FXの1000通貨取引可能なおすすめ証券会社!初心者は少額で危険も少なくおすすめ

サラリーマン

FXを始めるのに、初期投資ってどれくらい必要?

サラリーマン

1,000通貨の取引を始めるのに、どれくらいの現金がいるの?

サラリーマン

1通貨から始められるFX講座があるのって本当?

このような疑問をお抱えではありませんか?

FXを始めるにあたって、どれくらいの資金が必要になるのか気になりますよね。

最近の国内FX会社は、非常にリーズナブルな値段で始められるようになっています。

つまり、FX未経験者の方の参入障壁が小さくなっているのです。

本記事では、以下のテーマに沿って解説します。

この記事のテーマ
  • 証券会社による最小取引通貨単位の違い
  • FXで1,000通貨の取引可能なおすすめ証券会社
  • 1,000通貨で取引した場合のシミュレーション

この記事を読めば、1,000通貨単位で取引することのメリットが分かるでしょう。

ぜひ、最後までお読み下さい。

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

通貨量の最小単位は証券会社によって違う

通貨量の最小単位は証券会社によって違う

最小取引通貨単位は、初期投資額を決定する大切な要素です。

最小単位が大きければ大きいほど、より多くの初期投資額が必要になります。

ここでは、最小取引通貨単位について詳しく紹介します。

だいたいは1,000通貨と1万通貨に分かれる

多くの国内FX会社の最小取引通貨単位は、1,000通貨単位か1万通貨単位のどちらかに分けられます。

1万通貨単位1,000通貨単位1通貨単位
DMM FXみんなのFX
GMO外貨
楽天FX
LINE FX
松井証券

最近では、リーズナブルな初期投資額でもFXが始められるように、1,000通貨を最小取引通貨単位に設定しているFX会社の数が多いです。

また、1通貨単位での取引を楽しめるFX会社も存在します。

1通貨単位は、実質デモトレードととらえると良いでしょう。

1通貨レベルの取引で大きく儲けることは不可能です。

取引通貨単位と利益について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

楽天FXなどの1,000通貨とDMM FXの1万通貨はそれぞれいくら必要?

楽天FXなどの1,000通貨と
DMM FXの1万通貨はそれぞれいくら必要?

取引通貨量によって、必要になる証拠金の額も大きく変わります。

ここでは、取引通貨量と証拠金の関係について紹介します。

FX未経験者が始めるのにおすすめの通貨単位も紹介するので、詳しく見ていきましょう。

1,000通貨は約4,000円!1万通貨は約4万円

最大レバレッジである25倍をかけた場合に、必要な初期投資額は以下の通りです。

1万通貨単位4万円
1,000通貨単位4,000円
1通貨単位4円
1ドル100円の場合

ここで紹介した初期投資額は、理論値です。

そのため、実際取引するのであれば、少なくとも上記の3倍程度の初期投資額を準備することをおすすめします。

初心者の方がFXを始めるのであれば、1,000通貨単位がおすすめです。

1,000通貨単位で取引を始めた場合、初期投資額は4,000円~12,000円程度とリーズナブルです。

一方、1万通貨単位で取引を始めた場合は、初期投資額が4万円~12万円になります。

より安全に取引したい方は、数十万円程度をFX口座に入金しておくとさらに安心です。

しかし、FX初心者がいきなり数十万円規模のお金を入金するのは、時期尚早と言えます。

そのため、1,000通貨単位の取引からFXに慣れていくことおすすめします。

FX初心者におすすめは1,000通貨!少額だと危険も少ない

FX初心者におすすめは1,000通貨!少額だと危険も少ない

FX初心者は取引経験が足りていないため、リスク管理の仕方を間違えると、大きな損失を出してしまう可能性があります。

そのため、普通のFXトレーダーよりも念入りにリスク管理をする必要があるのです。

初期投資額を押さえておけば、取引に失敗しても損失を小さく抑えられます。

ここでは、初心者トレーダーに1,000通貨単位の取引をおすすめする理由紹介します。

初期投資がかからない

初期投資額が多くても12,000円程度に収まるため、経済的な負担が小さいです。

例えば不動産投資の場合は、初期投資に数百万円から数千万円の資金が必要になることが普通です。

一方、FXの場合は、1,000通貨単位で取引できる口座を利用することで、数万円程度の初期投資で取引に参加できます。

他の投資方法と比較すると、資金的なハードルが非常に低いのがFXの魅力です。

初期投資にお金がかからないメリットを生かして、FXを始めてみるのは賢い選択と言えるでしょう。

損失が少なくて済む

初期投資額を抑えることで、万が一取引に失敗したとしても損失額を小さくできます

FXに限らず投資の世界において、まずは小さく始めることは非常に重要です。

プロトレーダーのように、数億円規模の取引をくりかえして、月に数千万円の利益を上げる世界に憧れを抱く気持ちは大切にするべきです。

しかし、いきなりプロレベルの取引をすると、大きな損失を抱えて一発退場になる可能性を高めてしまいます。

リスク管理を徹底するためにも、初期投資額を抑えることは非常に重要です。

取引経験を多く積みながら利益を出せる

1,000通貨単位の取引で得られるものは、お金ではありません。

取引の経験です。

為替チャートを見ながら、判断に悩みつつ売買をくりかえすことで取引スキルは身に付いていきます。

実取引をしなくてもデモトレードを用いることで、取引経験は積めるという意見もあるでしょう。

そのような意見は一理あるものの、デモトレードと実取引で大きく異なるのは、取引に対する緊張感です。

デモトレードでは、かんたんに損切りできていた状況でも実取引になると、損切りできなくなる例は珍しくありません。

身銭を切った取引は、それだけで投資判断に真剣味が増します。

1,000通貨単位で取引すれば、1万通貨単位で取引するよりも損失額は10分の1です。

損失額を抑えつつ真剣に取引をする環境として、1,000通貨単位での取引は非常におすすめできます。

FXで1,000通貨の取引可能なおすすめ証券会社は?

FXで1,000通貨の取引可能なおすすめ証券会社は?

1,000通貨単位または、それ以下の通貨単位で取引できるFX会社を5つ紹介します。

最小取引通貨単位が小さければ小さいほど、初期投資の額を少なく抑えられます。

大きく儲けることはできないものの、取引経験を積むためには初期投資額を抑えることは大切です。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

1,000万通貨対応やおすすめのスマホアプリはどこ?

1,000万通貨対応やおすすめのスマホアプリはどこ?

最小取引通貨単位以外にも、FX会社の魅力的なポイントは存在します。

ここでは、最大取引数量の上限やスマホアプリの使いやすさなどのポイントでおすすめのFX会社を3社紹介します。

FXの座開設を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1,000通貨で少額FXをやってみた場合の利益シミュレーションや体験談

1,000通貨で少額FXをやってみた場合の利益シミュレーションや体験談

1,000通貨で取引を行った場合、どの程度の利益が見込めるのでしょうか?

ここでは、利益シミュレーションと実際に少額FXに取り組んだ人の生の声を紹介します。

1,000通貨は1pipsで10円の利益

1pipsは0.01円に換算できるため、1,000通貨分のポジションを保有していれば、

0.01円×1,000通貨=10円

となり、10円の利益が手に入ります。

一般的にプロトレーダーの方は1日あたり50pips程度の利益を上げています。

プロトレーダーの方の成績を目安にすると、1,000通貨で取引した場合

10×50=500円

となります。

つまり、1,000通貨規模の取引ではプロトレーダーの方であっても1日500円しか儲けられないのです。

このことからも、1,000通貨では儲けるためには少なすぎることが分かります。

取引量に対する利益額は以下の通りです。

1日当たり50pips勝ち続けた場合(1ヶ月あたり20日間の取引)

取引量1日当たりの利益1ヶ月あたりの利益*
1通貨0.5円10円
1,000通貨500円1万円
1万通貨5,000円10万円
10万通貨50,000円100万円
1ヶ月あたり20日間の取引したとする

以上の計算から、通貨量を増やせば増やすほど、たくさんの利益を得られることが分かります。

また、1通貨レベルの取引ではほとんど利益が出ないことも、上の表で一目瞭然です。

1日50pipsを安定的に稼げるようになれば、月100万円も夢ではないのです。

安定的な利益を出し続けられるスキルを身につけるためにも、1,000通貨レベルの少額取引から経験を積んでいきましょう。

少額からFXを始めた人たちの体験談

試しに少額でFXやってみたけど。
なるほど。
家賃+αくらいは毎月稼げるかも。
時間はあるからうまく使わねば。
コロナが収まったら遊びに行くんだ〜🇪🇸🥘💃

— Yuki (@yk_0e0) January 13, 2021

ポイントもらえるからFXをやってみたけど1000円くらい儲けたぞ。やった。少額稼ぐならそんなにリスクないな。

— ケーキド (@kekidop) April 9, 2019

少額取引であれば、FXに肯定的な意見がほとんどです。

なぜなら、負けてしまっても損失額が限定的であるため、冷静に取引できるのです。

反対に、取引額が大きくなると

サラリーマン

FXに人生をめちゃくちゃにされた

という声が増えてきます。

取引で負けたときの損失額が資金的な余裕を上回ってしまい、リスクコントロールができていない人が陥るFXの罠です。

つまり、FXで高額取引をするには、資金的にも精神的にも余裕が必要になります。

余裕を育むためにも、少額取引からFX取引のプレッシャーに対する耐性を、徐々に付けていきましょう。

FX初心者は1,000円チャレンジをするのもおすすめ

FX初心者の方におすすめする取り組みとして「1万円チャレンジ」があります。

ここでは、1万円チャレンジの規模を小さくした1,000円チャレンジについて紹介します。

最小取引通貨単位が1通貨単位のFX会社も存在するため、たったの1,000円でもFXに参加できるのです。

ここでは、具体的なやり方やメリットを紹介します。

1,000円チャレンジとは?

1,000円チャレンジとは、1,000円を元手にFXでどれだけ収益を伸ばせるかを挑戦するものです。

たったの1,000円しか元手がないため、1ドル100円の場合、フルレバレッジにしても250通貨程度しかポジションを持てません。

仮に毎日10pipsずつ勝ち続けた場合どのように資産が増えていくかシミュレーションしましょう。

1pips=0.01円であるため、10pips=0.1円となり、1日10pips勝つとすると250通貨で1日当たり、25円儲けられます。

1ヶ月20日間10pips分勝ち続けた場合、1ヶ月で500円の利益です。

月100円の利益と考えると非常に少ないものの、月利で考えると150%となるためかなり順調に資産は増えていると言えます。

この調子で複利で運用し続けた場合、1年経つと1,000円が約13万円に増えます。

つまり、1日10pips稼ぎ続けられれば、1年後に資産を130倍にするポテンシャルを持っているのと同じです。

トレード手法の確立に役立つ

儲けたいというより先ずはトレードの手法を確立させたいと思ってるから1000円チャレンジしよう😇#FX #1000円チャレンジ

— GG (@GG_SOUBASHI) July 3, 2019

1,000円チャレンジでは大きく儲けられないことは、シミュレーションの結果からも明らかです。

それでも、トレードの手法を確立し取引スキルを高めるためにはこの上ないチャレンジと言えます。

FXを始めて間もないうちは、大きく稼ぐことに捕らわれず、トレードスキルを磨くことに優先することが勝ちトレーダーになるためのコツです。

FXは1,000円から100万円稼ぐことはできる?成功の秘訣は?

FXは1,000円から100万円稼ぐことはできる?成功の秘訣は?

FXで1,000円から100万円を稼ぎ出すことは可能でしょうか?

シミュレーションの結果を踏まえて、この疑問にお答えします。

また、FXで勝ちトレーダーになるための大切な考え方についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイリスクハイリターンすぎる!理論上可能だがおすすめしない

元手1,000円で1日10pips勝ち続けた場合のシミュレーションをすると、1年後には約13万円に増えています。

この調子で資産を増やし続けると、2年後には約1600万円に到達し、100万円の大台は1年と半年で達成できます。

2年で1,000円が1,600万円になるというと、非常に夢のある話ですが、あくまで理論上の話です。

毎日10pipsを安定して稼ぎ続けられる保証はないのに加え、実際の相場には社会状況によって乱高下することは珍しくありません。

また、今回のシミュレーションはフルレバレッジの25倍を前提としています。

実際は、FX口座に入金した資産をフルレバレッジで相場に全投入するのはリスクが高すぎるためおすすめできません。

つまり、1,000円で資産を100万円に増やすという試みは現実的ではないのです。

取引スキルが付いた段階で、きちんとリスクヘッジを効かせた取引で資産を増やしていきましょう。

成功の秘訣は損小利大

FXの取引を成功させたいのであれば、損小利大の考え方が大切です。

具体的には、利益確定の値幅を大きくして損切りの値幅を小さくすることです。

勝率が高くても、利益と損失のバランスがとれていないと、順調に資産は増やせません。

勝率9割でも1回の損失額が積み上げた利益を吹き飛ばすほど莫大であれば、全体的な収益はマイナスにかたよってしまいます。

そうならないためにも、勝率だけでなく損失と利益確定の値幅をコントロールしつつ、取引することが大切です。

損切りラインも明確に決めよう

損切りは柔道でいう受け身に似ています。

畳に叩きつけられた時点で負けは確定していますが、受け身をしっかりとることで体が受けるダメージを最小限に抑えられます。

損切りも同じで、損切りをした時点で負けは確定していますが、ルールに則って損切りをすることで、資産が受けるダメージを最小限に抑えられるのです。

柔道で受け身をとらないと、衝撃が直接体に伝わります。

FXの場合は損切りをしないと、万が一相場が逆行しなかった場合は、ロスカットにかかるまで損失が膨れ上がる可能性は否めません。

損切りラインを明確に決めて実行することが、何よりも大切です。

プロの柔道家は受け身をとるのが上手であることと同様、プロのFXトレーダーも損切りが上手です。

上手な負け方をすることも、FXで稼ぎ続けるための大切な考え方といえます。

FXは1,000通貨の口座がおすすめ!リスクを小さく始めよう

FXを始めるのであれば、なるべく初期投資額を抑えてリスクを小さくすることをおすすめします。

そのためには、1,000通貨単位でも取引が開始できるFX口座を利用すると良いでしょう。

1通貨から取引できる口座もあるものの、利益と損失ともに微々たるものであるため、デモトレードと大差ありません。

身銭を切らずに取引経験を積んでみたい方は、デモトレードまたは1通貨レベルでの取引に取り組むと良いでしょう。

長期的にFXに携わって学習し続けることが、勝ちトレーダーへの近道です。

監修・執筆者

目次