FXはいくらから始められる?最小注文単位や金額、初心者がいくらから始めるのがおすすめか紹介

FX取引はいくらから始められるのか、気になっている方は多いのではないでしょうか。

「最低いくらから儲かるのかわからない」「何円から始めるのが正解か知りたい」などの悩みから、FX取引の口座開設を迷っている方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、FX取引はレバレッジ効果により数百円から始められます。

ただし投資する額が少なすぎるとそれほど稼げず、取引をしている実感も得られません。

そこで本記事では、FXは実際のところいくらから始められるのか、いくらから始めるのが適切なのかを解説します。

FX初心者におすすめの業者についても紹介するので、本記事を読んで自身に合った金額から取引を始めてみましょう。

FX取引はいくらから始められるのか- 概要
  • FX取引はどの程度の金額から始められるのか
  • 取引を始める前に気をつけるべきポイント
  • 少額から取引を始められるFX業者3選
  • 初心者が押さえておきたいFXの基礎知識

\ FX会社選びに迷ったらココ /
編集部が厳選したおすすめのサービスをチェック

スクロールできます
FX会社公式サイトおすすめできる人取引単位手数料通貨ペアスプレッドFXアプリスワップポイント最短開設日
GMOクリック証券 ロゴ画像
GMOクリック証券
公式サイト当サイト人気No.1口座
アプリが便利で5,000円から取引可能!
投資未経験から上級者の誰にでもおすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
20種類米ドル/円:0.2銭非常に
使いやすい
安定的で高水準最短当日
GMO外貨 ロゴ
GMO外貨(外貨ex)
公式サイトスワップポイントが高く
入出金・取引手数料の全てが無料!
初めての人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
24種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
DMMFX ロゴ画像
DMM FX
-30分で口座開設!
今すぐ取引を始めたい人におすすめ
10,000通貨
(約10万円〜)
入出金/
取引手数料0円
21種類米ドル/円:0.2銭使いやすい高水準最短30分
SBIFXトレード ロゴ画像
SBIFXトレード
-スプレッドが他社比較して最狭水準
数百円から始めたい人におすすめ
1通貨
(約500円〜)
入出金/
取引手数料0円
34種類米ドル/円:0.2銭-安定的で高水準最短即日
 LINEFX ロゴ画像
LINE FX
-LINEにお得情報たくさん届く
気軽に取引したい人におすすめ
1,000通貨
(約1万円〜)
入出金/
取引手数料0円
23種類米ドル/円:0.2銭使いやすい-最短即日
※一部例外あり
目次

実際FXはいくらから始められる?最小注文単位をもとに紹介

FX取引は、業者によっては1通貨単位から取引を始められます。

米ドル/円の場合は1ドル=約146円のレートなため、数百円と少額から取引ができる計算です(2023年8月時点)。

ただし最小注文単位はFX業者によって異なり、1通貨で取引できるサービスもあれば、1万通貨が1単位のサービスもあります。

最小注文単位が小さく、少額からFX取引のできる業者は以下の通りです。

最小注文単位が100通貨以下のFX業者
  • SBI FXトレード:1通貨
  • MATSUI FX:1通貨
  • マネーパートナーズ(nano口座):100通貨

少額からFX取引を始めてみたい方は、数百円〜数千円で取引できる上記のFX業者で口座開設しましょう。

FX業者別いくらから始められるかを一挙紹介

実際にどの程度の金額があればFX取引ができるのか、明確にイメージしたい方に向けて、FX業者別に最小注文単位と米ドル/円を購入したい場合に必要な最低額を表にまとめました。

スクロールできます
FX業者名GMOクリック証券SBIFXトレードDMM FXGMO外貨外為どっとコム外貨exヒロセ通商(LION FX)みんなのFX外為オンラインMATSUI FX楽天証券Money Partners
最小注文単位1,000通貨1通貨10,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1通貨1,000通貨100通貨
日本円換算
(米ドル/円)(※)
146,000円146円1,460,000円146,000円146,000円146,000円146,000円146,000円146,000円146円146,000円14,600円
(※)2023年8月26日時点のドル円(約146円=1ドル)で換算

FX取引は国内だと最大25倍のレバレッジをかけられるため、実際には上記金額の4%以上の資金があれば取引を開始できます。

例えば、GMOクリック証券で25倍のレバレッジをかけると、5,840円程度から米ドル/円を購入可能です。

取引を始める際は、事前に最小注文単位や取り扱い通貨ペアをチェックして、自身に適した口座を開設しましょう。

FX初心者はいくらから始めた方がいい?

初心者の頃は、1万円程度から始めるのがおすすめです。

1通貨から取引できるFX業者であれば数百円からでもスタートはできるものの、少額すぎると手数料負けする可能性があります。

手数料負けとは、利益よりも入出金などの手数料の方が高くつき、結果的に損失になる現象のことです。

利益を上げられたとしても、数百円の投資ではお金を動かしている実感をそれほど得られず、FXの経験をあまり積み上げられません。

実際にFX取引をしている感覚を味わうためにも、余剰資金の範囲内で数万円程度から始めてみましょう。

【危険?】FXをいくらから始めるか考える際に気を付けるべきこと

「FXをいくらから始めるのか」を検討する際、同時に気をつけたいポイントがいくつかあります。

FX取引を始める際は、以下の要素にも気をつけておきましょう。

FXを始める際に気を付けておきたいポイント
  • 生活費と切り離して使える余剰資金の範囲で金額を決める
  • FXトレードの基礎知識をある程度学んだ状態でトレードの戦略を考える
  • 最初からハイリターンを狙って少額かつ高レバレッジでの取引を前提としない

生活費と切り離して使える余剰資金の範囲で金額を決める

FX取引に注ぎ込む金額は、余剰資金の範囲内で決定しましょう。

生活費として必要な資金まで投資に使うと、大きな損失が出た際、日常生活に影響が出る可能性があります。

FXはレバレッジにより少額から大きな利益を狙える一方、損失のリスクも大きくなりやすい投資手法です。

必要なお金はあらかじめ確保しておき、生活に支障が出ない範囲でFX取引をしましょう。

衝動的に生活費へ手を出してしまわないか不安な方は、目的ごとに銀行口座を分けて管理しておくと、支出を把握しやすくなり、生活費と趣味で使うお金を切り離せる効果が期待できます。

FXトレードの基礎知識をある程度学んだ状態でトレードの戦略を考える

取引を始める前に、FXに関する基礎知識をある程度勉強してから実践してみましょう。

何もわからない状態でFXを始めようとしても、どの程度の資金が必要か、どれほど利益を上げれば決済すれば良いかなどの判断ができません。

損失を出した際も、損切りのタイミングがわからず、損失を拡げてしまう可能性が高いです。

知識がないとFXについての理解を深めていくのも難しいため、基礎知識を学んで簡単なトレード戦略を考えてからFXを始めましょう。

本記事の後半でもFXの基礎知識を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

最初からハイリターンを狙って少額かつ高レバレッジでの取引を前提としない

初心者の頃から高い倍率のレバレッジをかけて、大きな利益を狙うのは危険です。

レバレッジをかけて少額から大きな利益を狙えるのがFXの魅力ですが、ハイリターンな分ハイリスクにもなるデメリットがあります。

知識の少ない最初のうちからハイリターンを狙ってレバレッジをかけすぎると、損失が生じた際にうまくリカバリーできず、思わぬ損失を招く可能性が高いです。

特に海外のFX業者はレバレッジを無制限にかけられるため、かけられる倍率が25倍までに規制されている国内よりもリスクが高まります。

まずは低倍率でレバレッジをかけ、慣れてきたら高レバレッジでの取引も検討しましょう。

FX初心者が少額でトレードを始めたい時に使ってほしいFX業者3選

初心者でも取引を始めやすいFX業者を3社紹介します。

少額から取引のできるFX口座を探している方は、ぜひ参考にしてください。

少額からFXを始められるサービス
  • GMOクリック証券
  • SBI FX トレード
  • DMM FX

GMOクリック証券

Screenshot
項目内容
運営会社GMOクリック証券株式会社
取り扱い通貨ペア20通貨ペア
最小注文単位1,000通貨
取引手数料無料
スワップポイント
(米ドル/円の場合)
・買い:226円
・売り:-229円(※2023年8月18日時点)
(1万通貨)
レバレッジ最大25倍
登録番号関東財務局長(金商)第77号
公式HPhttps://www.click-sec.com/
GMOクリック証券のおすすめポイント
  • トップクラスのスプレッドの狭さ
  • 1,000通貨から取引できる
  • NISA口座開設も可能

GMOクリック証券は、スプレッドの狭さで初心者でも取引しやすいFX業者です。

スプレッドとは買値と売値の差額のことで、実質的な手数料にあたります。

FXサービスの中でもトップクラスのスプレッドの狭さを誇るため、少額取引での手数料負けを避けたい方におすすめです。

1万通貨からしか取引できないFX業者もある中で、1,000通貨と少額から取引できる点も魅力です。

FX以外の取り扱いも豊富であり、利益が一定額まで非課税になるお得な公的制度「NISA」の口座開設にも対応しています。

手数料のコストを抑えてFX取引をしたい方は、GMOクリック証券で口座開設してみましょう。

SBI FX トレード

SBI_キャンペーン
引用:SBIFXトレード
項目内容
運営会社SBI FXトレード株式会社
取り扱い通貨ペア34通貨ペア
最小注文単位1通貨
取引手数料無料
スワップポイント
(米ドル/円の場合)
・買い:233円
・売り:-240円(※2023年8月18日時点)
(1万通貨)
レバレッジ最大25倍
登録番号関東財務局長(金商)第2635号
公式HPhttps://www.sbifxt.co.jp/
SBI FX トレードのおすすめポイント
  • 1通貨から取引可能なFXサービス
  • 提示スプレッドも業界最狭水準
  • 積立FXで忙しい方も売買可能

SBI FX トレードは、数百円からFX取引を開始できるサービスです。

1通貨単位で取引できるため、細かく刻みながら売買し、リスクを避けつつ柔軟な行動ができます。

提示スプレッドは注文数量1~1,000,000の場合、米ドル/円は0.18銭、ポンド/円の場合は0.88銭と、業界最狭水準な点も特徴です。

外貨で積み立て投資できる「積立FX」というサービスも展開しており、一度設定しておけば自動で外貨を購入できます。

定期的に外貨を自動購入してくれるため、日中忙しくて取引の時間を取れない方におすすめです。

少額からFX取引を始めたい方は、1通貨からの取引に対応しているSBI FX トレードを検討しましょう。

DMM FX

DMM FX
引用:DMM FX
項目内容
運営会社株式会社DMM.com証券
取り扱い銘柄数21通貨
最低注文単位10,000通貨
取引手数料無料
スワップポイント
(米ドル/円の場合)
・買い:224円
・売り:-227円(※2023年8月18日時点)
(1万通貨)
レバレッジ最大25倍
登録番号関東財務局長(金商)第1629号
公式HPhttps://fx.dmm.com/
DMM FXのおすすめポイント
  • 初心者でも操作しやすいスマホアプリを完備
  • 様々な手数料が無料
  • サポートは安心の24時間体制

DMM FXは、取引手数料を抑えやすいFX業者です。

入金・出金手数料やロスカット手数料など、様々な取引手数料を無料に設定しています。

取引や入出金、情報収集などをスマホ1つで操作できるツールも備えており、直感的にわかりやすい操作で取引できるツールを求めている方にもおすすめです。

問い合わせは24時間受付中で、電話やメールの他、LINEでの相談もできます。

低コストで利用できるサービスと安心のサポート体制でFXを始めたい方は、DMM FXを選択肢に加えましょう。

より自由度の高いFXトレードを楽しみたいなら海外FX業者を使うのもおすすめ

国内では制限されている「レバレッジ倍率」や「強制ロスカット」が煩わしく感じる場合は、海外FX業者の利用も検討しましょう。

海外FX業者は、国内の業者とは異なりレバレッジ倍率が高い、強制ロスカットがないなどのメリットがあります。

海外では500倍や1,000倍ものレバレッジをかけられる業者も存在します。

おすすめの海外FX業者は以下の通りです。

おすすめ海外FXサービス
  • XM
  • iFOREX
  • FXGT

ただし国内のサービスと比べるとトラブルの際の補償が受けられない場合や、違法な業者が運営している可能性もあるため、注意が必要です。

実際、金融庁からも「無登録のFX業者」に対する注意喚起が呼び掛けられています。

参照:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください:金融庁

とはいえ禁止されているわけではないので、海外FX業者を利用する際は、トラブルに気をつけ、自己責任で行いましょう。

FX初心者がトレード開始前に知っておきたい取引金額に関わる基礎知識

ここでは、FX初心者が事前に知っておきたい基礎知識を簡単に紹介します。

いずれも取引によく関わる用語なので、なるべく早く利益を上げたい方はチェックしておきましょう。

FX初心者が知っておきたい基礎知識
  • ロット(Lot)
  • レバレッジ
  • スワップポイント
  • pips
  • ロスカット
  • FXで利益が出る仕組み

ロット(Lot)

ロット(Lot)とは、FXトレードの際に用いる取引単位のことです。

FX業者はロットごとに取引通貨量を管理しており、1通貨=1単位の会社もあれば、1万通貨=1単位で設定している会社も存在します。

当然1ロットごとの通貨が少ないサービスの方が、少額で取引を開始できます。

少ない資金でFXを始めたい方は、1通貨や100通貨で1ロットの業者で口座を開設しましょう。

レバレッジ

レバレッジは、手元にある資金よりも大きなお金を動かせる仕組みのことです。

例えば10倍のレバレッジをかけると、1万円の元手で10万円の資産を運用できます。

少ない資金で大きな利益を期待できる反面、損失も大きくなるのがデメリットです。

短期で利益を狙いたい方は、リスクに注意してレバレッジを活用しましょう。

スワップポイント

スワップポイントとは、2カ国間の金利差により利益を得る手法です。

FXで取引する通貨ペアには金利による差額が生じる場合があり、低金利の通貨を売却して高金利の通貨を購入すると、金利差額によりポジション保有しているだけで利益を受け取れます。

ただし反対に高金利の通貨を売って低金利の通貨を購入すると、損失となり金利の差額を支払わなければなりません。

FXで利益を得たい方は、為替差益(キャピタルゲイン)以外にも利益を狙えるスワップポイント(インカムゲイン)も狙ってみましょう。

pips

pipsとは、通貨ペアの値動きの最小単位を指す用語です。

各通貨に存在する単位とは別に、共通で使用できる最小単位として用いられます。

通貨を問わずに変動幅を表せるため、通貨単位の動きをわかりやすく表現したい時に有効です。

値幅の比較や分析をして戦略を練りたい方は、pipsについてあらかじめ理解しておきましょう。

ロスカット

ロスカットとは、損失が一定の水準に達した際に、自動的に決済をして更なる損失を防ぐ仕組みのことです。

強制的に損失が確定し、損をしてしまう一方、損失のダメージを軽減できる効果が期待できます。

強制ロスカットの条件はFX業者により異なるため、事前に確認しておきましょう。

基本的には取引に最低限必要な証拠金と投資資金の割合を表す証拠金維持率が50%〜100%を下回るとロスカットが執行されます。

補足|FXの利益が出る仕組みをかんたんに紹介

FX(外国為替証拠金取引)は、通貨の交換による為替差額により利益を狙う投資手法です。

為替レートが安いうちに購入し、値上がりした後に売却すれば、値上がりした分の差額を得られます。

例えば1ドル=130円のレートで円をドルに変え、売却時に1ドル=140円の状態でドルを円に交換すると、差額の10円が利益として手元に入ります。

2カ国間の金利差により利益を得る「スワップポイント」も、FXで利益を得る方法の1つです。

FXは証拠金を預け入れてレバレッジをかければ元手の資金よりも大きな利益を狙えるため、うまく運用すれば短期間で大金を得られる手法です。

FXをいくらから始めるか悩む方からよくある質問

FX取引で最初に入れる金額に悩む方によくある質問を紹介します。

いくらからFXを始めるか悩んでいる方は、以下の項目を参考にしてください。

FXでいくら資金を入れるか悩んでいる方からよくある質問
  • FXはいくらから儲かる?
  • FXにおける1万通貨はいくら必要?
  • FXは100円のような少額でも利益が出る?
  • FXトレードのレバレッジはいくらまでかけられる?

FXはいくらから儲かる?

FX取引にいくら注ぎ込めば儲かるかは、一概には言えません。

少額でも少しずつ刻んでいけば儲かる可能性もありますが、資金をどれだけ注ぎ込んでも負け続ければ利益は得られないためです。

いくらで資金を注ぎ込むかよりも、少額でも場数を踏んでFXの知識を高め、勝つ確率を上げる工夫をするのが重要といえます。

ただし資金が大きい方がトレードの幅が広がるのは確かなので、最初のうちでも1万円程度は準備しておきましょう。

FXにおける1万通貨はいくら必要?

FX取引で1万通貨を購入するためには、レバレッジをかけない場合数百万円の元手が必要です。

レバレッジをかけない場合、1万通貨ペアを日本円金額で購入するといくらかかるのか、以下の表にまとめました。

スクロールできます
通貨ペア米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円
レート(※2023年8月26日時点)1ドル=146.44円1ユーロ=158.09円1ポンド=184.23円
1万通貨ペアの日本円金額1,464,400円1,580,900円1,842,300円

ただし25倍のレバレッジをかけると、米ドル/円の場合58,576円程度から1万通貨ペアを購入できます。

FXは100円のような少額でも利益が出る?

1通貨から取引できるFX業者であれば100円程度からでも始められますが、以下の理由により利益を出すのは難しい傾向にあります。

数百円では利益が出にくい理由
  • 手数料負けしやすい
  • 証拠金が少なく制限が多い
  • 取引している実感を得にくい

FXの経験を積みつつ、まとまった利益を狙いたい方は、数万円程度の資金から始めるのがおすすめです。

FXトレードのレバレッジはいくらまでかけられる?

FXのレバレッジは国内の場合は最大25倍、海外の場合はFX業者が設定する上限までかけられます。

金融庁の規制によりレバレッジの上限が決められている国内に対し、海外のFX業者は500倍、1,000倍などの高レバレッジが設定されています。

国内は最大25倍までしかレバレッジをかけられないと理解しておきましょう。

FXを始めるなら余剰資金の中から少額で始めましょう

FX取引の最低注文額はFX会社によって異なり、数百円から取引を始められるサービスも存在します。

ただし資金が少額すぎると、手数料の負担や証拠金の少なさによりなかなか利益を得られません。

FX取引を始めたい場合は、生活に必要な分とは別に蓄えている余剰資金を利用して、1万円程度から始めると良いでしょう。

最初からレバレッジをかけすぎると思わぬ損失を被る可能性もあるため、最初は少額から始めて、心の余裕を持って取引をするのがおすすめです。

本記事で紹介した初心者におすすめのFX業者も参考にして、取引に慣れつつ利益を狙ってみてください。

監修・執筆者

目次