DMM FXのツールが重い!動作が遅いときの原因や対処法を解説

サラリーマン

DMM FXを使っていたらツールが重くなった。

サラリーマン

動作が遅い時ってどうすればいいの?

DMM FXのツールは初心者でも直感的に使用できることから、多くのトレーダーから人気があります。

しかし、ツールの使い方や回線状況によっては、動作が重たくなってしまうこともあるでしょう。

この記事では、DMM FXのツールが遅いときの原因や対処法について解説しています

読むことで、DMM FXを快適に使用できるようになるので、ぜひ、参考にしてください。

目次

DMM FXのツールやアプリが重いときの症状

DMM FXの取引ツールや、iPadなどのアプリが重いときにおきる症状を解説します。

DMM FXのツールやアプリが重いときの症状
  • チャートが表示されない
  • スリッページが発生する

チャートが表示されない


DMM FXには、画面が動かないなど、動作環境内に関わらず、チャートやレートが表示されないうな事象があるようです。

スリッページが発生する

DMM FXは主にPCのブラウザでトレードするのだが最近、特に重い気がする。昨晩、チャートを3つ表示してトレードしてたら滑りまくり。実質、チャート表示を1つにしないとスキャルは不可能なレベル。

— FXZen (@FxZen) January 4, 2017


チャートを複数表示すると滑るというようなスリッページが発生し、スキャルピングができないという事象も発生することがあります。

DMM FXのツールやアプリが重い原因7選

DMM FXの取引ツールや、アプリが重いときの原因を解説します。

【DMM FXのツールやアプリが重い原因7選】

  • パソコンやiPadのスペックが不足している
  • 非推奨のブラウザを利用している
  • キャッシュが溜まっている
  • バックグラウンドアプリが動いている
  • ネット回線が混雑する時間帯に利用している
  • ネット回線に不具合が起きている
  • DMM FXで障害が発生している

パソコンやiPadのスペックが不足している

スペックとは、情報の処理性能のことをさし、スペックは動作に大きく影響するので、パソコンでもiPadでもスペックが足りないと処理に時間がかかります。

不要なデータが溜っていたり、必要のないアプリが起動しているとスペックが不足する原因になるでしょう。

非推奨のブラウザを使用している

非推奨のブラウザを使用していると、動作速度が遅くなることがあります。

Google Chromeなど動作の軽いブラウザに変更することで、動作速度を速くできるでしょう。

キャッシュが溜まっている

不要なファイルや閲覧履歴などのキャッシュが溜まると、速度が低下する原因になります

特に閲覧履歴は、webブラウザでアクセスしたサイトを閲覧するごとに増えていくためキャッシュが溜まりやすいです。

つまり、キャッシュの量が増えすぎると、情報処理に時間がかかるため、パソコンやiPad本体に負荷がかかり動作が遅くなります

バックグラウンドアプリが動いている

実際にその時使用していなくても、バックグラウンドでアプリが動いていると重くなることがあります

例えば、立ち上げ時に自動的に起動するアプリがあったり、家電量販店などに設定を依頼した場合に知らないアプリが起動設定されているなどのケースがあるため、自分で認識しないまま動作し続けている可能性もあるでしょう。

ネット回線が混雑する時間帯に使用している

使用しているネット回線のIPアドレスがIPv4方式の場合、ネットが混雑する時間帯に使用すると接続が重くなることがあります

夜などは利用する人が増えるため、いつも同じ時間帯に重くなる場合はネット回線が原因でしょう。

ネット回線に不具合が起きている

ネット回線に不具合が起きていたり、メンテナンス中だと、動作や接続が遅くなります

ネット回線やプロバイダーが原因の場合は、通信障害の回復を待つしかないでしょう。

DMM FXで障害が発生している

DMM FXでシステム障害が発生することがあります

また、障害が発生している場合はDMM FXのHPのお知らせにて確認することが可能です。

DMM FXのツールやアプリが重いときの対処方法

DMM FXの取引ツールや、アプリが重いときにどう対処すればいいのか、対処方法について解説します。

DMM FXのツールやアプリが重いときの対処法
  • DMM FX推奨の動作環境を用意する
  • OSに合ったブラウザを使用する
  • iPadの場合はアプリを利用する
  • ブラウザのキャッシュを削除する
  • バックグラウンドアプリを停止する
  • 通信速度の速いネット回線に変更する
  • 障害が発生していないかHPで確認する

DMM FX推奨の動作環境を用意する

環境動作環境
plusstandard
OSWindows 10Windows:8.1,10
macOS:10.14,10.15
Windows:8.1,10
macOS:10.14,10.15
iPad2,3,4
ipad Air,iPadAir2
ブラウザGoogle Chrome 92Microsoft Edge最新版
IE11
Google Chrome最新版
FireFox最新版
safari最新版
Microsoft Edge最新版
IE11
Google Chrome最新版
FireFox最新版
safari最新版

図を参照すると、DMM FXでは推奨とされる動作環境が「DMMFX PLUS」ではWindows:8.1,10、macOS:10.14,10.15となり「DMMFX/CFD STANDARD」ではWindows:8.1,10、macOS:10.14,10.15、iPad2,3,4、ipad Air,iPadAir2となります。

OSに合ったブラウザを使用する

ブラウザOS
WindowsmacOSiOS
(iPad2以降)
8.11010.145.1以上
10.15
Google Chrome 最新版DMMFX PLUS
DMMFX/CFD STANDARD×
Firefox 最新版DMMFX PLUS
DMMFX/CFD STANDARD×
Internet Explorer11DMMFX PLUS×
DMMFX/CFD STANDARD××
Microsoft Edge最新版DMMFX PLUS××
DMMFX/CFD STANDARD×××
Safari 最新版DMMFX PLUS××
DMMFX/CFD STANDARD××
〇:利用可能
△:利用可能ですが、一部制限や操作が重い傾向があります
×:利用不可

ブラウザのGoogle Chrome 最新版や、Firefox 最新版は、どのOSでも比較的利用が可能ですが、その他のInternet Explorer11や、Microsoft Edge最新版などは、一部利用制限がされていたり、利用不可とされています

iPadの場合はアプリを利用する

iPadでは、ブラウザを利用する場合サファリでおこなうことになりますが、サファリは重い傾向があるため、DMM FXのアプリの利用をオススメします

DMM FXのiPadアプリは「DMMFX ADVANCE」という名称で、パソコンでも利用できるアプリケーションという特徴があります。

取引画面が見やすく、操作もしやすいとiPadの特徴を最大限に活かした、使いやすい仕様となっており、テクニカル分析も可能です。

iPadでブラウザを利用している人で動作に不満がある場合はアプリのダウンロードがオススメでしょう

ブラウザのキャッシュを削除する

ネットを閲覧する際に、瞬時にページを表示するキャッシュですが、履歴などのキャッシュが溜まると負荷が増えて動作が遅くなることがあるため、キャッシュを定期的にに削除することが必要です

また、ブラウザはキャッシュの保存容量の設定ができるので、保存容量や有効期限を設定する方法もあります

もし限度を超えても、古いキャッシュから自動的に削除されますが、そうなる前に定期的にキャッシュ削除しましょう。

バックグラウンドアプリを停止する

バックグラウンドでアプリは、表面にで表示されているアプリではなく、裏で動作しているアプリのことで、いつの間にかメモリを消費していることがあります

バックグラウンドで実行されている不要アプリを1つ1つ判断して無効化をするか、最初からバックグラウンドでアプリが実行しないようにバックグラウンド動作の無効化設定をしましょう

通信速度の早いネット回線に変更する

動作速度が一時的などではなく、時間帯など関係なく慢性的に遅い場合は、ネット回線速度が原因の可能性があるので、速度の速いネット回線の変更することによって解決となることがあります

Netflixの「Fast.com」を使用するとすぐに回線速度のテストが10秒ほどで測定できるので、いつも接続が遅い場合は速度を測定してみましょう。

もし、2Mbpsを下回った場合は、回線の見直しを検討することをオススメします

障害が発生していないかHPで確認する

一時的に突然動作が遅くなった場合は、障害が発生していたりメンテナンス中などが考えらるため、HPのお知らせを確認しましょう

また、SNSなどでもつぶやかれていることがあるので、検索することをオススメします

DMM FXで自動売買ツールは動く?重くならない?

DMM FXでは自動売買ツールの提供はありません

自動売買ツールとは、設定するだけでシステムが自動的に通貨の売買をおこなうFXのトレード方法のことです。

自動決済なら利用できる

DMM FXでは自動売買ツールがありませんが、自動決済の機能があります

自動決済機能とは、新規注文と同時に決済注文をおこなう決済同時発注のことで、リスクを減らしてトレードすることが可能です

まとめ|DMM FXのツールが重いときは環境を見直そう

DMM FXの取引ツールは、動作が軽いといわれているので、動作が重いと感じたときは一度環境の見直しをしてみることをオススメします

環境を少し改善するだけで格段に速くなることがあるため、定期的にキャッシュ削除するなど対策をしましょう

監修・執筆者

目次