DMM FXのレバレッジ変更は不可!ロットなどの取引数量で調整しよう

サラリーマン

DMM FXのレバレッジって変更できないの?

サラリーマン

レバレッジが変更できないのって怖くない?

サラリーマン

レバレッジ25倍ってどのくらいリスクが高いの?

DMM FXのレバレッジに関する疑問や、初心者の「そもそもレバレッジ25倍はどの程度のリスクなのか」に関する疑問を解消できるように解説していきます。

レバレッジが変更できないと多大なリスクを背負って取引しているようで不安に感じてしまいますよね。

実際、ハイレバレッジでの取引でリスクを取り過ぎたトレードをしてしまう人は後を絶ちません。

ここでは下記について詳しく解説します。

この記事のテーマ
  • レバレッジを変更できないことについてのリスク
  • ハイレバレッジでもできるリスク調整の方法
  • DMM FXのレバレッジを上手に利用する方法

この記事を読めば、レバレッジが25倍に固定されていても問題なくリスク管理ができることが分かります。

結論、取引額と入金額をコントロールすることが最も重要になります。

ぜひ最後までお読みください。

目次

DMM FXのレバレッジは変更できない

DMM FXは原則レバレッジの変更はできません。

レバレッジがあることで資金効率はよくなりますが、その分リスクが高くなるというデメリットもあります。

ここでは、そもそもレバレッジとは何かに加えてどのようなメリットやデメリットがあるのかについて詳しく見ていきましょう。

レバレッジは25倍で固定

DMM FXを利用する場合、レバレッジは25倍で固定されています。

レバレッジを抑えた取引の方がリスクを小さく設定できるため、25倍で固定されているのは不便に感じる方もいるでしょう。

しかし、他の要素を調整することでリスクを下げられます。

レバレッジ以外でリスクを調整するポイントは以下の2つです。

  • 証拠金を多めに入金しておくこと
  • ポジション数を減らすこと

1つ目は証拠金を多めに入金しておくことです。

証拠金を多めに入金しておけばロスカットにかかる可能性を下げられます。

ロスカットにかかってしまうと、最悪の場合は追加証拠金が必要になります。

さらなる入金が必要になるためロスカットは避けましょう。

余剰資金が多ければ多いほど安心安全な取引ができるようになります。

2つ目はポジション数を減らすことです。

ポジションを複数箇所で持ったり、厚いロット数でエントリーしたりすると含み損が何倍にも膨れ上がる可能性があります。

慣れないうちは最小取引通貨数で取引することをおすすめします。

ドル円の取引には本来100万円必要

米ドル/日本円の取引する場合は本来ならば100万円近く必要になります。

1ドル100円の場合で考えてみましょう。

DMM FXでは最小取引通貨数は1万通貨単位です。

1万通貨を1lotとして計算します。

米ドル/日本円の場合、1万ドルが最小取引単位になります。

つまり、

1万×100円で100万円

本来ならば必要最低限の取引をするのに100万円が必要です。

しかし実際はスプレッド25倍が効いているため

100万÷25=4万円

となり、4万円前後で取引可能になります。

実際には5万円から10万円程度の入金をしていくことをおすすめします。

DMM FXのレバレッジが変更できないリスク

レバレッジが変更できないことで高いリスクを背負わされることになるのでしょうか。

リスクを回避するために、どういったポイントでリスクが発生するのかについて証拠金維持率などの具体的な数値を扱いながら詳しく見ていきましょう。

利益だけでなく損失も大きくなる

レバレッジが25倍で固定されることでリスクが大きくなってしまうため、FX初心者の場合はレバレッジ以外の部分で適切にリスク管理をする必要があります。

レバレッジは「てこ」という意味です。

てこは小さな力で重たい物を動かすときに使います。

それと同じで少ない資金で多額のお金を取引できるルールをレバレッジといいます。

実際100万円レベルの取引をするのにも、4万円から5万円の資金を入金するだけで可能です。

資金効率が25倍良くなるということは損失を抱えた場合も25倍の額になることを忘れてはなりません。

通貨量を増やすと強制ロスカットの危険もある

取引する通貨量を増やすと強制ロスカットにかかる可能性も格段に高くなります。

例えば、レバレッジが25倍で固定されている状態で証拠金を10万円入金した場合を考えましょう。

10万円の資金があればレバレッジが25倍かかっているため250万円分の取引ができます。

1ドル100円の場合2Lot分のポジションをもつことが可能です。

2Lot分のポジションを保有したときの証拠金維持率は以下の通りです。

有効証拠金:口座入金分=10万円
必要証拠金:ポジションを持つのに必要な資金=200万円÷25=8万円

つまり、証拠金維持率は

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100より
10÷8×100=125%

これは非常に危険な状態になります。

一方、1Lotしかポジションを持っていない場合の証拠金維持率は

10÷4×100=250%

となり比較的安全な値になります。

  • 取引量を増やすと証拠金維持率が悪化すること
  • 証拠金維持率100%台はロスカット寸前の非常に危険な状態であること

以上の2点を押さえておきましょう。

DMM FXでは実質レバレッジは変更できる

レバレッジが25倍で固定されていても、実質レバレッジを調整することでリスクヘッジをコントロールした取引が可能になります。

ここでは、

DMMFXのレバレッジについて
  • 実質レバレッジとは何か
  • リスクの低い取引をするためのポイント

について解説します。

通貨量を下げて実質レバレッジを低くする

レバレッジ25倍が高すぎても実質レバレッジを下げてしまえば、リスクの低いトレードは可能です。

実質レバレッジとは ポジションを保つために必要な資金と有効証拠金の割合で決まります。

例えばレバレッジ25倍で10万円の有効証拠金があるとき、1ドル100円で1lotのポジションを持った場合を考えてみましょう。

この時のポジションを持つのに必要な資金は、100万円です。

ポジションを持つために必要な資金:100万円
有効証拠金:10万円

また、このとき実質レバレッジは、ポジションを持つために必要な資金÷有効証拠金になるので

100÷10=10倍

となり、実質レバレッジは10倍になります。

このときの証拠金維持率を計算すると

10÷4×100=250%

です。

また、同じ条件で有効証拠金が100万円の場合を考えると、

100÷100=1倍

となり実質レバレッジは1倍になります。

この時の証拠金維持率を計算すると

100÷4×100=2500%

になります。

極端な例になりますが、この計算結果からも入金金額を高くして取引に使うポジションをできる限り小さくすることでかなり安全な取引ができることがわかります

つまりレバレッジが固定されたとしても、入金した証拠金の額と取引に使うポジションの量を調整することでリスクヘッジは可能になります。

通貨ペアによる実質レバレッジの計算式

実質レバレッジの値は通貨ペアによって異なります。

米ドル円の場合は1ドル100円から110円の間、ユーロ円の場合は1ドル120円から130円の間、南アランドは7円から8円推移するのが一般的です。

為替レートが通貨ペアによって異なるため、実質レバレッジも大きく変化します。

一般的な計算式は以下の通りです。

実質レバレッジの計算方法

条件:最小通貨単位が1万通貨単位でレバレッジ25倍、有効証拠金が10万円のとき

ポジションサイズ=為替レート×10,000÷25

有効証拠金=10万円

実質レバレッジ=ポジションサイズ÷有効証拠金×100

となります。

この計算式を用いて、米ドル円1ドル100円と同じように、ユーロ円を120円、南アランド7円で比較した実質スプレッドの計算結果は以下の通りです。

米ドル/円ユーロ/円南アランド/円
10120.7

このように通貨ペアによって結果がかなり異なることが分かります。

南アランドのような新興国は値動きが不安定になりがちです。

つまり、安いから手軽に取引しようとすると損をする可能性が高くなるので、慣れないうちは主要通貨ペアで取引するようにしましょう

DMM FXのレバレッジを上手に利用する方法

結論からいうと、証拠金維持率と実質レバレッジを調整することが大切です。

リスクの低い取引を意識するだけでも、大きく負ける可能性を排除できます。

証拠金維持率の理想は300%以上

証拠金維持率は300%以上をキープするべきです。

200%をきったらかなり危険で100%をきるような取引は避けましょう。

ロスカットにかかりそうになるレベルの取引は健全な取引とは言えません。

証拠金維持率300%の目安は例えば、

米ドル/円が100円でレバレッジ25倍の場合、12万円の証拠金で1lotのポジションを持っているときに300%の証拠金維持率になります。

ちなみにこのときの実質レバレッジは8.3倍です。

つまり10万円以上の資金を入金して始めて1lotのポジションを持てるかどうかといったラインです。

入金額と取引額の量的バランスを保つことで、安定した取引が実現します。

預かり証拠金が足りませんと出たら追加入金が必要

預かり証拠金が足りないという表示が出た場合、リスクをとりすぎている証拠です。

ロスカット直前の状態になるため、速く取引を切り上げた方がよいでしょう。

追加入金するために借金をするような事態に陥ると一発退場になりかねません。

本質的には、預かり証拠金が足りないという状況にならないようにすることが大切です。

そのためには証拠金維持率を高く保ちましょう。

実質レバレッジ5倍を目安に取引する

実質レバレッジは下げれば下げるほどリスクは小さくなります。

DMM FXではレバレッジが25倍と高めに固定されていますが、実質レバレッジを下げればリスクの調整は可能です。

1ドル100円のとき1lotのポジションを持つ場合、約200,000円の入金で達成できます。

このときの証拠金維持率は約500%となるため、比較的安全に取引できるでしょう。

DMM FXは実質レバレッジを意識することが大事

DMM FXで取引するのであれば証拠金維持率と実質レバレッジを調整することが求められます。

25倍に固定されていても、入金額を大きくし取引金額を下げることでリスクのコントロールは可能です。

証拠金維持率、実質レバレッジ、ロスカットなどの概念を確実に理解して起きましょう。

監修・執筆者

目次