FXに必勝法はない?玄人トレーダーから安定して勝てる理由を聞いてみた!

FXに必勝法はない?玄人トレーダーから安定して勝てる理由を聞いてみた!のアイキャッチ

FXを行っていく上では、損失を抱えず常に勝ち続けて利益を確保したいものです。

しかし、FXにおける必勝法に関する意見や、それとは全く反対の意見も散見されます。

そのため、どちらの意見が正しいのか分からない初心者も多いのではないでしょうか。

この記事では、FXの必勝法が存在するのか否かを紹介し、安定して勝てる理由を玄人トレーダーの意見をもとに解説します。

記事を読むことで、FXで安定的に勝つための方法や、失敗を回避する知識を得られます。

実際にFXトレードで安定的に勝ちながら、利益を出しているトレーダーの意見をもとに解説しているため、信憑性と再現性がありFX取引で資産を増やしやすくなるでしょう。

FXに必勝法はない?
  • FXに必勝法はあるの?
  • FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた
  • FXで失敗する人がやりがちな取引

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

FXの必勝法はあるの?

結論から言うと、FXトレードにおける必勝法は存在しません

その理由として、FXトレードはゼロサムゲーム、より深く追求するとマイナスサムゲームだからです。

ゼロサムゲームとは経済学におけるゲーム理論と呼ばれる用語で、ゲーム(投機)参加者の利益と損失の総和がゼロになる理論を指します。

例えば、以下のように10,000円を5人で取り合っても2人で取り合っても、10,000円の総数は変わりません。

ゼロサムゲームの解説
  • 10,000(円)=2,000(円)×5(人)
  • 10,000(円)=5,000(円)×2(人)

また、国内外含めてFX業者の数が多過ぎると、過去に感じた方は多いでしょう。

FX業者は、トレーダーの損失が利益となります。

つまり、トレーダーの損失が増えれば増えるほどFX業者の利益は増加していくため、実際はFX業者が儲かっている図式が成立しているのです。

上記から、トレーダー全員の損失を集計するとマイナスになるため、FXトレードはゼロサムゲーム、追求すればマイナスサムゲームといえます。

必勝法が存在すれば、プラスサムゲームとなるはずです。これがFXにおける必勝法が存在しない理由です。

FXで負けなくなったと謳う人はウソ?

FXで負けなくなったとネット上やSNSで発信している人がいますが、FXトレードの必勝法は存在しません。

投資や投機において、勝率100%は不可能です。

よって損失の発生は誰でもあるため、けた経験がないと豪語している人は詐欺の可能性が高いです。

FXトレードで必勝法が存在しない理由は、マーケットにおける価格変動に規則性がない点が挙げられます。

ハイスペックなスーパーコンピューターやAIを駆使しても、価格変動を100%読むのは不可能です。

つまり、人間の数倍〜数百倍の頭脳を持つコンピューターを利用しても、マーケットにおける価格変動をある程度しか予測できないのです。

それならば、一個人が価格変動を予測するのは、より困難を極めます。

上記の理由により、FXで負けなくなったと謳う人の発言は、信憑性に欠けるのが理解できるでしょう。

FXで安定して勝つためにやるべきこと5選

FXで安定して勝つために、やるべきことを5つ紹介します。

FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレードスタイルを決めてぶらさず続ける
  • 中長期でポジションを持つ
  • 自動売買取引は利用しない
  • 1日にエントリーする回数を制限する
  • マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

トレードスタイルを決めてぶらさず続ける

トレードスタイルの軸を決めて他の手法に手を出さない点が、FXで安定して勝てるようになるポイントとして挙げられます。

おすすめポイント2つ
  • 採用したいトレードスタイルをデモトレードで練習する
  • テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらを重視するのか選択する

デモトレードは、FXトレードの仕組みを理解したり、エントリーポイントの見極めや利益確定の練習をするのに最適といえます。

その理由として、無料でリアルな相場観が身に付くからです。

特に初心者の頃は、トレードの仕組みを理解していない状態であるため、貴重な投資資金を投じるのはリスクが高いです。

そのため、採用したいトレードスタイルを練習する際には、無料のデモトレードを利用した方がよいといえます。

また、マーケットの分析手法には、移動平均線などに代表されるインジケーターを使用したテクニカル分析が存在します。

テクニカル分析には、短期トレードに適している手法や、中長期トレードに適している手法が存在するのが特徴です。

また、世界情勢や経済指標を価格変動の判断基準にした、ファンダメンタルズ分析も存在します。

過去の統計データを利用して、短期的なマーケットにおける価格変動を予測するテクニカル分析とは異なり、中長期的に予測するのが特徴です。

FXに必勝法が存在しないのと同義で、分析手法やトレードスタイルにも必勝法は存在しません

しかし、勝率を上げるための分析手法やトレードスタイルは存在するため、自分に合ったものを選択するのがよいでしょう。

中長期でポジションを持つ

中長期的なポジションの保有が、安定して勝つための近道です。

スキャルピングトレードに代表される短期トレードで勝つためには、ある程度の相場観と整合性のある判断基準が求められます。

しかし、スイングトレードに代表される中長期的にポジションを保有するトレードスタイルでは、上記のようなスキルをそこまで必要としません。

その理由として、中長期トレードはファンダメンタルズ分析寄りのマーケット分析を行い、価格変動の将来を予測するのが比較的簡単だからです。

また、時間的優位性がありチャートから目が離せないといった状況にも陥らずに済むため、中長期トレードの採用をおすすめします。

自動売買取引は利用しない

マーケットの動向に慣れていないうちは、自動売買取引に手を出さないのも重要です。

自動売買システムは、プログラムを組んでコンピューターに実行させるものですが、初心者には難しすぎるからです。

プログラミングスキルだけでなく、通貨ペアのクセや世界情勢にも気を配りながら、自動でトレードできるようなプログラムを組む必要があります。

プログラムを購入するだけの自動売買も存在しますが、初心者〜中級者のうちは自力でトレードした方が実力もつき、悪いトレードのクセもつかないためおすすめです。

1日にエントリーする回数を制限する

エントリー回数を制限するのは、無駄な損失の会費につながるため重要です。

エントリー回数が多ければ多いほど、勝率は50%に収束していくデータも存在します。

しかし、FXで勝てない人は、損切りポイントを見誤ったり利確タイミング以外で利確したりと間違った判断を頻繁に行います。

そのため、勝率の高さだけでは高い利益率を生み出せる理由にはつながりません。

FXトレードでは、勝率の高さではなく勝った時にどれだけ利益を伸ばせたのかが重要だからです。

つまり、エントリー回数を制限するよりも自分の狙い通りの有利なエントリーを厳選するべきと言い換えられます。

マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

安定して勝つためには、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択してトレードしましょう。

理由は、メジャー通貨は多くのトレーダーが取引しており、マーケットの価格変動が安定的で値動きの特徴を掴みやすいからです。

また、通貨ペアの取引量が多いため価格の流動性が高く、スプレッド幅が狭くなる傾向にあります。

対して、南アフリカランドやメキシコペソなどのマイナー通貨では、流動性が低く大きな政策変更などが発表されると、価格が大きく変動するリスクがあります。

要人発言や、経済指標発表による急激な価格変動も予測できるため、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択するのがおすすめです。

トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた

トレーダーから聞いた、FXで勝てるようになった瞬間を3つ紹介します。

FXで勝てるようになった瞬間
  • トレード内容をノートに記録した
  • 人に頼らず自分の考えだけで乗り切る
  • まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

トレード内容をノートに記録した

トレードノートの活用は、FXトレードを反省・改善するPDCAサイクルを回すために非常に有効です。

ノートに記録する内容としては、トレード戦略・リスク管理・メンタルコントロールなどが挙げられます。

上記のトレードプロセスをリストアップした上で、トレード終了時にリストに従い見直します。

トレードノートの見直しで自分が行ったトレードの反省ができ、次のトレードで同じミスを繰り返さないようになるのです。

人に頼らず自分の考えだけで乗り切る

他人の意見に頼らず、自分の考えでトレードの方向性を決めるとFXで勝てるようになります。

理由は、トレードを振り返った際に間違っていたポイントや、今後も継続的に使いたいと思える知識が明確化するからです。

他人の意見に頼ってトレードしても、何が悪かったのか・良かったのかの判断が難しいです。

自分で出した結論に基づいた行動ではないため、失敗しても言い訳できてしまいます。

しかし、それでは実力がつかないばかりか、トレードの際に応用がきかず再現性のないトレードばかりを繰り返すようになります。

まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

まずは少額投資から始めて、貴重な投資資金を減らさないことを目標にトレードを行いましょう。

取引数量が小さくなるため、損失リスクを最小限に抑えられ、無理なく相場観が養えるためです。

例えば、通常の投資であれば数十万円〜数百万円が必要になりますが、少額投資であれば数百円〜数万円でトレードが可能です。

少額資金からトレードを始めて、ある程度の相場観の会得や、得意なスタイルが見つかってから通常の投資を行うのがおすすめです。

FXで失敗する人がやりがちな取引4選

FXで失敗する人がやりがちな取引を4つ紹介します。

FXで失敗する人がやりがちな取引
  • ロスカットラインを意識していないままポジションを放置
  • ボラティリティが大きくなる時間を把握していない
  • 無計画で両建てする
  • テクニカルのインジケーターを過信して取引する

ロスカットラインを意識していないままポジションを放置

ロスカットラインを意識しないまま、保有ポジションを放置する点が挙げられます。

ロスカットは、FXトレードを行う上でリスクコントロールのため必要なスキルです。

ロスカットラインを意識しないと損失が既定の水準に達しても決済できずに、損失が膨らむ可能性があります。

つまり、損失は被ったものの、これ以上損失を膨らませないための保険と理解しておきましょう。

ロスカット値の計算式は以下の通りです。

ロスカット値の計算式
  • 必要証拠金(円)×証拠金維持率(%)=デッドラインの金額(円)
  • 有効証拠金(円)-デッドラインの金額(円)=含み損に耐えられる金額(円)
  • 含み損に耐えられる金額(円)÷ポジション購入時の含み額(円)=ロスカット値(%)

この計算式に、具体的に数値を当てはめて計算すると以下の通りになります。(※)必要証拠金=10,000円、証拠金維持率=50%、有効証拠金=15,000円、ポジション購入時の含み額=100,000円、レバレッジ=10倍とする

具体的な数値を当てはめたロスカット値の計算式
  • 100,000(円)×50(%)=5,000(円)
  • 15,000(円)-5,000(円)=10,000(円)
  • 10,000(円)÷100,000(円)=10(%)

上記の計算式より、トレードしている通貨価格がポジション購入時の10%下落した場合に、強制ロスカットが執行されると理解できます。

ボラティリティが大きくなる時間を把握していない

ボラティリティが大きい時間帯にトレードすると、FXトレードで成功する可能性が高くなります。

約定率が上がったり大きな値動きが生じたりと、トレードにおける優位性が生まれやすくなるからです。

しかし、FXで失敗する人はボラティリティを考えずに、取引量が多い時間帯でトレードを行ってしまいます。

すると、FXで勝てないばかりか損失を増やし続けるといった事態に陥る可能性が高くなります。

ボラティリティが大きくなる時間帯は以下の通りです。

市場ごとのボラティリティが大きくなる時間帯
  • オセアニア市場=AM7:00~AM8:30
  • 東京市場=AM9:00~AM10:30
  • ロンドン市場=PM16:00~PM17:30
  • ニューヨーク市場=PM21:00~PM22:30

無計画で両建てする

無計画で両建てをすると、FXで勝つのは難しいです。

スプレッドによる影響やスワップポイントの支払いによる負担があり、無計画な両建ては経済的合理性を欠くトレード手法だからです。

両建てのメリットは、価格の変動による損失拡大を防ぐ点にあります。

しかし、ロスカットになるリスクの高まりや、マイナススワップの支払いなど、デメリットを理解せずに両建てをするトレーダーが数多く存在します。

両建てでは、買い(ロング)ポジションと売り(ショート)ポジションの、2つのポジションを保有します。

そのため、単純計算でも2倍の証拠金が必要になる点にも注意が必要です。

テクニカルのインジケーターを過信して取引する

テクニカルのインジケーターを過信したり、思い込みが激しすぎるとトレードの失敗に直結します。

過去の統計データを用いてマーケットを分析するテクニカル分析ですが、経済状況によってはまったく通用しない時もあるからです。

また、移動平均線などのインジケーターはローソク足が形成されてから作られるため、分析が遅れるデメリットもあります。

その他にも、経済指標の発表時などにはマーケットが急激に動く時があり、その際インジケーターの効果は薄れてしまいます

よって、テクニカルのインジケーターを過信してトレードする人は、FXで勝てないケースが多いです。

FXを行っていく上では、損失を抱えず常に勝ち続けて利益を確保したいものです。

しかし、FXにおける必勝法に関する意見や、それとは全く反対の意見も散見されます。

そのため、どちらの意見が正しいのか分からない初心者も多いのではないでしょうか。

この記事では、FXの必勝法が存在するのか否かを紹介し、安定して勝てる理由を玄人トレーダーの意見をもとに解説します。

記事を読むことで、FXで安定的に勝つための方法や、失敗を回避する知識を得られます。

実際にFXトレードで安定的に勝ちながら、利益を出しているトレーダーの意見をもとに解説しているため、信憑性と再現性がありFX取引で資産を増やしやすくなるでしょう。

FXに必勝法はない?
  • FXに必勝法はあるの?
  • FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた
  • FXで失敗する人がやりがちな取引

FXの必勝法はあるの?

結論から言うと、FXトレードにおける必勝法は存在しません

その理由として、FXトレードはゼロサムゲーム、より深く追求するとマイナスサムゲームだからです。

ゼロサムゲームとは経済学におけるゲーム理論と呼ばれる用語で、ゲーム(投機)参加者の利益と損失の総和がゼロになる理論を指します。

例えば、以下のように10,000円を5人で取り合っても2人で取り合っても、10,000円の総数は変わりません。

ゼロサムゲームの解説
  • 10,000(円)=2,000(円)×5(人)
  • 10,000(円)=5,000(円)×2(人)

また、国内外含めてFX業者の数が多過ぎると、過去に感じた方は多いでしょう。

FX業者は、トレーダーの損失が利益となります。

つまり、トレーダーの損失が増えれば増えるほどFX業者の利益は増加していくため、実際はFX業者が儲かっている図式が成立しているのです。

上記から、トレーダー全員の損失を集計するとマイナスになるため、FXトレードはゼロサムゲーム、追求すればマイナスサムゲームといえます。

必勝法が存在すれば、プラスサムゲームとなるはずです。これがFXにおける必勝法が存在しない理由です。

FXで負けなくなったと謳う人はウソ?

FXで負けなくなったとネット上やSNSで発信している人がいますが、FXトレードの必勝法は存在しません。

投資や投機において、勝率100%は不可能です。

よって損失の発生は誰でもあるため、けた経験がないと豪語している人は詐欺の可能性が高いです。

FXトレードで必勝法が存在しない理由は、マーケットにおける価格変動に規則性がない点が挙げられます。

ハイスペックなスーパーコンピューターやAIを駆使しても、価格変動を100%読むのは不可能です。

つまり、人間の数倍〜数百倍の頭脳を持つコンピューターを利用しても、マーケットにおける価格変動をある程度しか予測できないのです。

それならば、一個人が価格変動を予測するのは、より困難を極めます。

上記の理由により、FXで負けなくなったと謳う人の発言は、信憑性に欠けるのが理解できるでしょう。

FXで安定して勝つためにやるべきこと5選

FXで安定して勝つために、やるべきことを5つ紹介します。

FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレードスタイルを決めてぶらさず続ける
  • 中長期でポジションを持つ
  • 自動売買取引は利用しない
  • 1日にエントリーする回数を制限する
  • マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

トレードスタイルを決めてぶらさず続ける

トレードスタイルの軸を決めて他の手法に手を出さない点が、FXで安定して勝てるようになるポイントとして挙げられます。

おすすめポイント2つ
  • 採用したいトレードスタイルをデモトレードで練習する
  • テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらを重視するのか選択する

デモトレードは、FXトレードの仕組みを理解したり、エントリーポイントの見極めや利益確定の練習をするのに最適といえます。

その理由として、無料でリアルな相場観が身に付くからです。

特に初心者の頃は、トレードの仕組みを理解していない状態であるため、貴重な投資資金を投じるのはリスクが高いです。

そのため、採用したいトレードスタイルを練習する際には、無料のデモトレードを利用した方がよいといえます。

また、マーケットの分析手法には、移動平均線などに代表されるインジケーターを使用したテクニカル分析が存在します。

テクニカル分析には、短期トレードに適している手法や、中長期トレードに適している手法が存在するのが特徴です。

また、世界情勢や経済指標を価格変動の判断基準にした、ファンダメンタルズ分析も存在します。

過去の統計データを利用して、短期的なマーケットにおける価格変動を予測するテクニカル分析とは異なり、中長期的に予測するのが特徴です。

FXに必勝法が存在しないのと同義で、分析手法やトレードスタイルにも必勝法は存在しません

しかし、勝率を上げるための分析手法やトレードスタイルは存在するため、自分に合ったものを選択するのがよいでしょう。

中長期でポジションを持つ

中長期的なポジションの保有が、安定して勝つための近道です。

スキャルピングトレードに代表される短期トレードで勝つためには、ある程度の相場観と整合性のある判断基準が求められます。

しかし、スイングトレードに代表される中長期的にポジションを保有するトレードスタイルでは、上記のようなスキルをそこまで必要としません。

その理由として、中長期トレードはファンダメンタルズ分析寄りのマーケット分析を行い、価格変動の将来を予測するのが比較的簡単だからです。

また、時間的優位性がありチャートから目が離せないといった状況にも陥らずに済むため、中長期トレードの採用をおすすめします。

自動売買取引は利用しない

マーケットの動向に慣れていないうちは、自動売買取引に手を出さないのも重要です。

自動売買システムは、プログラムを組んでコンピューターに実行させるものですが、初心者には難しすぎるからです。

プログラミングスキルだけでなく、通貨ペアのクセや世界情勢にも気を配りながら、自動でトレードできるようなプログラムを組む必要があります。

プログラムを購入するだけの自動売買も存在しますが、初心者〜中級者のうちは自力でトレードした方が実力もつき、悪いトレードのクセもつかないためおすすめです。

1日にエントリーする回数を制限する

エントリー回数を制限するのは、無駄な損失の会費につながるため重要です。

エントリー回数が多ければ多いほど、勝率は50%に収束していくデータも存在します。

しかし、FXで勝てない人は、損切りポイントを見誤ったり利確タイミング以外で利確したりと間違った判断を頻繁に行います。

そのため、勝率の高さだけでは高い利益率を生み出せる理由にはつながりません。

FXトレードでは、勝率の高さではなく勝った時にどれだけ利益を伸ばせたのかが重要だからです。

つまり、エントリー回数を制限するよりも自分の狙い通りの有利なエントリーを厳選するべきと言い換えられます。

マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

安定して勝つためには、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択してトレードしましょう。

理由は、メジャー通貨は多くのトレーダーが取引しており、マーケットの価格変動が安定的で値動きの特徴を掴みやすいからです。

また、通貨ペアの取引量が多いため価格の流動性が高く、スプレッド幅が狭くなる傾向にあります。

対して、南アフリカランドやメキシコペソなどのマイナー通貨では、流動性が低く大きな政策変更などが発表されると、価格が大きく変動するリスクがあります。

要人発言や、経済指標発表による急激な価格変動も予測できるため、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択するのがおすすめです。

トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた

トレーダーから聞いた、FXで勝てるようになった瞬間を3つ紹介します。

FXで勝てるようになった瞬間
  • トレード内容をノートに記録した
  • 人に頼らず自分の考えだけで乗り切る
  • まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

トレード内容をノートに記録した

トレードノートの活用は、FXトレードを反省・改善するPDCAサイクルを回すために非常に有効です。

ノートに記録する内容としては、トレード戦略・リスク管理・メンタルコントロールなどが挙げられます。

上記のトレードプロセスをリストアップした上で、トレード終了時にリストに従い見直します。

トレードノートの見直しで自分が行ったトレードの反省ができ、次のトレードで同じミスを繰り返さないようになるのです。

人に頼らず自分の考えだけで乗り切る

他人の意見に頼らず、自分の考えでトレードの方向性を決めるとFXで勝てるようになります。

理由は、トレードを振り返った際に間違っていたポイントや、今後も継続的に使いたいと思える知識が明確化するからです。

他人の意見に頼ってトレードしても、何が悪かったのか・良かったのかの判断が難しいです。

自分で出した結論に基づいた行動ではないため、失敗しても言い訳できてしまいます。

しかし、それでは実力がつかないばかりか、トレードの際に応用がきかず再現性のないトレードばかりを繰り返すようになります。

まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

まずは少額投資から始めて、貴重な投資資金を減らさないことを目標にトレードを行いましょう。

取引数量が小さくなるため、損失リスクを最小限に抑えられ、無理なく相場観が養えるためです。

例えば、通常の投資であれば数十万円〜数百万円が必要になりますが、少額投資であれば数百円〜数万円でトレードが可能です。

少額資金からトレードを始めて、ある程度の相場観の会得や、得意なスタイルが見つかってから通常の投資を行うのがおすすめです。

FXで失敗する人がやりがちな取引4選

FXで失敗する人がやりがちな取引を4つ紹介します。

FXで失敗する人がやりがちな取引
  • ロスカットラインを意識していないままポジションを放置
  • ボラティリティが大きくなる時間を把握していない
  • 無計画で両建てする
  • テクニカルのインジケーターを過信して取引する

ロスカットラインを意識していないままポジションを放置

ロスカットラインを意識しないまま、保有ポジションを放置する点が挙げられます。

ロスカットは、FXトレードを行う上でリスクコントロールのため必要なスキルです。

ロスカットラインを意識しないと損失が既定の水準に達しても決済できずに、損失が膨らむ可能性があります。

つまり、損失は被ったものの、これ以上損失を膨らませないための保険と理解しておきましょう。

ロスカット値の計算式は以下の通りです。

ロスカット値の計算式
  • 必要証拠金(円)×証拠金維持率(%)=デッドラインの金額(円)
  • 有効証拠金(円)-デッドラインの金額(円)=含み損に耐えられる金額(円)
  • 含み損に耐えられる金額(円)÷ポジション購入時の含み額(円)=ロスカット値(%)

この計算式に、具体的に数値を当てはめて計算すると以下の通りになります。(※)必要証拠金=10,000円、証拠金維持率=50%、有効証拠金=15,000円、ポジション購入時の含み額=100,000円、レバレッジ=10倍とする

具体的な数値を当てはめたロスカット値の計算式
  • 100,000(円)×50(%)=5,000(円)
  • 15,000(円)-5,000(円)=10,000(円)
  • 10,000(円)÷100,000(円)=10(%)

上記の計算式より、トレードしている通貨価格がポジション購入時の10%下落した場合に、強制ロスカットが執行されると理解できます。

ボラティリティが大きくなる時間を把握していない

ボラティリティが大きい時間帯にトレードすると、FXトレードで成功する可能性が高くなります。

約定率が上がったり大きな値動きが生じたりと、トレードにおける優位性が生まれやすくなるからです。

しかし、FXで失敗する人はボラティリティを考えずに、取引量が多い時間帯でトレードを行ってしまいます。

すると、FXで勝てないばかりか損失を増やし続けるといった事態に陥る可能性が高くなります。

ボラティリティが大きくなる時間帯は以下の通りです。

市場ごとのボラティリティが大きくなる時間帯
  • オセアニア市場=AM7:00~AM8:30
  • 東京市場=AM9:00~AM10:30
  • ロンドン市場=PM16:00~PM17:30
  • ニューヨーク市場=PM21:00~PM22:30

無計画で両建てする

無計画で両建てをすると、FXで勝つのは難しいです。

スプレッドによる影響やスワップポイントの支払いによる負担があり、無計画な両建ては経済的合理性を欠くトレード手法だからです。

両建てのメリットは、価格の変動による損失拡大を防ぐ点にあります。

しかし、ロスカットになるリスクの高まりや、マイナススワップの支払いなど、デメリットを理解せずに両建てをするトレーダーが数多く存在します。

両建てでは、買い(ロング)ポジションと売り(ショート)ポジションの、2つのポジションを保有します。

そのため、単純計算でも2倍の証拠金が必要になる点にも注意が必要です。

テクニカルのインジケーターを過信して取引する

テクニカルのインジケーターを過信したり、思い込みが激しすぎるとトレードの失敗に直結します。

過去の統計データを用いてマーケットを分析するテクニカル分析ですが、経済状況によってはまったく通用しない時もあるからです。

また、移動平均線などのインジケーターはローソク足が形成されてから作られるため、分析が遅れるデメリットもあります。

その他にも、経済指標の発表時などにはマーケットが急激に動く時があり、その際インジケーターの効果は薄れてしまいます

よって、テクニカルのインジケーターを過信してトレードする人は、FXで勝てないケースが多いです。

FXを行っていく上では、損失を抱えず常に勝ち続けて利益を確保したいものです。

しかし、FXにおける必勝法に関する意見や、それとは全く反対の意見も散見されます。

そのため、どちらの意見が正しいのか分からない初心者も多いのではないでしょうか。

この記事では、FXの必勝法が存在するのか否かを紹介し、安定して勝てる理由を玄人トレーダーの意見をもとに解説します。

記事を読むことで、FXで安定的に勝つための方法や、失敗を回避する知識を得られます。

実際にFXトレードで安定的に勝ちながら、利益を出しているトレーダーの意見をもとに解説しているため、信憑性と再現性がありFX取引で資産を増やしやすくなるでしょう。

FXに必勝法はない?
  • FXに必勝法はあるの?
  • FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた
  • FXで失敗する人がやりがちな取引

FXの必勝法はあるの?

結論から言うと、FXトレードにおける必勝法は存在しません

その理由として、FXトレードはゼロサムゲーム、より深く追求するとマイナスサムゲームだからです。

ゼロサムゲームとは経済学におけるゲーム理論と呼ばれる用語で、ゲーム(投機)参加者の利益と損失の総和がゼロになる理論を指します。

例えば、以下のように10,000円を5人で取り合っても2人で取り合っても、10,000円の総数は変わりません。

ゼロサムゲームの解説
  • 10,000(円)=2,000(円)×5(人)
  • 10,000(円)=5,000(円)×2(人)

また、国内外含めてFX業者の数が多過ぎると、過去に感じた方は多いでしょう。

FX業者は、トレーダーの損失が利益となります。

つまり、トレーダーの損失が増えれば増えるほどFX業者の利益は増加していくため、実際はFX業者が儲かっている図式が成立しているのです。

上記から、トレーダー全員の損失を集計するとマイナスになるため、FXトレードはゼロサムゲーム、追求すればマイナスサムゲームといえます。

必勝法が存在すれば、プラスサムゲームとなるはずです。これがFXにおける必勝法が存在しない理由です。

FXで負けなくなったと謳う人はウソ?

FXで負けなくなったとネット上やSNSで発信している人がいますが、FXトレードの必勝法は存在しません。

投資や投機において、勝率100%は不可能です。

よって損失の発生は誰でもあるため、けた経験がないと豪語している人は詐欺の可能性が高いです。

FXトレードで必勝法が存在しない理由は、マーケットにおける価格変動に規則性がない点が挙げられます。

ハイスペックなスーパーコンピューターやAIを駆使しても、価格変動を100%読むのは不可能です。

つまり、人間の数倍〜数百倍の頭脳を持つコンピューターを利用しても、マーケットにおける価格変動をある程度しか予測できないのです。

それならば、一個人が価格変動を予測するのは、より困難を極めます。

上記の理由により、FXで負けなくなったと謳う人の発言は、信憑性に欠けるのが理解できるでしょう。

FXで安定して勝つためにやるべきこと5選

FXで安定して勝つために、やるべきことを5つ紹介します。

FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレードスタイルを決めてぶらさず続ける
  • 中長期でポジションを持つ
  • 自動売買取引は利用しない
  • 1日にエントリーする回数を制限する
  • マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

トレードスタイルを決めてぶらさず続ける

トレードスタイルの軸を決めて他の手法に手を出さない点が、FXで安定して勝てるようになるポイントとして挙げられます。

おすすめポイント2つ
  • 採用したいトレードスタイルをデモトレードで練習する
  • テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらを重視するのか選択する

デモトレードは、FXトレードの仕組みを理解したり、エントリーポイントの見極めや利益確定の練習をするのに最適といえます。

その理由として、無料でリアルな相場観が身に付くからです。

特に初心者の頃は、トレードの仕組みを理解していない状態であるため、貴重な投資資金を投じるのはリスクが高いです。

そのため、採用したいトレードスタイルを練習する際には、無料のデモトレードを利用した方がよいといえます。

また、マーケットの分析手法には、移動平均線などに代表されるインジケーターを使用したテクニカル分析が存在します。

テクニカル分析には、短期トレードに適している手法や、中長期トレードに適している手法が存在するのが特徴です。

また、世界情勢や経済指標を価格変動の判断基準にした、ファンダメンタルズ分析も存在します。

過去の統計データを利用して、短期的なマーケットにおける価格変動を予測するテクニカル分析とは異なり、中長期的に予測するのが特徴です。

FXに必勝法が存在しないのと同義で、分析手法やトレードスタイルにも必勝法は存在しません

しかし、勝率を上げるための分析手法やトレードスタイルは存在するため、自分に合ったものを選択するのがよいでしょう。

中長期でポジションを持つ

中長期的なポジションの保有が、安定して勝つための近道です。

スキャルピングトレードに代表される短期トレードで勝つためには、ある程度の相場観と整合性のある判断基準が求められます。

しかし、スイングトレードに代表される中長期的にポジションを保有するトレードスタイルでは、上記のようなスキルをそこまで必要としません。

その理由として、中長期トレードはファンダメンタルズ分析寄りのマーケット分析を行い、価格変動の将来を予測するのが比較的簡単だからです。

また、時間的優位性がありチャートから目が離せないといった状況にも陥らずに済むため、中長期トレードの採用をおすすめします。

自動売買取引は利用しない

マーケットの動向に慣れていないうちは、自動売買取引に手を出さないのも重要です。

自動売買システムは、プログラムを組んでコンピューターに実行させるものですが、初心者には難しすぎるからです。

プログラミングスキルだけでなく、通貨ペアのクセや世界情勢にも気を配りながら、自動でトレードできるようなプログラムを組む必要があります。

プログラムを購入するだけの自動売買も存在しますが、初心者〜中級者のうちは自力でトレードした方が実力もつき、悪いトレードのクセもつかないためおすすめです。

1日にエントリーする回数を制限する

エントリー回数を制限するのは、無駄な損失の会費につながるため重要です。

エントリー回数が多ければ多いほど、勝率は50%に収束していくデータも存在します。

しかし、FXで勝てない人は、損切りポイントを見誤ったり利確タイミング以外で利確したりと間違った判断を頻繁に行います。

そのため、勝率の高さだけでは高い利益率を生み出せる理由にはつながりません。

FXトレードでは、勝率の高さではなく勝った時にどれだけ利益を伸ばせたのかが重要だからです。

つまり、エントリー回数を制限するよりも自分の狙い通りの有利なエントリーを厳選するべきと言い換えられます。

マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

安定して勝つためには、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択してトレードしましょう。

理由は、メジャー通貨は多くのトレーダーが取引しており、マーケットの価格変動が安定的で値動きの特徴を掴みやすいからです。

また、通貨ペアの取引量が多いため価格の流動性が高く、スプレッド幅が狭くなる傾向にあります。

対して、南アフリカランドやメキシコペソなどのマイナー通貨では、流動性が低く大きな政策変更などが発表されると、価格が大きく変動するリスクがあります。

要人発言や、経済指標発表による急激な価格変動も予測できるため、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択するのがおすすめです。

トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた

トレーダーから聞いた、FXで勝てるようになった瞬間を3つ紹介します。

FXで勝てるようになった瞬間
  • トレード内容をノートに記録した
  • 人に頼らず自分の考えだけで乗り切る
  • まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

トレード内容をノートに記録した

トレードノートの活用は、FXトレードを反省・改善するPDCAサイクルを回すために非常に有効です。

ノートに記録する内容としては、トレード戦略・リスク管理・メンタルコントロールなどが挙げられます。

上記のトレードプロセスをリストアップした上で、トレード終了時にリストに従い見直します。

トレードノートの見直しで自分が行ったトレードの反省ができ、次のトレードで同じミスを繰り返さないようになるのです。

人に頼らず自分の考えだけで乗り切る

他人の意見に頼らず、自分の考えでトレードの方向性を決めるとFXで勝てるようになります。

理由は、トレードを振り返った際に間違っていたポイントや、今後も継続的に使いたいと思える知識が明確化するからです。

他人の意見に頼ってトレードしても、何が悪かったのか・良かったのかの判断が難しいです。

自分で出した結論に基づいた行動ではないため、失敗しても言い訳できてしまいます。

しかし、それでは実力がつかないばかりか、トレードの際に応用がきかず再現性のないトレードばかりを繰り返すようになります。

まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

まずは少額投資から始めて、貴重な投資資金を減らさないことを目標にトレードを行いましょう。

取引数量が小さくなるため、損失リスクを最小限に抑えられ、無理なく相場観が養えるためです。

例えば、通常の投資であれば数十万円〜数百万円が必要になりますが、少額投資であれば数百円〜数万円でトレードが可能です。

少額資金からトレードを始めて、ある程度の相場観の会得や、得意なスタイルが見つかってから通常の投資を行うのがおすすめです。

FXで失敗する人がやりがちな取引4選

FXで失敗する人がやりがちな取引を4つ紹介します。

FXで失敗する人がやりがちな取引
  • ロスカットラインを意識していないままポジションを放置
  • ボラティリティが大きくなる時間を把握していない
  • 無計画で両建てする
  • テクニカルのインジケーターを過信して取引する

ロスカットラインを意識していないままポジションを放置

ロスカットラインを意識しないまま、保有ポジションを放置する点が挙げられます。

ロスカットは、FXトレードを行う上でリスクコントロールのため必要なスキルです。

ロスカットラインを意識しないと損失が既定の水準に達しても決済できずに、損失が膨らむ可能性があります。

つまり、損失は被ったものの、これ以上損失を膨らませないための保険と理解しておきましょう。

ロスカット値の計算式は以下の通りです。

ロスカット値の計算式
  • 必要証拠金(円)×証拠金維持率(%)=デッドラインの金額(円)
  • 有効証拠金(円)-デッドラインの金額(円)=含み損に耐えられる金額(円)
  • 含み損に耐えられる金額(円)÷ポジション購入時の含み額(円)=ロスカット値(%)

この計算式に、具体的に数値を当てはめて計算すると以下の通りになります。(※)必要証拠金=10,000円、証拠金維持率=50%、有効証拠金=15,000円、ポジション購入時の含み額=100,000円、レバレッジ=10倍とする

具体的な数値を当てはめたロスカット値の計算式
  • 100,000(円)×50(%)=5,000(円)
  • 15,000(円)-5,000(円)=10,000(円)
  • 10,000(円)÷100,000(円)=10(%)

上記の計算式より、トレードしている通貨価格がポジション購入時の10%下落した場合に、強制ロスカットが執行されると理解できます。

ボラティリティが大きくなる時間を把握していない

ボラティリティが大きい時間帯にトレードすると、FXトレードで成功する可能性が高くなります。

約定率が上がったり大きな値動きが生じたりと、トレードにおける優位性が生まれやすくなるからです。

しかし、FXで失敗する人はボラティリティを考えずに、取引量が多い時間帯でトレードを行ってしまいます。

すると、FXで勝てないばかりか損失を増やし続けるといった事態に陥る可能性が高くなります。

ボラティリティが大きくなる時間帯は以下の通りです。

市場ごとのボラティリティが大きくなる時間帯
  • オセアニア市場=AM7:00~AM8:30
  • 東京市場=AM9:00~AM10:30
  • ロンドン市場=PM16:00~PM17:30
  • ニューヨーク市場=PM21:00~PM22:30

無計画で両建てする

無計画で両建てをすると、FXで勝つのは難しいです。

スプレッドによる影響やスワップポイントの支払いによる負担があり、無計画な両建ては経済的合理性を欠くトレード手法だからです。

両建てのメリットは、価格の変動による損失拡大を防ぐ点にあります。

しかし、ロスカットになるリスクの高まりや、マイナススワップの支払いなど、デメリットを理解せずに両建てをするトレーダーが数多く存在します。

両建てでは、買い(ロング)ポジションと売り(ショート)ポジションの、2つのポジションを保有します。

そのため、単純計算でも2倍の証拠金が必要になる点にも注意が必要です。

テクニカルのインジケーターを過信して取引する

テクニカルのインジケーターを過信したり、思い込みが激しすぎるとトレードの失敗に直結します。

過去の統計データを用いてマーケットを分析するテクニカル分析ですが、経済状況によってはまったく通用しない時もあるからです。

また、移動平均線などのインジケーターはローソク足が形成されてから作られるため、分析が遅れるデメリットもあります。

その他にも、経済指標の発表時などにはマーケットが急激に動く時があり、その際インジケーターの効果は薄れてしまいます

よって、テクニカルのインジケーターを過信してトレードする人は、FXで勝てないケースが多いです。

FXを行っていく上では、損失を抱えず常に勝ち続けて利益を確保したいものです。

しかし、FXにおける必勝法に関する意見や、それとは全く反対の意見も散見されます。

そのため、どちらの意見が正しいのか分からない初心者も多いのではないでしょうか。

この記事では、FXの必勝法が存在するのか否かを紹介し、安定して勝てる理由を玄人トレーダーの意見をもとに解説します。

記事を読むことで、FXで安定的に勝つための方法や、失敗を回避する知識を得られます。

実際にFXトレードで安定的に勝ちながら、利益を出しているトレーダーの意見をもとに解説しているため、信憑性と再現性がありFX取引で資産を増やしやすくなるでしょう。

FXに必勝法はない?
  • FXに必勝法はあるの?
  • FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた
  • FXで失敗する人がやりがちな取引

FXの必勝法はあるの?

結論から言うと、FXトレードにおける必勝法は存在しません

その理由として、FXトレードはゼロサムゲーム、より深く追求するとマイナスサムゲームだからです。

ゼロサムゲームとは経済学におけるゲーム理論と呼ばれる用語で、ゲーム(投機)参加者の利益と損失の総和がゼロになる理論を指します。

例えば、以下のように10,000円を5人で取り合っても2人で取り合っても、10,000円の総数は変わりません。

ゼロサムゲームの解説
  • 10,000(円)=2,000(円)×5(人)
  • 10,000(円)=5,000(円)×2(人)

また、国内外含めてFX業者の数が多過ぎると、過去に感じた方は多いでしょう。

FX業者は、トレーダーの損失が利益となります。

つまり、トレーダーの損失が増えれば増えるほどFX業者の利益は増加していくため、実際はFX業者が儲かっている図式が成立しているのです。

上記から、トレーダー全員の損失を集計するとマイナスになるため、FXトレードはゼロサムゲーム、追求すればマイナスサムゲームといえます。

必勝法が存在すれば、プラスサムゲームとなるはずです。これがFXにおける必勝法が存在しない理由です。

FXで負けなくなったと謳う人はウソ?

FXで負けなくなったとネット上やSNSで発信している人がいますが、FXトレードの必勝法は存在しません。

投資や投機において、勝率100%は不可能です。

よって損失の発生は誰でもあるため、けた経験がないと豪語している人は詐欺の可能性が高いです。

FXトレードで必勝法が存在しない理由は、マーケットにおける価格変動に規則性がない点が挙げられます。

ハイスペックなスーパーコンピューターやAIを駆使しても、価格変動を100%読むのは不可能です。

つまり、人間の数倍〜数百倍の頭脳を持つコンピューターを利用しても、マーケットにおける価格変動をある程度しか予測できないのです。

それならば、一個人が価格変動を予測するのは、より困難を極めます。

上記の理由により、FXで負けなくなったと謳う人の発言は、信憑性に欠けるのが理解できるでしょう。

FXで安定して勝つためにやるべきこと5選

FXで安定して勝つために、やるべきことを5つ紹介します。

FXで安定して勝つためにやるべきこと
  • トレードスタイルを決めてぶらさず続ける
  • 中長期でポジションを持つ
  • 自動売買取引は利用しない
  • 1日にエントリーする回数を制限する
  • マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

トレードスタイルを決めてぶらさず続ける

トレードスタイルの軸を決めて他の手法に手を出さない点が、FXで安定して勝てるようになるポイントとして挙げられます。

おすすめポイント2つ
  • 採用したいトレードスタイルをデモトレードで練習する
  • テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらを重視するのか選択する

デモトレードは、FXトレードの仕組みを理解したり、エントリーポイントの見極めや利益確定の練習をするのに最適といえます。

その理由として、無料でリアルな相場観が身に付くからです。

特に初心者の頃は、トレードの仕組みを理解していない状態であるため、貴重な投資資金を投じるのはリスクが高いです。

そのため、採用したいトレードスタイルを練習する際には、無料のデモトレードを利用した方がよいといえます。

また、マーケットの分析手法には、移動平均線などに代表されるインジケーターを使用したテクニカル分析が存在します。

テクニカル分析には、短期トレードに適している手法や、中長期トレードに適している手法が存在するのが特徴です。

また、世界情勢や経済指標を価格変動の判断基準にした、ファンダメンタルズ分析も存在します。

過去の統計データを利用して、短期的なマーケットにおける価格変動を予測するテクニカル分析とは異なり、中長期的に予測するのが特徴です。

FXに必勝法が存在しないのと同義で、分析手法やトレードスタイルにも必勝法は存在しません

しかし、勝率を上げるための分析手法やトレードスタイルは存在するため、自分に合ったものを選択するのがよいでしょう。

中長期でポジションを持つ

中長期的なポジションの保有が、安定して勝つための近道です。

スキャルピングトレードに代表される短期トレードで勝つためには、ある程度の相場観と整合性のある判断基準が求められます。

しかし、スイングトレードに代表される中長期的にポジションを保有するトレードスタイルでは、上記のようなスキルをそこまで必要としません。

その理由として、中長期トレードはファンダメンタルズ分析寄りのマーケット分析を行い、価格変動の将来を予測するのが比較的簡単だからです。

また、時間的優位性がありチャートから目が離せないといった状況にも陥らずに済むため、中長期トレードの採用をおすすめします。

自動売買取引は利用しない

マーケットの動向に慣れていないうちは、自動売買取引に手を出さないのも重要です。

自動売買システムは、プログラムを組んでコンピューターに実行させるものですが、初心者には難しすぎるからです。

プログラミングスキルだけでなく、通貨ペアのクセや世界情勢にも気を配りながら、自動でトレードできるようなプログラムを組む必要があります。

プログラムを購入するだけの自動売買も存在しますが、初心者〜中級者のうちは自力でトレードした方が実力もつき、悪いトレードのクセもつかないためおすすめです。

1日にエントリーする回数を制限する

エントリー回数を制限するのは、無駄な損失の会費につながるため重要です。

エントリー回数が多ければ多いほど、勝率は50%に収束していくデータも存在します。

しかし、FXで勝てない人は、損切りポイントを見誤ったり利確タイミング以外で利確したりと間違った判断を頻繁に行います。

そのため、勝率の高さだけでは高い利益率を生み出せる理由にはつながりません。

FXトレードでは、勝率の高さではなく勝った時にどれだけ利益を伸ばせたのかが重要だからです。

つまり、エントリー回数を制限するよりも自分の狙い通りの有利なエントリーを厳選するべきと言い換えられます。

マイナー通貨ではなくメジャー通貨を取引する

安定して勝つためには、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択してトレードしましょう。

理由は、メジャー通貨は多くのトレーダーが取引しており、マーケットの価格変動が安定的で値動きの特徴を掴みやすいからです。

また、通貨ペアの取引量が多いため価格の流動性が高く、スプレッド幅が狭くなる傾向にあります。

対して、南アフリカランドやメキシコペソなどのマイナー通貨では、流動性が低く大きな政策変更などが発表されると、価格が大きく変動するリスクがあります。

要人発言や、経済指標発表による急激な価格変動も予測できるため、マイナー通貨ではなくメジャー通貨を選択するのがおすすめです。

トレーダーにFXで勝てるようになった瞬間を聞いてみた

トレーダーから聞いた、FXで勝てるようになった瞬間を3つ紹介します。

FXで勝てるようになった瞬間
  • トレード内容をノートに記録した
  • 人に頼らず自分の考えだけで乗り切る
  • まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

トレード内容をノートに記録した

トレードノートの活用は、FXトレードを反省・改善するPDCAサイクルを回すために非常に有効です。

ノートに記録する内容としては、トレード戦略・リスク管理・メンタルコントロールなどが挙げられます。

上記のトレードプロセスをリストアップした上で、トレード終了時にリストに従い見直します。

トレードノートの見直しで自分が行ったトレードの反省ができ、次のトレードで同じミスを繰り返さないようになるのです。

人に頼らず自分の考えだけで乗り切る

他人の意見に頼らず、自分の考えでトレードの方向性を決めるとFXで勝てるようになります。

理由は、トレードを振り返った際に間違っていたポイントや、今後も継続的に使いたいと思える知識が明確化するからです。

他人の意見に頼ってトレードしても、何が悪かったのか・良かったのかの判断が難しいです。

自分で出した結論に基づいた行動ではないため、失敗しても言い訳できてしまいます。

しかし、それでは実力がつかないばかりか、トレードの際に応用がきかず再現性のないトレードばかりを繰り返すようになります。

まずは資金を減らさないことを目標に少額投資

まずは少額投資から始めて、貴重な投資資金を減らさないことを目標にトレードを行いましょう。

取引数量が小さくなるため、損失リスクを最小限に抑えられ、無理なく相場観が養えるためです。

例えば、通常の投資であれば数十万円〜数百万円が必要になりますが、少額投資であれば数百円〜数万円でトレードが可能です。

少額資金からトレードを始めて、ある程度の相場観の会得や、得意なスタイルが見つかってから通常の投資を行うのがおすすめです。

FXで失敗する人がやりがちな取引4選

FXで失敗する人がやりがちな取引を4つ紹介します。

FXで失敗する人がやりがちな取引
  • ロスカットラインを意識していないままポジションを放置
  • ボラティリティが大きくなる時間を把握していない
  • 無計画で両建てする
  • テクニカルのインジケーターを過信して取引する

ロスカットラインを意識していないままポジションを放置

ロスカットラインを意識しないまま、保有ポジションを放置する点が挙げられます。

ロスカットは、FXトレードを行う上でリスクコントロールのため必要なスキルです。

ロスカットラインを意識しないと損失が既定の水準に達しても決済できずに、損失が膨らむ可能性があります。

つまり、損失は被ったものの、これ以上損失を膨らませないための保険と理解しておきましょう。

ロスカット値の計算式は以下の通りです。

ロスカット値の計算式
  • 必要証拠金(円)×証拠金維持率(%)=デッドラインの金額(円)
  • 有効証拠金(円)-デッドラインの金額(円)=含み損に耐えられる金額(円)
  • 含み損に耐えられる金額(円)÷ポジション購入時の含み額(円)=ロスカット値(%)

この計算式に、具体的に数値を当てはめて計算すると以下の通りになります。(※)必要証拠金=10,000円、証拠金維持率=50%、有効証拠金=15,000円、ポジション購入時の含み額=100,000円、レバレッジ=10倍とする

具体的な数値を当てはめたロスカット値の計算式
  • 100,000(円)×50(%)=5,000(円)
  • 15,000(円)-5,000(円)=10,000(円)
  • 10,000(円)÷100,000(円)=10(%)

上記の計算式より、トレードしている通貨価格がポジション購入時の10%下落した場合に、強制ロスカットが執行されると理解できます。

ボラティリティが大きくなる時間を把握していない

ボラティリティが大きい時間帯にトレードすると、FXトレードで成功する可能性が高くなります。

約定率が上がったり大きな値動きが生じたりと、トレードにおける優位性が生まれやすくなるからです。

しかし、FXで失敗する人はボラティリティを考えずに、取引量が多い時間帯でトレードを行ってしまいます。

すると、FXで勝てないばかりか損失を増やし続けるといった事態に陥る可能性が高くなります。

ボラティリティが大きくなる時間帯は以下の通りです。

市場ごとのボラティリティが大きくなる時間帯
  • オセアニア市場=AM7:00~AM8:30
  • 東京市場=AM9:00~AM10:30
  • ロンドン市場=PM16:00~PM17:30
  • ニューヨーク市場=PM21:00~PM22:30

無計画で両建てする

無計画で両建てをすると、FXで勝つのは難しいです。

スプレッドによる影響やスワップポイントの支払いによる負担があり、無計画な両建ては経済的合理性を欠くトレード手法だからです。

両建てのメリットは、価格の変動による損失拡大を防ぐ点にあります。

しかし、ロスカットになるリスクの高まりや、マイナススワップの支払いなど、デメリットを理解せずに両建てをするトレーダーが数多く存在します。

両建てでは、買い(ロング)ポジションと売り(ショート)ポジションの、2つのポジションを保有します。

そのため、単純計算でも2倍の証拠金が必要になる点にも注意が必要です。

テクニカルのインジケーターを過信して取引する

テクニカルのインジケーターを過信したり、思い込みが激しすぎるとトレードの失敗に直結します。

過去の統計データを用いてマーケットを分析するテクニカル分析ですが、経済状況によってはまったく通用しない時もあるからです。

また、移動平均線などのインジケーターはローソク足が形成されてから作られるため、分析が遅れるデメリットもあります。

その他にも、経済指標の発表時などにはマーケットが急激に動く時があり、その際インジケーターの効果は薄れてしまいます

よって、テクニカルのインジケーターを過信してトレードする人は、FXで勝てないケースが多いです。

監修・執筆者

株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部のアバター 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替編集部 株式会社ふるさと本舗 - FX・為替チーム
目次