FX初心者におすすめしたい3つの稼ぎ方|まずやることやありがちな失敗談も紹介

この記事では「初心者がFXで稼ぐためには何をすれば良いのか?」「初心者でもFXで稼ぐことはできるのか?」といった疑問を解消するために、FX初心者におすすめしたい3つの稼ぎ方を紹介していきます。

FXは誰でも稼げる可能性がある投資のひとつです。ただし、継続的に利益を得るためにはやはりFXの基礎知識を学んでおく必要があります。

しかし、初心者の場合はまず何から始めれば良いのかが分からないと思います。

ここでは、そんな方に向けてFX初心者がまずやるべきことFXで稼げるようになるまでの流れなどを詳しくまとめました。また、FX初心者にありがちな失敗談も取り上げているので、同じような失敗をしないためにもぜひ参考にしていってください。

FX初心者におすすめしたい稼ぎ方-概要
  • FXの稼ぎ方|初心者がまずやることは?
  • 初心者がFXで稼ぐために欠かせない知識
  • 目標金額別|初心者がFXで稼ぐための3つの方法
  • FX初心者にありがちな失敗談について
  • 初心者がFXで稼げるようになるまでの流れ
  • FX初心者の稼ぎ方に関してよくある質問

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

FXの稼ぎ方|初心者がまずやることは?

初心者がFXで稼ぎたいのであれば、まずは以下3つのポイントから始めてみてください。

FXの稼ぎ方|初心者がまずやることは?
  • FXの仕組みとリスクを理解する
  • 取引環境を整える
  • FX口座を開設する

それぞれの内容を分かりやすく解説していきます。

FXの仕組みとリスクを理解する

FXは日本語で「外国為替証拠金取引」と呼ばれる投資(または投機)です。日々価格が変化するドル円やユーロ円などを売買し、その差額を利益として受け取る方法となります。

FXの仕組み
  • 1ドル=100円のときに100ドル分(10,000円)の買い注文を出す
  • 1ドル=110円になったら買い注文を決済する
  • この場合は「②11,000円-①10,000円=1,000円」が利益となる

このようにFXでは各通貨ペア(ドル円などのこと)の値動きを利用して利益を生み出します。なお、FXでは売り注文から始めることも可能です。

簡単にいえばドル円の価格が上がりそうと判断したら「買い注文」を出し、価格が下がりそうと判断したら「売り注文」を出すといったイメージです。

また、FXの特徴にはレバレッジを使った取引ができるという点も挙げられます。

レバレッジとは自身が持っている資金を倍化してくれる仕組みのことです。仮に手持ちの資金が1万円でも、25倍のレバレッジを使えば「25万円分」の注文が出せるようになります。(25倍は国内FXで使える最大レバレッジ倍率)

レバレッジを使うことで少ない資金でも大きな取引ができるようになるところがFXの魅力です。ただし、FXには損失を被るリスクもあります。

FX取引は、為替相場が想定と逆の方向に変動した場合は損失が生じるおそれがあります。相場が急激に変動したときは、証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。

引用:金融庁HP

どんな投資でも当初の自己資金(元本)を失うリスクはあるので、FXを始めるときは「失っても生活に差し支えないお金」を用意してから取引に挑みましょう。

取引環境を整える

FXを始めるためにはパソコンもしくはスマホが必要となります。また、ネット上でFXをおこなう場合は通信環境を整えておくことも重要です。

通信速度が遅いと自分が思った通りのタイミングで注文が出せなくなり、結果的に想定外の損失を負うことも考えられます。こうした点を考慮し、FXを始める際にはスムーズに繋がるネット回線を用意しておいた方が良いわけです。

本格的にFXを始めるなら取引専用のパソコンやスマホを用意することも大切と言えます。これは普段から使っているパソコンやスマホだと、余計なアプリなどが入っていて動作が重くなる可能性があるからです。

FX口座を開設する

FXをするには「FX用の口座」が必要です。なお、FX口座には大きく分けて国内FX口座と海外FX口座の2つがあります。

スクロールできます
特徴国内FX海外FX
レバレッジ最大25倍まで制限なし
(平均500倍~1,000倍)
スプレッドドル円:0.2pips前後ドル円:1.0pips前後
(低スプレッド口座の場合は0.0pips~0.2pips程度)
取引ツール自社製の取引ツールがメイン
(ほかMT4やTradingView)
MT4・MT5がメイン
(自社製ツール採用の業者は少ない)
追証の発生ありなし
(ゼロカット採用業者の場合)
税金申告分離課税
(税率は一定)
累進課税
(税率は変動制)

国内FXと海外FXの大きな違いを上表でまとめましたが、初心者におすすめしたいのは海外FXの方です。

理由としては、ゼロカットシステムを採用する海外FX業者なら追証を請求されることがないといった点が挙げられます。また、海外FXの方が使えるレバレッジ倍率が大きいので少額から取引を始められます。

なお、初心者が海外FXを始めるなら取引条件とボーナス内容のバランスに優れた「XM」がおすすめです。XMは10年以上の運営実績を誇る海外FX業者であり、実際に日本人トレーダーも多く利用しています。

ちなみに海外FXである程度稼げるようになってきたら国内FXに移行するというパターンも有効的なので、ぜひ参考にしてみてください。

海外FXで稼いだ利益(所得)には累進課税が適用されますが、これは所得額が上がるほど税率も上がる仕組みとなっています。つまり、数百万円~数千万円レベルで稼げるようになった場合は「税率が一定」である国内FXに移行した方が税金的にお得ということです。

FXの口座開設手順

FX口座を開設する手順というのは、だいたいどこのFX業者でも同じです。

FXの口座開設手順
  • 口座開設するFX業者の公式サイトにアクセス
  • 登録者情報の入力
  • 利用する口座タイプ・レバレッジ・基本通貨などの選択
  • 本人確認書類・現住所確認書類のアップロード
  • 審査
  • 口座開設の完了

最近は国内FX・海外FX問わずネット上で手続きができるようになっています。

初心者が少し気になるのは本人確認書類・現住所確認書類をアップロードするという部分だと思いますが、これはスマホで撮影した身分証の画像をFX業者側に送るだけなので簡単です。

もちろん国内FX・海外FXともに信頼できるFX業者を選べば個人情報を悪用されることもありません。

口座開設にかかる時間は国内FXで1~3日程度、海外FXで約1時間~1日程度です。海外FXの方が口座開設にかかる時間が短いといった特徴があります。

FXの口座開設に必要な書類

FXの口座開設には以下のような本人確認書類が必要となります。

スクロールできます
口座開設に必要な書類主な種類
顔写真付き身分証運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
在留カード
住民基本台帳カード
など
現住所確認書類住民票
保険証
公共料金の支払い明細書
クレジットカードの請求書
公的機関からの通知や手紙
など

なお、海外FX業者の場合はマイナンバー情報の提出が必須ではありません。反対に国内FXの場合はマイナンバー情報の提出が必須となっています。

2016年1月からマイナンバー制度が開始され、証券会社やFX会社は、支払調書の提出時にお客様のマイナンバーを記入して提出することを求められています。そのため、当社に口座を開設されているお客様は当社へマイナンバーをご登録いただく必要があります。

引用:トレイダーズ証券

マイナンバー情報が記載されている本人確認書類を用意するのは面倒という方は海外FXを選んでみてください。

初心者がFXで稼ぐために欠かせない知識

ここからは初心者がFXで稼ぐために欠かせない知識を紹介していきます。

初心者がFXで稼ぐために欠かせない知識
  • 注文量×差額が損益となる|FXの計算方法
  • 取引条件はFX業者ごとに異なる|スプレッドやレバレッジなど
  • FXのチャート分析方法は2種類ある|テクニカル&ファンダメンタルズ
  • FXの取引方法は2種類ある|裁量トレード&システムトレード
  • トレーダーのスタイルは3つに分かれる|短期・中期・長期

初心者が抑えておきたいポイントは上記の5つです。それぞれの内容を分かりやすく説明していくのでご覧ください。

注文量×差額が損益となる|FXの計算方法

FXでは「注文量×差額」によって損益が計算されます。この際、覚えておきたいのはFXの取引単位です。

国内FXでは主に1ロット=1万通貨、海外FXでは1ロット=10万通貨という設定になっています。

仮に海外FXで1ロット分(10万通貨)のドル円を注文した場合の損益計算方法は以下の通りとなります。

FXの損益計算方法
  • 1ロット=10万通貨と仮定
  • ドル円=100円⇒ドル円101円の値動き
  • この場合の損益は「10万通貨×(101円-100円)=10万円」

上記の例ではドル円の価格が上がっているので、買い注文を出していれば10万円の利益が得られます。反対に売り注文を出していた場合は10万円の損失が出るということです。

また、FXでは価格の単位として「pips」というものが用いられています。

ドル円やユーロ円など、日本円絡みの通貨ペアでは「1pips=0.01円(1銭)」です。ただし、日本円以外で構成された通貨ペアでは「1pips=0.0001通貨(1セントなど)」となります。

「pips」は損益の計算やスプレッドの表示に使われる単位です。FXをしているとよく見かけるので、初心者の方は上の解説を参考にしてみてください。

取引条件はFX業者ごとに異なる|スプレッドやレバレッジなど

FXで重要なのは業者選びです。というのも、FXの取引条件は業者ごとに異なります。

特にコストとなる「スプレッドの幅」や必要証拠金に直結する「レバレッジの倍率」、注文を翌日以降に持ち越すとき発生する「スワップポイント」に関してはあらかじめチェックしておきましょう。

スクロールできます
取引条件内容
スプレッド買値と売値の差額のこと
取引における実質的なコストスプレッドの数値が低い業者ほどトレーダーにとって有利
レバレッジ自己資金を倍化してくれる仕組み
国内FXは最大25倍(海外FXは制限なし)
レバレッジ倍率が大きい業者ほど少ない資金で取引可能
スワップポイント通貨ペア間における金利差額のこと
注文を翌日に持ち越すことで発生
スワップポイントにはプラスとマイナスの両方がある

簡単にいえばスプレッドの数値が低い上で使えるレバレッジ倍率が大きく、プラスのスワップポイントが高いFX業者がトレーダーにとって好ましいということです。

とはいえ、すべての条件が揃っているFX業者はなかなかありません。そのため、自分にとって何を優先すべきかを考えてFX業者を選ぶことが大切となってくるわけです。

短期的な取引で利益を得たいのであればスプレッドの幅、長期的な取引で利益を得たいのであればスワップポイントの金額を重視するといったイメージです。

FXのチャート分析方法は2種類ある|テクニカル&ファンダメンタルズ

FXで稼ぐ上で欠かせないものが「チャート分析」です。そんなチャート分析方法には大きく分けて2つの方法があります。

スクロールできます
テクニカル分析ファンダメンタルズ分析
過去の為替の値動きやデータから将来の値動きを予測する方法
MT4・MT5といった分析ツール・指標となるインジケーターを使って分析する
現在の値動きがトレンド相場なのかレンジ相場なのかを把握するためにも重要となる
リアルタイムにおける投資家心理から将来の値動きを予測する方法
これから発生する経済イベントとその結果を用いて分析する
特に経済指標発表前後はファンダメンタルズ分析が重要となる

上記2つのチャート分析方法を上手く組み合わせることで予測の精度が上がります。予測した結果がよく当たるようになれば、当然勝率や利益率もアップするということです。

FXの取引方法は2種類ある|裁量トレード&システムトレード

FXの取引方法は主に裁量トレードとシステムトレードの2つです。それぞれの違いとメリット・デメリットをまとめた表をご覧ください。

スクロールできます
メリットデメリット
裁量トレード(手動売買)トレンド相場に強い
急な価格変動に対応できる
細かい損切りや利確を調整できる
取引に感情が入ってしまうこともある
自分がチャートを見ていないと取引できない
システムトレード(自動売買)規則的なレンジ相場に強い
寝ているときでも自動的に取引をしてくれる
取引に使う時間・ストレスの負担が減る
急な価格変動に対応できない
設定外の取引はできない
VPSなどのコストがかかる

どちらも一長一短があるので、それぞれの弱いところを補いながら取引を進めることが大切と言えます。

なお、多くの海外FX業者ではひとつのアカウントで複数の口座を持てるので、裁量トレード用の口座とシステムトレード用の口座を使い分けることが可能です。

国内FXで両方の取引をおこなう場合は「裁量トレードを提供する証券会社の口座」「システムトレードを提供する証券会社の口座」が必要となります。

トレーダーのスタイルは3つに分かれる|短期・中期・長期

FXトレーダーは注文をおこなう頻度や注文を保有する期間によって3つのスタイルに分けられます。

トレードのスタイル内容
スキャルピングトレード(短期)数十秒~数分程度で注文を決済するスタイル
1回の取引で得られる利益は少ないがその分リスクも少ない
デイトレード(中期)注文を出したら当日中には決済するスタイル
マイナススワップの影響を受けない
そのときの相場状況によって保有する時間を変える
スイングトレード(長期)数日~数週間ほど注文を保有するスタイル
1回で大きな利益が狙える
マイナススワップや急な価格変動による損失リスクがある


初心者におすすめしたいのはスキャルピングトレードまたはデイトレードなので、まずは1回あたり数分~1時間程度の取引から始めてみましょう。

目標金額別|初心者がFXで稼ぐための3つの方法

ここからは目標金額別の稼ぎ方を紹介していきます。

目標金額別|初心者がFXで稼ぐための3つの方法
  • 1日1,000円稼ぐためには|レンジ相場で逆張り
  • 1日5,000円稼ぐためには|トレンド相場で順張り
  • 1日10,000円稼ぐためには|経済指標発表などに合わせた取引
  • 補足:システムトレードでちょこちょこ稼ぐのも有効

FXは相場の状況によって様々な稼ぎ方があります。初心者の方はこちらからレンジ相場やトレンド相場、経済指標発表前後の値動きなどを参考にしてみてください。

1日1,000円稼ぐためには|レンジ相場で逆張り

「1日あたり1,000円の利益」を目標にするのであればレンジ相場で堅実に稼ぐ方法がおすすめです。

レンジ相場とは上チャート画面のように「同じくらいの値幅(レンジ)を行ったり来たりしている相場」を指します。レンジ内の天井に達したときは売り注文、底に達したときは買い注文といった形で「逆張り」の注文を出せば利益を得られる可能性が高いということです。

なお、1万通貨の注文で10pips(0.1円)の値動きをキャッチできれば1,000円の利益が生まれます。1日の間で明確なレンジ相場を見つけられれば1回の注文で目標達成できるので、ぜひ参考にしてみてください。

1日5,000円稼ぐためには|トレンド相場で順張り

「1日あたり5,000円の利益」を目標とする場合は値動きが加速しやすいトレンド相場を狙った順張り手法がおすすめです。

トレンド相場とは「値動きが一方向に伸びている相場」を指します。

価格が上がっているときは上昇トレンド、下がっているときは下降トレンドと表現しますが、上のチャート画面は見て分かるように下降トレンドの状態です。

値動きがそれほど大きくない通貨ペア(ドル円など)でも、トレンドの勢いが強ければ短い時間で0.1円~1円ほど動くことがあります。

そうしたタイミングでトレンドが伸びている方向に「順張り」の注文を出せば、比較的リスクを抑えながら利益を得られるわけです。

ちなみに短時間で1円ほど動くようなトレンド相場なら1回5,000通貨の注文で目標達成(5,000通貨×1円=5,000円)できるので、効率的にも良いと言えるでしょう。

1日10,000円稼ぐためには|経済指標発表などに合わせた取引

初心者が「1日あたり10,000円の利益」を目標とする場合は経済指標発表前後の値動きを狙ってみてください。

経済指標とは各国が決まった時間に発表する自国の経済データのことです。ニュースなどでよく見聞きするGDP(国内総生産)や消費者物価指数といったものが経済指標に該当します。

たとえば日本が「前月より消費が冷え込み景気が悪い」と判断できる経済指標を発表した場合は、日本円の価値が下がるといったイメージです。なお、日本円絡みの通貨ペアの場合はチャートが上昇方向(円安)に進みます。

こうした経済指標発表前後は値動きが激しくなりやすいので、そのタイミングで注文を出せば大きな利益が狙いやすくなるわけです。

選ぶ通貨ペアによっては短時間で1~3円ほど動くケースも珍しくないため、1日10,000円を目標にするなら経済指標が発表される日時をよくチェックしておきましょう。

ただし、FX業者によっては経済指標発表前後の期間だけを狙った取引を禁止しているところもあります。そのため、あらかじめ利用規約を確認しておくことや日頃から細かく注文を出しておくことも大切です。

補足:システムトレードでちょこちょこ稼ぐのも有効

みんなのFX_キャンペーン
引用:みんなのFX

とにかくローリスク重視で1日にちょこちょこ稼げれば良いという方であれば、国内FXのシステムトレードで資産運用する方法もおすすめです。

国内FXの中には内容が簡単で少額から利用できるものもあります。代表的なところだとトレイダーズ証券が提供する「みんなのシストレ」が有名です。

こちらは用意された自動売買プログラムまたは実在するトレーダーをフォローするだけで自動売買を始められる仕組みとなっているので、システムトレードに興味がある方は参考にしてみてください。

システムトレードは利益を100%保証するものではありませんので、その点は理解しておきましょう。

FX初心者にありがちな失敗談について

ここではFX初心者にありがちな失敗談をまとめました。

FX初心者にありがちな失敗談について
  • 損切り設定をせずに放置
  • マイナスになるとすぐに決済
  • 失敗を取り返すための感情的な取引

ほかの初心者トレーダーの失敗談を知ることは自分が同じ失敗をしないためにも必要なことなので、ぜひご覧になっていってください。

損切り設定をせずに放置

注文を出したあと、損切り設定をせずに放置して想定外の損失を負うというのは初心者によくありがちな失敗です。

損切りとは「自分が許容できる範囲の損失」で決済をおこなうことを指しますが、設定しておかないと強制ロスカットされる金額までマイナスが拡大してしまいます。

そのため、初心者は注文を出したら損切り設定をするという約束事を守るようにしましょう。

マイナスになるとすぐに決済

初心者の場合は注文の評価損益が少しでもマイナスになると怖がって決済をしてしまうことがあります。確かにマイナス額を大きくしないための損切りは重要ですが、これだとマイナスばかりが積み重なりいつまでも稼げません。

こうした状態を回避するためには、しっかりとチャート分析をおこない「この注文はマイナス〇〇円くらいになる可能性はあるが、そのあとに値動きが変わって〇〇円くらいの利益が出る」という根拠を持つことが大切となってきます。

失敗を取り返すための感情的な取引

取引に失敗したあと、失った分の金額を取り戻そうと感情的になって注文を出すというのも初心者にありがちな失敗談です。

ちなみにこうした注文は高い確率で失敗します。というのも、一度注文に失敗しているということはその時点で分析方法を間違えている可能性が高いからです。

間違った分析方法と根拠で注文を出しても似たような失敗を繰り返すだけなので、損失を出したときは「何がダメだったのか」を冷静に考えてみましょう。

初心者がFXで稼げるようになるまでの流れ

ここでは初心者がFXで稼げるようになるまでの流れをまとめました。

初心者がFXで稼げるようになるまでの流れ
  • デモ口座を使って練習
  • リアル口座で本番の取引
  • チャート分析の仕方を修正
  • システムトレードの場合は注文設定の修正
  • 自分にとっての勝ちパターンを確立

「どうやったらFXで稼げるようになるのか?」という疑問を持っている初心者は、こちらの流れを参考にしてみてください。

1.デモ口座を使って練習

FX業者の中にはデモ口座を用意しているところがあるので、初心者の方はまずデモ取引で注文の仕方やFXの仕組みを学んでいきましょう。

また、デモ口座での練習はチャート分析の仕方を理解するためにも役立ちます。デモ取引である程度の勝率や利益率をキープできるようになったら、次にリアル口座での本番の取引に挑んでいきます。

2.リアル口座で本番の取引

リアル口座での取引ではデモ口座と違って自分のお金を使います。そのため、練習とは異なるプレッシャーを感じるはずです。

また、精神的ストレスも大きくなりますが、そうした中で利益を出せるようになればトレーダーとしてのレベルがさらに上がります。

もちろん最初からコンスタントに利益を出せる初心者は多くありませんので、初めのうちは少ない注文量でリアルな取引に慣れていきましょう。

3.チャート分析の仕方を修正

リアル口座で取引をしていると必ずどこかで失敗をします。そうした場合は、なぜ取引に失敗したのかを分析しましょう。

大抵の場合はチャート分析の仕方に問題があるケースが多いので、失敗した要因と合わせて修正していきます。こうした修正を繰り返すことでトレーダーとしての熟練度やチャート分析の精度が上がっていくわけです。

4.システムトレードの場合は注文設定の修正

システムトレード(自動売買)で失敗した場合は注文の設定を修正していきます。「売買価格が離れすぎていないか」「注文の数は適切だったか」といった部分をチェックしましょう。

また、使用している自動売買プログラム(ストラテジー)や自動売買ソフト(EA)の見直しも大切なポイントです。あまり利益が出ないようならストラテジーやEAを変えてみてください。

5.自分にとっての勝ちパターンを確立

トライ&エラーを繰り返していくと段々「自分の勝ちパターン」が分かってきますが、こうした勝ちパターンを確立できるとFXで稼げるようになっていきます。

ちなみに勝てる可能性が高い相場や値動きが訪れるまで注文をしないというのもテクニックのひとつです。自分が得意とするパターンが分かってくれば余計な注文を出さずに済みます。

FXで稼ぐためには利益を大きくするだけでなく損失を減らすことも大事なので、できるだけ少ない取引回数で稼ぐことを目標にしてみてください。

FX初心者の稼ぎ方に関してよくある質問

最後はFX初心者の稼ぎ方に関してよくある質問に答えていきます。

FX初心者の稼ぎ方に関してよくある質問
  • 初心者がFXで稼ぐのは無理?
  • 主婦でもFXで儲かる可能性はある?
  • FXで稼げるようになるまで何年かかる?
  • FXで月10万円稼ぐ方法はある?
  • 100万通貨の1pipsはいくら?
  • FXで確実に稼ぐ方法はある?

初心者の方はそれぞれのQ&Aを参考にしてみてください。

初心者がFXで稼ぐのは無理?

FXは誰でも稼げる可能性がある投資です。初心者だからといって稼ぐのは無理とはなりません。

仮に初心者が当てずっぽうで10万通貨分の買い注文を出したとして、その通りに価格が10円上がれば約100万円の稼ぎとなります。

もちろん継続的に利益を得るためにはチャート分析の仕方や注文テクニックを学ぶことが必要です。ただし、相場の状況次第では初心者でも稼げる可能性が十分にあるということを覚えておきましょう。

主婦でもFXで儲かる可能性はある?

主婦がFXを始めたとしても儲かる可能性はあります。むしろ日中のチャートをチェックできるなら、日頃忙しいサラリーマンよりチャンスが多いと言えるかもしれません。

ただし、パートナー(夫)の扶養家族になっている場合は年間の所得に注意しましょう。

FXで稼げるようになるまで何年かかる?

FXで稼げるようになるまでの年数は人によってバラバラです。すぐに結果が出る人もいれば、いつまで経っても安定した利益を出せない人もいます。

とはいえ、FXは努力が結果に反映されやすい投資です。チャートの分析方法や取引方法の組み合わせ方を正しく学べば、段々と勝率や利益率が上がっていきます。

また、利益が出るまでFXをやめないことや取引を続けられる資金力を維持することも大切なポイントと言えるでしょう。

FXで月10万円稼ぐ方法はある?

仮に月1万円稼げるようになった場合、普段の注文量を10倍にすれば月10万円の利益を得ることになります。FXで稼げるかどうかはチャートの分析力や資金力・勝率・メンタル次第です。

1日あたり1,000円を確実に稼げるトレード力を身につければ、自ずと月10万円の利益目標を達成できるでしょう。

100万通貨の1pipsはいくら?

日本円絡みの通貨ペアだと「1pips=0.01円」なので、100万通貨の注文では「100万通貨×0.01円=1万円」となります。

レバレッジ1,000倍という条件の場合、100万通貨分(ドル円)の注文に必要な証拠金は「100万通貨×約130円÷1,000倍=130,000円」です。

FXで確実に稼ぐ方法はある?

FXに必勝法はないので100%確実に稼ぐ方法もありません。堅実に稼ぐためにはチャート分析の精度を上げ、勝率を高めることが重要となります。

FXに必勝法があった場合、その方法を知ったすべてのトレーダーが無制限に稼げる状態となります。こうなると貨幣の価値が保てなくなるので、必勝法は存在しないと言えるわけです。

FXの稼ぎ方を学んで初心者も実際の取引に挑戦してみましょう

これからFXを始める初心者のために基本的な仕組みや稼ぎ方などを紹介してきました。FXは誰にでも稼ぐチャンスがある投資です。

努力次第では開始から数か月程度で安定した利益を得られる可能性もあるので、まずはFX口座の開設とFXの勉強を始めてみましょう。

なお、初心者にはゼロカットシステムを採用している「XM」をおすすめします。XMなら追証の請求がないので、入金した金額以上の損失を負いません。

XMのデモ口座で練習を積み、ある程度FXに関する知識と経験が身についたら実際の取引に挑戦してみてください。

監修・執筆者

目次