタリングを装いながら貸金業にあたる行為をしてしまうときなどが挙げられます。

ファクタリング返さないとどうなる?

ファクタリングを利用して債権を支払わないと、損害賠償に発展しかねません。ファクタリングの支払いが生じるのは2社間ファクタリングのときなので、売掛先からお金が振り込まれたら即座に対応してください。

ファクタリングの問題点は?

手数料に上限がない点や過去にトラブルがあった点などが挙げられます。記事内で紹介している業者を利用すれば、これらの問題は解消されるでしょう。

2社間ファクタリングは違法ですか?

違法ではありません。ただし個人向けに「給与ファクタリング」などの表現で貸付を行っているなら、貸金業法違反になる可能性もあります。

ファクタリングはやばくない!正しい知識を身につけて利用しましょう

ファクタリングのサービス自体はやばいものではありません

運営している会社によって貸金業を行ったり、償還請求権があったりする会社が存在しているため一部でやばいと言われています。

記事内で紹介したファクタリング会社5社は、取引件数も豊富で実績のある優良企業です。

ファクタリング会社選びに困ったときは、5社のうち気になった会社から見積もりをとってみてください。

目次