【2024年7月最新】ユーロ円(EUR /JPY)の今後の予想・見通しを詳しく解説!

ユーロは、EU(欧州連合)に加盟する20ヵ国で使用されており、米ドルに次ぐ世界第2位の取引量を誇る通貨です。

この記事ではユーロ円(EUR /JPY)の今後の見通しについて徹底解説していきます。

また合わせて、ユーロ円の取引におすすめのFX会社などについてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

この記事では以下のような疑問を解決!

GMOクリック証券はドル円の取引におすすめのFX会社です。

ドル円を含む主要な20通貨ペアに業界最小水準のスプレッドで取引ができます。

現在、新規口座開設と取引により最大55万円キャッシュバック実施中であるためぜひチェックしてみてください。

FXのおすすめアプリが知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

ユーロ円の現在の為替レート

それでは、ユーロ円の現在の為替レートを確認していきましょう。

こちらが現在のユーロ円のチャートです。

2024年7月23日時点のユーロ円のレートは、「1ユーロあたり170円79銭」となっています。

2020年以降上昇トレンドが続いており、2024年5月には20年につけた高値168円を越えました。

ユーロは米ドルに次ぐ世界第2位の取引量を誇る通貨であり、ユーロ円はさまざまな要因で為替レートが変動します。

それでは、続いてユーロ円の為替レートの変動要因について確認していきましょう。

ユーロ円の為替レートの変動要因4つ

ここでは、ユーロ円の為替レートの変動要因についてご紹介していきます。

4つご紹介するので、ぜひポイントを押さえて参考にしてください。

ECBの金融政策

ユーロ円の為替レートの変動要因の1つ目は、ECBの金融政策が挙げられます。

ECBとは欧州中央銀行のことでECB理事会により政策金利が変更されると為替は大きな影響を受けます。

2022年の後半からECBは金利を上げていますが、日銀の政策金利は変わっていないため金利差が拡大しています。

これに伴い、ユーロ円は2022年の後半から現在にかけて約40円もの上昇を見せています。

ECB理事会は約6週間に1回行われるため、ECB理事会の終了後に行われる定例記者会見に注目しておきましょう!

要人発言や経済指標の発表

ユーロ円の為替レートの変動要因の2つ目は、要人発言や経済指標の発表です。

ECB総裁や各国の大統領の発言などの要人の発言は為替動向に影響を与えるため注目しておく必要があります。

また、経済指標が発表されたタイミングにもユーロ円は大きく変動することがあります。

下記の経済指標はユーロに影響を与えやすいためチェックしておきましょう。

・PCEデフレーター
・卸売物価指数(PPI)
・小売売上高
・失業率
・四半期域内総生産(GDP)

ユーロ圏の経済状況

ユーロ円の為替レートの変動要因の3つ目は、ユーロ圏の経済状況が挙げられます。

ユーロ圏の経済状況が良ければユーロが買われる傾向に、経済が状況が悪化すればユーロが売られる傾向になります。

経済状況を確認するためにはGDP構成比率が高いドイツやフランス、イタリア、スペインなどの国を中心にチェックすると良いでしょう。

地政学的リスク

ユーロ円の為替レートの変動要因の4つ目は、地政学リスクが挙げられます。

ユーロ圏はロシアや中東と地理的・経済的に深い関係があります。

そのため、ロシアや中東で紛争やテロなどが起きるとユーロ圏内も経済危機懸念が高まり、ユーロが売られやすくなります。(参考:マネースクエア

最近ではユーロ圏はロシアのウクライナ侵攻による影響を大きく受けています。

2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻を始めた際には、ユーロの価値は大きく下落し127.92円と安値をつけました。

EUはロシアに天然ガスなどの資源を依存しているため、エネルギー不足の問題に直面し欧州経済の悪化につながるのです。(参考:インヴァスト証券

また、ユーロは米ドルに次ぐ世界第2位の取引量があるため、米国経済が悪化するとユーロが買われる傾向になります。

このように米ドル/ユーロとある程度の逆相関性があるため、ユーロ円の取引をする際は米ドル/ユーロの動向もチェックしておきましょう。

ユーロ円の過去の推移とその原因

次に、ユーロ円の過去の推移とその原因について解説していきます。

ぜひポイントを押さえて取引の参考にしてください。

2008年:ユーロが躍進し過去最高値168円を記録

1999年にユーロが導入されて以降、1ユーロ=100円前後から価格が徐々に上昇しました。

そして、2008年8月には過去最高値の168円を記録しました。

60円以上の値上がりで15年以上経った現在まで最高値は更新されていないため、この期間でのEUの経済成長の著しさがわかるでしょう。

2009年~2012年:リーマンショックの影響や欧州通貨危機で大暴落

2008年には米国のリーマンショック(アメリカの投資銀行リーマンブラザーズ社が破綻した出来事)で世界的な金融危機が生じました。

ユーロ圏の多くの金融機関もこの影響を受けたたため、ユーロの価値が大きく下落しました。

また、2009年にギリシャで財政不安が表面化したことを発端として金融市場が混乱し欧州危機に繋がりました。(参考:日経4946.com

2009年から6年連続でマイナス成長が続き、失業率は全体で約26%、若年層で50%にまで上りました。

結果として、ユーロ円は2012年7月頃に1ユーロ=94.12円まで低下しました。

2014年:アベノミクスにより円安で140円台

2012年末より安倍首相によるアベノミクス改革により、大幅な金融緩和がもたらされました。

これにより、円安が大きく進み2014年には1ユーロ=149.78円を記録しました。

2008年に過去最高値を記録した以降の大幅な値上がりでした。

欧州危機から2年間で40円以上の上昇を記録しました。

2016年~2017年:イギリスのEU離脱により下落

2016年6月にイギリスでの国民投票によりイギリスのEU離脱が決定しました(ブレイクジット)。

EU圏からの移民の問題やEUへの拠出金負担などが主要な要因として挙げられています。

これにより金融市場は混乱しユーロが大きく売られることとなりました。

ユーロ円は109円半ばまで下落したのち、相場は比較的早く落ち着きを取り戻して6月末には113.438円まで戻っています。(参考:トウシル

2022年〜2023年:円が対ユーロで約14年半ぶりに150円台に下落

2022年にはウクライナ情勢によりロシアからのエネルギー供給が途切れたことで欧州経済は悪化し、ユーロ円は激しく変動しました。

2023年に入ってもなお長期的な下落トレンドが続き、2023年4月に急落を見せたユーロ円は150円台を約14年半ぶりに記録しています。

日銀が2023年4月28日まで開いた金融政策決定会合で緩和策を続ける方針を示した一方で、ECBは利上げを続けるとの見方の結果、ユーロ買いがさらに高まり9月現在では156円となっています。(参考:日本経済新聞

ウクライナ情勢などで多少の価格変動はありながらも、日本とユーロの金利差からユーロ高が続いています。

ユーロ円の今後の見通し

ユーロ円の今後の見通し
Screenshot

続いて、ユーロ円の今後の見通しについて解説していきます。

ぜひポイントを押さえて参考にしてくださいね。

ウクライナ情勢の行方

ユーロ円の今後の見通しのポイントとして、まずはウクライナ情勢の行方が挙げられます。

2022年2月24日にロシアによるウクライナ侵攻が始まり、2024年7月現在もなお続いており長期化しています。

ユーロ圏、欧米の支援によりウクライナが攻勢を強めてきていますが、今後ロシア・ウクライナ間の戦争が終息を迎えられるのかがユーロ円の値動きのポイントになるでしょう。

ただし、ロシアが核兵器を使用する可能性もあり、大規模な戦争に拡大した場合には金融市場はさらに混乱すると考えられるため注意が必要です。(参考:インヴァスト証券

ECBと日銀による金利政策 

ユーロ円の今後の予想には、ECBと日銀による金利政策にも注目が必要です。

ECBは2023年7月までに9会合連続で利上げを行いました。

2022年7月以降、政策金利を合計4.00%ポイント上昇させましたが、2023年9月以降は4.5%で据え置かれています。

そして、日銀に関しては2016年以来続いたマイナス金利政策を、2024年4月に約8年ぶりに解除しています。

ECBに関しては「利下げ局面の幕開けか」ともうわさており、この4月の日銀による利上げ政策で、通常であればユーロ安/円高の鏡面になりますが、マーケットには大きな影響が無かったことから、今後もユーロ高の傾向は続くと考えられます。

2024年は7月18日、 9月12日、 10月17日、 12月12日にECB理事会が開催され、7月30日・31日に日銀政策決定会合が開催されるためチェックしておきましょう!

ユーロ圏の景気動向

ユーロ円の今後の動向としてユーロ圏の景気動向も重要なポイントの一つです。

EUが2024年5月15日に発表した第1・四半期GDPは0.3%増となっています。

6四半期連続でゼロ成長もしくはマイナス成長が続いていましたが、緩やかな景気回復が進んでいることが浮き彫りになりました。

また景気の方向を示す景況感指数も、2023年8月より緩やかに上昇しています。

このようにユーロ圏の景気はゆるやかな景気回復のきざしはあるりますが、まだ継続的な上昇とはいえず今後ユーロの価値が著しく上昇することは考えにくいと言えます。

日本企業によるユーロ円予想

ECB理事会では予想通り各種政策金利が0.25%引き下げられました。ただ、ECBは今年と来年のコアインフレ率の見通しを上方修正するなど、インフレのしつこさも意識しており、7月の連続追加利下げの可能性は高まっていません。

追加利下げは早くても9月と言うことになりますが、それでも理事会内には反対意見も多いようで、現時点ではその確度は高くありません。

今後発表されるデータを確認しながら9月理事会での行動の有無を見極めることになりそうです。

とはいえ、来週のユーロは経済指標が少ないため日米イベントを受けた間接的な値動きとなり、明確な方向性は出にくいかもしれません。

ただし、ユーロ/円は円次第と言ったところで、本邦の金利が上昇すれば日経平均株価の下落を通じて、調整が進む展開もありそうです。外貨どっとコム

13日に公表されたECB理事会議事要旨では0.5%利上げも議論されたことが明らかとなり、欧州当局者の視線は未だ引き締め方向を向いています。こうした環境はユーロを下支えするでしょう。しかし、ファンダメンタルズの後押しが弱いため、いつ梯子を外されても不思議はありません。景気に対する前向きな見方を支える材料が出るかどうかが、ユーロが上昇を継続していく条件になりそうです。外貨どっとコム

外貨どっとコムでは、ECB理事会で利上げが議論されており、これがユーロを下支えすると予測しています。

また、ユーロ圏の景気に対して前向きな見方になれば、ユーロが上昇を継続していくとも考えています。

ユーロ円は日足・基準線(153円82銭)を下値支持線賭する底堅い値動きを継続している一方、転換線(155円62銭)を明確に上抜け7/3の高値(157円96銭)を目指して一段高となるか対ドルでの動向のほか、日銀の緩和政策修正の思惑を背景にドル円が上値の重い値動きを続けるか、さらに7/17の中国4‐6月期GDPや6月鉱工業生産を受けて景気減速懸念が一段と高まるか、主要国の株式市場を中心にリスク選好/回避のいずれとなるか注目されます。SBI証券

SBI証券では、テクニカルで153円82銭を下支えとし7/3の高値(157円96銭)を目指していくかに注目しています。

日銀の緩和政策修正や景気動向によりリスクオン・オフのどちらに振れるかがポイントとなってくると予想しています。

ユーロ円の2024年の予想まとめ

ユーロ円の2024年の今後の予想をまとめると、

・日銀で金融緩和策が修正されると一時的に円高方向へ
・日銀での修正がなく、ECBで引き続き利上げが行われると金利差が開きユーロ高が続く予想
・しかし、ユーロ圏の景気低迷から考えると著しくユーロ円が上がるとは考えにくい
・ウクライナ情勢の行方にも注目

日銀で金融緩和策が修正されると一時的に円高となることが予想されますが、修正がなくECBで引き続き利上げが行われた場合には引き続きユーロ高となる予想です。

しかし、ユーロ圏の経済状況からみて著しく値上がりするとは考えにくく、しばらくはレンジが続くことが予想されます。

ユーロ円の取引におすすめのFX会社3選

ここでは、ユーロ円の取引におすすめのFX会社を3つご紹介します。

それぞれの特徴やサービス、お得なキャンペーンについても詳しくご紹介するので、ぜひFX会社選びの参考にしてください。

ユーロ円の取引におすすめのFX会社

まず、こちらがおすすめFX会社3つの比較表です。

取引所GMOクリック証券DMMFX外貨ex byGMO
最小取引単位1000通貨1万1000
通貨ペア
取り扱い数
20通貨ペア21通貨ペア24通貨ペア
ユーロ円
スプレッド
0.4銭原則固定0.4 0.4
レバレッジ1〜25倍1〜25倍1〜25倍
キャンペーン・特典FX新規口座開設と取引にて最大55万円キャッシュバック新規口座開設と取引で最大30万円キャッシュバック新規口座開設と取引で最大100万円キャッシュバック
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら
2024年7月23日

それでは、それぞれの特徴やサービスについて解説していきます。

【ユーロ円の取引におすすめ】GMOクリック証券 FXネオ

証券会社の名称GMOクリック証券
最小取引単位1000通貨
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル、豪ドル円など20通貨ペア
レバレッジ1〜25倍
取引手数料(スプレッド)ユーロ/円0.4銭原則固定 米ドル/円0.2銭原則固定 ユーロ/米ドル0.3pips原則固定
スワップポイントメキシコペソ円 買い280円、南アフリカランド円買い200円(10万通貨単位)
※スワップポイント増大キャンペーン中
デモトレード
取引ツール4つのPC版ツール/スマホアプリ(Apple Watch対応)
特典FX新規口座開設と取引にて最大55万円キャッシュバック
公式サイトGMOクリック証券の公式サイト
2024年7月23日現在
GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 大手のGMOグループが運営するため信頼性が高い
  • ユーロ円が業界最小水準のスプレッド
  • 少額の1,000通貨から取引を始められる
  • 現在新規口座開設と取引により最大55万円キャッシュバック実施中

GMOクリック証券FXネオでは、ユーロ円を含む主要な20通貨ペアを取り扱っており、ユーロ円のスプレッドは業界最小水準の0.4銭原則固定であるため、取引コストを抑えて取引可能です。

また、GMOクリック証券FXネオでは最小取引単位が1,000通貨であり、レバレッジ25倍までかけられるため効率的に資産を増やせます。

さらに初心者でも操作が簡単なFX取引アプリ「GMOクリック FXneo」を提供しており、外出先でも取引ができますよ。

GMOクリック証券ではデモトレードを提供しているため、始めから自分のお金を使うのが不安な方や取引ツールの操作性を試したい方におすすめです。

現在、新規口座開設と取引により最大55万円キャッシュバックを実施中です。

さらにスワップポイントキャンペーンでメキシコペソ円と南アフリカドル円のスワップが増量しているため長期投資にもおすすめです。

【ユーロ円のスプレッドが業界最安値】DMMFX

証券会社の名称DMM FX
最小取引単位1万通貨
通貨ペア米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル、豪ドル円など21通貨ペア
レバレッジ1〜25倍
取引手数料(スプレッド)ユーロ/円0.4銭 米ドル/円0.2銭 ユーロ/米ドル0.3pips
スワップポイントメキシコペソ円 買い260円、南アフリカランド円買い200円(10万通貨単位)
※スワップポイント増大キャンペーン中
デモトレード
取引ツール4つのPC版ツール/スマホアプリ(Apple Watch対応)
キャンペーン新規口座開設と取引で最大30万円キャッシュバック
公式サイトDMM FXの公式サイト
2024年7月23日現在
DMMFXのおすすめポイント
  • 大手のDMMグループが運営しているため安心
  • 最大25倍のレバレッジで少額でも効率的に資産を増やせる
  • 取引によりお得にFXポイントが貯まり使える
  • 新規口座開設と取引により最大30万円キャッシュバック実施中

DMMFXは、DMMグループが運営しているFX会社で安心して利用できます。

DMMFXでは業界最安水準のスプレッドでユーロ円を含む21通貨ペアの取引が可能です。

レバレッジを1倍〜25倍まで自分の好みで設定することができるため、少ない資金でも効率的に資産を増やすことが期待できます。

また、マーケット情報が豊富であり、スマホでタイムリーに入手できるため取引の参考にしやすいです。

さらにDMMFXではFXの取引によって「FXポイント」を貯めて、1,000ポイント以上貯まると1ポイント=1円として取引に利用できることも魅力です。

現在、新規口座開設と取引により最大30万円キャッシュバックを実施中です。

【ユーロ円にオプトレも可能】外貨ex byGMO

証券会社の名称外貨ex byGMO
最小取引単位1000通貨
通貨ペア数米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルなど24銘柄
レバレッジ1〜25倍
取引手数料(スプレッド)原則固定  
ユーロ/円0.4銭 米ドル/円0.2銭 ユーロ/米ドル0.3pips
スワップポイントメキシコペソ円 買い280円、南アフリカランド円買い181円(10万通貨単位)
デモトレード
取引ツールPC版ツール/スマホアプリ
キャンペーン新規口座開設と取引で最大100万円キャッシュバック
公式サイト外貨ex by GMOの公式サイト
2024年7月23日現在
外貨ex by GMOのおすすめポイント
  • GMOグループが運営しているため信頼性が高く人気
  • 24通貨ペアに少額の1,000通貨から取引が可能
  • FX以外にもバイナリーオプション「オプトレ!」も取り扱っている
  • 新規口座開設と取引により最大100万円キャッシュバック実施中

外貨ex by GMOは、大手GMOインターネットグループに属するFX会社で初心者でも安心して取引ができます。

ユーロ円を含む豊富な24通貨ペアを取り扱っており、少額の1,000通貨から取引が始められます。

外貨ex by GMOではFX以外にもバイナリーオプション「オプトレ!」も取り扱っており人気が高いです。

バイナリーオプションとはある一定期間で為替レートが設定された目標レートを上回っているか、下回っているかを予測する取引のことで予測通りなら購入口数に応じた金額(ペイアウト)を受け取ることが可能

外貨ex byGMO公式サイト

「オプトレ!」では、8つの通貨ペアに対してラダー取引とレンジ取引を行うことができ、自分の好みに合わせて取引方法を選択できます。

現在、外貨ex by GMOでは新規口座開設&お取引で最大100万円キャッシュバックキャンペーン実施中です。

興味がある方は、ぜひこの機会に外貨ex by GMOをチェックしてみてください。

ユーロ円の今後に関するよくある質問

ユーロ円の取引は初心者向きですか?

ユーロ円は初心者向けの通貨ペアです。

マイナー通貨に比べて流動性が高く、値動きが安定している傾向であるため初心者でも取引がしやすいと言えます。

相場参加者が多くテクニカルに反応しやすいこともその理由として挙げられます。

ユーロ円の取引に興味がある方は、GMOクリック証券で取引を始めてみましょう!

ユーロ円の取引におすすめの時間帯は?

ユーロ円の取引におすすめの時間帯は、日本時間では16時から深夜2時にあたります。

この時間帯には、ユーロ圏の市場参加者が加わり取引が活発になりやすいためです。

日中仕事で忙しくて取引ができない方でも取引がしやすいでしょう。

FX会社を選ぶポイントはありますか?

ユーロ円の取引のためにFX会社を選ぶポイントとして、まずは「スプレッド幅」が挙げられます。

スプレッドとは取引のたびに発生するため、少しでも高いと取引コストがかさんでしまいます。

スプレッドが狭い(少ない)FX会社を選ぶことでコストを押さえて取引ができますよ。

また、取引ツールの操作がシンプルで初心者でも使いやすいこともポイントです。

GMOクリック証券は業界最狭値のスプレッドで初心者でも操作しやすい取引ツールを提供しているためおすすめです!

ユーロ円の今後の見通しまとめ

今回はユーロ円の今後の見通しについて詳しくまとめました。

ユーロ円の今後の見通しまとめ

今後のユーロ円の見通しとしては、ECBと日銀の金利政策によって左右されると考えられます。

2023年後半も円安ユーロ高で推移する可能性が高いですが、日銀で金融政策が修正された場合には一時的に円高が進む可能性もあります。

そのため、ECBや日銀の政策などニュースをチェックしておきましょう!

ユーロ円の取引には業界最小水準のスプレッドを提供するGMOクリック証券がおすすめです。

GMOクリック証券は取引ツールの操作もシンプルで使いやすいため初心者でも簡単です。

監修・執筆者

目次